なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: クルマ旅

今日は、nyamota氏の「特急『いなほ』が見たい」の日。

久しぶりに、父ちゃんも本気で「鉄道写真」するぞ!
最近は、車両が写るだけの「駅撮り」ばかりだったけど、
10数年ぶりに、ダイヤも撮影ポイントも調査してきた。
現地のロケハンに付き合え。 藪漕ぎもするかも。(苦笑)

この道の駅、すぐ近くに羽越本線の線路がある。
ここでもマンホールカードをもらってから出発するので、
それまでに1本通過する、上り「いなほ」を迎撃しよう。
24050402
 「あれ? いなほカラーじゃないの?」

近くに見えた、特徴的なコンクリート橋を見に行ってみる。
橋からの飛び出し構図も考えてみたけど、どうもイマイチ。

「近寄れそうな場所から、広角で先頭形状を強調しよう」
「流線形の顔は、望遠レンズだとつぶれて見えるんだよ」
スマホ使いのnyamota氏に、圧縮効果について説明したり。
24050403
 「どうだ、うまく撮れたか?」

カードをゲットして、事前に調査した撮影ポイントへ。

無事にキャンカーも停められ、nyamota氏とロケハン開始。
順光で後追いのカーブか? 半逆光の海バックか?
2人で検討した結果、「やはりここは絶景の海バックだな」。

ただし、nyamota氏はフェンスにへばり付いた状態で、
nyaponも藪の斜面から落ちない位置を確保しつつ・・・。
「nyamota、撮影の時は何を置いても絶対に安全第一な」
24050404
 「今度は、いなほカラーだっ♪」


単線だと思っていたこの区間、ここで複線だと気付く。
山の中に上り線のトンネル。 事前調査は・・・?(苦笑)

上り「いなほ」の前に、地図を見て近くの鉄橋へ移動する。
nyamota氏は藪漕ぎしながら土手に登って、順光の前面を。
nyaponは河原から、架線柱がうるさいけど半逆光の後追い。
24050405
 「あれ? また違う色だな」

「10数年ぶりに、ちゃんと『鉄道風景写真』を撮ったな」
一眼レフでなくコンデジで、連写も使わず「一撃必撮」。
何だかフィルム時代を思い出して、懐かしくて楽しかった♪

その後は、少しR7を北上して温泉のある朝日の道の駅まで。
まずは、藪漕ぎでかいた汗を流してさっぱり。(苦笑)
食堂は混んでいたので、ランチはGWイベントのテントで。
地元素材使用というメニューがどれも美味で、大満足♪
24050406
 山菜おこわ&豚汁セット、地鶏のコロッケ

ここで、本日2枚目のマンホールカードもゲットして出発。
日本海東北道の無料区間からR7,R460と乗り継いで、
昨日も来たばかりの、新津の鉄道資料館を再訪する・・・。
nyamo氏、マンホールカードをもらい忘れたので。(苦笑)

今回の旅で最後の予定、新潟交通 電車線の月潟駅跡へ。
新潟市の白山前駅と弥彦線の燕駅を結んだ新潟交通 電車線。
1992年に白山前-東関屋、1993年に月潟-燕が部分廃止、
そして、1999年には全線が廃止された。

廃線時の終着駅、月潟では駅舎と車両が保存されていて、
以前から一度訪れてみたいと思っていた。
24050407
 近隣道路には、かわいい案内看板

中ノ口川の土手を走る区間なので駅舎は道路より一段高く、
2階建てに見える構造で階段を上って入ることになる。
24050408
 駅舎内もおそらく廃線当時のまま

「かぼちゃ電車保存会」の皆さんが、ボランティアで保存。
GWの休日で、駅舎と車両内の公開日に当たって嬉しい。
無料公開だけど、感謝しつつわずかながら寄付させて頂く。
24050409
 電動客車 モハ10形11号(月潟駅跡)

24050410
 電動貨車 モワ51形51号(月潟駅跡)

24050411
 ラッセル車 キ100形116号(月潟駅跡)

ちなみに、ラッセル車前の階段は単なる見学用ではなく、
白山前駅でホームにかからない車両の扉からの降車用。
これも新潟交通 電車線の立派な「遺構」のひとつだった。
24050412
 「かぼちゃ電車」ことモハ11号の車内

全ての予定を終了。 今日もお約束のショッピングモールへ。

R17で長岡市内のモールまで移動。
フードコートで夕食のあと、今日はnyamota氏の洋服とか、
nyaponのくたびれた通勤用のバッグを新調したり・・・。
服・靴・鞄など、旅行先で買ったものの方が多いな。(笑)

帰りは、遠いけどあえて上信越道・中央道回りの予定。
長岡北SICから北陸道に乗って、上越JCTから上信越道へ。
長野に入って、黒姫野尻湖PAで本日の予定終了。
昨日買った新潟栃尾のご当地パン、サンドパンでおやつ。
24050413
 あっさりめのバタークリーム、うまうま♪

24050401
 nyamo氏、本日の収穫

======================================

今日も雲ひとつない快晴。 全行程が晴天で終えられそう♪
定番のトイレだけのPA、朝から誘導員が立つこともなく。
木々の向こうに妙高山が見える。 黒姫山はどれ?(苦笑)
24050501
 予想どおり、空いているPA

24050502
 「あの形は妙高山だよね」

中央道 笹子TN手前も、上野原ICの車線減少ポイントも、
渋滞発生直前のノロノロ状態ながらギリギリで無事に通過。
小仏TNは渋滞し始めていたけど、相模湖ICまでは伸びず。
給油も済ませて、午前中のうちに無事に帰宅できた。

少々忙しい日程だったものの、鉄分補給できて楽しかった。
晴天にも恵まれ、どこを走っても新緑とフジの花が美しく。

久しぶりの「ちゃんとした」鉄道写真撮影、やはり面白い。
また一眼レフを持ち出して、どこかに出かけてみようかな。

今年のGWも、学校の休みに合わせてクルマ旅に出ることに。
まだ、辛うじて一緒に付いてくる、nyamota氏のご要望は、
「特急『いなほ』が見たい。」
また、ピンポイントでマニアックな所を突いてくる・・・。

新潟-秋田間の特急で、新潟駅より北の白新線・羽越本線か。
2泊3日のお出かけだと、そこそこ頑張らなくてはいかんな。
ということで、今年のGWは「鉄分多めの新潟旅」に。
ちょうど1年前にも、同じようなタイトルを書いた記憶。(笑)



朝の関越下り渋滞を避けるために、前夜の19:00に出発。
関越道で国境の長いトンネルの手前、下牧PAまで前乗り。

======================================

朝、雲ひとつない快晴のPAを出発。

今回の旅、nyamota氏の「特急『いなほ』が見たい」の他、
nyamo氏は恒例のマンホールカードスポットを調査済み。
nyaponも、ローカル私鉄の廃線跡を2か所ほど周ってみたい。
24050301
 雪の残る谷川岳

トンネルを抜けて新潟入り。 堀之内PAのSICからR17へ。
越後川口の道の駅で、マンホールカード1枚目をゲット。
さらに北上してR351に入り、栃尾の道の駅で2枚目を。

ここでは、名物の「あぶらげ(油揚げ)」を食べていく。
nyamo氏のご要望。 朝食はスープだけで準備も万端。(笑)
とくに焼いたのは、香ばしくて薬味も効いて美味でした♪
nyamoは久しぶりと言うけど、nyaponは記憶に無く・・・。
24050302
 油揚焼き定食 & 油揚煮定食

芝生の広場で小雪のお散歩。快晴ながら、木陰は風が涼しい。

R290を北上して、加茂市の温泉へ。 好みのヌルヌル系のお湯。
そして、青空の下で残雪の山を望む露天風呂、もう最高♪
マンホールカード、本日の3枚目をゲットしてから出発する。

午後は、nyaponのご要望で、蒲原鉄道の廃線跡めぐり。
信越本線の加茂駅と磐越西線の五泉駅を結んでいた蒲原鉄道。
1985年に加茂-村松間が、1999年には全線が廃止された。

一応、遺構の残存状況はざっくり調べてきたけど、
通りすがりで、キャンカーを停められそうな所があればと。
24050303
 七谷駅跡

24050304
 2面のホームも残る

最初は、加茂川沿いから北に進路を変えるあたりの七谷駅跡。
駅舎が集会所として利用されており、裏にはホームも残る。

その先には、「冬鳥越」という美しい名前の駅の跡。
スキー場のゲレンデに隣接した跡地には、3両の保存車両が。
木造電車、半鋼製電車、電気機関車、車内も見学可能で。
ただ保存車両の位置は、現役時代の線路跡ではなさそうだ。

ここは駐車場も完備で、ロッジにはトイレや自販機もある。
ありがたく利用させて頂き、小雪も大はしゃぎで走り回る。
24050305
 半鋼製電車 モハ61号(冬鳥越駅跡)

24050306
 新潟県内最古の木造電車 モハ1号(冬鳥越駅跡)

24050307
 冬はスキー場に

R290を北上すると、築堤っぽい跡が右側に続いている。
nyaponは脇見運転にならぬよう、視界の範囲内を注意。
nyamo氏も、「あの山の辺りはトンネルかな?」とか。

チラッと横目に橋台の跡が。 広い路肩があったので停車!
24050308
 石積みの橋台跡

さらに道路を跨いだ先をよく見ると築堤の続きっぽく、
何やら構造物が見えて、草むらの中にホームの跡を発見♪
後から調べてみると、どうやら土倉駅があった場所。
24050309
 土倉駅跡

この先、新津に向かうので概ね廃線跡をたどるけど、
いい時間になってきたので遺構探しは終了して先に進む。

「鉄道の街」新津では、一度来てみたかった鉄道資料館へ。
新幹線車両の展示もあり、マンホールカードももらえ、
nyapon, nyamo氏, nyamota氏、3人の要望が一致。(笑)
24050310
 新潟市 新津鉄道資料館(屋外展示場)

24050311
 蒲原鉄道の史料も

国鉄の各線が交わる要衝の街で、かつては機関区や工場も。
新津工場は今は総合車両製作所の新津事業所となっていて、
首都圏の通勤電車も「新津製」の車両が多くて、おなじみ。

国鉄時代からの、新潟にゆかりのある史料の展示がメイン。
nyamo氏「そうそう、券売機の子供ボタンは蓋の中だった」
nyamota氏「好きだった2階建てのE4系、でかっ!」
大人300円、中学生無料とは思えない、充実の内容だった♪
24050312
 すべてがアナログな券売機

24050313
 「でかっ!」

さて、もう恒例となっているショッピングモールへ。(笑)
羽越本線沿いにR460を北上、新発田市街のモールまで。
フードコートで夕食を済ませて、今回も本気でお買い物。
nyaponは、夏用のチノパンなどを買ってもらってご機嫌♪

明日、特急「いなほ」の見物&撮影ポイントは村上市。
さらにR7で北上して、村上市内の道の駅で本日の予定終了。
24050314
 nyamo氏、本日の収穫

この週末、nyamo & nyamotaがママゾン号で春旅にお出かけ。
ほぼ雪の心配なくなった信州、八ヶ岳から・立科・佐久方面へ。
nyamo氏のマンホールカードを集めつつ・・・。
24041401
 お天気には恵まれた模様

24041402
 佐久は「北斗の拳」のマンホール

24041404
 小さい旅グルマで

24041403
 おくつろぎ中・・・

24041405
 「ちょっと暑いです・・・」

帰りに通った小淵沢付近では、サクラが満開だったと。
FFヒーターの無いママゾン号でも、クルマ旅シーズンイン。

先月の愛知旅の途中で、キャンカーの水道が不調になった。
nyamo氏からは、「GW旅までに修理をよろしく」の要請。

「はいはい、またあのお約束のヤツですね・・・。」

3~5年ごとに発生する、電気接点の酸化による動作不良。
水のかかるシンクの内側で蛇口の内部、という場所だし。
前回が2018年10月で5年半前なので、むしろがんばった方。



一応、ポンプの固着や電源の不良なんかも見てみたけど、
開放状態なら12V出ていて、予備ポンプでも全く同じ症状。
これは間違いなく、接点の接触抵抗が増えているのだろう。
24040601
 シュシュッとしてパチパチ♪

いつも5-56だったけど、少し前に専用のスプレーを買った
数少ない活躍の場(苦笑)、もちろんご登場いただく。

スプレーして、激しくパチパチするだけで完全復活♪
作業前とは全く違う勢いでポンプがブンブン回る。(笑)
前回から導入したノーブランド品ポンプの耐久性はOKだな。

水漏れの無きことも確認。 nyamo氏に完了報告して終了!

雨の道の駅を出発し、R41/21を乗り継いで犬山市街まで。
愛知って、走りやすいバイパスが整備されているなと。
今日の午前中は、歴女nyamo氏の要望で初めての犬山城へ。

駐車場のおじさん、全高3m超の大型車で発券されていないか
確認してくれたり、広い枠に停めさせてくれたりと優しい♪
24032501
 国宝 犬山城

つい20年前まで、城主 成瀬氏の個人所有だった犬山城。
これで国宝五城(松江・姫路・彦根・犬山・松本)を制覇♪
入城最初の階段から「はしごか?」という角度で。(笑)
24032502
 唐破風の内側

最上階の廻縁に出られるのだけど、高欄が低くて・・・。
復元天守のベランダとは違って、腿の高さくらいしかない。
しかも、幅が狭くて外側に傾斜しているので怖い。(苦笑)
24032503
 「こわい、こわい!」

また、梯子のような階段を下りて地上へ。
一段の高さも結構あるので、お年寄りは大変そうだった。

茶屋でぜんざい休憩のあと、街歩きへ。
雨も降り続いているので、近くのミュージアムに入る。
隣接した、「からくり人形」と「城とまち」の2館。
からくり人形の乗った車山が練り歩く、犬山祭が有名。
24032504
 からくり人形の実演

24032505
 犬山の城下町

お昼も近くなり、お腹が空いてきたので早めのランチへ。
着いた時から魅かれていた「あゆ釜めし」のお店。(笑)
少し時間が掛かるとのことだったけど、うまうまで大満足♪
24032506
 あゆ釜めし

24032507
 きしめん

午後は、近代化遺産好きnyaponの要望で明治村へ。
少しお得な、犬山城とのセット入場券を買ってあった。
3回目の来園になるものの、振り返ると16年ぶりとなる。
24032508
 帝国ホテル中央玄関(登録有形文化財)

24032509
 帝国ホテルの館内

広大な明治村、端から端まで見て歩くと結構な運動に。
歩数では昨日のモリコロパークの方が遥かに多かったけど、
坂道や階段もたくさんある今日の方が疲れる。(苦笑)
24032510
 内閣文庫(登録有形文化財)

24032511
 聖ザビエル天主堂(登録有形文化財)

24032512
 隅田川新大橋(登録有形文化財)

残念ながらSLはメンテナンスのために運休中だったものの、
「チンチン♪」と走る京都市電には再会することができた。
梅小路公園のはバッテリー走行だけど、こちらは架線集電。
24032513
 京都市電

24032514
 品川燈台(重要文化財)

さあ、どこかでお風呂に入ってから戻り始めようか。
お約束のショッピングモールも・・・なんて思っていたら、
土岐市街のモールの敷地内に天然温泉が。 最強か。(笑)

お風呂でさっぱりしてから、フードコートで夕食、
そして専門店街の閉店時間までショッピングモール三昧♪

土岐ICから中央道に乗って、恵那峡SAで本日の予定終了。

===================================

4日目、火曜日の朝。 本降りの雨が続く中、帰途に。
平日で多い大型トラックをペースカーにして、淡々と東へ。
24032601
 恵那山TN前後は霧も

談合坂SAでの早めのランチ休憩のみで、お昼過ぎに帰宅。

なかなか充実した愛知旅だったけど、天気は惜しかった。
昨年の春旅と違って、桜も見られなかったし・・・。
花粉に悩まされなかったのが、せめてもの救いか。(苦笑)

ここは、愛知名物「モーニング」が食べられる道の駅。
楽しみにしていたけど、コロナ禍で開店時間が遅くなった。
今日の目的地の駐車場が混雑するというチラシが置いてあり、
モーニングは断念して出発、その「モリコロパーク」まで。

愛・地球博記念公園「モリコロパーク」の中に点在している、
「ジブリパーク」のチケットをnyamo氏が予約購入済み。
その最後のエリアが今月オープンしたための混雑予想だった。
24032401
 雨の降らないうちに

結果的には、臨時駐車場に回されるような混雑は無かった。
まあ、春休みの週末やGW期間中は大変なんだろうけど。
モーニングを食べてから来れば良かったな・・・。(苦笑)

早めに来られて雨もまだなので、先に小雪と園内をお散歩。
9:00のジブリパーク開園に合わせて、新しい「魔女の谷」へ。
24032402
 ハウルの城(魔女の谷)

24032403
 リアル ネコバス(笑)

24032404
 タタラ場(もののけの里)

正直、父ちゃんはジブリストではない。
話が分かるのは、となりのトトロと魔女の宅急便くらいか。
それでも見覚えのある建物や町並みなど、なかなか面白い。

ランチは、nyamoが見つけていたモリコロパーク内のお店。
スガキヤ、関東では見なくなったからなぁ・・・。
初めてのnyamota氏も、すっかり気に入ったらしい。(笑)
24032405
 スガキヤといえば、ラーメンフォーク♪

食後は、園内バスに乗って「どんどこ森」エリアへ。
エリア内は高低差があって、歩くとなかなかハード。(笑)
24032406
 モリコロ柄の園内バス

24032407
 サツキとメイの家(どんどこ森)

公園の脇を走る、愛知高速交通「リニモ」。
nyamota氏に「あの電車、リニアモーターカーなんだぞ」。
乗ってみたいと言うので、どこかでお茶してこようかと。

nyapon & nyamoは、万博の時に八草から乗ってきたので、
どうせなら藤が丘まで乗って、全線完乗して来ることに。
24032408
 最後尾に座れてご機嫌な人♪

地下鉄東山線と接続する、藤が丘駅前でお茶休憩して戻る。
「僕も全線乗る」というnyamota氏は、一人で八草を往復。
nyapon & nyamoは先に戻って「愛・地球博記念館」を見学。
24032409
 「モリゾーとキッコロ、お久しぶり」

2005年の6月、新幹線に乗って日帰りで見学に来た愛知万博。
あれから、もう19年も経ったのか・・・。
最先端技術だったはずの展示品も、レトロ感が漂って驚く。
当時の自分の写真の若さを見ても、当然なのだけど。(苦笑)
24032410
 世界各国の展示館からの寄贈品や

24032411
 アテンダントのユニフォームなども

nyamotaも合流、ジブリパークの「青春の丘」エリアへ。
そして最後は、ここだけが入場時間指定の屋内施設。
予約時刻に合わせて、「ジブリの大倉庫」に入場する。
24032412
 ラピュタに出てくるやつ?

色々な作品の名場面が再現されていたり、資料の展示など。
ミニシアターでは、オリジナルの短編アニメ映画も上映。
24032413
 トトロと語り合うnyamo氏(笑

企画展は、作品中の食べ物や食べるシーンの描かれ方。
こんなところまで考えつくされているんだと驚く。
ハイジの黒パンとかチーズ、美味しそうだったよなぁ。(笑)
24032414
 千と千尋の神隠しの「湯婆婆」

テーマパークの出口前、お約束のキャラクターショップ。
nyamo氏は、風の谷のナウシカで肩に乗っている「テト」。
nyamota氏は、千と千尋の神隠しの「オオトリ様」。
超お気に入りでバッチも買った、4月から中1の男子。(笑)
24032415
 オオトリ様(左)、テト(右)

その後は、明日の予定に備えて、高速を使ってワープ。
東海環状道 せと赤津ICから乗って、美濃加茂ICまで。
ICとハイウェイオアシス併設の道の駅で、本日の予定終了。
お気に入りのお風呂もあるここ。 もう我が家の定番。

nyamotaの卒業式が終わって、一足早い春休みに。
月火と休暇を取って、昨年の岐阜に続いて、春の愛知旅へ。
24032305
 早起きして出発

24032301
 「まだ、お散歩できそうです」

朝日を横目に出発するものの、残念ながら雨予報の4日間。
富士さまポイントでも、チラッと雪化粧が見えただけ。
24032307
 「晴れたら・・・」

24032308
 15秒後(苦笑)

足柄SAの新しい二輪車エリアには、初めて見るモノが。
こういうの、道の駅の二輪車エリアにもあるといいな・・・。
食事をしないと、ゆっくり座れる場所もない所とかあるから。
24032306
 こういうの、初めて見た

静岡市を過ぎたあたりから、いよいよ雨が降ったり止んだり。

nyamota「途中、ランチは『いつもの』うなぎ屋さんで!」
ご要望にお応えして、時間調整しつつ東名の浜松西ICまで。
大阪には行きつけのうどん屋、浜名湖には行きつけのうなぎ屋。
お前、小学生時代からなかなかカッコいいな・・・。(笑)
24032302
 もちろん、うまうま♪

満腹満足で、浜名湖を渡る新幹線を横目に見つつR1へ。
潮見BPで愛知入り。 カブでは走らせてもらえない道。

豊橋鉄道市内線と追いかけっこしつつ、豊橋市街を抜ける。
路面電車に慣れない人、右折とかいつもドキドキ。(苦笑)
24032303
 何だか、レトロな感じのが走ってる

豊川市内で早めのお風呂に入ってしまい、さっぱりする。
その後は、明日の予定に備えて、高速を使ってワープ。
東名 豊川ICから乗って、東海環状道 せと品野ICまで。

2回目となる、瀬戸市内の道の駅で本日の予定終了。
24032304
 味噌カツ、うまうま♪

前回来た時は併設のせとものの販売所が営業終了直前で、
ゆっくり見られなかったので今回は早めに来てみた。
お茶碗など何点かお買い上げ。 お買い得品の棚から。(笑)

閉店前の直売所では、見切り品半額になっていた天むす。
夕食は、やはり併設のレストランに入って味噌カツなど。
八丁味噌のタレ、やっぱりうまうまでした♪

予報どおり快晴の朝、利根川沿いのR356で水郷佐原まで。
地図好きの聖地めぐり2日目は、伊能忠敬ゆかりの地。

言わずと知れた、初めて実測日本地図を作り上げた人物。
nyaponは、以前にソロドライブで来たことがあるので、
キャンカーを停められる最寄りの駐車場などは調査済み。



混む前にと、駐車場のオープン時間に合わせて到着。
まずは、何はともあれ「伊能忠敬記念館」を見学する。

何度見ても、当時の機材で日本中を測量した業績に驚く。
そして、やはり完成した地図の誤差の小ささにも・・・。
一度来てみたいと思っていたという、nyamo氏も満足。
24022401
 国土地理院設置の一等水準点も

24022402
 この部屋のみ撮影OK

一旦クルマに戻って、お留守番の小雪を連れて街歩きへ。
昨日はずっと雨続きで、お散歩もさせてやれなかったので。
24022403
 重要伝統的建造物群保存地区

24022404
 水路橋である「樋橋」

24022406
 川岸にはお雛様

古い町家をリノベーションした食事処やカフェがたくさん。
ペット同伴OKなお店も多いので、早めのランチにする。
手打ち蕎麦屋さん姉妹店のラーメン店でうどんを。(苦笑)
飛び込みで入ったお店だったけど、うまうまでした♪
24022407
 「私も同席で良いそうです♪」

最後に「伊能忠敬 旧宅」にも立ち寄って、聖地めぐり終了。
24022405
 店舗奥の書院は良い雰囲気

さて、午後は霞ヶ浦に立寄りながら戻っていこうと。
R51 水郷大橋で利根川を渡って、茨城に戻る。
R355で霞ヶ浦沿いを北上して、天王崎にある温泉まで。
建物の3階にある浴室からは霞ヶ浦と筑波山の絶景が♪

目の前の道、サイクリングロードに見えるけどクルマもOK。
一部を除いて、霞ヶ浦をほぼ1周つながっているのだとか。
カブでトコトコ1周すると、燃費が100km/Lを超えると有名。
一度、緑のたぬき号で走りに来てみたいと思っている。
24022408
 カブで走ってみたい道

R354 霞ヶ浦大橋を渡って、歩崎公園まで。
天王崎に続いて、nyamo氏のマンホールカードをもらいに。
24022409
 ネコでなく妖精 名前は「かすみがうにゃ」(笑)

せっかくなので、隣接の市営の水族館と歴史博物館も見学。
霞ヶ浦の生物と、帆引き船を中心に歴史や民俗のお勉強。
晴天で、佐原と天王崎に続いてお散歩三昧の小雪もご機嫌。
24022411
 かすみがうら市 水族館

24022412
 かすみがうら市 歴史博物館

24022410
 ご機嫌♪

最後は、クルマ旅恒例のショッピング&夕食か。(笑)
筑波山を横目に、以前にも来たことのある下妻のモールまで。
春から中学生になる、nyamotaの靴や洋服などお買い物。

その後は、やはり再訪の下妻の道の駅で、本日の予定終了。
24022413
 筑波山を眺めつつ

=====================================

やはり予報どおり、天気は下り坂の曇天で迎えた日曜の朝。
R294を南下して、常総ICから圏央道に乗って帰途に。
埼玉から東京に入るあたりから、雨が本降りになってきた。
それでも渋滞はなく流れは順調。 10:00過ぎには無事に帰着。

nyamo氏の「雨の日は屋内」プランで、上手く聖地を周れた。
今回は、夜はまだまだFFヒーターも大活躍の旅となったけど、
次に出かける時は「春旅」という陽気になっていればいいな。

小学生のころから社会科、特に地理は大好きだったnyapon。

鉄道好きから汽車旅に出るようになり、バイクツーリングや
キャンピングカーでのクルマ旅まで、地図はよく「見る」し、
大好きな廃道や旧道を探したり、「読む」ことも大好き。
特徴的な県境を訪れたり、三角点・基線をめぐってみたりと。






クルマ旅のプランナー兼ナビゲーターのnyamoも地図好きで、
次男nyamotaも鉄道地図を片手に乗り歩くようになった。
それじゃあ、今回の旅は「地図好きの聖地」を周ってみよう♪

天皇誕生日の3連休。 金曜朝から圏央道を茨城方面へ。
関越道の事故渋滞が伸びて少し渋滞したけど、何とかクリア。
24022301
 降り続く雨はミゾレ混じりに

それほどロスタイムすることもなく、菖蒲PAで朝食。
最初の目的地のオープン時間に合わせて、時間調整休憩も。

ミゾレ混じりの雨が降り続く中、圏央道 つくば中央ICまで。
K19を北上して研究学園都市へ。 到着したのは・・・
24022302
 国土交通省 国土地理院!

言わずと知れた、国土測量&地図作成の総本山。
紙からWebまで、すべての地図の基礎データはここから。
最近では、能登半島地震による地形変化の観測データも。

その敷地内にある、「地図と測量の科学館」。
ここも、Googleマップの「行ってみたい」のひとつで、
登録してから長いけど、やっと訪れることができた。
24022303
 赤と青の眼鏡で高低差が立体的に

最初に「ここから来ましたマップ」というのがあって、
関東エリア版の我が家のあたりに嬉々としてシールを貼る。

地図ギャラリーでは、見慣れた地形図だけでなく、
火山や治水に関わる図など国土地理院作成の様々な地図が。
きれいに着色されたものなど、額装して飾りたいくらい。
24022304
 「厚木や伊勢原からも来てるね」

24022305
 日本の伝統色「和色」の地図

常設展示は、測量や地図作成の歴史紹介や機材の展示など。
三角測量の解説では、見て回った「相模野基線」も紹介。
あの三角点の標石って、小豆島産の花崗岩指定だったんだ。
国土の測量だけでなく、南極観測隊に参加して国際協力も。
24022306
 標石ってこんなに地下深いのね

24022307
 デジタル化される前のアナログ図化機

地図記号の紹介コーナーでは、「思い出せない!」(苦笑)
「老人ホーム」など最近追加されたことは知っていたけど、
こどもの頃に習って廃止されていたものも多いのに驚いた。
Webの地理院地図も、よく利用しているんだけどなぁ・・・。
24022308
 えっ?「工場」ってもう無いんだ!

24022309
 測量用航空機 「くにかぜ」(初代)

ミュージアムショップが、また楽しくてしょうがない。
様々な地図や地理に関する書籍の他、地図柄のグッズなど。
家族3人、「みんな欲しいぞ」と、なかなか決められず。
他にも「ここ最高♪」と同じことを言ってる人多数。(苦笑)

厳選したのは、地図記号柄の文房具セットにクッキー、
鉄道路線図のクリアファイルと、三角点型の耳かき♪(笑)
24022310
 おみやげ♪

つくば市内の温泉でさっぱりした後、午後の部。

産業技術総合研究所「産総研」の、つくばセンターへ。
まずは、ショールーム「サイエンス・スクエア つくば」に。
nyaponは、「通商産業省 工業技術院」だった世代。
当時からの科学技術研究から産業化の歴史紹介、などなど。
24022311
 産総研の歴史

24022312
 最先端の技術や素材など

「地図好きの聖地めぐり」としては、隣接の建屋がメイン。
産総研 地質調査総合センター「地質標本館」へ。

山や川や海、地形の成り立ちは、当然地理や地図に関わり、
火山や地震など自然災害は、道路や鉄道にも影響する。
大断層沿いで、いつも「災害通行止め」の国道とか・・・。



常設展示のテーマは、日本の地質、地下資源、海洋の地質、
そして地球環境、火山と地熱、地震と活断層、などなど。
能登半島地震に関わる活断層の情報も、随時発出されている。
24022313
 日本列島の地質図

24022314
 ジュラ紀の褶曲層(レプリカ)

今日の聖地めぐりは、ここまで。
R125で霞ヶ浦沿いに南下、利根川を渡って千葉入り。

神崎町の道の駅で、本日の予定終了。
雨が降り続いているけど、明日は3連休唯一の晴れ予報。

正月3が日が過ぎ、2024年のクルマ旅初めへ。
帰省からのUターンが落ち着き、3連休には掛からぬよう。

初日の目的地は、「めんたいパーク」♪
たらこ・明太子は大好物ながら、各地で見かけるのに
今まで立ち寄ったことは無く、ずっと気になっていた。

海なし県の群馬にあるのを知って、ルートに組み込み、
めんたいこ三昧のランチから逆算し、のんびり出発。(笑)
24010401
 めんたいパーク 群馬

圏央道・関越道・上信越道と乗り継いで、吉井ICまで。
R254BP沿いにある、「かねふく」のめんたいパークに。
時刻は11:00過ぎ、「混む前に」とフードコーナーへ。
24010402
 めんたいこ三昧♪

明太子たっぷりの丼にパスタ、おにぎり、ぶたまん。
どれも美味しくて、たらこや明太子好きにはもう最高♪
ただ、丼はご飯に対して大盛り過ぎではないかと。(苦笑)
24010403
 つぶつぶランド

食後は、明太子のお勉強と工場見学。
「今日はコレステロールが・・・」なんて話していたけど、
調べてみると、小ぶり1本で鶏卵1個より遥かに少ないのね。
24010404
 工場見学

午後は、近くのホームセンターとスーパーの複合施設。
群馬に来たら、みんな大好きカインズ&ベイシア♪
初売りの数量限定特価品がまだ残っていたりして、
旅の途中で、普通に生活用品を買い込む我が家。(笑)
24010405
 道の駅 甘楽

甘楽町内のお風呂でさっぱりして、道の駅で予定終了。
明日は、軽井沢でショッピング三昧の予定。

↑このページのトップヘ