なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

最近、YouTubeで懐かしい音楽を見つけて聴くのが楽しい。
昔見ていたドラマの主題歌・挿入歌とか、CMソングとか。
メジャーじゃない曲でも、検索すると意外と見つかる。
その流れで、昔乗っていたクルマのCMに見入ってみたり。

二十歳の時に初めて買った、日産パルサー(N14型)。
4mを切るコンパクトな車体に、1800ccのエンジン。
シルビアですらレギュラーなのに、ハイオク仕様という。

過給機でなく大き目のNAというのが、欧州車っぽかった。
ミッションも当然のようにM/Tで、走り回って遊んだ。
地味なクルマなのに、CMのコピーは凄いな・・・。(笑)
22012301
 走行会に行くと、86やS13のFR勢が多数!

 
 NISSAN PULSAR (N14)

次に買ったのが、S14型 シルビア。
デザインや3ナンバー化が大不評だった、可哀そうな子。
今の感覚では十分コンパクトだし、優しい顔も好きだけど。

NAのQ'sグレードながら、やはりサーキット走行会にも。
後輪駆動のM/T車の走り方を勉強させてもらった。
「母ちゃん、許してー♪」と聴こえるCMが懐かしい!
20041102
 エアロバンパー&羽根無しがこだわり(笑)

 
 NISSAN SILVIA (S14)

3台目はガラッと方向が変わって、WD21型 テラノ。
ディーゼルターボ&ワイドボディが当たり前だったのに、
ナローボディでV6ガソリンのM/T車という選択で・・・。

納車の翌日には、nyamoと一緒に慣らしツアーに出かけた。
夏はBBQやオートキャンプ、冬はスキーと大活躍だった。
モデル末期に買ったクルマだけど、このCMのころあたりか。
22012302
 納車翌日の弾丸日帰り慣らし @猪苗代湖

 
 NISSAN TERRANO (WD21)

ここまでが、結婚前に乗っていたクルマ。 7年間で3台。
あの頃は、車検を通すなどという発想は無かったな。(苦笑)

よく見ると、国内では消えた車名ばかりで寂しい・・・。

近隣の5市町村、厚木市、秦野市、伊勢原市、愛川町、清川村で
実施される、「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー」。
毎年今くらいの時期に実施され、2017年にも一度参加した。

前回は実質3時間で「弾丸ツアー」のような回り方だったので、
ラリーの趣旨を考えて少々反省している・・・。(苦笑)
久しぶりに、前回とは違う場所を時間を取って見て回ろうと。
22011601
 今年は、1/8(土)~2/28(月)

■■■ 1日目 ■■■
今回は2日に分けて、初日は隣接の厚木市、清川村、愛川町を。

お隣の厚木市、「あつぎ郷土博物館」からスタート。
リニューアルされてから一度行きたいと思っていたところで、
さらに先週のタウン誌で、ちょうど興味のある企画展の紹介が。
何というグッドタイミング♪

やはり、地元の自然と歴史に関する常設展示は面白くて、
「新編相模国風土記稿」に関する企画展も、興味深かった。
22011602
 1か所目【厚木市】あつぎ郷土博物館

前回の紙のスタンプカードから、スマホアプリに変わっている。
ラリーポイントに掲示されたスタンプ画像を読み取るのだけど、
どうも下手なのか「獲得」と認識するのに時間がかかる。(苦笑)

次は清川村。 前回と同じポイントにはなってしまうけど、
久しぶりに道の駅の「メグコロ」でおやつタイムにしようと。
22011603
 2か所目【清川村】道の駅 清川

注文してから揚げてくれる、清川恵水ポークを使ったコロッケ。
出来上がりまで少し待つけど、熱々ホクホクで美味でした♪
22011604
 メグコロ

最後は我が愛川町の「塩川滝」へ。
ここも来るのは初めてではないけど、真冬の滝が見てみたい。
22011605
 近隣の1日目は、SuperCub90 緑のたぬき号で

修験道の行所だった場所として有名な塩川滝。
厚木の博物館で見た「新編相模国風土記稿」にも出てくる。

滝の駐車場までは、短い距離ながら細い未舗装路の走行あり。
地面の土も露出した岩も濡れているので、バイクは慎重に。
駐車場から滝までの遊歩道は、完全に凍結した箇所もあった。
22011606
 3か所目【愛川町】塩川滝

■■■ 2日目 ■■■
翌日は、少し離れた秦野市、伊勢原市へ。
冬休みに出かけた「お散歩ツー初め」と結構被ったけど。(笑)

まずは、秦野市の「県立秦野戸川公園」に。
以前から大きな公園があるのは知っていたけど、初めて来た。
駐車場は有料ながら、二輪車は無料だった。 嬉しい♪
22011607
 4か所目【秦野市】秦野戸川公園

すぐ背後に丹沢の山々が迫って、すばらしいロケーション!
水無川の谷を挟んだ、高低差のあるとても広い公園。
快晴で10℃越えの今日は寒過ぎず、気持ち良く散歩できる。

塔ノ岳や鍋割山の登山口になっていて、ビジターセンターも。
丹沢の地質や生息する動植物、そして登山に関する展示など。
こういうのは大好きなので、もちろん見学させて頂く。
22011608
 ビジターセンターには必ずいる(笑)

戻りながら最後の伊勢原市、初めての日向薬師へ。
昨年はヒガンバナも見に来たし、近くまでは来るのだけど。
22011609
 5か所目【伊勢原市】日向薬師

境内には、国指定重要文化財の本堂、銅鐘、仏像があり、
樹齢800年と言われる二本杉は県指定の重要文化財だったり。
日向薬師が日本三薬師のひとつだというのは、初めて知った。

うん。ここは来て良かった。
こういうきっかけになるのが、スタンプラリー本来の趣旨だ♪
売店の熱々甘酒でしばし休憩。 もちろんノンアル。(笑)
22011610
 2日目は、400X こまち号で

さて、これでスタンプ5個をコンプリート!
厚木七沢の観光案内所に立ち寄って、記念品を頂いて行こう♪
・・・と思ったら、閉まった窓口に昼休み休憩中の札が。
パンフに「受付:9:00-16:00」って書いてあるやん!(苦笑)

時刻は12:15。 さすがに13:00までここで待つ気など無いので、
宮ヶ瀬まで行って交換。 週末は駐車場が有料ながら、仕方なし。
22011611
 いいじゃん♪

今年の記念品は、保温コンビニカップホルダー兼タンブラー。
「丹沢・大山×宮ヶ瀬」のロゴが入っていて、結構おしゃれ♪
前回のポーチより、ずいぶん良くなってるな。(苦笑)

で、このタンブラーを見たnyamo氏。「カッコいい!」
午後からnyamotaを連れて出かけ、コンプして帰ってきた。
ということで、「丹沢・大山×宮ヶ瀬」タンブラーが3個に。

いや、だからスタンプラリーの趣旨というのはね・・・。
「伊勢原の比々多神社、初めて行ったけど素晴らしい!」
とか言っているから、間違ってはいないか。(笑)

nyamota氏が、このところずっと「新幹線を見たい!」と。
それではとクルマ旅を計画。 長野の佐久あたりまで行って、
少し新幹線に乗って、善光寺でもお参りして来ようか?

でも、乗りたい訳じゃなく高速通過が見たいのだと。(苦笑)
過去にも、東海道の小田原駅、山陽の姫路駅でも見物したけど、
東北の新白河駅に行った8年前のことは記憶にないらしい。



よし、それじゃ久しぶりに新幹線の「本気」を見せてやろう。
ということで、土曜朝、出発の30分前に行先変更。(笑)

東北新幹線が320km/h走行し、かつ「こまち」「つばさ」の
両方が見られる、宇都宮駅以北、福島駅以南の区間。
8年前は新白河駅だったので、今回は那須塩原駅にしよう。

久々のキャンカー出動。 やどかり3号で、朝6:00過ぎに出発。
受験生nyapota氏は、羽を伸ばす 勉強に専念のためにお留守番。
関越道は渋滞していたけど、東北道は順調で、10:00に到着。
22010901
 早速、E2が高速で通過♪

駅前の駐車場にクルマを停めて、入場券を買ってホームへ。
早速列車が通過し、腰が引けつつも超ご機嫌になるnyamota。
通過線があるので柵がなく、カーブしていて迫力も満点。

nyaponは、前回のように一眼レフは持って来なかった。
自分には、背面液晶で動きモノを追うのは無理だ。(苦笑)
やはり、一眼レフ&レンズを持って来れば良かったか・・・。
22010902
 「なすの」運用で停車のE5 & 通過中のE3「つばさ」

本数も多いし、カラフルな色々な形式が行き交うこの区間。
しかも大好きな「連結」した列車もたくさん見らるので、
nyamota氏は「ここは最高だね!」と。 それは良かったよ。
神奈川では、ほぼ同じ形の白いのしか通らないからな。(笑)

上り下りホーム、カーブのインアウトを1時間半ほど行き来。
父ちゃんが子供の頃は入場券を買ったら1日駅で遊べたけど、
今は有効期限2時間。そろそろ、お昼ごはんにしようかね。

電車に乗って宇都宮に出て、美味しい餃子を食べようか!
22010906
 餃子像

まずは、一度見て見たかった駅前の「餃子像」を見物♪
「餃子の皮に包まれたビーナス」だとは知らなかった。(笑)
初めてなので、駅から近くて密にならなそうなお店へ。

3人とも、色々な種類の餃子を食べ比べできるセットを。
肉・ニラ・しそ・ニンニク・エビ・しょうが・ホタテなどなど。
餃子11個とごはんとスープのセットながら、みんなペロリ。
どれもジューシーで、うまうまでした♪
22010907
 11個すべて具が違う!

宇都宮で観光の予定は無いので、那須塩原にとんぼ返り。

「おっ、夕方の光がカッコいいぞ。もう1回新幹線見るか?」
「見る見る!」 再度、入場券を3枚購入して新幹線ホームへ。
「絶対、監視カメラで『また来た』とか言われてる」(苦笑)
22010903
 E6「こまち」+ E5「はやぶさ」

流線型の車体に、夕方の「斜光線ギラリ」がカッコいい!
nyamo & nyamotaも、iPhoneで写真や動画をたくさん撮影。

nyamo氏は、高速通過中のE5を自撮りでピタリと並べる。
22010904
 奇跡の1枚(笑)

nyamota氏は、カッコいい「ギラリ」を撮れたのに・・・
22010905
 ママの髪と被る(苦笑)

超高速通過と美味しい餃子を堪能して、本日の予定終了。

スーパーで食材を仕入れ、温泉で温まって、道の駅まで。
ここ塩原は、旅犬ゆずさんが最期に立ち寄った道の駅である。
まあ今日も、コソッとキャンカーに乗っているのだろう。(笑)
22010908
 今回は「こゆず」も

窓の結露が凍り付いていた朝。 今日は、のんびり帰るだけ。
西那須野塩原ICから東北道、圏央道に乗り継いで相模原ICまで。
天気は良く、真っ白な富士さまが遠くにはっきり見えている。

渋滞もなく順調で、給油も済ませて11時には無事に帰着。
予想外の早い帰宅で、なぜか焦る受験生nyapota氏。(苦笑)

お散歩ツー初めに出かけた快晴の昨日と違い、朝から曇り空。
予報どおり午前中から雪が舞い始め、午後にはクルマも白く。
道路には積もりそうにないけど、気温はずっと氷点下の予報。

これ、朝はスケートリンク状態になるやつでしょ?
22010602
 土の地面と

22010601
 クルマは雪化粧

今週は、中途半端に明日だけ出社なんだけど・・・。(苦笑)

幹線道路に出れば問題ないだろうと思うけど、我が神奈川県、
夏タイヤでノコノコ出てきてお祭り騒ぎを始める輩も多いし。
まあ、もしあまりに面倒な状態だったら、出社を遅らせよう。

2016年 お散歩ツー初め 「隧道と蕎麦と温泉と
2017年 お散歩ツー初め 「ダムと蕎麦と温泉と
2018年 お散歩ツー初め 「大福と蕎麦と温泉と
2019年 お散歩ツー初め 「空母と蕎麦と温泉と
2020年 お散歩ツー初め 「富士と蕎麦と温泉と
2021年 お散歩ツー初め 「お城と蕎麦と温泉と

わざわざ寒い中をバイクに乗って出かけて、お蕎麦を食べ、
温泉で温まって「しあわせー♪」とか言いながら帰るという、
ゆるキャン△で言うところの「マッチポンプ」企画。(笑)

この年明け最初のお散歩ツーリングも、7年目になった。
22010501
 走り納めに続き、緑のたぬき号を抜擢!

今年は、今までの中で一番の近場。
遠出を自粛していた夏ごろに見つけた、県内のお出かけネタ。
近場と言っても宮ヶ瀬散歩レベルではなく、気温も低い予報。
カブヘル&カブジャケではなく、今日は「正装」で出発。

伊勢原市街からR246に出て、秦野市との境にある善波峠へ。
R246の新善波隧道と旧道の善波隧道はよく通るのだけど、
切り通しで越える矢倉沢往還の峠道も残っているとのことで、
ずっとGoogleマップの「行ってみたい」に登録されていた。
22010502
 R246 現道  新善波隧道

まずは、昭和初期に完成したという、旧道の善波隧道へ。
ここは何度も訪れているけど、いつもそこそこ交通量が。
お約束の心霊スポット話もあるトンネルで、夜は寂しいのか。

毎回思うのだけど、この写真でも分かるくらいの薄い土被り、
切り通さずに、わざわざ穴を掘ったのは理由があるのかな?
22010503
 R246 旧道 善波隧道

秦野市側に抜けて、峠に登っていく細道へ。
途中で車両進入禁止だろうと思っていたら、入って行けそう?
舗装路面はすぐに途切れて、道幅は狭く勾配も曲線も急に。
22010504
 カブで来て良かった

細道に入って300mほどで峠に到着すると、見事な切り通し!
頂上付近には、傷みが激しいものの石仏も残っている。
山歩きの人だけでなく、地元の方の散歩コースでもあるらしい。
周囲の眺望はないけど、いかにも「古道」の趣で良い峠だ。

ただ、重機をトラックに積載する時のスロープが2本放置。
工事の準備や撤収前には見えず、これ、不法投棄だよなぁ。
22010505
 矢倉沢往還 善波峠

22010513
 峠の石仏

通り抜けはできないとのことなので、秦野側に戻る。
R246でもそうだけど、伊勢原からこの峠を越えると・・・
22010506
 正面に富士さまどーん!

秦野市は名水の里。 そんな土地なので美味しい蕎麦もある♪
近くの温浴施設の食堂でも、名水で打った蕎麦を食べられる。
お風呂の方も、その名水を汲み上げて加温したお湯なので、
正確には、温度も成分も温泉法で定義される「温泉」ではない。

まあ、タイトルには深く突っ込まないということで。(苦笑)

名水のお風呂は、説明書きどおり「やさしいお湯」だった。
少し雲に隠れ始めた富士さまを眺めながら、のんびりと。
「マッチポンプ、マッチポンプ♪」と、つぶやきながら。(笑)
22010507
 うまうま♪

お蕎麦も、コシがあってうまうま♪ 
まだお正月シフトなのか、メニュー限定だったのが残念だけど。
それでもこれで、ざる蕎麦が並盛450円ならコスパ高し。
お風呂でお腹も空いていたので、大盛(+150円)で頂きました♪

この食堂、窓際やテラス席から富士さまと表丹沢が一望に。
富士さまは雲に隠れたけど、大山から、塔ノ岳、鍋割山が。
ヤビツ峠を越えれば宮ヶ瀬ながら、残念ながら現在通行止め中。
22010508
 大山(右)からヤビツ峠(鉄塔が2本立つ鞍部)

食後のお茶タイムで、コーヒー工場隣接の直売所&カフェへ。
ちょうど、家のコーヒーを切らしていたので買出しも、と。
このお店の年始営業開始に合わせて、今日出かけることにした。

大好きなカステラをつまみつつ、熱々のカプチーノを。
外も風がなくて意外と暖かいので、テラス席を選んでのんびり。
サイクリストさん達も、みんなテラス席でくつろいでいた。
家用には、モカのドリップバッグ30袋入りをお買い上げ。
22010509
 BROOK'S SHOP&CAFE

22010510
 別腹のカステラも♪

よし、午後になっても晴天だし、伊勢原からお山経由で帰ろう!
厚木七沢から清川、土山峠を越えて宮ヶ瀬へ。
湖畔の温度表示は7℃。 やはり今日はここ最近では暖かい方だ。

平和な混み具合のいつもの駐車場で、2022年最初の休憩を。
隣接の「鳥居原ふれあいの館」も、年始の営業は今日からで。
地場産品の福袋を売っていたので、「話のネタに」と。(笑)
いつも缶コーヒーばかりなので、たまにはお買い物しなきゃ♪
22010511
 2022年 宮ヶ瀬初め

家に帰って福袋を開封すると、 nyamo氏が大喜び!
気になっていたけど今まで買ったことがない万能だしなど、
地元産の食材に加えて地元製造のパンツのゴムとか。(笑)

そして、道の駅とかでも見かける「なんでここに?」という、
全然関係ない土地の食材や製品も入っていたり・・・。
いちばん謎なのは、ローソンブランドの靴の中敷き。(笑)
1500円でこれだけ笑える。 やはり福袋はこうじゃなきゃ♪
22010512
 通常価格 5000円相当とのこと

おみやげも大好評で、2022年のお散歩ツー初めは無事終了。

年明け早々、何やら「第6波」なんて声も聞こえてくるけど、
暖かくなる頃には、心おきなくツーリングに出られますように。