なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 汽車

先日は一緒に鉄分100%日帰り旅に出かけたnyamota氏、
夏休みに入ってからは、一人で電車見物に出かけている。



地域性もあって、一人で電車に乗る機会が無かったけど、
最近はバス・電車を乗り継いで出かけるようになった。
昨日も、バスから小田急線・JR横浜線を乗り継いで、
特急列車や貨物列車も見ることができる八王子駅へ。

朝から出かけて行って、ランチを挟んで15:30ごろまで。
随時、nyamo宛のLINEで写真・動画付きの報告が。(笑)
2207310122073102
 「なんか、珍しいのが通過したよ!」

2207310322073104
 「貨物列車が来た!」

2207310522073106
 静止画はどれも |д゚)チラッ という感じ(苦笑)

2207310722073108
 「お昼ごはん」「それ、高いりんごジュースだろ」(笑)

昼は菓子パンをかじって、駅のホームで1日ウロウロとか、
父ちゃんの小学生の頃とまったく同じことをしてるな。
何だか、ちょっとだけ嬉しいぞ。(笑)

父ちゃんと違うのは、「じっくり見たい」ということで、
あまり写真を撮らないこと。 うん、それは正しいと思う。
安全に気を付けて、マナーを守って、楽しんでください。

珍しく休暇を取っていた、カレンダー上の3連休最終日。
2018年夏以来、nyamotaと「鉄分100%」の日帰り旅へ。

前回はnyaponが乗り鉄プランを考えてやったけど、
今回は、nyamota氏自身が考えたプランで、テーマは、
「ロマンスカー三昧 & 新幹線の高速通過見物!」
22071801
 30000形 EXEα で新宿へ

海老名駅前にクルマを停めて、最初は銀色の EXEα に。
車掌さんからロマンスカーのカードを貰って、ご機嫌な人。
優しい車掌さんに、帽子をかぶらせてもらったり。
22071802
 「いろいろもらったよ」

新宿に着いたら、一旦改札を出てすぐに再入場。
nyamotaが、今回一番楽しみにしてたというスポットへ。
22071803
 「ロマンスカーカフェ」♪

新宿駅のロマンスカーホーム正面にあるカフェ。
列車をかぶりつきで見られて、ロマンスカー好きには最高。
次々に発着する列車を眺めつつ、お茶休憩したら・・・
22071804
 70000形 GSE で小田原へ

新宿滞在は小一時間だけ。 とんぼ返りで Go West!(笑)
乗るのは、赤いロマンスカー GSE の後部展望席 3列目。
さすがに3連休、先頭車や最前列は取れなかった・・・。
22071805
 展望席から見た、ロマンスカーカフェ

新宿から小田原までノンストップの「スーパーはこね」号。
海老名も本厚木も通過は初体験で、nyamota大喜び。(笑)
22071810
 「大きいちょうちんだよ!」

約1時間で小田原に到着したら、早めのランチで腹ごしらえ。
それではと、期限2時間の入場券を買って新幹線ホームへ!
いきなりの高速通過シーンに、nyamotaはご機嫌MAX。
22071807
 「速いよー♪」

いつもはスマホ専門のnyamotaも、今日はカメラを持参。
nyapota & nyamota用となっている、PowerShot G11 で。
父ちゃんも一眼レフでなく、PowerShot G1X で奮闘中。
液晶を見ながら、必死でカメラを振り回す親子2人。(苦笑)
22071808
 N700A

N700Sもすっかり増えて、もう珍しくないんだ・・・。
今まで、1本増えた青いヒゲでしか見分けられなかったけど、
見比べると、横顔は"S"の方がずいぶんシュッとしてるんだな。22071809
 N700S

午後からは気温も上がり、新幹線ホームも暑くなってきた。
こだま号が停車していると、冷房の排熱も滞留するし・・・。
熱中症になっても困るので、2時間より少し早めに撤収。

ママへのおみやげを買うnyamotaと、エキナカの物産店へ。
小田急線ホームから、向かいの東海道線の列車を見物したり、
ロマンスカーのミュージックホーンを動画で撮ってみたり。
22071806
 60000形 MSE で海老名まで

最後は、青いロマンスカー MSE で海老名に帰る。
先に前4両が入線、箱根湯本からの後6両の連結を見物して。

海老名で、新宿に向かうはこね号を見送って、本日の予定終了。
今回の「鉄分100%」、nyamotaプランも充実した内容だった。
夏休みに入ったら、ひとりで電車見物に行ってくるのだとか。

鉄道写真家 広田泉さんが、3月28日に亡くなられていた。
数年前から病気と闘っておられることは知っていたけど、
最近は、写真や鉄道の世界から遠ざかっていたので・・・。



資料に近かった鉄道写真をアートまで高めたパイオニアで、
今も「鉄道写真の神様」と尊敬される、広田尚敬氏の次男。
ご自身も感性がすばらしく、一番好きな写真家さんだった。
22071101
 広田泉さん(掲載許可済み / 2009年1月)

親子で運営するWebサイトの鉄道写真年賀状コンテストで、
「広田泉賞」に選んで頂いたご縁で、お会いしたことがある。
2人とも撮影地を周るのはキャンピングカーということで、
千葉県の道の駅でお会いし、並んで車中泊をさせて頂いた。
22071103
 「広田泉賞」に選んで頂いた作品

夜には泉さんのキャンピングカーにもお邪魔して、
カメラやレンズなどの機材や撮影法についてお話を伺ったり、
我が家の長男など、ポートレートまで撮って頂いたり。
翌日には、教えて頂いたポイントに立ち寄って撮影もした。
22071102
  教えて頂いた場所で

nyamo氏と写真展やトークショーにも出かけたし、
鉄道関係の児童書も出しておられたので息子達にもおなじみ。
東日本大震災で被災した路線の復興支援はライフワークで、
もちろんその写真集も購入して応援させて頂いた。



病気になられてからも写真家として精力的に活動を続けられ、
趣味のオートバイのイベントなんかも開催されていたのに。
まだ53歳。 これからも、すばらしい作品を見たかった・・・。

今日は、泉さんを想いながら作品を鑑賞しようと思う。

今年のGW、福島県の羽鳥湖でキャンプというのは決定事項。
nyamota氏が1月の那須高原駅に続いて、新白河駅に行きたいと。
なので、遠くない羽鳥湖畔のキャンプ場を予約したのだそうな。

もちろんnyamota氏の目的は、新幹線の「高速通過」見物。
8年前の新白河駅訪問は覚えていないので、また行きたいと。
東北新幹線の全駅名も暗記して、すっかり準備万端らしく。(笑)

渋滞を避けて前日の夕方出発、東北道の那須高原SAまで前乗り。

========================================

今回も、隣の白河駅近くにクルマを停めて、電車でひと駅。
大正時代建築の白河駅舎は、nyaponの好きな駅舎のひとつ。
22050105
 東北本線 白河駅

新白河駅で入場券を購入。 有効期間の2時間、見物するぞ!
・・・と意気込んでみたものの、列車本数が少なくて寂しい。
先日の地震による影響で、減便の特別ダイヤで運行中のため。
待ち時間があると、曇天で風も冷たく少々寒い新幹線ホーム。

それでも、全力で通過する新幹線に、nyamota氏はご機嫌。
「写真撮るより、ちゃんと目で見たい」と、本気モード。(笑)
停車する列車はじっくり見られるので、それはそれで良し。
22050101
 「連結がよく見える♪」

液晶では通過列車を全く追えなかった1月の反省を踏まえ、
父ちゃんは、重いのを我慢して一眼レフを持ってきた。
特に重い70-200mmF2.8まで持ってきたので、使わなきゃ。

「これなら見えるー♪」 光学ファインダー最高!(笑)
とは言っても、320km/hを綺麗に流せるほどの腕はないけど。
22050102
 「振り回せるー♪」

22050103
 「流せるー♪」

22050104
 「200mmで圧縮ー♪」

駅撮りとはいえ、久しぶりの鉄分補給で父ちゃんもご機嫌。
入場券の有効期間2時間をきっちり使い切って退場。(笑)

白河ラーメンを食べたいけど、まだどこも開店してないよな。
「駅の中のお店は朝から開いてたよ。」とnyamo氏。
本格的なお店ではないけど気分だけ・・・なんて思っていたら、
郡山のタウン誌でも紹介されたとかで、うまうまでした♪
22050106
 久しぶりの白河ラーメン♪

さて、白河に戻ろうと切符を買って改札を通ろうとしたら、
駅員さんが「どちらまで行かれます?」「白河です!」
「いま出たところなので、次までしばらく時間が・・・。」

次の郡山行きは、約1時間後だ。
時刻も調べず電車に乗ろうとする、都会モンのようなミス。
nyaponなんて、今や立派ななんちゃって田舎者のくせに、
いまだに5分や10分おきに電車が来るという感覚で。(苦笑)
22050110
 やっと乗れるね

しばらくお茶休憩してから、無事に白河までひと駅。(笑)

せっかくなので、今回も駅のすぐ裏手にある小峰城跡を散策。
芝生の広場もあるので、雨が降る前にお散歩だ。
22050107
 白河小峰城跡

ところで、nyamotaが連れている・・・
22050108
 お前は誰だ?(笑)

キャンプ場に入る前にとR289沿いの温泉に立ち寄ってみたら、
コロナ対策なのか入場制限中で残念。 K37で羽鳥湖に向かう。

チェックインを済ませて、サクッと設営。
nyamota氏「散歩してくるね!」 すっかり仲良しだな。(笑)
夜は雨が降る予報。 早めに鍋の夕食で暖まって、予定終了。
22050109
 だからお前は・・・(笑)

nyamota氏が、このところずっと「新幹線を見たい!」と。
それではとクルマ旅を計画。 長野の佐久あたりまで行って、
少し新幹線に乗って、善光寺でもお参りして来ようか?

でも、乗りたい訳じゃなく高速通過が見たいのだと。(苦笑)
過去にも、東海道の小田原駅、山陽の姫路駅でも見物したけど、
東北の新白河駅に行った8年前のことは記憶にないらしい。



よし、それじゃ久しぶりに新幹線の「本気」を見せてやろう。
ということで、土曜朝、出発の30分前に行先変更。(笑)

東北新幹線が320km/h走行し、かつ「こまち」「つばさ」の
両方が見られる、宇都宮駅以北、福島駅以南の区間。
8年前は新白河駅だったので、今回は那須塩原駅にしよう。

久々のキャンカー出動。 やどかり3号で、朝6:00過ぎに出発。
受験生nyapota氏は、羽を伸ばす 勉強に専念のためにお留守番。
関越道は渋滞していたけど、東北道は順調で、10:00に到着。
22010901
 早速、E2が高速で通過♪

駅前の駐車場にクルマを停めて、入場券を買ってホームへ。
早速列車が通過し、腰が引けつつも超ご機嫌になるnyamota。
通過線があるので柵がなく、カーブしていて迫力も満点。

nyaponは、前回のように一眼レフは持って来なかった。
自分には、背面液晶で動きモノを追うのは無理だ。(苦笑)
やはり、一眼レフ&レンズを持って来れば良かったか・・・。
22010902
 「なすの」運用で停車のE5 & 通過中のE3「つばさ」

本数も多いし、カラフルな色々な形式が行き交うこの区間。
しかも大好きな「連結」した列車もたくさん見らるので、
nyamota氏は「ここは最高だね!」と。 それは良かったよ。
神奈川では、ほぼ同じ形の白いのしか通らないからな。(笑)

上り下りホーム、カーブのインアウトを1時間半ほど行き来。
父ちゃんが子供の頃は入場券を買ったら1日駅で遊べたけど、
今は有効期限2時間。そろそろ、お昼ごはんにしようかね。

電車に乗って宇都宮に出て、美味しい餃子を食べようか!
22010906
 餃子像

まずは、一度見て見たかった駅前の「餃子像」を見物♪
「餃子の皮に包まれたビーナス」だとは知らなかった。(笑)
初めてなので、駅から近くて密にならなそうなお店へ。

3人とも、色々な種類の餃子を食べ比べできるセットを。
肉・ニラ・しそ・ニンニク・エビ・しょうが・ホタテなどなど。
餃子11個とごはんとスープのセットながら、みんなペロリ。
どれもジューシーで、うまうまでした♪
22010907
 11個すべて具が違う!

宇都宮で観光の予定は無いので、那須塩原にとんぼ返り。

「おっ、夕方の光がカッコいいぞ。もう1回新幹線見るか?」
「見る見る!」 再度、入場券を3枚購入して新幹線ホームへ。
「絶対、監視カメラで『また来た』とか言われてる」(苦笑)
22010903
 E6「こまち」+ E5「はやぶさ」

流線型の車体に、夕方の「斜光線ギラリ」がカッコいい!
nyamo & nyamotaも、iPhoneで写真や動画をたくさん撮影。

nyamo氏は、高速通過中のE5を自撮りでピタリと並べる。
22010904
 奇跡の1枚(笑)

nyamota氏は、カッコいい「ギラリ」を撮れたのに・・・
22010905
 ママの髪と被る(苦笑)

超高速通過と美味しい餃子を堪能して、本日の予定終了。

スーパーで食材を仕入れ、温泉で温まって、道の駅まで。
ここ塩原は、旅犬ゆずさんが最期に立ち寄った道の駅である。
まあ今日も、コソッとキャンカーに乗っているのだろう。(笑)
22010908
 今回は「こゆず」も

窓の結露が凍り付いていた朝。 今日は、のんびり帰るだけ。
西那須野塩原ICから東北道、圏央道に乗り継いで相模原ICまで。
天気は良く、真っ白な富士さまが遠くにはっきり見えている。

渋滞もなく順調で、給油も済ませて11時には無事に帰着。
予想外の早い帰宅で、なぜか焦る受験生nyapota氏。(苦笑)

日曜も、目が覚めると雲一つない快晴。
昨夜ゲリラ的な豪雨があって、路面はウェットだけど。
この天気ならすぐに乾くだろうと、出発準備を。
昨日は緑のたぬき号と遊んだので、今日はこまち号だ。

朝日が眩しい6:00に出発。
R412からR129に乗り継いで、海沿いの湘南道路R134へ。
今日は、湘南方面で「鉄分補給」をしてこようと思う。

江の島をかすめてR467に左折するとすぐに・・・
21100306
 江ノ電の併用軌道区間♪

右手には江ノ電の先頭部がある、「江ノ電もなか」のお店。
ここは後で見物に来るとして、まずは湘南モノレールへ。
少し前に鉄道旅の番組で取り上げられて、見たくなった。

数少ない「懸垂式」モノレールなので、インパクト大。
最近は、アトラクションとして乗りに来る人も多いとか。
nyamotaも、番組を見て「乗りたい!」と騒いでいた。
nyaponは、千葉市のものなら乗ったことがあるのだけど。
21100307
 「来たぁ!」(笑)

このあたりの区間は、住宅街の道路上を走っているので、
頭の上を通過していく列車を真下から眺められる。
都会のビル街でなく、閑静な住宅街というのが面白い。
子供の頃の絵本では、「未来の鉄道」的に紹介されていた。

湘南江の島駅に向かって結構急な勾配を下っていくので、
先頭に乗るとジェットコースターみたいだろうな。
21100301
 住宅街に「未来の鉄道」

そして、撮影スポットとして有名な場所に到着。
地平の片瀬山駅から道路上の高架に上り始める地点で、
高さ制限3mという至近距離の頭上を列車が通過する。

もちろん、ぶつかる訳は無いのだけど、
感覚的には手を上に伸ばしたら車両に触れそうな迫力。
初めて来たけど、思わず首をすくめてしまう・・・。
21100302
 「うおぉーっ!」(笑)

朝7時台で、列車が3,4分おきに行き交うので飽きない。
あまりに楽しくて、30分以上ずっと見物していた。(笑)
nyamotaを連れてきてやったら、喜びそうな場所だな。

また、モノレールと頭上ですれ違いながら帰途に。
先ほどの併用軌道区間で、江ノ電の通過も見て行こう。
江ノ電色の4連が見られてご機嫌♪ 鉄分補給完了!
21100303
 4連が来たっ♪

帰りも、朝日に輝く相模湾を横目にR134で。
江の島に渡るクルマ、水族館に来たらしいクルマが多い。
そして、西行き東行きともバイクも多い! 
21100308
 江の島!

久しぶりに平塚方面を通るので、おやつを買って帰ろう。
神奈川では黄色い自販機がおなじみの「湘南クッキー」。
そのアウトレットショップが、R129沿いにある。

コインロッカー式の自販機で、「お楽しみセット」を。
賞味期限が近付いたもの、通常1000円分のセットが500円。
これで、本日のお土産も確保♪
21100304
 アウトレットも無人販売

定番ルート、伊勢原を抜けて宮ヶ瀬経由で帰ろう。
お山が近くなると、すれ違うバイクも増えてきた。
やはりお約束、「カブで来ない日はカブが多い」だ。

空は変わらず快晴、土山峠のクネクネもご機嫌で。
対向車線は、パトカーが先頭の大名行列もあったけど。
制限速度30km/hの区間が続くからなぁ・・・。(苦笑)
21100310
 ブンブーン♪

宮ヶ瀬湖畔に出てからも、自転車、バイクが行き交う。
帰宅してから、GoProで撮った映像を見返していたら、
マスツーの皆さんに手を振って頂いていたのに気付いた。

3台のタンデマーの方が手を振ってくださっていたのに、
数台の自転車をパスするために左側に注意していたので、
対向車線を気にしていなかった。 失礼しました!
21100311
 ごめんなさい、気付きませんでした

ちょうどオープン直後の時間帯になったので、
昨日に続き、いつもの駐車場にも立ち寄ってみるも・・・
21100312
 「混雑のため通過致します」

ちょうど10:00に無事帰宅して、快晴の朝の湘南散歩終了。

「宣言解除」の今週末も、結局神奈川県内で完結したけど、
秋空の下、そろそろ隣県にも足を延ばしていこうかなと。
21100305
 本日のおみやげ

雑誌の購読サイトで目についた旅行雑誌、「旅の手帖」。
汽車旅派だった小中学生のころ、よく読んだものだ。
懐かしいな! 紙媒体の衰退が激しい中、頑張ってるのね。

時刻表も発行する交通新聞社の雑誌で、JRグループ協力。
昔は当然「国鉄協力」で、出版社名も「弘済出版社」だった。
確か、国鉄全線乗りつぶしを目指すキャンペーン、
「いい旅チャレンジ20,000km」の事務局にもなっていた。

今にして思うと、旅の手帖を買って読む小学生とか、
ませているというか、親父くさいというか・・・。(苦笑)

まあ当時は、終日列車に乗り続け、夜は駅の待合室のベンチ。
記事のような街歩きなど、数えるほどしかしなかったけど、
ネットなど無い時代、とにかく書籍や雑誌を読み漁ってたな。
21091802
 「旅」が足りていない・・・

いつまでも断続的に続いている、緊急事態に外出自粛要請。
旅好きとしては、そろそろ禁断症状が出始めて・・・。
「遠くに行くのだけが旅ではない」のは分かっているけど、
ずっと県内縛りのお散歩が続いて、体が旅を欲している。

美しい紅葉の表紙に魅かれ、「旅欲」に負けてポチっと。

特集は、文化庁が認定する「各地の歴史を通じて魅力的な
文化や伝統を語るストーリー」である、日本遺産。



来週からは10月に入って、いよいよ秋も深まってくる。
汽車旅やキャンカーでのクルマ旅はもちろん、
バイクでも、歴史や文化に触れる旅に出られるといいな。

「20日前までに予約すると、JRの特急が半額!」
「よし、どこかに(笑)行くぞ!」
しかし、すっかり油断していて、キャンペーン終了間近に。

「E351系の頃以来の「あずさ」(以前は「スーパーあずさ」)
に乗って、高速コーナリングを堪能しよう!」とnyamo氏。
あの時は、今回は留守番のnyapotaが0歳児だったな・・・。

「当然、新宿-松本間の全区間乗車に決まってるじゃん」と、
早速、新宿までの往復のロマンスカーも予約していた。
土曜朝、まずは海老名から小田急のロマンスカーで新宿へ。
21032101
 「おっ、VSEじゃん♪」

nyamo氏が、何だか得意気に席に案内すると思ったら・・・
21032102
 最後尾の展望席!

しっかり、1号車 1A,1B,1C を予約していた。(笑)
残念ながら、先頭は取れなかったらしいけど、
展望席が初めてのnyapota氏は、終始ご機嫌だった。

新宿で中央線特急ホームに移動して、駅弁屋さんへ。
これも楽しみだった♪ 汽車旅でコンビニ弁当は無い!
21032103
 特急 あずさ 19号 松本行き

11:30 新宿を定刻に発車・・・、と同時に駅弁を。(笑)

nyamotaは「チキン弁当」、nyamoは「とりめし弁当」、
そしてnyaponは「たけのこ おこわ弁当」。
本当に駅弁って、なぜか冷めていてもうまうま♪
21032112
 汽車旅の楽しみ!

E353系に乗るのは、3年前のnyamotaとの日帰り旅以来。
あの時は、特急かいじ号としての短区間だったので、
山岳区間で車体傾斜装置ONの高速コーナリングは初体験。

つい「振り子式車両」と言ってしまいそうになるけど、
前のE351系と違ってエアサス(鉄道では「空気ばね」)
を使って傾斜させる構造なので、「振り子式」ではない。

八王子を過ぎて山岳区間に入り、本気を出し始めた。
車端部の席なので、カーブの度に足元の台車から音が。
「カチッ! プシュー、プシュッ!」
車体がグイッと傾いて、高速のまま通過していく。
21032104
 ※イメージ (こんなには傾きません・笑)

実際に傾くのは1.5度だけど、乗っていると結構傾斜する。
「傾くねぇ♪」 隣で、鉄子のnyamoが一番嬉しそう。(笑)
バンク感なら、JR北海道のディーゼル特急の方が上かな。
あちらは、エキゾーストノートも聞こえてバイクみたいだし。

制限速度+25km/hでの曲線通過が許されている、この車両。
笹子峠に向けてのワインディングも、100km/h前後の高速で。
スマホのマップアプリで通過中の線形を確認したり、
速度計アプリで通過速度をモニタしたり、忙しい。(苦笑)

こんなご時世ではあるけど、
乗車率は、一番混んだ八王子-甲府間でも3,4割くらいか。
車内販売は休止で、座席の向かい合わせ利用はNG。
まあ、その辺の通勤電車より、よほど安心感あり。
21032105
 「カッコいいね!」

「まつもとぉ~」
松本名物、独特の到着アナウンスでお出迎え。

さて、特に観光をする予定はないので・・・、(苦笑)
駅ビルのカフェでお茶休憩をしたら、ホテルへ。
夕食を兼ねて少し街歩きをして、あとは部屋でのんびり。
21032106
 「昔の駅の看板だって」

日曜朝、再び駅へ。 お土産を買って、ホームで電車見物。
中央西線方面への直通列車もあるので、JR東海の車両も。
ちょうど、向かいのホームに特急「しなの」名古屋行きが。
21032107
 これは「制御付き自然振り子式」車両

隣のホームに到着した「あずさ」は、付属編成付きの12両。
だけど、昨日のも今日乗るのも、基本編成のみの9両編成。
連結好きのnyamota氏は、少々残念だった模様・・・。

それでも、今日乗る「あずさ18号」は特別な列車。
途中の停車駅が茅野、甲府、八王子のわずか3駅のみで、
新宿まで2時間23分で走破する、最速の「あずさ」号。
21032108
 「あそこを通ってみたかった・・・」

10:10 松本を定刻に発車。

松本を出ると、塩尻にも岡谷にも停まらない。
直線の塩嶺トンネルは、もちろん全力疾走で通過。
甲府盆地に向けて、車体を傾斜させて駆け下りていく。

E353系の設計最高速度は、130km/h。
長いトンネル内や平地など、線形が良い区間は全開!
21032109
 ただいま、最高速度で走行中

やはり、甲府から八王子にかけてのワインディングも、
「プシュー、プシュッ!」と車体を傾けながら疾走。
最近の停まり過ぎな特急と違って、「特別急行」らしい
数の停車駅のみで中央東線を駆け抜け、新宿に到着した。

また帰りも、海老名までの小田急線はロマンスカーで。
入線してきたのは・・・
21032110
 初めて乗る「赤いやつ」、GSE♪

GSEが発表された時、連接車体でなくなったと聞いて、
あの「カタン、カタン、カタン、カタン!」という、
独特の通過音じゃなくなるのが寂しいなと思っていた。
ホームドア対応など、編成の統一は必要なのだろう。

先頭車両に展望席が設けられたのは、やはり嬉しい。
週末、温泉や観光を楽しみに箱根に向かう列車は、
EXEやMSEのようなビジネス特急とは違うのだから。

しかし、この真っ赤な流線型車体、nyaponの世代には、
どうしても名鉄パノラマカーに見えて・・・。(苦笑)
21032111
 海老名では、GSEの離合♪

雨の海老名駅に無事帰着。 nyamotaの大好きな、
ミュージックホーンを鳴らしながらの発車を見送って、
1泊2日、特急「あずさ」& ロマンスカーの旅も終了。

列車に乗るのだけが目的のつもりで出かけた旅ながら、
家族みんな大好きで、我が家に常備されている、
「ハルピンラーメン」を仕入れられたのが収穫かな。

まあ、松本じゃなくて諏訪のご当地ラーメンだけど。(笑)

毎年この時期、JR各社から春の臨時列車に関するリリースが。
そんな中で、JR東日本のリリースの中に寂しい発表があった。
東京-大垣間の夜行快速、「ムーンライトながら」の運転終了。
昨年春の運行が最後となり、今後は設定されないらしい。

繁忙期に運転され、青春18きっぷの愛用者に人気だったけど、
「お客さまの行動様式の変化により列車の使命が薄れ・・・」
「使用している車両の老朽化に伴い・・・」とのこと。



最近は特急型車両による全車指定席の臨時列車だったけど、
nyaponの世代にとっては、無名の「大垣夜行 340/345M」。

急行型165系のボックスシートで、エビのように眠ったもの。
繁忙期などは、席確保のために何時間も前から行列したり。
割安なグリーン車も人気だったけど、貧乏学生には・・・。
 21012301
 これは165系と同型の169系

記憶に残るのは、初の北海道旅に向かうために乗った時。
1986年の春、「国鉄」の終焉まであと1年となっていた。
理由は忘れたけど、大阪から米原の間で列車が遅れて、
米原から大垣までは、特急「しらさぎ」に飛び乗った。

間に合う乗り継ぎ列車が本当に無かったのか、
少しでも早く大垣に着いて、席を確保したかったのか。
21012302
 スタート早々、700円の出費(苦笑)

21時過ぎに大垣発、翌朝4時半くらいに東京着。
どこかで食べた駅そばの出汁で、関東にいるのを実感した。

確か、常磐線経由で鈍行を乗り継いで夜には青森に。
青函連絡船の深夜便から、お約束の「函館ダッシュ」。
確保した始発特急の自由席で、初めての北の大地を眺めた。
21012303
 記念に1枚余分にもらってきたやつ(笑)

10日間ほど道内を乗り回って、再び連絡船で青森へ。
夜行急行の自由席で上野まで戻ってきた。
東北本線経由の「八甲田」、奥羽本線経由の「津軽」、
常磐線経由の「十和田」、どれに乗ったか覚えていない。

 ================================
 【1/24 追記】
  周遊券に秋田駅の途中下車印を発見したので、
  奥羽本線経由の急行「津軽」で帰ったことが判明。
  10分の停車時間に、改札まで走ったんだな。(笑)
 ================================

東京で夜まで時間をつぶした記憶はないので、
大垣行345Mでなく、昼間に大阪まで乗り継いだのだろう。
始業式の日の直前まで、放浪していたのだろうし。(苦笑)
21012304
 既に過去帳入りした駅名も多い

この北海道旅の写真は全く残っていないのだけど、
途中下車印のたくさん押された周遊券の他に、
大垣夜行に乗り継ぐために車内で買った特急券、
記念にと余分にもらってきた乗船名簿も残っている。

寝台列車とはまた違う、夜行列車の座席のあの雰囲気。
レールサウンドが心地良く、高速バスともまた違って。
旅に出るのに、良くも悪くもスマホなんてものは持たず、
車窓を流れる灯りを眺め、色々なことを考えたあの頃。

本当に「使命が薄れ」てしまったのか分からないけど、
青春時代の思い出の残る列車がまたひとつ・・・。

神奈川を含む1都3県は「緊急事態」な、この連休。
nyaponもnyamoもカレンダーどおりに休暇を取っていて、
「クルマ旅初めにでも」と思っていたのだけど・・・。
こんな時には家でゆっくり、昨年末からの宿題を。

11月のツーリングでめぐってきた、茨城県の鉄道廃線跡。
その時に撮った現在の写真と現役時代の写真を並べて、
定点観測風にして本館サイトにまとめておきたかった。

まずは、日立電鉄の定点観測まとめ(@本館サイト)
21011001
 日立電鉄(2005年4月 廃止)

そして、鹿島鉄道の定点観測まとめ(@本館サイト)
21011002
 鹿島鉄道(2007年4月 廃止)

2004年12月に撮影した画像を、引っ張り出して比較。
そのまま残る風景も、まったく消えてしまった風景もある。
列車の撮影の合間に撮った、オフショットも懐かしい。
当時乗っていたキャンカーとか、まだ若いゆずさんとか。

しかし、一番変わったのは自分たちだったり・・・。
当然ながら、16年前はnyaponもnyamoも若いな。(苦笑)
21011003
 nyamoも、ゆずさんも若いな

21011004
 「お前もな・・・」(苦笑)

↑このページのトップヘ