なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

今日は、"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレースの日。
コロナ禍により、2019年以来3年ぶりの開催となった。
今年はCS260chで無料放送とのことで、テレビで観戦中。
22080704
 11:30 スタート!

CBRやVFRに乗っていたライダー第一期の1988-89年は、
予選・4耐から鈴鹿で観戦して、ホンダを応援していた。
"an" team BLUE FOX のステッカーを貼っていたなぁ。

今もホンダ乗りではあるものの、特に贔屓な訳ではない。
最近は、我が愛川町に本社があるヨシムラを応援している。
鈴菌感染は治まったけど、地元推しということで。

序盤のセーフティカーランの直後、一瞬だけトップに。
その後はずっと4番手をキープして、7時間が経過。
いよいよあと1時間、ナイトレースの時間帯に入っていく。
22080705
 #1 Yoshimura SERT Motul

1位はホンダが独走中。 2位はカワサキがキープ。
3位のヤマハとは、最後のピットインタイミングが重要に。
・・・と思っていたら。ヨシムラは既にピットイン。

あれ? それで、燃料は最後まで走り切れるの!?

ゴールの直前、最後の最後にドラマがあったりする8耐。
今まで、家の用事をしつつ「ながら観戦」してきたけど、
表彰台を目指して、ここからはしっかり応援するかな!

週後半から続く曇り空のおかげで、とても涼しい土曜の朝。
曇りというより、若干霧が舞っているような気もするけど。
爽快な空気ではないものの、涼しい中を走ってこようと、
Google Mapの「行ってみたい」ストックネタのひとつへ。

いつもの中津川沿いの道、緑の田んぼの中を快走して、
関東でも有数の修験道の霊場だったという、八菅神社の前。
ここも「行ってみたい」の1つだけど、またの機会に。
22080601
 八菅神社

自動販売機で缶コーヒーを仕入れてから、峠道へ。
「八菅山いこいの森」を過ぎると、道幅は軽トラ1台分に。
最近の雨で路面に土も出ているので、トコトコ慎重に。
22080602
 苔むした橋がいい♪

愛川町と厚木市の境、「やなみ峠」に到着。
緑のたぬき号はここに停め、尾根筋のハイキングコースへ。
22080603
 やなみ峠

わずか500m弱のハイキング。(笑)
意外と山歩きも得意なライディングシューズではあるけど、
さすがに湿った粘土質の坂道は滑りやすいので要注意。
草の茂ったところは、ヤマビルに見つからないように・・・。
22080604
 プチハイキング♪

そして、視界が開けると、標高234.1mの鳶尾山頂に到着。

広場の石碑には「愛川町」。「 ここ、厚木市だよな?」
帰ってから調べてみると、地図上はやはり厚木市域だけど、
この場所の土地所有者は我が愛川町とのこと。なぜ?(苦笑)
22080605
 「ん? 愛川町?」

そしてここは、「一等三角点 鳶尾山」でもある。
一等から四等まで日本全国に約10万点ある三角点の中で、
この鳶尾山がすごいのは、最古のもののひとつであること。
22080606
 右横書きで「一等」、旧字体縦書きで「三角点」

1883年に制定された相模野基線を底辺とした、最初の頂点。
日本の近代測量のスタート地点のひとつと言っても良い。
地理好き、地図好きとしては、ぜひ来てみたい場所だった。
三角点の位置と基線からの測量の手順は、ここに詳しい。↓



時刻は7:30。 デイパックを背負ったハイキングらしき人や、
首にタオルを掛けたウォーキングの人が結構行き交う。
厚木市側の新興住宅街からは歩いて30分くらいだろうし、
天気が良ければ眺望もききそうで、良い朝の散歩コースだ。
22080607
 空気の澄んだ時に来てみたい

やなみ峠まで歩いて戻り、峠を越えて厚木市側へ下る。
クルマのタイヤ跡はあるけど、軽自動車でも通りたくない。
「自転車 or 原付ばんざい♪」な道だ。
22080608
 輪っか舗装の狭路

国道に出たら、清川村に抜けて宮ヶ瀬へ上るいつもの道。
久しぶりに土山峠で小休止、「湖底へ続く道」を見下ろす。
上流域では雨が多かったのか、結構水が溜まっている。
22080609
 本日の宮ヶ瀬ダムの貯水率は99%

今週も、いつもの駐車場のオープン時間まであと数分だ。
この時間なら平和な混み具合だったので、立ち寄ろう。
空いているので、雑誌やWebの宮ヶ瀬ツーリング記事では、
定番になっている写真撮影位置に停めてパチリ。
22080610
 虹の大橋バックでパチリ

この時間になっても、湖畔の温度表示は21℃だった。
湿度は相当高いはずなのに、まったく蒸し暑く感じない。
ジャケットを着たままのハイキングも汗をかかなかったし、
熱中症を恐れずに缶コーヒー片手にバイク見物ができる♪

もちろん青空は嬉しいけど、夏の間はこれでいいな。(笑)

先日は一緒に鉄分100%日帰り旅に出かけたnyamota氏、
夏休みに入ってからは、一人で電車見物に出かけている。



地域性もあって、一人で電車に乗る機会が無かったけど、
最近はバス・電車を乗り継いで出かけるようになった。
昨日も、バスから小田急線・JR横浜線を乗り継いで、
特急列車や貨物列車も見ることができる八王子駅へ。

朝から出かけて行って、ランチを挟んで15:30ごろまで。
随時、nyamo宛のLINEで写真・動画付きの報告が。(笑)
2207310122073102
 「なんか、珍しいのが通過したよ!」

2207310322073104
 「貨物列車が来た!」

2207310522073106
 静止画はどれも |д゚)チラッ という感じ(苦笑)

2207310722073108
 「お昼ごはん」「それ、高いりんごジュースだろ」(笑)

昼は菓子パンをかじって、駅のホームで1日ウロウロとか、
父ちゃんの小学生の頃とまったく同じことをしてるな。
何だか、ちょっとだけ嬉しいぞ。(笑)

父ちゃんと違うのは、「じっくり見たい」ということで、
あまり写真を撮らないこと。 うん、それは正しいと思う。
安全に気を付けて、マナーを守って、楽しんでください。

5:00前、白い毛玉の熱烈な朝の挨拶攻撃を受けて目覚める。
せっかく早起きしたので、涼しいうちに「朝駆け」だな。
久しぶりの「玉子サンド研究所」で朝食を仕入れて来よう。

我が家から15分ほど、6:00の初回商品補充に合わせて到着。
7,8組並んでいたけど、以前のようなお祭り騒ぎではない。
初回補充の第一波が終わっても、玉子サンドは残っていた。
22073001
 本日の第一波が去った

とりあえず、家に戻って朝食だ。
nyamoとnyamotaが、期待して待っている。(笑)

玉子サンドは、今回ももちろん安定の美味さなのだけど、
初めて買ってみたゴマパンのとんかつサンドが美味だった♪
来る度に並ぶ商品が違うので、色々試せるのも面白いな。
22073002
 どれも、うまうま♪

さて、「朝食後にもうひとっ走り」と思っていたのだけど、
コーヒーなど飲んでいたら、外はもう酷暑の予感。(苦笑)
トンネル&山影の宮ヶ瀬周回なら、きっとまだ大丈夫!

いつもの駐車場がオープンする、8:30ちょうどに到着。
同時に満車になったりするのかと思ったけど・・・
22073003
 平和だぁ♪

とはいえ、もう30℃は越えていて、日向にはいられない。
冷たいジュースを片手に、木陰で休憩。

虹の大橋の上から、カヌーのコースらしきものが見えた。
そういえば、夏休み中に宮ヶ瀬湖で計画されていた、
nyamotaの小学校のカヌー教室は中止になったらしいな。
やっと今年こそ、制限の無い夏休みかと思っていたのに。
22073004
 コーヒーは飲んできたので

ジュースを飲み終わったら、帰途に。
北岸林道の断続するトンネルの中で涼みながら・・・。

牧場の脇を通ってみたけど誰の姿も見えず、通過。
そうだ、滝に立ち寄ってみよう! 少しは涼しいかも♪
22073005
 塩川滝の駐車場に到着

滝見台まで行ってみると、水量が多くて水煙が舞っている。
最近の雨のせいか、今まで見た中で一番水量が多いかも。
ずっと見ていると、全身水浸しになってしまいそうだ。

滝見台の上は水煙や冷たい風が吹き上げてくるのだけど、
残念ながら、滝つぼ以外は決して涼しくはない・・・。
木陰で日は当たらないけど、むしろ蒸し暑く感じる。
22073006
 マイナスイオン浴♪

しかし、少し下流にめっちゃ涼しそうな皆さんが。(笑)
サイクリストさんたちが、全身浸かってクールダウン中。
ここまで漕いできて飛び込んで、絶対気持ち良いやつだ。

「気持ち良さそうですねー!」

まだまだこれから暑くなりそうだし、道中お気を付けて!
22073007
 ポーズ、ありがとうございます!

滝から我が家までは10分ほど。 9:30には無事帰宅。
すでに、メッシュジャケットすらすぐに脱ぎたい陽気だ。
エアコンの効いた部屋でクールダウン&水分補給・・・。

緑のたぬき号が冷えたらカバーを掛けたいのだけど、
日向だと、いつまで経っても触れない熱さで。(苦笑)

金曜日に休暇を取って、GW以来のキャンプにお出かけ。
昨日から夏休みに入ったばかりのnyamotaを連れて。
今日が終業式のnyapotaは、本人のご希望で留守番を任命。

長野県の「松本市 美鈴湖 もりの国オートキャンプ場」へ。
以前も計画したけど、コロナ禍もあって初めて利用する。
22072401
 晴れたっ!

先週あたりは怪しい予報だった天気は、晴天になった♪
真夏にこの天気だと、外にいるだけで熱中症に注意だけど、
そこは「夏は高所」を絶対外さないnyamo氏が選んだ場所。
ここも標高1050mで、クルマを降りると「涼しーい!」。

設営を済ませて場内探検へ。 遊歩道からは松本盆地を一望!
何でも、昨年から指定管理者が地元の林業会社になって、
松枯れしていた林を伐採して、眺望が開けたのだとか。
跡地には、プロの手でナラやサクラの苗が植えられている。
22072402
 「いい眺めだね!」

場内で売っている薪も、林業のプロの手によるもの。
樹種も色々あって、自由に組み合わせて購入できるらしい。
よくある建築廃材みたいなのと違って、火持ちも良さそう。

我が家では今回は焚き火をしなかったのだけど、
隣のサイトでバトニングしながら「硬くて割れん!」(笑)
22072403
 薪割り器は借りられそう

先日から自宅で使っていた、コーヒーミルを持ってきた。
「ゴリゴリゴリ♪」 オーニングの中に良い香りが漂う。
ゆっくり挽いて、ゆっくり淹れて、うまうまコーヒー完成♪
22072404
 ひぐらしが鳴き始めた

コーヒーには手間を掛けるけど、料理はいつもお手軽に。
北海道からお取り寄せした味付ジンギスカン、美味でした♪

日が落ちたら、半袖ではいられない気温になってきた。
「そろそろ良いんじゃない?」
上着を羽織って、昼間も歩いた遊歩道へ行ってみると・・・
22072405
 絶景!

翌日は朝から、nyamota氏が楽しみにしていたパン作りを。
粉に水と溶かしバターを混ぜて、こねて、焼くだけ。
焼くのもフライパンなので、お手軽に手作りおやつが完成。
22072406
 「モチモチしてきたよ」

22072407
 うまうまでした♪

よし、来る時に見かけたカフェまで、お散歩に行ってみよう。
nyaponもnyamoも「何だか、美味しそうなお店発見!」と。
「手網炭火自家焙煎珈琲」という看板が見えて、気になった。
キャンプ場の裏からショートカットして、1kmくらいか。

日向を歩くとさすがに暑いので、日陰を選んでトコトコ。
美鈴湖の近くにある「カフェ・ピラータ」さんまで。
表には自転車ラック。 サイクリストさんがよく来るのかな。
22072408
 「車道を歩くよりいいね♪」

美味しいコーヒーを飲みに来たものの、食事にも魅かれる。
カレーが美味しそうで、予定してなかったけどご注文。
キャンプに来ても、別に調理にこだわらない我が家。(笑)

nyaponもnyamoも好きな、「スッキリ」なコーヒーは美味。
ホットとアイスで、ミルクも温かいのと冷たいのが別々に。
マスターが「普通のカレーですよ」と言っていたカレーも、
辛すぎずチキンの甘味が感じられて、うまうまでした♪
22072409
 うまうまコーヒー

店内にも自転車が飾ってあり、ゼッケンや選手のサインも。
テレビでは、今年のツールドフランスの映像が流れている。
訊くと、マスターも奥さまもサイクリストさんだとか。

前の道は「ツールド美ヶ原」という大会のコースだそう。
「神奈川の宮ヶ瀬や道志みちの近くから来た」と話すと、
マスターは、学生の頃に走ったことがあるとのこと。
五輪のロードレースコースの話などで、盛り上がった。
22072410
 ピーマン、ナス、キュウリを頂いた♪

奥さまからは「家庭菜園で穫れ過ぎて」と、お野菜を。
とても立派なサイズ、ありがとうございました!
梓川SAで買ったトウモロコシにトマトと、野菜三昧♪

帰り道、美鈴湖畔に寄り道。
もともとは農業用のため池で、今は釣りスポットらしい。
何度も改修拡張しながら、歴史は安土桃山時代からとか。
22072411
 「水がきれいだね」

夕食は、我が家のお手軽な定番キャンプ飯「お鍋」。
今日も日が落ちると寒くて、7月なのに鍋が恋しく。(笑)

朝も晴天ながら20℃を切っていて、朝食タイムは長袖で。
終日木陰の良いサイトで、一度も暑いと思わなかった。
さあ、サクッと撤収を済ませたら帰りましょう。
すっかり旅犬、外犬をエンジョイしているお嬢さんもね。
22072412
 君は、ゆずさんより外犬だな(苦笑) 

帰りも、梓川SAスマートICから長野道へ。
中央道も相模湖からの一般道も、まだ渋滞はなく順調に。
ランチも給油も済ませて、13:00前には無事に帰宅できた。

初めて利用したけど、良いキャンプ場だった。
真夏でも涼しくて、夜景も綺麗で。 夏の定番になるかな。