春先から話題になっていた、台湾産パイナップル。
中国が輸入を禁止したおかげで行き場を無くしたものが、
日本に大量に入って来ているとのことだった。

震災の時の台湾からの多大な支援へのお礼も込めて、
たくさん消費して、今度は台湾の農家を応援しようとか。
しかし「応援以前に、めっちゃ甘くて美味しいぞ!」と。
21052204
 台湾産 パイナップル

よく出回っているのは、ほとんどがフィリピン産らしい。
そもそもパイナップルって、缶詰は時々食べるけど、
生のものを丸ごと1個買ってきて食べたことなど無い。

なので、「甘くて美味しい」と言われてもピンと来ない。
とにかく「酸っぱそう・・・」というイメージしかなく。

しかし、職場の雑談でみんなが大絶賛していて・・・。
「シロップ付けの缶詰と同じくらい甘い!」とか、
「芯まで食べられるので、切るのも簡単でいい!」とか。
21052205
 皮がちょっと赤っぽい

早速、その日の会社帰りにスーパーへ寄り道を。
珍しいモノ好きのnyapon。
それほどなら、遅ればせながら買って食べてみようと。

「巷で話題の!」というPOPを掲げて、山積みされていた。
隣のフィリピン産より小振りだ。 ワクワクしながら帰宅。
「いいもの買ってきた♪ デザートに切って!」(笑)
21052206
 果肉は見慣れた色だな

ひと口目で、家族みんな「甘っ!」。

やはり、缶詰と変わらないくらい甘くて美味しいぞ。
シロップ漬けと違って、ちゃんと酸味もあるのが良い。
芯も柔らかくて味も変わらず、本当に全部食べられる。

これなら、たまに買ってデザートにしてもいいかな♪
分解酵素はあるので、舌はやはり痛くなるけど。(苦笑)