先月の愛知旅の途中で、キャンカーの水道が不調になった。
nyamo氏からは、「GW旅までに修理をよろしく」の要請。

「はいはい、またあのお約束のヤツですね・・・。」

3~5年ごとに発生する、電気接点の酸化による動作不良。
水のかかるシンクの内側で蛇口の内部、という場所だし。
前回が2018年10月で5年半前なので、むしろがんばった方。



一応、ポンプの固着や電源の不良なんかも見てみたけど、
開放状態なら12V出ていて、予備ポンプでも全く同じ症状。
これは間違いなく、接点の接触抵抗が増えているのだろう。
24040601
 シュシュッとしてパチパチ♪

いつも5-56だったけど、少し前に専用のスプレーを買った
数少ない活躍の場(苦笑)、もちろんご登場いただく。

スプレーして、激しくパチパチするだけで完全復活♪
作業前とは全く違う勢いでポンプがブンブン回る。(笑)
前回から導入したノーブランド品ポンプの耐久性はOKだな。

水漏れの無きことも確認。 nyamo氏に完了報告して終了!