12/15はnyapotaの誕生日。 nyamoが、半年も前からお出かけイベントを企画。
ガタンゴトン好きのnyapotaを、寝台特急北斗星に乗せてやろうというもの。
まあ例によって、寝台列車に乗った事のない、nyamoの希望である・・・。

上野駅では少し時間があったので、上野公園のイルミネーションを見てから、
いよいよ特急用13番ホームへ。
18:50入線、19:03発車。 機関車付近や客車の周りでは、家族連れなどが大勢
写真を撮っている。 「普通の週末でも、結構人気あるじゃん」などと話していたら、
発車しても、ほとんどみんなホームに・・・。 見物人ばかりだったか。(苦笑)


青函連絡船世代のnyaponには、「札幌行き」は不思議な感覚

乗ったのは、2人用B寝台個室、「デュエット」。
北斗星には食堂車「グランシャリオ」が連結されているが、nyapotaを連れて
フランス料理のコースなど不可能なので、上野で駅弁を調達済み。

郡山手前でnyapota就寝。
ディナータイムが終わり、パブタイムになった食堂車へ2人でお出かけ。
途中のロビーカーのソファでは、グループ客が盛り上がり中。
我々は、カクテルとおつまみで、今や貴重となった食堂車を満喫。
nyamoはもちろん初めて。 nyaponも20数年ぶりである。
レールサウンドを聴きながら、流れる夜の車窓をのんびり眺めるのは、
汽車好き夫婦には最高・・・♪


昔は、特急列車なら当たり前の光景だったのだけど

「青函トンネル進入を見る!」と、気合を入れていたnyamo。
青森信号所の停車で目を覚まし、海峡線へ。 無事、以前に写真を撮影した
トンネル入口の公園を発見。 青いライトのトンネルへ進入。 nyaponも初体験。
まあ、入ってしまえば、ただの真っ暗闇である。(笑) 函館まで横になる。


夜が明けると、窓の外には白い大地が

函館では、nyamoも大好きなディーゼル機関車へ交換。
8分停車で先頭へダッシュして見物。
ホームでお茶なども買い込み、息切れしながら部屋へ戻る。
いよいよ明るくなった車窓には、真っ白い北海道の風景が広がる。
大沼、駒ケ岳を望みながら北上。 長万部からは、写真も撮影したことのある
カーブを通過しながら、室蘭・苫小牧方面へ。


雪煙を巻き上げ、一路札幌へ

千歳線に入ると、快速エアポートに追い立てられながら、札幌へラストスパート。
定刻11:15分、札幌着。 nyamoは、「『たった』16時間じゃ、物足りない。」
飛行機が当たり前の「一般人」には、16時間「も」なのだろうが。

ちょうどお昼どき。 駅から近いホテルでチェックインを済ませ、荷物を置く。
身軽になって、サッポロビール園へ。 ジンギスカンで、昼間っからビール!(笑)
その後は、地下鉄で南平岸のHTB北海道テレビ本社へ、onちゃんに会いに。
nyamoは、onちゃんグッズを買ってご機嫌。
分かる人には分かる・・・。 >onちゃん(笑)

 
nyapotaは雪に大喜び 去年は怖がっていたが(笑)

大通り公園に戻ると、「さっぽろホワイトイルミネーション」を開催中。
お茶をしながら点灯を待つと、16:30に一斉点灯!
凍結した道を滑りながらホテルへ戻り、レストランで食事。
海鮮鍋と寿司が美味。 あまり飲めないnyaponも地酒が進む。
部屋へ戻るエレベータでは、ちょっとクラクラしたが・・・。(苦笑)


色とりどりのイルミネーションにテレビ塔も映える

翌日は、チェックアウト後、電車で新千歳空港へ。
nyapotaがいるので、「快速エアポート」の指定席Uシートでゆったり移動。
特急「スーパーカムイ」くずれの列車で、ひざの前にスーツケースを置いても
平気なくらいゆったりとしたシートで、とても快適な車両だった。
36分で空港だが、自由席車は結構混んでおり、指定を取って良かった。

空港では、さっぽろラーメンの昼食で締め。
nyamoは、札幌市内でも空港でも全てのおみやげ屋で品切れだった、
「じゃがポックル」の購入に成功!
台車に載ったダンボール箱を発見し、納品のおじさんを尾行して、
店に積み上げられた瞬間にGETしてきたのだ。(笑)
nyaponも、マイブームの北海道キャラ「だんぱ」のグッズを購入。
nyapotaも気に入ってしまい、1匹連れ帰ることに・・・。(苦笑)


「だんぱ」初めての内地へ。 クラスJでおくつろぎ中。

飛行機もJALの「クラスJ」で、非常にゆったり快適だったのだが、
やっぱり、「出張ならともかく、北海道に行くなら寝台列車かフェリーの方が
性に合っているかなぁ・・・。」というのが、nyapon & nyamo の感想。(笑)

nyapon