久しぶりの、セルフでのエンジンオイル交換。
クルマは「メンテパック」に入るようになって久しいし、
バイクでもショップのリザーブ制度を利用しているので。
グラトラで、一度銘柄を変えてみたかった時以来かな。

正直、2月の購入から、交換が必要なほどは走っていない。
しかし、交換時のオイル容量はわずか0.6Lのスーパーカブ、
純正オイルのG1を使っても、1回あたりのコストは650円。
もうこれは「趣味」として、半年に1回の交換で良いなと。

現行以外のカブには交換式のフィルターは付いていないし、
オイル容量が少ない上に、常に高負荷&高回転で走るような、
小さいエンジンこそマメに交換した方が良いと思うし。
21081201
 G1も部分化学合成に

ホンダ純正で、全ての車両の基準オイル「ウルトラG1」。
鉱物油から部分合成油になり、粘度も10W-30から5W-30に。
缶デザイン変更だけでなく、中身も完全に変わっていた。

まずは、ドレンボルトを抜いて古いオイルを排出。
わずか0.6L。 廃油処理ボックスの類を使うまでもなく、
レジ袋に中に、ウエス用に取っておいた古シャツ1枚でOK。
最近は、そのレジ袋が有料になってしまったけど・・・。

排出されるオイルは、やはり距離の割には汚れている気が。
わずかに乳化の傾向があるような色にも見えるけど、
金属粉や怪しい異物の混入は無くて、とりあえず一安心だ。
21081202
 距離の割には汚れてる?

オイルが抜ける間に、手配していた劣化部品の交換を。
レベルゲージのゴムパッキンが変形硬化して、すぐに外れる。
ゲージ自体も、長年オイルで煮染められて凄い色に。
何だかレベルが読みづらいし、合わせて交換しようと。

ドレンボルトのワッシャーは当然用意してあったけど、
ボルトに問題は無く、一応買っておいたものはストックに。
21081203
 どれくらい煮込むとこの色に?

オイルは通販で買ったので、あの樹脂ノズルが無い。
前回セルフで交換した時、捨てずに取っておいたはずだけど、
ジョウゴやメジャーカップと合わせて、行方不明に・・・。
ノズルは諦めて、メジャーカップは台所のお古をもらった。

カブのエンジンは、ゲージ部が斜めでジョウゴが自立しない。
やはり、オイル缶のノズルから直接注げた方が楽で良いなぁ。
21081204
 ジョウゴは100円ショップで・・・

規定量を入れて、エンジンを掛けてみる。
オイルが軟らかくなってメカノイズが増えるかと思ったけど、
アイドリング状態では、むしろ静かになったような気も。

ドレンからの漏れ・にじみは無く、レベルもOKだった。
ただ、新しいグレーのゲージでオイルも新品透明な状態だと、
何だか逆に読みづらかった・・・というオチで。
21081205
 汚れてくると、見易くなるはず(苦笑)

しかも後片付けをしていたら、あれだけ見つからなかった、
ノズル、ジョウゴ、メジャーカップが出てきたし・・・。

何はともあれ、久しぶりだったセルフでのオイル交換。
大層な分解整備ではない、一番お手軽なメンテナンスながら、
「愛車の面倒を見てあげてる感」が何だか楽しいぞ♪(笑)