雑誌の購読サイトで目についた旅行雑誌、「旅の手帖」。
汽車旅派だった小中学生のころ、よく読んだものだ。
懐かしいな! 紙媒体の衰退が激しい中、頑張ってるのね。

時刻表も発行する交通新聞社の雑誌で、JRグループ協力。
昔は当然「国鉄協力」で、出版社名も「弘済出版社」だった。
確か、国鉄全線乗りつぶしを目指すキャンペーン、
「いい旅チャレンジ20,000km」の事務局にもなっていた。

今にして思うと、旅の手帖を買って読む小学生とか、
ませているというか、親父くさいというか・・・。(苦笑)

まあ当時は、終日列車に乗り続け、夜は駅の待合室のベンチ。
記事のような街歩きなど、数えるほどしかしなかったけど、
ネットなど無い時代、とにかく書籍や雑誌を読み漁ってたな。
21091802
 「旅」が足りていない・・・

いつまでも断続的に続いている、緊急事態に外出自粛要請。
旅好きとしては、そろそろ禁断症状が出始めて・・・。
「遠くに行くのだけが旅ではない」のは分かっているけど、
ずっと県内縛りのお散歩が続いて、体が旅を欲している。

美しい紅葉の表紙に魅かれ、「旅欲」に負けてポチっと。

特集は、文化庁が認定する「各地の歴史を通じて魅力的な
文化や伝統を語るストーリー」である、日本遺産。



来週からは10月に入って、いよいよ秋も深まってくる。
汽車旅やキャンカーでのクルマ旅はもちろん、
バイクでも、歴史や文化に触れる旅に出られるといいな。