なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

週後半から続く曇り空のおかげで、とても涼しい土曜の朝。
曇りというより、若干霧が舞っているような気もするけど。
爽快な空気ではないものの、涼しい中を走ってこようと、
Google Mapの「行ってみたい」ストックネタのひとつへ。

いつもの中津川沿いの道、緑の田んぼの中を快走して、
関東でも有数の修験道の霊場だったという、八菅神社の前。
ここも「行ってみたい」の1つだけど、またの機会に。
22080601
 八菅神社

自動販売機で缶コーヒーを仕入れてから、峠道へ。
「八菅山いこいの森」を過ぎると、道幅は軽トラ1台分に。
最近の雨で路面に土も出ているので、トコトコ慎重に。
22080602
 苔むした橋がいい♪

愛川町と厚木市の境、「やなみ峠」に到着。
緑のたぬき号はここに停め、尾根筋のハイキングコースへ。
22080603
 やなみ峠

わずか500m弱のハイキング。(笑)
意外と山歩きも得意なライディングシューズではあるけど、
さすがに湿った粘土質の坂道は滑りやすいので要注意。
草の茂ったところは、ヤマビルに見つからないように・・・。
22080604
 プチハイキング♪

そして、視界が開けると、標高234.1mの鳶尾山頂に到着。

広場の石碑には「愛川町」。「 ここ、厚木市だよな?」
帰ってから調べてみると、地図上はやはり厚木市域だけど、
この場所の土地所有者は我が愛川町とのこと。なぜ?(苦笑)
22080605
 「ん? 愛川町?」

そしてここは、「一等三角点 鳶尾山」でもある。
一等から四等まで日本全国に約10万点ある三角点の中で、
この鳶尾山がすごいのは、最古のもののひとつであること。
22080606
 右横書きで「一等」、旧字体縦書きで「三角点」

1883年に制定された相模野基線を底辺とした、最初の頂点。
日本の近代測量のスタート地点のひとつと言っても良い。
地理好き、地図好きとしては、ぜひ来てみたい場所だった。
三角点の位置と基線からの測量の手順は、ここに詳しい。↓



時刻は7:30。 デイパックを背負ったハイキングらしき人や、
首にタオルを掛けたウォーキングの人が結構行き交う。
厚木市側の新興住宅街からは歩いて30分くらいだろうし、
天気が良ければ眺望もききそうで、良い朝の散歩コースだ。
22080607
 空気の澄んだ時に来てみたい

やなみ峠まで歩いて戻り、峠を越えて厚木市側へ下る。
クルマのタイヤ跡はあるけど、軽自動車でも通りたくない。
「自転車 or 原付ばんざい♪」な道だ。
22080608
 輪っか舗装の狭路

国道に出たら、清川村に抜けて宮ヶ瀬へ上るいつもの道。
久しぶりに土山峠で小休止、「湖底へ続く道」を見下ろす。
上流域では雨が多かったのか、結構水が溜まっている。
22080609
 本日の宮ヶ瀬ダムの貯水率は99%

今週も、いつもの駐車場のオープン時間まであと数分だ。
この時間なら平和な混み具合だったので、立ち寄ろう。
空いているので、雑誌やWebの宮ヶ瀬ツーリング記事では、
定番になっている写真撮影位置に停めてパチリ。
22080610
 虹の大橋バックでパチリ

この時間になっても、湖畔の温度表示は21℃だった。
湿度は相当高いはずなのに、まったく蒸し暑く感じない。
ジャケットを着たままのハイキングも汗をかかなかったし、
熱中症を恐れずに缶コーヒー片手にバイク見物ができる♪

もちろん青空は嬉しいけど、夏の間はこれでいいな。(笑)

5:00前、白い毛玉の熱烈な朝の挨拶攻撃を受けて目覚める。
せっかく早起きしたので、涼しいうちに「朝駆け」だな。
久しぶりの「玉子サンド研究所」で朝食を仕入れて来よう。

我が家から15分ほど、6:00の初回商品補充に合わせて到着。
7,8組並んでいたけど、以前のようなお祭り騒ぎではない。
初回補充の第一波が終わっても、玉子サンドは残っていた。
22073001
 本日の第一波が去った

とりあえず、家に戻って朝食だ。
nyamoとnyamotaが、期待して待っている。(笑)

玉子サンドは、今回ももちろん安定の美味さなのだけど、
初めて買ってみたゴマパンのとんかつサンドが美味だった♪
来る度に並ぶ商品が違うので、色々試せるのも面白いな。
22073002
 どれも、うまうま♪

さて、「朝食後にもうひとっ走り」と思っていたのだけど、
コーヒーなど飲んでいたら、外はもう酷暑の予感。(苦笑)
トンネル&山影の宮ヶ瀬周回なら、きっとまだ大丈夫!

いつもの駐車場がオープンする、8:30ちょうどに到着。
同時に満車になったりするのかと思ったけど・・・
22073003
 平和だぁ♪

とはいえ、もう30℃は越えていて、日向にはいられない。
冷たいジュースを片手に、木陰で休憩。

虹の大橋の上から、カヌーのコースらしきものが見えた。
そういえば、夏休み中に宮ヶ瀬湖で計画されていた、
nyamotaの小学校のカヌー教室は中止になったらしいな。
やっと今年こそ、制限の無い夏休みかと思っていたのに。
22073004
 コーヒーは飲んできたので

ジュースを飲み終わったら、帰途に。
北岸林道の断続するトンネルの中で涼みながら・・・。

牧場の脇を通ってみたけど誰の姿も見えず、通過。
そうだ、滝に立ち寄ってみよう! 少しは涼しいかも♪
22073005
 塩川滝の駐車場に到着

滝見台まで行ってみると、水量が多くて水煙が舞っている。
最近の雨のせいか、今まで見た中で一番水量が多いかも。
ずっと見ていると、全身水浸しになってしまいそうだ。

滝見台の上は水煙や冷たい風が吹き上げてくるのだけど、
残念ながら、滝つぼ以外は決して涼しくはない・・・。
木陰で日は当たらないけど、むしろ蒸し暑く感じる。
22073006
 マイナスイオン浴♪

しかし、少し下流にめっちゃ涼しそうな皆さんが。(笑)
サイクリストさんたちが、全身浸かってクールダウン中。
ここまで漕いできて飛び込んで、絶対気持ち良いやつだ。

「気持ち良さそうですねー!」

まだまだこれから暑くなりそうだし、道中お気を付けて!
22073007
 ポーズ、ありがとうございます!

滝から我が家までは10分ほど。 9:30には無事帰宅。
すでに、メッシュジャケットすらすぐに脱ぎたい陽気だ。
エアコンの効いた部屋でクールダウン&水分補給・・・。

緑のたぬき号が冷えたらカバーを掛けたいのだけど、
日向だと、いつまで経っても触れない熱さで。(苦笑)

青空が見えるも、雲が太陽を隠して意外と涼しい午前中。
緑のたぬき号のオイルを交換し、試運転と称してプラっと。
いつもの東屋で缶コーヒー休憩してから帰途に。

「あの化粧品屋さん、無くなっちゃったんだ・・・」と
通過しかけたら、「あっ、丸ポストも無くなってる!」。
Uターンして見てみると、ピカピカの角型に換わっていた。
たしか、我が愛川町で唯一の現役丸ポストだったはず。
22071706
 これは「10号」・・・かな

いわゆる丸ポスト。 正式名称は、郵便差出箱 1号。
旧国道沿いのカーブの外側、よく目につく所に残っていた。
背後の「町の化粧品屋さん」の建物も、懐かしい雰囲気で。

お散歩ツーの帰り道に、何度か投函したこともあった。
「オブジェじゃないよね? 回収してくれるよね?」(笑)
 21081209
 ちょうど1年前くらい

1970年に角型に切り替わったらしいので、すべて50歳以上。
少し前に、まだ4000本以上が現役という記事を読んだし、
超希少という訳ではないものの、確実に数は減ってきている。

近代化遺産めぐりが好きで我が町の物も少し調べているけど、
以前見て周った「白看」とか、こういう丸ポストとかも、
意識して見に行かないと、気付くと消えてしまっていそうだ。
お散歩ツーのネタとして周ってみるのも、面白いかも。



角型ポストからの郵便物回収は内袋を交換すればよいけど、
丸型は手でかき集めるので、手間が掛かって大変なのだとか。
やはり郵便屋さんには、角型の方がありがたいんだろうな。
22071707
 足元に丸い痕跡が・・・

子供の頃、丸ポスト型の貯金箱を使っていたのを思い出した。
ここにあった丸ポスト、どこかで保存されていればいいな。

2016年4月に開始した、400X こまち号の運用を終了。
コロナ禍とスーパーカブ90 緑のたぬき号の増車もあって、
特にここ2年くらいの稼働率は大幅に低下していた。

nyapon「車検のあるバイクは、もういいかな・・・。」
nyamo「うん。カブに乗ってる時の方が楽しそうじゃん。」

で、5月の始めに12か月点検で入庫した時、
nyapon「中古車もタマ不足らしいけど、下取りも良いの?」
営業さん「今ならがんばれますよ! これくらいで・・・」
nyapon「えぇっ、本当に!?」(笑)
22071001
 雨上がりのラストラン

昨年からの半導体不足と上海ロックダウンの影響が重なって、
どこも納期未定らしく、営業さんも「途中で気が変わっても
良いので、とりあえず予約発注しておきましょう!」と。
新型車や人気車種など、納車まで半年以上待ちもザラだとか。

減車も乗り換えも検討したけど、「小さいの」にすることに。
nyamoも「さすがに緑のたぬき号だけじゃ辛いでしょ?」と。

気が変わる予定は無いので(笑)、こまち号は置いて来よう。
本日、雨上がりの晴天、寄り道しながらお店までラストラン。
下取りが良くて次が「小さいの」なので、追い金なし返金あり。
来春の車検も無くなるし、部用品の更新予算も調達できた♪
22070901
 今回は、Kawasaki 750RS (Z2)

そして恒例の、ずっしり重たいアレももらってきた。
「何だか色が変わって、造形もずいぶん細かくなった?」
nyaponのコレクションの中では、過去最高の出来栄えだ。

ジョンの店だけで、2人でこれまで8台も買ったのか。
いや、同時期に買ってダブって、1台処分したので9台だ。

それ以外、他の店で買ったのが4台あるもんな・・・。
結婚以降のライダー2期,3期、次の「小さいの」で13台目。
うん。 ちょっと、ここらで一旦落ち着こうか。(笑)
22070902
 やはり色が違う

そういえば、nyamo氏の6年前の予言は、やはり的中したな。 
「大型免許なんか取っても、すぐ『ダウンサイジング』とか
 言い出すに決まってるから、やめとけば?」

さすが、よく分かってらっしゃいます・・・。(苦笑)

さて「小さいの」。 まだ半年待ちの状況なら、年を越す計算。
緑のたぬき号と遊びながら、のんびり待つとしましょうかね。

湿度が高く、「鉄カブ」緑のたぬき号には辛い季節が続く。
「むしろ錆びてる方がカッコイイ」とは言っているものの、
朽ち果ててもらっては困るので、たまには錆取りや錆止めも。
「適度なヤレ具合」を維持するのも、なかなか大変だ。(笑)

錆取り剤を準備してみたり、各部の状態を確認してみたり。
レッグシールド固定ナットのワッシャーも赤くなってたな。
ステンレス製に換えてしまうのが早いけど、それじゃあね。
22052201
 後端を止めてるやつ

22052202
 ・・・いや錆よりも(苦笑)

「あっ、完全に割れてる。」

お約束の破損箇所で「そのうち遅かれ早かれ」らしく。(笑)
それを知る前、初めて見た時から「微妙な止め方だな」と。
最近のプラ外装のカブなら、固定方法から違うのだろうけど。

右側は少し前からヒビが入っていたので、覚悟はしていた。
4月の静岡ツーの時、連続高回転走行の振動で力尽きたのか。

レッグシールド自体、まだ純正新品が普通に買えるし、
そのうちパーツストックも必要になるのかもしれないけど、
やっと、細かい傷や汚れでいい感じにヤレてきたところだ。
ということで、速やかに純正の対策部品を発注!
22052203
 名称は「バンド, フロントカバー セッティング」

「絶対割れる」と言われ、純正対策部品まで出ているとは。
と思っていたら、1970年代のカブの写真を見ると標準採用だ。
それって、コストダウンで品質も落ちたということか・・・。

綺麗なメッキでドレスアップパーツのような顔をしているけど、
補修部品なのだから、目立たない艶消しでいいのに。(苦笑)
22052204
 すぐにヤレてくるか

なるほど。 これなら、割れていてもしっかり固定される。
というか、最初からこの固定方法なら割れたりしないだろう。

郵政カブことMDでは、2000年代まで採用されていたようだし、
やはり、「鉄カブ」では原低しちゃいけない所だったのでは?
まあ、今でも部品供給してくれていることは、評価しておこう。

400X こまち号も購入から6年、くたびれてきた箇所もある。
最近特に気になっていたのは、GIVI箱のフィッティング周り。
ステーや台座自体は問題ないものの、樹脂やゴム製パーツが。

箱本体は帰宅後に取り外して屋内保管しているのだけど、
フィッティングは、車体と共に屋外で6年間がんばっている。
補修部品も販売されているので、リフレッシュしようと。
22061911
 車種専用ステーと台座で構成

まずは、ベースラバーと呼ばれる、箱を支えるゴム部品。
長年の荷重と経年劣化で、ずいぶん薄くなりひび割れている。

愛用している箱は、そこそこ大きい47Lというサイズだし、
二重構造で高級感はあるものの、少々重いモノキーシリーズ。
まだ走行中もガタは出ていないけど、交換しておこう。
22061902
 ずいぶんペッタンコに

台座の取付けボルトのキャップは、無くなっている箇所が。
使用していない位置で実害はないけど、カッコ良くはない。
箱装着時はその下だし、擦れる位置でもない。なぜ取れた?
22061903
 ボルトはない位置だけど

ステーのボルトのキャップも、1か所折れて無くなっている。
ちょうど、サイドバッグを装着すると裏面と擦れる位置。
バッグの脱着時に引っ掛けたのか、走行中に力尽きたのか。
22061904
 これは分かる気がする

GIVI製品は少々お高いけど、補修部品はしっかり揃っていて、
国内ではデイトナが取り扱っているので、入手も容易。
ベースラバーとキャップセットを手配して、サクッと交換。
22061901
 合わせて1300円ほど(税・送料込み)

経年劣化で取れたり、折れたり、潰れたりしていた部品。
これらを交換しただけで、ずいぶんとシャキッとしたぞ♪

この週末、神奈川でも35℃を超えたり、ほぼ真夏の陽気。
こまち号と緑のたぬき号の夏バテ予防(笑)のために、
久しぶりに「ドリンク剤」をプレゼントしてあげようと。
22062501
 シュアラスターの製品

燃料系統や燃焼室内の汚れを除去したり潤滑することで、
燃費改善、パワーやレスポンス回復を謳う、燃料系添加剤。
nyaponは、この手の添加剤について昔から基本的に肯定派。

そもそも謳っているのは「改善」や「回復」なので、
最大でも、マイナスな状態をゼロに戻すと言っているだけ。
成分を調べても科学的根拠はあるし、効果は必ずある。
但し、それが体感できるレベルかどうかは、また別の話だ。
22062502
 こまち号には 80ml

色々なメーカーから出ているオイルや燃料の添加剤だけど、
過去に確実に体感できた(と信じている・笑)のがこれ。
昨年、初売りのシュアラスター福袋に入っていた「LOOP」。
(福袋に入っていたのは、SMOOTH SHOTという安い方。)

2月に買ったカブ(中古で購入、納車直後)で試してみたら、
ノイズが減って軽やかになった(と信じている・笑)。
エンジンの構造や状態によって効果の出方は違うだろうし、
実際、400X こまち号の方は体感できる変化はなかった。

今回は、POWER SHOTという少々お高い方をお試し。
潤滑コーティングと、汚れ付着防止の効果をプラスだとか。
22062503
 緑のたぬき号は 20ml

添加率は0.5%程度で、カブだと「大さじ1杯」とかの世界。
入れ過ぎは良くないので、愛用のチビ計量カップで慎重に。

特に緑のたぬき号の方は、春先に燃調が微妙だったことが。
プラグも真っ黒だったので、多かれ少なかれ燃焼室も。
今回の「ドリンク剤」で、綺麗になってくれると良いな。

さて、人間の方も、これから半年間ほど忙しくなる予定。
若い頃のように「休日も夜中もドリンク剤を飲んで」とか、
絶対に効かないだろうから、がんばろう・・・。(苦笑)

おひとり様の土曜日。「お昼は何食べようかな・・・」と。
最近話題になることが多い、「町中華」に行ってみようか。

【町中華】
 古くから地域に愛され続け、
 昭和の味わいが残る、中華料理中心の大衆食堂のこと。

何軒かのお店が頭に浮かんだけど、日中は35℃超の予報。
緑のたぬき号で、ササッと行って来られるお店を選択!

走り出しても、焼けたアスファルトの熱気が吹き付ける。
唯一、峠を越えるトンネルの中だけは天然冷房でひんやり。
家から15分ほどで、「麵と中華 孝和」さんに到着。
22062504
 出前カブではありません

市街地ではなく、峠の茶屋のような立地の「町中華」。
お店の前の道はよく通るのに、立ち寄るのは初めてだ♪

麺好きとしては、お店の名前からラーメンが気になるけど、
今日の気温でバイクでは、後が大変なことになりそう。
かと言って、定食類はどれも結構ボリュームがありそうで。
それはそれで、後が大変なことになりそう。(苦笑)
22062505
 ラーメンは次の機会に

ほんの少しだけ悩んだ結果、カレーチャーハンを注文。
ハーフらー麺の追加も浮かんだけど、絶対後悔するので。
チャーハンにもハーフがあればなぁ・・・。

パラパラではなく、しっとり系のチャーハン。
今日の陽気には、油多めのパラパラ系より嬉しいかも。
カレー粉強めで、中辛舌のnyaponには結構辛め。(笑)
でも、やっぱり中華屋で食べるチャーハンは美味い!
22062506
 カレーチャーハン 750円

厨房では、ご主人がカコンカコンと中華鍋を振っている。
カウンター席からそれを眺めながら、チャーハン完食。
年季が入ったCDラジカセからは、フォークソング全集が。

うん、この雰囲気が「町中華」だよなぁ♪

他のお客さんの食べていた定食も美味しそうだったし、
スープの味でラーメンも期待できそうだし、また来よう。
店の前の自販機で、冷たい飲み物を調達して帰途に。
今シーズン初めて、灼けたシートに「あぢっ!」。(笑)
22062507
 甘くて冷たいの

もう、日向にいたら倒れそうな陽気。 峠道の木陰で小休止。
チャーハンが辛かったので、今日は甘いミルクティーで。

ダート区間の残る峠越えに向かうバイクが、2,3台通過。
風が無くて湿度も高く、ジャケットを脱いでも涼しくはない。
さあ、帰ってエアコンの効いた部屋でクールダウンだ。

雨の予報が前にずれて、朝から晴天の日曜日。
バイク2台とも、湿気のこもったカバーを外して天日干しを。
週末にこの天気、国道を行くバイクの音がひっきりなしに。

朝食後に400Xこまち号のメンテを済ませても、まだ9時前。
せっかくだから、こまち号で少し走ってこよう。
「午後は天気が不安定」とか言っているし、涼しい午前中に。

あっ、メッシュジャケットにプロテクターを入れなきゃ。
22061905
 風が気持ちいい♪

遠回りでお山に向かうとして、まずは箕輪耕地に寄り道。
「緑の絨毯」になるにはまだ早いけど、田植えは一段落かな。

水の張られた田んぼを渡ってくる風は、ひんやり気持ちいい♪
エンジンを止めると、ケロケロとカエルの合唱が。
カエルは見つけられなかったけど、オタマジャクシを発見。
22061906
 「カエルの歌が聴こえてくるよー♪」

河原にはキャンプやBBQの人。 でも、思ったより少なめだ。
反対側を見ると、「今月から鮎釣りシーズンだったな」。
バイクを停めて橋の上まで戻って、しばし釣り見物を。

中津川沿いの田んぼの中の道を、気持ち良くクルージング。
・・・パトカーと何台もすれ違う。 気を付けよう。(苦笑)
22061907
 釣れないかな・・・ 

飯山から土山峠を越えて、宮ヶ瀬方面へ。
いつもの駐車場は絶対に混んでいるだろうと、スルー前提。
どこか別の場所でと、100円自販機で缶コーヒーを事前調達。

今日は、どうやら「おじいちゃん軽トラ」の日。(苦笑)
道を曲がる度に、車列の先頭に「おじいちゃん軽トラ」が。
まあ、制限速度で走るじいちゃんは、何も悪くない。
こういう日は、「のんびり行きましょう」ということだ♪
22061908
 おっ、RZV500R!

いつもの駐車場、朝からこの天気でクルマもバイクも多いし、
きっと入口に「満車」の看板を持った人がいるだろうな。
・・・と思っていたら、満車どころか手前から入場待ち渋滞。

手前の交差点で回避できたけど、 こんなのは初めて見た。
ちょうど、入場制限が始まったタイミングだったのかな?
22061909
 「ルートを変更しました」(笑)

急きょ帰り道を変更し、今日はオギノパン前を通るルートに。
「混んでなければ」と思っていたら、意外なほど空いている。
車の駐車枠はほぼ満車のようだけど、二輪スペースはガラガラ。
バイクは、停めやすい第2駐車場の方を使う人が増えたのかな。

この時期、あげぱんは外にある専用の小屋で買えるので早い。
自販機で買った券を渡すのと同時に、揚げたてが出てくる。
あげぱんと、お気に入りのカレードーナツをお買い上げ♪
22061910
 久しぶりに

缶コーヒー休憩は取りやめ、あげぱんが温かいうちにお届け。
中津川沿いを気持ち良く走って帰宅。 家族4人でおやつタイム。

・・・もうお昼が近いので、ランチは少な目で。(苦笑)

リターンしてから、何かしら定期購読しているバイク雑誌。
ここ数年は、月刊のバイクライフ系と隔月刊のツーリング系
だったけど、最近はあまり発売日が待ち遠しくなくて。

ツーリング誌は「絶景道」「温泉」「秘境」「信州旅」の
ローテーションだし、バイクライフ誌の記事といえば、
「事故しない」「疲れない」「長く乗り続ける」の繰り返し。
どれも嫌いじゃないし、どれも大切なのは分かるけど・・・。

電子書籍には抵抗があって紙の雑誌を買い続けてきたものの、
手に取ってもワクワクしないし、もうやめようかな、なんて。
22061801
 総合誌とか

22061802
 ツーリング誌は電子版で

今年の初め、ツーリング誌の出版社のサブスク広告が目に。
どれか1冊が紙版で届いて、その他4誌は電子版で読み放題
というプランが、今までの2誌購読よりもお安いではないか。
さらに、特典としてバイク用品通販サイトのポイントも。

手元に置いて紙版で読みたいと思ったのは、メンテナンス誌。
総合誌、ツーリング誌、オフロード誌は電子版でいいかな。
ハーレーの専門誌は、きっと読むことはないだろう・・・。
22061803
 これだけ紙版も

サンデーメカ向けのメンテ誌、工具や作業の記事が面白い。
旧車のレストアや、カブなどの横型エンジンいじりの連載も。
季刊誌のペースは、物足りないかと思ったけどちょうど良い。
月刊+隔月刊だった頃は、読むのが追い付かなくて。(苦笑)

電子版は他紙も含めて読み放題というのも、意外と嬉しい。
雨の週末、コーヒーを淹れてパラパラとめくってみたり。

総合誌で毎年恒例の「○○大図鑑」の類はつい見てしまうし、
たまには当たる「新車スクープ」も嫌いじゃない。(笑)
ツーリング誌のバックナンバーはお出かけネタ集に使えて、
オフロード誌の記事も、林道ツーやキャンプなど興味深くて。

「とりあえず1年お試し」で契約したけど、これいいかも♪

↑このページのトップヘ