なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: バイク

400X こまち号のマフラーを社外品に交換する準備として、
とりあえず図面まで引いた、センタースタンドストッパー。
手持ちの端材が使えず、外出自粛で調達も保留中だけど、
型紙を作って、目測で採寸した図面の確認をしておこうと。

カッターで寸法どおりにボール紙を切って、穴を開けるだけ♪
と思ったら、コンパスもテンプレートも見当たらず、
我が家には、円を描けるツールが何も無いことが判明。(苦笑)
まあ、美しさよりも、位置と寸法が大事なので・・・
20052401
 多角形作戦

20052402
 どうせ、切るのもフリーハンドだし(笑)

下部の溶接ビードの部分は、とりあえず短く切断してみたけど、
穴位置が端すぎて、やはり逃げを作って伸ばしたいところ。

上部はフレームの補強リブのRを避けていて、目測どおり。
ただ、意外とギリギリで、ゴム足の大きさによっては干渉する。
有りモノのゴム足の径によって取付け位置は調整するとして、
上端は、補強リブの高さ以下に切り詰めた方が良さそうだな。
20052403
 小修正でOKかな♪

そして肝心な、スタンドストッパーとしての働きはどうか?
純正ストッパーと同じ高さでフレームに当たる。 完璧っ♪
図面を小修正して、10mm厚のアルミ板でいけそうだ。
20052404
 さて、寸法もFIXできたぞっと

どうしても机上検討&設計だけでは、細かい部分が・・・。
「やはり、現場で現物・現実を見なきゃ!」なんて。
早く出社して、モノを見て進めておきたい仕事もあるのに。

DIY好きな仲間に、部材ももらえるし。 ←これ。(笑)

ステイホーム週間「お家遊び」ネタの工作に着手。
先日美品を入手した、400X こまち号のスリップオンマフラー。
その取付け準備として、センタースタンドストッパーの製作を。

まずは、純正マフラーに溶接されたストッパーの構造を確認。
なるほど・・・。 400F/R/Xで、Xだけこれが付いているのね。
簡単に「マフラーバンドからのステーでは?」とも思ったけど、
スタンド跳ね上げ時は結構な衝撃で、強度的に厳しそう。
20050303
 手前が触媒側

落ち着け、落ち着け。 これは「お家遊び」のネタだぞ。
「楽しくじっくり時間を掛けて工作しよう」が今回の趣旨。
お手軽に手っ取り早く作ってしまったら、本末転倒だ。(笑)

では、エキゾーストパイプに頼らない構造を考えてみよう。
地面に段ボールを敷いて、ゴロゴロ。 下から顔を突っ込んで。
スタンドをフレームに当てて止める「突っ張り棒」がいいか。
20050304
 「おっ、あの穴が使えそう?」

スタンドの根元に、ちょうどいい感じの穴があるのを発見。
その上部にはフレームの頑丈そうなパイプ。 お誂え向き♪
「ここに棒を立てて、リアサスには干渉しないよな?」
クリアランスを確認したり、穴径や位置を測ってメモしたり。

その場で、フリーハンドのポンチ絵を描いてみる。
正直、この図だけで製作できるけど、そこは「お家遊び」。
それでは、次は楽しく図面を引いてみましょう!

今どき、「引く」といっても定規は使わない。(苦笑)
夕食後にコーヒーを淹れて、CADでのお絵描きタイム。
最近、仕事でも遊びでも自分でモノを作ることが減り、
こんな簡単な図面でも、思案しながら引くのが楽しいな♪
20050301
 板材を切って、穴を開けて・・・、

「アルミ材でも樹脂材でも、フレーム直撃は嫌だな。」
「ノギスでの手測定だし、誤差を吸収できる構造に。」
「ボルト止め部はナットで固定するか? タップを切るか?」
「溶接ビードの逃げは、切る? 削る?」  などなど。

フレームに当てるところは、ゴム足でも付ければいいか。
回転方向の誤差は、ゴムの厚みかスペーサーで調整しよう。
丸型で大きすぎると周囲に干渉するので、角型が良いかも。

よく見えるような場所なら綺麗に削り出したいところだけど、
適当な厚さの板材を切って、穴を開けるだけで十分かな。
20050302
 ゴム足は、タップを切ってビス止め、と。

「図面」とは言いつつ、大事な寸法以外は「イメージ図」。
有りモノによっては形状も変わるだろうと思っていたけど、
そもそも、手持ちの端材に使えそうなものが無いぞ。(苦笑)
アルミもジュラコンも、板厚とサイズが中途半端で・・・。

こんな不急の部材調達のために外をウロウロしていたら、
それこそ本末転倒だし、製作は少し落ち着いてからだなぁ。
まずは型紙でも作って、寸法の確認でもしてみようか?

この休暇中に、どこまで手を付けるか。 ちょっと思案中。

会社の臨時休業期間から、「ステイホーム週間」に。
バイクの方も乗るのは控え、ネットで妄想ツーリングとか。
久しぶりに「NC47 400X」で部品検索なんてしていたら、
気になっていた、モリワキのスリップオンマフラーを発見。

興味はありつつも新品購入までのモチベーションは無く、
以前から「程度の良い中古でも見つかればなぁ」なんて。
まあ、CB400F/CBR400R/400X用なんていうマイナー品、
まして極上品など、そうそう出てくるものじゃない。

最初の愛車であるCBR400Fでは、定番だった「モリワキ」。
純正の2本出しが好きだったこともあって買わなかったけど、
友人が付けていたフォーサイトマフラーが懐かしいな。

地元愛川町の「ヨシムラ」を選びたい気持ちがあったのに、
残念ながら400X用のマフラーはラインナップされず・・・。
まあ、ホンダ車なら「モリワキ」の方が似合ってはいる。
※個人の感想です。(笑)
20050101
 学生の頃は、なかなか手が出なかった・・・

見つけたのは、バイク用品店で展示されていた未使用の品。
「小傷あり」ながら、普通に乗っていれば付きそうなレベル。
価格は、新品の通販最安値の30%OFFといったところか。

昨年にフルチェンし、旧型となった我がNC47型 400X。
調べてみると、一番気に入っていたこの色も既に廃番で、
どの店も「取寄せ」なので、そもそも新品購入は難しそう。

「うむ。このタイミングで出会ったのも、何かの縁だな。」
「こんな時だし、お金を回して経済活動に貢献せねば。」
都合の良いように、自分に言い聞かせつつポチッと。(苦笑)
20050102
 ブラックパールカラーの未使用品♪

実は、取付けるためには、ちょっとした部品の自作が必要。

こまち号はメーカーOPのセンタースタンドを装着していて、
跳ね上げた時のストッパーが純正マフラーのパイプにある。
なので、その代わりとなる部品を製作しなくてはいけない。
メジャーな車種なら、社外パーツが出ているのだけど。

この手間が必要であることも、今まで手を出さなかった理由。
しかし、「お家遊び」が推奨される、ステイホームな休暇。
今こそ、この工作が絶好のネタになるという思いもあって。
手持ちの部材で無理なら、製作は先になるかもしれないけど。

まあ、なかなか乗れない時期なので、急ぐ必要も無い。
まずは、昼間はバイクを愛でつつ、現物で構造検討など。
夜はお茶でも飲みながら、図面でも引いてみようかな♪

何とか、在宅勤務最初の一週間が終わった。
「通勤が無くなるのだけは楽だな♪」なんて思っていたけど、
自宅缶詰がこんなに辛いとは。 既に心が折れそうで。(苦笑)

もちろん、医療現場で命がけで頑張ってくださっている方とか、
感染リスクを承知で世の中を回してくださっている方々が
たくさんいるおかげで、一部の人間が家に留まることができる。
感謝しながら、接触を減らすことに貢献するしかないな。

まだ明るい17時に終業して、せめて庭に出て気分転換を。
nyamoは、nyamotaを連れて散歩に出たり。
こんなに週末が待ち遠しく思えたのは久しぶりなのに、
昨日の土曜日は豪雨。 今日になって、やっと快晴の空に。
20041901
 時間なら、たっぷりある!

400X こまち号の12か月点検予約は保留中。
「点検の時に?」と思っていた、チェーン清掃をやろう。
時間はたっぷりあるので、いつもより丁寧に・・・。(笑)

午後、乾燥&チェーンルブを馴染ませるために走ってこよう。
nyamoも行くというので、三密回避で宮ヶ瀬湖一周だな。
基本はノンストップ。 ヘルメットも取らないつもり。
リスクは低いという、ジョギングや散歩よりも安心だろう。

宮ヶ瀬に向かう道に出ると、「バイク多いなぁ!」。
ダムサイトの駐車場は閉鎖だったけど、湖畔エリアに来ると、
20041904
 「満車」ってどういうことよ・・・

離れた駐車場の方も、結構埋まっている状態だった。
どこから来ているのだか、知らないけど・・・。

路側の温度表示は20℃。 新緑も美しくて気持ち良い。
天気も快晴で、ドライブやツーリング日和ではある。
クルマから降りずに、クルージングしていれば平和なのに。
20041905
 おっ、RZ-R♪

「いつもの駐車場も、閉鎖じゃなきゃ混んでるんじゃない?」
なんて話しながら横目に見つつ通過すると、案の定の混雑。

バイクもクルマも、ほぼ満車の状態だった・・・。
普通に集まってワイワイやっているグループの姿も見える。
今の状況で、あの中に入っていくなんてあり得ない。
20041906
 写真くらいはね

そのまま北岸林道のクネクネを楽しみつつ、湖畔を一周。
ここまで、本当に信号以外はノンストップで走ってきたけど、
「牧場を回って、写真だけ撮っていこうか」と。

牧場の駐車場もほぼ満車。 馬や羊の周りには、結構な人が。
20041902
 ここもクルマがいっぱいだねぇ

20041903
 おまえらも、密集しちゃダメだぞぉー!

大雨の後なのに、中津川の水は綺麗。 流れは激しいけど。
河原では、BBQをしている人たちも多い。

無事に帰宅して、リアのフェンダーとホイールを確認。
チェーンルブの飛び散りは無し。 よしよし、腕を上げたな♪

ほぼノンストップで1時間弱。
これで、三密回避の気分転換お散歩ツー終了。
今日はジャケットの防風インナーを外し、グローブも春物。
青い空と新緑の中を走れて、少しリフレッシュできたかな。

ツーリングマップルの2020年版が発売された。

手元の「関東甲信越」は、リターンした年の2013年版。
これまでにも更新しようとした年はあったけど、
掲載範囲が縮小されたことが大不評で躊躇したり。

その後、掲載範囲も戻ったけど、何となく使い続けて。
貧乏性で、改訂時期を逃すと「来年でいいか」とか。(笑)
「全面リニューアル改訂」を謳う、今年こそ更新しようと。
20032301
 2020年版 TOURING MAPPLE 関東甲信越

キャンプ場や日帰り湯など巻末の資料は、毎年充実してきた。
どうしても掲載数が限られるし、活用できたことは無いけど。
何より、今年は地図ページの文字が大きくなったのが嬉しい♪
きっと、読者の年齢層を考えてくれたのね。(苦笑)

ツーリングマップルは読み物。
今年のキャッチコピーは、「旅に出る理由がここにある」。

nyaponでも、細かいことはWebの地図で調べるけど、
「次はどこへ行こうか」レベルのプランニングや妄想は、
ツーリングマップル片手にお茶しながら、というのが最高。

さて、今シーズンはどこへ行こうか♪

先月あたりから、家の用事があったり、クルマ旅に出かけたり、
新青ぎつね号の初期対応で電装品の取付けをしたり、
週末に色々やりたいことがあって、あまりバイクに乗れていない。

最後に乗ったのはPCX150で、特に400Xこまち号の方には。
まあ花粉飛散のピークで、真冬以上に辛い時期でもあったけど。

出勤だった昨日の朝は、多くのバイクとすれ違った。
この土日も、神奈川は晴天で気温も20℃を越えるとの予報。
「久しぶりに、2台でランチツーに行ってみようか」と。
20032101
 「おなかすいたぁー!」

2人とも、バッテリーが上がってないかドキドキだったけど、
無事に一発で始動して出発できた。
チェーンに薄っすらと見える赤いモノには、気付かないふり。

以前にも来た、古民家を移築した創作うどんのお店へ。
nyamota氏、最近うどんに目覚めたのだと。
しかし、注文したカレーうどんが「大人の味」で苦戦中。
「ベロが痛くなったきたよ・・・」と。(笑)
20032102
 「白」うまうま♪

20032103
 「海鮮かき揚げ」うまうま♪

満腹満足。 食後はお山を周って帰ろう。
路側の温度表示は17℃。 ポカポカ陽気で気持ちいい♪
やはり今日も、こちらの車線も対向も多くのバイクが。

「停められるかなぁ?」なんて話しながら、いつもの駐車場に。
ちょうど昼時で覚悟していたけど、思ったより隙間がある。
20032104
 「やっぱり、お水が緑色だね。」

お店にも入ってみたら、コロナ対策で食堂の営業を休止中。
なるほど、これもあって昼時にしては落ち着いていたのね。

こんな時に、あえて人混みや密閉空間にいるつもりはないし、
飲み物を買って外でまったりしましょ。 気持ちいい陽気だし♪
20032105
 新作発見!

20032106
 いっぱい停まってるけど・・・

駐車場は2輪4輪ともほぼ満車なのだけど、人は少ない印象。
みんな、意識して広場の方でのんびりしているのかな。
運転中はマスクをしていないけど、今日はクシャミが出ない。
もう、ヒノキの花粉の飛散も多くなっていると聞いたけど。

給油も済ませて、無事に帰宅。 良い気分転換になった。
さて、あのチェーンに薄っすらと浮いた赤いモノ。
自分で掃除するか、来月の12か月点検でお願いするか・・・。

鉄道の駅が無い、我が神奈川県 愛川町。
「愛川」の名前の入った高速のICはあるけど、本体は厚木市で、
肝心な料金所は川を渡った相模原市域にある。(苦笑)

そんな愛川町に、渋谷から鉄道を敷こうという計画が戦前に。
昭和恐慌のあおりで破産、幻となった「相武電気鉄道」。
横浜-海老名間を結ぶ現在の相鉄(相模鉄道)とも、
その相鉄から分離された現在のJR相模線とも、全くの別もの。

渋谷はともかく、横浜線の淵野辺駅から相模川手前の田名まで、
路盤が完成して線路も敷かれ、既に車両も発注されていたそう。
しかも、敷設免許上の終点は、我が田代地区だったという。

廃線跡は好物で、「未成線」に思いを馳せるのもまた良し。
現在は市街地なので、遺構はほとんど残っていないのだけど、
「ほぼ唯一」と言われている物を見に行ってこようかと。
20021501
 この木、昔の航空写真にも写っているように見える

上溝駅予定地は、現在のダイエーとその駐車場のあたり。
その横を流れる川の護岸に、相武電鉄の暗渠の跡が。
少し前まで、暗渠そのものも残っていたのだとか。
現在の川幅を見ると、暗渠ではなく立派な「橋梁」だけど。

「鉄道遺構」とは言い難いけど、幻の相武電鉄の名残。

ちなみにここのダイエー、一時期減っていたドムドムがある。
新会社となって個性的なメニューが増えているらしいけど、
今日は昼食直後に来てしまったのでまたの機会に・・・。
20021502
 台形の部分が暗渠の跡

帰りには、愛川町に入るために相模川を渡る高田橋で小休止。
ここを、鉄道と道路の併用橋で渡る計画だったとのこと。
結局、橋脚が完成しただけで橋が架けられることはなく、
ここから先の愛川町内では工事も行われなかった模様。

当時の土木技術で橋そのものの建設が大変なのはもちろん、
両岸の河岸段丘の急勾配をどう越えるつもりだったのかな。
よほど迂回しないと、碓氷峠級の勾配になるのだけど・・・。
20021503
 相模川を渡る高田橋

免許上の終点とされていた、我が愛川町田代。
中心にあるバス停の名前、現在は「田代」だけど、
以前、古い地図を見た時に「愛甲田代駅」となっていて、
鉄道系キーワードに思わず反応してしまった事がある。

でもこれは、昔の国鉄と神奈中バスの連絡運輸の名残で、
幻の相武電鉄計画とは、もちろん関係ない。(笑)
相武電鉄は「愛川」で、国鉄では「愛甲」という郡名だし。
20021504
 田代(旧 愛甲田代駅)バス停

国鉄との連絡運輸としては東海道線 平塚からの半原線と、
横浜線 淵野辺からの中津線がここで合流して終点の半原へ。
愛甲田代も半原も、国鉄の停車場一覧にも載る「駅」だった。

相武電鉄も近隣路線と同じく、当初の目的は旅客輸送でなく、
相模川での建設用の砂利採取とその輸送だったのだろう。
しかし、昭和恐慌が起こらず、歴史が違う方向へ動いていたら、
我が町に「急行 渋谷行」なんて列車が発着するターミナルが?
20021505
 半原バスターミナル

20021506
 古い案内看板にも「駅」

さらに富士五湖方面に延長という、夢の計画まであったそう。
まあ、もしそうなっていたら「なんちゃって田舎」じゃなく、
我が家がわざわざ引っ越してくることも無かったな。(苦笑)

そんなことを妄想しつつ、山を上って宮ヶ瀬へ足を延ばす。
天気予報がはずれて太陽が顔を出さないので肌寒い。
それでも、いつもの駐車場は、やはりいつもどおりの盛況♪
20021507
 気温は13℃あるのだけど

20021508
 今日はミルクティーで

今日の相棒は、街中散歩に適したnyamoのPCX150。
ヘルメットもオープンフェイスにしたので、顔への風が冷たい。
お約束、幻のクラッチを切ろうとして急ブレーキ1回。(苦笑)

小回りが利くので、牧場に寄り道したりしてから帰宅。
薬を飲んでおいたので良かったけど、そろそろ花粉が・・・。

何だかんだで、お散歩ツー初め以降バイクに乗れず、
早いもので、今年も残すところあと11か月ということに。(笑)

何日か前から、宮ヶ瀬湖の水がグリーンになっているのだと。
昨日今日と晴天で、ルートを選べば凍結の心配もないだろうし、
ちょっと見に行ってこようかな。 一応念のために午後から。
20020207
 「どれどれ・・・」

20020203
 「うわっ!」

トンネルを抜けて湖畔に出てバイクを停め、見下ろしてみると、
満水位に近い湖面は鮮やかなグリーン!
今までも青や緑っぽく見えることはあったけど、ここまでは。

これは、澄んだイメージの「エメラルドグリーン」じゃないな。
色の名前には詳しくないのだけど、
「ミントグリーン」とか「パステルグリーン」というイメージ。

昨秋の台風の後から、水はずっと土色に濁ってはいたけど、
この色は藻の類なのか、土砂の成分なのか、光の加減なのか?
岸辺の浅い場所を見ても、やはり濁りには違いないようだ。
20020208
 今日もバイクは多そう

日向は暖かさを感じるほどで、凍結注意ポイントも心配なし。
それでも、山影で日の当たらない土山峠のコーナーには
アイスバーンも残っていたそうで、やはりルート選択は大事。

すれ違うバイクも多く、いつもの駐車場は混んでそう・・・。
20020209
 やっぱりね(苦笑)

クルマは満車、バイクエリアも3列駐車の状態だったけど、
出入りは結構あるので、ちょうど空いた隙間に停められた。

2月に入ってしまったけど、2020年初の「宮ヶ瀬缶コーヒー」♪
湖畔の温度計は10℃ながら、風はなくて気持ちの良い陽気。
太陽が雲に隠れると、途端にヒンヤリするけど。
20020204
 こちら側も、「ミントグリーン(仮称)

今年も、新旧大小様々なバイクが。 今日はハーレー率高めか。
4miniやレーサーレプリカのグループの皆さんも。

ADV150を初めて見かけたのが、本日のハイライト。
nyamoの乗るPCX150(新型)ベースのADV風スクーター。
「あがりバイクにちょうどいいかも」と思い始めた今日この頃。
20020205
 本日も大盛況

帰りは、いつもの北岸林道経由で。
路面は、やはり完全ドライで終日日陰のポイントも問題なし。
塩カルスプラッシュの覚悟もしていたけど、全く汚れずに帰還。

ダムの下流、中津川の流れもやはり「ミント」だった・・・。

2016年 お散歩ツー初め 「隧道と蕎麦と温泉と
2017年 お散歩ツー初め 「ダムと蕎麦と温泉と
2018年 お散歩ツー初め 「大福と蕎麦と温泉と
2019年 お散歩ツー初め 「空母と蕎麦と温泉と
これ始めて、もう5年目か・・・。 さて今年は、と。(笑)

年の瀬旅の帰途、例年なら「今年最後の富士さま」を眺めつつ。
それが昨年はずっと雨模様で、年末のご挨拶ができなかった。
ならば、新年のご挨拶をしに行こう! 富士見風呂、いいじゃん♪
20010501
 バキバキに凍ってますな(苦笑)

一日フリーになりそうなのは、今日だけ。
しかし、昨夜の雨でクルマの水滴はバキバキに凍り、路面も白く。
明るくなる7:30出発の予定だったけど、さらに1時間遅らせよう。
20010502
 さて、そろそろ行きますか

路面にも日が当たり始め、庭のクルマも解凍されたので出発。
国道に出ても、山影になるカーブは真っ白で要注意。
スピードを控えて、できるだけバイクを寝かさないように。
20010509
 「嫌ぁー!」(苦笑)

伊勢原に出てR246に入るころには、やっと路面もドライに。
善波峠のトンネルを抜けると、正面に・・・
20010503
 富士さまどーん!

往きは、ずっと下みちでR246の予定。
裾野市あたりで富士見風呂のつもりだけど、ちょっと足を延ばす。
長泉町と沼津市の境にある「鮎壺の滝」を見物しに行こうと。
昨日、テレビの「ぶらり途中下車の旅・御殿場線」で見た。(笑)

ジオサイトとして登録されたらしく、無料の観光駐車場も。
富士山の溶岩流によってできた、高さ9m幅65mの滝。
住宅街の一角にいきなり現れるのがインパクト大で、
パンフには「はるかに望む富士山が絶景」とあるけど・・・
20010504
 富士山の前にマンション(苦笑)

20010505
 上流側から見ると、こんな感じ・・・

さて、裾野市まで戻って温泉に行こう♪
帰りはR246に出ず、K87,394,24を乗り継いで。
東名、新東名をくぐって北上すると、富士さまが目の前に!
20010506
 頂上に被っていた雲も消えた

11:30になったので、先にお蕎麦を食べに行こうと。
目を付けていたお店は、定食屋さんながらお蕎麦とうどんも。

とろろが美味しいらしいので、「ざる とろろそば」を注文。
「あれ?とろろは?」と思ったら、既につゆの底に入っていた。
ごはんまで付いて、もはや「とろろ定食」に近い。(笑)
コシのあるお蕎麦、とろろ入りのおつゆ、うまうまでした♪
20010507
 ざる とろろそば 700円

食後は、温泉に入って温まる。
塩分が多いサッパリ系の泉質で、乾燥した肌には少しピリピリ。
露天風呂からは、快晴の空と富士さまどーんで超ご機嫌♪

何だか見覚えがあると思ったら、以前クルマ旅で来たことが。
「いいお風呂見つけたっ♪」なんて思っていたのに。(苦笑)
20010508
 帰る前にもう1枚♪

さて、帰りは東名でバビューンの予定。
今日も大和TN付近で渋滞予測が出ているので、早めに帰ろう。
御殿場ICから乗ると、既に始まっているとの情報。
まあ、この車の量なら、海老名JCTまでは延びないだろう。
20010510
 無事クリア!

圏央道でも、相模原IC付近での事故渋滞が延びてきたけど、
こちらも、巻き込まれる前に圏央厚木ICから脱出成功。
バイク用品店の初売りセールに立ち寄ってみるも、収穫無し。
15:00に帰着して、2020年 お散歩ツー初めは無事終了。

この「○○と蕎麦と温泉と」シリーズ、来年も続くか?(笑)

今年の年の瀬旅は、恒例の大晦日リターンではなく30日戻り。
とはいえ、帰宅翌日は疲れているだろうし、晴天とも限らない。
なので、先日の千葉ツーでバイクは走り納めたつもりだった。
しかし本日の天気、終日晴れで気温は15℃越えの予報!

真冬でこんな予報の出ている日に、乗らない訳には・・・。
nyamo & nyamotaは、一足先に午前中にひとっ走り。
「宮ヶ瀬の駐車場は、バイクがいっぱいだったよ!」

それじゃ、父ちゃんも午後から行ってみよう。
「本当に暖かいな♪」と走っていたら、湖畔の温度表示は20℃!
完全冬装備で来たけど、ネックウォーマーなんて不要だった。
19123101
 みんな、考えることは一緒(苦笑)

いつもの駐車場に着くと、4輪エリアも半分くらいバイクで。
のんびり缶コーヒーという雰囲気ではないので、すぐに退散。

オギノパンに行こうか。 大晦日恒例のアレをやってるはずだし。
こちらも混雑していたけど、バイクスペースはまだ空いていた。
それじゃ、あげぱんを買う前に・・・
19123103
 年越しそばのふるまい♪

毎年大晦日になると、ここから近い「せき麺」さんが出張。
週末になるとコンビニ駐車場に出る屋台は釜揚うどんだけど、
今日はおそばで、しかも無料でふるまってくださる。

年末恒例にしているライダーも多いおそば、うまうまでした♪
揚げたてホカホカのあげぱんを買って帰ろう!
19123102
 ホカホカ♪

nyamotaが、家の近所の駐車場でnyamoと一緒に、
サンタさんにもらったブレイブボードの練習をしているらしい。
(スケボーみたいな、足を動かしてクネクネ進んでいくやつ)

よし、あげぱんを届けてやろう。
19123104
 「おっ、前に進んでるじゃん!」

手をバタバタするおそらく不要な動き(笑)はセットだけど、
何となく前に進んでるじゃん! うまいうまい!
父ちゃんなんて、こんな2輪の板の上に立てる気もしないぞ。

はいはい、あげぱん休憩しようぜ。
手も顔も砂糖まみれのnyamota、外で食べさせて良かった。(笑)
2人は練習続行。 「父ちゃんは、先に帰ってるぞー」。

これで2019年も、2輪4輪とも無事故無違反で全運用を終了。
来年も、良いツーリング&クルマ旅ができますように。

↑このページのトップヘ