なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

昨日納車された、新「緑のたぬき号」こと、カブ90。
初代のCBは125ccでピンクだったナンバー、今度は黄色。
21022801
 かわいい黄色ナンバーコンビ♪

今日も天気は良いし、納車記念写真の撮影とお散歩へ。
午前中は、納車時の素の車体とディテールの撮影。

出発しようと、初の冷機状態でのキック始動。
チョークを引いてキックするも、なかなか掛からず。
nyaponの体の方が先に暖まってきたころ、
チョークを戻して蹴ると、すんなりお目覚め。(笑)
21022802
 カブといえばこの顔つき

21022803
 90 DX!

21022805
 乗ってみたかった、横型エンジ

21022806
 そして、ボトムリンクサス

一旦帰宅して、リアキャリアへの箱の積載とランチ。
食後は、箱積み状態での写真を撮りに、いつもの場所へ。
背景がスッキリして終日光線の良い、お立ち台の土手。

カブに載せる箱。 レトロな木箱を載せている方も多く、
ちょっと憧れるけど、まずは実用性重視でホムセン箱に。
防水パッキンに、荷締めベルトの穴も装備している。
まさに「カブに積んでくれ」と言わんばかりの商品だ。

これで2,000円ほどで買えてしまうのだから、
劣化交換を繰り返しても、GIVI箱よりコスパ良し。(笑)
21022804
 アイリスオーヤマ、最強!(笑)

21022807
 Super Cub 90 DX お散歩ツー仕様

その後は、「ガチャコン、ガチャコン♪」と宮ヶ瀬へ。
これは楽しいぞ! まさに動力の付いた速い自転車だ♪
独特のシフト操作は、まだ油断するとショックが。

気持ちの良いのは、やはり40~50km/hあたりか。
60km/hも問題ないけど、お尻がビリビリ。(苦笑)
走り出したら、停車するまで基本的にずっと3速固定。

ブレーキを掛けた時のボトムリンクサスの動き、
「おぉ! この浮き上がるような感覚かぁ。」(笑)
アンチリフト機構が付いていても、感じるのね。
21022808
 カブで来るとカブがいない(苦笑)

いつもの駐車場で、缶紅茶休憩。
カブ主さんはいるかなと思ったら、今日に限って誰も。
以前から、乗ってこない方のバイクをよく見かけるのは、
個人的な「宮ヶ瀬あるある」だ・・・。

花粉も飛んでクシャミも出るので、早めに退散。
牧場を経由するも、何だか工事中なのでスルーした。

帰宅すると、やはり初カブのnyamo氏が試乗に。
梅の花が満開になっている、家の周りを一周してきた。
感想は、「これカワイイ。 軽いし、面白い!」
右手でのウインカー操作は、苦労したらしいけど。(笑)
21022809
 「こいつ、カワイイ♪」

初心者カブ主のnyapon、カブのお勉強をせねばと。
注文していた、ちょうどカブ特集号だった雑誌が届いた。
21022810
 「〇ち」を買うの、高校生の頃以来か?(笑)

宮ヶ瀬をはじめ、全国各地で開催されるカブミーティング。
ぜひ参加して、皆さんのカブもじっくり見てみたいもの。

程度良好とはいえ、20年モノの「緑のたぬき号」。
磨いてあげたい所も、早速交換したい劣化部品もある。
基本的にノーマルを維持していこうと思っているけど、
これから色々と楽しみだぞ♪

以前から、一度カブに乗ってみたいと思っていた。
現行の110、C125やハンターカブなども魅力的だけど、
最近は、古くて安いカブでも買って遊びたいなと。

nyamoとも、「錆びだらけのやつをバラしながら、
 部品を磨いたり交換したりするのも楽しそう。」
「むしろ、カブは錆びてる方がカッコいい。」とか。

おもちゃにするなら、FI化前のキャブ車がいいな。
プラスチッキーになる前の「鉄カブ」が好き。
加えて、30km/h制限や二段階右折はつらいとなると、
原付二種で、現行の110でなく70か90だな・・・。

とは言っても、熱心に探し回っていた訳ではない。
先週、休日のお買い物の帰り道に、突然nyamoが
「いつも前を通るバイク屋さんに寄ってみよう」と。
すると、店頭にとても程度の良いスーパーカブ90が!

nyamo氏、バイクの神様に呼ばれたのか?(笑)
21022801
 HONDA Super Cub 90 DX

走行は11,500kmで、カブなら「まだまだこれから」。
原付は登録書類では年式が分からないのだけど、
車体ラベルの記号を見ると、2001年製の車両らしい。

鉄フレームには相応の小傷や小さな錆があるものの、
ホイールやスポークは、まだ輝いているくらい。
タイヤも2019年製で、まだペイントも残っている。
そして何より、フルノーマルなのが嬉しい。

クルマもバイクも、中古車との出会いは一期一会。
当初の「ポンコツを直して遊ぶ」とは違うけど、
ご予算内でこれだけ程度が良いモノは少ないだろう。

ということで、即決!

契約後、付いていないフロントキャリアを訊くと、
「ちょっと探して付けておきますよ!」とのことで♪
21022702
 帰ってきた「緑のたぬき」号♪

今日、整備完了との連絡があって引き取りに。
ワンオーナーでお年寄りが乗っていたらしいけど、
あらためて見ても、本当に綺麗な車両だ。
少なくとも、屋内保管だったのは間違いないだろう。

シートには相応な劣化が見られるものの、破れは無し。
樹脂製のレッグシールド、ゴム製の前後ステップは、
明らかにここ数年で交換されたという綺麗さ。

そしてキャリア。 前後とも新品が付いていた!
白化の始まっていた、ハンドルのグリップも交換済み。
少々奮発したつもりだったのに、逆にお買い得感が。
これは、めっちゃ良心的なお店を見つけたかも・・・。

まずは「ガチャコン、ガチャコン」と、
初めてのカブのシフトチェンジを楽しみながら帰宅。
明日は、ちょっと家の周りを走ってみよう♪

今日は、気温が17℃台まで上がるという予報が出ていた。
それなら、三密回避で屋外で過ごすのも可能だな・・・と。

「久々にラーツーにでも行ってみようか」と思っていたら、
同行者が現れたので、3台が現地集合することに。
食材は調達してくるというので、nyaponは器材運搬係。
21020701
 ご近所の河原に3台集合!(笑)

同行者は、nyamo & nyamota。(苦笑) 普段から2台で、
インスタントしるこ持参のお散歩ツーなどを楽しんでいる。
nyaponが先着して場所を確保した頃、コンビニ経由で到着。
はい、バイクだと5分で来られるあの河原です。

nyamoの愛車である電動アシスト付きパナソニック車、
本日は、サイドバックが装着されてツーリング仕様に。
21020702
 nyaponがグラトラの頃に使ってたやつ

21020703
 「今日は暖かいねぇ・・・♪」

ジャケットを脱いでちょうど良い、ポカポカ陽気。
持参の温度計の針は、18℃を指している。
もう正午を過ぎているので、早速お湯を沸かそう。
待っている間、フライドチキンを冷めないうちに。

やはり、外で食べるラーメンはうまうま♪
nyamota氏も、「ラーツー最高じゃん!」。(苦笑)
21020704
 結構好き(笑)

21020705
 本日のランチ

食後、友達の家に遊びに行くというnyamota氏が離脱。
「気を付けて帰れよー。」 家からそういう距離感のここ。
周りを見ると、今日は横浜ナンバーのクルマが多いかな。
バイクもチラホラいて、昨日から泊っているらしい人も。

コーヒーでも淹れようか。
今日は、野点珈琲用のストーブも持ってきた。
ワンタッチ点火のガスじゃなく、久々の儀式を楽しもう。
21020706
 プレヒートの儀

内圧が充分高まったところで点火の儀。
やはり、「シュッシュッシュッ!」という音が和む。

20年以上愛用してきた、このOptimusのSVEA123R、
真鍮製の筐体がなかなかいい味を出してきたな。
お手軽さではガス式、パワーでは加圧式に敵わないけど、
味わいと頑丈さが美点。 もちろん褒めてる。(笑)
21020707
 Optimus SVEA123R

さすがに時々吹く風は冷たいので、熱いコーヒーが美味。
チョコレートをつまみながら、持ってきた本を読んだり。
さて、本当に冷えてくる前に帰りましょうか。

約2時間の滞在で、ご近所ラーツー終了。
クルマを出せば1台で済むのに「あえて3台」という、
非常事態の中、ささやかな息抜きの日曜日でした。(笑)

バイクに乗る時に履いているライディングシューズ。
400Xこまち号に乗り換えた時に新調したもので、
ゴールドウィン製でミドルカットの防水透湿モデル。

これがnyaponにとっては全く不満の無いシューズで、
防水性は、ツーリング中に結構な雨に降られても、
レインパンツの裾をしっかり被せておけば浸水なし。
透湿性は、さすがにGORE-TEXには敵わないけど、
メッシュ素材のおかげで真夏でも常用できるレベル。

そして何より、幅広のnyaponの足にピッタリな足型。
街歩きやキャンプもそのままできて、脱ぎ履きも楽で。
21011101
 GOLDWIN GSM1044 (新品のころ)

「いつか更新するときも、またこれがいいな♪」
そう思いながら、モデルチェンジもチェックしていた。
しばらくして、素材の使い方が変わったGSM1052に。
さらに、大きく形状も変わったGSM1054が併売された。

この1054、紐を廃止してベルクロ2本で締めるように。
これはラクチンかもと試し履きしてみると・・・、
ワイズが細くなっていてガッカリ。 これはNGだ。
幅広足のnyaponに、シュッとした型の靴はダメ。(苦笑)

製品仕様を確認すると、3Eから2Eになっていた。
美点だった、メッシュ素材でもなくなってしまったし。
これなら、買うとすれば1052の方だな・・・と。

紐をベルクロで束ねる方式は、慣れたので問題なし。
スエード調で劣化が目立ちやすかったつま先部分も、
普通の革素材となり、シフトガード追加の嬉しい改良が。
21011102
 GOLDWIN GSM1052

ここ最近、その爪先と履き口の傷みが進んでいた。
防水性などは問題はないものの、見た目が少々・・・。
ただでさえ、街中やお店でバイク乗りの服装は浮くのに、
さらに「薄汚いライダー」になってしまう前に、と。

時々、某通販サイトで価格変動をチェックしていたら、
新年早々に「タイムセール」の表示が。
通販って、色やサイズで価格が大きく違う事も多いけど、
nyaponサイズの黒/赤が、たまたま相場の35%OFF程度に!

赤い部分が排ガスや埃でどうしても黒ずんでくるので、
「次は黒1色?」とも考えていたけど、このお値段なら。
油断するとなっている、「全身黒ずくめ」も避けたいし。

一晩だけ「熟慮」して、ポチッと。(笑)

1044の方もまだ履けるし、「不要不急の外出は」だし、
「どのタイミングで更新しようかなぁ」なんて思っていると、
男前のnyamoからは「サッサと替えれば?」と。(苦笑)

2016年 お散歩ツー初め 「隧道と蕎麦と温泉と
2017年 お散歩ツー初め 「ダムと蕎麦と温泉と
2018年 お散歩ツー初め 「大福と蕎麦と温泉と
2019年 お散歩ツー初め 「空母と蕎麦と温泉と
2020年 お散歩ツー初め 「富士と蕎麦と温泉と

もう、これの計画が年末年始のお楽しみだったり。(笑)

やはり、この時期は路面凍結が怖いので海沿いがいいな。
地図を眺めていて、目的地は小田原に決定。
まだ見たことがない、小田原城に行ってみようと。

いつもの小田原厚木道路じゃなく、西湘BPにしよう。
圏央道を南下、新湘南BPに乗り継いで茅ヶ崎まで。
初めて使ったルート、家から海まで30分強で驚いた。
自分は「山の民」のつもりだったのだけど・・・。
21010512
 「もう海だっ!」

相模湾を横目に西に向かい、R135からR1西湘BPへ。
台風被害の復旧工事で、大磯付近は1車線に。
その先、西湘PA(下り)の施設も、まだ閉鎖中だった。
21010513
 大磯ロングビーチ前

21010501
 西湘PA(下り)は仮設トイレのみ使用可能

左は朝日に輝く海、前方に箱根の山を眺めつつ進む。
快晴とは言えない空模様ながら、気持ち良い♪

小田原ICで下り、R1東海道で小田原城址公園まで。
城址公園内に乗用車用の駐車場はないのだけど、
バイクは、観光バス用の駐車場に停めさせてもらえる。
21010514
 「気持ち良いなぁ!」

21010515
 「そこに停めていいよ。200円ね。」

さあ、まずはお城見物だ。
公園内に入っていくと、もう梅の花が咲いていたり。
蝋梅も何本か咲いていて、近寄ると良い香りが。

復元された城門を抜けて、階段と坂道を上る。
天守閣の見える本丸跡までくると、結構良い運動に。
1960年に復元され、2016年に大改修された天守閣。
入館して展示も見ようかと思ったけど、今回は自粛。
21010505
 紅梅のほか、白梅、蝋梅も

21010502
 小田原城 天守閣

一旦お城を出て、小田原駅方面へ歩いて早めのランチ。
もちろんお蕎麦。 開店時間に合わせ、混み始める前に。
小田原というと老舗のお蕎麦屋さんも多そうだけど、
調べてみると、まだ今日まで休みというお店も多くて。

伊豆の有名店の姉妹店で、美味しいというお店を発見。
商業ビルの中にある「三層 究極のそば」というお店。
予想どおり、まだ空いている中でゆっくり食べられた。
21010503
 もりそば 700円 & 小天丼 400円

メニューを見て「天もりそば」にしようかと思ったけど、
「小天丼(売切御免 1日10食限定)」に負けた。(苦笑)
更科粉と甘皮粉を三層に重ねたお蕎麦だそうで、
香りの良さと、のど越し食感を両立しているのだとか。

確かに、香りも良くてつるっつるの食感。
おすすめの塩で食べてみたら、これもなかなか。
揚げたての天ぷらもうまうまで、満腹満足でした♪
21010504
 「本当に三層だぁ」

再度お城に戻って、公園内を散策。
関東大震災で滑り落ちたままの本丸石垣が残っていたり、
元々は細かく区切られた障子堀だったというお堀跡も。

史料をもとに復元された城門や天守も興味深いけど、
やはり、本物の遺構の迫力には思わず見入ってしまう。
21010506
 関東大震災で崩壊した石垣

21010507
 障子堀の跡

城址公園に隣接して、報徳二宮神社が。
薪を背負って読書に励む子供時代の姿の銅像で有名な、
二宮尊徳(二宮金次郎)が祀られている。

そういえば、二宮金次郎は小田原の生まれだったな。
でも「どこの小学校にもあった」と言われるあの銅像、
nyaponの田舎では見たことがなかった・・・。
21010508
 報徳二宮神社

バイクに戻って、駐車場のおじさんとしばし談笑。
お約束の「これは何cc?」とか訊かれながら。(苦笑)

さあ、残りは温泉だ♪
あまりに近すぎてnyaponは行ったことがなかった、
「厚木の奥座敷」七沢温泉に立ち寄ってみようと思う。

帰りは、小田原厚木道路の小田原東ICから。
伊勢原ICで降りて、宮ヶ瀬に向かういつものルート上。
21010509
 七沢荘

何軒かある旅館で日帰り入浴ができる。 今回は七沢荘へ。
pH9.54以上の強アルカリ性温泉なのだとか。
ぬるぬる湯大好きのnyaponには、最高じゃないですか♪

「パワースポット」とか「波動」とか「宇宙の力」とか、
色々と怪しげな掲示が多いけど、お湯は最高!(笑)
石鹸を流せたか分からないほどのヌルヌルは久しぶり。
何しろ、シャワーから出てくるのも温泉なので・・・。
21010510
 フロント前にはこんなのも・・・

それほど長時間浸かってないけど、体は温まった。
外に出てバイクの所に戻っても、少々汗ばんでくる。
ネックウォーマー装着をやめようかと思ったくらい。
やるな七沢温泉・・・。

ホカホカでお山に向かい、土山峠を越えて宮ヶ瀬へ。
いつもの駐車場までは、ほんの15kmほど。
平和な混み具合の駐車場で、缶コーヒー休憩を。
バイクは、多い時で20台ほどか。
21010516
 気温6℃でも体はホカホカ♪

21010511
 2021年初の「宮ヶ瀬缶コーヒー」

最後に給油を済ませて、15:30に帰着。
2021年のお散歩ツー初めも、一応無事に終了。

が、神奈川を含む1都3県は、また「緊急事態」とか。
今年もどうなることやら・・・。

大変な年となった2020年。 大晦日は朝から快晴に。
最高気温の予想は6℃台と日中も寒そうではあるけど、
ランチを兼ねて走り納めに行ってこよう。

宮ヶ瀬のいつもの駐車場、そこからほど近いカフェに。
本当なら木曜は休みだけど、年末は営業中らしく。

nyamoが「朝、窓も凍ってたから気を付けてよ!」と。
昨日は雨が降り、今朝は氷点下だったので路面に注意。
おっ! 終日山影ポイントも、路面は完全ドライじゃん♪
湖畔の温度計は5℃ながら、全く問題なく到着。
20123103
 G.S Cafe さん

駐車場はほぼ埋まっていたので、バイクは端に。
席は空いているかなと思ったけど、ドッグランから声が。
やはりテラス席利用の方も多く、2人テーブルに座れた。

年内最終日だからか、食事はメニュー限定とのことで、
20123106
 「クリーミーバターチキンカレー」を♪

少し酸味の効いたルーに柔らかチキン、うまうまでした♪

料理に使っているのは地元津久井産のこだわり玉子らしく、
「TKGとお味噌汁」というメニューも・・・。
本当は、「自家製焼豚目玉丼」というのが気になった!
また来年、フルメニューが選べる日に来なくちゃ。
20123105
 店内は薪ストーブでポカポカ

店の裏手には、テラス席とドッグランが。
ゆずさんが元気な時に、一緒に来てみたかったお店だな。
まあ、リードを外すと固まるゆずさんだけど。(苦笑)

お店の説明によると、手作りケーキと紅茶がおすすめ。
スイーツ類も魅力的なので、おやつタイムにもいいな。
20123104
 テラス席 & ドッグラン

食後のコーヒー、今日はいつもの駐車場へ移動しよう。
「宮ヶ瀬缶コーヒー納め」も兼ねるつもりだったので。
お店からは500mほどで、すぐに到着。
20123101
 思ったよりは多いかな

天気も路面状態も良いので、バイクもクルマも多い。
風が結構強くて、帽子が飛ばされそうになったり。
しかも冷たい風で、手に持ったコーヒーがすぐ冷める・・・。
20123108
 今日は甘いの♪

RZさんやNSRさんがいて、乾いた2stサウンドが響く。
若い頃から4st派だったけど、一度は乗ってみたかったなと。
Z900RSさんが多いなぁ。 やはり、人気は続いてるんだ。
20123107
 天気は良いけど寒い・・・

温かいコーヒーを飲み切ると、手がかじかんできた。
これなら、グローブをして走っている方がまだ暖かいぞ。
さあ帰ろう!(苦笑)

北岸林道の山影ポイントも、路面はドライで問題なし。
「来年の干支の皆さんに、ご挨拶でも」と、牧場へ。
20123102
 いるかなぁ・・・?

今日は駐車場も空いてるな。
おっ、牛の皆さんも外に出てくつろいでいらっしゃる。
柵の前に停まって眺めていたら・・・
20123109
 こっち来たっ♪(笑)

かわいい目をして、興味津々の様子で近付いてきた。
「これは何かしら?」 バイクの匂いを確認中。
年末のご挨拶と合わせて、「来年はよろしく!」と。

無事に帰宅して、2輪4輪とも2020年の運用を終了。
今年も、無事故無違反で終えることができた。

2021年 丑年は、
心おきなくツーリングを楽しめる年になりますように。

nyaponだけ、本日から冬休みがスタート。
チビ達は終業式で学校へ。 nyamoも今日まで在宅勤務。
明日の朝ごパンを買ってくる、お使いを仰せつかった。

天気予報によると、朝のうちは晴れで午後から曇り。
ランチタイムに合わせて宮ヶ瀬方面へ。
今シーズン初のウインターパンツを着用したけど、
気温は2桁あるので、完全冬装備なら全く寒くない。
20122407
 湖畔は11℃

冬アイテムでは、グリップヒーターが気になりつつも、
大形のハンドプロテクターを装着しているおかげで、
冬の高速でも手がかじかむ事は無いので保留中・・・。

塩カルの跡は濡れているように見えて、いつもドキドキ。
日陰で本当に路肩が真っ白な場所もあるので、慎重に。
昨年の夏に「広角用補助灯」を付けてから、
トンネル内の水濡れも見易くて、冬場もありがたい。
20122408
 R25さん、v(・∀・)yaeh!

今日はクリスマスイブ。
サンタライダーでも走っていないかと思ったけど、
さすがに宮ヶ瀬でも平日ではすれ違わないか。(苦笑)
ヤエーをくれたR25さん、その荷物は冬キャン帰り!?

毎年宮ヶ瀬では、クリスマスイルミネーションに
多くの人が訪れるけど、今年のイベントは中止とのこと。
医療従事者の皆さんなどへの応援の気持ちを込めて、
ジャンボツリーだけ点灯を行っているのだと。
20122401
 ジャンボツリーは橋の向こうに

いつもの駐車場も、平日のお昼前は平和な混み具合。
公園の方も人は少なくて、のんびりと散歩できる♪

芝生のエリアが派手に掘り返されているのは、
イノシシ君がエサのミミズを探した跡なのだとか。
最近我が家の周りでも、毎晩のようにタヌキ君に会う。
みんな、冬を越すために一生懸命なのね・・・。
20122403
 すごいパワーだな・・・

20122404
 これは何の実だろう?

今日のランチは、ここ「鳥居原 ふれあいの館」で。
缶コーヒーだけで駐車場を使わせてもらう事が多いので、
空いている時くらいは、いつものお礼の気持ちを込めて。
それにここの食堂、お味の方もなかなかいけるので。

冬限定メニューという「にごみうどん」を注文。
旧津久井町域の伝統料理で、甲州のほうとうに近いかな。
けんちん風や味噌煮込みなど、お店によって違う。
野菜たっぷり、うまうまで体も温まった♪
20122405
 ここのは味噌味

食後は駐車場に戻って、缶コーヒーで休憩。
先々週の、お祭り騒ぎのような混雑とは違って平和。
バイクは、多い時でも10台を少し超える程度か。

上空で旋回するトンビを眺めながら、のんびり。
「何もエサは持ってないからな!」(苦笑)
20122402
 平和だ・・・

さて、あとはお使いを済ませて帰ろう。
北岸林道経由で、塩カル跡と路面凍結に注意しながら。
終日山影ポイントはドライ、トンネル内も凍結無し!

お気に入りだった半原パンが閉店したらしいので、
今日なら空いているだろうと、オギノパンに立ち寄り。
明日の朝の家族分と、おやつのあげぱんをお買い上げ。
20122406
 庭で食べている人

あげぱんが冷めないうちに、自宅まで迅速にお届け完了。
終業式を終えて午前中には帰宅していたnyamota氏、
オギノパンのあげぱんが大好物なので、ご機嫌に。

但し、家中の床に砂糖をばらまくのも得意なので、
食べるのは外に出て庭石に座ってな・・・。(苦笑)

いよいよ、師走も約半分が過ぎてしまった。
年末の予定や天候にも左右されることを考えると、
2020年のうちにバイクのに乗れるのはあと何回かな。

天気の良い日は、少しでも良いので乗っておこう。
今日日曜は、天気予報によると終日晴天で気温も高め。
午前中、「宮ヶ瀬缶コーヒー」に行ってこようと。
20121301
 久しぶりに来たな

少し遠回りをして、道の駅 清川に立ち寄り。
ランチまでには帰るつもりなので、おやつだけ♪

清川恵水ポークを使ったコロッケをテイクアウト。
豚丼「メグドン」も美味しいのだけど、今日は我慢。
バイクの脇で頬張っていると、背後の山が良い色付きで。
20121302
 メグコロ(恵水ポークころっけ)

20121303
 まだ秋の名残が

さて、食後の缶コーヒーは、いつもの駐車場かな。
山に向かうと、やはりどちら方向もバイクが多い。

前方を見ると、125ccのトライク「APtrikes125」が♪
最近、バイク情報サイトでよく記事になっていて、
「ちょっと面白そうだな・・・」と気になっていた。



土山峠のクネクネも、普通にスイスイと上っていく。
ただ、コーナーではかなりリーンインの態勢だった。
ハイペースだと、イン側後輪が浮いちゃうのかな?

最後まで一緒だったらお話を聞いてみたかったけど、
途中、道志みち方面に曲がっていった。 残念!

で、いつもの駐車場に着いてみると・・・
20121304
 今日は何かのお祭りですか?

あまりの混雑に、とても休憩する雰囲気ではない。
まあこの小春日和、考えることは一緒だよな。(苦笑)
「はいはい。 帰ってからコーヒー淹れよ。」
停車して写真だけ1枚撮って、そのまま退散する。

牧場に立寄ると、ここも家族連れで駐車場は満車。
場内通路は、ヒツジの皆さんも散歩中で要注意。
エサを持った小さな女の子が来ると、全員集合!
20121305
 駐車場はいっぱいで

20121306
 「おやつの時間ですね♪」

今日は本当に暖かくて、宮ヶ瀬湖畔の温度表示で13℃。
完全冬装備だと、日向では暖か過ぎるくらいだった。

とはいえ、いよいよ冬も本番。
今週は、最低気温が氷点下になる予報も出ている。
朝夕の路面の凍結や、塩カル攻撃も始まるだろう。
場所や時間を選んで走らないと、危険な季節に・・・。

せっかく茨城にきたのだから、夜のおやつはセコマで。
雑誌で見た、美味しいという飲むヨーグルトも。
セコマ商品を見ると、気分だけは北海道ツーリング♪

晩ごはんは、GoToの地域クーポン券を活用して。
宿泊プランも、二輪車ツーリングプランも
安いものだったので、合わせても1,000円分だけど。(苦笑)
20113001
 今日明日しか使えないんだ・・・

翌月曜日、朝食を食べてから出発。
お安く泊まれたので、珍しく朝食付きのプランで。(笑)

まずは、石岡の市街地に残る看板建築の街並みを見物に。
電柱の無い町並みに、有形文化財の建物が良く映える。
平日の通勤時間帯で、クルマの通りは多かったけど・・・。
20113002
 十七屋履物店・久松商店・福島屋砂糖店

20113003
 すがや化粧品店

20113004
 森戸四郎商店

20113005
 トロッコのレールだぁ♪ (福島屋砂糖店

さて、いよいよ今日の目的地へ。

石岡に宿を取ったのも、平日訪問にしたのも理由がある。
航空自衛隊 百里基地(=茨城空港)に行きたかったから。
愛しのF-4 ファントム戦闘機が、年内に全機退役なのだと。

好きと言いながら、展示機しか見たことが無かった。
最後に、一度で良いから飛んでいる姿を見てみたい!
何しろ、初めて自分のお小遣いで買ったプラモデルは、
F-4EJ ファントムⅡだったくらいだし!
20113008
 バイクでは初めて、こんなの持参で・・・

とは言っても、鉄道ならともかく飛行機など専門外。
そもそも、戦闘機の撮影などしたことがない。
今日F-4の訓練飛行があるのかどうかも、運次第だし。

一応、基地周辺の撮影スポットを何か所か調べてきた。
最初に行った場所は順光だけど、かなり高く上がる。
飛行機屋さんのバズーカのようなレンズじゃなきゃダメだ。
基地内も見えないので、素人にはつまらないし。(苦笑)

一番メジャーという「北門前」のポイントへ移動。
今日この時間は、こちら方向に離陸しているらしい。
脚立に無線機持参という皆さんの横でスタンバイ。
nyaponはフェンスの隙間から。(笑)

皆さん 「黄色が出てきたね。」
nyapon 「え? 何それ。 何か飛ぶの?」
遠くから轟音が響き、近付いてきたと思ったら・・・
20113009
 「きゃあぁ! 本物のファントムだぁ♪」

退役を記念した黄色い特別塗装のF-4が、目の前を離陸♪
そして・・・
20113010
 急上昇! (めっちゃトリミング・笑)

鳥肌が立った。 もう思い残すことはない・・・。

いやいや、せっかく来たのだから別のポイントにも。
着陸側となる、「アラートハンガー前」という場所へ。
20113011
 こちらも、脚立とバズーカの皆さん

しばらくすると、F-2が4機出てきて滑走路に並ぶ。
「へー、F-2って単座と複座があるんだ。」
そして、2機ずつペアを組んで離陸していった。
20113012
 これは、飛んでるのも見たことがあるぞ♪

20113013
  離陸シーンはすごい迫力

その合間には、茨城空港発着の旅客機も。
手前の滑走路に着陸してくるので、めっちゃ近い!
レンズは1本なので、とても機体全体など入らない。
20113014
 「いや近い、近い!」(苦笑)

朝イチで上がっていたF-4が、訓練を終えて帰ってきた。
と思ったら、タッチアンドゴーで離陸。「カッコええー!」
基地の周囲上空をもう1周して、今度こそ着陸した。

最後にお尻のパラシュートも開いたのだけど、
フェンスにしがみついて撮影していたnyaponには、
そこまでカメラを振って追う余裕は無かった。(笑)

ずっと好きだった、F-4 ファントム戦闘機。
しかも、第301飛行隊のカエルちゃんマークの描かれた
特別塗装機を退役前に見ることができて良かった。

子供の頃ですら「もう古い機種」という認識だったのに、
50年近く日本の空を守ってくれたF-4、お疲れさまでした。
20113015
 「お帰りなさい。」「長い間、お疲れさま!」

茨城空港の駐車場に移動して、F-4の展示機を見学。
上空では、4機のF-2が数分おきに飛来して、
空港上空で降下と急上昇の訓練を繰り返している。
隣接の広場では、多くの家族連れが空を見上げていた。

もう写真は良いので、ずっと眺めていたい気分。
後ろ髪を引かれる思いで帰途に。
千代田石岡ICから常磐道、つくばJCTで圏央道へ。
常総ICで降りて、お約束のお土産を買って帰ろう。

時間はちょうどお昼。 お腹も空いてきたなぁ。
「この道沿いに、CoupeCamperさんが紹介していた
 佐野ラーメンの美味しい店があったはず!」
20113006
 「中村屋」さんの佐野ラーメン

優しいのにコクのあるスープ、モチモチの太い麺、
初めて佐野ラーメンで美味しいお店に出会ったかも!
平日ランチで、ミニチャーシュー丼も+100円。
こちらも、うまうまでした♪

その後は、常総市石下名物、クロサワさんの鶏と、
春子屋さんのだんごを買って、再び常総ICからバビューン。
20113007
 茨城方面に来た時のお約束

日が傾いて寒くなりかけてきた、15:30に無事帰着。
お土産も好評で、お団子はその場でおやつに。(笑)
鶏は、買い過ぎた感があるので、がんばって食べよう。

今回のツーリング、GoToトラベルの割引&還元で、
宿泊と高速料金を合わせて6,600円ほど節約できた。
その分買い物も奮発したり、経済貢献もできたかな。

茨城には、他にも行きたかった場所がたくさんある。
予科練平和記念館とか、筑波山とか、鹿島神宮とか・・・。
時期が時期なので、今回は人が多そうな場所は避けた。
また、状況が落ち着いてきた時のお楽しみということで。

秋のツーリングを検討していた時、宿泊と組み合わせると、
高速道路の「二輪車ツーリングプラン」の料金にも、
GoToトラベルの割引が適用されるということを知った。
もちろん、地域クーポン券の還元の対象にも。

よし「東北道・常磐道コース ミニ」で、茨城に行こう♪
月曜日に休暇を取って、日・月の2日間で。
まずは、ずっと見たかった産業遺産の見学に、日立市へ。
20112901
 最近、コーヒーよりお気に入り

まだ暗くて寒い、日曜の朝6時前に出発。
本当に寒くて、トンネルに入った時の暖かさが嬉しい。
圏央道 菖蒲PAまでがんばって、朝ごパン休憩。

つくばJCTから久しぶりの常磐道に入っても順調に。
日が出てもやはり寒く、友部SAでスープ休憩。
コーラの自販機で買えるこれ、最近のお気に入り。

目的地よりひとつ手前の日立南太田ICで降りてR6へ。
直行すると、ツーリングプランが適用されないので。
日立中央ICの横を抜けて、山の方に向かう。
20112902
 日立鉱山電車の橋梁遺構

左側は、日立駅と日立鉱山を結んでいた鉱山電車の廃線跡。
そして、右手にJX金属(旧 日鉱金属)の工場が広がると、
山の上の方には・・・
20112903
 日立の「大煙突」

ずっとこれを見たかった。
1993年の倒壊で1/3の高さになってしまったとはいえ、
昔から街のシンボルとして市民にも愛されていたのだと。

環境問題への対策としての一大プロジェクトながら、
大煙突での排煙拡散は、やはり当時も賛否両論あったそう。
鉱山跡地にあり、その歴史も学べる「日鉱記念館」へ。
20112904
 模擬坑道

本館には、「日鉱」「日立」「日産」と付く多くの企業の
ルーツとなる、日立鉱山の歴史や鉱山のくらしなどなど。
大煙突建設の経緯や、倒壊前の姿も見ることができた。

敷地内の木造のコンプレッサー室はそのまま保存され、
鉱山資料館として削岩機や鉱石標本などを展示。
この建屋の構造自体も、とても興味深いものだった。
20112905
 鉱山資料館

その後、山を越えてR349に抜け、常陸太田市街へ。
この時期ここに来たからには、ランチは「常陸秋そば」♪
最初に立ち寄ってみた店は、コロナの影響で休業中。

「確か、道の駅でも食べられたはずだぞ。」
急きょ行ってみたら、ちゃんと目の前で蕎麦打ち中。
「新そば」の幟も出ていて、ご機嫌に。
20112906
 うまうまでした♪

午後は、廃線跡めぐりの予定。
2004年12月に茨城のローカル私鉄めぐりをした。
その後廃止されてしまった、2つの路線に再訪してみよう。
その時撮影した場所の現況も見てみたいし。

まずは、ここ常陸太田と鮎川を結んでいた日立電鉄。
上記リンク1枚目の写真の橋梁に行ってみたけど、
橋脚どころか橋台の痕跡すら、一切残っていなかった。

道路を越える部分の橋台は現存していたけど、
土手の整備工事が進行中だったので、いつまで残るか。
20112907
 奥の川の方は痕跡無し

続いて、R293の跨線橋から撮影した場所。
こちらは、線路跡が立派な道路に転用されていて、
16年前に見た、列車が走っていた情景を思い浮かべられた。
20112908
 2004年12月

20112909
 2020年11月

次は、鉾田と石岡を結んでいた鹿島鉄道の廃線跡へ。
日立南太田ICから常磐道、北関東道、東関東道を乗り継ぎ、
一気に鉾田まで。 乗り放題のツーリングプランを有効活用。

最初に、温泉施設に保存された車両たちと再会。
定期的に公開したり、大切にされているようで嬉しい。
20112910
 保存状態は良好で

車両を見た後、現役時代に立ち寄ったことは無いものの、
ホームがそのまま残っているという2つの駅跡を訪問。
途中で見える、鉄橋の遺構に立寄ったりしながら。
20112911
 坂戸駅跡

20112912
 小川高校下駅跡

その後は、じっくり撮影した常陸小川駅跡へ。
貨物上屋も残り「鹿島のカバさん」も保存されていた。
あの頃、クルマはキャラバンで、ゆずさんも若かった。

現在はバスターミナルになっていて、面影は無し。
ただ、駅裏の住宅には当時から建っていた物もあり、
何とか定点観測風の写真は撮ることができた。
20112913
 2004年12月

20112914
 2020年11月

当時の写真には、通学中の高校生も写っていたけど、
彼ら彼女らも、もう30歳以上になっている。
沿線の高校生が存続運動を続けていたのを思い出す。

最後に、航空写真で目を付けていた場所へ。
踏切跡にまだレールが残っているはず!
20112915
 あった♪

このあたりから先、石岡まではバス道路に転用された。
その様子を、並走する国道から眺めながら進む。

暗くなる前に石岡市街のビジホにチェックインして、
無事に初日は終了。

↑このページのトップヘ