なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: カフェ&レストラン

長距離長期間のクルマ旅を控えた、この夏休み。
先日の山中湖キャンプ以外に予定は入っていなかったので、
「お泊りツーでも行ってきたら?」というお言葉に甘えて。

キャンツーに行きたいところだけど、どこも混んでそう。
予約が必要な場所は、すでに満員だろうし・・・。
「高所のビーナスラインとか、涼しそうだなぁ。」
佐久市の安いビジホに空室を発見。 よし、これでいこう♪

カレンダー上は連休明けの平日となる火曜日の朝、
普通にみんなで朝食を取ってから、のんびりと出発。
相模湖ICからすぐに中央道に乗ってしまう予定だったけど、
意外にまだ涼しくて快適なので、甲州街道R20を東へ。
20081201
 日陰なら、まだ快適♪

今日は宿も取ってあって、急ぐ旅ではない。
できることなら高速道路は使いたくないくらいだけど、
さすがに、そこまでやると余裕がなくなるので。(苦笑)

笹子峠を越えて、甲斐大和の道の駅で最初の給水休憩。
お約束、甲府盆地に下りる前の勝沼ICから中央道へ。
高速に乗れば、メッシュジャケットを通して強制空冷。
八ヶ岳PA付近から先、空気が少しヒンヤリしてくる。
200812a
 八ヶ岳の雲も取れた

諏訪南IC到着が、10:50。「あと10分で開店か・・・。」
IC出口の前にある「ハルピンラーメン」に立ち寄り。
家族で行く時は諏訪の本店なので、諏訪南IC店は初めて。

コロナ対策で、カウンターは席を減らして仕切りが。
4年熟成のたれは、本店と変わらぬ味でうまうまでした♪
しばらくラーメン屋さんも控えてきたので、なおさら。
20081202
 味玉ハルピンラーメン

神奈川にいるnyamoからは「この暑いのにラーメン?!」
とメッセージが入ったけど、全く問題ない陽気で。
みんな羨ましがるので、お土産用もお買い上げ。(笑)

久しぶりの美味しいラーメンに満足、いよいよお山の方へ。
K17からR152大門街道で、まずは白樺湖を目指す。
ぐんぐん標高が上がり、気温が下がっていくのが分かる。
200812b
 「さあ、行くよー♪」

いよいよ、バイクでは4年ぶりのK40ビーナスラインに。
白樺湖から上り始めた途端、バイクだらけ!(笑)
最初の、白樺湖を見下ろす展望台までの間にも・・・
200812c
 ブーン♪

200812d
 ブンブーン♪

諏訪あたりから見上げた時は雲が多そうに見えたけど、
どうやら、青空の下を気持ち良く走れそうだ。
秋の「雲ひとつない青空」もそれはそれで良かったけど、
夏らしい雲の浮かぶ空も、表情があってなかなか♪

ここまで来たら、日向でジャケット着用のままでも快適。
20081203
 白樺湖を見下ろす

200812e
 ご機嫌♪

クルマもそれなりに多いものの、いいペースで流れる。
霧の駅の交差点まで来ると駐車場の混雑が見えたので、
手前のパーキングスペースに入って小休止。

霧の駅は、売店などの施設が閉店したと聞いていたけど、
また再開しているのかな?
200812f
 来て良かったぁ

20081204
  夏らしい空だ・・・

K194/460に入って、標高2000m超の美ヶ原を目指す。
変わらずバイクは多くて、ヤエー大会も継続中。

制限速度まで出せないトロい車で行列ができているけど、
ずっとイエローラインだし、まあのんびり行きましょう。
ただ、対向車が来るだけでブレーキを踏むのはやめて。
20081205
 美ヶ原からの絶景!

美ヶ原の道の駅も、クルマはほぼ満車の混雑。
バイクも、山側に駐輪スペースが増設されていた。

わざわざ密なところには入っていきたくないので、
ケータリングカーでソフトクリームを買って休憩を。
お姉さんがサービスしてくれたけど、バランスが・・・。
20081206
 落ちる、落ちる!(苦笑)

さすが、日本最高所にある道の駅。 涼しいぃ・・・。
今日は風もあるので、Tシャツ姿では肌寒いくらい。
今回の「避暑ツーリング」、目的は完全に達成したぞ。

風もなかなか強くて、帽子が飛ばされそうになる。
ソフトクリームも溶けて飛び散り、手がベトベト。(苦笑)
20081207
 高原美術館の向かいの丘から

この後、本当なら王ヶ頭の方へ回ろうと思っていた。
「裏ビーナス」とも呼ばれ、ツーリング雑誌などでも、
いつも「本当の絶景はこっち」と紹介されているので。
宿を取って日帰りしなくて良い今回は、チャンスだと。

しかし昨日になって、途中で通行止めなのを知った。
昨年の台風で道路が崩壊し、復旧していないらしい。

仕方がないので、おとなしく宿のある佐久へ向かおう。

やっと・・・、やっとバイクに乗れそうな週末。(笑)
明日の日曜はやることがあるし、行くなら今日だ!
久しぶりなので、軽く「ランチツー+α」くらいで。

今まで3か所しかなかった、神奈川県内の道の駅。
以前、箱根峠・山北・清川を1日で周ってみたけど、
6月の末に、県内4か所目の道の駅がオープンしていた。
県内制覇のタイトル奪還と、応援に行ってこようと。

午前中は晴天で暑くなりそうなので、
快適にクルージングできる小田原厚木道路で西へ。

上下線とも、覆面パトカーに捕まっているクルマが多い。
東名から直結で70km/h制限だから、要注意なこの道。
この神奈川県警のドル箱路線で飛ばすのは、大体県外車。
20080106
 これで4台目・・・

小田原東ICで降りて、R255から酒匂川を渡って到着。
南足柄市にできた、道の駅「足柄・金太郎のふるさと」。
市内には、昨年訪れた「金太郎の生家跡」などもある。
20080101
 金太郎がお出迎え

お腹を空かせてきたので、混まないうちに早めのランチ。
地元食材を使った「ふるさとゴハン食堂」というのが。
手を消毒、マスク着用で入店。カウンター席には仕切りも。

肉料理がおススメみたいだけど、あっさりとお蕎麦で。
涼しげなビジュアルに魅かれて、「2色ざるそば」を注文。
足柄茶を使った茶蕎麦は、ほんのり苦みがあって美味♪
ハーフ&ハーフかと思ったらフルサイズ×2で満腹。(苦笑)
20080102
 うまうま♪

この道の駅、施設も駐車場もそれほど大きい訳じゃないけど、
ちゃんとバイクと自転車の駐車エリアがそれぞれ確保され、
食堂とは別に、座ってゆっくりできる屋内の休憩所がある。

バイク乗りとしては、これはなかなかポイント高し。
食事をしないと、座るところがほとんど無い駅もあるから。
コロナ禍で大変な時のオープンだけど、がんばって!
20080103
 バイクエリアは道路直結

20080104
 左の建屋は純粋な休憩スペース

食事を終えると空は薄曇り。 R246に出て帰途に。
帰りは信号の多い国道でも暑くないという読みは当たり!
しかし、やはりラジファンが回ると足元に熱風。(苦笑)
パラっとスクリーンに雨粒が当たったけど、一瞬だけだった。

お約束の秦野市内でしばらくノロノロになったものの、
善波峠も順調に超えて、伊勢原からいつものお山経由で。
宮ヶ瀬方面に向かうとバイクも多く、ヤエー大会開始!
20080107
 v(・∀・)yaeh!

路側の温度表示は27℃。 それでも山間はひんやりとする。
いつもの駐車場に寄ってみると、そこそこの混み具合。
停められる隙間もあったので、アイスコーヒー休憩を。

時々、風に乗って霧のような雨が流れてくる。
空は明るいけど、ザーッときたりしないうちに帰ろう。
20080108
 平和な混み具合で

今日からフルメッシュのジャケットにしてきた。
トンネルに飛び込んだ瞬間には、「あぁ、涼しいぃ♪」。
ただ路面はウェットで、これは絶対に汚れたな。

途中の中津川の河原は、BBQ&水遊びで盛況。
すっかり夏空の積乱雲を見上げながら、無事に帰着。
夜のニュースを見ていたら、関東地方も梅雨明けしたと。

それにしても、ちょっと走っただけで、この腰の疲労感。
外出自粛と長梅雨で、相当弱ってるな自分・・・。(苦笑)
20080105
 お土産は、金太郎印のひとくち羊羹♪

予報どおりに昨夜から雨の降りだした奥三河路。
今日もR257を南下開始。 設楽町に入ると豊川に沿って。

ちょうど1年前、ツーリングで訪れた廃線跡が見え隠れする。
nyamoも好きだけど、雨模様だしキャンカーじゃ停めづらい。
「ほら、あそこに鉄橋」「ここにトンネルの跡」と観光案内。
20032711
 国道から見える、旧豊橋鉄道 田口線の鉄橋(2019/3撮影)

県境を越えて静岡入り。 浜松市街から浜名湖畔へ。
「これで、R257をほぼ走破した?」なんて思ったのだけど、
北の終点は不通区間、重複区間の先、飛騨高山だった。
なかなか興味深いルートをつなぐ国道だったのね・・・。

午前中は、浜名湖体験学習施設「ウォット」に。
静岡県水産技術研究所付属の小さな水族館なのだけど、
面白い飼育員さんやスタッフさんが揃っているようで。
20032701
 浜名湖や遠州灘などの生き物を紹介

まず、ポスターのコピーが、「イルカ? おらん。」(笑)
潔い。 もうこれで「小さいけど面白そう」というのが伝わる。
掲示してあった「飼育員あるある」も、なかなか良かった。
「魚は食べるのも好きだけど、お寿司がエサに見える」とか。

そもそも、エントランスを入って最初の映像展示が・・・
20032702
 「うな丼ができるまで」(笑)

いや確かに、ウナギの養殖の研究も大事なお仕事ですよね。
ちゃんと、真面目な研究施設の見学もできるようになっている。
やはり、体験教室などのイベントは休止中だったけど。
20032703
 正式名称は「静岡県水産技術研究所 浜名湖分場」

ここ、以前グラトラでキャンツーに来た「渚園」のすぐ隣にある。
昨夜から雨模様でもあり、最後のPCXさんが撤収中だった。
20032704
 またバイクでも来たいな・・・

さて、浜名湖に来たらやはりウナギを食べて帰りたい。
以前にも来た、平日ランチがある鰻屋さんに再訪!

小振りなランチサイズながら、リーズナブル価格。
大きな駐車場もあって、キャンカーでも入りやすいお店。
ウナギを食べないチビ達にも、お刺身定食も安くて♪
20032705
 うまうま♪

さて、午後はノープランだったけど、掛川花鳥園に再訪しよう。
最近我が家にやってきた、インコの「くるみ」さんの友達がいる。
R1で天竜川を渡り、磐田、袋井を抜けて掛川市街まで。

花鳥園は、nyaponとnyapotaは2度目。
nyamoとnyamotaは、2人旅でこの間にもう1回来ている。
子供の頃からインコを飼っていたnyamo氏。
「ここは何度来ても飽きない。」(笑)
20032706
20032707
やはりここも、一部のイベントが休止になっていたけど、
雨もしのげて、それほど混雑していないのが良い。
ちょうど咲いていた、色々な種類の蓮の花が綺麗だった。

フクロウとにらめっこしたり、インコにエサをあげたり。
キャンカーでも、もう1羽待ってますけどね・・・。(苦笑)
屋外ではカモの昼寝を邪魔したり、エミューと遊んだり。
20032708
20032709
何度も利用している、つま恋のお風呂でさっぱりしてから、
掛川の道の駅に行ってみたけど、何だか混雑していてスルー。
島田金谷ICから新東名に乗って、東へ戻り始める。

無印東名に合流して神奈川に入り、鮎沢PAで本日の予定終了。
直線であと30km。 普通の人はそのまま帰宅だろうけど。(笑)
20032710
 「中型車枠」がお気に入り(小型も駐車可)

ここ、トラック向けのPAなので小型車枠は少ないのだけど、
幅広の中型車枠があって、キャンカーにはありがたい。
そして、やはりドライバー向けで、定食が豊富な食堂も良い♪

今日も朝の定食を食べてから、霧の中を出発。
厚木に近くなると、空は曇りながら明るくなってきた。
海老名JCTも順調に通過して、給油も済ませて無事に帰宅。

神奈川県も「不要不急の『人混みへの』外出自粛」を要請。
しばらくは、大人しくしておくようだな。
まあ、会社が休みになったり、在宅ができる訳じゃないけど。

先月あたりから、家の用事があったり、クルマ旅に出かけたり、
新青ぎつね号の初期対応で電装品の取付けをしたり、
週末に色々やりたいことがあって、あまりバイクに乗れていない。

最後に乗ったのはPCX150で、特に400Xこまち号の方には。
まあ花粉飛散のピークで、真冬以上に辛い時期でもあったけど。

出勤だった昨日の朝は、多くのバイクとすれ違った。
この土日も、神奈川は晴天で気温も20℃を越えるとの予報。
「久しぶりに、2台でランチツーに行ってみようか」と。
20032101
 「おなかすいたぁー!」

2人とも、バッテリーが上がってないかドキドキだったけど、
無事に一発で始動して出発できた。
チェーンに薄っすらと見える赤いモノには、気付かないふり。

以前にも来た、古民家を移築した創作うどんのお店へ。
nyamota氏、最近うどんに目覚めたのだと。
しかし、注文したカレーうどんが「大人の味」で苦戦中。
「ベロが痛くなったきたよ・・・」と。(笑)
20032102
 「白」うまうま♪

20032103
 「海鮮かき揚げ」うまうま♪

満腹満足。 食後はお山を周って帰ろう。
路側の温度表示は17℃。 ポカポカ陽気で気持ちいい♪
やはり今日も、こちらの車線も対向も多くのバイクが。

「停められるかなぁ?」なんて話しながら、いつもの駐車場に。
ちょうど昼時で覚悟していたけど、思ったより隙間がある。
20032104
 「やっぱり、お水が緑色だね。」

お店にも入ってみたら、コロナ対策で食堂の営業を休止中。
なるほど、これもあって昼時にしては落ち着いていたのね。

こんな時に、あえて人混みや密閉空間にいるつもりはないし、
飲み物を買って外でまったりしましょ。 気持ちいい陽気だし♪
20032105
 新作発見!

20032106
 いっぱい停まってるけど・・・

駐車場は2輪4輪ともほぼ満車なのだけど、人は少ない印象。
みんな、意識して広場の方でのんびりしているのかな。
運転中はマスクをしていないけど、今日はクシャミが出ない。
もう、ヒノキの花粉の飛散も多くなっていると聞いたけど。

給油も済ませて、無事に帰宅。 良い気分転換になった。
さて、あのチェーンに薄っすらと浮いた赤いモノ。
自分で掃除するか、来月の12か月点検でお願いするか・・・。

nyaponもnyamoもカレンダーどおりに休暇を取ったこの週末、
2020年のクルマ旅初めに行ってこようと。

常磐・東北・関越・中央・東名・・・、どっち方面に行こうか。
天気が崩れる予報なので、積雪凍結が少ない方向?
やはり一番無難な東名方面、nyamoが選んだのは愛知県。

午前中はnyapotaの部活があった土曜日、夕方出発で西へ。
今日は、移動だけなので珍しく新東名をバビューン!
120km/h制限区間も、トラックに付いて90km/hだけど。(苦笑)
浜松SAまで前乗りして、本日の予定終了。
20011301
 紅く染まる富士さま

日曜朝、天気は先週までの予報よりも良い方へ振れたようだ。

東海環状道に乗り継いで、豊田市の「科学体験館」へ。
プラネタリウムやワークショップ以外は、基本的に無料の施設。
対象年齢はnyamotaあたり? でも兄貴もこういうのは好き。(笑)
20011302
 「お兄ちゃんたち、何してんの?」(笑)

20011303
 それ、上に跳んでるか?(苦笑)

午後は、長久手の愛・地球博記念公園に行って、
15年ぶりにモリコロに会ってこようかと思っていたのだけど、
駅前でランチしたり、お店を見たりしていたら、いい時間に。

モリコロに会うのはまたの機会にして、長久手の温泉へ。
農産物の直売所やレストラン併設で、駐車場は結構な混雑。

夕食には早いので、お弁当を仕入れて瀬戸市の道の駅へ。
さすが「せともの」の街。 周りにも大きな製陶工場がたくさん。
20011304
 トイレの表示からして、カッコいい♪

20011305
 手洗い場も!

道の駅にも販売所があって、蕎麦猪口がちょっと気に入った。
nyamoも茶碗が気になったらしいのだけど、閉店時間に。
ゆっくり陶器を見て回るには、到着するのが遅かった。

「全部を見られてないので、今日はやめておこうか。」
ちょっと惜しいけど、今回は縁が無かったということで。

この道の駅、コンビニ併設でなかなか便利。
レストランは、コーヒーのモーニングもやってるらしいな・・・。
20011306
 コンビニあり♪

翌朝、コンビニコーヒーでも買ってこようかと思ったけど、
「やはり、名古屋圏に来たら『モーニング』だよね!」
トーストのトッピングは選べたけど、やはり「小倉」でしょ♪

神奈川あたりだと「モーニングセット」というメニューだけど、
あくまでオーダーはコーヒーだけなのが、こちらの流儀。
しかし、お店ごとの特色とはいえ、何ゆえにのり巻き?(笑)
20011307
 カフェオレ以外は、あくまで「サービス」

さあ、朝から満足したし、がんばって帰ろう。
せと品野ICから東海環状道に乗って、土岐JCTから中央道へ。

恵那山TNで県境を越えて信州伊那谷に下っていくと、
正面に南アルプスの山々を望む大好きなポイントが。
ちょうど2週間前にも走ったけど、雨の前回と違って今日は、
20011308
 雲多めながら、絶景♪

岡谷JCTを過ぎてもクルマの流れは良く、順調に相模湖ICまで。
ゆずさんのいなくなったダイネットは少し寂しくなったけど、
2020年のキャンカーでの初旅も無事に終了。

今年も、nyapotaの部活の合間にお出かけする感じかな。

2016年 お散歩ツー初め 「隧道と蕎麦と温泉と
2017年 お散歩ツー初め 「ダムと蕎麦と温泉と
2018年 お散歩ツー初め 「大福と蕎麦と温泉と
2019年 お散歩ツー初め 「空母と蕎麦と温泉と
これ始めて、もう5年目か・・・。 さて今年は、と。(笑)

年の瀬旅の帰途、例年なら「今年最後の富士さま」を眺めつつ。
それが昨年はずっと雨模様で、年末のご挨拶ができなかった。
ならば、新年のご挨拶をしに行こう! 富士見風呂、いいじゃん♪
20010501
 バキバキに凍ってますな(苦笑)

一日フリーになりそうなのは、今日だけ。
しかし、昨夜の雨でクルマの水滴はバキバキに凍り、路面も白く。
明るくなる7:30出発の予定だったけど、さらに1時間遅らせよう。
20010502
 さて、そろそろ行きますか

路面にも日が当たり始め、庭のクルマも解凍されたので出発。
国道に出ても、山影になるカーブは真っ白で要注意。
スピードを控えて、できるだけバイクを寝かさないように。
20010509
 「嫌ぁー!」(苦笑)

伊勢原に出てR246に入るころには、やっと路面もドライに。
善波峠のトンネルを抜けると、正面に・・・
20010503
 富士さまどーん!

往きは、ずっと下みちでR246の予定。
裾野市あたりで富士見風呂のつもりだけど、ちょっと足を延ばす。
長泉町と沼津市の境にある「鮎壺の滝」を見物しに行こうと。
昨日、テレビの「ぶらり途中下車の旅・御殿場線」で見た。(笑)

ジオサイトとして登録されたらしく、無料の観光駐車場も。
富士山の溶岩流によってできた、高さ9m幅65mの滝。
住宅街の一角にいきなり現れるのがインパクト大で、
パンフには「はるかに望む富士山が絶景」とあるけど・・・
20010504
 富士山の前にマンション(苦笑)

20010505
 上流側から見ると、こんな感じ・・・

さて、裾野市まで戻って温泉に行こう♪
帰りはR246に出ず、K87,394,24を乗り継いで。
東名、新東名をくぐって北上すると、富士さまが目の前に!
20010506
 頂上に被っていた雲も消えた

11:30になったので、先にお蕎麦を食べに行こうと。
目を付けていたお店は、定食屋さんながらお蕎麦とうどんも。

とろろが美味しいらしいので、「ざる とろろそば」を注文。
「あれ?とろろは?」と思ったら、既につゆの底に入っていた。
ごはんまで付いて、もはや「とろろ定食」に近い。(笑)
コシのあるお蕎麦、とろろ入りのおつゆ、うまうまでした♪
20010507
 ざる とろろそば 700円

食後は、温泉に入って温まる。
塩分が多いサッパリ系の泉質で、乾燥した肌には少しピリピリ。
露天風呂からは、快晴の空と富士さまどーんで超ご機嫌♪

何だか見覚えがあると思ったら、以前クルマ旅で来たことが。
「いいお風呂見つけたっ♪」なんて思っていたのに。(苦笑)
20010508
 帰る前にもう1枚♪

さて、帰りは東名でバビューンの予定。
今日も大和TN付近で渋滞予測が出ているので、早めに帰ろう。
御殿場ICから乗ると、既に始まっているとの情報。
まあ、この車の量なら、海老名JCTまでは延びないだろう。
20010510
 無事クリア!

圏央道でも、相模原IC付近での事故渋滞が延びてきたけど、
こちらも、巻き込まれる前に圏央厚木ICから脱出成功。
バイク用品店の初売りセールに立ち寄ってみるも、収穫無し。
15:00に帰着して、2020年 お散歩ツー初めは無事終了。

この「○○と蕎麦と温泉と」シリーズ、来年も続くか?(笑)

今年の年の瀬旅は、恒例の大晦日リターンではなく30日戻り。
とはいえ、帰宅翌日は疲れているだろうし、晴天とも限らない。
なので、先日の千葉ツーでバイクは走り納めたつもりだった。
しかし本日の天気、終日晴れで気温は15℃越えの予報!

真冬でこんな予報の出ている日に、乗らない訳には・・・。
nyamo & nyamotaは、一足先に午前中にひとっ走り。
「宮ヶ瀬の駐車場は、バイクがいっぱいだったよ!」

それじゃ、父ちゃんも午後から行ってみよう。
「本当に暖かいな♪」と走っていたら、湖畔の温度表示は20℃!
完全冬装備で来たけど、ネックウォーマーなんて不要だった。
19123101
 みんな、考えることは一緒(苦笑)

いつもの駐車場に着くと、4輪エリアも半分くらいバイクで。
のんびり缶コーヒーという雰囲気ではないので、すぐに退散。

オギノパンに行こうか。 大晦日恒例のアレをやってるはずだし。
こちらも混雑していたけど、バイクスペースはまだ空いていた。
それじゃ、あげぱんを買う前に・・・
19123103
 年越しそばのふるまい♪

毎年大晦日になると、ここから近い「せき麺」さんが出張。
週末になるとコンビニ駐車場に出る屋台は釜揚うどんだけど、
今日はおそばで、しかも無料でふるまってくださる。

年末恒例にしているライダーも多いおそば、うまうまでした♪
揚げたてホカホカのあげぱんを買って帰ろう!
19123102
 ホカホカ♪

nyamotaが、家の近所の駐車場でnyamoと一緒に、
サンタさんにもらったブレイブボードの練習をしているらしい。
(スケボーみたいな、足を動かしてクネクネ進んでいくやつ)

よし、あげぱんを届けてやろう。
19123104
 「おっ、前に進んでるじゃん!」

手をバタバタするおそらく不要な動き(笑)はセットだけど、
何となく前に進んでるじゃん! うまいうまい!
父ちゃんなんて、こんな2輪の板の上に立てる気もしないぞ。

はいはい、あげぱん休憩しようぜ。
手も顔も砂糖まみれのnyamota、外で食べさせて良かった。(笑)
2人は練習続行。 「父ちゃんは、先に帰ってるぞー」。

これで2019年も、2輪4輪とも無事故無違反で全運用を終了。
来年も、良いツーリング&クルマ旅ができますように。

今週末は晴天の予報。 日曜日は出られないので、今日だ!
あれ? 朝起きて新聞を取りに外に出ると、めっちゃ曇天。
遠出はやめ。(苦笑)日が射し始めた10時過ぎ、ランチツーへ。

久しぶりに、伊勢原の山盛りのそば屋さんに行ってみよう。
新東名に先行して開通した、伊勢原大山ICへのアクセス道路で。


黄色点線の南側の部分は、すでに開通済み

19110901
 「おぉ、いい道ができてる・・・」

大山参道の「山そば店」さんに到着。
今日も、天ぷらを揚げるごま油の香りが食欲を・・・。
注文もいつもの、「もりと、かき揚げを皿でお願いします。」

以前、「おじいちゃん店主がいなかった」と聞いていたけど、
今日は厨房に立たれていて一安心。 でも始めて見る若い方も。
盛りの方は変わらぬボリュームで、満腹満足♪
19110908
 ごま油のいい香りが♪

19110902
 このボリュームで、500円+150円!

少々苦しいお腹で、再び、伊勢原大山ICの脇を抜けて。
伊勢原JCTからここまでの1区間は年内に開通予定だったのだけど、
先月の台風19号の影響で2020年3月に延期された。

このK603も北側部分が開通すると、「分れ道」交差点につながる。
そうすると、厚木市東部や清川村方面とそば屋・・・じゃなくて、
伊勢原大山ICとのアクセスがかなり良くなる。(笑)
まあ新東名自体、静岡方面が開通してナンボだろうけど。
19110903
 E1A 新東名 伊勢原大山IC 入口

19110904
 K603 北側の工事は、まだこれから

鉄板コース、清川村の土山峠から宮ヶ瀬へ。
何だか今日は、宮ヶ瀬エリアに入る前からヤエー率高し。
片勾配の峠を登り切った途端に、目の前に満水の湖が。
水の色はまだ茶色のままで、流木もたくさん。

K70 ヤビツ峠方面は、台風以来の通行止めが続いている。
年内の復旧は、とても無理そうな被災状況だと聞いた。
19110905
 本日の貯水率 97%

いつもの駐車場に着いてみると、
「あれ? この先の北岸林道のゲートが開いてるぞ?」
Googleマップでは通行止め表示だったけど、開通した模様!

空はすっかり快晴に。 ピーヒョロローとトンビも旋回中。
ホットのカフェオレを片手に、皆さんのバイク見物。
珍しいTDR125を2台も見たのが、本日のハイライト。
125くらいの2st、面白そうだなぁ。
19110906
 1本だけ見頃(笑)

19110907
 午後は、お散歩ツー日和に

今日復旧したばかりという、北岸林道で帰途に。
これで、湖を周回してオギノパンへというルートが復活した。

途中、何か所かで路面の土砂を取り除いた跡が。
ダムサイトの脇では、路面から土埃が上がるほどだった。
コーナーにも砂利や土が残っている場所があるので、
特に自転車やバイクは、通行の際はご注意くださいませ。

午後になると晴れ間が見えて、「3時の缶コーヒー」かなと。
バイクのエンジンを掛けて、まさに出発しようとしていたら、
買い物と用事を済ませたnyamoが帰ってきて「私も行くっ!」。

宮ヶ瀬方面の道路状況を確認しようとSNSを検索していると、
美味しいと評判の焼いも屋さんが近くに来るとの情報。
15時開店らしいので、おいもを買って宮ヶ瀬で食べよう♪

神奈川県内各地に出没している「みなと屋」さん。
今日は、愛川町半原のR412沿いにある古着屋さんの前で。
すでにクルマもバイクも数台停まっていて、絶賛営業中。
19102701
 石焼いも 「みなと屋」さん

19102702
 「2本買ってね♪」

とても愛想の良いお兄さんとお姉さんのお2人が接客。
「今日は、ツーリングにも良い天気になりましたね!」
お客さんみんなと楽しそうに話しながら、おいもを手渡してる。

持参した保温バッグに大事にしまって、宮ヶ瀬へ急ぐ。
台風19号の後は通行止めとなっていた、K514で。
路面には、まだ砂利や土が残っている場所もあるので注意。
いつもの駐車場でコーヒーを買って、「おいも、早く!」(笑)
19102703
 本当にトロットロ!

半分に割ってみたら、本当にトロトロで蜜が流れ出しそう♪
一口食べてみると、2人して「うわっ、甘っ!」。
食べているだけで、手がベトベトになるくらいジューシー!

この美味しさで、あの温かい接客。 常連さんも多いはずだわ。
何だか、やんちゃなクルマのお客さんが多かったけど。(苦笑)
愛川にもよく来てくれるようなので、またリピートしなきゃ。
19102704
 ブラックコーヒーとよく合う♪

路側の温度計は18℃で、走っていると少しヒンヤリだったけど、
ホカホカの焼いもとホットコーヒーが美味しい季節に。(笑)

宮ヶ瀬湖はまだ茶色。 水面にはたくさんの流木も。
北岸林道と道志みちへ抜けるK64は、まだ「災害通行止め」。
それでも、今日も多くのバイクやクルマで盛況。
山中湖方面へ行けないので、ここが終点の人も多いのだろう。
19102706
 宮ヶ瀬は今日も元気です

北岸林道は通れないけど、同じルートを戻るのはつまらない。
鳥屋からK513経由で帰途に。 暗くなる前に無事帰宅。

往きのルートでは、スプラッシュが上がることは無かったけど、
帰りは、斜面からの水が路面を流れている所が多かった。
宮ヶ瀬周辺も、通常モードに戻るにはもう少し時間が必要かな。

今夏、「バイカーズパラダイス 南箱根」という施設がオープン。
場所は、ターンパイクと湯河原パークウェイの入口の向かい側。
箱根を名乗っているけど、住所は静岡県で伊豆ナンバーエリア。

「日本で初めてのバイカーのための楽園」ということながら、
「GATE COST」という名の入場料が必要なこともあり、
「雰囲気最高!」から「2回目はない」まで、評判は様々で。



これは、行って確かめてみなくちゃ。(笑)

職場が5連休となり、ちょっとした秋休みとなった月曜日、
薄曇りの空の下、小田原厚木道路から箱根新道へ。
箱根峠からK20に入り、湯河原峠のバイカーズパラダイスに到着。

バイクエリアは3000台駐車可能ながら、クルマは数十台分か。
GATE COSTを比較しても、完全に「バイクファースト」な施設。
19102101
 GATE COST:500円/1日(2輪・3輪)

19102102
 停めやすい駐車枠♪

建屋の前には、レンタルバイクがずらり。
周囲にはコンテナハウスがたくさんあるけど、まだ準備中の模様。

館内では月替わりテーマでバイクを展示。 10月はKATANA。
新型に加えて、カスタムされたカタナが3台ほど展示されていた。
19102103
 新型は跨りOK

19102104
 薪ストーブでポカポカ

箱根新道を上り始めた途端に気温が下がり、13℃ほどに。
暖かジーンズで来たけど、手がかじかんで体も冷え気味。
まずは熱いコーヒーでも飲もうと、カフェへ。

カウンターにいるのは、流暢な日本語の金髪のお姉さん。
GATE COSTの支払いと、ホットのカフェラテをオーダー。
お姉さんが丁寧に淹れていたカフェラテ、うまうまでした♪
19102105
 フードメニューが無いのが残念

19102106
 バイクを眺めつつ

ライジャケやヘルメットを置ける場所が何か所もあったり、
テーブルとイスの他に、ソファーやハンモックまで。
テレビモニターでは、映画やバイク関連の映像が。
バイク雑誌もたくさん置いてあって、ゆっくりくつろげそう。

お手洗いに行ってみると、男子用は話題のバケツ型。
ここには写真は載せないので、ぜひ画像検索を。(笑)
洗面台も、水の出し方が分からないほどお洒落で。(苦笑)
19102107
 BIKERS CLOAK

19102108
 自由に使えるハンモックが

19102109
 フルカスタムのカタナの横にも

平日の午前中で、お客さんは常に十数人というところか。
週末の写真を見ると、もっと賑わうのだろうけど、
この感じだと、「座る場所も無くて」ということはなさそう。

週末は、ケータリングカーが来て、食事もできるとのこと。
案内を読むと、まだまだ準備中のコンテンツがたくさん。
「もっと整ってからのオープンでも良かったのでは?」とも。
GATE COSTに納得感が出るかは、これからの充実次第かな。
19102110
 何やら、さらに大規模な計画も

さて、ここに来てみようと思った理由がもうひとつ。
建屋の前に並んでいた、レンタルバイクを利用してみようと。
今までも、一度乗ってみたいと思ったバイクはあったけど、
どうも面倒で、料金も決してお安くないので躊躇していた。

それが、ここの店舗は、お手軽な1時間レンタルというのがあり、
保険・消費税・ガソリン代込みで、全車両 3000円ポッキリ♪
最初は、Vストローム250かセローをと思っていたけど、
「まずは、普段絶対に乗る機会が無さそうなやつにしよう」と。
19102111
 DUCATI スクランブラー SIXTY2

中免で乗れるDUCATI♪ 400Xを買うときにも気になった。
エンジンを掛けて、「ん? 何だかガラガラと荒い音だなぁ」。
DUCATIって、もっと洗練されたイメージだったのだけど。

先週の台風の影響で、箱根周辺も通行止め区間多し。
箱根峠から芦ノ湖畔に下りて、箱根神社の方を周ってこよう。
元気に回してみたら、「まあ、どうしたことでしょう!」(笑)
途端に、ヒュンヒュンと気持ちいいエンジンに変化。
19102113
 憧れてた空冷Lツイン

加減速が楽しい♪ そうか、こうやって走るバイクなのね。
いつものように、すぐにTOPに上げてトコトコではいけない。
特に、「キュイーン!」というエンブレの時の音が快感で、
意味も無くアクセルOFFを繰り返したり。(笑)

ヒラヒラと楽しいけど、やはり遠出するバイクではないかなぁ。
ここ箱根とか、道志みちに走りに行くのが面白いだろう。
シートが低くて足付きも良いし、ダートにも入ってみたりは?
19102112
 伊豆ナンバー

K20をもう1往復して、ちょうど1時間で返却。
嬉しくて途中で写真なんか撮ってたら、あっという間。(苦笑)

本当にこのプラン、「一度ちょっと乗ってみたい」には最高。
箱根のクネクネを軽く走ってきて、満タン返しの面倒もない。
来春には車種も増えるそうだし、また何かお試ししに来よう♪
大型免許を持っていれば、3000円でもっと楽しめるのにな。

400X こまち号に乗り換え、箱根の山を下りて帰途に。
「乗り易いし楽ちんだし、ほんと優等生なバイクだなぁ。」
何も凄いところはないけど、全てがちょうど良い感じ。
もちろん誉めてる。(笑)

↑このページのトップヘ