クルマでもバイクでも、大した整備もしないくせに、
昔は「整備要領書」とか「サービスマニュアル」を購入していた。
でも、結構高価だし、電子化されたものなどは所有欲も湧かず。

久々にバイクに乗り始め、パーツ交換や軽整備も再開すると、
手順とまでは言わなくても、構造を知りたいと思うことが。
そんな時に何かで読んだ、
「パーツリストの構成図を、簡易サービスマニュアルに」。

なるほどね、どれどれ・・・。
お! ヤフオクで、500円とかで出てるじゃん♪
1502111
1502112
まあ、エンジンに手を出すことはないけど・・・(苦笑)

もちろん、締め付けトルクなどが分かる訳でもないし、
あくまで、「部品の構成と、組み付けられている順序が分かる」
というだけなのだけど、nyaponが手を出すレベルには充分。
部品番号が分かれば、最近は純正部品もネット注文できるし。

でも、中古といいながら全く使用感のない、このカタログ。
定価だと3240円もする資料が500円・・・。
出品も多いけど、一体どういうルートで出てくるんだろう?