花粉の時期が終わって、本格的に夏が来て暑くなる前、
エアコンのフィルターのお手入れをしておこうかと。
家のエアコンは時々お掃除しているので、クルマのやつ。

銀だぬき号は交換済みなので、まずはママゾン号から。
NV100 クリッパー(エブリイ)のフィルター交換は簡単。
工具など不要で、5分も掛からない作業。
社外品のお安いフィルターに交換して、サクッと終了。
24060802
 グローブボックスをボコッと外して

24060803
 エアコンユニットの蓋を開けるだけ

24060804
 汚れよりも、葉っぱや木の芽が・・・(苦笑)

で、おそらく納車以来お手入れ実績の無いキャンカーも。
面倒そうなのでずっと気付かないフリをしていたけど、
夏場のエアコンの効きも気になるし、そろそろかなと。
24060805
 この奥なのは一緒なのだけど・・・

フィルターにアクセスするのに、やはり面倒極まりない。
「コレを外すビスは、アレを外さないと見えない」の連続。
上写真の内装、センターは上下、ベージュ色はすべて外す。
で、やっと見えたと思ったら・・・
24060806
 フィルターの前に太いハーネスが2本も

C/Uを1個外して、ぶっといハーネスを力ずくで寄せつつ、
フィルターをひん曲げながら引いて、何とか引き抜けた。
車両のライフを通じて清掃は想定していないのだろうけど、
もう、「この配置を設計したヤツ、出てこい!」と。

フィルターは、家庭用エアコンのような、ただの「網」。
絶対に、ウイルスどころか花粉も防げないやつ。(苦笑)
24060807
 はい、水洗いしましょう

もっと凄いのが見られるかと思ったけど、こんなもんか。
とはいえ、内接円が流路断面だとすると、面積は半減?

きれいにしたフィルターを、もう一度力ずくで戻して、
山積みになった内装をひとつひとつ復元して終了・・・。
これで、真夏のエアコンの効きも改善してくれるかな。