80年代後半には、CBRやVFRにキャンプ道具をくくり付けて、
鈴鹿8耐を見に行ったクチだし、バイクのレースは嫌いじゃない。
でも、「GP500よりTT-F1が好き」あたりで時間が止まっていた。
みんな4ストになったことくらいは、知っているけど。(苦笑)

MotoGPの中継がケーブルTVで見られることは知っていたけど、
オプションのスポーツ系chを契約する必要があると思っていた。
でも、「おっ!なんだ、基本chで見られるんじゃん♪」と。
で、初めて録画して予選から見てみることに。


「どれどれ、このマルケスってのが速いんだっけ?」(笑)

しばらく見ていたけど「ポカーン」。 口が開いたままに。
バイクの性能が上がったのか? ライダーが進化したのか?
映像技術が進歩したのか? おそらく全部なのだろうなぁ。

最近は膝じゃなくて肘擦って走るっていうのは聞いてたけど、
フルブレーキングでは後輪が浮きっぱなしだし、
何だかコーナー手前ではイン側の足出しちゃってるわ、
そのまま2輪ドリフトの体勢で曲がっていくわ・・・。(笑)

映像も、タイヤの痛み具合が見えるようなスーパースローとか、
オンボードカメラは姿勢制御付きなのかコーナーでも水平だし。



うん、やっぱり長生きはするもんだな。
あれ? ところで、誰が勝ったんだっけ・・・?(苦笑)