なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 汽車

10月の台風で、大きな被害の出た箱根。
いまだに、強羅ー仙石原間の国道にも不通の区間があり、
箱根登山鉄道など全線復旧は来年の秋になるという。

火山活動の風評被害のころに続いて、再び「箱根応援」だ!
年に1回くらい遊びに出かける、箱根小涌園「ユネッサン」へ。
小田原厚木道路から国道1号で箱根湯本を抜け、小涌谷まで。
19120101
 ちょうど紅葉のポイントも

19120102
 箱根登山鉄道 蛇骨陸橋付近

「紅葉がきれい♪」なんて言いながら、登山電車の線路を横目に。
ニュースで見て知ってはいたけど、蛇骨陸橋のあたりでは、
完全に橋も橋脚も流されて、どこに線路があったのやら・・・。

箱根駅伝の時には電車を停めて選手を通すことで有名な、
小涌谷踏切も警報機にカバーが掛けられて休止状態に。
しばらく乗ってないけど、運行が再開されたら乗りに来よう。
がんばれ、箱根登山鉄道!
19120103
 小涌谷踏切

19120104
 線路内には重機が

9:00のオープンに合わせ、ユネッサン到着。 まだ空いている。
敷地内でも斜面が崩れたのか、駐車場の一部は閉鎖中。

チェックインを済ませて着替え、まずは水着ゾーンへ。
屋内エリアのジャグジーでくつろいだり、ビーチボールで遊んだり、
ワイン風呂、コーヒー風呂、緑茶風呂、酒風呂を周ったり。
19120105
 「寒い寒い!」

19120106
 「まだ空いてるね♪」

その後は屋外エリアにも。
濡れたラッシュガードのせいで、風が吹くとかえって寒い!

チビ達は、スライダーを滑ったり走り回って遊ぶけど、
大人の方はすぐに湯気の上がる温泉に飛び込む。(苦笑)
浸かってしまえば、紅葉と流れる雲を眺めながらご機嫌♪
19120107
 ワイン風呂

19120108
 「気持ちいぃー♪」

早めにランチを済ませて、更衣室から温泉ゾーンへ。
どちらかというと、大人の方はこちらでくつろぐのが主目的。
やはり、温泉は裸で入るもんだ。(笑)
こちらも、紅葉を眺めながらの露天風呂は最高♪

お土産コーナーに立ち寄り、お饅頭を仕入れてから帰途に。
湯本の駅前が少し混んだけど、ほぼ順調に明るいうちに帰宅。

来年は、紅葉の中を行く登山電車の姿がみられますように。

就職して神奈川に来て、まだクルマも持っていなかったころ、
海老名と横浜を結ぶ、相模鉄道の沿線に住んでいた。
観光ガイド片手に横浜に遊びに行く時にも、よく利用した。

その相鉄線が、今月末に念願だった都心直通を果たす。
何しろ、首都圏の「大手私鉄」の中では唯一、
都内に乗り入れておらず、他社線との直通運転もなかった。



西谷駅から東海道貨物線の横浜羽沢駅の間に、連絡線を建設。
横須賀線・埼京線経由で、新宿・大宮・川越方面へ直通する。

今日、用事があって相鉄線で横浜に出かけたのだけど、
各駅では開業予告のポスターやバナーがいたるところに。
相模大塚駅の留置線には、既にJR埼京線のE233系の姿も。
久々に、「鉄」の血が騒いでキョロキョロ・・・。(笑)
19110301
 真ん中と、真ん中をつなぐ

横浜の「真ん中」と東京の「真ん中」というのがポイント。
海老名・大和~新宿方面直通なので、実は横浜駅は無縁。
それどころか、一部の列車は、相鉄の本拠地に来なくなる。
とはいえ、沿線の価値向上という意味は大きいのだろう。

我が家からだと、新宿ならば当然今後も小田急線を使う。
横浜羽沢から東横線日吉への連絡線を建設していて、
2022年開業予定という相鉄・東急直通線の方に期待かな。

途中の新横浜に駅ができ、海老名から乗り換えなしになる。
数少ない小田原停車の「ひかり」が選べなくても、(苦笑)
大混雑&乗換えの面倒な新横浜駅へのアクセスが楽に♪

Twitterはやっていないのだけど、「#がんばれ北陸新幹線」の
ハッシュタグで応援メッセージが相次いでいるそうで。
「人的被害も大きいこの非常時に電車の心配か?」ではなく、
交通網の復旧無くして、支援も復興もままならないということ。

車両の水没した、長野車両センターの映像は衝撃だった。
全車両の1/3にあたる10編成が被災してしまったのだと。
JR東日本のE7系8編成と、JR西日本のW7系2編成が。
電装品や内装の水没となると、修理は微妙なのだろうな・・・。
19101901
 がんばれ、E7&W7!

そんな中、JR東日本が緊急対策を発表した。
上越に投入を開始し増備中だったE7系を、北陸に転用する。
そのために、来年度に引退の予定だったE4系を延命させるそう。

「おい、nyamota! お前の好きな2階建て、まだがんばるって。」
「じゃあ、もう1回乗りに行きたい!」

そうだな。 乗るのは上越新幹線でも、そういうのが復興支援だよ。
JR東日本は、今回の台風の被災地域全体が営業エリアだしな。
19101902
 E4、まだまだ活躍するぞ

神奈川県内でも、箱根登山鉄道が壊滅的な状況になっている。
もともと急峻な地形だからこその「登山鉄道」なのだけど、
陸橋が崩落するなどして、年内の復旧は難しいと報道されていた。

紅葉シーズンを前に、影響は計り知れないだろう。
我が家からだと、クルマで出かけるのが基本になる箱根だけど、
復旧したら、久しぶりに「ロマンスカー&登山電車」で行こう。

TwitterなどSNSの類はやってないけど、想いは。
#がんばれ北陸新幹線
#がんばれ箱根登山鉄道

久しぶりに、お泊りツーリングに行ってみようと思う。
山の方はまだ早いだろうと、太平洋岸に沿って地図をスクロール・・・。
「奥三河」という、なかなか趣のある地域名が目に入った。

少し検索してみると、「おっ、nyaponの大好物があるじゃん♪」
ちょうど良いところに、リーズナブルな宿も見つかった。
微妙な天気で肌寒い土曜朝、服装は完全冬装備で新東名を西へ!

10時前に新城ICを降りて、JR飯田線本長篠駅前に到着。
天気は曇天。 ん? 今ポツッときたような・・・。(苦笑)
ここからnyaponの大好物、「廃線跡めぐり」♪
1968年に廃止された、豊橋鉄道 田口線の遺構を見て周ろうと。
19033001
 本長篠駅

駅構内には、田口線の使っていた細いレールが残っていた。
国鉄との分岐点を見てから、廃線跡の細い道を進むとすぐにトンネル。

愛知K32に出てさらに進むと、田口線の遺構で有名な橋脚が。
有志の方が作成した、廃線50周年記念の幟が立っていた。
19033002
 石造りの立派な橋脚

県道を逸れて、築堤の跡へ。 両側にトンネルが見える。
バイクを停めて、本長篠側の大草トンネルを歩いて抜けてみる。

途中で素掘りに変わり、抜けた先には三河大草駅の遺構。
本当に周りには何もない場所。 今なら「秘境駅」と紹介されそう。
ここも有志の方がきれいに整備されていて、駅名の看板が立っていた。
19033003
 三河大草駅跡

築堤まで戻り、反対側の富保トンネルを抜け、峰トンネルまで。
倒木の先にトンネルは見えるものの、封鎖してある模様。
まあ、そこまで深追いして探検するつもりはないのだけど。(苦笑)
19033004
 峰トンネル

K32に戻り、痕跡の無い鳳来寺駅跡を通過。
すぐ先では、キャンプ場のアクセス路にトンネル2本と短い鉄橋が。
やがて廃線跡は、自転車と歩行者専用の遊歩道に。
残念ながらバイクは通れないので、横目に見ながら県道を進む。

三河大石駅跡のバス停には、鉄道時代と同デザインの待合所。
やがて、廃線跡は県道と並行する市道に。 バイクで走れる♪
鉄橋を渡り、一番見たかった双瀬(ならぜ)トンネルへ!
19033005
 双瀬トンネル

岩の形状で斜めになったポータル部、見惚れるくらカッコいい・・・。
当然鉄道時代も名撮影地だったようで、多くの写真が残っている。
もう1本トンネルを抜けて進むと、県道のバイパス工事で道が消滅。

K32に戻って滝上駅跡へ。バイクを停めて、線路跡に分け入る。
冬ジャケ姿で倒木を乗り越えたりすると、軽く汗をかいた。(苦笑)
ホームに上がってみると、便所の跡らしき穴が。
19033006
 滝上駅跡

三河田口側の海老トンネルも抜けてみたけど、先は歩行不能。
バイクを停めたところへ戻って、K389に入り稲目トンネルを抜ける。
廃線跡のトンネルを拡張して、道路トンネルにしたもの。

田峯駅跡付近では鉄橋の橋台の痕跡。 道路の旧橋もカッコいい。
近くには、ここから分岐していた森林鉄道のトンネル跡も。
さらに先で少しだけダートの林道に入って、小さな鉄橋を見物。
19033007
 大木和田橋梁

ここからはR257となり、豊川の対岸に見える廃線跡を眺めつつ北上。
沢を渡る部分では、小さな鉄橋がチラッと見える。

清崎駅跡付近から終点までは、豊川沿いの町道が廃線跡。
まずは長い鉄橋を渡り、ここから6本ものトンネルを抜けていく。
19033008
 素掘り!

19033009
 第四寒狭川橋梁

途中、ダムの建設工事現場が。
そう、ここから先の廃線跡は、設楽ダムの底に沈んでしまうのだ。
まだ着工したところなので先の話だけど、早めに来てみたかった。

そして、終点の三河田口駅跡。
ダム工事用道路が作られ始めて、埋もれかけている。
有志の方によって、鉄道現役時代の写真パネルが展示されていた。
この時代のローカル私鉄、いいなぁ・・・。
19033010
 三河田口駅跡

19033011
 「あの橋台の場所かな?」

廃線跡めぐりは終了。 電車が保存されている「奥三河郷土館」へ。
現在は閉館中で、新しくできる道の駅に移設予定なのだと。
19033012
 豊橋鉄道 田口線 モハ14

隣設の「三河総合センター」で、建設中の設楽ダムのカードがもらえる。
天皇陛下御在位30年記念カードもあって、2枚頂けた♪

ここまでは、22kmを3時間半もかけて来た・・・。
「次は気持ち良くクネクネか?」と、茶臼山高原道路に向かって出発。
が、結構本気の雨がシールドに当たり始めて、「やめ、やめ!」(笑)

Uターンして、R473からR151を南下。
雨は降ったり止んだり。 何とか、レインウェアを出さずに。
コンビニのイートインスペースで、コーヒー休憩しながら作戦会議。
宿のチェックインには早いので、大野頭首工でダムカードを、と。
19033013
 大野頭首工

ここでも、記念カードと合わせて2枚もらえた♪
管理所では、三河田口駅跡で少し話をした方と再会。(笑)
知多から来られていて、今日は6か所のダムを周ってきたとのこと。

R151を戻って、宇連ダム直下にある本日の宿に到着。
直前から雨が本気になってきて、早めに切り上げて正解だった・・・。

芳賀の道の駅から、先月の茨城旅の時と同じく新4号経由で帰ろう。
このあたりは、ホンダの工場や研究所、工業団地もあったりして、
宇都宮駅からのLRT(次世代型路面電車)の建設が始まっている。
他の都市でも計画があるようだけど、整備効果が楽しみなところ。

「第2東北道」こと新4号も、圏央道も順調で、11:00には無事帰宅。

今回の栃木旅は、充電式の電車に蒸気機関車と、乗り鉄を満喫。
加えて、久しぶりに線路際での撮り鉄も楽しむことができた♪
以前のような一眼レフ重装備ではなく、コンデジお手軽撮影だけど。
1902111
 JR烏山線 EV-E301系 最新の蓄電池駆動電車!

1902112
 雪景色の真岡鐵道♪

1902113
 初めて会えた、真岡鐵道のC11 325

旅の途中、最近増えてきた「パーク&ライド」駐車場を利用して、
ささやかながらローカル線を応援してくることが多くなった。
これからも路線存続に貢献しつつ、乗り鉄も撮り鉄も楽しんでいこう。

朝起きると、芝生の上は積雪3cmほど。
それよりも、アスファルトの上がガチガチに凍結状態なので大変!
トイレに行こうと思っても、歩くのもままならないほど・・・。

とりあえず、ゆずさんの朝のお散歩。
雪遊びは大好きなゆずさんだけど、やはり足が冷たそう。(苦笑)
1902101
 クルマも路面も、絶賛凍結中!

1902102
 「ちょっと冷たいです・・・」

今日も乗り鉄。 真岡鐵道のSLもおか号に乗って来ようと思う。
以前、nyapotaと一緒に乗ったことがあるけど、nyamotaは初めて。
何度も滑って転びそうになりながら、1kmちょっと離れた茂木駅まで歩く。
1902103
 確かに、そっちを歩く方が安全だ

まずは、下館まで約1時間、普通列車の旅。
いまどきの軽快気動車は加速も良くて、「鈍行」という感じではない。
前回はロングシート車でイマイチだったけど、今回はクロスシート♪
1902104
 まずは「軽油で走る」やつ

下館に到着して、もおか号の送り込み回送を待ち受ける。
まず、DE10牽引の客車列車が、nyaponの青春時代の「汽車」そのもの。
この季節、床下から蒸気暖房の湯気が立ち上る風景も懐かしい。

そして、折り返し先頭となるのはC11。
乗った時も撮影に来た時も、いつもC12だったので、ちょっと嬉しい♪
1902105
 「この赤い機関車もかっこいい♪」

1902106
 一旦、留置線に転線

先発の普通列車発車後に再度転線して、やっと乗車。
汽笛一声で出発! 客車列車らしいゆったりした加速でゴトゴト♪
昨日は電池で走る最新の「EV」に乗った。 そして今日は蒸気で走る!

途中下車するのでお弁当は買わなかったけど、おやつタイム。
沿線には雪景色を狙っていたであろうカメラの放列が続くけど、
真っ白だった田んぼや畑の雪は、日が昇ってすっかり消えてしまっている。

真岡駅で降りて、蒸気機関車を展示した「キューロク館」を見物。
父ちゃんの一番好きな蒸機、9600形が見られてご機嫌♪
1902107
 「チョコレート食べよ♪」

1902108
 真岡駅舎 兼 真岡鐵道本社屋はSL型!(笑)

普通列車で茂木に戻り、またトコトコと歩いて道の駅まで戻る。
午後になると路面の凍結はほぼ無くなって、歩きやすくなった。

少し遅めのランチは、道の駅のお蕎麦屋さんで。
以前食べた自然薯とお蕎麦が美味しかったので、もう一度。
食後、折り返し下館行きのSLもおか号をお見送り。
道の駅前はちょうど登り勾配区間で、絶好のSLビューポイント。

大満足で、バームクーヘン工房のカフェへ。
何度も来たことのある道の駅ながら、このお店に入るのは初めて。
これが、うまうま♪ ここの道の駅、どの飲食店もレベルが高いな!
1902109
 茂木産の自然薯と蕎麦、うまうま♪

190210a
 とちおとめのバームクーヘン、うまうま♪

我が家の定番、温泉併設の芳賀の道の駅まで移動。
大好きなヌルヌル系のお湯だし、食堂はボリュームがあってうまうま♪
ここで、本日の予定終了。 明日は道が混まないうちに早めに帰るぞ!

東京23区でも積雪という予報の出ていた、この週末。
ニュースでは、「不要不急なクルマの利用は控えましょう」と。

毎回、雪の予報でも夏タイヤでノコノコ出てくる学習しない輩がいて、
交通を麻痺させる神奈川や東京より、北の方が逆に安全。(苦笑)
当初の予定通り、朝6時過ぎに出発して栃木旅へ!
1902091
 圏央道 久喜白岡JCT付近

圏央道を北上。 菖蒲PAで朝食休憩していると、雪が本気で降ってきた。
東北道では一時は視界が悪いほどだったけど、栃木に入ると収まった。

矢板ICで降りて大田原市まで。 「栃木県なかがわ水遊園」に到着。
雪は降ったり止んだり。 ゆずさんもお散歩してみるけど、足が冷たそう。
1902092
 「久しぶりの雪ですね」

以前から気になっていた、栃木県唯一の水族館。
那珂川の魚を中心にした淡水魚の展示で、大水槽ではアマゾンの魚も。

大水槽にはカピバラさんもいて、水中での姿は初めて見たかも。
魚にタッチできるコーナーなどもあり、規模は小さめながら楽しかった。
1902093
 「ヤマメさんがいた♪」

1902094
 アマゾン大水槽

ランチは、園内にある地元の食材を使っているという食事処へ。
nyaponとnyamoは、「一番人気」の天ざるを。
蕎麦はコシがあって美味だし、野菜の天ぷらも甘くてうまうまでした♪
しかも、ボリュームたっぷりなのに、どのメニューもお値段控えめで。
1902095
 大盛りじゃなくても良かった・・・(苦笑)

午後、「寒いし、先に温泉に行って温まろう!」ということに。
那珂川町に入って、那珂川を見下ろす露天風呂のある温泉へ。
大好きなヌルヌル系の泉質。 nyamotaも「ここの温泉、気持ちいい!」
1902096
 温泉の駐車場から

さて、暗くなるまでまだ時間があるので、乗り鉄でもしてみようか。
以前、撮影に来た烏山線がディーゼルカーから蓄電池車に変わった。
架線は使わずにバッテリーに充電して走る、要するに「EV」に。

小塙駅にあるパーク&ライド駐車場を利用して、烏山往復で試乗!
まあ、乗ってしまえば当然ながら普通に電車なのだけど(苦笑)、
終点駅の停車位置にだけ架線がある風景は、なかなか面白かった。
1902097
 「電線がないのに、エンジンの音もしないよ」

1902098
 ただいま急速充電中!

駐車場のキャンカーに戻ってくると、また雪が本降りに。
ところどころ、路面も白くなってきた。

茂木の道の駅まで南下して、本日の予定終了。
すぐ脇を真岡鐵道の列車が通る度に、nyamota氏大騒ぎ!
1902099
 雪道!

190209a
 キャンカーの窓から

で、結局、神奈川の我が家のあたりでは、積雪ゼロだった模様。(笑)

先日の茨城旅で、久しぶりにひたちなか海浜鉄道の阿字ヶ浦駅を訪れた。
前回は約15年前で、まだ三セク化される前。当時は「茨城交通」だった。
初めて、日産キャラバンベースのキャンカーを買ったばかりの頃。
1901213
 2004年12月 まだ若いゆずさんと

当然チビ2人は生まれる前で、撮り鉄旅のお供はゆずさんだけ。
写真を見返してみると、線路際にはまだ胡麻毛の残るゆずさんの姿も。
列車の通過が近くなると相手をしてもらえず、とても退屈そう。(笑)

さすが、柴犬専門誌の取材も受けただけあって、美人(犬)さん♪
子犬の頃から、足はちょっと短めだったけど・・・。(苦笑)
1902031
 「た・い・く・つ!」(笑)

この時のテーマは、「茨城県内のローカル私鉄めぐり」。
一緒に訪れた日立電鉄と鹿島鉄道は、既に過去帳入りしてしまった。

常北太田と鮎川の間、18.1kmを結んでいた日立電鉄線。
最近の地方私鉄といえば、東急のお古の銀ピカ車両ばかりで興ざめだけど、
日立電鉄の当時の車両は、営団地下鉄から譲渡されたもの。

東京の地下で、通勤ラッシュの中を毎日働き続けた彼ら。
太陽の光を浴びて、のどかな風景の中で余生を送る姿は好ましかった。
1901211
 日立電鉄(2005年4月 廃止)

石岡から鉾田まで、26.9kmを結んでいた鹿島鉄道線。
日本最古で現役唯一だった戦前製気動車、キハ601の雄姿(写真右)が。

そして、常陸小川駅に静態保存されていた、「鹿島のカバさん」こと、
国鉄試作ディーゼル機関車の生き残りである、DD901号(写真左)も。
常陸小川は貨物ホームと上屋も残り、まるで模型のような情景の駅だった。

その顔つきが、カバがあくびをして大きな口を開けている姿に見えると、
近くの幼稚園の子供たちが名付けたという「カバさん」。
有志の方が手入れをしていたけど、路線廃止を待たず解体されてしまった。
1901212
 鹿島鉄道(2007年4月 廃止)

今回の茨城旅では、車窓から日立電鉄の廃線跡が見えて懐かしかった。
あの「鹿島のカバさん」が大きな口を開けて佇んでいた霞ヶ浦畔へ、
そのうち、のんびりツーリングにでも行ってみようかな・・・。

先日出かけた、立山黒部アルペンルート。
長野大町側の最初の乗り物が、関電トンネルトロリーバス。
その「トロバス」が、今シーズンを最後にいわゆるEV化されるのだと。
今回のお出かけは、さよなら乗車を兼ねていた。

富山側にも立山トンネルトロリーバスが走っていて、こちらは存続する。
黒部の太陽やプロジェクトXの影響か、「関電」の方がメジャーだけど。
181112a
 関電トンネル 無軌条電車 300形  @黒部ダム駅

181112b
 変わるんにゃ。 by くろにょん

途中、長野・富山の県境、難工事の象徴「大破砕帯」、そして貫通点には、
照明付きの標識があって、車内放送と映像モニターでも案内される。

ちなみに、トロバスの正式名称は「無軌条電車」で、法的には鉄道の仲間。
トンネル内の標識類も、鉄道で見慣れた形状のものが使われている。
途中の信号所で対向車とスタフ交換するのも、単線鉄道と同じで楽しい。
181112c
 トロリーポール

181112d
 頭上には架線  @扇沢駅

自然保護と、長大トンネル内の排気ガス対策で採用されたトロバス。
技術の進歩で、EVの方が実用性や経済性で有利になったんだろうなぁ。
走行範囲は限定的だし、地上設備のメンテナンスも低減できるし。

来季から導入される車両は、パンタグラフによる超急速充電式とのこと。
1回の充電による航続距離は約30kmで、営業時には片道6.1kmの
トンネルを1往復するごとに、扇沢駅で10分間の急速充電を行うのだと。

「パンタグラフ」に反応するけど、もう法的にも鉄道ではなくなる。
なので、関電は8月に北陸信越運輸局へ鉄道事業廃止を届出済み。
181112e
 山間にトロバスが集う風景もあと少し

181112f
 既に車庫には新車が

車庫にいた新車には、自動車のナンバープレート。緑ナンバーではない。
関電トンネルは「道路」ではなく、本来はナンバープレート不要なのだと。
整備入庫などの公道走行用に、白ナンバーを取得しているのだそう。

訪れた11月11日時点で、「ラストランまで、あと19日」。
そうか、届出上は来春で廃止とはいえ、冬期間は閉鎖だもんなぁ。
181112g
  あと19日で

181112h
 「トロリー」の文字が消える

鉄道好きとしては寂しいけど、まだ富山側は「日本唯一」となって残る。
1996年のトロバス化で歴史は浅いけど、乗りに行ってみたいもの。

アルペンルートで最後の乗り残し区間でもあるし・・・。(苦笑)

先月、キャンカーが5回目の車検を迎えた。
8ナンバーは初回から2年なので、ちょうど10年乗ったことになる。
少しくたびれてきた、架装部分のメンテナンスも合わせてお願いした。
1810311
 リフレッシュ完了♪

整備を完了して「エンジンは快調だからねぇ」なんて言いながらの帰途、
高速を降りて家まであと少しという所で、エンジン警告灯点灯。(苦笑)
エンジンは吹けるし変速もするし、致命的なフェールではないようだけど。

なぜ、昨日のうちに出ないんだ!(笑)でも、再び世田谷までは大変。
今週、通勤車でお世話になっている、八王子のディーラーさんへ。
診断機を接続すると「空燃比センサー故障」で、部品交換に。
最近は、燃費や排気対策で電子制御用のセンサだらけだからなぁ。
1811041
 犯人はおまえか!

1811042
 このセンサ、1個で参萬円也・・・(苦笑)

エンジンの制御プログラムも更新版があったらしく、合わせてリプロも。
当然ながら無事に警告灯は消えて、次のお出かけに向けてひと安心。

まあ、クルマに10年以上乗り続けるというのは、こういうことだよな。
これが完全に「道具」である通勤車なら、絶対にここまでは乗らない。
気に入った趣味のクルマだから、お金を掛けて修理してでもと思える。

クルマ旅にチビがついて来るうちは、まだキャブコンの使い勝手が必要。
あと何年か分からないけど、もう少しがんばってもらいましょう!
1811043
 作業待ち中の電車見物でご機嫌な人

↑このページのトップヘ