なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

酷暑の予報が出ている、台風一過の夏休み終盤。
その台風のおかげで、予定していたお泊りツーが流れた。
出撃しなきゃ、バイクは宮ヶ瀬往復だけで終わってしまう!
よし、前半のクルマ旅のように、涼しい午前中に高所を目指そう。

朝6時に出発、R412で相模湖、R20甲州街道を西へ。
山影に入ると、メッシュジャケットの腕などひんやり気持ちいい。
いいねいいね♪ 今の時間帯だけだろうけど・・・。(苦笑)

笹子峠を越え、勝沼から甲府盆地に下りていくと、
さすがに気温が上がって、信号待ちでは少々暑くなってきた。
それでも、R140雁坂みちで高度を上げ始めると、またひんやり。

三富の道の駅の手前では、路側の温度表示は20℃に!
涼しい道の駅で休憩。 さすが、我が家の真夏の車中泊スポット。
さて、冷たいお茶でも買おうか・・・、あれ?

リアケースの鍵、持ってくるの忘れたみたい。(泣)
19081701
 財布入りバッグは、この箱の中・・・

こまち号のGIVI製は、閉じるとロックする「大きなお世話」仕様。
お散歩ツーくらいだと、鍵をかけることなど無かったのに。
鍵の閉じ込みも怖くて、カールコードを付けて持ち歩いている。
完璧な作戦だと思っていたけど、持って来ないのは想定外。(笑)

さて、どうしますかね。 ここまで100km、燃料は大丈夫だ。
600円をポケットに入れておいたので、この先の雁坂TNは通行できる。
うまうまランチは諦めるとして、とりあえず埼玉 秩父入りするか?

いやいや、落ち着け。

トンネルの通行料金を払うと、全財産は20円。(笑)
今日みたいな日に水も買えないなんて、午後には倒れるぞ?
ETCカードも未挿入なので、「帰りは高速で」もできない。
もしお巡りさんに免許証の提示を求められたら、不携帯扱いか。

「これは、『今日は早めに帰れ』ということだな・・・。」

気温20℃、涼しい朝のお散歩ということで納得しよう。
フルーツラインのクネクネを楽しんで、勝沼から再び甲州街道へ。

笹子峠の手前、甲斐大和の道の駅で休憩。
「ソフトクリームあるかな?」と思ったら、フードコートは開店前。
水を買っても仕舞えないので、ジャケットのボトルポケットに。
この夏ジャケのボトルポケット、絶対に縫製を間違えてる。(笑)
19081702
 コミネさん、これ表裏を逆に縫ったでしょ?

大月あたりから、本気で暑くなってきた。
アスファルトの照り返しとラジファンの風で膝下が熱い!
神奈川に入り、道志みちとの分岐では、数百メートルの渋滞。

宮ヶ瀬経由も考えたけど、いつもの駐車場は日陰がないし、
道の駅でソフトクリームが食べられなかったのが心残り。(笑)
我が家まであと1kmちょっとの、玉子屋さんの直売所に。

黄色いソフトのスモールサイズ、今日もうまうまでした♪
東屋のベンチで休憩。 日陰と、背もたれのある椅子が嬉しい。
19081703
 黄色いソフト、うまうま

【問題】
nyaponくんは、600円持ってツーリングに出かけました。
途中で、130円のお水と140円のソフトクリームを買いました。
ポケットには、あといくら残っているでしょう?

「おやつは300円まで」のようなお散歩ツー、一応無事に帰還。
あまりの暑さに、「とっとと帰ってきて正解だったのかも。」
時間はちょうどお昼。 お腹が空いたー!

もう今日から、台風の影響でバイクには乗れないと思っていた。
朝から、日が射したり雨がパラッときたりを繰り返していたし。

しかし、午後になって明るくなったので外に出てみると、青空が。
それでも空の8割は雲で、日を遮ると良い風が吹いている。
「これは、案外お散歩日和なのかも・・・」

今回の台風、神奈川あたりでは嵐というほどの予報ではないけど、
さすがに明日は、終日雨と風が続くということになっている。
「今日のうちに、少しだけ乗っておくかな♪」
急いで準備をして、3時の「宮ヶ瀬缶コーヒー」へ。
19081401
 青空と雲の配分が絶妙で

湖畔の道に出ると、遠くの雲から流れてきた霧雨が。
メッシュジャケット越しに感じる空気がヒンヤリ。
街中のミスト装置のようなもので、これは気持ちいいぞ♪

いつもの駐車場に着くと、一瞬パラっと降ったけどすぐに止んだ。
天気予報に傘マークが並んでいたからか、空いている。
このくらいの混み具合の方が、のんびりできていいな。(苦笑)
19081402
 時々、天然ミストが舞う

決して涼しいほどじゃないけど、湖畔の風と天然ミストはいいな。
今日に限っては、エアコンの効いた部屋から出てきて正解だった。

さて、明日は1日おとなしくしているとして、
嵐が去ったら、どこかへ日帰りツーにでも思っているのに、
今度は台風一過の猛暑になるのだとか・・・。(苦笑)

とはいえ、まずは各地に被害が出ませんことを。

夏休み後半、nyamoとチビ達は、じぃじの家にお出かけ。
「お泊りツーリングでも行くなら、ゆずさんも連れてくよ。」と。
わーい♪ 急いでプランニングして、安宿も確保した。

筑波山から奥久慈を抜けて福島入り。 白河で1泊。
南会津から「酷道」で奥只見を抜けて新潟へ。 南魚沼で1泊。
翌日は、元気があったら埼玉 秩父から帰ろうかなぁ♪ なんて。

休暇に入る前は、熱中症に注意しなきゃという予報だったのに、
超大型のヤツ、台風10号「クローサ」が接近してきた・・・。
とっとと行けばいいのに、停滞で時間調整までして。(苦笑)
19081201
 出発は雨の中ね・・・(我が家の辺り)

19081202
 はいはい、到着の頃は大雨ですか(福島 白河市)

初日は、雨雲と一緒に北上していく感じなのか?
翌日も、天気は曇りベースながら時々雨で、風は強いという予報。

東日本では災害級の風雨は予想していないようだけど、油断は禁物。
ちょうど、「災害通行止め」常連の酷道を走ろうという日だし、
路面に落石や土砂、木の枝や葉っぱだらけじゃ、全然楽しくない。

せっかく送り出してくれた家族に対してはもちろん、
休暇明けには職場メンバーの安否報告を受ける立場としては、
「台風の中を走りに行って、転んで怪我した」は無い。(苦笑)
ここは、大人の判断でキャンセルしましょう・・・。

よし、ゆずさんも、お家にいていいぞ♪ 
まあ、「行かない」となると、案外晴れたりするんだよなぁ。
夏休み後半は、ゆずさんと遊びつつ、晴れたら日帰りツーだ!

日が落ちたら、ご近所で光軸の調整と照射範囲の確認だ!

畑の中の一本道で光軸確認。 おっ!上下左右ともばっちり♪
スパナと六角レンチ持参で出かけたけど、調整不要だった。
やはり人間の目って、傾きとかズレは結構正確に読み取るな。

前方から見ても、広角照射ながら完全にロービームより下の範囲。
これなら、対向車を眩惑するようなことも無いだろう。
19080303
 まずは光軸OK!

それじゃ効果の確認に行ってみようと、ダートの残る峠へ。

久しぶりに来てみると、雨で掘られて路面がとても荒れていた。
ヘッドライトだけでは、怖くて歩く速度でしか進めない状況。
何も、最初からこんな所で試さなくても・・・。(苦笑)

一旦停車して、フォグランプのスイッチをON。
「うおっ!」と声が出るほど、段違いの明るさと照射範囲!
19080304
 ロービームのみ

19080305
 ロービーム+フォグランプ

「足元」が広範囲に明るくなると、こんなに安心感が高いとは。
走行中、路肩の低木に大きなフクロウがいるのが見えて驚いた!
向こうも慌てていたけど・・・。(笑)
舗装路に出ても、街灯が少ない道などではとてもありがたい♪

400XのLEDヘッドライト、元々お世辞にも明るいとは言えず、
トンネルに飛び込んでから目が慣れるまでの間や、
逆にトンネル内の照明が比較的明るめの時など、
「ん? 本当にライト点いてる?」なんて思うことも・・・。

翌日、宮ヶ瀬へのお散歩ツーで、トンネルでの視界も検証。
19080306
 ロービームのみ 「・・・点いてる?」(笑)

19080307
 ロービーム+フォグランプ

うん、こちらも圧倒的な効果!
今までは、トンネル内に落下物なんかあったら終わりだと・・・。
これからは、少なくとも路面状況は把握できるようになった。

それにしても400Xのライト、GoProの映像で見ても、
ロービームのみだと、やはり点灯してるんだか何だか。(苦笑)
先行車がいる時なら、光が届いているのが分かるのだけど。

ドレスアップだけじゃなく、広角用補助灯としても期待どおり!
よし、夏休みに予定しているツーリングから、実戦投入だ。

もう、雨でも霧でも夜間走行でも、ドンと来い!(←うそ・笑)

今年のSSTRで、参加していた多くのバイクを見て思ったこと。
「補助灯を装着したバイクが増えたなぁ。」
もちろん多いのはADV系ながら、スポーツツアラーなどでも。
フォグランプなのかドライビングランプなのかは分からないけど。

昔と違って視力も落ちたので、夜間走行は極力控えている。
それでもトンネルなどでは、もっと広範囲を照らしてくれたらと。
「近くを広範囲に」なら、フォグの照射範囲が良いのだろうな。

まあ、特にADV系などはドレスアップという要素も大きく、
こまち号を購入した当初から、気になるアイテムではあった。
nyamoも、「最近多いフォグランプ、カッコいいじゃん」と。

春先から残業をがんばってきたご褒美に、購入許可が♪(笑)
19072001
 今回も関税はゼロながら、消費税はしっかりと(苦笑)

ガードパイプの類は付けたくないので、純正オプションは対象外。
お約束、欧州仕様CB500Xの適合品の中からいいのを見つけた。
ハイビームのキットもあったけど、やはりフォグランプを選択。
車種専用ステーとのセットを、いつもの個人輸入で。

オーストリアのショップから、今回は発注後3週間で到着。
何度か個人輸入しているけど、配達時の消費税納付は初めて。

購入したのは、ドイツのパーツメーカー「SW-MOTECH」の製品。
国際送料と税金を追加しても、純正OP一式のほぼ半額だった。
19072002
 車種専用ステーと一緒に

走りに行けそうにない梅雨時、雨の止み間に取付け作業を。
ステーの取付け、ハーネスの配策、BATTとIGNの接続。
最後に、ハンドル左にON/OFFスイッチを取り付けて、と。

途中で雨が落ち始めて、何度も中断。 結局、2日がかりで。
ETCにUSB電源にフォグランプ、後付けハーネスも増えたなぁ。
19072003
 ここにステーを共締め

点灯試験はOK。「旅バイク」感がアップした。(当社比・笑)
うむ。 まずドレスアップ効果(ここ大事)は、ばっちりだな♪

雨や霧の時には、LEDの青白い光は適しているとは思えない。
でも、その低消費電力は、発電容量の小さいバイクでは重要。
どちらかというと「霧灯」より、「広角用補助灯」として期待だし。
19072004
  「旅バイク」感がアップ♪

よし、その補助灯としての効果を検証してみよう!

5月のSSTRから戻った直後に腰を痛め、完治まで約1か月。
治ったと思ったら梅雨入りして、週末には何かと予定も。
で、ずいぶんと長い間、バイクに乗っていなかった。
時々、天日干しとかエンジン始動はしていたけど。

梅雨らしい梅雨が明けたら、やはり、いきなりの酷暑到来。
毎日、スマホには「運動は原則禁止」という通知が届く。
しかし、そんなこと言ってたら秋まで乗れないぞ。(苦笑)
19080401
 v(・∀・)yaeh!

今日も朝駆けには出られなかったので、せめて午前中に・・・。
久しぶりの宮ヶ瀬を周って、ランチに立ち寄るか買って帰るかと。

路側の温度計は31℃。 時々、雲が太陽を遮ってくれるのが救い。
トンネルで涼みながら湖畔を走って、いつもの駐車場へ。
ハーレーの皆さんがOFF会などやっていたりして、今日も大盛況。
19080402
 階段はダメ「運動は原則禁止」(苦笑)

19080403
 酷暑でも大盛況!

2019モデルの400Xさんが来られたので、声を掛けさせて頂いた。
SSTRにも出られたそう。 適合パーツの話など、30分近くお話を。
暑い中、お呼び止めしてしまいましたが、ありがとうございました!

さてランチだけど、買って帰ってゆっくり食べることにしよう。
コンビニ弁当じゃなく、今日も直売所の手作りお惣菜に。
19080404
 うまうまでした♪

BBQで大盛況の中津川の河原を横目に、無事帰宅。

久々のバイク、久々の宮ヶ瀬、バイク談義もできたお散歩ツー。
午前中とはいえ、さすがに暑かったけど楽しかった♪

5月末のSSTRから、1か月が過ぎた。
リエゾンツーから帰った直後に腰を痛め、その後、梅雨に突入。
バイクに乗れない週末は、やはり動画の編集かな。

モチベーションが上がらず、放置していたアクションカムの映像。
静止画は切り出したけど、このまま消去してしまうのも忍びなく。
SSTRへの参加は今年でひと区切りかなと思っていることもあり、
「ちゃんと残しておこう」という気持ちも湧いてきて。
19062902
19062903
19062904
少しずつ切り貼りを始めたり、BGMを検索してみたり。
プロカメラマンさんが撮ってくれた写真の販売が始まったし、
良いのがあったら取り込んで完成ということにしよう。

3回目にして初めて参加した、翌朝の千里浜での集合写真。
幟の後ろあたりに立っていたので写っていないと思っていたら、
ドローンから撮影した中の1枚だけ、顔を出していた。(笑)
その集合写真を含めて、今年も3枚ほどお買い上げ♪


 SSTR2019 サンライズ リベンジ!

あの日の気分を思い出しながら、BGMを選ぶのが楽しい。
「気持ち良いクネクネ道を、ノリノリで走ってたなぁ♪」
「暑くて辛くなった後半は、映像が少ないな。」(笑)

快晴の空と新緑。 今年は、アップテンポの曲が多くなった。
ゴールシーンは、3年連続で同じ曲。 すっかりテーマソングに。
あの千里浜での高揚感と達成感は、「やはりこの曲!」と。

フリーBGMを提供してくださる、作曲者の皆さまに感謝!

今年は、過去最長となる16分を越える超大作に。(苦笑)
リエゾンを含めると、約14時間の「太陽と追いかけっこ」。
皆さまに見て頂く動画としては長過ぎるのだけど、
あくまで自分用の思い出まとめということで、ご勘弁を・・・。

先月末に痛めた腰が、ダラダラと完治しないnyapon。
昨日とは違って快晴ながら、バイクに乗ろうという状態ではない。
ここで無理しても仕方ないし、懸案だった作業をやってしまおう。

こまち号の右側のポジションランプ、時々点灯していないことが。
普段は気付かないけど、トンネルに入ったときに「あれっ?」と。
ラバーマウントのウインカーを、ポンポンと叩くと点灯する。
19061601
 「こらっ、ちゃんと光れっ!」(笑)

方向指示は正常で致命的ではないものの、整備不良には違いない。
右側は、以前、フルバンク停車後の修理で、ケースを交換した方。
格安の互換部品を使ったので、接触不良でも起こしてる?

まてよ、交換したのはケースだけで、ソケット類は流用だぞ。
ってことは、単純に球が切れかけてるのかな・・・。
今日は最初から点灯しないし、ポンポンしてもダメ。(苦笑)
19061602
 一見、正常だけど・・・

目視ではOKに見えるけど、テスターを当ててみると、やはり断線。
フルバンク停車時の衝撃が影響したか、寿命短めに当たったか。
最近は何でもLEDなので、電球の玉切れなんて久しぶりだ。

トラブルシュートできたので、一旦休憩。 日向は朝から暑くて。

仕方ない、Amazonでポチッとしておこうか。
・・・いやいや、こんな電球くらいホームセンターにもあるな。
まだ午前中だし、来週末まで引っ張らずに作業を終えてしまおう。
19061603
 12V-21/5W

青ぎつね号でサクッと買いに行って、昼ごはん前に交換まで完了。
2個入りを買ってきて、もちろん左右とも。 点灯テストもOK。

Amazonでは480円だったけど、350円で買えた♪
いかんなぁ、最近は「何でもAmazon」になっている。
翌日配達とはいえ、結局作業は来週以降に先送りになるところ。
これ1個入りの段ボール箱が、宅配便で届くというのも・・・。

よし、何はともあれ、これで一安心だ。
もう「トンネルで気付いてポンポン」をしなくて済むぞ!(笑)

ちょうど発表された、梅雨入りを実感させる空模様の週末。
SSTRから帰還後、先送りしているチェーンのメンテもままならず。

こんな天気の日は、去年までならSSTRの動画を編集していたけど、
モチベーションが上がらず、今のところ静止画の切り出しだけ。
GoProの映像、デジカメ並みの画質とまでは言わないけど、
その超広角を活かして、Photoshopでちょっと遊んであげれば。
19060801
 Chasing the Sun!

19060701
 宴のあと

「何か、いいものが映ってないかな♪」
編集はしないけど、全ての映像をチェックしながら切り出しを。

ゴール直前、カメラでこまち号の写真を撮っていたシーン。
車線の向こうまで走って望遠で。 戻ってきて広角で空も入れて。
最後に、nyamoへの報告用にスマホでも撮って・・・と。(笑)

すると、後ろを赤いヴェルシス650が。 ん? あのヘルメット。
以前バイク系SNSでお世話になっていた、神戸のあの方では?
19060703
 「後ろ、後ろっ!」(笑)

残念ながら今年は、わずか数メートルの超ニアミスだった模様。
2年ぶりに、お話しでもしたかったなぁ。

会えなかった後輩のひとりも、翌朝の千里浜イベントには来ていて、
集合写真の時には、ちょうど反対サイドに立っていたのだとか。
まあ、団体さんで走ることをしない「ソロツー愛好家」としては、
道中の出会いとか再会とか、そんな偶然も楽しみなわけだし♪

「また、どこかで!」

昨年に続いて、SSTRの翌週の土曜はnyamotaの運動会、
日曜日は千里浜の砂と塩を洗い流す洗車大会というルーチンワーク。
19060201
 今年も、お持ち帰り

普段、バイクの洗車は基本的に水拭きオンリーなので、
水をジャバジャバかけて洗うのは、SSTR終了後の年1回くらい。

ゼッケンは早々に剥がしてしまう派。 わくたまくんステッカーも。
ラリーマシンから、通常モードの顔つきに戻った。
19060203
 ジャバジャバ♪

19060204
 ゼッケンは、今年もカード化して保存

本当はひとっ走りして乾燥させたいところだけど、腰が痛いので自粛。
SSTR後に腰のケアをせずにいたら、プチギックリに・・・。(苦笑)

立ったり座ったりが辛いけど、洗車から拭き取りまではがんばった!
若干サビも見えるチェーンの清掃&メンテは、来週以降に先送り。
19060202
 ここにも・・・

帰宅してから片付け忘れていた、サイドスタンドの下敷き。
収納している袋を見ると、ここにも千里浜の砂が。

SSTRでは、浸食で狭くなった千里浜の再生に協力しようと、
イベントの最後に「一人一砂運動」というのを行っている。
砂を持って帰ってきてしまったら、本末転倒だなぁ。(苦笑)

いつも最後まではいないので、募金をして砂を撒いていた。
今年はそれもなかったので、ハンドタオルを購入して協力をと。
1906025
 千里浜再生 Project

砂浜の浸食は、もちろん千里浜だけの問題ではない。
カード集めを楽しんでいる、ダム建設の功罪の「罪」の方でもある。
我が神奈川の湘南海岸も、同じ問題を抱えているとのこと。

世界的にも珍しい、自動車で走ることのできる千里浜。
昔は、野球ができるくらいの幅があったと聞いた。
我が家にとっても、SSTR参戦以前からの思い出の地でもある。
これからも、ドライブやツーリングで訪れることができますように。
1906026
 2008年5月 千里浜  nyapotaが初めて見た海

↑このページのトップヘ