なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

天気は晴れながら気温は低め、という予報の土曜朝。
しばらくバイクに乗れていないので、寒さ覚悟で朝からお出かけ。
「少しは暖かろう」と、グラトラカワセミ号以来の伊豆半島方面に。

ちょうど明るくなった7:00前に自宅を出発。空は、まだ一面に雲が。
小田原厚木道路を下りると、非日常圏に入ってツーリング気分に。
海岸線のR135 東伊豆道路に入ると、雲の隙間から日も差し始めた。
181208a
 天気回復中♪

途中の真鶴道路、熱海ビーチラインの通過を考えて、
ジャケットの袖のコインポケットには、出発前に小銭を入れてきた。
けど、「ETCじゃない料金所、面倒だなぁ・・・」と、一般道方面へ。
181208b
 決して、150円をケチった訳では・・・(苦笑)

伊東の道の駅で休憩して、さらに南下。
10:00を過ぎて東伊豆町に入ると、明らかに体感気温が上がってきた。

下田の白浜海岸ではすっかり青空に!海もこのあたりまで来ると綺麗♪
1812081
 「冬の海」の寒々しさは無く

南伊豆町に入り、一旦K16に逸れて海岸線を石廊崎方面へ。
伊豆半島最南端を過ぎ、西伊豆側に出ると山影に入る事が多くなり、
風も強くなってきて、天気は良いけど寒くなってきた・・・。

R136 マーガレットライン、彫刻ラインを北上。
所々で、遠く駿河湾の向こうに雪化粧した富士さまの姿も。
岬と入江でアップダウンを繰り返す、西伊豆の海岸線を走るのは久しぶり。
1812082
 バイクが倒れないか不安になるほどの強風で・・・

西伊豆町に入ったところで「海パート」終了。ここからは伊豆の山を堪能!
K59を内陸へ。途中からは、クルマもすれ違えない舗装林道の様相。

この時期、落ち葉が多くてスリリング。雨の後じゃなくて良かった。
それでもスギの葉が積もっているところなど、カーブの度に嫌な感触が。
何とか登り切って、仁科峠まで。ここで、富士さまの絶景を見て行こう。
181208d
 仁科峠に到着♪

バイクを停めてすぐ横の丘に登り、北の方を眺めると・・・
1812083
 絶景!

1812084
 眼下には駿河湾も

1812089
 休憩中のバラデロさんが、あまりにも絵になっていたので・・・

峠から、K59で湯ヶ島方面へ。途中、また舗装林道級の険道区間あり。

やはり路面には杉の葉が積もり、カーブの度にお尻の下で「ニュルッ」。
ただでさえ寒さで体が硬くなっているので、思わず声が出る。(笑)
後に接近したヴェルシスさんには、躊躇せずに先に行って頂く。
181208e
 「嫌ぁーっ!」(苦笑)

181208f
 「いえいえ、どういたしまして」(笑)

湯ヶ島では遅めの昼食の予定。お腹に物を入れたら、体も温まるだろう♪
・・・と思っていたら、お店が休み。(苦笑)
「不定休」のお店なので文句は言えない。仕方ない、先へ進もう。

今日は、とことん静岡K59に付き合おう。また険道で峠越えへ。
道が狭くなる直前、峠を下ってきたらしき3台のSSが停まっていて、
みんなで1台のバイクのフロントカウルを一生懸命引っ張っている。
何が起こったかは分かる。気を引き締めて「杉の葉区間」へ突入!

無事に峠を越えて、伊豆スカイラインの冷川ICに到着。
とにかくお腹が空いたので、亀石峠IC近くのドライブインまで。
軽食しか無いけど、少しでも伊豆っぽいものをと・・・
1812085
 わさび茶漬け

1812086
 わさびコロッケ

これが意外に美味で満足! まあ空腹だったこともあるけど。(苦笑)

さあ、予定も遅れ気味だし、夕暮れの伊豆スカイラインを走って帰ろう。
バイクの事故が多くて、二輪通行禁止の危機という伊豆スカだけど、
さすがにこの季節になるとアホバイクはいないのか、とても平和。
181208g
 富士さまを横目に見つつ、クネクネ♪

玄岳ICのあたりでは富士さまが赤く染まり始めた。

路肩のパーキングに入って、富士さまと相模湾を眺めつつ最後の小休止。
停めた場所が悪く、撮影中にバイクが動いて驚いたのは内緒。(苦笑)
1812087
 西には富士さま

1812088
 東には相模湾

熱海峠から芦ノ湖に抜けて、箱根新道で山を下りる。
途中、予想外の渋滞かと思ったら、事故処理で片側交互通行中。
軽自動車が側溝に落ちていた。直線区間なのだけど・・・。

小田原厚木道路に乗り継いで、伊勢原ICまで。
「暗くなる前に家に帰ろう」は守れなかったけど、18:00に無事帰宅。

お土産は、「ライダーさんに『荷物にならない』と好評なんですよ♪」と
勧められた、お湯に溶くとお吸い物にもなるキンメの入っただし塩。
試飲のお吸い物も美味だったし、セールストーク上手いね。(笑)
1812080
 「ライダーさんにお勧め!」

本日の走行距離、約11時間で350kmちょっと。
自動車専用道は使ったけど、高速道路を使わない日帰りでは過去最長。
普段お散歩レベルばかりのnyaponは、少々お疲れ。

腰が痛い、首が痛い。途中で足がつりかけたし・・・。(苦笑)

先週、nyamoのPCX150を借りた。
PCXに乗る時、ヘルメットはサブのオープンフェイスを使っている。
久しぶりに箱から出してみると、何だか嫌な匂いが・・・。(苦笑)
たまにしか使わないのに、通気性の悪い箱に仕舞っていたのが悪かった。

帰ってきてから、早速内装を取り外してお洗濯。
暑い夏を乗り切ってそのままだった、使用頻度の高いフルフェイスの方も。
一晩浸け置きして、よくすすいで、しっかり乾かして・・・と。
本体のエアインテークやバイザー、シールド可動部の汚れもきれいに。
1811211
 スッキリ!

すっかり綺麗になって、内装からはほんのり良い香り♪

ツーリングから帰る度に洗う人もいるけど、そこまではマメじゃない。
とはいえ、今回は少々お手入れをサボり過ぎたと反省。
オープンフェイスの方も、風通し良い場所に保管することに。
頭を守ってくれる大切な保護具。大切にしてあげましょう。

以前、宮ヶ瀬から伊勢原方面へ抜ける道に残っていることに気付いた、
昭和46年までの古い規格である案内標識、通称「白看」。
白地に青い文字と赤い矢印で、方面・距離や著名地点が示されている。

そして、昭和61年までの規格だった、紺色地に白文字と白矢印で
ローマ字表記無しが「紺看」、現行の青地でローマ字併記なのが「青看」。
1811171
 「白看」 昭和25年(1950)~昭和46年(1971)

1811172
 「青看」 昭和61年(1986)~

白看も紺看も地方ではまだ見かけることが多いし、意外に街中でも。
バイパス開通で格下げされた、旧国道とか旧県道などに残っていたりする。
ごくまれに、旧規格デザインのまま今どきのフォントで更新されたものも。

我が家の周りでも結構残っていたのだけど、ここ数年で急に減ってきた。
圏央道開通によるICへの案内表記に合わせて、更新されたのだろう。
歩道橋に設置されていたものも、塗装や補修時に撤去されたり。

旧道・廃道・街道好きつながりで、こういうのも大好物♪
近場で把握しているものだけでも記録しておこうかなと、お散歩ツーへ。
1811173
 方面および距離(標識コード:106-A) ローマ字無し版

1811174
 方面、方向および距離(標識コード:105-B) ローマ字無し版

1811175
 方面および距離(標識コード:106-A)

1811176
 撤去跡・・・

旧規格の標識はメンテナンス対象でないのかな?
じっくり見てみると、赤矢印がすっかり色褪せてしまったものも多い。
今日は行かなかったけど、ほとんど字が読めないものもある。(苦笑)

一番興味深かったのがこれ。
1811177
 方面、方向および距離(標識コード:105-A)

まず、「↑小野12km」。確かに、隣の厚木市に小野という地名がある。
ただ、少なくとも現在は、案内標識に地名を掲げるような場所ではない。
白看規格だった約50年前は、「小野」と聞いて分かるような所だったのか。

そして「MIMASU」。愛川町三増の読み方は、「みませ」なのだけど。
とりあえず、歴史的に読み方が変化してきたという話は聞いた事がない。
白看時代は、誤植も結構多かったらしいしなぁ・・・。

最後に、仮に厚木市小野方面へ行きたくても、直進はお勧めしない。
1811178
 限りなく、住宅街の路地だから(苦笑)

直進方向が、神奈川K63 相模原大磯線の旧道にあたるのだろうな。
決して行き止まりな訳ではないけど、ナビ無しでは絶対迷うだろう。
そもそも手前も、今の感覚だと案内標識を掲げるような道路じゃない。

うん。昔の街道や町村のつながりに思いを馳せると、なかなか感慨深い。
今日の相棒は、nyamoに借りたPCX150 あいちゃん号。
どこでも気軽に停められて周囲に変な威圧感も無く、街中散歩には最適♪
1811179
 本日の相棒

標識といえば、昨年からの新規格、「止まれ」に「STOP」が併記された
一時停止の標識。我が家の周りでは、今日初めて見かけた。
高速道路ナンバリング表示の「E1」「E20」「C4」なんかも見慣れたし、
”2020”に向けて、標識も色々とリニューアルされていくんだろうなぁ。

道路標示の「40高中」も、早いうちに探索に行ってみたいと思っている。
「高・中・低速車」の区分があったのは、平成4年(1992)まで。
なので、nyaponは「40高中」の意味を教習所で習った最後の世代。
なぜか道路好きの間でも、かなり愛されている遺構である。(笑)
181117a
 以前、筑波山付近で見かけた「40高中」

何でも、東京・神奈川などは旧標示は順次削り取ってしまうのだけど、
埼玉・茨城などは再舗装まで放置という方針で結構残っているのだとか。
こちらも、規格改定からもう30年近く。行くか、茨城ツー。(笑)

天気予報は絶好のツーリング日和。nyamoとチビ達はお出かけ。
いつもならのんびりしたい日曜日だけど、ちょっとお出かけしてこよう。
雪化粧したという、富士さまに会いに行ってこようかな♪
R413道志みちが通行止めなので、何か所も峠を越える大回りで。

のんびり朝食をとって準備をしていたら、8:00になってしまった。(苦笑)
伊勢原でR246に出て西へ。善波峠は旧道で越えて秦野市街に。
1810281
 善波峠(旧道)

峠を越えると正面に「富士さまドーン」のはず・・・、あれ?
わずかに、雲の隙間から頂上付近が見えるだけ。
予報は晴れマークながら、空の7割くらいが雲という感じだしなぁ。
松田、山北を抜けて静岡入り。K147で山中湖方面へ。

富士スピードウェイ近くの田んぼの脇で小休止のあと、峠越えへ。
明神峠を越えて一旦神奈川に。北側斜面はなかなかの紅葉具合♪
ただ、インナージャケットを忘れたことを後悔する寒さ。(苦笑)

三国峠を越えて山梨に入り、パノラマ台まで。やはり、富士さまはお隠れ。
それでも、風に揺れるススキと、紅葉の先に山中湖の眺めは絶景!
1810282
 雪化粧の富士さまには会えなかったけど

1810283
 「ええ眺めやぁ・・・」

山中湖畔まで下りて、R413道志みちへ。山伏峠を越えて、道の駅まで。
この先通行止めで空いてるかと思ったけど、バイクもクルマも多い。
すっかり体が冷えたので、道志ポークの豚汁休憩♪

・・・豚肉、破片みたいなのが1つ入ってただけなんですけど。(笑)
1810284
 道の駅「どうし」 本日も盛況

1810285
 あきらかに、いつもより具が少ない(苦笑)

道の駅の先からK24に入って、道坂峠を越えて都留へ抜ける。
いつも、クネクネを行ったり来たりして攻めてる連中がいるここ。
道志みちの通行止めで交通量が増えてるんだから、まあ気を付けてくれ。
1810286
 道坂峠

山を下りて、R139都留BP経由でK35「裏道志みち」へ。
久しぶりに、雛鶴峠の旧隧道へ行ってみようかな。
CB125の時には何とかたどり着けた都留側の坑門へ向かうも・・・
1810287
 断念!(苦笑)

気を取り直して、新隧道を抜けて上野原側の坑門へ。
こちらは、落石はいつものことながら、路面の土砂は取り除かれている。

この旧隧道、なぜか地図では通り抜けられるように描かれているので、
今日もサイクリストさんがここまで登ってこられて・・・。(苦笑)
1810288
 旧雛鶴隧道(上野原側)

正午を過ぎて、お腹が空いてきた。
以前にも立ち寄って美味しかった、「そば処 あき山」さんへ。
長野県産の粉を道志の名水で打ったという蕎麦、今日もうまうまでした♪
1810289
 お稲荷さんとサラダの「セット」を付けても800円♪

K517、76、518と走り継いで牧馬峠へ。
最大幅2m制限の峠だけど、やはり通行止めの影響かクルマが多い。
ここで対向車とのすれ違いで苦労しているクルマ、初めて見たかも。
181028a
 牧馬峠

鳥屋から宮ヶ瀬に抜けて、いつもの駐車場へ。
絶対混んでるとは思ったけど、体がコーヒーを欲していたので・・・。
ちょうど出発したバイクがいて、入れ違いで停めることができた。
181028b
 このバイクエリア以外に通路にも

自動販売機、ホットのブラックはすべて売り切れ・・・。(苦笑)
まあ、ちょっと甘いものも欲しかったのでカフェオレを。
この混雑、やはり落ち着かないので飲み終えたら退散。

給油を済ませて、15:00には無事帰宅。
今日は、山間では革グローブでもちょっと冷たかったなぁ。
もう、インナージャケットとウインターグローブは必携だな。

雲ひとつ無い快晴の日曜日。チビ2人は、じぃじの家に遊びに行くのだと。
それじゃ、バスターミナルまで送ったら、2台でランチツーにでも行こうか。
準備ができたのは正午近く。お腹が空いたので、ランチは近場で。(苦笑)

我が家から近い、養鶏場の直売店。いつも卵を買いに行くのだけど、
ソフトクリームやプリンなどが人気で、最近はバイクもよく見かける。
少し前から、「かながわ鶏」の親子丼を売り出していて、気になっていた。

メニューを見てみると親子丼の他にも、とろとろオムライス、カルボナーラ、
チキンカレーやTKGまで、卵好きには魅力的なものがたくさん♪
親子丼とチキンカレーを買って、イートインスペースへ。
1810211
 愛川親子丼&かながわ鶏のチキンカレー

鶏、卵、米、すべて神奈川県産という親子丼。
かながわ鶏の鶏ガラを使ったルーに、鶏肉をトッピングしたカレー。
この鶏、美味しい!プヨプヨしていなくて、歯応えがあって味が濃い。
下手なレストランで食べる鶏料理よりも、安くてうまうまでした♪

気候も良くなってきたので、食後は久しぶりの「野点珈琲」へ。
2週間前の静岡ツーでは夏の名残も感じたけど、今日はすっかり秋の空気。
R412で相模湖方面に向かい、旧道志橋の遺構に立ち寄り。
1810212
 今日は津久井湖の水位が高めだな

昨年、Cafe道志川を開店した河原に行ってみようと少し上流へ。
対岸から眺めてみると、既にバイクが数台いて、どうやら満席の模様。
偶然見つけたポイントだったけど、案外人気店だったのね。(笑)
今日は、左岸の駐車場に停めて、ベンチもある広場で2号店を開店!

午後も雲ひとつない秋空。日向ではジャケットを脱いで、ちょうど適温。
甘いクッキーをおやつに、小一時間、まったりとコーヒータイム。
対岸のバイクの皆さんが先に撤収。河原からの脱出を見ていると、
nyamoのPCXは下りて行かなくて正解だったかも・・・。(苦笑)
1810213
 昨年は対岸の河原で

1810214
 Cafe道志川 2号店

R413道志みち経由で、宮ヶ瀬に立ち寄ってから帰ろうか。
道志みちは、台風の影響による崖崩れで通行止めが続いている。
道の駅や山中湖方面へは迂回が必要だけど、結構バイクともすれ違う。

山影に入った途端に、インカムから「寒いー!」(笑)
宮ヶ瀬に近づくと、イベントがあったらしく箱スカがたくさん行き交う。
そして、いつもの駐車場に立ち寄ってみると・・・、大混雑で退散!
まあ、この天気だしねぇ。
1810217
 これでは落ち着かん・・・

半原パンに立ち寄って、おやつと明日のチビの朝ごパンをお買い上げ。
ちなみに、このパンもお昼に行った地元養鶏場の卵を使っている。
15時前になり、もう種類が残り少なくなっていたのが残念!

中津川に架かる、脇道の橋で小休止。
過去にバイクマンガに登場したここ、最近はちょっとした撮影スポットに。
今日は、すぐ下の河原もBBQで大盛況だった。
1810216
 「紅葉にはまだ少し早いねぇ」

川沿いの道を気持ち良く走って、無事に帰宅。
もう、メッシュのジャケットとグローブは、洗濯しても良さそうだな♪

先週出かけた、静岡の薩埵(さった)峠。
旧道好きつながりで、以前から行ってみたかった場所のひとつであり、
皆さんのアップした動画やブログを拝見して予習していた。

アクセスは、キャンカーでは厳しい道であることが分かっていたので、
「出かけるならバイクツーリングだな」と。
西の興津側からなら不可能ではないけど、駐車場が狭そうだし。

過去のアクセス動画で事前勉強をさせて頂いたお礼も兼ねて、
2018年10月現在の風景&道路状況をアップしておこうかと。


 由比から 薩埵(さった)峠へ

今度は、空気が澄んで、雪を頂いた富士さまクッキリの時期に♪

3連休明けの火曜日、nyaponとnyamoで揃って休暇を取得。
「薩埵(さった)峠に行って、桜エビも食べて来よう!」とnyamo。
チビ2人を送り出した後、約5か月ぶりの平日ランチツーへ♪

チビ達より先に帰るには、さすがにずっと下みちでという訳にはいかない。
平日に高速を使うならと、ツーリングプランを急きょ申し込んで出発!
1810091
 「さあ、あの箱根のお山を越えるよー」

圏央道から小田原厚木道路、箱根新道と乗り継いで箱根峠の道の駅まで。
標高が上がるにつれて、インカム越しに「寒い寒い」と。(苦笑)
1810092
 芦ノ湖の眺望 @箱根峠

R1を静岡側に下って三島まで。せっかくの高速乗り放題を有効活用。
沼津・富士の市街地をパスしようと、伊豆縦貫道から東名へ。
富士川SAのスマートICで降りて、旧R1東海道のK396で由比まで。

既にお昼なので、事前に調べていた食堂に向かったら、なぜかお休み。
急きょ、プランBを発動!平日だけあって空いていて、無事に入店♪
桜エビのかき揚げ丼と、桜エビ・しらす・鯛の三色丼を注文。
1810094
 桜エビのかき揚げ丼

1810093
 三色丼

ひと口目から大騒ぎ!エビが甘くて、味も香りも濃い!
2人で半分ずつ食べながら、ずっと「美味い美味い」と言い続けて。(笑)
どちらも美味だったけど、やはりかき揚げかなぁ♪

満腹満足で、いよいよ、以前から来てみたかった薩埵峠へ向かう。
一度、東海道五十三次「由比」の風景を見てみたかったのだけど、
クルマでは、ましてキャンカーで来るには道が悪すぎて・・・。
1810095
 細い街道を抜けて・・・

1810096
 狭い峠道を上って・・・

1810097
 峠まであと少し

峠の駐車場に無事到着。平日でも結構クルマやバイクが来ている。
遊歩道を少し歩いて展望台まで来ると、台風の影響か「使用禁止」!
それでも後ろを振り返ると・・・
1810098
 富士さまの頭も見えてる♪

観光ガイドで見慣れた、東海道線・国道1号・東名の交錯する風景。
埋立てとか護岸とか無い昔、とんでもない難所だったのがよく分かる。
雲が多くてどうかなと思ったけど、富士さまも顔を出してくれた♪

これで、本日の目的達成!
興津側に下ってR52を北上。新清水ICから新東名へ。
nyamoが「次は甘いもの!」と言うので、駿河湾沼津SAで休憩。(笑)
和風パフェに魅かれて、黒蜜わらび餅パフェと、蕎麦アイスパフェを♪
1810099
 黒蜜わらび餅パフェ

海沿いは少々暑くてお疲れ気味だったけど、糖分補給で復活!
無印東名に合流して順調に東へ。
御殿場付近は標高が高いからか、ジーンズ越しの風がひんやり。

nyamoは、PCXになって初の高速道走行だったけど、
80-90km/hで巡航している分には、動力性能も安定性もOKとのこと。
まあ、nyaponもnyamoも、それ以上の速度を出すことはないし。
181009a
 ※原付ではありません(笑)

海老名JCTで少しノロノロになったくらいで、17:00前に無事帰宅。
友達の家に遊びに行っていたチビよりも先に帰って来られた。

ちなみに、本日の高速料金は、合計4600円。
ツーリングプラン「東名・中央道コース」が3000円なので、結構節約♪
休日割引と比較するとそれほどでもないけど、やはり平日はお得だな。
2日間有効で明日も乗り放題だけど・・・、もちろんお仕事。(苦笑)

「こんな日にビーナスラインでも駆け上がったら、気持ちいいだろうな」
などと、バイク乗りの同僚と恨めしく空を見上げたPremium Friday。
明けてこの週末は、台風の接近によりずっと雨の予報・・・。(苦笑)

nyamoは、PCX150の12か月点検を予約していたけど延期。
「クルマで自賠責と盗難保険の更新だけしてくる」というのでお付き合い。
nyamotaも「ジョンに会いに行く!」と。
1809292
 「やぁジョン、来たよ!」

nyaponは、在庫車を見物したり店員さんとバイク談義をしたり。
以前紹介した後輩が大型免許を取って、最近新車に乗り換えたので、
「nyaponさんも、そろそろ大型どうですか♪」とか言われながら。

気になったのは、最近時々見かける中国ヤマハのXTZ125。
重量が約120kgという、軽量ながらフルサイズのOFF車。
中国ホンダのCB125に乗っていた経験から、遠出は大変だろうけど、
近所の林道なんかにトコトコ入っていったら、楽しいだろうなぁ♪
1809291
 あ、1/1モデルがいる(笑)

駐車場に戻ると、展示車なのか先日増車したトミカの1/1モデルがいた。
SSって、リッタークラスでもコンパクトなんだなぁ・・・。
軽いので意外に我々のようなリターンオヤジが選ぶ、という話も分かる。
レプリカブーム真っただ中世代には、響く人も多そうなデザインだし。

帰りの車の助手席で空を見上げつつ、「雨止まないかなぁ・・・」。
いやいや、台風接近はこれから。どうか、各地で被害が出ませんように。

先週のキャンプの前に立ち寄ったショッピングモール。
nyamotaは、おこづかいの入った財布を持っておもちゃ売り場へ。
何やら、超特価ワゴンセールの旧モデルのおもちゃを見つけてご機嫌。

「じゃぁ、父ちゃんは・・・♪」
1809241
 原付とリッターSSを増車(笑)

トミカは、小さい子供のために、ミラーなどの鋭利なパーツは省略。
なので、スーパーカブなどディティールはガチャガチャの方が細かいけど、
やはり、金属製車体の塗装の質感や、ずっしり重量感がGood♪

CBRの方はさらに重量級で、ライダーやスタンド付属なのも驚いた。
そして、20か所もある、超細かいステッカー・・・。
直径3mmのウイングマークとか、老眼の始まった目には辛い。
そもそも、これ貼るの、小さい子供には絶対無理だろ。(苦笑)
1809242
 No.87 Honda Super Cub (1/33)

1809243
 No.36 Honda CBR1000RR (1/32)

これで、nyamotaの持っているVFR800の白バイと合わせて、
現行トミカのバイクをコンプリートだと思ったら、あげちゃったのだと。

父ちゃん用に買い直そうかなぁ。


============================
9/30 追記(笑)
1809305
 No.4 Honda VFR POLICE BIKE (1/32)

今日は、予報どおり朝から秋っぽい雲が浮かぶ晴天に。
午前中から出かけたショッピングモールでのお買い物の後、
nyamoが「まだ時間も早いから、バイク用品店を見て行こうか」と。

黒地に緑のロゴのお店に続いて、黒地に赤のロゴのお店へ。
最近できたこのお店、スポーツ用品店跡の居抜きでとても大きく、
駐輪場は店舗下の屋内だし、売り場も通路が広くて見やすい。

nyamoは、「レディースサイズの在庫も多くて嬉しい♪」と。
パンツの試着で「何でこんなに細いの!」とか騒いでいるけど。(笑)
nyaponは、そろそろ検討しておかなくてはいけないタイヤ売り場へ。
最新製品じゃなく、平積みの「お買い得 前後セット」コーナー。

ふむふむ。安い型落ちモデルも、製造年週を見ると2018年製。
長期在庫品じゃなくて、バーゲン用に継続生産で併売しているのね。
各メーカーのラインナップと、おおよその相場感が分かったぞ。
1809091
 溝はまだあるんだけどねぇ 特にサイドは(苦笑)

nyamoのPCX150の新車装着タイヤは、乗り心地もイマイチな上に、
不安になるほどグリップ感が無くて、納車からわずか4か月で交換
「タイヤでこんなに安心感が変わるのね!」と感動していた。

今履いている400Xのタイヤは、とりあえず不満は無い。
nyaponの走行距離なら、来春の車検で溝の深さもクリアできるかも。
ただ、2年半を経過して、ゴムの劣化で細かいひび割れが増えている。

今後も、nyaponの乗り方と年間の走行距離を考えると、
基本的に摩耗よりも劣化の方が先に来るのは仕方のないところ。
幸い経験は無いけど、バイクのタイヤのトラブルはクルマ以上に怖い。

通勤ならともかく100%趣味で乗っているのだし、nyamoからも、
「『スリップサインが出るまで』とか言わず、ちゃんと検討せよ」と。

↑このページのトップヘ