なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

珍しく休暇を取っていた、カレンダー上の3連休最終日。
2018年夏以来、nyamotaと「鉄分100%」の日帰り旅へ。

前回はnyaponが乗り鉄プランを考えてやったけど、
今回は、nyamota氏自身が考えたプランで、テーマは、
「ロマンスカー三昧 & 新幹線の高速通過見物!」
22071801
 30000形 EXEα で新宿へ

海老名駅前にクルマを停めて、最初は銀色の EXEα に。
車掌さんからロマンスカーのカードを貰って、ご機嫌な人。
優しい車掌さんに、帽子をかぶらせてもらったり。
22071802
 「いろいろもらったよ」

新宿に着いたら、一旦改札を出てすぐに再入場。
nyamotaが、今回一番楽しみにしてたというスポットへ。
22071803
 「ロマンスカーカフェ」♪

新宿駅のロマンスカーホーム正面にあるカフェ。
列車をかぶりつきで見られて、ロマンスカー好きには最高。
次々に発着する列車を眺めつつ、お茶休憩したら・・・
22071804
 70000形 GSE で小田原へ

新宿滞在は小一時間だけ。 とんぼ返りで Go West!(笑)
乗るのは、赤いロマンスカー GSE の後部展望席 3列目。
さすがに3連休、先頭車や最前列は取れなかった・・・。
22071805
 展望席から見た、ロマンスカーカフェ

新宿から小田原までノンストップの「スーパーはこね」号。
海老名も本厚木も通過は初体験で、nyamota大喜び。(笑)
22071810
 「大きいちょうちんだよ!」

約1時間で小田原に到着したら、早めのランチで腹ごしらえ。
それではと、期限2時間の入場券を買って新幹線ホームへ!
いきなりの高速通過シーンに、nyamotaはご機嫌MAX。
22071807
 「速いよー♪」

いつもはスマホ専門のnyamotaも、今日はカメラを持参。
nyapota & nyamota用となっている、PowerShot G11 で。
父ちゃんも一眼レフでなく、PowerShot G1X で奮闘中。
液晶を見ながら、必死でカメラを振り回す親子2人。(苦笑)
22071808
 N700A

N700Sもすっかり増えて、もう珍しくないんだ・・・。
今まで、1本増えた青いヒゲでしか見分けられなかったけど、
見比べると、横顔は"S"の方がずいぶんシュッとしてるんだな。22071809
 N700S

午後からは気温も上がり、新幹線ホームも暑くなってきた。
こだま号が停車していると、冷房の排熱も滞留するし・・・。
熱中症になっても困るので、2時間より少し早めに撤収。

ママへのおみやげを買うnyamotaと、エキナカの物産店へ。
小田急線ホームから、向かいの東海道線の列車を見物したり、
ロマンスカーのミュージックホーンを動画で撮ってみたり。
22071806
 60000形 MSE で海老名まで

最後は、青いロマンスカー MSE で海老名に帰る。
先に前4両が入線、箱根湯本からの後6両の連結を見物して。

海老名で、新宿に向かうはこね号を見送って、本日の予定終了。
今回の「鉄分100%」、nyamotaプランも充実した内容だった。
夏休みに入ったら、ひとりで電車見物に行ってくるのだとか。

青空が見えるも、雲が太陽を隠して意外と涼しい午前中。
緑のたぬき号のオイルを交換し、試運転と称してプラっと。
いつもの東屋で缶コーヒー休憩してから帰途に。

「あの化粧品屋さん、無くなっちゃったんだ・・・」と
通過しかけたら、「あっ、丸ポストも無くなってる!」。
Uターンして見てみると、ピカピカの角型に換わっていた。
たしか、我が愛川町で唯一の現役丸ポストだったはず。
22071706
 これは「10号」・・・かな

いわゆる丸ポスト。 正式名称は、郵便差出箱 1号。
旧国道沿いのカーブの外側、よく目につく所に残っていた。
背後の「町の化粧品屋さん」の建物も、懐かしい雰囲気で。

お散歩ツーの帰り道に、何度か投函したこともあった。
「オブジェじゃないよね? 回収してくれるよね?」(笑)
 21081209
 ちょうど1年前くらい

1970年に角型に切り替わったらしいので、すべて50歳以上。
少し前に、まだ4000本以上が現役という記事を読んだし、
超希少という訳ではないものの、確実に数は減ってきている。

近代化遺産めぐりが好きで我が町の物も少し調べているけど、
以前見て周った「白看」とか、こういう丸ポストとかも、
意識して見に行かないと、気付くと消えてしまっていそうだ。
お散歩ツーのネタとして周ってみるのも、面白いかも。



角型ポストからの郵便物回収は内袋を交換すればよいけど、
丸型は手でかき集めるので、手間が掛かって大変なのだとか。
やはり郵便屋さんには、角型の方がありがたいんだろうな。
22071707
 足元に丸い痕跡が・・・

子供の頃、丸ポスト型の貯金箱を使っていたのを思い出した。
ここにあった丸ポスト、どこかで保存されていればいいな。

鉄道写真家 広田泉さんが、3月28日に亡くなられていた。
数年前から病気と闘っておられることは知っていたけど、
最近は、写真や鉄道の世界から遠ざかっていたので・・・。



資料に近かった鉄道写真をアートまで高めたパイオニアで、
今も「鉄道写真の神様」と尊敬される、広田尚敬氏の次男。
ご自身も感性がすばらしく、一番好きな写真家さんだった。
22071101
 広田泉さん(掲載許可済み / 2009年1月)

親子で運営するWebサイトの鉄道写真年賀状コンテストで、
「広田泉賞」に選んで頂いたご縁で、お会いしたことがある。
2人とも撮影地を周るのはキャンピングカーということで、
千葉県の道の駅でお会いし、並んで車中泊をさせて頂いた。
22071103
 「広田泉賞」に選んで頂いた作品

夜には泉さんのキャンピングカーにもお邪魔して、
カメラやレンズなどの機材や撮影法についてお話を伺ったり、
我が家の長男など、ポートレートまで撮って頂いたり。
翌日には、教えて頂いたポイントに立ち寄って撮影もした。
22071102
  教えて頂いた場所で

nyamo氏と写真展やトークショーにも出かけたし、
鉄道関係の児童書も出しておられたので息子達にもおなじみ。
東日本大震災で被災した路線の復興支援はライフワークで、
もちろんその写真集も購入して応援させて頂いた。



病気になられてからも写真家として精力的に活動を続けられ、
趣味のオートバイのイベントなんかも開催されていたのに。
まだ53歳。 これからも、すばらしい作品を見たかった・・・。

今日は、泉さんを想いながら作品を鑑賞しようと思う。

2016年4月に開始した、400X こまち号の運用を終了。
コロナ禍とスーパーカブ90 緑のたぬき号の増車もあって、
特にここ2年くらいの稼働率は大幅に低下していた。

nyapon「車検のあるバイクは、もういいかな・・・。」
nyamo「うん。カブに乗ってる時の方が楽しそうじゃん。」

で、5月の始めに12か月点検で入庫した時、
nyapon「中古車もタマ不足らしいけど、下取りも良いの?」
営業さん「今ならがんばれますよ! これくらいで・・・」
nyapon「えぇっ、本当に!?」(笑)
22071001
 雨上がりのラストラン

昨年からの半導体不足と上海ロックダウンの影響が重なって、
どこも納期未定らしく、営業さんも「途中で気が変わっても
良いので、とりあえず予約発注しておきましょう!」と。
新型車や人気車種など、納車まで半年以上待ちもザラだとか。

減車も乗り換えも検討したけど、「小さいの」にすることに。
nyamoも「さすがに緑のたぬき号だけじゃ辛いでしょ?」と。

気が変わる予定は無いので(笑)、こまち号は置いて来よう。
本日、雨上がりの晴天、寄り道しながらお店までラストラン。
下取りが良くて次が「小さいの」なので、追い金なし返金あり。
来春の車検も無くなるし、部用品の更新予算も調達できた♪
22070901
 今回は、Kawasaki 750RS (Z2)

そして恒例の、ずっしり重たいアレももらってきた。
「何だか色が変わって、造形もずいぶん細かくなった?」
nyaponのコレクションの中では、過去最高の出来栄えだ。

ジョンの店だけで、2人でこれまで8台も買ったのか。
いや、同時期に買ってダブって、1台処分したので9台だ。

それ以外、他の店で買ったのが4台あるもんな・・・。
結婚以降のライダー2期,3期、次の「小さいの」で13台目。
うん。 ちょっと、ここらで一旦落ち着こうか。(笑)
22070902
 やはり色が違う

そういえば、nyamo氏の6年前の予言は、やはり的中したな。 
「大型免許なんか取っても、すぐ『ダウンサイジング』とか
 言い出すに決まってるから、やめとけば?」

さすが、よく分かってらっしゃいます・・・。(苦笑)

さて「小さいの」。 まだ半年待ちの状況なら、年を越す計算。
緑のたぬき号と遊びながら、のんびり待つとしましょうかね。

湿度が高く、「鉄カブ」緑のたぬき号には辛い季節が続く。
「むしろ錆びてる方がカッコイイ」とは言っているものの、
朽ち果ててもらっては困るので、たまには錆取りや錆止めも。
「適度なヤレ具合」を維持するのも、なかなか大変だ。(笑)

錆取り剤を準備してみたり、各部の状態を確認してみたり。
レッグシールド固定ナットのワッシャーも赤くなってたな。
ステンレス製に換えてしまうのが早いけど、それじゃあね。
22052201
 後端を止めてるやつ

22052202
 ・・・いや錆よりも(苦笑)

「あっ、完全に割れてる。」

お約束の破損箇所で「そのうち遅かれ早かれ」らしく。(笑)
それを知る前、初めて見た時から「微妙な止め方だな」と。
最近のプラ外装のカブなら、固定方法から違うのだろうけど。

右側は少し前からヒビが入っていたので、覚悟はしていた。
4月の静岡ツーの時、連続高回転走行の振動で力尽きたのか。

レッグシールド自体、まだ純正新品が普通に買えるし、
そのうちパーツストックも必要になるのかもしれないけど、
やっと、細かい傷や汚れでいい感じにヤレてきたところだ。
ということで、速やかに純正の対策部品を発注!
22052203
 名称は「バンド, フロントカバー セッティング」

「絶対割れる」と言われ、純正対策部品まで出ているとは。
と思っていたら、1970年代のカブの写真を見ると標準採用だ。
それって、コストダウンで品質も落ちたということか・・・。

綺麗なメッキでドレスアップパーツのような顔をしているけど、
補修部品なのだから、目立たない艶消しでいいのに。(苦笑)
22052204
 すぐにヤレてくるか

なるほど。 これなら、割れていてもしっかり固定される。
というか、最初からこの固定方法なら割れたりしないだろう。

郵政カブことMDでは、2000年代まで採用されていたようだし、
やはり、「鉄カブ」では原低しちゃいけない所だったのでは?
まあ、今でも部品供給してくれていることは、評価しておこう。