スマホナビをバイクで使い始めた時に買ったホルダー。
歴代のiPhoneが非防水だったこともあって、
防水ファスナー装備のフルカバータイプを使っていた。
nyamoのグラトラカワセミ号でも、同じ製品を使用中。

確かに防水性は雨中走行でも問題なかったのだけど、
やはりカバー越しの画面が見づらいことも時々あり、
何といっても晴天時のスマホの温度上昇が痛い・・・。
夏場は、警告が出てスリープしてしまうことがしばしば。

で、3月にSSTR参戦が決まった時、
せっかくiPhoneも防水になったしと、更新することに。
今度は、直接スマホを挟み込んで固定するタイプ。
落下防止の保険として、シリコンゴムバンド付き。
1706118
 もちろん、iPhone 7 Plus 対応

SSTR当日が実戦初投入だったのだけど、
あの一日中快晴の中、充電しながらGPS&液晶を
フル稼働という酷使をしても、ボディはほぼ常温。

黒い樹脂カバーで覆わなくなったことが大きいけど、
アルミボディが走行風で空冷される効果もあるだろう。
スマホの脱着もアームをスライドするだけで簡単だし、
太陽を背負った時の画面も、ずいぶん見やすくなった。
17052009
 大活躍!

さすがに真夏の炎天下では厳しいのかもしれないけど、
これで、スリープの頻度は大幅に低減できそう♪