なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

予報どおりの晴天。 窓から射しこむ朝日で目を覚ます。
空は雲ひとつ無い快晴で、気温も上がるらしい。
本日の朝食もやはりお手軽で・・・、
コンビニおにぎりと、レンジでチンするスープ。(苦笑)

「午前中は、清里駅のあたりまでお散歩して来よう♪」

キャンプ場から2kmほどの駅前でコンビニに立ち寄り、
雑誌とおやつなんか仕入れてこようという魂胆。
「何もしない」ためには、結構な運動もする。(笑)
21032901
 「あれが八ヶ岳?」「正解」

21032902
 めっちゃ駆け寄ってきてくれた(笑)

行きはずっと上り坂で、歩いていると少々汗ばむくらい。
駅前のコンビニにたどり着いて、所望の品を仕入れ、
冷たい飲み物も買って、外のテラス席でクールダウン。

周囲には、昔の清里を思い出すファンシーな店舗も。
ただ、どこも閉店していて、あの頃のような賑わいは無し。
可愛いうしさん柄のお土産とか、懐かしいな・・・。
21032903
 でっかいティーポットとか

21032904
 うしさんとか・・・

清里駅にも立ち寄って、ちょうど来た列車を見物。
駅前に保存されている「ポニー」C56の運転席は閉鎖中で、
期待して駆け寄ったnyamota氏はガッカリ。

往時の賑わいからすると少々寂しい駅前の街並みながら、
小淵沢方面からの列車が着くと結構な人が降り立って、
清泉寮に向かうバスに乗り込んだりしていた。
21032905
 「乗れないんだって・・・」

ずっと下り坂の帰り道は、風も気持ち良くて楽ちん♪
行く時にnyamotaが仲良くなった馬は、厩舎に帰った模様。
キャンプ場まで、ずいぶん早く、ずいぶん近く感じた。

ランチも簡単レトルトメニューで済ませて、午後の部。
来月、nyamo & nyamota が2人でキャンプに行く。
父ちゃんのツーリングテントを持って行って立てるので、
事前に「設営体験」をしておくのだと。
21032906
 「ポールがずいぶん長いわね」

nyamoは、10日間の北海道キャンプツーリング経験者だし、
キャンカー導入前はテント泊だったので、初心者ではない。
ただ、今まではX型ポールのテントばかりだった。
nyaponと同じく、うお座型は初めてなのでコツを伝授する。

nyamotaを助手に、無事に2人で設営完了。
初のテント泊となるnyamota氏は、相当楽しみな模様。
21032907
 「完成っ♪」

当日は、バイクではなくキューブ銀だぬき号で出かける。
使わない荷物はクルマの中に放り込んでおけば良いので、
キャンツーと違って、2人なら余裕で寝られるだろう。

その後は、みんなで火遊び&おやつの準備。
まずは、nyapota & nyamota がバトニングで薪割りを。
意外と硬い薪で、父ちゃんでも結構力が必要だったけど、
おっかなびっくりのnyamotaも割ることができた。
21032908
 「割れたよ♪」

そして、「ファイア スターター」をお試し。
以前、100円ショップで見つけて、買ってみたもの。
こんなモノが、今は100円で買えるのね・・・。

マグネシウムの芯をスチールのスクレーパーで削り、
その粉をまぶしてから、勢いよく擦って火花を飛ばす。
コツが分かると、かなり盛大に火花が飛んで驚く。
着火剤が相手だと、簡単に火をつけることができた。
21032909
 コツを掴み始めたnyapota氏

薪に火が付いたら、火遊び開始。
まずは、家から持ってきた大きなお芋を埋めてから、
我が家の定番、パンやソーセージを炙っておやつに。

そして、30-40分ほどじっくり焼いたお芋は・・・
21032910
 ホクホクに♪

早めに温泉に行って、焚き火の匂いを落としてさっぱり。
夕食はやっと「料理」を。 でも、簡単なお鍋。(笑)

我が家のお約束、最終日は器材を夜露で濡らさぬよう、
オーニング以外すべて撤収して、調理も食事も車内で。
そして、午前中に仕入れた雑誌など読みつつのんびり。

火曜朝、クルクルっと撤収を完了して帰途に。
中央道から眺める甲府盆地、この時期は一面の桃色!
21032911
 ちょうど桃と桜が見ごろ♪

午前中には無事帰宅。 我が家のあたりも桜が満開だ。

久しぶりのキャンプは 凝った料理など何もしなかったけど、
自サイト内ではマスク無し生活でのんびりできたし、
場内も比較的空いていて、安心してリフレッシュできた。

また明日からは、気を引き締めて感染対策だな・・・。

この週末は休暇を取って、清里高原へキャンプに。
いつもの、温泉やパターゴルフ場が隣接したキャンプ場。
ただ、前半は天気がイマイチな予報も出ているので、
恒例の「『何もしない』をしに行くキャンプ」の予定。

日曜朝、時おり雨のパラつく中央道で山梨入り。

まっすぐキャンプ場に向かわず、小淵沢の道の駅へ。
体験工房で遊んで、温泉にも浸かってから行こうと。
陶芸やガラス細工など、12種類の物作り体験ができるここ。
nyapota & nyamota が選んだのは・・・、機織り体験!
21032801
 渋いチョイスだな♪

我が愛川町の半原は絹糸の産地でもあったので、
学校の社会科見学で機織り体験にも出かけるのだけど、
ちゃんと自分で使える物を作ってみたいのだと。

nyapotaはポーチ、nyamotaはペンケースを作ることに。
まあ、必要な大きさまで織るところまでが体験で、
ミシンで縫って形にするところは、講師の方が。(笑)

裂いた布を横糸にする「裂き織り」という織り方らしい。
縦糸はセットしてあるので色の違いで織機を選択、
最初に、横糸にする布を裂いたものを何色か選ぶのだけど、
21032802
 ここで問われるセンス・・・

まず、杼(ひ)という板に横糸を巻いていくところで、
いきなり巻き方がグダグダになる人たち。(苦笑)
21032803
 「あれ? 何か違う・・・」

あとは、縦糸の間に横糸を巻いた杼を通して、
足を踏み替えて縦糸の上下を入れ替え、両手でタンタン!
21032804
 横糸を通して・・・

21032805
 タンタン!

コツが分かったら、順調に進み始めた。
ふむふむ。 タンタンの加減で布の風合いも変わるのね。

袋状になったところをイメージして、色を変えて。
ポーチの方はマチもあるので、幅も長さも大き目に。
最後に、ファスナーを縫い付ける部分を織って完成。
21032807
 nyamota 作

21032806
 nyapota 作

ほう。 なかなか洒落た感じの色になったじゃん。
自分で織った布で作ったポーチとか、ちょっと良いな。
父ちゃんも、作ってみたかったかも・・・。
完成したら、自宅へ郵送してもらうことに。 楽しみ♪

その後は隣接の温泉に浸かって、昼食もここで。
さらに、コンビニでお弁当を買ってからキャンプ場へ。

もう今日は、料理すら作る気無しの我が家。(苦笑)
21032808
 設営完了

最新の天気予報では、雨は夜間のみで済みそう。
スクリーンタープは持ってきていないので、
サイドオーニングの展開だけで、サクッと設営は完了。

あとは、コーヒーを淹れてのんびりしながら、
家から持ってきた、溜まっていた雑誌を読んだり。
21032809
 野生にかえる子だぬき

21032810
 天気がイマイチで少し冷える

日が落ちると、車内もFFヒーターが活躍する気温に。
ヌクヌクしながら、夕食はレンジでチン♪
本当に、違う意味でめっちゃ「ゆるキャン△」である。

さて、明日は天気が良さそうだけど、特に予定なし。(笑)

===== 追記 =====

機織り体験のポーチとペンケースが到着。
想像していた以上にカッコ良かった!
21040405
 手前:nyapota製 ポーチ  奥:nyamota製 ペンケース

「20日前までに予約すると、JRの特急が半額!」
「よし、どこかに(笑)行くぞ!」
しかし、すっかり油断していて、キャンペーン終了間近に。

「E351系の頃以来の「あずさ」(以前は「スーパーあずさ」)
に乗って、高速コーナリングを堪能しよう!」とnyamo氏。
あの時は、今回は留守番のnyapotaが0歳児だったな・・・。

「当然、新宿-松本間の全区間乗車に決まってるじゃん」と、
早速、新宿までの往復のロマンスカーも予約していた。
土曜朝、まずは海老名から小田急のロマンスカーで新宿へ。
21032101
 「おっ、VSEじゃん♪」

nyamo氏が、何だか得意気に席に案内すると思ったら・・・
21032102
 最後尾の展望席!

しっかり、1号車 1A,1B,1C を予約していた。(笑)
残念ながら、先頭は取れなかったらしいけど、
展望席が初めてのnyapota氏は、終始ご機嫌だった。

新宿で中央線特急ホームに移動して、駅弁屋さんへ。
これも楽しみだった♪ 汽車旅でコンビニ弁当は無い!
21032103
 特急 あずさ 19号 松本行き

11:30 新宿を定刻に発車・・・、と同時に駅弁を。(笑)

nyamotaは「チキン弁当」、nyamoは「とりめし弁当」、
そしてnyaponは「たけのこ おこわ弁当」。
本当に駅弁って、なぜか冷めていてもうまうま♪
21032112
 汽車旅の楽しみ!

E353系に乗るのは、3年前のnyamotaとの日帰り旅以来。
あの時は、特急かいじ号としての短区間だったので、
山岳区間で車体傾斜装置ONの高速コーナリングは初体験。

つい「振り子式車両」と言ってしまいそうになるけど、
前のE351系と違ってエアサス(鉄道では「空気ばね」)
を使って傾斜させる構造なので、「振り子式」ではない。

八王子を過ぎて山岳区間に入り、本気を出し始めた。
車端部の席なので、カーブの度に足元の台車から音が。
「カチッ! プシュー、プシュッ!」
車体がグイッと傾いて、高速のまま通過していく。
21032104
 ※イメージ (こんなには傾きません・笑)

実際に傾くのは1.5度だけど、乗っていると結構傾斜する。
「傾くねぇ♪」 隣で、鉄子のnyamoが一番嬉しそう。(笑)
バンク感なら、JR北海道のディーゼル特急の方が上かな。
あちらは、エキゾーストノートも聞こえてバイクみたいだし。

制限速度+25km/hでの曲線通過が許されている、この車両。
笹子峠に向けてのワインディングも、100km/h前後の高速で。
スマホのマップアプリで通過中の線形を確認したり、
速度計アプリで通過速度をモニタしたり、忙しい。(苦笑)

こんなご時世ではあるけど、
乗車率は、一番混んだ八王子-甲府間でも3,4割くらいか。
車内販売は休止で、座席の向かい合わせ利用はNG。
まあ、その辺の通勤電車より、よほど安心感あり。
21032105
 「カッコいいね!」

「まつもとぉ~」
松本名物、独特の到着アナウンスでお出迎え。

さて、特に観光をする予定はないので・・・、(苦笑)
駅ビルのカフェでお茶休憩をしたら、ホテルへ。
夕食を兼ねて少し街歩きをして、あとは部屋でのんびり。
21032106
 「昔の駅の看板だって」

日曜朝、再び駅へ。 お土産を買って、ホームで電車見物。
中央西線方面への直通列車もあるので、JR東海の車両も。
ちょうど、向かいのホームに特急「しなの」名古屋行きが。
21032107
 これは「制御付き自然振り子式」車両

隣のホームに到着した「あずさ」は、付属編成付きの12両。
だけど、昨日のも今日乗るのも、基本編成のみの9両編成。
連結好きのnyamota氏は、少々残念だった模様・・・。

それでも、今日乗る「あずさ18号」は特別な列車。
途中の停車駅が茅野、甲府、八王子のわずか3駅のみで、
新宿まで2時間23分で走破する、最速の「あずさ」号。
21032108
 「あそこを通ってみたかった・・・」

10:10 松本を定刻に発車。

松本を出ると、塩尻にも岡谷にも停まらない。
直線の塩嶺トンネルは、もちろん全力疾走で通過。
甲府盆地に向けて、車体を傾斜させて駆け下りていく。

E353系の設計最高速度は、130km/h。
長いトンネル内や平地など、線形が良い区間は全開!
21032109
 ただいま、最高速度で走行中

やはり、甲府から八王子にかけてのワインディングも、
「プシュー、プシュッ!」と車体を傾けながら疾走。
最近の停まり過ぎな特急と違って、「特別急行」らしい
数の停車駅のみで中央東線を駆け抜け、新宿に到着した。

また帰りも、海老名までの小田急線はロマンスカーで。
入線してきたのは・・・
21032110
 初めて乗る「赤いやつ」、GSE♪

GSEが発表された時、連接車体でなくなったと聞いて、
あの「カタン、カタン、カタン、カタン!」という、
独特の通過音じゃなくなるのが寂しいなと思っていた。
ホームドア対応など、編成の統一は必要なのだろう。

先頭車両に展望席が設けられたのは、やはり嬉しい。
週末、温泉や観光を楽しみに箱根に向かう列車は、
EXEやMSEのようなビジネス特急とは違うのだから。

しかし、この真っ赤な流線型車体、nyaponの世代には、
どうしても名鉄パノラマカーに見えて・・・。(苦笑)
21032111
 海老名では、GSEの離合♪

雨の海老名駅に無事帰着。 nyamotaの大好きな、
ミュージックホーンを鳴らしながらの発車を見送って、
1泊2日、特急「あずさ」& ロマンスカーの旅も終了。

列車に乗るのだけが目的のつもりで出かけた旅ながら、
家族みんな大好きで、我が家に常備されている、
「ハルピンラーメン」を仕入れられたのが収穫かな。

まあ、松本じゃなくて諏訪のご当地ラーメンだけど。(笑)

この日記別館で利用している livedoor Blog は、
昨年9月にHTTPS配信にも対応してくれていたおかげで、
ブラウザのURL欄には鍵マークが表示されるように。

しかし、本館の方は引き続きHTTP配信のままだった。
レンタルサーバーが自前ドメインでのHTTPSは非対応なので、
URL欄には不穏なコーションマークが表示されたり、
「保護されていない通信」とか「セキュリティ保護なし」とか。
20083104
 何やら危険サイトのようで・・・(苦笑)

なので、サーバーのレンタル契約の更新時期に合わせて、
無料の独自SSLに対応したところに乗り換えることに。
レンタル料金は少々高くなるけど、年間で数百円の差だし。

雨の土曜日、お試し契約でサーバーの引っ越し作業を。
しかし、ただアップロードしただけでは、一部CGIが動かず。
まあこれは想定内。 サーバーの仕様だって違う訳だし。

nyaponは、コッチ方面のプログラム言語は専門外。
2時間ほど、ググってはトライ&エラーを繰り返して・・・。
結局、Perlのバージョンと日本語変換ライブラリの問題で。
やっと、全てのCGIが新サーバー上でも動くように。

続いて、「nyapon.com」のDNSも新サーバーに変更。
ちゃんと、オリジナルドメインでもHTTPSになった♪
21031301
 やっと本館も鍵が掛かった♪

これで一応、本館の方もサーバーとの通信は暗号化された。
HTTPS化といっても絶対安全という訳ではないのだけど、
とりあえず、最低限のセキュリティ対策ということで。

お試し期間中に安定して使えたら、そのまま移行かな。

今日は、年休の消化を兼ねて運転免許の更新に。
1回で済ませるため、少し離れた即日交付の警察署へ。
今回も何とか眼鏡無しでOKだったけど、次は?(苦笑)
まあ、実際は必ず眼鏡着用で運転しているのだけど。

「令和」の文字が入るようになって、初めての免許更新。
取得日付の二輪の欄は昭和、四輪の欄には平成の日付が。
今から二種免許を取れば、令和もコンプリートか。(笑)
21031501
 令和の日付も入れたくなる!

今日も暖かくて、空も雲ひとつない快晴。
午後から、緑のたぬき号でお散歩に行ってこようと、
厚木七沢を周ってから、昨日のリベンジで宮ヶ瀬へ。
ピカピカの免許証に傷が付かないように、安全運転で。

道の駅 清川を通過して、カブでは初めての土山峠越え。
3速固定で、クルマの流れに付いて行くことができた。
85ccで7馬力のかわいいヤツ。「よくがんばったぞっ♪」
21031502
 本日は平和なり

昨日は、クルマもバイクも大混雑で駐車場が閉鎖となり、
「宮ヶ瀬ロックアウト」と騒がれていたけど、今日は平和。
路側の温度表示は今日も22℃で、風も無くてポカポカ陽気。
21031503
 春が来た♪

缶紅茶を片手に、皆さんのバイクを見物。
今日は、GBとかSRとか、空冷単気筒の人が目につくな。
ホンダのGBは350で復活するらしく、ちょっと気になる。

やはり「個人的な宮ヶ瀬あるある」は健在なようで、
カブで来るとまたカブはいなくて、400Xさんが。(苦笑)
案の定、帰り始めると鉄カブさんと何台もすれ違った。
21031504
 かわいいヤツめ♪

北岸林道をクネクネして、牧場に立ち寄ってから帰途に。
中津川沿いの道をテケテケと走って、ご機嫌で無事帰宅♪

暖かくなってきたし、カブで少し遠くにも・・・。