今まで、クルマ旅の時はみんなリアベッドで寝て、バンクはラゲッジスペースだった。
しかし、nyapotaの激しい寝相のため、nyamo と nyapota は、
GW旅の途中からバンクベッドへ移動。
そうなると、やどかり3号で問題となるのが、バンクベッドへのアクセス。

マニュアル的には「左側のキャビネの上面をステップにして」となるのだが、
正直に言って、ちょっと
使いづらい。 さらにベッドを引き出すと・・・。(苦笑)
しかも、我が家はPキャン時には、ここに物を置くことが多い。

なので、ラダーの搭載を検討したのだが、メジャーメーカーの市販品は、
アルミパイプ製でやどかり3号のウッドの内装には不似合いな上に、
20,000円弱と非常に高価だったりする。 そこで、自作を検討。

と言っても、木製はしごを買って、切断加工しただけだが・・・。(笑)
掛かったのは、材料代2,000円ちょっとと、切断加工30分程の手間だけ。



設置してみると、色味は少々違うが木製なので内装には違和感なし。
市販品のように分割はできないが、邪魔な時はバンクに載せれば問題なし。
上端はフック付きなので、nyapotaの秘密基地遊びにも安心。
まあ、彼の場合、はしごが倒れなくても勝手に落ちてくる心配はあるが・・・。

これぐらいのコストなら、標準かOP設定しませんか? ピーズさん。
バンクベッドへのアクセスの説明、しづらそうでしたし・・・。(笑)

nyapon