我が家には、インコ2羽に加えてネズミが1匹いる。
「アンデスの歌うネズミ」、デグーの「モルン」が。
なかなか人懐こくて、首筋を撫でてもらうのが好き。

お隣の相模原市にある「アクアリウム さがみはら」で
「ねずみ展」という企画展をやっているそうなので、
みんなでモルンの友達に会いに行ってこようと。

で、水族館へネズミを見に・・・。(笑)



三密防止で入館制限があるというので、ちょうど開館時間に。
それでも、間隔を空けて入場するので結構な列ができていた。
手を消毒して入場し、空いているうちに企画展会場へ。
20083001
 「かわいいぃー♪」

20083002
 「モッちゃんの友達いた!」

デグーを見つけて、ご機嫌のnyamota。
他には、先日のキャンプで見掛けたリスの仲間とか、
世界で一番小さいネズミというコビトハツカネズミとか。
20083003
 コビトハツカネズミ ・・・の尻(笑)

20083004
 シマリス

ここのメインは、相模川とその流域の生き物の飼育・展示。
何度か来ているけど、もちろん常設展示も見学する。
相模川上流域から河口部まで、環境が再現してあったり。
20083005
 「ドジョウはどこだ?」

屋外のエサやりコーナーに嬉々として向かうnyamota氏、
スティック状のえさを秒殺で奪い取られる。(苦笑)
あまりの暑さに、すぐにエアコンの効いた館内に戻る。
20083006
 「取られた・・・」

1時間も掛からずにサクッと見学を終えて外に出てみると、
すでに入館制限が始まっていた。
入場整理券をもらって、番号順に呼び出されるらしい。

みんな木陰で待っているけど、この暑さでは大変だ。
早めに来て良かったかも・・・。