カワセミ号のヘッドライトバルブは、35WのHS1球。
CB125 緑のたぬき号と同じなのだけど、
あちらは家でデッドストックとなっていたHIDと換装済み。

宮ヶ瀬に向かうルートでは、トンネルを何本か通ることになる。
グラトラのライトは暗くて、目が慣れても、
点いているのかどうか、よく分からないことも・・・。(苦笑)
きっと、ずっと暗くて目も慣れる夜間走行よりたちが悪い。

高効率バルブか? またHIDか?
4輪も2輪も、LEDの時代になってきたのね・・・。
下手なハロゲンバルブより安いし、試してみようか。



選んだのは、Loビーム:5W×2、Hiビーム:5W×3 のもの。
基板一体型でコネクタ付なので、基本的に挿し換えるだけ。

ただ、ライトケース内にはバルブ用以外のコネクタも収納されていて、
そのままでは、冷却ファン付きのLEDユニットが入らない。
これを外に出して、テープで保護するという手間が必要だった。

そして、点灯!
あれ? 大して明るくないぞ。 色は白くなったけど・・・。

before (Loビーム)


after (Loビーム)


気を取り直して、宮ヶ瀬へ試走に。

トンネルに突入すると・・・、お!明るいじゃん♪
決してビックリするような明るさじゃないけど、
トンネルに入った瞬間から、
前方の路面をちゃんと照らしているのが分かる。

充分、充分♪ これを求めていたのだから。(笑)
消費電力は1/3以下で、長寿命なはずだし。