「サイドスタンドを外してから、バイクに跨る」という手順。
バイクが久しぶりのnyamoも、これをやる。 そしてフラフラ。
ちょっと待て。いや、教習所でそう教わったのは知ってるよ。

でも、自立安定状態を維持するための装置を解除してから
作業を開始するなど、安全上、普通は許されない。
もし職場で部下がこんな手順で作業をしていたら、止める。(苦笑)

スタンド格納忘れ走行による危険の防止、というのは分かる。
しかし、今どきのバイクなら、格納忘れ防止も付いている。
格納忘れと防止装置の故障が同時に起こる確率を考えたとしても、
教習所手順がいつでも最善という、合理的な説明ができそうにない。

個人的には、あんなの、
「これくらいの取り回し(バランス)ができなきゃ、免許はやれない」
という、単なる「テスト問題」だと思っている。

もちろん、スタンドの格納を忘れて左コーナーで吹っ飛ぶと、
立ちゴケとは比較にならない、大きなリスクにつながりかねない。
バイクの形状や乗る人の体格によっては、乗ってから外す方が、
立ちゴケリスクが高くなることもあるだろう。
確か、右足を車にひかれないように、という微妙な理由もあった。(笑)

だから、自分の環境で何が「最善」かを考えるのが大事なはず。
みんな、バイクも違えば体格も経験も違うのだから、
その結果、「スタンドが先」と判断する人がいても何も問題ない。
ただ、功罪考えずに教習所で染み付いたままというのでは・・・。


北海道の夏、恒例のヒヤリハット(笑)

nyamoには、まず「良くも悪くも、教習所は教習所。」
「理由もなく不安定状態にしてから跨るのは、おかしいでしょ?」
その上で「このバイクには、スタンド格納忘れ防止装置がある。」
では「今の自分の立ちゴケリスクと、格納忘れ×故障のリスクは?」

と説明したら、「そりゃそうだよね。」ということに。
そもそも、スクーターでも足を振り上げて跨ろうとしていた、
というボケもやってくれたけど・・・。(笑)

ということがあった後、ネットで別件の情報を検索していたら、
最近は「跨ってからスタンドを外す」と教える教習所もあるとか。
ふーん、やはり変わってきているんだ。

宮ヶ瀬とかでもいるんだよなぁ。
わざわざスタンドを外してから、若干フラフラして深呼吸、
そして意を決したように一気に跨って「ホッ」という人。
見ている方がドキドキするから・・・。(苦笑)