なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: カフェ&レストラン

昨日は朝から曇りがちで、何となく出かけそびれてしまった。
今日も似たような天気らしいけど、朝から準備をしてランチツーへ。
この季節、寒さで心が折れてしまう前にバイクを出さないと。(苦笑)

何を食べに行こうか? 頭に思い浮かんだのはカレー。
確か、足柄峠の麓にカレーうどんが美味しいというお店があったはず。
路面凍結のリスクも少ない方向だし、よし、金太郎さんの故郷へ!
金太郎(坂田金時)の生誕地には、諸説あるらしいけど・・・。

伊勢原からR246を西へ。 松田からK78で南足柄市入り。
お腹も空いてきたけど、食事前に鉄分を補給していこう♪
今まで、見に来たことのなかった伊豆箱根鉄道 大雄山線を見物。
大きくない地方私鉄ながら、オリジナルの車両。 いいねぇ♪
1902171
 伊豆箱根鉄道 大雄山線 大雄山駅

K78 足柄街道で、峠手前の「足柄古道万葉うどん」さんに到着。
知らなきゃ絶対に気付かない場所にある、古民家を改築したお店。
どれも美味しそうだけど、初志貫徹でカレーうどんを注文。
1902172
 足柄古道万葉うどん

真ん中にドライカレーの玉が入っていて、溶いて食べる。
nyaponには結構スパイシーだけど、だしの風味と合わさって美味しい!
うどん自体も、もっちもちで美味。 いわゆる「替え玉」もできるらしい。
これは、また良いお店を見つけたぞっ♪
1902173
 特製 カレーうどん

帰る前に、すぐ近くにある金太郎伝説の地へ立寄ってみよう。
熱々でスパイシーなものをお腹に入れたので、すっかり体も暖まったし。
まずは、「金太郎の生家跡」。 説明看板が立っているだけではあるけど。

続いて、道の向かい側にある「金太郎の遊び石」。
金太郎氏、この丸い大岩を投げ飛ばして遊んでいたのだと。(笑)
ちなみに、先ほどのカレーの玉は、この遊び石をイメージしたとのこと。
1902175
 金太郎の生家跡

1902174
 金太郎の遊び石

帰り道は、どのルートにしようかな・・・。
御殿場線の山北駅を周っていこう。 確か、駅前に小さな鉄道資料館が。
K726で山北駅まで。 駅正面、レトロでカッコいい商店の建物も健在♪

資料館は、駅舎隣の「ふるさと交流センター」の2階。
御殿場線の歴史、東海道線時代は鉄道の町だった山北の説明などなど。
以前、ロマンスカーの先頭から眺めた、線守稲荷のジオラマも。
1902177
 御殿場線 山北駅前

1902176
 山北町 鉄道資料館

さあ、R246に出て帰ろう。
秦野市内はお約束の渋滞気味だったけど、何とか伊勢原まで。
午後になって晴れ間も増えてきたので、宮ヶ瀬周りで。

今日は、凍結注意ポイントも完全ドライで、気持ち良くクネクネ。
日曜日ということもあって、いつもの駐車場も2月とは思えない盛況ぶり。
休憩していると、いよいよ鼻がムズムズ、目も痒くなり始めたぞ・・・。
1902178
 本日、レーサーレプリカ率が高め

BMWのC400ってスクーター、何台も見た。 売れてるんだなぁ。
そして、帰ろうとしていたら隣に停まったのが、ホンダのCRF450L。
レーサーに保安部品を付けただけという130万円のOFF車、初めて見た!

さすが宮ヶ瀬、往年の名車から話題のNewモデルまで♪(笑)

木曜の夜、神奈川でも雪が降った。
翌金曜の朝は、我が家の辺りでは芝生の上に残るくらいだったけど、
クルマの窓はバキバキに凍結していて、お湯で溶かしてから出勤した。

昨日今日と再び晴天が続いているけど、山の方は怪しいなぁ。
路面の様子を見つつ、ランチに出かけよう。とりあえず、南の方。
昨夜マップアプリで目を付けた、味噌ラーメンが美味しいというお店へ♪

厚木西ICから、小田原厚木道路を西へ。
正面には、雪化粧厚めで山裾の方まで真っ白な富士さまが見える。
快晴の空だけど、80km/hの流れに乗ると、さすがに風が冷たい。
熱いラーメンが恋しいぞっ。

二宮ICで降りて1kmちょっと。「札幌 めんたつ」さんに到着!
初めてのお店だし、ここの基本だと思われる「合せ味噌らーめん」を。
1902021
 うまうま♪

最近多い変に凝った味じゃなくて、正統派味噌ラーメンという感じで美味。
太めで黄色い麺も、札幌ラーメンのイメージそのもので、うまうまでした♪
ちょっと回り道してから帰ろう。以前から気になっていた、旧隧道を見に。

神奈川K77にある中井隧道。新道の脇で現役なのが見えている。
到着してみると補修工事中のようで、残念ながら通行止め。
現在は歩道を設けて一方通行だけど、以前は対面通行だったとか。
この幅じゃ、クルマ同士がすれ違うのは大変だったんだろうなぁ・・・。
1902022
 残念ながら・・・

食後は体も温まって、背中のカイロが余計なくらいになってきた。
東名秦野中井IC近く、コーヒー工場隣接のカフェに到着。
空は、変わらず雲一つない快晴!
1902023
 西湘方面で定番の休憩スポット

ホットのカフェオレと、いつものカステラ(3個)を注文。
このカステラ、ドリンクを頼むと1個は付くのだけど、大好きなので♪
今日の陽気、ライジャケのままテラス席で、というのが気持ち良い。
1902024
 本日の別腹スイーツ

しばらくマッタリして、さて、ここからどうするか。
少々路面の心配はあるけど、宮ヶ瀬を周って帰ってみるか。

R246から東名側道、伊勢原からお山の方へ向かう。
「おっ! 新東名の神奈川区間、工事も結構進んできたなぁ。」
この区間は、2019年度に開通予定。ほんの2kmほどだけど。(苦笑)
1902025
 最近の高架橋は高いなぁ・・・

いよいよ山間に。日陰の土の上には、所々残雪が見え始めた・・・。
宮ヶ瀬周辺の凍結要注意ポイントは、一応全部頭に入っている。
そのすべての山影ポイントで、クルマの轍以外はシャーベット状態。

幸い轍は凍結していないけど、バイクが汚れる・・・。
乾いていても、塩カルが撒かれた所はテカテカしていてドキッとする。
シャーベットではしっかり減速しつつ、無事にいつもの駐車場まで。
こんな路面状況でも、もちろん皆さん元気です。(笑)
1902026
 気温は10℃あるし♪

山影以外は路面も完全ドライだし、クルマもバイクも多い。
缶コーヒー片手に皆さんのバイク見物をしていても、全く寒くない。
お隣のセローさんは、昨年のSSTRゼッケン付き。今年も出るのかな?

また、終日山影となるシャーベットポイントを通過しつつ帰途へ。
今度は直線区間ながら、下り坂なので一段と慎重に・・・。
「ちょっと停まって、ネタ写真でも♪」なんて余裕は無し。(苦笑)
図らずも、Newタイヤの雪道性能を体感することになった。
1902027
 お気に入りのステンの焼け色が・・・

無事帰宅して下まわりを見ると、雪解け水だけじゃない汚れが。
フェンダーには、何やら粘度の高い液体が固まったような跡。
エグゾーストパイプでは、焼き塩を製造中。やはり塩カルまみれに。
フロントフェンダーを延長しておいて良かったと、いつも思う瞬間。

カバーを掛けてしまう前に、下まわりだけジャバジャバと水洗いを。
普段は帰宅時の洗車などしないnyaponだけど、これはちょっとねぇ。
数日前、「新型が出ても大事に乗ろう」とか言ったところだし♪

いい温泉に入りに行こう。源泉かけ流しがいいな♪
大きな温泉施設じゃなくて、地元の方がメインの小じんまりしたところ。
天気は良さそう。ひと山越えて、山梨あたりまでなら凍結も無いだろう。
ランチタイムから逆算、気温も上がり始めた9:30に出発!

相模湖から、甲州街道R20を西へ。
気温は8℃、天気は快晴。日向なら、走っていても寒くない。
気持ち良いので「鳥沢の鉄橋」に寄り道して、しばし列車見物を。
1901191
 特急通過♪

大月からは、前方に富士さまが。今日は空気が澄んでいて綺麗♪
新笹子隧道を抜けると、山影の気温は3℃に。太陽の偉大さを思い知る。
甲府盆地に下りていくと、モモやブドウの果樹園の向こうに・・・
1901192
 南アルプス、どーん!

ランチは、笛吹市で昨年から売り出し中という、新しいご当地グルメを。
甲州名物ほうとうをラーメンのスープで食べる、「ラーほー」。(笑)
少々迷いつつ、住宅街の一角にある「お食事処 ひさご」さんに到着。

お店によって違いはあるらしいけど、ここのはあっさりしょうゆ味。
お肉は、チャーシューじゃなくて鶏肉。麺とスープが意外によく合う。
見たままの味なのだけど(笑)、予想以上にうまうまでした♪
1901193
 ラーほー

バイクで遠くから来てくれるお客さんも多い、と愛想の良いお母さん。
「神奈川からありがとうございます」と、お年賀の手拭いまで頂いた。

満腹満足で、本日の主目的地である甲斐市の温泉へ移動。
午後になっても晴天で、カイロを貼るのを忘れてきたのに寒くない。(笑)
1901194
 甲斐市 玉川温泉

「かけ流し」の温泉といっても、ピンからキリまである。
加水しても良いし、少しでもオーバーフローさえしていれば良いらしい。
投入がチョロチョロくらいなら、循環してくれた方が清潔なくらい。
だから、決して「かけ流し=上等な温泉」という訳ではないということ。

しかしここは違うのだと。「滝のように豪快な源泉かけ流し」らしい。
期待を込めて、脱衣場から浴室に足を踏み入れると・・・
1901195
 床全面が川に!

床にお湯が流れているというレベルでなく、洗い場全体が足湯状態。
「本当のかけ流しというものを見せてやる!」という勢いで。(笑)
地元のおじいさんがいらしたので、ご挨拶。ほどなくして、貸切状態に。
洗い場は4人分の小さなお風呂なのだけど、空いていてゆったり。

わずかに香りのある薄茶色のお湯で、源泉が41℃なので少しぬるめ。
熱いのが苦手なnyaponの好みで、これなら長湯できる!
極端なヌルヌル系ではないけど、ツルっと気持ちの良い泉質だし♪

ここのお母さんも気さくで、「今日は暖かくて、バイクには良いね」。
1時間ほどのんびりしたのだけど、「もっとゆっくり入ればいいのに」と。
「また来ますよ♪」 ポカポカで外に出ると、真正面には・・・
1901196
 富士さま、どーん!

本当はもう1か所行きたい所があったのだけど、時間はもう14:30。
ここで欲張ると、「暗くなる前にお家に帰ろう」が守れなくなりそう。
今なら、高速を使わなくても、甲州街道で楽しく帰れそうだし。

甲府市街で少しノロノロになったけど、笛吹市あたりから先は順調に。
日も傾いてきて、笹子峠前後の山影区間では、やはり急に冷えてきた。
1901197
 甲州街道R20 新笹子隧道

神奈川に入ると、いよいよ夕方の空気に。日向でも風が冷たく。
ちょうど17:00、何とか暗く寒くなる前に無事帰着できた。

本当にいいお湯だったなぁ。また浸かりに行こう♪

「RVパーク あじがうら」の朝、今日は良い天気になりそう♪
すぐ前の坂道を下っていくと、400mほどで海岸。朝のお散歩へ。
しばらくビーチコーミングを楽しんでからクルマに戻り、出発!
19011301
 「きゃぁー、波が来たぁ!」(笑)

すぐ近く、ひたちなか海浜鉄道の阿字ヶ浦駅に立ち寄り。
久しぶりに来たけど、駅名標がお洒落になっていたり。
今年の国体は茨城なんだな。停車中の列車は、そのラッピング車両。
19011302
 ひたちなか海浜鉄道 阿字ヶ浦駅

今日は、原子力発電関係の広報館を見て回ろうと思う。
福島の原発事故以前から各地の原発の広報館には訪れていたけど、
あれ以降、内容が変化しているのか見てみたいとも思っていたし。

まずは、原子力協議会運営の「原子力科学館」。
アインシュタインをメインに、原子と放射線の利用の解説が多い。

それでも、周辺の原子力関連施設のモニタリング機器の展示とか、
当然ながら、その安全管理が万全であることを訴える内容も。
放射性廃棄物は「漏れないように地中で管理するから安全」だと。
19011303
 安全なのだろうか?・・・

続いて、日本原電の「東海テラパーク」へ。ここから1km足らずの場所。
R245から曲がった途端、テロ対策のクネクネバリケードが延々と・・・。
「あれ、曲がるところ間違えた?」 思わず一旦停止。
19011304
 これ、入っちゃダメなやつじゃ・・・

遠くには、厳重警備のゲートが見える。でも、ナビで見るとやはりここ。
よし、ゲートまでなら怒られはしまい。勇気を持って行ってみようと。

「すみません!『テラパーク』はこちらではないですかぁ?」
「はい、ここを入って頂いてすぐです。」 ・・・良かったぁ。(苦笑)
19011305
 正面は、もう原子力発電所の建屋

日本初の商用原発である東海発電所と、第二発電所が目の前に。
何でも、全国で唯一の原発敷地内にある広報館とのこと。
確かに他の発電所では、すぐ近くではあっても離れた場所にあった。
昨今のテロ対策を考えたら、あのバリケードも仕方が無いよなぁ。

どちらの広報館も、発電だけじゃなく医療や産業での放射線の利用をPR。
「こんなものにも利用されているんだ」というものも多く、勉強になった。
一方、原発の持続性や安全性の解説には、違和感が残ったのも事実。
19011306
 地球環境に関する展示などなど

さて、お腹も空いてきたので出発だ! ランチも検討せねば。
道の駅「日立おさかなセンター」に寄ってみたけど、大混雑でスルー。
R293で内陸へ。城里町にある那珂川沿いの道の駅「かつら」まで。

道すがら、「この辺も蕎麦の産地だよねぇ」「お蕎麦いいねぇ」と。
道の駅の食堂にも、茨城のブランド蕎麦「常陸秋そば」の幟が。
もちろん即決! 香りも豊かでコシの強いお蕎麦、うまうまでした♪
19011307
 きのこ つけそば

19011308
 野菜天ざる そば

食後は、すぐ横の那珂川の河原へ。
アイスクリームを食べながらお散歩。綺麗な石ころ探しや水切りをしたり。
見慣れた相模川などの河原とは、石の形や質が違う。おもしろいなぁ。
19011309
 丸くて薄い石がたくさんある!

19011310
 いいところだねぇ

道の駅に隣接した土手にも車を停められ、キャンプをしている人も多い。
もう少し進むつもりだったけど、「今日はここまでにする?」。

遊べる場所もあって気に入ったチビ達、「ここにしよう!」と即決。
車の外に店を広げるつもりは、まったく無いけどね・・・。
せっかくだから、サイドオーニングで軒だけでもを作ろうか。(苦笑)
19011311
 本日のキャンプ地とする!

成人の日の三連休、今年最初のクルマ旅へ。
行先はnyamoが決めていた。「あんこうを食べに行くぞぉ!」。(笑)

朝6時過ぎに出発して、渋滞予測の出ていない圏央道へ。
菖蒲PAで朝食休憩、常磐道が近づくと、筑波山もお出迎え。
19011201
 「筑波さん、来たよぉ!」

常磐道から北関東道・東水戸道路に乗り継いで、水戸大洗ICまで。
水産会社直営で、食堂併設の大きな魚屋さんに到着。

nyamota氏、水族館もよく行くし海鮮料理も大好きだけど、
いわゆる「魚屋さん」や市場の類をあまり見たことがないので興味津々。
父ちゃんも、メヒカリの調理前のお姿は初めて見たかも。(笑)
19011202
 「おさかな、いっぱい♪」

19011203
 さばければなぁ・・・

さぁ、食堂の方に移動して早めのお昼だ。もちろん海鮮づくしで!
メインのあんこう鍋、お刺身と海鮮丼。チビ達は、ワサビ抜きのお寿司を。
お刺身は、先ほどの魚屋さんから運ばれてくる。絶対に新鮮でしょ♪
19011204
 うまうま♪

そして、あんこう鍋!
どの部位かさっぱり分からないけど(苦笑)、色々な食感で美味♪
あん肝の溶けたスープで、野菜やお豆腐もうまうま。
今回は別にご飯物を頼んでいたけど、雑炊が絶対に美味しいはず!
19011205
 風味が濃厚!

nyamo氏、「今回の旅の目的は達成!」(笑)

満腹満足で、マリーナの隣にある大洗わくわく科学館へ移動。
まずは、屋外の遊具で遊んだり、ゆずさんのお散歩をしたり。
日が射すと少しは暖かいのだけど、今日は基本的に曇天が続いている。
19011206
 「ちょっと寒いですね」

科学館は、水、風、光、エネルギーに関する、色々な実験展示が。
時間の関係で参加しなかったけど、工作体験コーナーもあった。
それほど規模は大きくないけど、なかなか面白い。
19011207
 クレーンゲーム?

19011208
 「何か聞こえるよ」

今日は、RVパークを予約してある。利用は2回目。
ゆったりした駐車枠で、トイレ・電源・ごみ処理完備の車中泊施設。
120か所に増えていて、道の駅併設のものもよく見かけるようになった。
阿字ヶ浦は、民宿敷地内のミニキャンプ場に併設されている。

利用料金1500円(ごみ処理料込み)+電源使用料500円。
サブバッテリーを増設して、それほど電気に気を使わなくなったけど、
電子レンジも躊躇せず使える外部電源があると、食生活が豊かに。(笑)
19011209
 阿字ヶ浦 民宿 満州屋さん

19011210
 その敷地内「RVパーク あじがうら」

お風呂は民宿内のものも使わせて頂けるのだけど、
割引券を頂いたので、500mほどの場所にある温泉施設でさっぱり。

夕食、夜のおやつでは、電子レンジが早速活躍中♪

2016年 お散歩ツー初め 「隧道と蕎麦と温泉と
2017年 お散歩ツー初め 「ダムと蕎麦と温泉と
2018年 お散歩ツー初め 「大福と蕎麦と温泉と
さあ、今年はどこで蕎麦を食べて温泉に浸かってこようか・・・。(笑)

今日の神奈川、天気は快晴で気温も15℃近くまで上がるらしい。
よし、行くなら今日だ。さらに海の方に向かえば、絶対に暖かいだろう♪
しかし天気が良すぎて、夜中の放射冷却で朝はキンキンに冷えている。
7時を過ぎて、しっかり太陽が昇ってから路面に注意しつつ出発!
19010501
 朝日が眩しい!

相模原からR16、保土ヶ谷BPから横浜環状2号に乗り継いで磯子まで。
再びR16で横須賀方面に。この道、横浜との市境あたりは隧道が続く。
このあたりを走るのは、若い頃、久里浜に住んでいた時以来か?
19010502
 横須賀は神奈川の隧道の聖地

JR横須賀駅近く、ヴェルニ―公園に行ってみようと思う。
横須賀造船所を建設したヴェルニー氏を記念した公園と記念館があり、
目の前に、アメリカ海軍や海上自衛隊の艦船を見ることができるらしい。

公園に着いて、缶コーヒーを片手にボードウォークを散歩。
目の前には、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦と潜水艦が。
もちろん艦船に関する知識は無く、帰ってから調べたのだけど。(笑)
19010503
 手前にはクジラが2頭

そして、さらに先まで歩いていくと、何やら巨大な船が。
海上自衛隊史上最大の自衛艦であり、F35Bを搭載して空母化するとか、
ここ最近何かと話題になっている護衛艦「いずも」が停泊していた。

この船の事くらいは、nyaponでもニュースで見て知っている。
艦船に疎いnyaponには、既に空母にしか見えないのだけど。(苦笑)
19010504
 海上自衛隊 艦番183 護衛艦「いずも」

公園内の「ヴェルニー記念館」にも立ち寄ってみる。入場は無料。
横須賀造船所(製鉄所)の歴史や工場機械の展示などなど。
後に海軍工廠となるここで使われた水も、我が愛川町から引かれたもの。

公園には色々な種類のバラが植えられており、花の季節は綺麗だろうな。
19010505
 鍛造作業に使われたスチームハンマー

さらにR16を南下、事実上の終点の観音崎(千葉富津までは海上)から
浦賀を抜けて久里浜まで。今日はここで「蕎麦&温泉」のつもり。
19010506
 観音崎のあたりで小休止

数年前にできたという、東京湾フェリー乗り場の隣にある温泉施設へ。
ちょうど金谷からのフェリーが着岸。グラトラと乗ってからもう5年かぁ。

久里浜港から房総半島を一望できる露天風呂、気持ちいぃー♪
ロッカーは大きめで、冬ジャケ冬パンでも着替えやすかったのも高評価。
19010508
 久しぶりに「フェリーで南房総」もいいな

施設内の食堂でランチ。お蕎麦と「かじめ」という海藻のセットを♪
・・・と思っていたら、今シーズンのかじめは終了してしまったのだと。
仕方ないので、天ざるを。普通にうまうまなお蕎麦でした。(笑)

悔しいので「かじめのスープ」をお土産売り場で購入して帰途へ。
19010507
 天ぷらもうまうま♪

ここからはずっとR134だけど、三浦海岸からは内陸をショートカット。
午後になって、いよいよ気温が上がってきた。
海岸をウォーキングする人はTシャツ姿、クルマは窓を開けて走っている。

葉山を抜けて鎌倉を過ぎると、江の島までお約束の渋滞。
温泉で体はホカホカ&完全冬装備、ちょっと汗ばむくらいだぞ・・・。
19010509
 湘南名物 江ノ電&いつでも渋滞(笑)

江の島を過ぎると、これもお約束で渋滞解消。
茅ヶ崎を抜けて平塚から内陸へ。伊勢原から宮ヶ瀬を周って帰ろう。

夕方も近くなり山影に入ると、急激に寒くなって手がかじかみ始めた。
今日は朝から、暑かったり寒かったり、本当に極端だな・・・。
とはいっても路面凍結の心配はない気温で、安心してクネクネ。
19010510
 本日も大盛況

今日の天気では、みんな考えることは同じ。いつもの駐車場は大盛況。
湘南海岸では「冷たいジュースが飲みたい」なんて思っていたけど、
ホットのココアを買って、かじかんだ手を暖めつつ休憩。(苦笑)

日が落ちる前に帰宅して、2019年のお散歩ツー初めも無事終了♪

恒例となっている、この、年の瀬の旅。
毎年、うまく往復の渋滞は回避しているけど、この日程での問題は、
面白そうな公立の施設がことごとく休館期間に入ってしまうこと・・・。

姫路市街にも博物館や動物園・水族館などがあるのだけど、やはり全滅。
絶対に外せない姫路城ですら、29日30日は休城日で。(苦笑)
とはいえ、スルーする訳にはいかない。nyapon以外は初めてだし。
なので、城内には入れないけど、まずは国宝&世界遺産を表敬訪問。
1812301
 nyaponも、平成の大修理以降は初訪問

続いて姫路駅へ。nyamota氏の強い要望、「新幹線が見たい!」で。
姫路駅名物「超高速通過」の話をしたら、昨日から早く連れて行けと。
油断していて背後から全力で通過され、飛び上がるnyamota氏。(笑)
1812302
 「よく見とかないと、ちょっと怖いじぇ・・・」

そして、本日の主役。10:39発 こだま730号 新大阪ゆき。そう・・・
1812303
 500系 「ハローキティ」♪(笑)

うちの「カワイイ」好きの小学生男子2名も、もちろんnyamoも大喜び。
いいなぁ、これ。スーツ姿でこの車両から颯爽と降り立ってみたいものだ。
あのカッケー500系が、ここまで可愛くなるとはね♪(笑)

エヴァの時は見に来られなかったけど、今回はしっかり見れたぜっ!
1812304
 側面には乗務員姿のキティちゃん

よし、少し電車にのって出かけてみようか。
山陽線下り、赤穂線直通 播州赤穂ゆきに終点まで乗車。
歴女nyamoも、「ちょうど師走、『忠臣蔵』の季節だしね」と。

やはり残念ながら歴史博物館は休みなのだけど、赤穂浪士の街を散策。
駅からトコトコ歩いて、赤穂城跡から赤穂大石神社まで。
1812306
 赤穂城跡

1812307
 赤穂大石神社

ランチも赤穂の街で。「塩の街」のイメージだけど、牡蠣も名産とのこと。
駅から歩いて来る時に目を付けておいた、牡蠣料理のお店に。
魚好き兄弟も、「何でもいいから、海鮮ものが食べたい!」と言うので。

どれもお手頃価格なのに、味が濃くて美味な牡蠣でした♪
1812308
 牡蠣天丼、うまうま♪

1812309
 蒸し牡蠣、うまうま♪

その後は、電車から見えたショッピングモールに寄り道してみたり。
お茶休憩は、父ちゃん初めての「コメダ」。シロノワール、うまうま♪(笑)

あまり時間が掛からないかと思ったけど、何だかんだで夕方まで赤穂に。
そろそろ戻ろうと、再び赤穂線~山陽線直通電車で姫路まで。
1812305
 「これなに?」「お前の好きな『連結』の時に落ちないようにするもの」

さて、明日は大晦日。がんばって紅白までに帰るぞ!

この週末は、千葉方面への2018走り納めツーリングを計画していた。
nyamoとチビ達はじぃじの家に遊びに行くというので、お泊りもOK。
某ネットモールの「スーパーセール」で、格安の宿を発見して確保♪

先週になって、残念ながら天気予報は雨ベースに変化してきた。
けど、少し前から「日産デイズ『青ぎつね号』で遠出してみたいなぁ」と。
お気に入りの小さな相棒なのだけど、いつも会社との往復ばかりなので。
で、あえて宿はキャンセルせず。

「2018走り納めツー」改め、「青ぎつね号で行く、冬の千葉旅♪」
18122301
 東京湾アクアライン

土曜朝、7時過ぎに家を出て、R246、保土ケ谷BPから首都高湾岸線へ。
青ぎつね号、今まで最も遠かった、免許更新に行った横浜をあっさり更新。
もちろん横浜ベイブリッジも、東京湾アクアラインも初めての通過!
バイクも結構見かけるけど、午前中だけ走ってくるプランなのかな。

圏央道 木更津東ICで降りて、馬来田の道の駅で最初の休憩。
ナッツ系嫌いのnyamoもいないので、ピーナッツ菓子を買い込む♪(笑)
あれ? これ、BS11のMOTORISEで、ぐっさんが食べてたやつか!
18122302
 うまうま♪

ここからは、県道を乗り継いで九十九里浜を目指す。
途中、高滝ダムの記念館で小休止。ついにポツポツと雨が落ち始めた。
このあたりのダム、カード配布は「平日のみ」ばかりなので見物だけ。
18122303
 高滝ダム

引き続き、県道を乗り継ぎながら東へ。
途中の山越え区間では、だんだん道が細くなって「険道」チックな所も。
バイクからクルマになっても、選んで走る道はあまり変わらない。(苦笑)
18122304
 「先入車優先!」

一宮から九十九里有料道路へ。いつものK30よりは海が見えるかと。
PAで休憩してから、九十九里浜を右手に見ながら北上。
雨も降り続いているけど、この季節でもサーフィンを楽しむ人は多い。

そろそろランチタイム。片貝漁港に隣接した「海の駅」に行ってみよう。
3連休初日で混むかと思ったけど、フードコートはとても空いていた。
県道から1本入った場所ではあるけど、この季節だからかな。

注文したのは「九十九里ばくだん丼」。
その日おすすめの地魚とマグロに、山芋・松前漬け・卵黄を混ぜて食す。
ネバネバ好きだし、どう見ても美味しくない訳がない♪
18122305
 もちろん、うまうま♪

併設された、入場無料のイワシ漁の資料館も興味深かった。
外には、「日本で唯一」という青いポストが。
速達郵便用のポストって、確か青色じゃなかったっけ・・・?
18122306
 日本唯一?

ご飯を食べている間に、雨はすっかり本降りに。走ってクルマに戻る。
ここまで来たのだから、犬吠埼を周っていこうか。
キャンカーで来た時には、確か時間が微妙で立ち寄らなかった。

銚子電鉄の犬吠駅で、名物の濡れ煎餅を食べてお土産も購入。
海沿いに出て、白亜の犬吠埼灯台まで。
灯台の前には、白いポストがある。こちらは結構有名。
楽しいけど、ポストの色って法規とかで定められていないのかな?(笑)
18122307
 白亜の灯台とポスト

見込みよりも時間が押し気味なので、灯台に登るのはあきらめる。
また、晴天の日に家族みんなで来た時のお楽しみということで。
今回の旅で一番の目的が控えているので、銚子からR356利根水郷ラインへ。

古い町並みが残る、水郷佐原まで。現在は香取市の一部。
この町もキャンカーで通ったことがあるけど、道が細く駐車場も微妙で通過。
道路や地理・地図好きとしては、一度、伊能忠敬記念館に来てみたかった。
軽自動車なら、細い路地の奥にある観光駐車場へも楽勝♪
18122308
 佐原の町並み

もちろん、本やテレビの歴史番組などで忠敬の偉業は知っているけど、
200年前、アナログな器材だけであの正確な地図を作製したのは驚異的。
衛星写真と「伊能図」を重ねた展示では、誤差の小ささに驚く。

国宝である伊能図の一部も展示されていて、ちょっと感動した。
50歳から天文方に弟子入りしたという、地理好き人間の大先輩に乾杯!
18122309
 伊能忠敬記念館

本日の宿は、内陸の道を南に戻った多古町にある。
半額セールで1泊2500円の素泊まりプランなので、途中で夕食を。
と思ったら、狙っていたお店がお休み。コンビニ弁当でいいや。(苦笑)

お風呂は別ながら、広々8畳の部屋でゆっくり休むことができた。
昼頃には帰宅してゆっくりしたいので、朝からがんばって帰ろう。
18122311
 それでも、やっぱり寄り道♪

今日も県道を乗り継ぎながら、圏央道を目指す。

バイクの時と同じくスマホナビを頼りに。クルマでも、まったく問題なし。
進行方向がよく見える縦長画面って、やはり理に適ってるんだよなぁ。
視力が厳しくなっていたので、コンパクトな機種には戻れないけど。(笑)
18122310
 ほんと、良くできてるなぁ

往路と同じく、木更津東ICから圏央道・アクアラインへ。
今日は天気が回復していく方向だと思っていたけど、また雨が降ってきた。

FMヨコハマでクリスマスソングなど聴きながら、湾岸線を快走。
何だか、毎週末にクルマで出かけていた若い頃を思い出すな・・・。
通勤時は無音なので、久しぶりにカーオーディオを使った。(苦笑)
18122312
 横浜ベイブリッジへ

R246のコストコ渋滞を避けて、R16相模原経由で正午前に帰宅。
天気はイマイチだったけど、念願の「青ぎつね号での遠出」が叶った。

動力性能はお世辞にも良いとは言えないけど、足回りは不満なし。
クルクル小回りも利いて、近年では最高にお気に入りの青ぎつね号。
一緒に旅に出て、さらに愛着が湧いたかも♪
18122313
 バイクだと全身ドロドロだったな(苦笑)

18122314
 おみやげは、カレーの缶詰と銚子電鉄の濡れ煎餅♪

この週末は、今年最後のクルマ旅で栃木方面へ。

本当は、各地で楽しんでいる「宝石探し」のできるテーマパークへ、
と思っていたのだけど、残念ながら工事による休業中とのこと。
なので、以前出かけたことのある、壬生にある大きな公園に。

冬休み直前の週末、朝の渋滞予測も出ていないので前乗り無し。
土曜朝、自宅を6時に出て、順調に圏央道から東北道へ。
羽生PAで朝食休憩を取り、北関東道に乗り継いで壬生ICまで。
壬生PA&道の駅にも隣接した、「とちぎわんぱく公園」に到着。
1812161
 「私はこのあたりで充分ですよ♪」

ゆずさんは、もう大きな公園を走り回る体力はないので、
駐車場近くの芝生エリアをトコトコお散歩してご満足頂けた模様。

朝はまだ空気も冷たいので、屋内施設を周ろうか。
科学の原理や目の錯覚を利用した、「ふしぎ」を集めた施設とか。
1812162
 nyamotaの方が背が高く見えるぞ!

こども縁日もやっていて、nyapotaはお得意の射的を。
得点がポイントに換算されて、駄菓子屋さんでお買い物ができる。
さすが兄ちゃん。得意種目で弟の分のおやつまでゲットしてきた。(笑)
1812163
 やるな、兄貴!

園内のレストランでランチも済ませ、少し暖かくなってきた午後。
芝生の広場で、楽しみにしてきたバドミントンを。
しかし、少し風が吹いていて、なかなかラリーが続かない。
シャトルも安物で、すっかり変形してしまっているし・・・。(苦笑)
1812164
 「シャトルが戻ってくるんですけどぉ!」

寒くなる前に、午前中にも立ち寄った、園内のおもちゃ博物館へ。
屋内にアスレチック系の遊具もあって、当日なら何度でも出入り自由。
チビ2人を放し飼いにして、父ちゃんと母ちゃんはしばし休憩。
1812166
 実写版映画で使った「ヤッターワン」♪

1812165
 「父ちゃん、うちのはいつ完成するの?」(苦笑)

チビ達も遊び疲れたというので、撤収。
5km程しか離れていない、西方にある今年できたばかりという温泉へ。
炭酸のおかげで少しピリッとするお湯。よく温まった♪

すぐ近くの道の駅に移動して、本日の予定終了。
まだ「農村レストラン」が開いているので、夕食もここで食べようと。
挽きぐるみの手打ち蕎麦がウリのようなので、かき揚げ+蕎麦を注文。
かき揚げの野菜が甘くて美味! 蕎麦もちゃんと香りがあってうまうま♪
1812167
 蕎麦もかき揚げも美味♪

直売所では、夜のおやつや明日の朝食など「一宿の恩」のお買い物。
朝も早かったので眠くなり、みんな超早い時間に「おやすみなさい」。(笑)
1812168
 夜中は冷えそうな空だな・・・

1812169
 やっぱりね(笑)

朝起きて窓カバーを外すと、フロントウインドウの結露が凍結していた。
明け方からFFヒーターを付けていたけど、外はかなり冷え込んだのだろう。
朝食を済ませて、暖かいコーヒーを飲んで、さあ、帰ろう!

東北道も圏央道も順調で、給油も済ませて11時には無事帰宅。
「冬休み前、3連休前の週末で、絶対にどこも空いているはず」
nyamoの予測は当たり、公園も温泉も道の駅も空いていて快適だった♪

これで、2018年のクルマ旅は終了。目標の年間30泊は、惜しくも未達。
今年は、ロングランになる夏の北海道旅に久しぶりに出かけたのだけど、
キャンプが3回雨で流れたり、前乗り不要なプランが多かったからだろう。
nyapotaが中学に上がる来年以降は、さらに厳しくなりそうだな。(苦笑)

天気は晴れながら気温は低め、という予報の土曜朝。
しばらくバイクに乗れていないので、寒さ覚悟で朝からお出かけ。
「少しは暖かろう」と、グラトラカワセミ号以来の伊豆半島方面に。

ちょうど明るくなった7:00前に自宅を出発。空は、まだ一面に雲が。
小田原厚木道路を下りると、非日常圏に入ってツーリング気分に。
海岸線のR135 東伊豆道路に入ると、雲の隙間から日も差し始めた。
181208a
 天気回復中♪

途中の真鶴道路、熱海ビーチラインの通過を考えて、
ジャケットの袖のコインポケットには、出発前に小銭を入れてきた。
けど、「ETCじゃない料金所、面倒だなぁ・・・」と、一般道方面へ。
181208b
 決して、150円をケチった訳では・・・(苦笑)

伊東の道の駅で休憩して、さらに南下。
10:00を過ぎて東伊豆町に入ると、明らかに体感気温が上がってきた。

下田の白浜海岸ではすっかり青空に!海もこのあたりまで来ると綺麗♪
1812081
 「冬の海」の寒々しさは無く

南伊豆町に入り、一旦K16に逸れて海岸線を石廊崎方面へ。
伊豆半島最南端を過ぎ、西伊豆側に出ると山影に入る事が多くなり、
風も強くなってきて、天気は良いけど寒くなってきた・・・。

R136 マーガレットライン、彫刻ラインを北上。
所々で、遠く駿河湾の向こうに雪化粧した富士さまの姿も。
岬と入江でアップダウンを繰り返す、西伊豆の海岸線を走るのは久しぶり。
1812082
 バイクが倒れないか不安になるほどの強風で・・・

西伊豆町に入ったところで「海パート」終了。ここからは伊豆の山を堪能!
K59を内陸へ。途中からは、クルマもすれ違えない舗装林道の様相。

この時期、落ち葉が多くてスリリング。雨の後じゃなくて良かった。
それでもスギの葉が積もっているところなど、カーブの度に嫌な感触が。
何とか登り切って、仁科峠まで。ここで、富士さまの絶景を見て行こう。
181208d
 仁科峠に到着♪

バイクを停めてすぐ横の丘に登り、北の方を眺めると・・・
1812083
 絶景!

1812084
 眼下には駿河湾も

1812089
 休憩中のバラデロさんが、あまりにも絵になっていたので・・・

峠から、K59で湯ヶ島方面へ。途中、また舗装林道級の険道区間あり。

やはり路面には杉の葉が積もり、カーブの度にお尻の下で「ニュルッ」。
ただでさえ寒さで体が硬くなっているので、思わず声が出る。(笑)
後に接近したヴェルシスさんには、躊躇せずに先に行って頂く。
181208e
 「嫌ぁーっ!」(苦笑)

181208f
 「いえいえ、どういたしまして」(笑)

湯ヶ島では遅めの昼食の予定。お腹に物を入れたら、体も温まるだろう♪
・・・と思っていたら、お店が休み。(苦笑)
「不定休」のお店なので文句は言えない。仕方ない、先へ進もう。

今日は、とことん静岡K59に付き合おう。また険道で峠越えへ。
道が狭くなる直前、峠を下ってきたらしき3台のSSが停まっていて、
みんなで1台のバイクのフロントカウルを一生懸命引っ張っている。
何が起こったかは分かる。気を引き締めて「杉の葉区間」へ突入!

無事に峠を越えて、伊豆スカイラインの冷川ICに到着。
とにかくお腹が空いたので、亀石峠IC近くのドライブインまで。
軽食しか無いけど、少しでも伊豆っぽいものをと・・・
1812085
 わさび茶漬け

1812086
 わさびコロッケ

これが意外に美味で満足! まあ空腹だったこともあるけど。(苦笑)

さあ、予定も遅れ気味だし、夕暮れの伊豆スカイラインを走って帰ろう。
バイクの事故が多くて、二輪通行禁止の危機という伊豆スカだけど、
さすがにこの季節になるとアホバイクはいないのか、とても平和。
181208g
 富士さまを横目に見つつ、クネクネ♪

玄岳ICのあたりでは富士さまが赤く染まり始めた。

路肩のパーキングに入って、富士さまと相模湾を眺めつつ最後の小休止。
停めた場所が悪く、撮影中にバイクが動いて驚いたのは内緒。(苦笑)
1812087
 西には富士さま

1812088
 東には相模湾

熱海峠から芦ノ湖に抜けて、箱根新道で山を下りる。
途中、予想外の渋滞かと思ったら、事故処理で片側交互通行中。
軽自動車が側溝に落ちていた。直線区間なのだけど・・・。

小田原厚木道路に乗り継いで、伊勢原ICまで。
「暗くなる前に家に帰ろう」は守れなかったけど、18:00に無事帰宅。

お土産は、「ライダーさんに『荷物にならない』と好評なんですよ♪」と
勧められた、お湯に溶くとお吸い物にもなるキンメの入っただし塩。
試飲のお吸い物も美味だったし、セールストーク上手いね。(笑)
1812080
 「ライダーさんにお勧め!」

本日の走行距離、約11時間で350kmちょっと。
自動車専用道は使ったけど、高速道路を使わない日帰りでは過去最長。
普段お散歩レベルばかりのnyaponは、少々お疲れ。

腰が痛い、首が痛い。途中で足がつりかけたし・・・。(苦笑)

↑このページのトップヘ