なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

昨日の朝駆けの帰りに立ち寄って久々に食べようと思ったのに、
マスクを忘れたことに気付いて泣く泣く断念した、せき麺。
「よし、今日こそは食べる!」「マスクの準備、よし!」(笑)

今朝の相棒は、スーパーカブ90 緑のたぬき号を指名。
ラジオ体操に向かう、nyamota & nyamoを見送って出発だ。

でも、その前に・・・
21072501
 GSに寄って給油してからだな

一応、タンクを覗き込んでみても・・・
21072502
 もう、ON位置では吸ってません

なんちゃって田舎のGSは、24時間営業ではない。
バイクでは行きつけのお店、6:00オープンを確認して出発!
給油を済ませて、燃料コックをリザーブからONに戻して、と。
ノンストップのつもりだけど、宮ヶ瀬湖周回コースへ。

湖畔の温度表示は22℃。 昨日より空気も乾燥して気持ち良い♪
でも、雲はほとんど無く、日中は絶対に暑くなるという空だ。

R412に戻って、製麺所隣のコンビニ駐車場に到着。
週末や休日だけの営業で、朝の6時くらいから開くので、
宮ヶ瀬や道志に走りに来る朝駆けライダーに有名な「茶屋」。
21072503
 朝7:00でも大盛況

以前は「オリジナル」が1杯200円だったけど、今は300円。
なかなかの値上げ率ながら(苦笑)、それでもお安い。
そもそも、この時間にお手軽に食べられるだけで嬉しいし。

久しぶりに来たので、奮発して鳥肉の燻製のせを。
前回は切れていた、無料のピリ辛にんじんトッピングも。
21072504
 うまうまでした♪

隣接のコンビニで冷たいコーヒーを買って、移動しよう。
準備をしていたら、20代くらいの若者が声を掛けてくれた。

「きれいな90ですねぇ!」 振り向くと、若者もカブ乗り。
「今どき、こんなにきれいな90は珍しいですね!」
「2月にたまたま店頭で見かけて、即決したんですよ。」

使い込まれた若者のカブ。 カブ主としては大先輩のようだ。
少し話をして、初心者カブ主のおじさんはご機嫌で出発♪
21072505
 とうもろこし!

今日も、先月見つけたおやつスポットに来てみた。
日が昇ってきたけど、東屋の下はジャケット着用でも快適。

コンビニで買ってきた、冷たいカフェラテでいっぷく。
「きれいな90」を眺めながら、またご機嫌に。(笑)
時々、ツーリングらしきバイクもトコトコと通り過ぎていく。
この道、進んでいくとどこかに抜けられるんだな・・・。21072506
 今日は甘くて冷たいやつ

さて、まったりし過ぎると、どんどん暑くなってくる。
この道がどこに続いているのか、探検しながら帰ろう。

畑の中を抜けると、急勾配で段丘を下りていく。
「谷で川があるということは、あのあたりに出るのか?」
スマホナビを装着しない、カブでの探検も楽しいぞ♪

予想したとおり、昨日も走ったK510に突き当たった。
今日は、オリンピックの女子の自転車競技コースとなる道。
昨日も見た、「LITTER ZONE」の近くに出てきた。
21072507
 「LITTER ZONE AHEAD 1km」

暑さが本気を出し始める前、8:00過ぎに無事帰宅。
今日も、女子の自転車競技をネット中継で応援するかな。

湿度の高かった昨日の男子と、快晴で暑そうな今日の女子。
選手にとっては、どちらの方が厳しいのだろう?
昨日は見えなかった富士さまが出迎えてくれそうだから、
今日も、みんながんばれがんばれ!

1か月ほど前から、通勤の道端に交通規制の予告看板が。
東京オリンピックの自転車ロードレース開催を知らせるもので、
いよいよ、男子の競技が今日、女子の競技が明日に迫った。
21072401
 宮ヶ瀬・道志方面は要注意

2年前のテストイベントは見物に行って沿道で声援お送り、
「本番もここに来てみようか」なんて言っていたけど、
誰も想像できなかった、延期&沿道での応援自粛な状況に。



男子競技本番の土曜日の朝、コースの事前点検(笑)へ。
暑くなる前に、相模川から宮ヶ瀬付近のご近所エリアだけ。

相模原市街地を抜け、河岸段丘の急勾配を下るあたりから。
21072403
 新小倉橋の下をくぐる

観戦に来ようと思っていた新小倉橋を右上に見ながら、
小倉橋で相模川を渡って、再び対岸の河岸段丘の上りへ。
橋を渡った正面の崖面には「TOKYO 2020」の巨大な幕が。
21072404
 相模川を渡る

21072402
 良くも悪くも地元開催の記念に・・・

圏央道 相模原ICの下をくぐって、そのままK510を西へ。

沿道では色々と器材が準備がされているのかと思ったけど、
案外何も無くて、指定された歩行者横断交差点付近などに
バリケードやパイロンが置いてあるくらいだった。
21072405
 要所にはバリケードやパイロンの準備

21072406
 圏央道 相模原IC

途中、「LITTER ZONE AHEAD 1km」という看板が。
「なんのこっちゃ?」と思い、帰って調べてみたのだけど、
どうやら飲料の空きボトルを投げ捨てられるエリアかな?
21072407
 「ゴミ捨て区域 この先1km」という感じ?

その先、串川橋からR412に入って、相模湖方面へ。
串川中学校のフェンスにも、「TOKYO 2020」の横断幕。
21072408
 串川橋交差点を右折

21072409
 串川中学校

「せき麺」の食べられるコンビニを横目に北上。
今日も早朝から開いてるな。 帰りに立ち寄ろうかな♪

そして、青山からR413 道志みちへ入ってクネクネ。
小さなアップダウンが続きながら、標高を上げていく。
21072410
 青山交差点を左折

競技コースは、このままR413で県境を越えて山梨県に入り、
道志村を横断して、山伏峠を越えて山中湖畔へ。

nyaponの「コース確認」はここまでで、宮ヶ瀬方面に左折。
お腹空いたし、暑くなってくる前に帰りたいし・・・。(笑)
21072411
 コースは道志・山中湖方面へ

さて、鳥屋経由でせき麺を食べに戻ろうかと考えていたら、
あれ? そういえば、マスクを忘れてきたような・・・。

路肩に停めて確認してみるも、やはりポケットに無く、
バッグの中の予備&非常用使い捨てマスクも品切れで。
今日は、大人しく家に帰ろう。
21072412
 自転車の人も多い

この時期は、早朝からバイクに加えて自転車の人も多い。
オリンピック競技本番直前のコースを走るというのは、
自転車乗りの人にとっても、なかなか貴重な体験だろうな。
21072413
 晴れて暑くなってきた!

明け方から曇りベースだったけど、晴れ間が見え始めた。
それに合わせて、体感気温もどんどん上がってくる。
せき麺は残念だったけど、汗をかき始める前に無事帰宅。

ランチを食べながら、ネット中継でおうち観戦。
相模原市内など、めっちゃ密になって沿道観戦してるなぁ。

自転車競技には詳しくないのだけど、富士SWまでの移動は、
この人たち絶対に道志ツーリングを楽しんでるでしょ?(笑)
集団の先頭は横1列に並んで、談笑しながら走ってるもん。
21072414
 おっ! ちょうど小倉橋だ♪

しかし、あの狭い道志みちを自転車の集団とサポートカー、
ドクターカーやカメラバイクが、クラクションを鳴らして
入り乱れながら爆走するのは、見ている方が怖い・・・。

下り坂は70km/h近く出ているのに、薄いシャツとパンツで、
プロテクターどころか肘も膝もむき出しだからなぁ。
同じことをバイクでやると、無謀と言われるやつ。(苦笑)

この暑い中、アップダウンの激しい244kmは尋常じゃない。
何はともあれ、ゴールまで安全にがんばれがんばれ!

先週末は、土日とも日中の微妙な時間に用事があった。
加えて、バイクに乗っていたら倒れそうな陽気で。
これは日曜朝の涼しいうちに、サクッと朝駆けだなと。

早起きして緑のたぬき号を引っ張り出し、6時に出発。
日陰なら、まだメッシュジャケット越しの風はひんやり。
いつもなら通過するだけの場所に、ササッと停めてパチリ。
ここは、宮ヶ瀬ダムの堤体を見下ろせるポイント。
21071801
 山影はひんやり

路側の温度表示は22℃で、まだまだ日向でも快適に走れる♪
いつもの駐車場はオープン前だし、コンビニコーヒーで休憩。
と思ったらパンが美味しそうで、ほぼ朝食に。(苦笑)

道志みちに抜けるのか、この時間でも行き交うバイクは多い。
駐車場の1/3をバイク枠にしてくれているコンビニながら、
タイミングによっては結構埋まってしまうこともある。
21071802
 ホムセン箱テーブルが便利♪

暑くならないうちに帰ろう。 R412に抜けて、三増峠経由で。
こちらのルートも、すれ違うバイクは意外に多い。

峠を越えたら、横道に逸れてトコトコお散歩も。
ジョギングをしていた頃はこの辺りまで走りに来ていたけど、
久しぶりで道に迷って、予想外の場所から出てきたり。
21071803
 油断すると足が滑って転ぶやつ(笑)

日差しが辛くなる前、涼しいうちに無事帰宅。

「そういえば・・・」とシートを上げて燃料計を見ると、
いつの間にやら、針は「ガソリン補給」の手前の位置。
タンクを覗き込むと、「ON」時のパイプの上端が露出。
「RES」にしておかないと、またGSまでにガス欠だ。

前回見た時は、もう少し走れそうな気がしていたのに。
いまだに、給油のタイミングが掴めないな・・・。(苦笑)

ふらっと立ち寄った本屋でバイク雑誌の表紙を眺めていたら、
月刊オートバイの付録「RIDE」が目についた。
東本昌平さん描き下ろしのイラスト&マンガが巻頭の別冊付録。
今月の特集は、スーパーカブらしい・・・。

雨の休日、手に取って「家でのんびり読んでみるかな」と。
21070401
 「買っちった」(笑)

東本昌平さんのイラスト&マンガの他、現行型のカブの紹介、
カブ主の語るその魅力、Cubヒストリー、などなど。

月刊オートバイ本誌の方も、買って読むのは久しぶり。
昔は「電話帳」なんて言われてたけど、ずいぶん薄くなった。
あの頃は「半分以上は広告やからなぁ」と苦笑いしつつも、
ネット通販なんて無い時代、広告も貴重な情報源だった。

毎月カラー広告が載っていた、上野にあった某巨大用品店。
そこの革ツナギを、通販で購入して愛用していたnyapon。
支払いは現金書留での通販とか、ちょっと懐かしい・・・。

この週末、土曜の午前なら「梅雨の晴れ間」となりそう。
しかも、その後の10日間予報は傘マークが続いている。
よし、緑のたぬき号でご近所の「おやつスポット」探しだ♪

いつも遊びに来てくださるCoupeCamperさんの、
おやつ持参のお散歩ツーが「楽しそうで良いなぁ」と。
最近、いつもの駐車場は大混雑でのんびりする雰囲気でなく、
中津川の河原もGW以降はコロナ対策の封鎖が続いているし。

まずは宮ヶ瀬湖を一周。 開場すぐなら?と立ち寄ってみた
いつもの駐車場は、やはり既に混雑が始まっていた・・・。
21062601
 まあ、貴重な梅雨の晴れ間だしね

端の方に停めてアイスコーヒーだけ買って、早々に退散。

おやつは、久しぶりにオギノパンのあげぱんにしようかな。
オギノパンの駐輪場も、隙間は最後の1台分という状態だった。

ホカホカのあげぱん持参で、目を付けていたスポットへ。
今日は山間ではなく、開けた明るい場所に行ってみたかった。
広場に隣接してベンチと東屋があり、花壇には花が咲いている。
周りには、畑や里山の風景が広がっていて気持ち良い♪
21062602
 「いいじゃん、いいじゃん♪ ここ!」

ご機嫌で周りの風景の写真なんか撮っていたけど、
日向はTシャツ姿でも暑くて、東屋に退避・・・。(苦笑)

とても綺麗に管理されている地元の皆さんに感謝しつつ、
「来た時よりも美しく」と思ったけど、ゴミひとつ落ちてない。
汚さないように、ありがたく休憩させて頂こう。

コンビニからも、あげぱんからも近いし、良い場所だな。
21062603
 花があると和む

21062604
 アジサイもちょうど見頃

さて、このあたりは初めて来たのでウロウロしてみよう。

廿三夜塔を見つけたり、お地蔵さまにご挨拶をしてみたり。
緑のたぬき号なら、自転車感覚で行ったり来たりできる。

400X こまち号の少々尖がったデザインやカラーと違って、
カブだと完全にニッポンの里山風景に溶け込んで良いな♪
乗っているのも、ほぼ「近所のおっちゃん」だけど。(苦笑)
21062605
 廿三夜塔など

21062606
 赤い頭巾のお地蔵さま

帰りは、国道には出ないで峠を越えて行こうかな。
一部ダートの残るこの道、緑たぬき号で通るのは初めてだ。

ダート区間は数百メートルながら、こちらからだと下り。
チューブタイヤでパンクは面倒なので、石ころにも注意。
やはり、雨と轍で路面がかなり荒れている場所もあったけど、
トコトコとのんびり下って、無事に舗装路面に復帰できた。
21062607
 緑のたぬき号、初のダートへ!

峠を越えたら、もう1か所、以前から気になっていた場所へ。
我が家からは数百メートルしか離れていない「裏山」。
眺望がきくらしいのだけど、行ってみたことがなかった。

茶畑の中の細い道を上っていくと、遠く横浜方面が望める。
ちょうど、宮ヶ瀬ダムの天端から見るのと同じ方向だ。
空気の澄んだ季節に来ると、もっとよく見えるのだろうな。
21062608
 横浜ランドマークタワーらしき影も

家に帰って、まだ温かい「あんドーナツ」をnyamotaと半分こ。
あげぱん好きのnyamota、「普通のも食べたかった!」と。

「いい場所を見つけてきたから、今度行ってみるか?」(笑)

4月28日に開通した「はこね金太郎ライン」。
「湘南新宿ライン」の類ではなくて、神奈川県道 K731。
小田原からと御殿場からの箱根アクセスルートに加えて、
南足柄から金時山の脇を越える新しいルートができた。

以前から「南箱(なんぱこ)道路」として整備していたもの。
新しくできた道路というと、最近はバイパスばかりだけど、
峠越えの新しい車道ができたというのが嬉しい。

半日程度の神奈川県内ツーリングに最適な、旬のネタ。
「早起きして、昼までに帰ってこよう!」と思っていたら、
先週に続き、起きるとまだ雨模様な日曜の朝。(苦笑)
朝食を食べていると、晴れ間が見えて道路も乾き始めた。

R246で松田、K720で南足柄、K78 足柄峠手前の分岐まで。
21062001
 入口に到着♪

21062002
 金太郎がお出迎え

元々あった林道を拡幅整備した道路なので道幅は狭いし、
カーブの半径も小さいので、決して快走路ではない。
今日は400Xだけど、カブでトコトコ走るのが楽しそうな道。
40km/hくらいでクネクネ。 標識には「安全速度 20km/h」。

国立公園内なので、最低限の整備工事で完成させたとのこと。
そのため、隧道内以外は照明も皆無という夜は厳しい峠道。
道幅5mほどでセンターラインは無いけど、待避所も多いし、
乗用車ならすれ違いに苦労するほどの「険道」ではない。
21062003
 いきなり注意喚起多数!(笑)

21062004
 数百メートルおきに待避所

21062005
 見通しの悪いカーブには分離ポール

21062006
 登山道との交差点

雨上がりで蒸し暑くなるかと思ったけど、空は曇りベース。
標高が上がると、メッシュジャケット越しの風がひんやり。
対向車は思ったより少ないけど、同じ方向の自転車が多い。
サイクリストさん的には、ここは「良い道」なのかな?

峠の金時隧道の手前、パーキングができているので小休止。
ここから、45分ほどで金時山頂まで歩けるらしい。
その名前ほど見晴らしは良くないのが、少々残念だけど。
21062007
 金時見晴パーキング

21062008
 見晴らしはそれほど・・・(苦笑)

隧道内で、南足柄市から箱根町へ。
同じような道幅と線形で、どんどん山を下っていく。
仙石原と乙女峠のちょうど中間あたりで、R138に合流。

今日は、仙石原からK75で芦ノ湖畔へ。
当初は午前中に帰宅してしまうつもりだったのだけど、
出発を遅らせたので、箱根でちょうどお昼どき。
少し早めのランチで、お蕎麦でも食べていこうと。
21062009
 ここ、バイクでは初めてだな

芦ノ湖畔、遊覧船乗り場脇の駐車場にバイクを停める。
中学校の修学旅行は富士箱根だった、兵庫出身のnyapon。
みんなで海賊船にも乗ったなぁ・・・。

「お土産にお団子でも」と思ってお店をのぞいたら、
店内で食事もできて、お蕎麦もあるじゃん♪
箱根に来たら「とろろ蕎麦」、もちろんうまうまでした。
21062010
 とろろ蕎麦(冷たいの)+山菜トッピング

空を見上げると、ちょっと雲の色が怪しいぞ。
R1 箱根新道、小田原厚木道路でバビューンと帰途に。
小田厚では、本日も白バイ、覆面、パンダが大活躍だった。

伊勢原ICで降りて、宮ヶ瀬湖畔経由ながら真っすぐ帰宅。
どうせ、いつもの駐車場は大混雑だろうし・・・。
5時間半で約150km、梅雨の晴れ間の県内限定ツーリング。
先日更新したスマホホルダーの取付けも、問題無かった。
21062011
 14:00帰着、おやつに間に合った♪

久しぶりのお出かけとなった、400X こまち号。
これで、ご機嫌を直してくれたかな?

先月の初め、5年ぶりに機種変更したスマートフォン。
バイクでのスマホナビ用途のため、画面の大きさを重視した。
以前は16:9の画面が主流だったけど、最近は20:9らしく、
横幅は前の機種とほぼ同じながら、上下の寸法が伸びた。

普段使いの手帳型ケースは、当然機種専用品に買い替えたけど、
バイクのスマホホルダーの適応サイズからも外れてしまった。
何とかセットはできるけど、微妙に無理している感じで・・・。
21061201
 SSTR2017参戦時から愛用

今までのものは、4年前にSSTRへの初参戦が決まった時に、
「ちょうど、やっとiPhoneも防水仕様になったのだし」と、
画面までフルカバーするタイプから更新した、DAYTONA製。
正確には、MINOURA製のDAYTONAブランド品だけど。

使い勝手は良好ながら、樹脂製のアームはそろそろ劣化も心配。
加工して寸法的に少々無理をしてセットしていることに加えて、
大容量バッテリーで重量級の機種にもなったし、更新するかと。
21061202
 今回も、MINOURA製 DAYTONAブランド

最近は、どこのスマホも大画面化が進んでいるからなのか、
MINOURA-DAYTONAの後継機種も、適用サイズに入っていた。
400XでもPCX150でも使用してきて信頼もあるし、今回も。

アームなどの構造パーツがアルミ製になって、強度は高そう。
本体は小ぶりで、走行風による空冷効果も向上してるかな。
やはりハンドル回りなので、見た目の質感が良いのも嬉しい♪

爪の部分は形状と配置が変わって、固定時の安心感も増した。
おそらく、シリコンバンド無しでも問題ないだろうと思うけど、
万が一吹っ飛ぶと事故も誘発しかねないので、保険として。
21061203
 GoProとの干渉も無し!

春先から、SuperCub90 緑のたぬき号と遊ぶことが多くなって、
スネ気味だった400X こまち号へ、久しぶりのプレゼント。
緑のたぬき号の方も、少し遠出する時には欲しいと思うけど、
見えるカスタムやアクセサリー装着はしないという方針なので。

で、「日曜は、テストを兼ねてちょっとお出かけかなっ♪」
・・・と思って早起きしたのだけど、天気予報を見て二度寝。
いよいよ、梅雨らしい天気が続きそうな予報になってきた。

昨日は、用事を終えた午後から緑のたぬき号で宮ヶ瀬を一周。
やはり、こまち号はもう少しご機嫌ななめが続くかも。(苦笑)

2001年式カブ90 緑のたぬき号のヘッドライトのバルブは、
LEDどころかハロゲンでもない、いわゆる普通の白熱電球。
夜間走行は未経験ながら、とにかく暗い。(苦笑)

暗順応に時間のかかるトンネルなど全く路面が見えず、
フロントキャリアへの反射で点灯しているのが分かるだけ。
400X こまち号のLEDライトも暗いけど、その比ではなく。
こまち号は、「広角用補助灯」の追加装着で改善したし。
21052301
 この電球色は譲れない

以前、CB125では手持ちの4輪用HIDを流用したり、
グラトラではLEDバルブに換装して効果があったけど、
鉄カブに青白い光は似合わない。(個人の感想です・笑)

スロットルを捻って走り出すとボワーッと明るくなる、
あの黄色っぽい電球色の優しい光が気に入っている♪
暗いから明るくしたいとか、優しい色の光が良いとか、
自分でも面倒なやつだとは思うけど・・・。(苦笑)

ということで、「ノーマル維持」がコンセプトながら、
安全性向上のため、ハロゲンバルブに交換することに。
21052302
 ちょうどそろそろ交換時期だったかな

スタンレーのハロゲンバルブを購入。
「高効率」とか「青白い」とか謳わない、普通のやつ。
ただでさえ発電量が少ないので、当然純正と同じ30Wで。

よく見ると、灯体も元付きの電球もスタンレー製だった。
外した電球は結構な煤け具合で、これも暗さの原因か?
交換して、エンジンを掛けて点灯確認してみると・・・
21052303
 あれ? 大して変わらない?

交換前と違って完全に日向になっていたこともあり、
アイドリング状態では一瞬ガッカリしかけたのだけど、
スロットルを捻った時の明るさが大幅に増していた。
「なるほど、そういうことなのね」と、ひと安心。

もちろん、ちゃんと暖色系の優しい色も維持されている。
これなら、「ノーマル維持」コンセプトにも反していない♪

トンネルの続く、宮ヶ瀬周回テストコースでチェックを。
初めて、トンネルで路面を照らしているのが見えたぞ!
当然ながらHID化やLED化のような劇的な変化は無いけど、
これならトンネル内の落下物にも気付けそうだ。(苦笑)
21052304
 本日は4列駐車の混雑・・・

いつもの駐車場に立ち寄ってみたけど、やはり超混雑。
一応隙間が見えたのでカブだから停めてはみたけど、
この4列駐車状態、400Xだったら絶対にスルーだった。
ヘルメットを取ることもなく、写真を1枚だけ撮って退散。

北岸林道の暗いトンネルも安心感アップで、無事に帰宅。
これで、少々帰宅が遅れて暗くなったとしても安心かな。

アオシマから発売されている、バイクのダイキャストモデル。
細かいところはプラパーツを使った1/12スケールモデルで、
お手頃価格にしては、どの車種もなかなかよくできている。

以前、バイクのお祭りの時に処分特価 1,000円で購入した、
CB1300P 神奈川県警仕様をPCケースの上に飾っている。
もちろん、無事故「無違反」のお守りとして・・・。(笑)
21042902
 1/12 HONDA CB1300P(神奈川県警仕様)

スーパーカブも、いくつかの色と仕様で発売されていた。
模型店で見かけた時は定価の2,500円で販売されていたけど、
ネット通販の「おススメ」では、送料無料で1,700円ほど。

思わずポチッとして、PCケース上のコレクションを増車♪
21042901
 1/12 HONDA Super Cub

カプセルトイトミカに続いて、3台目のカブのミニチュア。
前の2台の時は、カブ主になるとは思っていなかったなぁ。
愛車ではなくても欲しくなる、カブは特別な存在だった。

2001年式 90DXよりも少し前の50STDがモデルなので、
サイドカバーの色など、緑のたぬき号とは差異があるけど、
やはりディテールが精密に再現されていて、満足感高し。

岡持ち仕様の方も、ちょっと欲しかったかな・・・。(笑)

我が家でnyaponだけが、今日までお休み。
朝から在宅勤務中のnyamo氏の邪魔をしないように、
晴天の庭に出て「カブでおうち遊び」の仕上げをしよう。

鉄板の溶接で組まれた、鉄カブのフレームやボディ。
経年により、エッジ部や小傷から赤サビが出ている箇所が。
「腐食」の域に達しないうちに、お手入れをしておこうと。
昨日のブレーキ点検の後、黒サビ転換剤を塗っておいた。
21051001
 黒サビ転換剤

赤サビに塗っておくと化学変化で黒サビに変わり、
その後はサビ止め効果を発揮してくれるという優れもの。
目立たない場所や黒塗装部なら、そのままでもOK。
我が家では、色々なところで活躍してくれている。

フロントフォーク部のエッジとか、ガツガツ当たるような
ハンドルストッパー部やロック部には、結構目立つ赤サビが。
あえてサビを落とさないで塗った方が、きれいに黒化する。
21051002
 before

21051003
 after

緑のたぬき号の「タスマニアグリーンメタリック」だと、
影になるような部位なら、本当に塗装はいらないくらい。
でも今回は、タッチペンも事前に入手してあった。
以前何気に検索してみた時、半額セールだったので。(笑)
21051004
 色番号: G142M

黒サビに変化した部分に、ちょんちょんと色を載せる。
小さい箇所は、蓋に付いたハケより綿棒の方が扱いやすい。
20年落ちの塗装より、ちょっと色味が濃いかな・・・。

ピカピカにしたい訳じゃなく、あくまでサビの進行防止。
傷や凹凸の修整などは行っていない。
あとは、完全に乾いたらコンパウンドで磨いてやれば十分。
21051005
 before

21051006
 after

一連のメンテの最後の仕上げに、クラッチ調整を。
カブに搭載されている最も偉大なメカ「自動遠心クラッチ」。
その調整機構があるのは知っていたけど、触っていなかった。
現在の摩耗に対して正しい状態なのか、確認しておこうと。

まずは、調整前のアジャスターの位置をマーキングして、
 1. ロックナットを緩める。
 2. アジャスターを右に1回転。
 3. アジャスターを左に止まるまで。
 4. アジャスターを右に1/8回転。
 5. ロックナットを締める。

ん? 調整前より1/8回転ほど位置が変わったな・・・。
これは、クラッチの摩耗で調整がずれていたということかな?
キックでエンジンを始動してみると、変化が分かった。
21051007
 使うのは、メガネレンチとドライバーだけ

どうやら今までは、キック時にクラッチが少し滑っていた?
新車状態を知らず、「こんなもんだろ」と思っていたけど、
足を踏み下ろした時の力の伝わり方が全く変わった。
ここにきて、また新しい発見♪ 始動性が向上した!(苦笑)

メンテも一段落で、外していたレッグシールドを取付ける。
横型エンジンの姿が見えなくなるのは、少し寂しいけど

カレンダー上は平日の今日、GW休暇最後の宮ヶ瀬散歩へ。
途中で、また燃料コックを「RES」にしたりしながら。
いまだに、燃料計を見ても給油のタイミングが・・・。(笑)
21051008
 レッグシールド復活!

21051009
 天気も良いし空いてるし♪

まずは、平日無料の「いつものじゃない方の駐車場」に。
駐車場にはクルマもバイクもそこそこ停まっているけど、
公園の方に行ってみると、とても広いので人影は少ない。
食堂も空いていたけど、魅かれるものが無かった。

いつもの方の駐車場に移動しよう。
今まで風に舞ってカチカチと音を立てていたキーホルダー、
まったく揺れないことでレッグシールドの防風効果を体感。

やはり、こちらの駐車場も空いていた。
晴天で気持ち良いけど、今日は缶コーヒー休憩は無し。
お昼も過ぎたし、おにぎりとお惣菜を買って帰ろう。
21051010
 メッシュジャケットで快適

21051011
 GWのおうち遊びでリフレッシュ完了♪

中津川沿いの道をテケテケ走って、無事に帰宅。

「おうち遊び」で進めた、緑のたぬき号のメンテも一段落。
納車以来、気になっていたところは、ひと通り点検できた。
とはいえ、チェーンカバーの中のスプロケット周りなど、
気付かないふりをしてそっと閉じたところもある。(笑)

良くも悪くも、まだ「おうち遊び」な週末は続くだろうし、
ご近所散歩とメンテ、どちらも楽しんでいこう♪

↑このページのトップヘ