なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 日々のできごと

今月から、アルバイトを始めたnyapota氏。
某ホームセンターで、品出しやレジ打ちをやっている。
まだまだ見習いながら、楽しくやっているようだ。

昨日、帰ってきたら嬉しそうに「おみやげ♪」と。
重そうなバッグから出てきたのは・・・
23011601
 鏡餅 4個(笑)

でかした! 食品ロスの削減には、協力しないとな。
焼いて食べようか、ぜんざいでも作ろうか♪

nyaponも高校生の時にアルバイトをしていたけど、
おこづかいが稼げるという以上に、「楽しかった」。
まあ、「放課後も休日もゲーム」より、遥かに良いよ。
いろいろと、社会勉強もしてくださいな。

先日、ホットウィールのスーパーカブ C125を手に入れて、
トミカでこれまで発売されたカブも気になり始めていた。

最近はガシャや食玩などでも樹脂製のモデルが出ていて
造形の精密さだけなら、あちらの方が遥かに上だけど、
やはり金属製の質感や、手に持った時の重量感は特別だ。



「2018年発売の現行モデルだけは持っているのだけど」
と思ってラインナップを見ていたら、既に2021年に廃番。
トミカの車種の入れ替えって、結構早いのね・・・。

新発売商品も眺めていると、オートキャンプのセットが。
RAV4, ハイエースと、リアに荷物満載のスーパーカブ。
「これ、ちょっと欲しいかも♪ (カブだけ)」
クルマと小物は不要なので、バラされたものを。(苦笑)
22091801
 リアルになった2018年以降の造形

現行の造形はリアルで、小さなエンブレムまで印刷。
ホイールも、透明樹脂に塗装でスポークを表現している。
収納式のセンタースタンドで、直立させることが可能。

ただ、手に入れたキャンツー仕様は、少々期待外れかな。

実車には無い、謎な艶消しグリーンの塗装のおかげで、
金属の光沢や質感という、トミカの魅力が半減している。
リアのサイドバッグなどそれらしく作ってはあるけど、
前キャリアと荷物が無いと「キャンパー」には・・・。
22091802
 初期の造形は甘いものの、雰囲気良し

2001年のトミカ初のスーパーカブ 岡持ち仕様(青色)、
2007年のリトルカブ(黄色)の、「鉄カブ」2台も入手。
この世代は固定のサイドスタンドのみで、直立はしない。
スポークホイールは、全面メッキの樹脂板で表現。

リトルカブの特徴である小径タイヤは再現されておらず、
かわいいシートの色と小さいリアキャリアでそれらしく。
ロットによる製造国違いがあり、微妙に形状も違うとか。

現行品に比べると、この頃は造形も塗装も甘いのだけど、
それがいい味や雰囲気に思えてくるのがおもしろい。
22091803
 赤いのがいると映えるけどなぁ

過去には、他にもセット物で仕様違いや色違いがある。
しかし、希少なモデルには相応のお値段が付いていて。

今回入手できたキャンパー、岡持ち、リトルの3台は、
「傷や汚れが無く、送料込み1,000円以下」の条件で。 
まだ、中古トミカに数千円出す情熱は無くて。(苦笑)

赤い郵政カブ(MD)は、魅力的ではあるけど・・・。

あけまして おめでとうございます。

のんびり寝坊して迎えた元日、神奈川は朝から快晴。
2023年最初の朝日は、すでに空高く。(苦笑)
うまうまなお雑煮と綺麗なおせちで、お正月気分に。
23010101
 今年は、和・洋・中の三段おせち

正月特番で、芸人が騒がしいだけのテレビはOFF。
おせちを突きながら別刷り満載の分厚い新聞を眺めたり、
初売りの折り込みチラシをチェックしたり。

ポストに年賀状も届いて、その中にはジョンの店からも。
23010102
 「営業さんも大変だねぇ。・・・ ん?」

23010103
 「まじか・・・。」

もっと、のんびりしてくれて良いのに。(笑)
いや、むしろ春くらいに納車してくれた方が嬉しいけど。

とはいえ、次の入荷なんて予定が立たないのだろうし、
営業さんとしては、当然さっさとクローズしたいだろう。
早ければ今月末か。 そろそろ準備も始めておこう。

午後は、nyamo氏が年賀はがきを買いに行くというので、
一緒に付いて出かけて、初売りセールの物色に。
23010104
 お安く買えた♪

毎年元日から営業の「PC&バイク用品」のお店では、
初売り特価の品から、更新したかったPC用スピーカーと、
緑のたぬき号のストック用エンジンオイルを1本。

今年は、アウトレットにも行ってみようかと画策中。
2023年も、いつもと同じ感じで、ゆるゆるとスタート♪

冬休みの初日、年末恒例のお墓の掃除を兼ねた関西旅へ。
仕事納め前に西に向かい、年末には東に戻ってくるという、
帰省ラッシュ&Uターンラッシュ回避のいつものプラン。

のんびり家を出て、通勤時間帯の終わった東名を西へ。
御殿場から先も、風景の変化が楽しい無印東名で。
22122801
 「うーみーっ♪」(笑)

伊勢湾岸道から新名神経由で、初めての鈴鹿PAでも休憩。
サーキットのお膝元、予想どおりホンダのバイクを展示中。

いつもは中国道に乗り継ぐけど、今年は名神を直進する。
京都・大阪の市街も順調に抜けて、宿最寄りの尼崎ICまで。
途中、初めて立寄る吹田SAではたこ焼きでおやつ♪
22122802
 うまうま♪

チェックインを済ませたら、大阪の梅田に出てみようか。
ホテルは阪神尼崎駅前。 nyamota氏初めての阪神電車で、
大好きな阪急電車を見物に行きたいというご要望。
22122803
 阪神電車 大阪梅田駅

「食事より買い物より、一番に阪急電車を」と。(苦笑)
阪急の大阪梅田駅まで歩いて、入場券を買ってホームへ。
京都・宝塚・神戸方面の列車がジャンジャン行き交うので、
nyamota氏は超ご機嫌で、ホームの端に1時間ほど。
22122804
 「電車が途切れないよ・・・」

nyaponが学生の頃は、毎時0分30分に3線同時発車だった。
今は京都線のダイヤも変わって、10分ごとに見られるのね。
でも、神戸線が出遅れるお約束は、30年経っても一緒。(笑)
22122805
 あの頃からずっと現役の車両も

「また三番街のお店でうどんを食べたい」とnyamota氏。
大阪に行きつけのうどん屋とか、お前カッコ良いな。(笑)
食後は阪急百貨店でお買い物をしてから、ホテルに戻る。

=================================

翌日は朝から宝塚で姉と合流して、お墓の掃除とお参り。
今年も、一緒にランチをしながらお互いの近況報告など。
「高校生になった兄貴の方は、もう留守番ね。」(苦笑)

ホテルに戻ったら、今日はnyamo氏の要望でお出かけ。
「尼崎って、甲子園球場が近いんでしょ?」
阪神電車の急行で2駅、甲子園駅で降りて駅前の球場へ。
nyaponも、中学生の頃に阪神パークに来て以来か?
22122901
 リニューアルされてからは初めて

「吉野家がオレンジ色じゃなくて、黄色と黒の縞模様だ!」
「ローソンも青くなくて、白の縦縞だし・・・。」
球場は眺めるだけながら、周りのトラ推しに大喜び。(笑)

その後は、やはり阪急電車にも乗りたいというnyamota氏の
ご要望にもお応えするべく、今津駅から西宮北口駅へ。
阪急西宮球場跡地にできたショッピングモールへ再訪する。
阪急ブレーブス子供会員だったnyaponは、こちらが本拠地!
22122902
 どうとんぼり神座 煮玉子ラーメン

夕食は、みんな大好き「どうとんぼり神座」のラーメン。
まあ、東京や横浜でも食べているのだけど・・・。
それでも、「ほぼ野菜スープ」なラーメンは、うまうま♪
お約束、「551蓬莱」の豚まんも買って、ご機嫌でホテルへ。

=================================

翌日は、朝からのんびり帰るだけ。
帰りは、いつもの無印名神から中央道経由という予定。
南アルプス・中央アルプスから、八ヶ岳、富士山と、
雪化粧した山々を横目に眺めながら帰ってくるのが好き。
22123001
 今年は天気も良く♪

名神の関ケ原付近で雨模様になった以外は、ずっと青空。
休憩では、ソフトクリームを食べたくなるような陽気で。
山々は綺麗に見えて、富士さまも「頭を雲の上に出し」。
22123002
 富士さまと、めでたいトラック(笑)

クルマは多めながら、JCTやトンネルも順調に通過。
上り線の渋滞が始まる前に、無事に帰宅することができた。

お土産は、生八つ橋に、赤福に、柿の葉寿司に・・・。
帰宅後も関西グルメ満喫の年末年始に。 楽しみ、楽しみ♪

nyapon も nyamo も、今日で今年の業務が終了。
会社のカレンダー上は明日の28日までが稼働日ながら、
最終日は、恒例の「事業所全員で有給休暇を取ろう」の日。
22122701
 寒い朝、グラデーションの空

今年の後半は、週末でも落ち着かない時期が続いて、
秋のツーリングシーズンも封印したりしてきたけど、
何とか年内に一段落できたので、のんびり年を越せそう。

年末から年始にかけて、神奈川は天気も良さそうだな♪

ママゾン号の新車1か月点検で、八王子までドライブ。
合わせて、先週取り付けたETCのセットアップも。
通常3,000円くらいだけど、サービスでやってもらえた♪

エンジンを掛けると、いきなりしゃべりだすETC。
「東京都に土砂災害警戒情報が発表されています。」
いやそれは、ETCの仕事じゃないよね・・・。
しかも、東京都といっても小笠原村の情報だったし。

 スマホの普及で、すっかり残念な規格になってしまった
「ETC2.0」。 何がやりたいんだか、迷走してるなぁ。
22121001
 やっと、使えるようにはなった

電装品を取付けてから、初めて通勤とは違う道路を走行。

レーダー探知機 「ゾーン30です♪ 待ち伏せエリアです♪」
ドラレコ 「事故多発エリアです♪ ゾーン30です♪」
nyapon 「お前ら、ちょっと黙ってろ。」

レーダー探知機は、そういうのもお仕事のひとつだけど、
ETCもドラレコも、GPS内蔵だからとしゃべり過ぎ。(苦笑)
ドラレコのお知らせ機能はキャンセルしておこう・・・。
22121002
 純正ホイールカバー

午後は、スタッドレスタイヤへの交換をやってしまおう。
点検に持ち込んで、一緒に頼んでも良かったのだけど、
最初なので、下回りも自分でじっくり見てみたかったし。

「やっぱり、箱バンは鉄チンホイールがカッコいいな!」
ここは、nyapon と nyamo氏で意見が一致していた。
純正のホイールカバーは外して乗るつもりだったので、
「スタッドレスも、銀色の鉄チンホイールにする?」と。
22121003
 純正鉄チン + 袋ナット

しかし鉄チンって、アルミとほとんど値段は変わらない。
「それなら、最近よく見る『鉄チン風アルミ』かな。」
nyamo氏に見せてみると、「これ、カッコいいじゃん♪」

純正の黒鉄チンにメッキの袋ナットも、やはり悪くない。
春の点検の時にでも夏用と冬用を組み換えてもらって、
夏タイヤ+アルミ、スタッドレス+鉄チンにしようかな。
22121004
 鉄チン風アルミ、いいじゃん♪

「タイヤ外しついでに」と思っていたことをもうひとつ。
リアのマッドフラップ(泥除け)を取付けること。
フロントは標準装備ながらリアはオプションだったので、
スズキの純正部品を通販で取り寄せておいた。
22121005
 before

22121006
 after

おそらく最初で最後、唯一の外装カスタムであろう
アルミホイール装着と、実用品マッドフラップの取付け。
電装品の取付けと合わせて、これで運用準備は一段落か。

ママゾン号は、我が家では久しぶりのパートタイム4WD。
せっかくスタッドレスタイヤにも交換したことだし、
4WDスイッチをONするような所にもお出かけしたいな♪

朝から、ママゾン号の電装品取付け作業を本格的に開始。
昨日のうちに電源分岐まで終えていたので、続きを。
分配ハーネスを作りながら、無駄のない作業順序を検討。

リアカメラのハーネスは、左ドア上を後方に攻めていく。
銀だぬき号の時に苦労した、車体とハッチの間も無事通過。
ジャックがL型なおかげで中で引っ掛かりやすいのだけど、
ワイヤーとシリコンスプレーを使っただけでOKだった。

ただ、ハッチに良い穴が無く、窓周りを引き回すことに。
ウェザーストリップに挟むような配線はしたくないし、
カメラ位置がワイパー可動範囲外になるのも許せないし。
22120401
 無事にリアハッチに到達♪

あとは、それぞれ本体を取付けて、位置や角度を微調整。
ハーネスの余りを隠して、内張りを元に戻したら完成!

オーディオは、今回もディスプレイオーディオに。
前車の青ぎつね号に付けていたのと、まったく同じ機種。
通勤車にナビは不要だけど、nyamo氏も使う予定だし、
スマホナビの表示やハンズフリー通話ができるように。
22120402
 パイオニア製 カロッツェリア

nyamo氏の強い要望で、ドライブレコーダーを。
このご時世、世間では「必須装備」と言われつつあるし。
こだわりは無く、これもキューブ 銀だぬき号と同じ機種。
初めて、我が家のクルマ3台がすべてドラレコ装備に。
22120403
 セルスター製(フロント)

22120404
 セルスター製(リア)

ETCは、やはりnyamo氏の要望で初の「2.0」に。
最近増えてきた、高速道路から道の駅へ一時退出しても
料金は継続扱い、というのをやってみたいのだと。(笑)
2.0だと、BATT(常時)電源が必要な理由は何だろう?
22120405
 パナソニック製

そして、レーダー探知機。 お世話になることは少なく、
正直、「GPSによる正確な車速計と時計」だけど。
なので、少々古いけどお安い、キャンカーと同じ機種。
まあ、お守り程度ながら、地方では時々良い仕事も。
22120406
 セルスター製

オーディオは、初期設定とスマホのペアリングも終了。
あとは走ってみて、ドラレコの映像の確認くらいかな。
ETCのセットアップは、1か月点検の時にお願いしよう。

本日の作業、カー用品店の工賃を調べてみたら・・・

 オーディオ取付け: 5,500円
 ドラレコ(2カメラ)取付け: 16,500円
 ETC車載器取付け: 4,400円
 レーダー探知機取付け: 5,000円

3万円以上節約♪  nyaponの週末が消えたけど。(苦笑)

今日は、朝から4回目のコロナワクチン接種へ。
希望者減少で職域接種がなくなり、町の集団接種に。
今週は nyapon と nyamo で、来週は nyapota の予定。
注射する方もされる方も、もうすっかり慣れっこだな。
22120301
 4回目は、ファイザーのBA.4-5

2人ともサクッと終わって帰宅。 これから用事がある。
昨日、nyapotaが学校から帰る途中、自転車がパンク。
公園の駐輪場に置いてきたので、ピックアップに。

「粗大ごみの廃却や、自転車運びも楽になるな」
なんて言っていた、ママゾン号の初仕事だ。(苦笑)
「パンク修理、今回はやってやるから覚えようか」
ということで、nyapota氏が見習い兼助手を。
22120302
 自転車積載くらい楽勝

タイヤの隙間からチューブを引っ張り出して驚く。
「何も刺さってないのにな・・・?」と思っていたら、
一部が折り畳まれて、腸ねん転状態で入っていた。
パナソニック車のお粗末な品質に、ガッカリだ・・・。

チューブの捻じれた部分に2か所のピンホール。
ゴムのりを塗って、パッチを貼って、無事に修理完了。
珍しく、nyapotaが追加整備するというのでお手伝い。

「チェーンの錆も落として、油を差した方がいい?」
「前ブレーキの引き代が大きいので調整したい」とか。
片道12kmほどの自転車通学、タイヤも結構減っている。
またそのうち、一緒にメンテナンスして遊ぼうぜ♪
22120303
 そろそろやるか・・・

午後は、ママゾン号の電装品取付けを始めるか。
オーディオ、ドラレコ、ETC。 いい加減付けないと。
配達されたまま置きっぱなしの段ボール箱も邪魔だし、
nyamo氏からも「早くドライブしてみたい!」と。

まずは、室内で電源分岐ハーネスを作ってから。
いつもと同じくACCとGNDの分岐を準備していたら、
ETC2.0の車載器は、BATT電源も必要なのに気付いた。
22120304
 ACC(赤)に加えて、BATT(黄)も取り出し

今日は、ダッシュ中央から左右への配策までで終了。
おやつタイムなんか取っていたら、暗くなって。(苦笑)

明日は左右のAピラー経由でフロントグラス上部までと、
ドラレコカメラのために遥か彼方のリアハッチまで。
またのんびり休憩を挟みつつ、綺麗に仕上げましょう♪

6月の終わりから5か月間ほど続いた、気の休まらない週末。
今日の最終プレゼンでOK判断が出て、無事に終了。
もしNGなら、年を越して再チャレンジとなるところだった。
やっと一息、 安心して年末年始を過ごせる・・・。
22112801
 すぐ邪魔しに来るやつ・・・

決して、徹夜や土日も朝から晩までという訳ではないし、
家族とのクルマ旅やキャンプで気分転換はしていたものの、
やはり「週末も資料作り」という日々は落ち着かなかった。

PCに向かっていると、すぐに邪魔しに来るのがいたけど、
まあ、疲れているのを癒してくれていたのだろう。(笑)
22112901
 もう秋も終わり

さて、やっとママゾンプライム号の作業もできるし、
この1か月は、緑のたぬき号にもまったく乗れていない。
どうか、12月の週末は晴天が続きますように!






終日のんびりという訳にいかない週末が始まった夏から、
気分転換として楽しんでいた、机上での「地図旅」。
少し古い地図を入手して、廃道・旧道を探してみたり。

そのきっかけとなったのが、「丹沢・大山 散策絵図」。
これは古い地図でなくて、いわゆる「鳥瞰図」。
相模川から丹沢山系の、空から鳥の目で見た風景が。
22091201
 アトリエ77 「丹沢・大山 散策絵図」

鳥瞰絵図作家である、村松 昭さんの作品。
児童書やガイドブックでもよく見かける、好きな作家さん。
山や川の流域を辿れる絵図を、たくさん出版されている。

普通の書店では置いておらず、「地図屋」にあるらしい。
モンベルのお店でも取り扱っているとのことだったけど、
残念ながら在庫切れで、直営のお店から通販で購入した。
22091202
 遠くには富士山の姿も

普通の地図とも航空写真とも違い、見ているだけで楽しい。
ガイドマップでありながら、鑑賞に値する「絵」でもある。
細かいリアルさと、イラストらしいデフォルメ感が絶妙。

少し前の出版なので、施設名など古いところはあるものの、
「懐かしいね」なんて、それはそれでまた良し。
ポスターフレームに入れて、飾りたいくらいなのだけど、
壁のスペースの問題もあって保留中・・・。(苦笑)
22091203
 宮ヶ瀬湖

22091204
 相模湖

22091205
 丹沢湖

こんな絵図を片手にお散歩ツーなんて、楽しいだろうな。
よし、のんびり出かけられる週末が戻ってきたら!

・・・しかし、もう真冬が目の前。 来春からか?(苦笑)

↑このページのトップヘ