「20日前までに予約すると、JRの特急が半額!」
「よし、どこかに(笑)行くぞ!」
しかし、すっかり油断していて、キャンペーン終了間近に。

「E351系の頃以来の「あずさ」(以前は「スーパーあずさ」)
に乗って、高速コーナリングを堪能しよう!」とnyamo氏。
あの時は、今回は留守番のnyapotaが0歳児だったな・・・。

「当然、新宿-松本間の全区間乗車に決まってるじゃん」と、
早速、新宿までの往復のロマンスカーも予約していた。
土曜朝、まずは海老名から小田急のロマンスカーで新宿へ。
21032101
 「おっ、VSEじゃん♪」

nyamo氏が、何だか得意気に席に案内すると思ったら・・・
21032102
 最後尾の展望席!

しっかり、1号車 1A,1B,1C を予約していた。(笑)
残念ながら、先頭は取れなかったらしいけど、
展望席が初めてのnyapota氏は、終始ご機嫌だった。

新宿で中央線特急ホームに移動して、駅弁屋さんへ。
これも楽しみだった♪ 汽車旅でコンビニ弁当は無い!
21032103
 特急 あずさ 19号 松本行き

11:30 新宿を定刻に発車・・・、と同時に駅弁を。(笑)

nyamotaは「チキン弁当」、nyamoは「とりめし弁当」、
そしてnyaponは「たけのこ おこわ弁当」。
本当に駅弁って、なぜか冷めていてもうまうま♪
21032112
 汽車旅の楽しみ!

E353系に乗るのは、3年前のnyamotaとの日帰り旅以来。
あの時は、特急かいじ号としての短区間だったので、
山岳区間で車体傾斜装置ONの高速コーナリングは初体験。

つい「振り子式車両」と言ってしまいそうになるけど、
前のE351系と違ってエアサス(鉄道では「空気ばね」)
を使って傾斜させる構造なので、「振り子式」ではない。

八王子を過ぎて山岳区間に入り、本気を出し始めた。
車端部の席なので、カーブの度に足元の台車から音が。
「カチッ! プシュー、プシュッ!」
車体がグイッと傾いて、高速のまま通過していく。
21032104
 ※イメージ (こんなには傾きません・笑)

実際に傾くのは1.5度だけど、乗っていると結構傾斜する。
「傾くねぇ♪」 隣で、鉄子のnyamoが一番嬉しそう。(笑)
バンク感なら、JR北海道のディーゼル特急の方が上かな。
あちらは、エキゾーストノートも聞こえてバイクみたいだし。

制限速度+25km/hでの曲線通過が許されている、この車両。
笹子峠に向けてのワインディングも、100km/h前後の高速で。
スマホのマップアプリで通過中の線形を確認したり、
速度計アプリで通過速度をモニタしたり、忙しい。(苦笑)

こんなご時世ではあるけど、
乗車率は、一番混んだ八王子-甲府間でも3,4割くらいか。
車内販売は休止で、座席の向かい合わせ利用はNG。
まあ、その辺の通勤電車より、よほど安心感あり。
21032105
 「カッコいいね!」

「まつもとぉ~」
松本名物、独特の到着アナウンスでお出迎え。

さて、特に観光をする予定はないので・・・、(苦笑)
駅ビルのカフェでお茶休憩をしたら、ホテルへ。
夕食を兼ねて少し街歩きをして、あとは部屋でのんびり。
21032106
 「昔の駅の看板だって」

日曜朝、再び駅へ。 お土産を買って、ホームで電車見物。
中央西線方面への直通列車もあるので、JR東海の車両も。
ちょうど、向かいのホームに特急「しなの」名古屋行きが。
21032107
 これは「制御付き自然振り子式」車両

隣のホームに到着した「あずさ」は、付属編成付きの12両。
だけど、昨日のも今日乗るのも、基本編成のみの9両編成。
連結好きのnyamota氏は、少々残念だった模様・・・。

それでも、今日乗る「あずさ18号」は特別な列車。
途中の停車駅が茅野、甲府、八王子のわずか3駅のみで、
新宿まで2時間23分で走破する、最速の「あずさ」号。
21032108
 「あそこを通ってみたかった・・・」

10:10 松本を定刻に発車。

松本を出ると、塩尻にも岡谷にも停まらない。
直線の塩嶺トンネルは、もちろん全力疾走で通過。
甲府盆地に向けて、車体を傾斜させて駆け下りていく。

E353系の設計最高速度は、130km/h。
長いトンネル内や平地など、線形が良い区間は全開!
21032109
 ただいま、最高速度で走行中

やはり、甲府から八王子にかけてのワインディングも、
「プシュー、プシュッ!」と車体を傾けながら疾走。
最近の停まり過ぎな特急と違って、「特別急行」らしい
数の停車駅のみで中央東線を駆け抜け、新宿に到着した。

また帰りも、海老名までの小田急線はロマンスカーで。
入線してきたのは・・・
21032110
 初めて乗る「赤いやつ」、GSE♪

GSEが発表された時、連接車体でなくなったと聞いて、
あの「カタン、カタン、カタン、カタン!」という、
独特の通過音じゃなくなるのが寂しいなと思っていた。
ホームドア対応など、編成の統一は必要なのだろう。

先頭車両に展望席が設けられたのは、やはり嬉しい。
週末、温泉や観光を楽しみに箱根に向かう列車は、
EXEやMSEのようなビジネス特急とは違うのだから。

しかし、この真っ赤な流線型車体、nyaponの世代には、
どうしても名鉄パノラマカーに見えて・・・。(苦笑)
21032111
 海老名では、GSEの離合♪

雨の海老名駅に無事帰着。 nyamotaの大好きな、
ミュージックホーンを鳴らしながらの発車を見送って、
1泊2日、特急「あずさ」& ロマンスカーの旅も終了。

列車に乗るのだけが目的のつもりで出かけた旅ながら、
家族みんな大好きで、我が家に常備されている、
「ハルピンラーメン」を仕入れられたのが収穫かな。

まあ、松本じゃなくて諏訪のご当地ラーメンだけど。(笑)