先週のCub90 緑のたぬき号のエアクリーナー点検で、
エレメントが結構汚れていたので、早速注文してあった。
金曜日には届き、土曜朝からサクッと交換を。
レッグシールドは外しっぱなしなので、楽ちんアクセス。

埃の汚れというよりも、ブローバイガスが多い?
オイルっぽい染みと、外した直後は結構なガソリン臭が。
先週抜いたブリーザーの水も、「ジャーッ!」だったし。
21042401
 メーカーが違うので、変色具合は不明

エアクリ外しのついでに、軽くエンジン磨きも。

まずは、真鍮ブラシで全体をコシコシ。
細かい部分はルーター&真鍮ブラシでやってみたけど、
調子に乗って磨いているとピカピカになり過ぎそう。
21042403
 before

白錆と赤錆で粉をふいているのを、綺麗にしたいだけ。
ピカピカ鏡面仕上げのエンジンは、好みではない。
年式相応のヤレ具合にしたいので、あえて控えめに。

最後にシリコンスプレーを吹いて、汚れを拭き取って。
赤錆に埋もれていた「85cc」の陽刻も、はっきり見えた。

「うん。ちょうどいい感じになったんじゃない♪」
21042404
 after

午後も晴天なので、最寄りの宮ヶ瀬テストコースへ。

発進時は、特に違いは感じない。
速度が上がっていくと、吸気音が明らかに大きくなった。
エアクリボックスがむき出し状態なので、よく分かる。

おっ! 40km/hあたりから上の加速が少し良くなってる。
そして何より、60km/h巡行時の振動が減って快適に♪
手とお尻が痺れるくらいだったのに、ちょっと驚いた。

前のエレメント、見た目以上に息苦しかったのか?
「ごめん、もっと早く換えておけば良かったよ。」(苦笑)
21042402
 「空気が美味しい!」 @緑のたぬき

今どきのマイコン仕掛け電子制御エンジンではないので、
調整や部品交換での変化が分かりやすくて楽しいな♪
失敗すると、すぐ不調にもなるということだけど。(苦笑)

400Xのスタンドストッパー設計を楽しんだ、昨年のGW。
今年の「おうち遊び」の日は、Cub90のメンテナンスだな。
まずやっておきたいのは、キャブレターの分解清掃か。

よし、消耗品とか交換部品を調べて、手配しておこう!