なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

我が家には、インコ2羽に加えてネズミが1匹いる。
「アンデスの歌うネズミ」、デグーの「モルン」が。
なかなか人懐こくて、首筋を撫でてもらうのが好き。

お隣の相模原市にある「アクアリウム さがみはら」で
「ねずみ展」という企画展をやっているそうなので、
みんなでモルンの友達に会いに行ってこようと。

で、水族館へネズミを見に・・・。(笑)



三密防止で入館制限があるというので、ちょうど開館時間に。
それでも、間隔を空けて入場するので結構な列ができていた。
手を消毒して入場し、空いているうちに企画展会場へ。
20083001
 「かわいいぃー♪」

20083002
 「モッちゃんの友達いた!」

デグーを見つけて、ご機嫌のnyamota。
他には、先日のキャンプで見掛けたリスの仲間とか、
世界で一番小さいネズミというコビトハツカネズミとか。
20083003
 コビトハツカネズミ ・・・の尻(笑)

20083004
 シマリス

ここのメインは、相模川とその流域の生き物の飼育・展示。
何度か来ているけど、もちろん常設展示も見学する。
相模川上流域から河口部まで、環境が再現してあったり。
20083005
 「ドジョウはどこだ?」

屋外のエサやりコーナーに嬉々として向かうnyamota氏、
スティック状のえさを秒殺で奪い取られる。(苦笑)
あまりの暑さに、すぐにエアコンの効いた館内に戻る。
20083006
 「取られた・・・」

1時間も掛からずにサクッと見学を終えて外に出てみると、
すでに入館制限が始まっていた。
入場整理券をもらって、番号順に呼び出されるらしい。

みんな木陰で待っているけど、この暑さでは大変だ。
早めに来て良かったかも・・・。

先週の土曜は早起きしたけど、空を見上げて朝駆けを断念。
天気予報の傘マークを信じて昼間も大人しくしていたのに、
結局土日とも全く雨は降らず、ガッカリの週末となった。

「今週は、曇っていても必ず出る!」
「行先も一択。ド定番の道志みち!」(笑)

5時起きで6時前に出発。 湿度高めながら空は快晴♪
気温は23℃で、メッシュジャケット越しの風が心地良い。
20082911
 「クネクネ楽しーぃ♪」

R412からR413 道志みちに入っても、流れは良い。
久しぶりのタイトなクネクネがとても楽しいのだけど、
何だか、カーブでイン側の爪先がやたらに接地する。
シフトダウン/アップのタイミングが微妙だったり。

たまにある、こういう「何だか乗れてない」と感じる日。
きっと、判断も動作もギクシャクしているのだろう。
こんな日は要注意。 無理しないで慎重に走りましょう。

いつもながら、バイクもいっぱい。
まだ朝の早い時間で、山中湖に向かう西行きが多い。
みんなソロなのに、交差点ではマスツーの団体さん状態。
20082907
 みんなソロです・・・

道の駅をスルーして、山伏峠の温度表示は19℃!
「・・・寒い。」(笑)

峠を下って、家から1時間ちょっとで山中湖畔へ。
7時過ぎの気温は、ここでも20℃ちょっとか?
水分多めの空気ながら、富士さまはよく見えている。
いつもの写真スポットに行ってみよう。
20082901
 富士さまどーん!

20082908
 「今日もお美しい♪」

さて、ここで欲を出すと酷暑の中を走ることになる。
三国峠を越えようかとも思ったけど、道志みちを戻ろう。

もう一度涼しい山伏峠を越えて、道志の道の駅へ。
このあたりでも、ジャケットを着たままでくつろげる気温。
アイスコーヒーを片手に、裏の川沿いを散歩したり。
20082902
 来る時よりも増えてきたな

隣のライダーさん達が「次は宮ヶ瀬ダムな」と出発。
そろそろ暑くなりそうなので直帰かと思っていたけど、
nyaponも、久しぶりに「宮ヶ瀬で朝食を」かな。

まだ西行きの方が多い時間帯なので、すれ違うバイク多し。
工事で交互通行の信号待ちなど、バイクばかり十数台。
富士五湖あたりでキャンプなのか、荷物満載なのもいる。
20082909
 v(・∀・)yaeh!


県境を越えて神奈川に入るあたりから、急に蒸し暑く。
道志みちから鳥屋、宮ヶ瀬方面に抜けるK64は、
昨年の災害による通行止めが解除されてから初めて通る。

鳥屋のコンビニでパンを仕入れて、いつもの駐車場へ。
さすがに、ジャケットは着ていられない陽気になってきた。
20082903
 今日も暑くなりそうだ

20082904
 まだ平和な混み具合で

気温も絶賛上昇中なので、早めに切り上げて帰途に。

北岸林道を走ると、トンネル内の照明が消灯している。
自転車が先行していたのだけど、とても見えづらい。
これ、バイクのロービーム程度じゃ危ないな・・・。

長いトンネルではフォグ(広角)を点灯しているけど、
照明消灯時は、対向車がいないならハイビームだな。
街灯の無い夜道と一緒なのだから、当然と言えば当然か。
20082910
 「ん? 自転車いる?」

中津川沿いを走っていると、河原はBBQ&キャンプで盛況。
橋から見下ろしてみると、水遊びも気持ち良さそう!
20082905
 いつもの青い橋から見下ろすと

20082906
 気持ち良さそう!

暑さが本気を出し始める前、9:30に無事帰着。
それでも既に、1秒でも早くジャケット・グローブを脱いで、
プロテクターも外してしまいたい気温になっている。

・・・で、秋はまだ?(笑)

まあ、何となく「今年の夏は終わった」感でいたけど、
例年なら、まだ学校も夏休み期間中だからなぁ。

毎年、チビ達の夏休み最後の週末といえば、
「バイクのお祭り」に出かけるのが恒例になっていた。
ふじてんリゾートで開催される、2りんかん祭り East。

調べてみると、2013年にリターンライダーとなって以来、
荒天の予報だった2016年を除いて毎年出かけている。
チビ向けイベントもあるので家族で出かけることも多く、
昨年はnyapotaの部活があり、久々にバイクでソロで。


※昨年のレポート

今さらながら「あれ、そういえば今夏は?」と思ったけど、
やはり、コロナ感染拡大防止ということで中止になっていた。
まあ、当然だよなぁ。 さすがに開催されたとしても・・・。

で、思い出した。
昨年の掘り出し物の中に、メッシュグローブがあったな。
お買い得だったので更新用にと購入してみたものの、
でっかいロゴが好みではなく、実戦投入されていなかった。
20082201
 消耗品と割り切って買ったけど

「何ならロゴの部分を取っちゃえば」と思っていた。
このままお蔵入りさせていても勿体ないだけだし、
使用中のメッシュグローブも随分くたびれてきたし。
ちなみに、使用中のも6年前の「掘り出し物」だ。(苦笑)

糸切狭で、縫い付けをチョキチョキ。
小指の部分の青は、ワンポイントで残しておくか。
20082202
 こっちの方がシンプルで好み♪

少し大げさなプロテクター類が配されているので、
今使っている、掌も布地でフルメッシュのものと比べると
通気性は劣るけど、ロゴ部を取ったので少しは改善した。

でっかいブランドロゴが無くなってしまったおかげで、
「創業1999年」の表記だけが「何のこっちゃ」なのは、
ご愛敬ということで・・・。(苦笑)

さて実戦投入準備はできたけど、今使っているものも、
くたびれているとはいえ、使用不能になった訳じゃない。
もう少し経てば、春秋物の季節もやってくるしなぁ。

またもう1年、2021サマーシーズンまでストックかな。

遅ればせながらのアニメ「ゆるキャン△」の影響で(笑)、
今年は、「久しぶりのキャンツーに行ってみたいなぁ」と。
nyaponも劇中のリンちゃんと同じく、食事は簡素で
カップ麺専門だったけど、「やはり久々にキャンプ飯も」。

クッカー類は昔使っていたものが取ってあるし、
小物類なら、最近は100円ショップで便利なものが揃う。
うーん、ちょうど良いナイフが無いな・・・。

キャンカーでのキャンプでは、普通に台所用包丁を。
もちろんそれでも良いけど、気分の問題というのも重要。
昔愛用していたオピネルを買おう! あれ、安いし。

はい。「まずは形から入る」タイプの人間です。(笑)
20080602
 定番中の定番ナイフ

昔は安っぽいなんて思った、簡素で確実なロック機構は健在。
キャンツーやラーツー、野点珈琲で愛用のストーブと同じで、
こういうシンプルで機能美を感じる「道具」が好き♪
フランスでは、日本の「肥後守」のような存在なのだとか。

以前使っていたのは、学生の時に買ったんだっけ?
もう30年前、レーサーレプリカでキャンツーしていた頃か。
オピネルのナイフは高炭素鋼製とステンレス鋼製があるけど、
こまめなメンテの記憶もないのでステンレスだったのだろう。

包丁代わりという思いでNo.12(120mm)を選んでみたけど、
アウトドアナイフとしてはもう少し短くても良かったか。
前のは、No.8(85mm)かNo.10(100mm)あたりだったのかな。
まあ、食材をカットする用途としては使い易そうだ。
20080601
 料理用の包丁代わりだし

軽く刃付けも終えたピカピカのオピネルを眺めていると、
ちょっとカスタム欲が出てきた・・・。

使い込むうちに出てくる「味」というのも悪くないけど、
機械での仕上げが少々荒い、グリップエンド部を磨いてみたい。
せっかくの木製グリップなので、自分の手に馴染ませたいし。

「危険な暑さ」に加えて、微妙な天気予報の夏休み最終日。
先日のキャンプでのnyamotaとの杖作りに続いて、
エアコンの効いた部屋で木工の時間。 ゆっくりやろう。
20081701
 分解して、削って、磨いて・・・

まずは、手の大きさに合わせて人差し指の掛かる窪みを。
「よしよし、ホールド感が大幅に良くなったぞ♪」
全体をサンドペーパーで磨いて、ツルツル スベスベに。

グリップの色は、もう少し濃い目の方が好みだな。
保護を兼ねて、ウォールナット調の色で仕上げてみようか。
20081702
 世界に1本のオリジナル、完成!

「早くキャンツーにでも出かけて、デビューさせたいな♪」
とか言っているけど、いざ出掛けるとやはり面倒になって、
またカップ麺とコンビニおにぎりだったりして・・・。

============================
【 銃砲刀剣類所持等取締法 第二十二条 】
 何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、
 内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが
 六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。
============================

銃刀法違反で捕まらないためにも、持って行くからには
ソーセージ1本でも切って「正当な理由」としなきゃ。(笑)
「カップ麺のフィルムを開封する」とかじゃ、ダメ?

美ヶ原から、初めて通るルートであるK464を北上。
ところどころ、1.5車線の「険道」区間があるので慎重に。
200812k
 爽やかな「険道」だな(苦笑)

つづら折りの急勾配を下りきって、K62に合流。
本当はここを左折で王ヶ頭方面に向かいたかったけど、
やはり「全面通行止め」の看板が。 右折して佐久方面へ。

周りも少し開けてきて、牧場が見えたり。
200812l
 強そうなのが来た!

R152/254と乗り継いで、立科町へ。
我が神奈川県愛川町とは、友好都市となっている立科町。
以前にも来たことのある道の駅に、表敬訪問して給水休憩を。

下界に下りてきたら、ぐんぐん気温が上昇して33℃に。
トイレと休憩所はエアコンが効いて、ライダーには嬉しい。
20081212
 友好都市を表敬訪問

R142で、佐久市の中込にある本日の宿に無事到着。
「佐久に来たのだから、夕食はまたあの鯉料理でも♪」
と街に出てみたけど、目を付けていた店はどこも盆休みで。

結局、夕食は地元スーパーのお惣菜を・・・。
まあ、これも旅に出た時のお楽しみなのだけど。(苦笑)
3000円以下で泊まれた格安ビジホで、屋根あり駐輪場、
山々を望む展望風呂があったのはポイント高し♪
20081213
 嬉しい屋根あり駐輪場

翌朝、素泊まりプランなので「どこかでモーニングでも」と。
「佐久に来たら行ってみたい」と思っていたカフェがある。
我が家のWebサイトにも遊びにきてくださる、
すみれっこラブさんが紹介されていた「tino」さん。

宿からバイクで10分ほど。 ちょうど開店の時間に到着。
「魔女さん」こと、こちらのママさんはバイク乗りで、
以前参加していたバイク系SNSでも存じ上げていた。
ON車/OFF車とも乗られ、オフロードコースも走られる。

奥に見える赤い幌車のジムニーも、ママさんの愛車!
20081208
 「パンと喫茶 tino」さん

おまかせサンドのモーニングを注文。
ラブさんのご紹介であることをお話しして、しばし談笑を。

昨日はビーナスを走り、中込に泊ったことをお話しすると、
ビジネスホテルの名前を一発で言い当てられてしまった。
ライダー御用達「安いビジホ」の定番なのかな?(苦笑)

パン作りでお忙しい時間にお邪魔したにもかかわらず、
ありがとうございました♪
20081209
 「なんか、トマトいけそう・・・?」

ここで、魔女さんの魔法なのか、奇跡が起きる。(笑)
nyaponは、子供の頃からトマトが大の苦手食材。
サラダなどでは、トマトに触れた野菜も避けるくらいで。
なのになぜか、「コレは、いけるかも・・・?」と。

ガブッといってみたら、問題なく食べられる!?
決して「トマト美味しいぃ!」な訳ではないけど普通に。

自分から生トマトを口にしたのなんて、何十年ぶりか。
いまだに「食べてみよう」と思ったこと自体が謎だけど、
これでトマト嫌いが克服できたのなら嬉しいな・・・。
20081210
 ステッカーとメッセージカードも

出発の準備をしていると、ママさんがわざわざお店の外まで。
「えっと・・・、ニャワンさんでしたっけ?」
「いえ、イヌじゃなくて、ネコとタヌキです。」(笑)

甘いもの好きとしては、スイーツ系にも魅かれるし、
ランチメニューの「ライダーズカレーセット」も気になる。
近くに来たら、またお邪魔します!
200812g
 「さあ、帰ろう!」

今日の関東甲信地方は、午後から雷雨の予報が・・・。

山梨で寄り道&ランチと思っていたけど、真っすぐ帰ろう。
tinoのおまかせサンドがボリュームたっぷりで満腹なので、
帰宅してからの遅めのランチでも大丈夫だろうし。

とは言え、R141直行はつまらない。 脇道県道に逸れたり。 
200812h
 こっちの方が快適♪

野辺山あたりでは、周りの畑で高原野菜を絶賛収穫中。
出荷のために、強そうなのが国道を行き交う。
時おり行列もできるけど、当然ここではあれが最優先車両!
200812i
 高原野菜輸送中

清里を抜けて山を下り、須玉ICからすぐに中央道へ。
標高が低くなるにつれて気温はぐんぐん上昇して、
「甲州街道で信号待ちなどしていたら、危険かも」と。

プロテクターを巻いた右膝から脛に日が当たり、痛い。
これ、低温火傷とかしないよなぁ・・・。(苦笑)
スクリーンも、短いノーマルに戻しておくべきだったか。
甲府盆地通過中の体感気温上昇は、本当に分かりやすい。
200812j
 「あれはアカン雲や・・・」

まだ明るいけど、前方には発達するとヤバそうな雲が。
笹子TNも大月の合流も、特に混雑もなく順調に通過して、
高速を降りる前、談合坂SAで最後の給水休憩を。

座ってお茶を飲んでいたら、雷の音が聞こえ始めた。
「これは、いよいよ降り始めるかも」と、早々に出発。
本線に合流すると、シールドにバラバラと雨が。

「ここから先はもうレインスーツは着ない」と決めたけど、
風で流れてきただけだったのか、雨はすぐに止んだ。
20081211
 ゴロゴロ鳴りだした!

相模湖ICを降り、R20からR412へ。
道志みちとの分岐あたりから、ついに雨が本降りになった。
濡れる覚悟はできているので、「もっと降れっ♪」と。
・・・でも、あまり涼しくならないな。(苦笑)

気化熱効果はほとんど無く、ただ蒸し暑いだけで帰着。
雨は小降りになったので、そのままジャバジャバと洗車を。
再び晴れ間も見え始め、拭き上げて避暑ツーは無事終了。

途中ですれ違った、キャンプ道具満載の多くのバイク。
やはり、ちょっと羨ましかったなぁ。
酷暑が過ぎたら、三密回避ソロキャンツーへ・・・。