なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

この週末は、nyamoとnyamotaがお出かけ。
「山形新幹線『つばさ』号で板谷峠を越えよう」の旅。
nyaponは、nyapotaと小雪と一緒にお留守番を。

東京駅からつばさ号に乗車。 福島から雪の板谷峠越え。
何度か立ち寄っている、板谷駅通過の動画が届いた。

特に山形に用事は無く(苦笑)、米沢でとんぼ返り。
再度、板谷峠を越えて、今日は郡山泊なのだとか。
郡山駅での新幹線の高速通過見物も、nyapota氏の要望。
23020407
 米沢駅でとんぼ返り

父ちゃんは、今日も緑のたぬき号(甲)の部品取り付けを。
午前中で終了して、とりあえずこれで一段落かな・・・。

乙号の方、燃料がリザーブ寸前だったのを思い出した。
給油ついでに、午後は乙号でおやつを買いに行こう。
気温は2桁まで上がっているし、路面凍結の心配も無し。
23020408
 コーヒー休憩してから

いつもの炭火焼いも屋さんでおやつを。
前回は焼き上がり待ちだったけど、今日は大丈夫♪
すぐにバッグにしまって、帰途に。

給油を済ませて家に着いても、まだまだ熱々。
そのうえ、紙袋から蜜が垂れてくるほどトロットロ!
23020409
 甘っ♪

久しぶりに走ってみると、乙号の方も楽しいな♪
甲号と比べると、重さも大きさもひと回り小さくて。
CC110が「緑のたぬき」なら、C90は「子だぬき」か。
車齢的には、C90の方が遥かに先輩なのだけど。

・・・甲と乙、やっぱり呼びづらかったし。(苦笑)

金曜夜の帰宅時、神奈川は本降りの雨模様だったけど、
我が家のあたりでも夜中は雪に変わっていたらしい。
アスファルトの道路上はドライながら、山影は怪しいな。

土曜日は、おとなしく「作業日」にしよう・・・。
気温がプラスになって、日も当たり始めてから作業開始。
23012801
 土の上は白く

先週の「箱」の積載対応に続いてやっておきたいのは、
スマホナビが使えるようにUSB電源の取り出し。
乙号は頑なに「ノーマル維持」だと設置していないけど、
甲号の方は、探検に出かける機会も増やしていきたいし。

数百円で分岐ハーネスが買えるので、車体は無加工で。
カバーを開けて、コネクターにアクセスするのが一番大変。
位置と向きが微妙なので、防水処理だけはしっかりと。
USB電源本体は、400X こまち号で使っていた物の転用。
23012802
 メインキー裏から分岐

スクリーンは、「そのうち付けたいな」くらいだった。
しかし、1月の納車になって、冷たい風が辛くて・・・。
大小いろいろ出ているけど、デイトナ製のミドルサイズを。

こまち号では、ロングスクリーンとハンドプロテクターで、
ウェアやグリップの電熱装備の必要性を感じずに済んだ。
カブといえば、あとは最強の「ハンドルカバー」か?(笑)
23012803
 デイトナ製 スクリーン

「スマホホルダー設置のために、アクセサリーバーを」と
考えていたら、スクリーンのステーに付属していた。
スマホホルダーとUSB電源だけなら、これで充分そうだ。
23012901
 スマホホルダーも、こまち号から転用

日曜の朝も気温は氷点下。 午後になってからプラっと。
スクリーンの取付け状態と、防風効果の確認のため。
ステー付属のバーに取付けた、スマホの振動も気になる。

うん、やはり胸から顔にかけて、当たる風が激減した。
こまち号の時のような、「無風」という程ではないけど。
ナビ用の大画面重量級スマホをセットした状態では、
減速舗装などで多少ブレることがあるものの許容範囲。

少し内側にオフセットされたミラーは、慣れの問題か。
USB電源もしっかり動作して、ナビ表示中も充電率上昇。
23012902
 お隣にプコブルーのCC110さん

道中もいつもの駐車場も、晴天ながら風が強くて寒い。
宮ヶ瀬湖の湖面には白波が立つほどで・・・。
缶コーヒーも飲み終えたので帰ろうとしていたら、
同じCC110さんが隣に停めてくれて「こんにちは!」。

初めてのバイク、初めてのツーリングという若い方。
4月発注で、やはり納車まで半年かかったのだとか。
プコブルーも、なかなかお洒落で良い色だなぁ。
近所らしいので、またどこかでお会いしたらよろしく!

山影や橋上は凍結中で、所々残雪も。 慎重に帰宅。
再度、ボルト・ナット類の緩みを確認して「OK!」。
炭火焼いもの焼き上がりまで30分待ちということで、
おやつが買えなかったのが残念・・・。(苦笑)

昨日納車された、クロスカブ110。
スーパーカブ90と同じく緑色なので、愛称に悩む。(笑)
まあ、原付二種[乙]に続いて[甲](90cc超)なので、
とりあえず、緑のたぬき号(甲号/乙号)で呼び分けよう。
23012102
 原付二種[甲]はピンク、[乙]は黄色のナンバー

さて、まずは箱を積まなくては、お散歩もままならない。
乙号では少し腰を引くと背中に箱が当たっていたので、
ロングタイプのリアキャリアに交換しようと思っていた。
23012201
 標準装備のキャリア

ライディングポジションに余裕を持たせるだけでなく、
お泊りツーやキャンツーの大荷物にも対応できるかと。
まあ、いつもの「まずは形から入る」だけど。(苦笑)
23012202
 エンデュランス製 ロングキャリア

純正の1.9kgに対して4.6kgとかなりの重量増加ながら、
パイプは太くかなり頑丈な作りで、信頼性高し。
しかも、左右のサイドバッグサポートがセットでお得♪
長い荷台は、何だか新聞屋さんのカブみたい。(笑)
23012203
 サイドバッグサポート付

箱はどれにしようか色々悩んだけど、GIVI箱を選択。
軽くて一番四角いデザインのものを・・・と探して、
前のモノキーシリーズより軽量なモノロックの32Lに。
この大きさ、この位置なら、もう背中に当たらない。
23012204
 GIVI箱のベースを取付け

せっかくだから、フル積載を想定してみよう・・・。
箱を背もたれだと割り切れば、結構な荷物が載るな。
これだと、GIVI箱の蓋が開かなくてイマイチだけど。
23012205
 キャンツーイメージ(笑)

午後は、宮ヶ瀬周回テストコースで取付け状態の確認。
昨日はお店から直帰だったので、少し遠回りをして。
レッグシールドが無いのはエンジンが見えて嬉しいけど、
あの風防効果は絶大だったのだと痛感。 膝下が寒い。

乙号と最大トルクの差は1.1[Nm]ながら、違うなぁ。
流れに乗るのは楽ちんで、土山峠の上りでも余裕が♪
4速あるのを忘れて、3速で巡航していたり。(苦笑)
23012206
 焼いも買って帰ろう♪

初めてのシフトインジケーター付き、ちょっと嬉しい。
家に着いて燃費計の値を見たら、表示は67km/Lとか。
多少のハッピーメーター誤差はあるとしても、
これは、満タン法で計算するのも楽しみになってきた。

ボルト、ナットの緩み無し! 取付け状態、ヨシ!
リアキャリアの交換、完了。

初代クロスカブの発表時、「面白そうなのが出た!」と。

ただ「ハンターカブ(昔のCT110)の再来」と言われると、
角目世代ベースのデザインでレッグシールド付きだったり、
「それとは、ちょっと方向性が違うんじゃないの?」とも。
22081801
 JA10型 CROSS CUB (2013)

2代目では原付一種(50cc)が出たので、車名に"110"が追加。
丸目回帰のカブがベースとなってレッグシールドも無く、
ハンターのイメージが強まって、「これも良いなぁ♪」

しかし話題のCT125が出ると、「CCの立ち位置は?」と。
22081802
 JA45型 CROSS CUB 110 (2018)

そして、400X こまち号を「小さいの」にしようとした時、
まず決まったのは「最新のカブをもう1台」ということ。
「鉄カブ」C90で遊びつつ、遠出は余裕と安心の新車で。

そうなると、C110/CC110か、C125/CT125ということに。
C90との差別化を考えると、やはりクロスかハンターだな。
有力候補は当然のように、発表発売から大人気のCT125!
ウキウキでお店に行って、nyamo氏と交代で乗ってみた。

2人の意見が一致。「なんかもう、カブじゃないね・・・」
22081803
 JA55型 CT125 ハンターカブ  (2020)

めっちゃカッコ良いし、良い「バイク」なのも間違いない。
でも欲しいのは、見た目も乗るのもお気軽な「カブ」。
野山を駆け回りはしないし、川を渡ることも無い。(笑)
CTはゴツ過ぎて豪華過ぎて、何だか「コレジャナイ感」が。

一方、C110とちゃんと作り分けられていたCCには驚いた。
「アップハンドル化と外装をそれっぽく」だけと思いきや、
サスやブレーキも別モノで「真面目に作ってるのね」と。
チェーンカバーとか、「カブ」の美点は継承されているし。

CT125が出た後も、CC110の人気は衰えていないのだとか。
立ち位置が微妙だなんて思っていたけど、「なるほど」と。
CT125のようにオフロードアピールが強過ぎないデザイン、
「ツーリングカブ」という雰囲気が、ちょうど良いんだな。
22081804
 JA60型 CROSS CUB 110 (2022)

ちょうど、C110/CC110がモデルチェンジ。
ロングストロークの新型エンジンに変わり、燃費を向上。
前輪のみ、ABSを装備したディスクブレーキに。
ホイールのキャスト化と合わせ、タイヤはチューブレスに。

最初は、キャストホイールの見た目に違和感があったけど、
ABS装備やチューブレスタイヤ化は、もちろん大歓迎だ。
見慣れたら、むしろ「ツーリングカブ」感アップで良いぞ♪
23012101
 本日、「小さいの」デビュー!

昨年の7月に、400X こまち号と入れ替えでオーダー。
納期は、根拠なく予想していた半年でほぼ正解だった。
よりによって、1年で1番寒い時期の納車に・・・。
「春で良かったのに」などと、贅沢は言うまい。(苦笑)

「セルがあるぞ!」「幻の4速が現実に♪」「速っ!」
 ※個人の感想です。

こまち号に近いシート高なので、結構高く感じるな。
ずっと「次の小さいの」なんて呼んできたけど、
スーパーカブ90と並べてみるとひと回り以上車格が上だ。
23012102
 原動機付自転車 第二種 [甲]と[乙]

さあ、既に山ほど届いている部品を取付けていこうか。
春に向けて、さらなる「ツーリングカブ化計画」始動!

先日、ホットウィールのスーパーカブ C125を手に入れて、
トミカでこれまで発売されたカブも気になり始めていた。

最近はガシャや食玩などでも樹脂製のモデルが出ていて
造形の精密さだけなら、あちらの方が遥かに上だけど、
やはり金属製の質感や、手に持った時の重量感は特別だ。



「2018年発売の現行モデルだけは持っているのだけど」
と思ってラインナップを見ていたら、既に2021年に廃番。
トミカの車種の入れ替えって、結構早いのね・・・。

新発売商品も眺めていると、オートキャンプのセットが。
RAV4, ハイエースと、リアに荷物満載のスーパーカブ。
「これ、ちょっと欲しいかも♪ (カブだけ)」
クルマと小物は不要なので、バラされたものを。(苦笑)
22091801
 リアルになった2018年以降の造形

現行の造形はリアルで、小さなエンブレムまで印刷。
ホイールも、透明樹脂に塗装でスポークを表現している。
収納式のセンタースタンドで、直立させることが可能。

ただ、手に入れたキャンツー仕様は、少々期待外れかな。

実車には無い、謎な艶消しグリーンの塗装のおかげで、
金属の光沢や質感という、トミカの魅力が半減している。
リアのサイドバッグなどそれらしく作ってはあるけど、
前キャリアと荷物が無いと「キャンパー」には・・・。
22091802
 初期の造形は甘いものの、雰囲気良し

2001年のトミカ初のスーパーカブ 岡持ち仕様(青色)、
2007年のリトルカブ(黄色)の、「鉄カブ」2台も入手。
この世代は固定のサイドスタンドのみで、直立はしない。
スポークホイールは、全面メッキの樹脂板で表現。

リトルカブの特徴である小径タイヤは再現されておらず、
かわいいシートの色と小さいリアキャリアでそれらしく。
ロットによる製造国違いがあり、微妙に形状も違うとか。

現行品に比べると、この頃は造形も塗装も甘いのだけど、
それがいい味や雰囲気に思えてくるのがおもしろい。
22091803
 赤いのがいると映えるけどなぁ

過去には、他にもセット物で仕様違いや色違いがある。
しかし、希少なモデルには相応のお値段が付いていて。

今回入手できたキャンパー、岡持ち、リトルの3台は、
「傷や汚れが無く、送料込み1,000円以下」の条件で。 
まだ、中古トミカに数千円出す情熱は無くて。(苦笑)

赤い郵政カブ(MD)は、魅力的ではあるけど・・・。

わざわざ寒い中をバイクに乗って出かけて、お蕎麦を食べ、
温泉で温まって「しあわせー♪」とか言いながら帰るという、
ゆるキャン△で言うところの「マッチポンプ」企画の第8弾。

2016年 お散歩ツー初め 「隧道と蕎麦と温泉と
2017年 お散歩ツー初め 「ダムと蕎麦と温泉と
2018年 お散歩ツー初め 「大福と蕎麦と温泉と
2019年 お散歩ツー初め 「空母と蕎麦と温泉と
2020年 お散歩ツー初め 「富士と蕎麦と温泉と
2021年 お散歩ツー初め 「お城と蕎麦と温泉と
2022年 お散歩ツー初め 「古道と蕎麦と温泉と

nyaponの年末年始休暇 最終日となった、成人の日。
晴天で3月並みの気温という、お散歩ツー日和な天気予報に。

とはいえ安全第一で、山の方は避けて日が昇ってから出発。
今年も、googleマップの「行ってみたい」のストックから、
路面凍結の無さそうな海沿いのスポットを選んだ。
まずはR412-129で平塚、R134で相模川を渡って茅ヶ崎に。
23010901
 サザンビーチ ちがさき

10時前の時点で、もう気温は2桁。 空は雲ひとつない快晴。
風も無くて、日光を浴びているとポカポカと暖かいくらい。
遠くには江の島と烏帽子岩、砂浜を散歩するワンコ。
「これぞ湘南」という風景を眺めながら、まったりとする。

それじゃ、お洒落スポットからマニアックな場所へ。(苦笑)
向かったのは、「史跡 / 天然記念物 旧相模川橋脚」。

鎌倉時代に相模川に架けられた橋の橋脚が出土した場所。
この橋の完成式には源頼朝が出席し、その帰り道での落馬が
遠因で亡くなったと言われているとのこと。
昨年の「鎌倉殿」を見て思い出し、近いうちにと考えていた。
23010902
 旧相模川橋脚(見えているのはレプリカ)

国道1号とその新湘南バイパスが交差する、すぐ脇にある。
現在の相模川とは1.5kmほど離れている、小出川の左岸。
橋脚の並びを見ると、流れる方向も今とは全く違ったよう。



見えているのはレプリカで、実物は地中に埋め戻されている。
木材が腐食しないように、湿潤状態で密閉されているとか。
素人なので、乾燥させた方が良さそうなんて思ってしまう。
23010903
 こんな感じで

さらにこれは、関東大震災の液状化現象の遺構でもある。
大正12年の関東大震災の際の液状化現象によって、
水田の中に埋まっていた橋脚群が突然出土したのだと。

少々違和感のある「天然記念物」の指定は、これが理由。
23010904
 明治時代の地形図から流路が推測できるとか

近代ではないけど、土木構造物好きとしては興味深く満足♪

さて、それじゃ残るは「蕎麦と温泉」だなっ。(笑)
R1 馬入橋で相模川を渡って平塚、R129から伊勢原方面へ。
この道、天気が良いと「富士さま、どーん!」なので好き。
23010905
 今日もお美しい♪

一度来てみたかった、清川村の温浴施設に到着。

観光客相手というより、住民の方のリラクゼーション施設。
温度も成分も温泉法で定義される「温泉」ではないので、
昨年に続いて、タイトルに少々偽りありなのはご容赦・・・。
23010906
 清川村ふれあいセンター 「別所の湯」

「ぷはぁ・・・♪  手足の指先から溶けていくぅ・・・。」
この瞬間、温泉かどうかなんて、ほんとどうでもいい。(笑)

お蕎麦も、ここの食堂で頂く。
定番の「天ざる蕎麦」、天ぷらは揚げたてサクサク。
まだ体がホカホカしているので、冷たい蕎麦がまた美味い。
23010907
 うまうま♪

目的達成! 峠を越えて、宮ヶ瀬経由で帰ろう。

いつもの駐車場は、盛況ながら隙間があったので立ち寄り。
昨日はしなかった、今年最初の「宮ヶ瀬缶コーヒー」。
うん、あの天気予報を見たら、みんな走りたくなるよね。
23010908
 昨日より盛況かな

無事に帰宅して、2023年のお散歩ツーのスタートが切れた。
今年はもうすぐ「小さいの」がやってくる予定だし、
どんどん増えている「行ってみたい」もやっつけていかねば!

2023年のお散歩ツー初めは明日のつもりなのだけど、
今日のランチもおひとり様になってしまったので、
ぷらっと宮ヶ瀬を周ってお惣菜でも買ってこようかと。

ちょうど奇数月の第2日曜で、宮ヶ瀬カブミーの日。
カブ溜まりは縦列駐車になって面倒なので、外れに。
うん、春から秋の週末ほどの混み具合ではないな。
23010801
 今日は四輪も面白い♪

最初に足が向いたのは、四輪の駐車場の方。
ハコスカ、S30Z、ベレット、Zじゃないフェアレディも。
国産の旧車がたくさん集まっていて、面白い♪

一番目を引いたのは、スプリンター トレノGT。
TE27やAE86は名車と言われて見かけることも多いけど、
排ガス規制時代のTE47から71あたりはあまり見ない。
23010802
 カブミーも盛況

カブミーの方に行ってみると、ピカピカのハンターカブ。
通り過ぎかけてよく見たら、CT110の方だった。
新車かと見紛うほどで、お隣のCT125に負けない綺麗さ。
思わず、お声を掛けて写真を撮らせて頂いたり。
23010803
 どちらもピカピカのCT110とCT125!

23010808
 これ、カッコいい♪

おっと、お昼ご飯のお惣菜を買わなきゃ。(笑)
「ふれあいの館」の方に行ってみると・・・
23010804
 今年も「炭火焼いも」屋さん来たっ♪

おにぎりとお惣菜、焼いもを買って、ご機嫌で帰途に。
今日は、お正月恒例「愛川町一周駅伝競走大会」の日。
ちょうど帰りに重なりそうなので、応援していこう。
23010805
 「がんばれー!」

最終ランナーが通過、道路が落ち着いたらリスタート。
家の付近では、nyamoとnyamotaも声援を送っていた。

想定外、nyamo氏に焼いもを半分奪われる・・・。
まだ家にいるなら、2本買ってきたのに。(苦笑)
おにぎりも、お稲荷さんも、お惣菜もうまうまでした。
23010806
 今日のはホクホク寄り♪

23010807
 うまうまランチ

さて明日は、nyaponもnyamoも冬休みの最終日に。
天気は晴れで、気温も13℃を越えるという予報。
青空の下で、「お散歩ツー初め」にも出られそうだな。

2022年の大晦日は、朝から寒々しい曇り空。
午後になると、やっと青空が見えて気温も上がってきた。
遠くに出かけるつもりはないけど、ぷらっと走り納め。

宮ヶ瀬湖畔、路側の温度表示は11℃。
冬ジャケ&暖かジーンズならば、カイロまではいらない。
カブのレッグシールドが優秀、というのもあるけど。
今日のいつもの駐車場は、四輪の方がOFF会で盛況だ。
22123101
 今年最後の「宮ヶ瀬缶コーヒー」

お地蔵さまに挨拶をしてから帰ろうと思ったら、
畑だったはずの場所に囲いができて、鉄塔が立っている。

Uターンして掲示を見ると、「リニア新幹線供給・・・」。
これから本格化するであろうトンネル工事用電源なのか、
鳥屋地区にできるという車両基地に供給するためなのか。
22123102
 まだ電線のない新しい鉄塔

赤い頭巾のお地蔵さまに、年末のご挨拶。
通りがかった、お散歩中の柴犬に遊んでもらったり。
かわいい柴わんこを見送ってから、帰途に。
家のコーヒーとお菓子の補充のため、途中でお買い物も。
22123103
 「今年も無事に過ごせました」

二輪四輪とも、無事故無違反で2022年の運用を終了。

今年は、四輪のデイズ 青ぎつね号がNV100 ママゾン号に。
二輪では、7月に400X こまち号が退役している。
来年は「小さいの」が実戦投入される・・・のか?(笑) 

朝から快晴の日曜日。
予報も終日晴れマークで、気温は2ケタまで上がるらしい。
年内で緑のたぬき号に乗れそうなのは、今日と大晦日だけ。
年末の天気も良さそうだけど、時間が取れる保証はない。

よし、ランチを兼ねて、ひとっ走りして来よう♪
久しぶりに町内のラーメン屋さんを開拓してみようと、
Googleマップで目星を付けた初めてのお店へ。
22122501
 「らーめん専門店 ぴかさい」さん

コテコテではない家系ラーメンらしい。
もともとは嫌いじゃない家系も最近は辛いお年頃なので、
豚骨醤油でも軽いタイプならば大丈夫かもと来てみた。

しかし、食券販売機の「限定」に魅かれ・・・。(苦笑)
「魚介系と動物系のWスープ」は最近の好みなので♪
22122502
 限定拉麺 850円

結構好きかも♪ ビジュアルも良いし、煮玉子も美味で。
初めてなので麺の硬さはデフォにしたけど、良い感じ。
ライトな家系という普通のラーメンは、次の機会に。

体も温まったし、お山の方を周ってこようかな。
ネックウォーマー無しでも、走っていて寒くないぞ。
山影の空気は冷たいけど、湖畔の温度表示は14℃だった。
いつもの駐車場は、そろそろ落ち着く季節になった?
22122503
 うん、許容範囲か(笑)

やっと、「休んでいこう」と思える混み具合になった。
冬休みモードに入ると、またダメかもしれないけど・・・。
晴天で風も無いので寒くはないけど、さすがに手は冷える。
缶コーヒーで手を暖めながら、皆さんのバイク見物。

北岸林道経由で、牧場に寄り道してから帰ろう。
晴天の週末だけあって、家族連れのクルマも多かった。
22122504
 駐車場が拡張された?

燃料が既にリザーブなので、給油してから帰宅。
もし大晦日に乗れなかったら、これで今年の走り納め。
エンジンも冷えたので、カバーも掛けて一応クローズ。

あっ、燃料コックをONに戻していないような?
忘れたままだと、大変なことになるぞ・・・。(笑)

今日は「おひとり様ランチ」の日で、ラーメンの気分。
緑のたぬき号を出して、食べに行って来よう。
そうだ。ついでに「あれ」も試着して走ってこよう。

少し遠出する時に持って行く、工具やワイヤーロック。
手持ちのバッグに入れてゴムバンドで固定していたけど、
中身の出し入れにバンドを外すのが、やはり面倒で。
22100102
 フロントキャリア用に買った、ツールバッグ

で、買いっぱなしだったバッグを取付けて、ランチへ。

何となく、「ラーショ」のネギラーメンの気分。(笑)
三増峠を越えて、城山公園の脇から津久井へ抜けて、
初めての来店となる、ラーメンショップ 津久井店に。

もちろん注文は初志貫徹で・・・
22102302
 ネギラーメン!

お好みを訊かれたけど、初来店なので「全部普通で。」
店によって味が全然違うことも多いラーショながら、
津久井店はなかなか好みのお味で、うまうまでした♪

食後は、三ヶ木を周っていつもの東屋でコーヒー休憩を。
甘いのを買ってあったけど、ブラックが良かったかな。
気温は23℃を越えてきたけど、空は晴天で空気も爽やか。 
遠目に眺めて、「ツールバッグ、いいんじゃない♪」
22102303
 本日は、カフェオレのホット

見た目がお散歩カブ風になってなかなか良い感じだけど、
お安い品なので、付けっ放しだと劣化が早そうかな。
まあ、お安いのだから、傷んだら交換すれば良いのか。

そもそも、遠出の時ですら後の箱も満載ではなく、
ツールバッグは、ほぼファッションなのだから。(苦笑)
22102301
 「うん♪ いいんじゃない?」(笑)

緑のたぬき号で遠出できない週末が続くので、
せめてもと、お出かけ仕様にして満足する今日この頃。

↑このページのトップヘ