なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

タイヤのパンクは、nyaponも過去に何回か経験している。
異物が刺さることによるものは、クルマでもバイクでも。
クルマでは、バルブの取付け不良によるスローパンクチャーも。
nyamoなど、約半年の間に2回やらかしたことも。(笑)

クルマでも最近はスペアタイヤを搭載していない車種も多いけど、
自宅なら夏か冬の在庫タイヤに交換して、店まで行くこともできる。
出先でも、使いたくはないけど一応は応急修理キットが付いているし。

でもバイクで、しかも電話の通じない山間をツーリング中だったら?
GSやバイク屋に駆け込むにしても、ロードサービスを呼ぶにしても、
何とか、だましだまし街まで出られれば良いのだな!
1903102
 COボンベのセットと、携帯用のエアゲージを装備

二酸化炭素16gのボンベ。 サイクリストの人がよく持っているやつ。
バイクなら、これ4本でパンク修理後のタイヤも規定圧にできるらしい。
スローパンクチャー状態なら、継ぎ足しながら街まで走れるだろう。
遠出の時は、以前整えた車載工具と一緒に持って出掛けよう♪

チューブの修理は、子供の頃に自転車で失敗してからトラウマ。(笑)
KLE400の頃は、先にチューブに注入しておく「防止剤」を使っていた。

しかし、チューブレスタイヤのパンク修理は、意外と簡単にできる。
何度かやったけど、修理後の空気充填さえできれば出先でも可能だし。
一応、修理キットも用意しておくかな。 まあ、これは本当に「保険」。
1903101
 個人的に実績のある「パワーバルカシール」のキットを

男子の悪いクセで、工具類を揃えることで喜んでいる感はある・・・。
しかし、遠出するときにリアケースの片隅にでも放り込んでおけば、
出先で自分以外の誰かの役に立つことがあるやもしれぬ。

先日の奥三河ツーで初装備。
廃線跡の鉄橋探索では林道にも進入。 ダム周辺では携帯も圏外に。
とりあえず、いきなりお世話になることはなく、無事に帰還!(笑)
1904041
 線路の跡なので、極めてフラット♪

少し前、ご近所のお手軽お散歩ツーのネタを検索していた時、
通称「寄り道ツーリング」というイベントを見つけた。

CD125Tに乗られているいつきさんが、神奈川県央地区で開催。
「現地集合即解散」がコンセプトで、何かプログラムがある訳でなく、
1次会はバイク談義、2次会はお湯を沸かしてカップ麺を食べる。(笑)

いいじゃん、いいじゃん♪
前回は、我が家からだと徒歩圏内にある中津川が会場だった。
14回目となる次回は4/7で、海老名市の相模川河川敷で開催とのこと。
nyamotaをお供に、nyamoと2台でお邪魔してみよう。
19040701
 クルーザーさんは、ヤエーじゃなくてサムズアップ!

直行しても早い時間。 nyamoが、厚木の桜のトンネルを見て行こうと。
それではと、相模川・中津川・小鮎川の三川合流点の河川敷へ。

堤防道路の桜のトンネルをくぐってから、河川敷に下りてみる。
桜はちょうど満開で、お花見BBQの人たちで盛況!
焼き鳥の屋台が開店していい匂いなので、ちょっとおやつ♪
19040702
 桜のトンネル♪

19040703
 グッドタイミング!

19040704
 河原でのお約束(苦笑)

それじゃ、「寄りツー」の会場に移動しようか。
あゆみ橋で海老名市側の左岸に渡り、圏央道に沿って南下。
新しくできた、新東名との海老名南JCTの直下が今回の会場。

10:30には既に数十台が集まっていて、まずはご挨拶して受付を。
名札にHNとバイク名を書いて首から下げ、早速バイク談義。
原付スクーターやカブから、大型SSやハーレーまで。
ロードスポーツ系が多くて、意外にADVやOFF車は少な目か。
19040705
 このちっちゃいカタナ、かわいい♪

宮ヶ瀬のいつもの駐車場なんかより、若者も多いのが嬉しい。
我が家のようなタンデムでの家族連れや、サイドカーで参加の方も。

SSTRゼッケンをつけた方もいて、「今年も出られるんですか?」。
ナンバーを見ると神奈川が多いけど、埼玉や群馬からの方もいた。
19040706
 nyamotaのお気に入り(笑)

12時になったら、集合写真を撮って頂いて、1次会終了。
今日は、何と暫定値で110台115名も集まったのだとか。

ほとんどの方が、2次会のカップ麺タイムへ。
適当に分かれて、適当にお湯を沸かして。 この緩さが心地いい。
19040707
 日向は暑いくらいの陽気で

湯沸かし道具を準備できなかったり、お箸なんかを忘れたりしても、
どなたかが分けてくださる。 が、我が家も失態。 やかん忘れた!

主催のいつきさんにお湯を分けて頂いて、無事に食べられた。
ありがとうございました♪
19040709
 水と火はあるのだけど・・・(苦笑)

食べ終わったら、流れ解散。 1次会と2次会で、おおよそ2時間。
3次会として、そのままどこかへ走りに行く人たちもいたり。

我が家は、往路と同じルートで帰途に。
今日は日曜日。 宮ヶ瀬などを周っても、混んでいるだろうと。
食後のスイーツに、卵屋さんのソフトクリームを食べて行こう。
19040708
 黄色いソフトクリーム♪

14時には帰宅して、「現地集合即解散」の寄り道ツーリング終了。

バイク談義タイムありの集団ラーツー? なかなか面白かった。
また、都合が合えば参加させて頂こう!

結局、雨は夜の間も降り続き、日曜も肌寒い朝に。
泊まったペンションの食堂では、薪ストーブの炎が赤々と。

これは、少なくとも出発時は冬の服装のままで良さそうだな・・・。
19033101
 暖かーい♪

出発しようと外に出ても、小雨ながら降ったり止んだり。

ペンションの前から、宇連ダムの堤体を見上げる。
まずは、あの脇に見える管理所まで上がって、ダムカードをもらおう。
すぐ近くの大島ダムの分、それぞれの記念カードと4枚ゲット♪
19033102
 宇連ダム

R151で東栄町、K1に乗り継いで静岡に入って佐久間ダムを目指す。
路面は完全ウェット。 今日も、レインウェアを出すほどじゃないけど。
飯田線に沿ってクネクネしていると、青空が見えてきた。
19033103
 やっと青空♪

途中、天竜川の橋が工事中で、広い河川敷に仮設道路が。
交互通行で結構待たされたけど、これはなかなか面白いぞ。
19033104
 仮設道路を走行中

急勾配と暗いトンネルを抜けて、佐久間ダムに到着。
堤体上で写真を撮っていると、巡回していたJ-POWERの職員の方が、
「ぜひ電力館も見て行ってくださいね。カードも配ってますので。」
「はい、今から行ってみるつもりです!」(笑)

佐久間電力館では、下流の秋葉ダムのカードも一緒に頂けた。
ここから上流、ダム湖に沈んだ飯田線の旧線跡も興味があるところ。
19033105
 佐久間ダム

山を下りて、R152で天竜川に沿って南へ。
この道が最高に気持ちいい! クルマは少なくて、信号も無く。

青空の映る秋葉ダムの水面、山の緑、湖岸の桜はちょうど見頃♪
国鉄佐久間線(未成線)の橋脚跡などを眺めながら、湖岸を快走。
19033106
 お花見ツー!

そして、ここまで来たら寄っておきたい、有名なネタポイントが。
19033107
 「月まで3km」

月には、バス停もあった・・・。 遠鉄バスで行けるらしい。(笑)

二俣の市街にある、「本田宗一郎 ものづくり伝承館」に到着。
茂木にあるホンダの企業ミュージアムの方には去年行ったけど、
「バイクのふるさと浜松」というイベントで知り、来てみたかった。

メインは製品ではなく、宗一郎氏の人となり、生き方などを紹介。
有名なCVCCエンジンの開発が技術者引退のきっかけとなった話など、
なかなか興味深くて、映像に見入ってしまった。19033108
 本田宗一郎 ものづくり伝承館

19033109
 もちろん名車の展示も

さて、本当はもう1か所行きたい所があったけど、もう微妙な時間。
欲張らず「またのお楽しみ」と、給油してから新東名の浜松浜北ICへ。

120キロ制限の試行区間を、トラックについて90キロで快走!(笑)
新富士IC付近では、昨日は隠れていた富士さまがお出まし♪
お腹が空いてきたので、駿河湾沼津SAで遅めの昼食を。
19033110
 富士さま、どーん!

御殿場JCTでは、順調に無印東名に合流。
大井松田付近で事故渋滞が始まりかけていたけど、何とか通過。
厚木に近づくと、横浜町田付近の落下物渋滞が伸びてきた。

これは、わずか数キロの「ダブルネットワーク」の出番だ!
伊勢原JCTから、先月開通したばかりの新東名 神奈川区間へ。
19033111
 お初っ!

高い高架橋からは、R246や小田厚道を見下ろせて、なかなか新鮮♪
圏央道への合流も、無印東名との海老名JCT通過もスムーズに。
これは、厚木ICや海老名JCT連絡路が混んでいるときには使えそう。

圏央厚木ICで降りて、下みちも順調。
そうだ、スポイラーっぽいの&旅装フル装備は初めてだな・・・。
いつものお立ち台ポイントで、ちょっと写真を撮っていこう♪(笑)
19033112
 近づくと、雨でドロドロだけど

川の土手に上がって、「お疲れさま撮影会」を。
15:30、無事に自宅に到着。 疲れたから、洗車は来週ね。(苦笑)

久しぶりに、お泊りツーリングに行ってみようと思う。
山の方はまだ早いだろうと、太平洋岸に沿って地図をスクロール・・・。
「奥三河」という、なかなか趣のある地域名が目に入った。

少し検索してみると、「おっ、nyaponの大好物があるじゃん♪」
ちょうど良いところに、リーズナブルな宿も見つかった。
微妙な天気で肌寒い土曜朝、服装は完全冬装備で新東名を西へ!

10時前に新城ICを降りて、JR飯田線本長篠駅前に到着。
天気は曇天。 ん? 今ポツッときたような・・・。(苦笑)
ここからnyaponの大好物、「廃線跡めぐり」♪
1968年に廃止された、豊橋鉄道 田口線の遺構を見て周ろうと。
19033001
 本長篠駅

駅構内には、田口線の使っていた細いレールが残っていた。
国鉄との分岐点を見てから、廃線跡の細い道を進むとすぐにトンネル。

愛知K32に出てさらに進むと、田口線の遺構で有名な橋脚が。
有志の方が作成した、廃線50周年記念の幟が立っていた。
19033002
 石造りの立派な橋脚

県道を逸れて、築堤の跡へ。 両側にトンネルが見える。
バイクを停めて、本長篠側の大草トンネルを歩いて抜けてみる。

途中で素掘りに変わり、抜けた先には三河大草駅の遺構。
本当に周りには何もない場所。 今なら「秘境駅」と紹介されそう。
ここも有志の方がきれいに整備されていて、駅名の看板が立っていた。
19033003
 三河大草駅跡

築堤まで戻り、反対側の富保トンネルを抜け、峰トンネルまで。
倒木の先にトンネルは見えるものの、封鎖してある模様。
まあ、そこまで深追いして探検するつもりはないのだけど。(苦笑)
19033004
 峰トンネル

K32に戻り、痕跡の無い鳳来寺駅跡を通過。
すぐ先では、キャンプ場のアクセス路にトンネル2本と短い鉄橋が。
やがて廃線跡は、自転車と歩行者専用の遊歩道に。
残念ながらバイクは通れないので、横目に見ながら県道を進む。

三河大石駅跡のバス停には、鉄道時代と同デザインの待合所。
やがて、廃線跡は県道と並行する市道に。 バイクで走れる♪
鉄橋を渡り、一番見たかった双瀬(ならぜ)トンネルへ!
19033005
 双瀬トンネル

岩の形状で斜めになったポータル部、見惚れるくらカッコいい・・・。
当然鉄道時代も名撮影地だったようで、多くの写真が残っている。
もう1本トンネルを抜けて進むと、県道のバイパス工事で道が消滅。

K32に戻って滝上駅跡へ。バイクを停めて、線路跡に分け入る。
冬ジャケ姿で倒木を乗り越えたりすると、軽く汗をかいた。(苦笑)
ホームに上がってみると、便所の跡らしき穴が。
19033006
 滝上駅跡

三河田口側の海老トンネルも抜けてみたけど、先は歩行不能。
バイクを停めたところへ戻って、K389に入り稲目トンネルを抜ける。
廃線跡のトンネルを拡張して、道路トンネルにしたもの。

田峯駅跡付近では鉄橋の橋台の痕跡。 道路の旧橋もカッコいい。
近くには、ここから分岐していた森林鉄道のトンネル跡も。
さらに先で少しだけダートの林道に入って、小さな鉄橋を見物。
19033007
 大木和田橋梁

ここからはR257となり、豊川の対岸に見える廃線跡を眺めつつ北上。
沢を渡る部分では、小さな鉄橋がチラッと見える。

清崎駅跡付近から終点までは、豊川沿いの町道が廃線跡。
まずは長い鉄橋を渡り、ここから6本ものトンネルを抜けていく。
19033008
 素掘り!

19033009
 第四寒狭川橋梁

途中、ダムの建設工事現場が。
そう、ここから先の廃線跡は、設楽ダムの底に沈んでしまうのだ。
まだ着工したところなので先の話だけど、早めに来てみたかった。

そして、終点の三河田口駅跡。
ダム工事用道路が作られ始めて、埋もれかけている。
有志の方によって、鉄道現役時代の写真パネルが展示されていた。
この時代のローカル私鉄、いいなぁ・・・。
19033010
 三河田口駅跡

19033011
 「あの橋台の場所かな?」

廃線跡めぐりは終了。 電車が保存されている「奥三河郷土館」へ。
現在は閉館中で、新しくできる道の駅に移設予定なのだと。
19033012
 豊橋鉄道 田口線 モハ14

隣設の「三河総合センター」で、建設中の設楽ダムのカードがもらえる。
天皇陛下御在位30年記念カードもあって、2枚頂けた♪

ここまでは、22kmを3時間半もかけて来た・・・。
「次は気持ち良くクネクネか?」と、茶臼山高原道路に向かって出発。
が、結構本気の雨がシールドに当たり始めて、「やめ、やめ!」(笑)

Uターンして、R473からR151を南下。
雨は降ったり止んだり。 何とか、レインウェアを出さずに。
コンビニのイートインスペースで、コーヒー休憩しながら作戦会議。
宿のチェックインには早いので、大野頭首工でダムカードを、と。
19033013
 大野頭首工

ここでも、記念カードと合わせて2枚もらえた♪
管理所では、三河田口駅跡で少し話をした方と再会。(笑)
知多から来られていて、今日は6か所のダムを周ってきたとのこと。

R151を戻って、宇連ダム直下にある本日の宿に到着。
直前から雨が本気になってきて、早めに切り上げて正解だった・・・。

こまち号に装着している、社外品のツーリングスクリーン。
長さはノーマル比 +105mmで、絶大な風防効果がある。
メーカーではバイザーと呼ぶ、「スポイラーっぽいの」も付いていた。

しかし、昨冬に雪害でスクリーン本体が破損・・・。(苦笑)
すぐ取り寄せたけど、国内で買えたのはバイザーの無しの物だけ。
前回利用した個人輸入代行ショップでも、取り扱いが無かった。

バイザーの方は無事で、その有無による違いも興味があったので、
そのうち移植すれば良いかと、とりあえず交換してから早1年。
やはり、特に高速道路では、頭部に感じる風の強さがまったく違う。

まだ、朝晩や天候によっては風の冷たい時間帯があるこの時期、
近々高速道路を使って遠出の計画もあるので、復活させようかと。
1903241
 慎重に作業を・・・

樹脂素材への穴あけ加工、雑にやるとすぐに割れたり欠けたり。
「自然災害」はともかく、自分で壊したら泣くに泣けない。(苦笑)

穴位置の型紙代わりに取ってあった、前のスクリーンでトライアルを。
ドリル刃の種類、下穴の有無や大きさ、回転や送りの速さを変えて。
相手は曲面。 ズレないよう、傷付けないよう、慎重に穴あけ完了!
1903242
 「スポイラーっぽいの」 1年ぶりに復活♪

あわせて、雪害の原因となったバイクカバーも交換しよう。
寸法が足らず、ハンドル幅とスクリーンの高さでシートの辺りが浮き、
スクリーンとリアキャリアで常に突っ張っているような状態だった。
そこに積雪があると、重量がスクリーンに集中して・・・。

5Lサイズというカバーに交換して、長さも高さもゆったりして解決。
スクリーン交換後、フロントタイヤの下1/3くらいが見えていたけど、
地面まで完全に隠れるようになって、錆びや汚れの防止にも♪
1903243
 とはいえ、積雪時はちゃんと雪下ろしを(苦笑)

昨日の土曜日、東京モーターサイクルショー2019へ。
前回出かけたのは2015年。 400Xこまち号を買う前の年だった。

朝から雨のパラつく天気の中、電車を乗り継いで東京ビッグサイトまで。
大井町か大崎から、りんかい線経由の方が安くて早いのだけど、
新橋まで出て、nyamota氏が初めてのゆりかもめで。 ご機嫌♪
1903231
 オープン時間まであと少し

到着早々、ゲート前ではマヒトさんが何やら取材していたり、
宮城光さんとすれ違ったり、二輪業界の有名人があちこちに。
「まず前半は別行動にして、自由に見て回ろうか」と。

何といっても今年の目玉は、スズキの新型カタナか。
確かにカタナに見えるけど、FZ250フェーザーも思い出した。
カワサキの新しいヴェルシス1000も見てみたい。
一段とニンジャ顔になって、悪くないな。 免許無いけど。(笑)
1903232
 New カタナ

1903233
 New ヴェルシス1000 SE

ホンダが発表した出展リストに、新しい400Xが載っていなかった。
CBR400Rはあるのになぁと思っていたら、ドリームのブースに。
ドリーム店で取り扱う社外オプションをフル装備した車両、とのこと。
フォグランプにフロントサイドバッグ、ADV感も高級感もアップ!

「展示車は500Xの白い外装なのですが、ご意見を伺えませんか」と。
「16MYの白に乗っているが、これはカッコいい♪ 欲しい!」(笑)
1903234
 New 400X(500X外装)

パーツ類では、そろそろ要検討のバッテリーとチェーンをチェック。
ウェアやシューズ、グローブなど、次期候補の品なども。
先日交換したばかりの点火プラグは、バイク専用品が発表されていた。

全体を通して一番いいなぁと思ったもの。
車両では、タイのGPXというメーカーのgentleman RACER 200。
これで40万円を切る価格とは。 近場のお散歩用マシンに面白そう♪

用品では、タナックスから参考出品されていたシートバッグ。
nyaponのサイドバッグに似た作りで、上面がテーブルになる。
キャンプや野点珈琲ツーなんかで、色々と使い勝手が良いかも。
1903237
 GPX gentleman RACER 200

1903238
 タナックスのシートバッグ

nyamo&nyamotaと合流して、フードコートでランチを。
「レディースサポートスクエア」で女子用ウェアなどを物色したり、
nyamotaの希望で別の展示棟のアニメイベントに遠征していた模様。

後半は、屋外のトライアルのデモを見たり、キッズコーナーで遊んだり。
トライアルは、今一番見に行ってみたいモータースポーツだったりする。
1903235
 「足、届いたよ♪」

1903236
 自分で描いた塗り絵のバイクが動く

歩き疲れたので、帰りは横浜駅まで高速バスで。 東口のYCAT着。
すぐ近くに日産グローバル本社があるので、ギャラリーに立ち寄り。
2人とも、ホンダのでっかいロゴの入ったバッグを持って。(苦笑)

大画面で、フォーミュラEのパブリックビューイングを開催中。
nyamo&nyamotaが見ていたら、ミスフェアレディが来て説明を。
ミスフェアレディの皆さん、いつ見ても本当に広報のプロ中のプロ。
商品知識も立居振舞いも、イベント専門の人とは格が違う・・・。

ちょうどレース終盤だったので、ゴールまで応援。
荒れたレースだったようだけど、日産チーム初の表彰台おめでとう!
1903239
 電動車だと知らなかったnyamo氏(苦笑)

家にたどり着いて、重かったバッグの中身をドサッと。
今回、カタログ、パンフの類は、ちゃんと受け取ってこようと。
「QRコードを読んでアドレス登録」とか、面倒なメーカーはパス。
「写真を撮ってSNSに投稿すると○○を進呈」というのも多かった。

Twitter、Facebook、Instagram、何もやっていないnyapon。
参加しようがない。 まあ、できても面倒でやらないだろうけど。(笑)
nyamoはホンダのくまモンステッカーのために、つぶやいていた。
190323a
 ホンダのバッグは何かに使えるな♪(笑)

190323b
 戦利品のステッカー類

そして、nyamota氏ゲットの品。 AZ製のオイルスプレー試供品6本!

nyamotaがもらおうとしたら「お兄ちゃん、全部持ってけ♪」と、
手に持っていた分を全部ドサッとバッグに入れてくれたのだと。
おじさん、気前良過ぎ! というか、適当過ぎででしょ。(笑)
190323c
 防錆潤滑スプレー、当分買わなくていいな(笑)

2月に出かけた桜まつりツーの帰り道、宮ヶ瀬に向かう山道で、
1903xx1
 nyapon 「ん? ロケバスみたいなのが停まってるよー」

そしてしばらく走った先に、何やら撮影隊がゾロゾロと・・・
1903xx2
 nyamo 「ほら、あの人、あの人! 名前が分からん!」(笑)

チラッと顔を見たnyamo氏、メジャーな芸人さんだったらしいのだけど、
我が家は民放のバラエティをほとんど見ないので、名前が・・・。(苦笑)

家に帰って一生懸命調べていたnyamo氏、「どうやらコレらしい!」。
歩いていたのはサンドウィッチマンのお二人と誰かゲストの人で、
「秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅」というシリーズだろうと。

その時点で、まだ公式サイトの次回予告には掲載されておらず、
「早く放送しないかなぁ♪」なんて言っていた。

 浅野ゆう子さんも歩いてたのね

気付いたら既に放送が終わっていたけど、何とか後追いで。
サイコロで出た数だけバスに乗り、そこから飲食店を探すという企画。
よりによって、一番何もないあたりでバスを降りたのね。
よくあの片勾配の峠を越えて、カフェまで歩いたもんだ・・・。

惜しい! ほんの数秒差で、映り込むことができなかった模様。(笑)

久しぶりに、SSTR2019のfacebookを見に行ってみた。
nyaponはfacebookをやっていないので、閲覧だけだけど。(苦笑)

ん? 何やら騒がしいぞ。
昨年よりずいぶん早く、ゼッケン番号が展開されたらしい。

どれどれ・・・
1903191
 今年は、#182♪

2017年は #2039、2018年は #1434、そして2019年は初の3ケタに。
エントリー開始日の0:05に決済完了メールが届いて、182番目。
まあ、毎年ゲスト用の欠番がいくつかあるようだけど。

3800人の定員が埋まり、現在650人の方がキャンセル待ち中とか。
やはり、すごい勢いだったんだなぁ・・・。

先月に続いて、今日もnyamoと一緒に休暇を取って平日ランチツー。
小田原厚木道路から東伊豆道路R135に乗り継いで、真鶴半島へ。
朝は少し寒いくらいだったのだけど、海沿いに出るとポカポカ暖かい。

まずは半島の一番先っちょ、真鶴岬の三ツ石海岸まで。
nyamoは小学校の遠足以来、nyaponは神奈川在住30年にして初めて。
駐車場から急な階段の上り下りで、食事前の良い運動になった。(苦笑)
19031501
 「遠足の時、ここでカニをいっぱい捕まえて帰った」(笑)

お腹も空いたので、真鶴港の魚市場の2階にある「魚座」さんへ。
こういうところ、休日なら近寄らないけど、平日の今日はガラガラ♪
レギュラーメニューではなく、手書きの「本日のおすすめ」から、
マグロづくし膳(限定2食)と、おすすめ5種盛丼(限定10食)を。
19031502
 マグロの煮付け

19031503
 頬の部分

最初に出てきたマグロの煮つけから、「うまっ!」。
1匹から2つしか取れないという、頬の肉(当たり前か・笑)はトロッ。
顎の部分の唐揚げも、コラーゲンのかたまりのようでうまうま♪
お刺身もモチッとした初めての食感で、サクサクのフライも美味。

5種盛の丼も、これでもかというほどお刺身が乗っていてうまうま!
どちらも2人で取り分けたけど、色々食べられて大満足のランチ。
ここ、お値段はまあ観光地価格ではあるけど、お味は高評価で一致。
19031504
 5種盛丼

食後は、話のネタに湯河原の「西村京太郎記念館」に行ってみようかと。
再びR135に出て南下。 静岡県境に接した湯河原町へ。

学生時代は汽車旅派で「時刻表は読み物」だったnyapon、
西村京太郎氏のトラベルミステリーの時刻表トリックは好きだった。
nyamoも一時期ハマっていたので、「前から気になっていた」と。(笑)
19031505
 「鑑識を呼んでください!」(笑)

19031506
 全著作の展示とNゲージのジオラマ

19031507
 ジオラマの中には5つの事件が!(笑)

推理小説は読むものだと思っているので、TVシリーズは見ていない。
初期の懐かしい表紙をみていると、久しぶりにまた読みたくなった。
入館料には喫茶室のドリンクが含まれているので、コーヒー休憩を。

じゃ、おやつ処に立ち寄って帰ろう。 真鶴に戻り、旧R135のK740へ。
海岸線を走る現道と違って、ミカン山の高台を気持ち良くクネクネ。
小田原市根府川にある「元祖からみもち 鈴樹」さんに到着。
19031508
 本日の別腹はこちら

「からみもち(大根)」と「あんこ」を注文。
急須のお茶と一緒に出てきた、ふわとろのお餅。 「うまっ!」。

あんこのたっぷり乗ったお餅は安定のうまうまスイーツだし、
大根おろしの乗ったからみもちは、「これ、ご飯になる」。(笑)
クルマだと少し入りづらいけど、ツーリングのおやつに良いお店♪
19031509
 辛いのと甘いのを♪

往きと同じく、小田原西ICから小田原厚木道路で帰途に。
伊勢原ICで降りて、宮ヶ瀬方面へ。 山が近づくと少し冷えてきた。
それでも天気は良くて、気持ち良くクネクネしながら湖畔へ。
19031510
 ブンブーン♪

いつもの駐車場に到着。 平日でも数台のバイクが。
風も強くて「寒い寒い」と言いながら、缶コーヒーで手を温める。
空にはトンビ。 休日など、食べ物を奪われている人も多いので要注意。
19031511
 「トンビ来たっ!」(苦笑)

19031512
 少し曇ってきたかな

GSに立ち寄って、2台とも給油を済ませて無事帰宅。
今日は風も強かったのに、ほとんどクシャミも鼻水も出なかった。
スギの花粉のピークは越えたようだな。 次はヒノキか・・・。

晴天でポカポカ陽気の土曜日、午前中からバイク屋さんへ。
先週末に預けた、400X こまち号の24か月点検&車検が完了したので。
オイル交換に行くというnyamoも、後ろにnyamotaを乗せて一緒に。
1903091
 代車は Dio 110

エンジンオイル&フィルターと前後ブレーキフルードの他に、
点火プラグと、外装脱着ついでにエアフィルターの交換を実施。
以前から気になっていたフロントフォークのダストシールのヒビは、
「まだ大丈夫なので、もう少し様子を見ましょう」という判断。

nyamoのPCXのオイル交換作業を待つ間、同世代の店員さんと、
新入荷のVFR400R(NC30)を前にレプリカ談義で盛り上がる。(笑)
1903093
 目で見て分かる劣化、異常は無し

1903092
 まだいける!(笑)

お昼も近いので、道の駅 清川のメグドンを食べに行こう。
今日は、冬パンツをやめて暖かジーンズにしたけど、全然寒くない。

道の駅に到着して、メグドンのバラとロースを注文。
清川のブランド豚「恵水ポーク」を使った豚丼、今日もうまうま♪
ロースは肉の旨味が濃いし、バラは脂が甘くてタレにも合う。
初めて食べたnyamoも絶賛。 「絶対リピートする!」と。
1903094
 このタレだけで、ご飯一杯いける!(笑)

ここまで来たら、当然「お山に上ってお茶してから帰ろう」と。
プラグや油脂類を交換したこまち号、エンジンが軽やかに回る。
これは、絶対にプラセボ効果なんかじゃないって!(笑)

インカムも移植したNewヘルメットで、nyamotaもご機嫌♪
この陽気なので、宮ヶ瀬に近づくとたくさんのバイクとすれ違う。
nyamotaは、手を振り返してもらうのが楽しくて仕方ないらしい。
今度、手が疲れるほどヤエーできる、道志みちに連れて行ってやるよ。
1903095
 ポカポカ陽気♪

いつもの駐車場に到着すると大盛況。 今日も国内外の新車旧車が。
みんなで甘い飲み物を買って、トコトコと皆さんのバイク見物。
nyamoとnyamotaは、久しぶりにお守り組み紐づくりも。
1903097
 これは新しい!(笑)

1903096
 3月になって春らしい色に

湖畔は風が強めながら、気温は13℃で日差しもあって寒くない♪
但し、山の方を見ると、あの「黄色い悪魔」が煙のように・・・。
マスクをしていてもクシャミ連発で、「もう帰ろう!」と。(苦笑)
1903098
 「ほら、花粉が、花粉が・・・」

途中、お気に入りの半原パンでおやつを仕入れてから帰宅。
車検整備でリフレッシュしたこまち号、ワックスがけで外装も綺麗に。
さあ、春のツーリングシーズンもSSTRも、早く来い♪
1903099
 次回は「平成33年」の4月(笑)

↑このページのトップヘ