我が家でnyaponだけが、今日までお休み。
朝から在宅勤務中のnyamo氏の邪魔をしないように、
晴天の庭に出て「カブでおうち遊び」の仕上げをしよう。

鉄板の溶接で組まれた、鉄カブのフレームやボディ。
経年により、エッジ部や小傷から赤サビが出ている箇所が。
「腐食」の域に達しないうちに、お手入れをしておこうと。
昨日のブレーキ点検の後、黒サビ転換剤を塗っておいた。
21051001
 黒サビ転換剤

赤サビに塗っておくと化学変化で黒サビに変わり、
その後はサビ止め効果を発揮してくれるという優れもの。
目立たない場所や黒塗装部なら、そのままでもOK。
我が家では、色々なところで活躍してくれている。

フロントフォーク部のエッジとか、ガツガツ当たるような
ハンドルストッパー部やロック部には、結構目立つ赤サビが。
あえてサビを落とさないで塗った方が、きれいに黒化する。
21051002
 before

21051003
 after

緑のたぬき号の「タスマニアグリーンメタリック」だと、
影になるような部位なら、本当に塗装はいらないくらい。
でも今回は、タッチペンも事前に入手してあった。
以前何気に検索してみた時、半額セールだったので。(笑)
21051004
 色番号: G142M

黒サビに変化した部分に、ちょんちょんと色を載せる。
小さい箇所は、蓋に付いたハケより綿棒の方が扱いやすい。
20年落ちの塗装より、ちょっと色味が濃いかな・・・。

ピカピカにしたい訳じゃなく、あくまでサビの進行防止。
傷や凹凸の修整などは行っていない。
あとは、完全に乾いたらコンパウンドで磨いてやれば十分。
21051005
 before

21051006
 after

一連のメンテの最後の仕上げに、クラッチ調整を。
カブに搭載されている最も偉大なメカ「自動遠心クラッチ」。
その調整機構があるのは知っていたけど、触っていなかった。
現在の摩耗に対して正しい状態なのか、確認しておこうと。

まずは、調整前のアジャスターの位置をマーキングして、
 1. ロックナットを緩める。
 2. アジャスターを右に1回転。
 3. アジャスターを左に止まるまで。
 4. アジャスターを右に1/8回転。
 5. ロックナットを締める。

ん? 調整前より1/8回転ほど位置が変わったな・・・。
これは、クラッチの摩耗で調整がずれていたということかな?
キックでエンジンを始動してみると、変化が分かった。
21051007
 使うのは、メガネレンチとドライバーだけ

どうやら今までは、キック時にクラッチが少し滑っていた?
新車状態を知らず、「こんなもんだろ」と思っていたけど、
足を踏み下ろした時の力の伝わり方が全く変わった。
ここにきて、また新しい発見♪ 始動性が向上した!(苦笑)

メンテも一段落で、外していたレッグシールドを取付ける。
横型エンジンの姿が見えなくなるのは、少し寂しいけど

カレンダー上は平日の今日、GW休暇最後の宮ヶ瀬散歩へ。
途中で、また燃料コックを「RES」にしたりしながら。
いまだに、燃料計を見ても給油のタイミングが・・・。(笑)
21051008
 レッグシールド復活!

21051009
 天気も良いし空いてるし♪

まずは、平日無料の「いつものじゃない方の駐車場」に。
駐車場にはクルマもバイクもそこそこ停まっているけど、
公園の方に行ってみると、とても広いので人影は少ない。
食堂も空いていたけど、魅かれるものが無かった。

いつもの方の駐車場に移動しよう。
今まで風に舞ってカチカチと音を立てていたキーホルダー、
まったく揺れないことでレッグシールドの防風効果を体感。

やはり、こちらの駐車場も空いていた。
晴天で気持ち良いけど、今日は缶コーヒー休憩は無し。
お昼も過ぎたし、おにぎりとお惣菜を買って帰ろう。
21051010
 メッシュジャケットで快適

21051011
 GWのおうち遊びでリフレッシュ完了♪

中津川沿いの道をテケテケ走って、無事に帰宅。

「おうち遊び」で進めた、緑のたぬき号のメンテも一段落。
納車以来、気になっていたところは、ひと通り点検できた。
とはいえ、チェーンカバーの中のスプロケット周りなど、
気付かないふりをしてそっと閉じたところもある。(笑)

良くも悪くも、まだ「おうち遊び」な週末は続くだろうし、
ご近所散歩とメンテ、どちらも楽しんでいこう♪