4年目の車検を終えたやどかり3号、サブバッテリーもリニューアルした。
納車時から積まれていたものと同じ、SMF27MS-730。
ブランドは今までのブライトスターではなく、OEM先の違うG&Yuのもの。


まあ、中身は一緒。

ただ、今日までひとつ勘違いをしていた。

G&Yuって、「グローバルユアサ」の略で、
GSユアサの海外合弁会社製のセカンドブランド?、という認識だった。

でも、製造元を調べてみると、以前は統合前のGSやユアサと技術提携し、
確かに「グローバルユアサ」という会社名だったようだけど、
現在は技術提携も解消して社名も変更済み。
GSユアサと資本関係はありそうで、関連会社にはなっているけど。

GSユアサのWebサイトにも、
「株式会社ジーエス・ユアサバッテリーとは全く異なるものです」と、
はっきり書いてあった。(苦笑)
まあ、アジアンブランドに対して特にアレルギーはないし、
過去2台のキャンカーでの実績から信用しているので、特に問題なし。


既存部の、黒ケーブルに赤テープってのが気に入らない。
会社の設備なら、監査で即アウトだな・・・。

今回の積み替えを機に、ツインバッテリーをトリプル化。
増やすほど、製品バラツキの影響が出やすいのは分かっているけど。
とりあえず、製造ロットの刻印は揃っていた。

降ろした2個のバッテリーは、酷使しなければ非常用にはまだイケそう。
家に転がってるインバータと組んで、停電用電源ボックスの製作を画策中。
2個で44kgもあるから、どういう構造で作るかな?

nyapon