なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

毎年の年末恒例、お墓の掃除とお参りのために兵庫へ。
今年は仕事納めの翌日、28日の早朝出発を予定していたら、
滋賀や愛知で大雪。前日夜は、名神・新名神とも通行止めに。

朝起きて確認してみると、伊勢湾岸~新名神ルートは解除。
4:00出発、無印東名で西へ。 しかし愛知に入っても・・・
21123017
 無印名神はまだ通行止め

流れが新名神に集中して混むかと思ったら、意外に順調。

伊勢湾岸も新名神も、路面の雪はすっかり消えているので、
チェーンを装着した車が「走るシケイン」になっていて、
それを避けようとしてプチ渋滞が起きかけていたくらい。
21123001
 規制は継続中

草津JCT、吹田JCTも順調に通過して、無事に宝塚IC到着。
雪の影響を考えてペース配分していたので、過去最速で。
午前中には、2年ぶりに姉と一緒にお墓の掃除とお参りを。
みんなで一緒にランチに行って、お互いの近況報告も。

夕方、京都市内のホテルに移動してチェックイン。
コンビニへのおやつの買出しを兼ねて、少しだけ街歩き。
朝3:00起きだったので、早々におやすみなさい・・・。
21123002
 東本願寺の前から京都タワーを

2日目の29日は、受験生nyapotaの「神頼み」へ。(笑)

3日目の30日は、朝食を済ませたら、のんびり帰るだけ。
午後から、また寒波が来るかもしれないという予報だし。

「関ケ原を抜ける!」というnyamoの要望で、無印名神で。
国道で立ち往生も発生した彦根に近い、多賀SAで休憩。
駐車エリアの半分くらいは雪山が残り、まだ除雪中だった。
21123013
 こりゃ通行止めにもなるわ・・・

21123014
 「nyamota、上、上!」(苦笑)

例年と同じく、小牧JCTから中央道へ。
「雨、注意」の表示だけど、恵那山TN手前あたりから、
21123015
 いや、これ雨じゃないし・・・(苦笑)

駒ヶ根のあたりまで、雪やミゾレが降ったり止んだり。
諏訪まで来るとやっと空が明るくなってきたけど、
南アルプス方向は、いかにも雪が降っていそうな黒い雲。
21123018
 長坂IC手前から金峰山

21123016
 富士さまの頂上にも雲

談合坂SAで最後の休憩をして、無事に相模湖ICまで。
結局、往き帰りとも、雪や交通集中による渋滞にも遭わず。
絶妙なタイミングで、年末恒例のお出かけを終えられた。

神奈川は、年末年始も晴れの日が続くという予報。
でも寒くなりそうなので、朝の路面凍結には注意しないと。

今日を逃すと、バイクに乗れそうな時間があるのは大晦日。
でも天気次第だし、10日間予報では雪マークも付いている。

朝、用事で出かけた時のクルマの外気温表示は2℃。
空は快晴ながら、あまりの寒さに心が折れそうになったけど、
少しは気温が上がるであろう午後から「暫定走り納め」へ。
21122601
 いまだに慣れない横置き搭載・・・

やはり、我が家の主力戦闘機である、400X こまち号で。
近距離任務専用機 Cub90 緑のたぬき号が就役したことで
出番が減ったけど、ここは敬意を表して締めておきたい。

まずは、買ってあった新しいバッテリーを搭載。
ナットをフレームの内側に落としそうになって、ヒヤリ。
寒くて手がかじかんで、細かい作業がつらい・・・。(苦笑)
21122602
 今年最後の「お立ち台」(暫定)

少し雲も出始めた午後、遠回りルートで宮ヶ瀬方面へ。
なかなか良い表情の雲が見えた、お立ち台の土手で小休止。

清川村に入って土山峠までの区間は、全域で塩カル散布済み。
昨日は明け方まで雨だったし、夕方にはアラレも降ったし。
山影になるクネクネも、凍結はしていないけど慎重に。
21122603
 今日はスープで

湖畔の温度表示は3℃。 いつも10の桁が壊れているところ。
「またまたぁ」と思っていたら、次の場所の表示も3℃で。
本当だと分かったら、一段と寒く感じ始めた。(苦笑)

公園では今日もクリスマスイベントを開催中のようだけど、
冬モードに入ったいつもの駐車場は平和な混み具合だった。
コーヒーより暖まるかと、今日は自販機でコーンスープを。
が、手を暖めてから飲もうと思ったら、既にぬるく・・・。
21122604
 2021 宮ヶ瀬納め(暫定)

風はそれほどでもないけど、寒さで手が痛い、耳が痛い。
今日は、「貼らないカイロ」を持ってくるべきだった。
これはもう、のんびり皆さんのバイクを眺めていられない。

早々に退散、無事帰宅して、2021 暫定走り納めは終了。
大晦日も天気が良ければ、近距離専用機の方で出ようかな。

雨上がりのクリスマスの朝。
チビ2人が目覚めると、枕元にはプレゼントの袋が。
それぞれ、暖かルームシューズと大好きお菓子のセット。
サンタさん、今年はなかなか実用的なチョイスを。

小学4年の方は「このお菓子食べたかった♪」と大喜びだし、
中学3年の方も、朝から何気に嬉しそうに履いている。
今日も平和な我が家である。(笑)
21122501
 父ちゃんのところにも来たっ♪

父ちゃんのPCデスクの上には、新しいスマホカバーが。

春に機種変更をした時から使っていた物がイマイチで、
「ずっと良い子にしているので、革のカバーが欲しいです。」
お手紙を書いておいたら、サンタさんが来てくれた♪(笑)
21122502
 朝からアルバイト

雨も上がったし、nyamoが銀だぬき号を洗うというので、
nyamota氏も、朝から一緒に洗車のアルバイトを。
これで、年末恒例のお出かけにも気持ち良く出発できる。

もう1日出社するnyaponも、隣で青ぎつね号を綺麗に。
雨上がりなのをいいことに、そのまま汚れを拭き上げて、
もはやホースすら使わない手抜きで今年の洗車終了。(苦笑)
21121906
 12月の初めから咲いている

庭のスイセンは過去一番早く、12月の初めから咲いていて、
何だか季節感がずれてるけど、いよいよ本格的に寒くなりそう。

明日の日曜は、明け方は氷点下で最高気温が6℃という予報。
バイクにも乗りたいけど、路面は凍結せずに乾いてくれるか?

今年2月に購入した緑のたぬき号、そのイグニッションキー。
購入時、ちゃんとメーカー純正のキーが2本ついていた。
予備1本は使用した形跡がないけど、使用中の1本は・・・
21121802
 いい感じに味が出ていて(苦笑)

よく見ると結構摩耗していて、山はすっかり丸くなっている。
まだ使用には何の問題もないけど、そろそろ交換も検討か?
そうなると、もう1本予備キーを準備しておかなくては。

今年の夏休み、おうち遊びとして行った劣化部品交換の際、
純正部品を調べている時にブランクキーを見つけた。
ホームセンターなどでは、ブランクキー持ち込みでの加工は
断られる事が多いのは知っているけど、一緒に買っておいた。
21121801
 ホンダ純正 ブランクキー

3か所ほどで訊いてみたけど、やはりどこも持ち込みお断り。
別に緊急事態ではないので、その後すっかり忘れていたら、
久しぶりに出かけたショッピングモールでnyamoが、
「合カギ屋さんがあるけど、訊いてみなくていいの?」

しかも訊いてみたら、物を見てみないと判断できないけど、
保証なしで良ければ持ち込み品でも加工はやってもらえると。
で、翌週末に、ブランクキーとほぼ新品を持って再度来店。
21121803
 ほぼ新品の予備キー

メーカー純正キーは、店頭にたくさんぶら下がっている
ブランクの板キーよりも硬いらしく、なかなか苦戦したと。
お店の加工機では、加工中に刃先が弾かれてしまうらしい。

「大丈夫だと思うけど、板キーもサービスで付けときます」
こちらが無理にお願いしているのに、申し訳ないくらいで。

車両のイグニッションもハンドルロックも問題ないものの、
確かに、元の形状を完璧にコピーできているとは言い難く、
特に小さい山の先端の再現性が低いところもあるかな。
うん、これは持ち込み品の加工は普通なら嫌がるはずだわ。
21121901
 持ち込み加工品

お店によって加工機や職人さんの腕の差もあるのだろうけど、
やはり、メーカーにパターン番号で注文するのが正解か。
まあ、サービスの板キーも含めて予備キーが2本も増えたし、
緑のたぬき号用はこれ以上必要になることはないだろう。

それにしても、あれだけ摩耗して問題なく使えているって、
古いバイクのキーの精度なんて適当なんだな・・・。(苦笑)

朝、新聞を取りに出ると、庭の水道が凍結していた日曜日。
今日は午前中から、緑のたぬき号のスペアキーを作りに行く。
普通は断られてしまう、ブランクキー持ち込みでの加工。
やってくれるお店を探していたけど、やっと見つけたので。

空気は冷たいものの澄んでいて、空も雲一つない快晴。
中津川沿いの土手、いつものお立ち台の背景も完璧な青空。
もちろん、ちょっと寄り道してパチリ♪
21121902
 完璧な青空!

ショッピングモールの片隅のお店で、キー加工を依頼する。
よくある、靴や傘の修理、時計の電池交換などのお店。
持ち込み品も、保証はできないけど加工はやってもらえると。

待ち時間は、まだ空いてるフードコートで早めのランチを。
新しくできて気になっていた、豚汁推しのお店に初めて。
豚汁に、おかずとして鶏のからあげを合わせて定食に。
寒い中を走ってきたこともあり、熱い豚汁はうまうまでした。
21121903
 揚げたてのからあげもサクサク♪

満腹満足で、完成したキーを受け取りに。
ホンダ純正のブランクキーを加工してもらったのだけど、
在庫の板キーとは違って硬く、なかなか苦戦したとのこと。

「一応、板キーもサービスで付けときますね」と。
嫌がられる持ち込み加工をしてくれたうえ、ありがたい。
21121904
 板キーはサービス

さて、直帰するのはもったいない天気だし、宮ヶ瀬経由か。
清川から土山峠へ。 クネクネでは塩カルが撒かれ始めた。
路面は大丈夫だけど、山影の道端では水溜まりが凍っている。
凍結ポイントを慎重にクリアして、いつもの駐車場を様子見。

「おっ、今日は停めようと思えるレベルだぞ」(苦笑)

8月の平日以来、週末としては4月以来の「いつもの駐車場」。
春から秋にかけての週末は異常な混雑で寄り付かなくなり、
すっかり「いつもの」ではなくなってしまっていたけど、
周りのグループの人も「今日はずいぶん空いてるなぁ!」と。
21121905
 「ずいぶん空いてる」状態

湖畔の温度計は7℃。 コーヒーが無くなると手が寒い。
北岸林道も、終日山影となるコーナーや坂の付近には塩カル。
路面に注意しつつ帰途に。 無事帰宅して、下回りを確認。
「鉄カブ」初めての冬。 塩まみれにして錆びさせないよう。 

年末の予定を考えると、天候によっては来週末が乗り納めか。
こまち号にNewバッテリーを積んで、遊んでやりたいところ。
来週の宮ヶ瀬は、クリスマスイルミネーションでまた混むか?