なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

先週出かけた、静岡の薩埵(さった)峠。
旧道好きつながりで、以前から行ってみたかった場所のひとつであり、
皆さんのアップした動画やブログを拝見して予習していた。

アクセスは、キャンカーでは厳しい道であることが分かっていたので、
「出かけるならバイクツーリングだな」と。
西の興津側からなら不可能ではないけど、駐車場が狭そうだし。

過去のアクセス動画で事前勉強をさせて頂いたお礼も兼ねて、
2018年10月現在の風景&道路状況をアップしておこうかと。


 由比から 薩埵(さった)峠へ

今度は、空気が澄んで、雪を頂いた富士さまクッキリの時期に♪

3連休明けの火曜日、nyaponとnyamoで揃って休暇を取得。
「薩埵(さった)峠に行って、桜エビも食べて来よう!」とnyamo。
チビ2人を送り出した後、約5か月ぶりの平日ランチツーへ♪

チビ達より先に帰るには、さすがにずっと下みちでという訳にはいかない。
平日に高速を使うならと、ツーリングプランを急きょ申し込んで出発!
1810091
 「さあ、あの箱根のお山を越えるよー」

圏央道から小田原厚木道路、箱根新道と乗り継いで箱根峠の道の駅まで。
標高が上がるにつれて、インカム越しに「寒い寒い」と。(苦笑)
1810092
 芦ノ湖の眺望 @箱根峠

R1を静岡側に下って三島まで。せっかくの高速乗り放題を有効活用。
沼津・富士の市街地をパスしようと、伊豆縦貫道から東名へ。
富士川SAのスマートICで降りて、旧R1東海道のK396で由比まで。

既にお昼なので、事前に調べていた食堂に向かったら、なぜかお休み。
急きょ、プランBを発動!平日だけあって空いていて、無事に入店♪
桜エビのかき揚げ丼と、桜エビ・しらす・鯛の三色丼を注文。
1810094
 桜エビのかき揚げ丼

1810093
 三色丼

ひと口目から大騒ぎ!エビが甘くて、味も香りも濃い!
2人で半分ずつ食べながら、ずっと「美味い美味い」と言い続けて。(笑)
どちらも美味だったけど、やはりかき揚げかなぁ♪

満腹満足で、いよいよ、以前から来てみたかった薩埵峠へ向かう。
一度、東海道五十三次「由比」の風景を見てみたかったのだけど、
クルマでは、ましてキャンカーで来るには道が悪すぎて・・・。
1810095
 細い街道を抜けて・・・

1810096
 狭い峠道を上って・・・

1810097
 峠まであと少し

峠の駐車場に無事到着。平日でも結構クルマやバイクが来ている。
遊歩道を少し歩いて展望台まで来ると、台風の影響か「使用禁止」!
それでも後ろを振り返ると・・・
1810098
 富士さまの頭も見えてる♪

観光ガイドで見慣れた、東海道線・国道1号・東名の交錯する風景。
埋立てとか護岸とか無い昔、とんでもない難所だったのがよく分かる。
雲が多くてどうかなと思ったけど、富士さまも顔を出してくれた♪

これで、本日の目的達成!
興津側に下ってR52を北上。新清水ICから新東名へ。
nyamoが「次は甘いもの!」と言うので、駿河湾沼津SAで休憩。(笑)
和風パフェに魅かれて、黒蜜わらび餅パフェと、蕎麦アイスパフェを♪
1810099
 黒蜜わらび餅パフェ

海沿いは少々暑くてお疲れ気味だったけど、糖分補給で復活!
無印東名に合流して順調に東へ。
御殿場付近は標高が高いからか、ジーンズ越しの風がひんやり。

nyamoは、PCXになって初の高速道走行だったけど、
80-90km/hで巡航している分には、動力性能も安定性もOKとのこと。
まあ、nyaponもnyamoも、それ以上の速度を出すことはないし。
181009a
 ※原付ではありません(笑)

海老名JCTで少しノロノロになったくらいで、17:00前に無事帰宅。
友達の家に遊びに行っていたチビよりも先に帰って来られた。

ちなみに、本日の高速料金は、合計4600円。
ツーリングプラン「東名・中央道コース」が3000円なので、結構節約♪
休日割引と比較するとそれほどでもないけど、やはり平日はお得だな。
2日間有効で明日も乗り放題だけど・・・、もちろんお仕事。(苦笑)

「こんな日にビーナスラインでも駆け上がったら、気持ちいいだろうな」
などと、バイク乗りの同僚と恨めしく空を見上げたPremium Friday。
明けてこの週末は、台風の接近によりずっと雨の予報・・・。(苦笑)

nyamoは、PCX150の12か月点検を予約していたけど延期。
「クルマで自賠責と盗難保険の更新だけしてくる」というのでお付き合い。
nyamotaも「ジョンに会いに行く!」と。
1809292
 「やぁジョン、来たよ!」

nyaponは、在庫車を見物したり店員さんとバイク談義をしたり。
以前紹介した後輩が大型免許を取って、最近新車に乗り換えたので、
「nyaponさんも、そろそろ大型どうですか♪」とか言われながら。

気になったのは、最近時々見かける中国ヤマハのXTZ125。
重量が約120kgという、軽量ながらフルサイズのOFF車。
中国ホンダのCB125に乗っていた経験から、遠出は大変だろうけど、
近所の林道なんかにトコトコ入っていったら、楽しいだろうなぁ♪
1809291
 あ、1/1モデルがいる(笑)

駐車場に戻ると、展示車なのか先日増車したトミカの1/1モデルがいた。
SSって、リッタークラスでもコンパクトなんだなぁ・・・。
軽いので意外に我々のようなリターンオヤジが選ぶ、という話も分かる。
レプリカブーム真っただ中世代には、響く人も多そうなデザインだし。

帰りの車の助手席で空を見上げつつ、「雨止まないかなぁ・・・」。
いやいや、台風接近はこれから。どうか、各地で被害が出ませんように。

先週のキャンプの前に立ち寄ったショッピングモール。
nyamotaは、おこづかいの入った財布を持っておもちゃ売り場へ。
何やら、超特価ワゴンセールの旧モデルのおもちゃを見つけてご機嫌。

「じゃぁ、父ちゃんは・・・♪」
1809241
 原付とリッターSSを増車(笑)

トミカは、小さい子供のために、ミラーなどの鋭利なパーツは省略。
なので、スーパーカブなどディティールはガチャガチャの方が細かいけど、
やはり、金属製車体の塗装の質感や、ずっしり重量感がGood♪

CBRの方はさらに重量級で、ライダーやスタンド付属なのも驚いた。
そして、20か所もある、超細かいステッカー・・・。
直径3mmのウイングマークとか、老眼の始まった目には辛い。
そもそも、これ貼るの、小さい子供には絶対無理だろ。(苦笑)
1809242
 No.87 Honda Super Cub (1/33)

1809243
 No.36 Honda CBR1000RR (1/32)

これで、nyamotaの持っているVFR800の白バイと合わせて、
現行トミカのバイクをコンプリートだと思ったら、あげちゃったのだと。

父ちゃん用に買い直そうかなぁ。


============================
9/30 追記(笑)
1809305
 No.4 Honda VFR POLICE BIKE (1/32)

今日は、予報どおり朝から秋っぽい雲が浮かぶ晴天に。
午前中から出かけたショッピングモールでのお買い物の後、
nyamoが「まだ時間も早いから、バイク用品店を見て行こうか」と。

黒地に緑のロゴのお店に続いて、黒地に赤のロゴのお店へ。
最近できたこのお店、スポーツ用品店跡の居抜きでとても大きく、
駐輪場は店舗下の屋内だし、売り場も通路が広くて見やすい。

nyamoは、「レディースサイズの在庫も多くて嬉しい♪」と。
パンツの試着で「何でこんなに細いの!」とか騒いでいるけど。(笑)
nyaponは、そろそろ検討しておかなくてはいけないタイヤ売り場へ。
最新製品じゃなく、平積みの「お買い得 前後セット」コーナー。

ふむふむ。安い型落ちモデルも、製造年週を見ると2018年製。
長期在庫品じゃなくて、バーゲン用に継続生産で併売しているのね。
各メーカーのラインナップと、おおよその相場感が分かったぞ。
1809091
 溝はまだあるんだけどねぇ 特にサイドは(苦笑)

nyamoのPCX150の新車装着タイヤは、乗り心地もイマイチな上に、
不安になるほどグリップ感が無くて、納車からわずか4か月で交換
「タイヤでこんなに安心感が変わるのね!」と感動していた。

今履いている400Xのタイヤは、とりあえず不満は無い。
nyaponの走行距離なら、来春の車検で溝の深さもクリアできるかも。
ただ、2年半を経過して、ゴムの劣化で細かいひび割れが増えている。

今後も、nyaponの乗り方と年間の走行距離を考えると、
基本的に摩耗よりも劣化の方が先に来るのは仕方のないところ。
幸い経験は無いけど、バイクのタイヤのトラブルはクルマ以上に怖い。

通勤ならともかく100%趣味で乗っているのだし、nyamoからも、
「『スリップサインが出るまで』とか言わず、ちゃんと検討せよ」と。

この週末、どうやら明日の日曜日の方が天気は良さそう。
でも、曇りがちの方が、ランチタイムでも少しは涼しく走れるかと。
雨雲レーダーの予測によると、1回は必ずどこかで降られそうだけど、
しばらくバイクに乗れていないこともあって、強行出撃!

久しぶりに、鳥沢の煮干しラーメンを食べに行こう♪

大きな交差点では少し渋滞しつつ相模湖まで。R20甲州街道を西へ。
神奈川-山梨県境のクネクネあたりでは、空気もひんやり。
お店まであと2kmほどというところで、結構本気で降り始めた。
やるな、雨雲レーダー・・・。ぴったりじゃないか。(苦笑)

何とか、水浸しになる前に到着することができ、お店に駆け込む。
昼時の相席はいつものことながら、待たずにすぐに食べられた。
前回の反省から、チャーシュー麺じゃなくて普通のラーメン。(笑)
絶品煮干しスープのラーメン、今日もうまうまでした。
1809081
 うまうま♪

食べている間に雨は小降りに。空は明るくて、薄日も差している。
せっかくだから、食後の鉄分補給でも。
この近くに、中央本線では屈指の名撮影地の鉄橋がある。
お店から1kmも離れていない、「鳥沢の鉄橋」こと、新桂川橋梁へ。

やはり、既に同業者の方がいたので、挨拶して被らない位置に。
そういえば、最近本気の撮影をしていないので、こんな挨拶も久しぶりだ。

わずか15分ほどの間に、先日nyamotaと乗った新型車両の特急列車、
コンテナ車とタンク車混結の貨物列車の通過も撮影できて満足!
バイクでの撮影行、小回りが利いて駐車スペースも取らず結構いいかも。
1809082
 「コキ」と「タキ」の混結列車!

この後は、都留から道志を周って帰ろうかと思っていたのだけど、
その方向の雲は厚く、ゴロゴロと雷の音も聞こえてくる。
これは「今日はやめておけ」ということだなと、再び甲州街道へ。

でもさすがに同じ道の往復はつまらないし、国道はクルマも結構多い。
上野原から秋山を抜けて、R413道志みちに出よう。
クルマも少なくて快適にクネクネ。堤体上を渡る道志ダムでは小休止。
1809083
 神奈川に入ると雨は上がった

道志みちに合流すると、早速対向車線からヤエーの嵐が。
雨で少々濡れたメッシュジャケット越しの風が、ひんやり気持ち良い♪
宮ヶ瀬のいつもの駐車場に立ち寄って、缶コーヒー休憩を。

他のライダーさんによると、道志みちの山中湖方面も結構降ったのだとか。
バイク雑誌の取材が多いここ。今日は「レディースバイク」さんが。
こんな天気でバイク少なめなので、片っ端から女子にお声掛け中。(笑)
1809084
 本日バイク少なめ

1809085
 やっと天気も回復か

給油を済ませて家の近くまで戻ると、路面は完全ドライ。
雨で濡れたジャケット、ジーンズもグローブもすっかり乾いた。
少し休憩してから、汚れたバイクをきれいに拭き上げて本日の予定終了。

明日の天気予報は今のところ終日晴れのままだけど、どうなるかな。

ツーリング雑誌「アウトライダー」が、また休刊するのだと。
美しい写真と読ませる紀行文による、独特の世界観。
決して嫌いじゃないし、むしろ好きな方で若い頃は憧れていた。

バイク乗りにリターンしてからは、再び読むようになっていたのだけど、
休刊・復刊を繰り返して、出版社が変わってきた歴史も関係するのか、
最近は、「何だかチグハグな誌面なんだよなぁ・・・」と。

あの世界観に徹しきれず、中途半端にユルいページがあったり、
プロの物書きの文章に浸りたいのに、読者からのネタとかツーレポとか。
お出かけネタ本の役割など、アウトライダーには求めていないのだけど。

で、昨年、文庫本の付録が終了したタイミングで定期購読もやめていた。
1809011
 「旅するように、生きる」

それでも、昔から好きだった寺崎勉さんの著作集が付録とのことで、
久しぶりに定期発行最終号を買ってみた。

感想はやはり、「巻頭記事の世界観が貫かれていたらなぁ。」
ネタ本じゃなく、見せる、読ませる雑誌に徹して欲しかった。
商業的には、それだけではやっていけなのかもしれないけど。

紙面の「定期発行休止のお知らせ」では、
「WebやSNSなど、多方面からのアプローチに転換していきたい」
とのことだけど、編集部のfacebookにひとこと書かれているだけで、
発行所たるバイクブロスの公式ページは、挨拶無しで放置のまま。

何だか、今後に期待しづらい幕切れなのが残念・・・。

夏休み最後のイベントとして恒例になっている、バイクのお祭りへ。
毎年、山梨のふじてんリゾートで開催される、「2りんかん祭り EAST」。
また、家族みんなでお出かけすることに。よって、今年もクルマで。

台風の影響もなくなり、富士山麓は絶好のイベント日和。
気温25度。日向にずっといると少々暑いけど、風は爽やかで。 
1808252
 大盛況!

まずは部用品ブースで掘り出し物探しをするも、今年は手を出さず。

最後まで悩んだのは、Willis&Geigerのコットンサファリジャケット。
税込み32,400円のお品が、色サイズ現品限りながら10,000円。
大好きなデザインだけど、400Xに乗るにはトラッドすぎるなぁ・・・。

色々なメーカーのサンプルや、ノベルティを頂いたりして満足♪
エクストリームバイクとダートトラックのショーが始まったので見物に。
これ、毎年結構楽しみ♪ リアのブレーキキャリパーが3つも付いてる!
1808253
 間違った女子とのタンデム(笑)

1808254
 高さ95cmクリア!

ランチは、ケータリングカーの中からステーキ丼をチョイス。
結構並んだけど、しょうゆ味のステーキソースでなかなかうまうま♪

お昼になっても空は快晴。富士さまは、頂上あたりに少しだけ雲が。
イベントで時々見かける仮面ライダーさんが、お茶を買ってた。
仮面のまま飲もうとして、死ぬほどむせてる。大丈夫かライダー?!(笑)
1808255
 うまうま♪

1808251
 富士さま♪ ・・・ん?ライダー?(笑)

チビ2人は、毎年恒例の「駄菓子詰め放題」に参戦してホクホク顔。
nyamota氏が昨年に続いて「Kid's バイク体験」にも参加。
自転車にもほとんど乗らないから、去年より下手じゃないか?(苦笑)

nyamoは、「女性限定 リラクゼーションコーナー」のネイルアートを。
思いのほか乾くのに時間がかかり、「ウェアの試着がしづらい!」。(笑)
他のバイクイベントと違って、家族向けコーナーも充実しているのがいい♪
1808257
 今年の戦利品

1808256
 緊張する2号車の人

1808258
 「早く乾けぇー!」

2りんかん祭りにバイクで行ったのは、リターンした年の1回だけ。
久しぶりに、またバイクで行きたい気もするけど・・・。
ただ、標高1300mの会場はともかく、今日も神奈川は35℃だったとか。

・・・危険だ。(苦笑)

北海道旅から帰った翌日、少々寝坊して起床。窓を開けると・・・

「まあ!どうしたことでしょう♪」 (←2日連続・笑)

気温は20℃台前半で、空気も乾いて爽やかな風が吹いている。
これはバイク出さなきゃ!8月に入って、エンジン掛けてないし。(苦笑)
外での作業も苦にならない涼しさなので、以前からやりたかったことを。

サスペンションのプリロード調整。
2年間、ずっとノーマル放置だったけど、ちょっと締め過ぎの印象。
決して「コーナリングがどうの」ではなく、荒れた路面のバタつき対策で。
もう少しストロークの範囲をうまく使えれば、軽減するんじゃない?と。

「こんなもの、極端に振ってみないと絶対に違いが分からん!」
ということで、まずは最弱に。フロントもリアも。(笑)
18081803
 フロントをクルクル

18081804
 リアもカチカチッ

昼食後、テストランを兼ねて宮ヶ瀬缶コーヒーへ。

・・・あれ? 何だか、ちょうどいい感じじゃない?
極端なポヨンポヨンになるのを、少し期待していたのだけど。(笑)
橋の継ぎ目などでバタバタしていたのが、ずいぶん丸くなった♪

それでも、体重を掛けた状態で極端に沈むようになったとは思えない。
ほぼ標準体重のつもりだけど、想定荷重が大きすぎるのかな?
グローバルモデルゆえ、ごっつい体格&タンデムを想定してるとか。
でも、400は日本向け専用のローダウン仕様らしいからなぁ・・・。

クネクネでの副作用も感じなかったし、しばらくはこれで乗ってみよう。
18081801
 適度な賑わいで

宮ヶ瀬湖畔の温度表示は25℃。今日は、ヤエーを送ってくれる人が多い。
缶コーヒータイムも、メッシュジャケットを着たままでOKな爽やかさ。
空を見上げると、秋のような雲も見える。

このまま涼しくなるとは思わないけど、毎日のようにスマホに
「熱中症の危険あり。運動は原則中止。」と警告が届かないだけ良い。
夏休み中にバイクに乗れるのは、おそらく今日が最初で最後だけど、
もうすぐ、またお散歩ツーに最適な季節がやってくる。
18081802
 湖からの風が気持ちいい♪

nyamoのPCX150、カバーはリアケース装着のままでOKな形状。
なので付けっ放しだけど、久しぶりに見るとわずかに樹脂の劣化が。
やはり、バイクカバーも紫外線を100%防げる訳ではないし。

ちょうど切らしていた樹脂ワックス。買ってきてお手入れしてやるか。
バイクでもクルマでも、黒い無塗装樹脂の部分が白っぽくなると、
途端にくたびれて見えてしまうので・・・。

若い頃から使っていた「アーマオール」・・・、みたいなやつ。
最近は、ホームセンターのPB品で安くて良いのを見つけて愛用中。
ゴム部の保護や滑りを良くしたりと、意外に応用の効く賢い子。
1806171
アーマオール「風」(笑)

白化があまり進んでしまうと効果がないのだけど、まだセーフ。
リアケースも、カウル内側やメーター周りもピカピカに。
ついでに、nyaponの400Xや通勤特急デイズ号の樹脂部分も。

それにしても、400Xって無塗装樹脂パーツが多いんだよなぁ。
後付けした、ハンドプロテクターやフェンダーを別にしても。
後輩のカタナと並べた時には、「何てプラスチッキーなバイクだ」と。
カタナは、「鉄馬」感を醸し出しているのに・・・。(苦笑)
1806201
 フロントもサイドも、黒多め

中身はCBRと一緒とは言え、アドベンチャー「風」の400X。
ここは、「極力装飾を排したワイルドさ」だと解釈しておこう。
黒樹脂部分って、少々傷がついても気にならないし♪

室内保管のnyaponのGIVI箱も、お手入れしてやるか。
おっと、気を付けねば・・・。
以前、廊下で作業して、床がスケートリンクと化したことが。(苦笑)

↑このページのトップヘ