なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

1/7から、家族みんなが楽しみにしていたアニメ、
「ゆるキャン△ SEASON2」の放送が始まった。

SEASON1の方も、昨年になって初めて見たのだけど、
最近多い、何でもかんでも女子高生を主人公にした作品とは
一線を画すと聞いていたとおりで、素晴らしかった。
すっかり感化されて、3年ぶりとなるソロキャンツーにも。
20102606
 「やっぱり、ソロキャンもええなぁ」



山梨界隈の風景が美しく、しかもリアルに描かれた作品。
ハッピードリンクショップ(劇中では「ラッキー」)とか。(笑)
キャンプやアウトドア好きなら「あるある」なエピソード、
バイクツーリング要素や簡単キャンプ飯のヒントなどなど。

そして、立山秋航さんの癒されるゆるーい音楽がまた良い。
当然、SEASON2にも期待していた♪


 「ゆるキャン△ SEASON2」予告

SEASON1では富士五湖周辺や長野が主な舞台だったけど、
SEASON2の予告では伊豆や浜名湖周辺の風景もリアルに。
今度は、静岡のキャンプ場が混むようになるのかな。(苦笑)

年明け早々、またコロナで「緊急事態」な状況。
賑やかに聖地巡礼できる世の中になるのであれば、大歓迎だ。
キャンプもバイクツーリングも、ソロでもグループでも、
早く、心おきなく楽しめるようになれば良いな・・・。

神奈川を含む1都3県は「緊急事態」な、この連休。
nyaponもnyamoもカレンダーどおりに休暇を取っていて、
「クルマ旅初めにでも」と思っていたのだけど・・・。
こんな時には家でゆっくり、昨年末からの宿題を。

11月のツーリングでめぐってきた、茨城県の鉄道廃線跡。
その時に撮った現在の写真と現役時代の写真を並べて、
定点観測風にして本館サイトにまとめておきたかった。

まずは、日立電鉄の定点観測まとめ(@本館サイト)
21011001
 日立電鉄(2005年4月 廃止)

そして、鹿島鉄道の定点観測まとめ(@本館サイト)
21011002
 鹿島鉄道(2007年4月 廃止)

2004年12月に撮影した画像を、引っ張り出して比較。
そのまま残る風景も、まったく消えてしまった風景もある。
列車の撮影の合間に撮った、オフショットも懐かしい。
当時乗っていたキャンカーとか、まだ若いゆずさんとか。

しかし、一番変わったのは自分たちだったり・・・。
当然ながら、16年前はnyaponもnyamoも若いな。(苦笑)
21011003
 nyamoも、ゆずさんも若いな

21011004
 「お前もな・・・」(苦笑)

2016年 お散歩ツー初め 「隧道と蕎麦と温泉と
2017年 お散歩ツー初め 「ダムと蕎麦と温泉と
2018年 お散歩ツー初め 「大福と蕎麦と温泉と
2019年 お散歩ツー初め 「空母と蕎麦と温泉と
2020年 お散歩ツー初め 「富士と蕎麦と温泉と

もう、これの計画が年末年始のお楽しみだったり。(笑)

やはり、この時期は路面凍結が怖いので海沿いがいいな。
地図を眺めていて、目的地は小田原に決定。
まだ見たことがない、小田原城に行ってみようと。

いつもの小田原厚木道路じゃなく、西湘BPにしよう。
圏央道を南下、新湘南BPに乗り継いで茅ヶ崎まで。
初めて使ったルート、家から海まで30分強で驚いた。
自分は「山の民」のつもりだったのだけど・・・。
21010512
 「もう海だっ!」

相模湾を横目に西に向かい、R135からR1西湘BPへ。
台風被害の復旧工事で、大磯付近は1車線に。
その先、西湘PA(下り)の施設も、まだ閉鎖中だった。
21010513
 大磯ロングビーチ前

21010501
 西湘PA(下り)は仮設トイレのみ使用可能

左は朝日に輝く海、前方に箱根の山を眺めつつ進む。
快晴とは言えない空模様ながら、気持ち良い♪

小田原ICで下り、R1東海道で小田原城址公園まで。
城址公園内に乗用車用の駐車場はないのだけど、
バイクは、観光バス用の駐車場に停めさせてもらえる。
21010514
 「気持ち良いなぁ!」

21010515
 「そこに停めていいよ。200円ね。」

さあ、まずはお城見物だ。
公園内に入っていくと、もう梅の花が咲いていたり。
蝋梅も何本か咲いていて、近寄ると良い香りが。

復元された城門を抜けて、階段と坂道を上る。
天守閣の見える本丸跡までくると、結構良い運動に。
1960年に復元され、2016年に大改修された天守閣。
入館して展示も見ようかと思ったけど、今回は自粛。
21010505
 紅梅のほか、白梅、蝋梅も

21010502
 小田原城 天守閣

一旦お城を出て、小田原駅方面へ歩いて早めのランチ。
もちろんお蕎麦。 開店時間に合わせ、混み始める前に。
小田原というと老舗のお蕎麦屋さんも多そうだけど、
調べてみると、まだ今日まで休みというお店も多くて。

伊豆の有名店の姉妹店で、美味しいというお店を発見。
商業ビルの中にある「三層 究極のそば」というお店。
予想どおり、まだ空いている中でゆっくり食べられた。
21010503
 もりそば 700円 & 小天丼 400円

メニューを見て「天もりそば」にしようかと思ったけど、
「小天丼(売切御免 1日10食限定)」に負けた。(苦笑)
更科粉と甘皮粉を三層に重ねたお蕎麦だそうで、
香りの良さと、のど越し食感を両立しているのだとか。

確かに、香りも良くてつるっつるの食感。
おすすめの塩で食べてみたら、これもなかなか。
揚げたての天ぷらもうまうまで、満腹満足でした♪
21010504
 「本当に三層だぁ」

再度お城に戻って、公園内を散策。
関東大震災で滑り落ちたままの本丸石垣が残っていたり、
元々は細かく区切られた障子堀だったというお堀跡も。

史料をもとに復元された城門や天守も興味深いけど、
やはり、本物の遺構の迫力には思わず見入ってしまう。
21010506
 関東大震災で崩壊した石垣

21010507
 障子堀の跡

城址公園に隣接して、報徳二宮神社が。
薪を背負って読書に励む子供時代の姿の銅像で有名な、
二宮尊徳(二宮金次郎)が祀られている。

そういえば、二宮金次郎は小田原の生まれだったな。
でも「どこの小学校にもあった」と言われるあの銅像、
nyaponの田舎では見たことがなかった・・・。
21010508
 報徳二宮神社

バイクに戻って、駐車場のおじさんとしばし談笑。
お約束の「これは何cc?」とか訊かれながら。(苦笑)

さあ、残りは温泉だ♪
あまりに近すぎてnyaponは行ったことがなかった、
「厚木の奥座敷」七沢温泉に立ち寄ってみようと思う。

帰りは、小田原厚木道路の小田原東ICから。
伊勢原ICで降りて、宮ヶ瀬に向かういつものルート上。
21010509
 七沢荘

何軒かある旅館で日帰り入浴ができる。 今回は七沢荘へ。
pH9.54以上の強アルカリ性温泉なのだとか。
ぬるぬる湯大好きのnyaponには、最高じゃないですか♪

「パワースポット」とか「波動」とか「宇宙の力」とか、
色々と怪しげな掲示が多いけど、お湯は最高!(笑)
石鹸を流せたか分からないほどのヌルヌルは久しぶり。
何しろ、シャワーから出てくるのも温泉なので・・・。
21010510
 フロント前にはこんなのも・・・

それほど長時間浸かってないけど、体は温まった。
外に出てバイクの所に戻っても、少々汗ばんでくる。
ネックウォーマー装着をやめようかと思ったくらい。
やるな七沢温泉・・・。

ホカホカでお山に向かい、土山峠を越えて宮ヶ瀬へ。
いつもの駐車場までは、ほんの15kmほど。
平和な混み具合の駐車場で、缶コーヒー休憩を。
バイクは、多い時で20台ほどか。
21010516
 気温6℃でも体はホカホカ♪

21010511
 2021年初の「宮ヶ瀬缶コーヒー」

最後に給油を済ませて、15:30に帰着。
2021年のお散歩ツー初めも、一応無事に終了。

が、神奈川を含む1都3県は、また「緊急事態」とか。
今年もどうなることやら・・・。

昨日、家で食べるおやつが底をついたので、
ちょうど新年最初の営業だった近所のスーパーへ。
やはり初売りだった、同じ敷地内にあるカー用品店にも。
毎年、初売り特価で洗車用品などを補充するのが恒例で。

福袋コーナーを見ると、何種類かは残っている。
中身オープンのシュアラスター福袋は、最後の1個。
こういう状況には弱く・・・、お買い上げ。(苦笑)

これが、今年のお正月で唯一の福袋参戦。

内容は、ガラス系コーティング剤、室内用抗菌消臭剤、
コーティング車用シャンプー、ガソリン添加剤、
それに、洗車スポンジとマイクロファイバークロス。
21010401
 通常売価の約半額とのこと

カーシャンプーや洗車スポンジ、洗車用クロスなんて、
いつも使っているノーブランドのお徳用でも充分。
普段はシュアラスターの純正品など買うことはないけど、
「本当にお得?」とか無粋なことを言ってはいけない。

きっと、スポンジなんて驚愕の高品質に違いないから。
「もう、他のスポンジには戻れないわ!」とか。(笑)

合わせて無塗装樹脂のつや出し剤を補充したり、
小傷補修用のコンパウンドセットも買ってきたので、
今年はバイクもクルマも綺麗に保ってあげようかな♪

21010101

本年も「なんちゃって田舎暮らし」をよろしくお願い致します。

nyapon & nyamo