年末年始の休暇中、PCエリアの大掃除をしていたら、
懐かしいものが色々出てきた。


日立のマイクロドライブと、その類似品

マイクロドライブは、1インチHDDをCF Type2のパッケージに入れたもの。
まだFlashメモリが高価だったころ、
デジカメ用の大容量メモリーとして、期待されていた。

デジタル一眼ですら、256MBのCFなんか使っていた時代。
そんな時、4GBのマイクロドライブが6万円以上するのに、
3万円以下のMP3プレーヤーの中身がコレであることが判明。
分解してデジカメで使用できたという記事が、ネット上で話題になった。

もちろん、早速購入して実践。(笑)
デジタル一眼の初期に、活躍してもらったものだ。
すぐに対策されて、取り出しても使えなくなったらしいけど。

今なら4GBのCFなんて1000円。 SDカードなら500円だものなぁ。 
逆に、容量の少ないものは割高だけど・・・。(苦笑)


AMD K6-2 300MHz

Win95時代のCPU、K6-2 300MHz なんていうのも出てきた。
初めて買ったPCから取り出したものかな?
いやいや初代機は、Pentium 133MHzだった。(笑)