最近、nyaponもnyamoも撮影行のスタイルが変わってきたこともあり、
システムをコンパクト化するため、レンズのラインナップを整理することにした。

以前は、nyaponはF2.8Lズームシリーズ、nyamoはF4Lズームシリーズ、
いわゆる「大三元」と「小三元」を愛用していたけど、
nyaponが1D2Nから7Dに乗り換えたことで、EF-Sの共用もOKになったことも、
コンパクト化が可能になった要因。


F2.8LとF4Lの6本で、定価なら100万円オーバーだった・・・。(苦笑)

nyaponは、標準-中望遠にnyamoの24-105を引き継ぎ、広角をEF-Sの10-22に。
nyamoは、広角-中望遠を15-85で1本化して、2本体制に。

16-35F2.8、28-70F2.8、17-40F4のLズーム3本からEF-Sズーム2本(下図青線部)
への更新のため、nyaponは425g、nyamoは570gの軽量化。
また、大きな差額で予算が浮いて、結構な機材貯金が♪ (笑)



nyapon