なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 汽車

道の駅は、石勝線 新夕張駅に隣接している。
ここから分岐して夕張に至る石勝線支線は、2019年4月に廃止される。
汽車旅派だった時代の思い出の路線に、お別れ乗車してこよう。

災害による運休中で、同じく廃止濃厚な日高本線の車両が来た・・・。
車内はおそらく、我々のような「お別れ」な人ばかりだった。(苦笑)
駅に停まるたびに、カメラを持って右往左往してなかなか忙しそう。
18081502
 「よーく見ておけよ・・・」

かつては石炭貨車がひしめいていたであろう、広い駅構内。
一時的に複線化されていた時のものと思われる、隧道の遺構。
それらを車窓に眺めながら、終点の夕張駅に到着。

8分後に折り返す、同じ列車でそのまま戻り、往復約1時間の汽車旅終了。
この地を走る列車の姿、おそらく見ることができるのはこれで最後・・・。
18081501
 終点 夕張駅

18081503
 乗車券は記念に頂いてきた

道の駅に戻り、昨夜は既に閉まっていた直売所へ。
カットした夕張メロンで休憩。但し、瓜系嫌いのnyaponを除く。(笑)
18081504
 うまうま♪(らしい)

18081505
 父ちゃんはこっち(笑)

夕張に来たら、シューパロダムも見ておきたい。
以前からあった大夕張ダムの直下にさら大きな堤体を建設して、
以前、廃線跡めぐりで見た鉄橋などがすべて沈んでしまった、巨大ダム。

出発しようと思ったら、道の駅の情報コーナーに
「管理所への道路で落石の危険があり、ダムカードはここで配布中」と。
危なかったぁ・・・。(苦笑)カードをもらってからダムへ。
18081509
 夕張シューパロダム

下流の少し離れた場所から堤体を眺めて満足。
先ほど列車で来た、夕張駅を過ぎて、「夕張市石炭博物館」へ。

「石炭の歴史村」時代に来たことがあるけど、夕張市の破綻で休館。
今春、2年間のリニューアルを経て再開されたのだと。
引き続き休館中のSL館が再開されると、嬉しいのだけど・・・。
18081506
 運炭鉄道に関わる展示

18081507
 地下展示室

18081508
 本物の石炭層の中の「模擬坑道」へ

訓練や皇族の視察にも使われた、登録有形文化財の「模擬坑道」、
北海道天然記念物の「石炭の大露頭」など、なかなか興味深かった。

その後は、nyamoのダムカードめぐりの続き。
道管理ダムのお約束、午後は振興局管理部で配布とのことで長沼町へ。
18081510
 栗山ダム

「まだ、ジンギスカンを食べてないよねぇ・・・。」
nyamoが、ジンギスカンコーナーのある温泉施設を見つけていた♪
18081511
 ショウガの効いたタレがいい!

満腹満足で温泉にも浸かってさっぱり。町内の道の駅で、本日の予定終了。
明日は、夕方便のフェリーに乗る日。

朝、まずは道の駅からほど近い「西興部村 鉄道資料館」へ。
旧上興部駅舎の資料館は開館前だけど、屋外の車両は見られる。

十数年ぶりの訪問ながら、駅舎も車両も変わらず綺麗に保存されていた。
道内各地のこの手の資料館、どこも消えた鉄道への愛着が感じられる。
18081201
 国鉄名寄本線 上興部駅舎

18081202
 学生の頃、この線路も通ったんだなぁ・・・

下川駅跡の保存車両も見学してから、D60に入って北に向かうと、
広くて綺麗な上り勾配。「これ、どう見てもダムの付け替え道路だよね。」
ほどなく、建設中の「サンルダム」が。最近、ダム感度も上がった。(笑)

少し進むと、橋の上からまさに水に沈みゆく木々の姿。D60旧道も。
調べてみると、6月末に試験湛水が始まったところだったらしい。
建設中バージョンのダムカードがもらえたと後から知り、nyamoショック!
18081203
 何とも言えない光景・・・

D60で幌内越峠、D49で美深峠を越えて仁宇布まで。
途中、エゾダヌキの大家族に遭遇。(笑)クルマに気をつけろよー!

今回の旅の最大の目的地と言って良い、「トロッコ王国美深」に到着。
国鉄美幸線の廃線跡を、エンジン付きトロッコで往復10kmも走れる。
ここも3回目の訪問ながら、チビ達記憶なしスポット・・・。(苦笑)
18081204
 「楽しーいぃ♪」

18081205
 「橋を渡りまーす!」

やはり、レールの上を鉄の車輪で走るガタンゴトンという感覚は最高!
並走する道路を行くバイクにピースを送ると、返してくれた♪

駅に戻ってから、焼きとうきびでおやつ。
今年はとうきびの生育が悪いそうで、ゆでとうきび屋さんを見かけない。
とはいえ、nyamotaの出発前からの念願がひとつ叶った。(笑)
18081206
 うまうま♪

美深からR40で音威子府まで。
今年は「北海道命名150年」。その命名の地があることで有名になった。
でも、我が家にとっては「黒いお蕎麦の地」♪

道の駅に車を停め、ウキウキでJR音威子府駅の駅そば店に行くと・・・
18081207
 臨時休業(苦笑)

まあ、お盆時期だしねぇ。
別のお店で食べられると案内が出ていたけど、大混雑なのを見た。

ここで、nyamoが急きょ調べてGoodJobを。
以前立ち寄ったことのある、天塩川温泉で食べられると突き止めた。
よし、お風呂を兼ねて行くぞ!
18081208
 音威子府そば(かけ)

18081209
 音威子府そば(ざる)

駅そばにはない「ざる」もあったので、どちらも頼んでみたけど、
この黒い蕎麦は、「かけ」の方がより香りが感じられると意見が一致。
でも、どちらもうまうまでした♪

今日も、お風呂上りに鉄分の補給を。
すぐ近くにある、1両分の小さなホームの天塩川温泉駅で特急見物。
nyamotaよ、一昨日のキハ283と顔が違うのが分かるか?(笑)
18081210
 今日のは、キハ261な

R40を名寄まで南下。ここまで来たら、必ず「キマロキ」を表敬訪問。
北国博物館に立ち寄って、伝説の排雪列車キマロキ編成を見学。
いつの間にか準鉄道記念物になり、展示から40周年を過ぎていた。

いつ来ても、ここが名寄本線の廃線跡の線路上だと思うと感慨深い。
nyamota氏、丹念に全車両の運転席に登って周る。
兄貴の方も、前回来た時はまったく同じだったよ・・・。(笑)
18081211
 屋外なのに、素晴らしい保存状態

今日は、名寄の道の駅で予定終了。明日はさらに南下の予定。

実質の道内初日。まずはJR石勝線に沿って東へ。
貨物&特急街道の石勝線。途中の信号所で列車見物を。

振り子式ディーゼル特急の通過を初めて見たnyamota氏、大興奮。
さらに、貨物列車の運転士さんからは汽笛サービスで超機嫌に♪
18081001
 「『ピーッ!』っていったよー♪」

落合からR38に出て狩勝峠に近づくと、雨が本降りに。
ツーリングライダーも多いけど、峠越えに挑むサイクリストの姿も。
18081011
 がんばれー!

峠を越えて、国鉄根室本線旧線跡の「エコトロッコ」に立ち寄り。
ここは3度目なのだけど、チビは2人とも覚えていない残念スポットなので。
人力の自転車タイプだけど、鉄のレールの上を走る感覚が楽しい♪
18081002
 雨で空転して救援中!(笑)

山を下りて新得駅まで。新得に来たからには、名物のお蕎麦でランチ。
少し時間が早いので、駅で入場券を買って特急見物してから。

まずは、355psターボディーゼルツインエンジンのフル加速をご覧頂こう。
普段、ディーゼルカーを見る機会の少ないnyamota氏、圧倒される。(笑)
18081003
 「すごいはくりょくだね!」

18081004
 新得そば、うまうま♪

満腹満足で、鹿追、士幌を抜けて糠平へ。

国鉄士幌線跡のコンクリートアーチ橋群を横目に、ひがし大雪自然館まで。
nyamo氏、この旅で最初となる糠平ダムのダムカードをゲット。
18081005
 ネイチャーセンターには必ずいるクマさん(笑)

士幌線の廃線跡が遊歩道になっていて、橋も渡れるというので少しお散歩。
ほど近い、鉄道資料館で士幌線の資料も見学。
18081006
 雨上がりの廃線跡をお散歩

18081007
 橋の下には、大雨で流木の山が

18081008
 鉄道資料館

三国峠を越えて、大雪湖畔まで。大雪ダム管理所でカードをゲット。
nyaponもnyamoもお気に入りのロックフィルダムで、堤体上が国道。
18081009
 2枚目!

層雲峡を抜けて、上川からJR石北本線に沿って東へ。
時刻表を見ると、後ろから下り特急「大雪」が追ってくるので・・・
18081010
 本日最後の鉄分補給♪

白滝の道の駅で、本日の予定終了。
気温16℃。快適を通り過ぎて、少し寒過ぎるのですが。(苦笑)

今日はツーリング日和らしいので、「少し遠くへ」と思っていた。
しかし、前夜に雨が降って冷え込むという、最悪のパターン。

箱根を越えて静岡方面の海沿いにでもと思っていたのだけど、
山越えルートはあきらめて、神奈川県内を走って来よう。
しっかり日が昇ってから出発、暗くなる前に帰るスケジュールで。
1712091
 クルマのルーフはバキバキに凍結中

9:00に出発するも、山影のカーブは路面が白くてドキドキ。
天気は良く、厚木からR129に入って、やっと安心できる状態に。
対向の兄ちゃん2人が思い切り手を振ってくれて、全力で答礼。

湘南道路R134を、三浦半島方面へ。
逗子のあたりで少し流れが悪くなったけど、概ね順調に三崎まで。
「お昼は、三崎港でマグロかな♪」
1712092
 「江ノ電、通らないなぁ・・・」

「観光客向けじゃない、良いお店はないかな?」と、検索。
城ヶ島に、良心的な値段でづけ丼が美味しいというお店が♪

よし、初めての城ヶ島大橋を渡ってみよう!
普段は、ETC不可の有料道路は面倒でパスすることが多いので、
初めてジャケット袖部のコインポケットを有効活用。(笑)
1712093
 二輪車 50円(往復)

1712094
 「うーみーっ!」(笑)

ちょうどお昼時に到着。店構えは、ちょっと古いお蕎麦屋さん。
お店は空席もあって、全く待たずに入れた。
橋の上から見えた三崎港周辺は、駐車場もぎっしりだったけど。

安くてボリューム充分という評判の、「まぐろづけ丼」を注文。
1000円で、お味噌汁とお漬物付き。
さっぱり赤身、トロとまでは言わないけどの脂の甘味、
たっぷり載ったマグロは色々な部位があって、どれも美味♪

さすが三浦大根の地だからか、沢庵漬けがまた美味しかった。
これ、三崎港側で食べたら、お値段は倍くらいするんじゃない?
1712095
 「丼」 うまうま♪

満腹満足で出発。衣笠ICから横浜横須賀道路で逗子ICまで。
横横道、尋常じゃない料金だったのが、少し安くなったのね。
R16に出て、JR横須賀線 田浦駅の裏手まで。

三浦・横須賀方面に来たら、立ち寄りたいと思っていた場所。
鉄道の廃線跡好きには有名な、米軍関連の貨物線跡がある。

そして、ダイヤモンドクロス(平面交差)の遺構が残っている。
nyaponは、阪急 西宮北口駅にあったものに親しんだ世代。
見たかったのだけど、付近の道路整備が進んで気になっていた。
1712096
 「井」 残ってた!

国鉄(JR)田浦駅方面からの線路跡と、米軍(現在は海自)
の施設を結ぶ線路跡が、見事に直角で交差している。
西宮北口の複々線×複線のような迫力はないけど、いい雰囲気♪

近年の道路整備で付近はアスファルトで埋められたものの、
踏切や分岐器の遺構も何か所か残っていた。
1712097
1712098
1712099
さて、冬ツーの鉄則、「暗くなる前におうちに帰りましょう。」
再び逗子ICから、横横道路~保土ヶ谷BP経由で帰宅。
ルート選択を誤ってR246に出てしまい、少々渋滞したけど、
まだ日が当たって暖かいうちに無事到着できた。

夏場に取り付けた、105mm長いツーリングスクリーン。
それ以降、本格的に高速道路を走る機会が無かったのだけど、
冬場の実戦投入で、この防風性のありがたさを体感!(笑)

今日は、キャンカーの点検で世田谷のビルダーさんに行く日。
毎回、作業待ちの間、都内を「おのぼりさん」するのが恒例。
今回は、墨田区のミュージアムめぐりを企画♪

まずは、東武 東向島駅高架下の「東武博物館」へ。
ずっと、「日曜日は電車に乗れる!」と言っていたnyamota氏、
小田急線、総武線、東武線の乗り継ぎで、既にご機嫌。

「僕は別に電車は・・・」と言っていたnyapota氏の方も、
運転シミュレーターには熱中して、何度も並んでいた。
誤差9cmで駅に停車させたり、なかなか上手いし。(苦笑)
1711121
 それ、父ちゃんもやりたい(笑)

1711122
 「古い電車だじぇ♪」

電車で2駅、スカイツリー下のソラマチに移動して、お買い物。
チビ達の好きなキャラクターショップめぐり、などなど。

スカイツリー、せっかくだから昇ってみようかとも思ったけど、
家族4人で5000円以上かけて、さらに40分待ちは・・・。
完成してから初めて、直下から634mを見上げたのだけど、
てっぺんはほとんど真上に見えて、本当に首が痛くなる!(笑)
1711123
 「首痛い・・・」(苦笑)

次は、ソラマチの中にある「郵政博物館」へ。
郵便や通信に関する歴史、世界の切手の展示などなど。
「郵便屋さんは、最強のライダーでもあるんだぞ。」

ちょうど企画展でやっていた、錦絵の展示も興味深かった。
1711124
 「昔のポスト?」

1711125
 最強マシン!

ソラマチで夕食も済ませてから、ビルダーさんに戻ろう。
往きとは違う電車に乗りたいというnyamota氏のご要望で、
北千住から代々木上原経由で小田急線 成城学園前まで。

キャンカーの点検整備&オイル交換も無事に終了。
東名に乗って、上り線の渋滞を横目にスイスイと帰宅。

久しぶりに山から街に下りて、都会を満喫した♪(笑)

今日、10月14日は「鉄道の日」。
明治5年の今日、日本初の鉄道が開業したことを記念したもの。
我々の世代には、「鉄道記念日」の方がしっくりくるけど。

「久しぶりに撮り鉄ツーでも」と思ったけど、残念な空模様。
仕方ないので、過去の写真を掘り返してみたり・・・。
最近は、線路際に三脚を立てての本気撮影は減ったけど、
チビ達も一緒に撮った写真は、成長も見られて、これはこれで♪
1710146
 2007 JR大糸線 @新潟

1710147
 2009 大井川鐵道 @静岡

1710148
 2010 JR北上線 @秋田

1710141
 2012 岳南電車 @静岡 (当時は「岳南鉄道」)

1710142
 2012 真岡鐵道 @栃木

1710143
 2013 JR磐越西線 @福島

1710144
 2015  小湊鐵道 @千葉

1710145
 2017 三岐鉄道 @三重

うむ、チビ2人も大きくなったもんだ・・・。

nyapotaは、残念ながら汽車電車好きにはならなかったけど、
毎朝のニュースで電車運行状況の背景に品川駅が映ると、
「けーきゅーせんだ!しんかんせんだ!」と騒ぐnyamota。

BSの鉄道旅の番組を見ながら、テーマソングを口ずさむ。
最近は「見るだけじゃなくて、電車の旅がしたい!」とも。

次男の方は、期待大かな。(笑)

朝から雨が降ったり止んだり。
今日は、天気の影響を受けない科学館で遊ぼうと、
大垣市スイトピアセンターの「こどもサイエンスプラザ」へ。

ホール、ギャラリー併設で入場は無料。 駐車料金の200円だけ。
その駐車場も、背が高くて入口ゲートをくぐれないキャンカーは、
親切に大型車エリアのゲートを開けて案内して頂けた♪

テーマは、都市・人とくらし、地球・自然のちから、宇宙の神秘。
実際に動かしてみる展示に、いつもながらチビ2人ご機嫌。
「水のパビリオン」では、水の豊かな大垣市に関する展示も。
1703261
「何だか分からないけど、回すじぇ♪」(苦笑)

1703262
 太陽電池のしくみ

1703263
 よくある、ボールが走り回るやつ(笑)

昼食は、お散歩がてら1kmほど歩いて大垣駅まで。
食後、お約束でnyamotaが「電車を見たい」と言うので、
入場券を買って、nyaponと2人で改札の中へ。

nyamoとnyapotaがショッピングモールを見ている間、
小1時間ほどホームを行ったり来たりしながら電車見物♪
同じ構内から出る、養老鉄道と樽見鉄道も見られてご機嫌♪
nyamota、昨日の三岐鉄道とは違う高速貨物列車に大興奮!(笑)
1703264
 東海道線(JR東海)

1703265
 養老鉄道

1703266
 樽見鉄道

1703267
 「かもつれっしゃ、はやいねー!」

少し雨が強くなってきた大垣を出発。西へ向かう。
K31の揖斐川、長良川には同じ構造のカッコよいトラス鉄橋♪
1703268
 nyamoと2人で「カッコいいーっ!」

木曽川に沿って、R21-R41で美濃加茂まで。
我が家の定番、日本昭和村の道の駅で本日の予定終了。
・・・隣接のお風呂が、工事中なのか閉館中でショック!(苦笑)

明日は、恵那方面に行ってみようかな。

nyapotaの春休みスタートに合わせて、休暇を取って春旅へ。

終業式を終えた金曜夕方、お風呂も済ませて西に向け出発。
今回は、いつもなら避ける新東名を全線使ってみようかと。
豊田から伊勢湾岸道の湾岸長島PAまでがんばり、前乗り完了。
1703251
 初めての岡崎SAで、光るみちまるくん発見!

今日は、三岐鉄道で乗り鉄&撮り鉄三昧の計画。
まずは、ナローゲージで有名な北勢線の終点、阿下喜へ。
パーク&ライドの駐車場へ停め、「1日乗り放題パス」を購入。
1703252
 阿下喜駅には、ナローの古い電車も展示

早速、軌間762mmの小さな電車に乗ってゴトゴト♪
向かいの席がとても近い車内。 前後左右の揺れも独特。
北勢線のこの雰囲気、すっかりファンになってしまった。

途中、楚原の駅で途中下車して、ちょっと撮り鉄も。
有名な「めがね橋」と「ねじり橋」まで、1kmほどお散歩。
線路際にはサルが。 目を合わさぬよう・・・。(苦笑)
1703253
 小さくて、かわいい電車♪

1703254
「ねじりまんぽ」構造で、土木遺産の橋

駅に戻って、終点の西桑名まで再び乗車。
近鉄に乗り換えて富田へ。 ここからは、三岐鉄道三岐線。
こちらも「1日乗り放題パス」は共通で乗車できる。

三岐線は、セメント輸送の貨物列車が走ることで有名で、
関東でいうと、ちょうど秩父鉄道のような路線。

終点の西藤原まで往復し、途中の丹生川で途中下車。
貨物鉄道博物館は閉館日ながら、展示車両の見学は自由。
ちょうど通過時刻だった貨物列車に、nyamota大喜び!
1703255
 三岐線では、元西武線の車両たちが余生を

1703256
「かもつれっしゃ、きたー!」

桑名に戻って、「日本で唯一の踏切」を見物しに行く。
3種類の幅の線路を渡る踏切は、日本でここだけ。
チビ達も、「本当だぁ。線路の幅がみんな違うー!」
1703257
手前から、三岐鉄道(762mm), JR(1067mm), 近鉄(1435mm)

最後に阿下喜まで戻る列車は、
開業100周年記念の旧北勢線塗装の編成だった。
北勢線唯一の前向き座席の先頭車で、1時間のナロー旅♪
1703258
 もちろん車内もミニサイズ

阿下喜駅からほど近い温泉に浸かって、夕食も済ませた。
その後、岐阜県に入り、海津市の道の駅で本日の予定終了。

明日は、大垣でチビ達を遊ばせる予定。 

子供のころ大好きで、何冊もシリーズを持っていた、
小さくて分厚い児童書、「○○大百科」や「○○全百科」の類。
もちろん鉄道関係専門だったけど、色々なテーマで出ていた。

鉄道系の多くでビジュアルを担当した鉄道写真家 南正時氏が、
制作当時のエピソードをまとめた本を出された。
副題は、「昭和50年代の鉄道少年たちへ!」 。

ありがとうございます。 まさに私のことですね。(笑)
1702xx2
「鉄道大百科の時代」南正時 著  実業之日本社

SLブームには、ギリギリ間に合わなかった世代だけど、
ブルトレブームは真っただ中で経験した。
絵入りヘッドマーク化が話題になった「L特急」、懐かしい!
お約束だった「ブルトレ」の乗車追跡レポ、懐かしい!

今のように、ネットでちょうちょいと画像や情報が得られる
時代じゃなかったので、ボロボロになるほど何度も読んだ。
現在活躍中の編集者や鉄道写真家の方々も寄稿しており、
やはり「『大百科』がバイブルだった」と述懐されている。
1702xx3
「○○なんでも入門」シリーズも定番だった

以前、子どもの頃に読んだ鉄道本をオークションで見つけ、
生まれ月の時刻表などと一緒に落札して入手した。
穴が開くほど読んだ記事やイラストは、結構覚えているもの。

未来の鉄道に関するページでは、
大阪から淡路島・四国を経由して九州に至る新幹線や、
「近い将来、リニアモーターカーが東京-大阪間を結ぶ」
というような記述もあり、21世紀は夢のような未来に思えた。

今のチビ達も、昔の自分と同じように愛読書はいつも枕元に。
やはり、将来、懐かしむ時がくるのかな・・・。

宝塚のホテルをチェックアウト、姉と待ち合わせてお墓参りへ。
お墓の左右に植えてある木が育ち過ぎたので、剪定を。
想像以上に巨大化していて、持って行った鋸と剪定鋏では力不足。
冬の屋外にかかわらず、お参り前に汗をかいてしまった。(苦笑)

午後、姉と一緒にゆっくり昼食を食べてから、奈良へ移動。
学生の頃は友達が住んでいたので、バイクで走り回っていた奈良。
知らない間に第二阪奈道なんてできていて、1時間もかからず。
1612291
 生駒山をトンネルで抜けると!

1612292
 マンホールにも鹿さん♪

興福寺のすぐ近く、五重塔ビューのホテルに無事チェックイン。
まずは、夕食のために近鉄奈良駅方向へお散歩に。
夕食後のお約束、入場券を買ってnyamotaの電車見物。(笑)
カフェのカプチーノは、まさかの大仏さまアート♪

奈良駅前の商店街のかまぼこ屋さんでは、美味しいという
「バターポテト」を買って、食べ歩きをしながら帰ってきた。
1612293
「きんてつでんしゃだじぇ♪」

1612294
 ありがたや♪(笑)

1612295
 魚万「バターポテト」

明日は、クルマを置いて奈良市内を観光の予定。 楽しみ♪
まじめに周るのなんて、小学生の時以来かな・・・。(笑)

↑このページのトップヘ