なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 汽車

この道の駅、目の前には妙義山(白雲山)の威容が。
高台で眺望も良く、振り向けば夜景も綺麗だった。
朝起きると気温は氷点下4℃で、今日も良く晴れそう。
23010400
 グラデーションの朝♪

朝食を済ませたら、R18 碓井バイパスで軽井沢へ。
混む前に、アウトレットの駐車場に入ってしまおうと。
路面はドライだけど、碓氷峠を越えると山は雪景色。
23010401
 「スキー場も、若い頃に来たなぁ」

オープンまで1時間あるし、nyamota氏の要望を先に。
もちろん、目の前の軽井沢駅で新幹線見物。(笑)
23010402
 「この編成はJR西日本のW7系だな」

駅の東京方には、新幹線とは思えない急カーブが見える。
110km/h制限となっているので、通過列車も迫力はない。

これは、工期短縮のために仕方なくできてしまった線形で、
「かがやき」も、在来線の特急以下の速度で通過する。
とはいえ、nyamota氏は一番お気に入りのE7系にご機嫌。
23010405
 「並んだっ♪」

レストランの開く11:00に合わせて、アウトレットに戻る。
ランチを済ませて駐車場に戻ると、すでに満車に。
やはり、早めに入場しておいて正解だったな・・・。

さて、留守番していた小雪を拾って、ショッピングへ。
さすが犬連れに優しい軽井沢。 店内もワンコがいっぱい。
全てではないけど、カートやバッグで入店OKな店が多い。
フードコートなどのテラス席も、もちろんワンコOKで。
23010406
 「私は良い子ですよ♪」

nyamota氏、「小雪ちゃんのカートは僕が押す」と。
広い芝生エリアなどは、カートを降りてお散歩。
人の多い所を歩くことが少ない箱入り娘には、良い経験だ。
犬好きのお客さんや、他のワンコに遊んでもらったり。
23010403
 においを嗅いだり、観察したり、いろいろ学習中!

以前より広くなったここ。 端まで歩くだけで結構な距離。
昨日は、アプトの道 & 妙義神社の石段を上り下り。
全エリアを見終わった頃には、膝下の筋肉痛が・・・。
若いnyamotaと小雪は平気だけど、大人2人は。(苦笑)

今日もマッサージしなきゃと、昨日の道の駅近くの温泉へ。
ゆっくり浸かって足を揉んで、食堂で夕食も済ませる。
今日は、高速道路に乗ってしまい、藤岡のPAで予定終了。
23010404
 PAには綺麗なイルミネーション

=======================================

このPAは、道の駅と一緒になった「ハイウェイオアシス」。
農産物直売所と、食肉卸売市場の直営店がお気に入り。
いつも、安くて美味しい野菜とお肉を買って帰る。

今日も一宿の恩に、上州牛、上州麦豚、そして下仁田ネギ。
いつも微妙に外す、下仁田ネギの流通期に来られて嬉しい。
帰って鍋に入れたら、軟らかくて甘くて美味でした♪
23010502
 nyamo氏、友達へのお土産にも

そして、このPAは「新幹線ビュー」でもある。
当然ながら、nyamota氏の新幹線見物タイムも。
しばらく眺めていたけど、もう上越もほぼE7系っぽい。
いよいよ、E2系の見納めも近付いてきたか・・・。
23010501
 観覧車は営業開始前で残念

帰りも渋滞には遭わず、順調にお昼前には帰宅。
2023年のクルマ旅初めは、無事に終了した。

ほとんど旅に出ることなどできなかった2021年から、
2022年は、車中泊の旅だけで4500km/14泊まで回復。
今年も、少しずつ色々な所に出かけられますように。

1月3日、Uターンラッシュの逆を突いて、2023初旅へ。

北陸新幹線開通で廃止された、信越本線の碓氷峠区間。
横川-軽井沢間、通称「横軽」の一部は遊歩道に。
2004年にゆずさんと一緒に往復踏破しているのだけど、
その後、めがね橋から熊ノ平駅跡まで延長された。

今度は、nyamotaと小雪を連れて歩いてみようと。



下り線の渋滞はないだろうと、普通に朝食も食べて出発。
順調に、圏央道、関越道から上信越道の松井田妙義ICに。
R18を碓氷峠方面に向かい、旧道沿いの「峠の湯」まで。

前回は、横川駅~めがね橋の往復約10kmを歩いたのだけど、
今日は途中の峠の湯から出発、延長された熊ノ平駅跡まで。
往復6.6kmを歩いたら、温泉で「ぷはぁ・・・♪」の予定。
23010301
 「さあ、がんばるよー!」

23010302
 隧道内は風が抜けて寒い!

まずは、nyapon & nyamo は2回目のめがね橋までの区間。
天気は良いけど、風が吹くと寒い! 隧道内にはつららも。

前回も感じたけど、歩いても分かるほどの急勾配。
よくこんな所を、明治の技術で列車を上り下りさせたなぁ。
23010303
 碓氷第三橋梁(めがね橋)に到着

23010304
 眼下は、「イニシャルD」なR18 旧道(笑)

23010305
 「さあ、ここから初めての区間だ!」

いよいよ、前回は封鎖されていた第六隧道から先へ!
この遊歩道「アプトの道」で最長、546mもある隧道。
内部はS字になっており、なかなか出口が見えない。
23010306
 「まだまだ続くよ・・・」

途中には横穴が2か所。 上部には穴も開いている。
工期短縮のため、途中の沢の部分からも掘削したとか。
上部は排煙用か。 nyaponは外に出て、全容も見物したり。
23010312
 横穴と上部開口部

そして、あと4本の隧道を抜けると熊ノ平駅構内に到着。

nyaponの世代は、すでに熊ノ平「信号所」だったけど。
子供の頃から鉄道誌で何度も見た、4つの隧道が並ぶ風景。
現役時代には叶わなかったけど、初めて見られて感動。
23010307
 変電所の建物も廃止当時のまま

今日見てきた隧道、橋梁、変電所建物などはすべて、
国指定重要文化財「旧碓氷峠鉄道施設」になっている。
鉄道好き、廃線跡好き、近代化遺産好き、土木構造物好き、
どの属性も持っているnyaponには、聖地のような場所だ。

厳しい環境での鉄道の運行・管理には悲しい事故もあり、
ここでは列車脱線や土砂崩落で多くの方が亡くなっている。
殉難碑に手を合わせてから、山を下りよう。
23010308
 平和なお猿さんで良かった・・・

2時間ちょっとで往復して戻ってきた。
すっかりお昼も過ぎたので、食事の後で温泉へ。
すでに脛が痛いぞ。 よくマッサージしておこう。(苦笑)

本日は、妙義の道の駅で予定終了。
着いてみると、すぐ目の前に妙義神社というのが。
「予定してなかったけど、まだ明るいし初詣しようか♪」
23010309
 「カッコいいな!」

・・・なんて、軽い気持ちで参道に向かったのだけど。
県道沿いの鳥居から見える総門まで結構急な坂道で、
「今日は良く歩かされる日だ!(笑)」なんて軽口も。

門までたどり着いて、さらに先を見て絶句・・・。
23010310
 「大変失礼致しました」(苦笑)

165段あるという石段。 しかも凹凸があってうねっていて。
呼吸を意識しながら一歩一歩、「ついでに初詣」なんて、
失礼なことを考えたことを神様にお詫びしつつ。

でも、国指定重文の総門や本殿は美しく、来て良かった。
23010311
 色鮮やかな装飾に、菊の紋章も

アプト式列車が走った、急勾配を上り下りしてきたところ。
坂道と石段では、きっと使った筋肉も違うのだろうな。
温泉でマッサージしたのに、脛に加えて脹脛にも痛みが。

明日は、軽井沢のアウトレットを歩き回るのに。(苦笑)

冬休みの初日、年末恒例のお墓の掃除を兼ねた関西旅へ。
仕事納め前に西に向かい、年末には東に戻ってくるという、
帰省ラッシュ&Uターンラッシュ回避のいつものプラン。

のんびり家を出て、通勤時間帯の終わった東名を西へ。
御殿場から先も、風景の変化が楽しい無印東名で。
22122801
 「うーみーっ♪」(笑)

伊勢湾岸道から新名神経由で、初めての鈴鹿PAでも休憩。
サーキットのお膝元、予想どおりホンダのバイクを展示中。

いつもは中国道に乗り継ぐけど、今年は名神を直進する。
京都・大阪の市街も順調に抜けて、宿最寄りの尼崎ICまで。
途中、初めて立寄る吹田SAではたこ焼きでおやつ♪
22122802
 うまうま♪

チェックインを済ませたら、大阪の梅田に出てみようか。
ホテルは阪神尼崎駅前。 nyamota氏初めての阪神電車で、
大好きな阪急電車を見物に行きたいというご要望。
22122803
 阪神電車 大阪梅田駅

「食事より買い物より、一番に阪急電車を」と。(苦笑)
阪急の大阪梅田駅まで歩いて、入場券を買ってホームへ。
京都・宝塚・神戸方面の列車がジャンジャン行き交うので、
nyamota氏は超ご機嫌で、ホームの端に1時間ほど。
22122804
 「電車が途切れないよ・・・」

nyaponが学生の頃は、毎時0分30分に3線同時発車だった。
今は京都線のダイヤも変わって、10分ごとに見られるのね。
でも、神戸線が出遅れるお約束は、30年経っても一緒。(笑)
22122805
 あの頃からずっと現役の車両も

「また三番街のお店でうどんを食べたい」とnyamota氏。
大阪に行きつけのうどん屋とか、お前カッコ良いな。(笑)
食後は阪急百貨店でお買い物をしてから、ホテルに戻る。

=================================

翌日は朝から宝塚で姉と合流して、お墓の掃除とお参り。
今年も、一緒にランチをしながらお互いの近況報告など。
「高校生になった兄貴の方は、もう留守番ね。」(苦笑)

ホテルに戻ったら、今日はnyamo氏の要望でお出かけ。
「尼崎って、甲子園球場が近いんでしょ?」
阪神電車の急行で2駅、甲子園駅で降りて駅前の球場へ。
nyaponも、中学生の頃に阪神パークに来て以来か?
22122901
 リニューアルされてからは初めて

「吉野家がオレンジ色じゃなくて、黄色と黒の縞模様だ!」
「ローソンも青くなくて、白の縦縞だし・・・。」
球場は眺めるだけながら、周りのトラ推しに大喜び。(笑)

その後は、やはり阪急電車にも乗りたいというnyamota氏の
ご要望にもお応えするべく、今津駅から西宮北口駅へ。
阪急西宮球場跡地にできたショッピングモールへ再訪する。
阪急ブレーブス子供会員だったnyaponは、こちらが本拠地!
22122902
 どうとんぼり神座 煮玉子ラーメン

夕食は、みんな大好き「どうとんぼり神座」のラーメン。
まあ、東京や横浜でも食べているのだけど・・・。
それでも、「ほぼ野菜スープ」なラーメンは、うまうま♪
お約束、「551蓬莱」の豚まんも買って、ご機嫌でホテルへ。

=================================

翌日は、朝からのんびり帰るだけ。
帰りは、いつもの無印名神から中央道経由という予定。
南アルプス・中央アルプスから、八ヶ岳、富士山と、
雪化粧した山々を横目に眺めながら帰ってくるのが好き。
22123001
 今年は天気も良く♪

名神の関ケ原付近で雨模様になった以外は、ずっと青空。
休憩では、ソフトクリームを食べたくなるような陽気で。
山々は綺麗に見えて、富士さまも「頭を雲の上に出し」。
22123002
 富士さまと、めでたいトラック(笑)

クルマは多めながら、JCTやトンネルも順調に通過。
上り線の渋滞が始まる前に、無事に帰宅することができた。

お土産は、生八つ橋に、赤福に、柿の葉寿司に・・・。
帰宅後も関西グルメ満喫の年末年始に。 楽しみ、楽しみ♪

年内最後のクルマ旅として、みんな大好きグンマーへ♪
目的地は、「わ鐵」こと、わたらせ渓谷鐵道の沿線。
2012年の乗車時に、立ち寄れなかったポイントを巡ろう。



土曜朝、6時前に出発。 圏央道、関越道から北関東道へ。
伊勢崎ICで降りて、大間々から「わ鐵」沿いのR122。
福島 会津や日光方面からの定番帰宅ルートを、逆方向に。

時間も早いので、必ず立ち寄る上神梅駅に、今日も。
22121701
 上神梅駅 いつ来ても良い駅だ・・・

あと30分ほどで列車が通るので、見ていこう。
駅の周りを小雪とお散歩しながら、駅舎を眺めたり。
ホーム側は、イルミネーションがたくさん。
全駅で飾られているらしく、夜の乗車も楽しいかも。
22121702
 「寒い寒い、温泉行こっ!」(笑)

残念ながら朝から曇天で寒い。 さあ、温まりに行くぞ!
最近、家を早朝に出て、ランチの前に温泉に浸かるのが、
我が家のブームになりつつあるな・・・。

さらに2駅北上。 乗り鉄にも有名な、エキナカの温泉へ♪
22121703
 水沼駅のホームに温泉の入口

テレビの旅番組でもよく見る、ホーム直結の温泉。
一度来てみたかったけど、今までタイミングが合わず。
ちょうど列車が到着。 乗り鉄&温泉らしき人も多い。

寒くて固まっていた体がほぐれて、生き返った・・・。
nyamota氏、ふろ上がりの瓶コーラで栓抜き初体験。
22121704
 「栓抜き」って、今や説明が必要(苦笑)

すっかりポカポカになったところで、ちょうどお昼時。
さらに4駅北上して、神戸(ごうど)駅まで。
ここから列車で往復も考えていたけど良い列車が無く、
今回は乗り鉄は断念してクルマに戻って移動する。

温泉とこれから行くレストランも「わ鐵」の経営なので、
乗車はできないけど収益には貢献できるはず。
22121705
 神戸駅ホーム脇に列車レストラン

こちらも有名な、ホーム直結の列車レストラン。
東武鉄道の往年の名車、DRCの車内で食事ができる。
残念ながらここには先頭車は保存されていないけど、
あの「デラックス ロマンスカー」でランチだ♪

昭和レトロな特急列車の車内で、現役の列車を横目に。
揚げたての天ぷら山盛りの舞茸定食は、うまうまでした♪
nyamotaの肉うどんも大盛りで、何とか完食。(苦笑)
22121706
 気分は食堂車♪

このあと、食後の計画は、この先にある草木ダムだけ。
nyamo氏の要望で、ダムカードをもらいに行って終わり。

さすがにちょっと早いので、nyaponのネタを割り込み。
「わ鐵」の前身、国鉄足尾線時代の旧線跡を見て行きたい。
付近の運動公園にクルマを停めて、歩いて行けそうだ。
22121707
 旧国鉄足尾線 琴平隧道

草木ダム建設で水没する区間が付け替えられたのだけど、
ダム前後の地上区間の旧線跡が残っている。
運動公園から急斜面の階段を降りて、渡良瀬川の右岸へ。

路盤は、遊歩道として整備されていて歩きやすい。
一旦下流側へ。 当時のまま残る隧道まで往復して来よう。
隧道内は、C12が噴き上げたのであろう黒い煤が残る。
22121708
 ロックシェッドの柱は古レール

川を見下ろすと、まさに「渡良瀬渓谷」といった風情。
今は長大トンネルの中だけど、絶景路線だったのだろうな。

続いて上流側。 もちろんダム堤体で消えているはず。
旧線は、ちょうど堤体のあたりで鉄橋で左岸に渡っていた。
橋台の跡でもないかと思ったけど、痕跡は無さそうだった。
22121709
 正面に巨大な壁が・・・

この時、左岸側堤体の手前にトンネルが見えていて、
「ダム管理用の物だろうな」くらいに思っていた。

しかし帰宅して調べてみたら、ダムの工事期間中に
足尾線を迂回させた仮線用のものだったのだとか。
ちゃんと見てくればよかった・・・。(苦笑)
22121710
 ダムカードもゲット

その後、ダム管理所に立ち寄って、カードもゲット。
前橋市街に戻って、ベイシアモールでお買い物。(笑)
グンマーに来たらベイシア♪ いつも食料品が安くて驚く。

お気に入りの道の駅まで移動して、本日の予定終了。

===================================

ここは、大きな公園自体が道の駅。
園内に温泉もあって、駐車場も分散してたくさんある。
ゆずさんも遊んだ公園で、小雪の朝のお散歩を。
22121801
 赤城の山を眺めつつ

昨夜は雨の予報だったけど、降らなかったらしく。
地面も遊具も濡れていなくて、nyamota氏もご機嫌。
22121802
 同乗中(笑)

散歩中は平気だったのに、急に風が強くなってきた。
直売所で「一宿の恩」の買い物をしたら、出発しよう。
22121803
 天気は良い♪

青空ながら、今年初めて白い物が舞い始めた。
高速に乗っても横風が強く、キャンカーには辛い走行。

それでも、渋滞もなく順調にお昼には帰宅できた。
年末直前のこの週は、道も空いている穴場の週末。
毎年の恒例となるクルマ旅納めが、今年も無事に終了。

さて、仕事納めに向けて、もうひとがんばり。

気持ち良い青空が広がった、日曜の朝。
久しぶりに緑のたぬき号でお出かけを考えていたけど、
nyamo & nyamota が江ノ電に乗りに行くというので、
急きょ予定を変更して、一緒に付いて行くことに。

海老名から小田急線、相模大野経由で藤沢まで。
乗り降り自由の「江の島・鎌倉フリーパス」なので、
途中下車して、お散歩も楽しんでこようと思う。
22121101
 江ノ電 藤沢駅

日曜日の江ノ電、車内は当然のように混んでいるけど、
驚くような急カーブで民家の軒先をかすめてみたり、
湘南海岸を眺めたり、アトラクション気分で飽きない。
nyamotaも「ディズニーランドの乗り物みたい。」(笑)
22121102
 「サーフィンしてるよ」

まずは、和田塚駅前の和風カフェでランチの予定。
鉄道旅の番組で見て、nyamo氏が行きたがっていたお店。
江ノ電でよくある、「玄関前がすぐ線路」な建物。(笑)
22121103
 「鎌倉 無心庵」さん

当然ながら、窓際の席は超トレインビュー。
nyamota氏ご機嫌。 「ここは最高なお店だね♪」
22121104
  江ノ電ビュー♪

甘味処なのだけど、お昼どき限定でおむすびのセットが。
お腹も空いたので、まずは具を選べるおむすびでランチ。
ご飯もお味噌汁も美味、ヘルシーでうまうま大満足。
22121105
 おむすびセット

当然、甘味処に来ておむすびだけで終わる訳もなく。
もちろん「別腹」も♪ nyamotaは、わらび餅を、
nyapon & nyamo は、幟の出ていたおしるこを追加。
体も温まって、甘党には幸せなカフェランチでした♪
22121106
 田舎汁粉

満腹満足。 さあ、お店を出て、江ノ電散歩の続きだ。
ちょうど近くの踏切が鳴って、目の前を電車が通過。
22121107
 「飛び出すなよー」

nyamotaの江ノ電全線完乗のため、あと一駅の鎌倉まで。
鶴岡八幡宮は、「鎌倉殿」で混雑しているだろうとパス。
駅前でお土産だけ買って折り返すつもりだったけど、
満腹状態なのに、やたら推してくるものがあって・・・。
22121108
 鎌倉コロッケ(笑)

さて、戻りながら何か所か途中下車してみようか。

やってきた電車、前2両は乗りたかった300形。
現役の車両の中で一番古く、床は木製の板張りだったり。
サボはクリスマス柄、開業120周年のヘッドマークも。
22121109
 300型に乗れた♪

nyamotaが鎌倉の大仏を見たことが無いとな?
そうか、奈良の方は連れて行ったことがあるのにな。

ということで、長谷駅で降りてトコトコと。
天気が良くて風もなくて、最高のお散歩日和だ♪
人出も多く、外国人観光客も戻ってきたという印象。
22121110
 nyaponとnyamoも久しぶり

nyamo氏が、「電車が道路を走るところを見よう」と。
それではと、腰越駅まで乗って再び途中下車。
併用軌道区間となる江ノ島駅までの一駅を歩いてみよう。

何度見ても、よくある路面電車のサイズではない車両が、
この狭い道路の真ん中を迫ってくると、なかなかの迫力。
22121111
 併用軌道区間

帰りは、片瀬江ノ島駅まで歩いて、小田急線に乗ろう。
食堂の「しらす丼」が魅力的だけど、夕食にはまだ早い。
竜宮城を模した駅舎は、一段と派手になったな・・・。
22121112
 小田急線 片瀬江ノ島駅

今日のお土産。 まずは、みんな大好き「鳩サブレ―」。
留守番の兄貴には、とりあえず喜ぶ「飴」を。(笑)
但し、江ノ電柄のかわいい缶は、nyamo氏に返却のこと。

そして、陶器の入れ物に一目惚れした「江ノ電弁当」。
重いのを承知でnyamo氏が購入し、持って帰ってきた。
正直、中身の食材はまったく気にせず。(苦笑)
製造者が、福島県いわき市小名浜のホテルなのは謎。
22121113
 本日のお土産♪

nyamota氏、「特急列車より、乗ってて面白かった」と。
確かに、新幹線とかロマンスカーは見て楽しむものだよ。
※個人の感想です。(笑)

よし、それでは神奈川県が誇るもう一つのローカル鉄道、
箱根登山鉄道のスイッチバックの旅でも企画してみようか。

目を覚まして朝ごはんにしようかと思っていたら、
nyamoが「うどん屋さんがもう開いてたよ♪」と。
敷地内に立ち食いうどん&そばのお店があるのだけど、
トラックの利用も多いからか、6時には開店していた。

「それじゃ、予定変更で『朝うどん&そば』だな。」
上着を着ないと肌寒い山間の朝、温かい蕎麦が嬉しい♪
麺の量、普通のお店の大盛りくらいじゃ・・・?(笑)
22100901
 うまうま♪

前回は途中の鉄橋で撮影した大糸線の始発列車を見送って、
道の駅を出発。R148で北上して、すぐに県境を越える。
「信」から「越」、新潟県糸魚川市に入って駅前の駐車場へ。

新幹線が開通して、北陸本線は「えちごトキめき鉄道」に、
大糸線(糸魚川-南小谷)はJR西日本の「飛び地」路線になった。
踏切が鳴って、「トキ鉄」の1両のディーゼルカーが通過。
22100902
 頭上は、北陸新幹線のホーム

入場券を買って、ご機嫌のnyamota氏と新幹線ホームへ。
東北ほどは本数が多くないけど、好きなE7/W7系が通る。
ちなみに、北陸新幹線のJR西日本区間は上越妙高駅から。
乗務員の交代は、全列車が停車する長野駅とのこと。

まず最初は、停車する上下の「はくたか」が1分差で発着。
22100903
 金沢行き「はくたか」が到着

しばらくすると、やはり上下の「かがやき」が全力通過!
東北新幹線の320km/hに比べると遅い260km/hとはいえ、
退避線の無い屋根付きホームの通過は、音も響いて迫力あり。

 
 【動画】新幹線高速通過 @糸魚川駅

さて、「午後の部」に備えて、早めのランチに行こうか。
駅から徒歩圏内で、美味しい海鮮を食べられるお店へ。
nyamo氏が、新幹線通過の合間に選定しておいた。(笑)

夜は居酒屋さんになると思われるお店。
愛想の良いお姐さんに、日替わりランチをおすすめされた。
それでは日替わりと、特産という「メギス」の天丼を。
22100904
 日替わりランチは「バラ海鮮丼」

日替わりランチは、味噌汁、小鉢、デザート付き。
それに飲み放題のコーヒーもサービスで、800円はお安い!

メギスというのも初めて食べたけど、柔らかくて美味。
鮮度が落ちるのが早くて、他の地方では出回らないとか。
昨日に続いて、お安くて美味しいランチで大満足♪
22100905
 メギス天丼

駅前の観光物産センターでお土産を仕入れて、駅に戻る。

今度は、「トキ鉄」の入場券を買ってホームへ。
すぐに直江津行きが入線。JR西日本のキハ122とほぼ同型。
全区間電化の路線ながら、ディーゼルカー1両の運用。
22100907
 「1両編成だね」

「午後の部」は父ちゃんの希望で、次の列車がお目当て♪
455系電車を使用した「国鉄型観光急行」が走っている。
懐かしい、交直両用急行型電車の生き残りを見ていこうと。
22100908
 今日は「こしじ」のヘッドマーク

14分停車なので、到着ホームに移動してじっくり観察。
国鉄急行色に塗ってあるけど、近郊型への改造車なのね。
後2両は両開きドアの413系ながら、懐かしい雰囲気だ。
「観光急行」なので、車内では釜飯の販売(配布?)が。

関東-東北、関西-北陸、山陽-九州などの交直流直通急行で
見られたこの色。 湘南色とは、また違う魅力があった。
懐古趣味と言われようと、やはり「国鉄色」って良いな。
22100909
 「これは古い電車?」

出発まで見送って満足。 クルマに戻る。
しばらくすると、観光列車「雪月花」も到着するのだけど、
あれはビジュアル的にはちょっと・・・なので、パス。

クルマには、留守番ばかりさせられて、お待ちかねの方が。
小雪を連れて、駅の周りをちょっとお散歩してから出発。
これから温泉なので、また少しお待ち頂きますが。(苦笑)
22100809
 「やっと帰ってきた!」

初めて立ち寄る、糸魚川市内の温泉施設へ。
久しぶりに少し石油臭のするお湯、意外にも本格的な温泉だ。
昨日の小谷は硫黄臭だったし、良いお湯が続いてご機嫌。

R8に出て、日本海を横目に東へ。
山側には、北陸本線の旧線跡を利用した自転車道が平行。
隧道のレンガ造りの坑門も見える。 見学に来てみたい!
名立の道の駅で休憩。 小雪を連れて公園をお散歩。
22100910
 雨が降り出す前に

22100911
 カブツーの方も

上越市街から、K63で南下を開始。 雨が降ったり止んだり。

「夕食はラーメン!」と、nyapon & nyamoの意見が一致。
蕎麦とか海鮮とか、あっさりメニューが続いたし。(苦笑)
新潟ローカルだという、「だるまや」というお店を発見。

初めてなので、一番ベーシックな「だるまラーメン」を。
和風魚介とんこつのスープは、浮いた背脂もくどくない。
魚介だしが強すぎる店もあるけど、そんなこともなく。
うまうまで完食♪ スープを飲み干すのは我慢した。(笑)
22100912
 だるまラーメン

食事は済ませたので、スーパーで飲み物とおやつだけ。
地場スーパーで、神奈川で見ない商品を探すのは楽しい♪

R18に合流、給油してから信濃町の道の駅で予定終了。
明日は、渋滞が始まる前に帰り着くぞ!

今日は結構走る予定なので、早めの出発。
「一宿の恩」、お土産の買い物は昨日済ませておいたし。
R108で、陸羽東線に沿って鳴子温泉方面へ。
残念ながら今日も、朝から時おり雨がパラつく空模様。

走っていると、「土木遺産認定 鳴子ダム」という看板が。
「ダムカードも配布しているようだし、寄っていこう。」
近代化遺産好きnyaponと、ダム好きnyamoの意見が一致。
22092401
 まだ台風の影響か・・・

カード配布開始の時間まで少しあるので、堤体までお散歩。

堤高94.5m、堤頂長215mの、アーチ式コンクリートダム。
日本の技術者だけで建設した初のアーチ式ダムということで、
2016年に土木学会選奨 土木遺産に認定されたとのこと。
22092402
 うん、きれいなアーチだ

22092403
 ダム湖の名前は「荒雄湖」

雨の止み間に、小雪のお散歩も済ませる。

ダムカード配布時間になったので、ダム管理所へ移動。
展示室で見た「すだれ放流」の動画が、とても美しかった。
GWに開催されているというイベントは、一度見てみたいな。
22092404
 「カッパを着せられてしまいました」

R47から、K28で山刀伐峠を越えて尾花沢へ抜けるルート。
何度か越えたことがある峠だけど、旧道も通れるんだな。
細いクネクネだから、バイクで「奥の細道」してみたいもの。

nyapon「山形に行ったら『鳥中華』が食べてみたい!」

nyamo氏が検索すると、R13の村山の道の駅でも食べられる。
以前にも立ち寄ったことのある道の駅で、早めのランチを。
和風だしのスープで鶏肉の入ったラーメンは、優しいお味。
22092405
 鳥中華、うまうま♪

やはり以前に立ち寄って綺麗だった、天童市の温泉へ。
良いお湯でまったりしたら、東北中央道で南下開始。
山形の市街地をスルーしたいだけなので、再びR13に降りる。

奥羽本線(山形新幹線)の板谷駅に立ち寄っていくつもり。
R13の東西2つの栗子TNの間、福島県境も近い板谷駅に到着。
スイッチバックの旧駅舎前にクルマを停めて、現駅まで。
22092406
 スイッチバック跡のスノーシェッドを抜けて

2013年にも、ここでつばさ号を見物したnyamota氏。
9年ぶりの定点観測で、「大きくなったもんだ」と。
左の画像は、長年nyamo氏のスマホの壁紙になっている。
22092407 22092408
 2013年夏(左)と、2022年秋(右)のnyamota氏

ほぼ同時刻に、上りと下りのつばさ号が通過するはず。
本降りの雨の中、カメラとスマホを構えて待つ親子3人。
踏切が鳴ったら、傘を差すのはあきらめて撮影に専念!
22092409
 予想外、上りが先に来た!(苦笑)

下り列車(山は上る方向・笑)は、計算よりも数分遅れて
36パーミルの急勾配を峠に向けて駆け上がって行った。
かつては、4連続でスイッチバックの駅が続いていた難所。
電車・新幹線の時代になっても、大変な山登りなのだろう。

9年でnyamotaは大きくなり、つばさ号の塗装も変わった。
400系、E3系と見てきたつばさ号、2024年にはE8系に。
この「おしどりカラー」のE3系も、見納めかな。


 【動画】雨の峠越え 山形新幹線 つばさ号 @板谷駅

R13で県境を越えて、福島に帰還。
すぐ横には、abekiyoさんのツーレポによく登場するけど、
キャンカーのナビにも車載の地図帳にも載っていない道が。
東北中央道がつながって、東北道に接続している。(苦笑)

一旦福島市街に出て給油を済ませ、東北道の福島西ICへ。
前方に見えるのは、磐梯吾妻スカイラインの方だよなぁ。
またバイクで走りに来てみたい・・・。
22092410
 浄土平の方角かな

安達太良SAで夕食、栃木の都賀西方PAで本日の予定終了。
 
================================

翌日曜日、できるだけ混む前に帰ろうと、早々に出発。

圏央道 狭山のあたりで「相模湖IC 渋滞1km」の情報。
小仏TNを先頭にした渋滞は、まだ発生していないようだ。
八王子JCTまで延びてくる前に、何とか通過できそう。
結局渋滞に遭うことなく、10:00過ぎには無事帰着。

キャンプ無しで3泊というのも、1,000km超というのも、
コロナ禍を挟んで実に3年ぶりだった。
行き当たりばったりのクルマ旅、やっぱり良いものだな。

菅生PAの朝、あのお店の開店時間に合わせて出発!

すぐ隣の仙台南ICで降りて、R286からK62で秋保方面へ。
いつもの「秋保・里センター」にクルマを停める。
館内見学の前、雨の降り始めた秋保の町を少し歩いて・・・
22092301
 「主婦の店 さいち」に到着

5年ぶりの「さいち」のおはぎだ♪
さすが3連休初日の朝、いつもの行列で入店まで20分ほど。
飲食店が行列だと「並んでまで食べたいモノなど無い」
なんて言っているのに、これは平気で並ぶ。(笑)

おはぎと共に美味な、お惣菜もたくさん買い込んでご機嫌。
「秋保・里センター」に戻って、やはり久しぶりの館内見学。
nyamota氏は、恒例の秋保電鉄の模型を走らせてご機嫌。
5年前7年前にも来たことは、覚えていないらしい。(苦笑)
22092304
 ボタンを押すと走る、秋保電鉄の模型

クルマに戻って朝おやつ♪
甘さ控えめで小豆の風味が分かる餡は、何回食べても美味。

今回初めて見かけた玉子サンドも買ってみたのだけど、
少しマスタードの効いた玉子がたっぷりで、これも美味。
さいちは本当に何でも美味しい。 お惣菜は夜のお楽しみに。
22092302
 5年ぶりの「秋保おはぎ」♪

22092303
 初めて見かけた玉子サンド

いよいよ、nyamota氏念願のくりこま高原駅に向かおう。
再び仙台南ICから東北道に乗って北上。
高速道路ばかりではつまらないので、三本木PAからR4へ。

くりこま高原駅前のショッピングモールに到着。
nyamota「食事も、買い物も、新幹線も見られて最高だね!」。
実際、ランチも食料品の買出しも、ここで済ませる予定。(笑)
駐車場を挟んですぐ向かい、東北新幹線 くりこま高原駅へ。
22092305
 念願の「聖地」に、ご機嫌の人

この駅には待避線が無く、列車が全力で目の前を通過する。
いつも「新幹線高速通過」などの動画を見ているnyamota氏。
新幹線の高速通過好きにとっては、「聖地」らしい。(笑)

まずは停車する列車が入線。 よく見ると、安全柵が2重だ。
通常ならホームドアがある位置に、パイプの安全柵が。
その内側に「黄色い線」があって、さらに内側にホームドア。
「それでも、この距離で通過されたら凄いよね・・・。」
22092306
 この距離で通過するの?(苦笑)

「ピンポンパンポン♪ まもなく11番線を電車が通過します。
 安全柵から離れてお待ちください。」 「来るぞっ!」(笑)

 
 【動画】超至近距離! 新幹線高速通過 @くりこま高原駅

もう、流し撮りなんてしようという気も起きない速さだ。
那須高原新白河でも新幹線の通過を見物してきたけど、
この超至近距離を320km/hで通過する迫力は段違い。
nyapon も nyamo も、「今日は動画オンリーで。」(笑)

本日も、入場券の150円で、2時間弱たっぷり楽しんだ。
ショッピングモールに戻って、遅めのランチ&お買い物。
栗原市内で温泉に浸かって、大崎市の道の駅で予定終了。
ここ、いつも大混雑でスルーしていたので、初めての利用。
22092308
 「あ・ら・伊達な道の駅」

そして、お待ちかね、さいちのお惣菜で晩ごはん♪
いつも感動するけど、どれも優しい味付けで本当に美味。
おはぎ以上にお惣菜やお弁当が人気、というのも納得だ。
22092307
 やっぱり、うまうま♪

夜のおやつにも、とっておきのおはぎが再登場。(笑)
明日は、久しぶりの山形を周って、福島に戻る予定。

秋分の日の連休、前日から休暇を取って4連休の秋旅へ。
nyamota氏の要望「くりこま高原駅に行きたい!」により、
目指すは、南東北の3県。 福島・宮城・山形を周ろう。

木曜朝、nyapota氏を学校に送り出してからのんびり出発。
圏央道から東北道に乗り継いで、佐野SAで早めのランチ。
22092201
 佐野ラーメン、うまうま♪

佐野ラーメンほど、我が家で評価の変化したものはない。
初めて食べた時以来、はずれの店が続いて低評価が定着。
それが、美味しい店に当たるようになって急上昇した。
あっさり味を好むお年頃、というのもあるけど。(苦笑)

白河の関を越えて、久しぶりのみちのくへ。
安達太良SAでは、福島産の桃を使ったソフトクリームを。
22092202
 「桃の味が濃い!」

明日の「くりこま高原駅」に向け、今日は移動日の予定。
「でも時間も早いし、せっかくだから福島駅に寄らない?
 やまびこ号とつばさ号の連結・解放が見られるよ。」

休憩しながら、キャンカーの停められる駐車場を検索。
高さの問題があるので、入場ゲートの構造が重要。
ゲートが無く、良さげなところを見つけたので、Go!
22092203
 「私のお散歩も忘れないでください」

福島西ICで降りて、福島県立美術館&図書館の駐車場へ。
新幹線見物の後には、美術館も見学しようという作戦♪

まずは、福島交通 飯坂線の美術館図書館前駅から電車に。
わずか2区間ながら、乗り鉄も楽しみつつ福島駅まで。
車内にはうさぎのイラスト。 「可愛いぞ♪」とnyamo氏。
うさぎは、福島市の観光PRキャラ「ももりん」らしい。
22092204
 「暖簾が掛かってるよ」

車両は、地方私鉄の標準車とも言える、東急のお古。
ステンレス製の18m級車体は、使い勝手が良いのだろう。
車体のラッピングの色も、落ち着いた感じで好印象。
22092205
 「いい電」福島駅

早速、JR福島駅に移動、入場券を買って新幹線ホームへ。
山形新幹線つばさ号の到着は、約1時間後の上り。
よし、それまでは、東北新幹線の到着と通過を見物だな。

その直後、上りのはやぶさ号が通過。
「今の、むらさき色のラインだった♪」と、nyamota氏。
つい先日も東京駅に新幹線見物に行ってきたのだけど、
JR北海道車のH5系は見られなかったらしく大喜び。(笑)
22092206
 「北海道の車両だよ!」

いよいよ、つばさ号を連結するやまびこ号が到着。
連結器カバーを開けて待機。 少し遅れてつばさ号も到着。
一旦停車、駅員さんの合図で汽笛一声の後、微速で前進。

「オーライ、オーライ、あと2m、あと1m・・・」
「ガチャン!」
22092208
 「れんけつ―♪」

 
 【動画】やまびこ号・つばさ号 連結 @福島駅

山形新幹線の列車は、上りも下りも14番線に発着する。
なので、このやまびこ号は東北新幹線下り線を渡って
14番線に入線し、出発時にはもう一度渡って上り線へ。

このため、ダイヤ作成上のネックになっているらしく、
山形新幹線から上りホームに接続する線路を建設中。
22092209
 「やま・つば」は、上りも下りもこのホーム

初めての連結シーンに満足して、再び「いい電」に乗車。
駐車場に戻ってきたものの、美術館の入館時間終了・・・。
残念だけど、見学はまたの機会に。

R4を北上。 宮城入りして、白石市街でお風呂と晩ごはん。
白石ICから東北道に乗って、菅生PAで本日の予定終了。
明日は、朝から5年ぶりの・・・♪

先日は一緒に鉄分100%日帰り旅に出かけたnyamota氏、
夏休みに入ってからは、一人で電車見物に出かけている。



地域性もあって、一人で電車に乗る機会が無かったけど、
最近はバス・電車を乗り継いで出かけるようになった。
昨日も、バスから小田急線・JR横浜線を乗り継いで、
特急列車や貨物列車も見ることができる八王子駅へ。

朝から出かけて行って、ランチを挟んで15:30ごろまで。
随時、nyamo宛のLINEで写真・動画付きの報告が。(笑)
2207310122073102
 「なんか、珍しいのが通過したよ!」

2207310322073104
 「貨物列車が来た!」

2207310522073106
 静止画はどれも |д゚)チラッ という感じ(苦笑)

2207310722073108
 「お昼ごはん」「それ、高いりんごジュースだろ」(笑)

昼は菓子パンをかじって、駅のホームで1日ウロウロとか、
父ちゃんの小学生の頃とまったく同じことをしてるな。
何だか、ちょっとだけ嬉しいぞ。(笑)

父ちゃんと違うのは、「じっくり見たい」ということで、
あまり写真を撮らないこと。 うん、それは正しいと思う。
安全に気を付けて、マナーを守って、楽しんでください。

↑このページのトップヘ