4年半愛用してきた EOS 1D Mark II N から、EOS 7D に乗り換えた。
機種の序列でいうと、フラッグシップのプロ機から中級機へダウンという事になるが、
「もう、あの巨大ボディを持ち歩くのはいいかな」と思い始めて。



追い金もなく、ちょうど「交換」くらいで乗り換えられたので、良いタイミングだったか。
正直、「少し足して5D2か?」と迷ったが、「動きモノじゃなければ充分」と思わせる
スーパーサブのG11との使い分けを考え、ハイレスポンス機の7Dに決定。


nyaponの最強コンビ  nyamoの20Dは、まだまだ現役!

1D系の絶対的な信頼感には及ばないけど、質感も悪くなく、とても良いカメラ。
さすがに4年半も経つと、センサの大きさ以外、スペックは全て上である。(苦笑)

ちょっと拒否反応のあったライブビューも、ピントの追い込みなんかに結構便利。
8コマ/秒は、この軽量ボディとバッテリなのに1D2Nと同等。
ファインダーも、等倍&約100%で1D2Nより大きいくらい。
何と言っても、ストロボのトランスミッタが内蔵されて、
やってみたかったワイヤレス多灯が使えるようになったのには感激!
 
1800万画素は、あって困るものじゃないけど自分には不要かな。
せいぜいA3プリントまでしかしないので、1000万画素のM-RAWで充分・・・。


EOS 7D & EF85mmF1.8

お試し撮影の散歩で肩から提げていても、軽さにうれしくなってしまう。
雑誌では、「鉄道写真のために生まれたようなカメラ」と言われている7D。
早く、実戦投入してみたいなぁ・・・。
お馬鹿さんのせいで、「撮り鉄」への風当たりが最悪になっているけど・・・。

nyapon