400X こまち号も購入から6年、くたびれてきた箇所もある。
最近特に気になっていたのは、GIVI箱のフィッティング周り。
ステーや台座自体は問題ないものの、樹脂やゴム製パーツが。

箱本体は帰宅後に取り外して屋内保管しているのだけど、
フィッティングは、車体と共に屋外で6年間がんばっている。
補修部品も販売されているので、リフレッシュしようと。
22061911
 車種専用ステーと台座で構成

まずは、ベースラバーと呼ばれる、箱を支えるゴム部品。
長年の荷重と経年劣化で、ずいぶん薄くなりひび割れている。

愛用している箱は、そこそこ大きい47Lというサイズだし、
二重構造で高級感はあるものの、少々重いモノキーシリーズ。
まだ走行中もガタは出ていないけど、交換しておこう。
22061902
 ずいぶんペッタンコに

台座の取付けボルトのキャップは、無くなっている箇所が。
使用していない位置で実害はないけど、カッコ良くはない。
箱装着時はその下だし、擦れる位置でもない。なぜ取れた?
22061903
 ボルトはない位置だけど

ステーのボルトのキャップも、1か所折れて無くなっている。
ちょうど、サイドバッグを装着すると裏面と擦れる位置。
バッグの脱着時に引っ掛けたのか、走行中に力尽きたのか。
22061904
 これは分かる気がする

GIVI製品は少々お高いけど、補修部品はしっかり揃っていて、
国内ではデイトナが取り扱っているので、入手も容易。
ベースラバーとキャップセットを手配して、サクッと交換。
22061901
 合わせて1300円ほど(税・送料込み)

経年劣化で取れたり、折れたり、潰れたりしていた部品。
これらを交換しただけで、ずいぶんとシャキッとしたぞ♪