なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: クルマ旅

朝起きると、芝生の上は積雪3cmほど。
それよりも、アスファルトの上がガチガチに凍結状態なので大変!
トイレに行こうと思っても、歩くのもままならないほど・・・。

とりあえず、ゆずさんの朝のお散歩。
雪遊びは大好きなゆずさんだけど、やはり足が冷たそう。(苦笑)
1902101
 クルマも路面も、絶賛凍結中!

1902102
 「ちょっと冷たいです・・・」

今日も乗り鉄。 真岡鐵道のSLもおか号に乗って来ようと思う。
以前、nyapotaと一緒に乗ったことがあるけど、nyamotaは初めて。
何度も滑って転びそうになりながら、1kmちょっと離れた茂木駅まで歩く。
1902103
 確かに、そっちを歩く方が安全だ

まずは、下館まで約1時間、普通列車の旅。
いまどきの軽快気動車は加速も良くて、「鈍行」という感じではない。
前回はロングシート車でイマイチだったけど、今回はクロスシート♪
1902104
 まずは「軽油で走る」やつ

下館に到着して、もおか号の送り込み回送を待ち受ける。
まず、DE10牽引の客車列車が、nyaponの青春時代の「汽車」そのもの。
この季節、床下から蒸気暖房の湯気が立ち上る風景も懐かしい。

そして、折り返し先頭となるのはC11。
乗った時も撮影に来た時も、いつもC12だったので、ちょっと嬉しい♪
1902105
 「この赤い機関車もかっこいい♪」

1902106
 一旦、留置線に転線

先発の普通列車発車後に再度転線して、やっと乗車。
汽笛一声で出発! 客車列車らしいゆったりした加速でゴトゴト♪
昨日は電池で走る最新の「EV」に乗った。 そして今日は蒸気で走る!

途中下車するのでお弁当は買わなかったけど、おやつタイム。
沿線には雪景色を狙っていたであろうカメラの放列が続くけど、
真っ白だった田んぼや畑の雪は、日が昇ってすっかり消えてしまっている。

真岡駅で降りて、蒸気機関車を展示した「キューロク館」を見物。
父ちゃんの一番好きな蒸機、9600形が見られてご機嫌♪
1902107
 「チョコレート食べよ♪」

1902108
 真岡駅舎 兼 真岡鐵道本社屋はSL型!(笑)

普通列車で茂木に戻り、またトコトコと歩いて道の駅まで戻る。
午後になると路面の凍結はほぼ無くなって、歩きやすくなった。

少し遅めのランチは、道の駅のお蕎麦屋さんで。
以前食べた自然薯とお蕎麦が美味しかったので、もう一度。
食後、折り返し下館行きのSLもおか号をお見送り。
道の駅前はちょうど登り勾配区間で、絶好のSLビューポイント。

大満足で、バームクーヘン工房のカフェへ。
何度も来たことのある道の駅ながら、このお店に入るのは初めて。
これが、うまうま♪ ここの道の駅、どの飲食店もレベルが高いな!
1902109
 茂木産の自然薯と蕎麦、うまうま♪

190210a
 とちおとめのバームクーヘン、うまうま♪

我が家の定番、温泉併設の芳賀の道の駅まで移動。
大好きなヌルヌル系のお湯だし、食堂はボリュームがあってうまうま♪
ここで、本日の予定終了。 明日は道が混まないうちに早めに帰るぞ!

東京23区でも積雪という予報の出ていた、この週末。
ニュースでは、「不要不急なクルマの利用は控えましょう」と。

毎回、雪の予報でも夏タイヤでノコノコ出てくる学習しない輩がいて、
交通を麻痺させる神奈川や東京より、北の方が逆に安全。(苦笑)
当初の予定通り、朝6時過ぎに出発して栃木旅へ!
1902091
 圏央道 久喜白岡JCT付近

圏央道を北上。 菖蒲PAで朝食休憩していると、雪が本気で降ってきた。
東北道では一時は視界が悪いほどだったけど、栃木に入ると収まった。

矢板ICで降りて大田原市まで。 「栃木県なかがわ水遊園」に到着。
雪は降ったり止んだり。 ゆずさんもお散歩してみるけど、足が冷たそう。
1902092
 「久しぶりの雪ですね」

以前から気になっていた、栃木県唯一の水族館。
那珂川の魚を中心にした淡水魚の展示で、大水槽ではアマゾンの魚も。

大水槽にはカピバラさんもいて、水中での姿は初めて見たかも。
魚にタッチできるコーナーなどもあり、規模は小さめながら楽しかった。
1902093
 「ヤマメさんがいた♪」

1902094
 アマゾン大水槽

ランチは、園内にある地元の食材を使っているという食事処へ。
nyaponとnyamoは、「一番人気」の天ざるを。
蕎麦はコシがあって美味だし、野菜の天ぷらも甘くてうまうまでした♪
しかも、ボリュームたっぷりなのに、どのメニューもお値段控えめで。
1902095
 大盛りじゃなくても良かった・・・(苦笑)

午後、「寒いし、先に温泉に行って温まろう!」ということに。
那珂川町に入って、那珂川を見下ろす露天風呂のある温泉へ。
大好きなヌルヌル系の泉質。 nyamotaも「ここの温泉、気持ちいい!」
1902096
 温泉の駐車場から

さて、暗くなるまでまだ時間があるので、乗り鉄でもしてみようか。
以前、撮影に来た烏山線がディーゼルカーから蓄電池車に変わった。
架線は使わずにバッテリーに充電して走る、要するに「EV」に。

小塙駅にあるパーク&ライド駐車場を利用して、烏山往復で試乗!
まあ、乗ってしまえば当然ながら普通に電車なのだけど(苦笑)、
終点駅の停車位置にだけ架線がある風景は、なかなか面白かった。
1902097
 「電線がないのに、エンジンの音もしないよ」

1902098
 ただいま急速充電中!

駐車場のキャンカーに戻ってくると、また雪が本降りに。
ところどころ、路面も白くなってきた。

茂木の道の駅まで南下して、本日の予定終了。
すぐ脇を真岡鐵道の列車が通る度に、nyamota氏大騒ぎ!
1902099
 雪道!

190209a
 キャンカーの窓から

で、結局、神奈川の我が家のあたりでは、積雪ゼロだった模様。(笑)

那珂川河畔の朝、空は快晴でキンキンに放射冷却中。(苦笑)
どのクルマもテントも、真っ白に霜が降りている。
19011401
 テントの横にトヨタ86、カッケー!

当然ながら、我が家のキャンカーもバキバキに凍っていた。(笑)
FFヒーターでヌクヌクしていたけど、やはりガラスの内側の結露は凍結。

ここのキャンパーさんは、テント泊と車中泊が半々というところか。
ライダーさんも何人か。nyaponは「バイクで冬キャン」は無理だぁ。
でもこの場所、オンシーズンはきっと大混雑なんだろうな・・・。
19011402
 冷凍キャンカー

19011403
 ウインドウカバーをめくると・・・

今日もみんなで河原に下りて、朝のお散歩。
河原の石の霜の付き方がすごい。石のくせにモフモフしたやつがたくさん。
nyamota「キウイみたいなのがいっぱいある!」(笑)

手袋を忘れたnyapon、手がかじかんで数分間程度しか耐えられない!
でも、河原の石が霜で滑りやすいので、ポケットハンド禁止。(苦笑)
19011404
 手が冷たいよぉ!

19011405
 キウイ石(笑)

19011406
 この木船はなんだろ?

皆さんはまだ朝食の準備中だけど、我が家はそろそろ出発しよう。
昨日も渡ってきた、那珂川大橋を渡ってR123を栃木 茂木方面へ。
茂木の道の駅がちょうどオープン時間だったので、立ち寄ってみようと。
19011407
 那珂川大橋、カッコいいけど狭い!(苦笑)

日が昇って少し暖かくなってきたので、ゆずさんも朝のお散歩を。
駐車場の周りの芝生をテケテケ歩いて、ご機嫌で帰還。

すぐ横を真岡鐵道の線路が通っているここ。
SLもおか号のビュースポットとしても有名だけど、通過は午後。
でも、あと20分ほどで普通列車が通るから、見て行こうか。
19011408
 「クンクン、ここは何回か来てますね」

19011409
 何度見ても、このチェック柄はすごいな(笑)

農産物直売所が地元の人で大盛況。持ち込む方も、買う方も。
経験上、こういう道の駅の品揃えはレベルが高いはず♪
店内に入ると野菜も豊富だけど、イチゴの甘い香りが充満している。
そして、確かにほぼ全員イチゴのパックを抱えているぞ。

売り場には「とちおとめ」とか、最近よく聞く「スカイベリー」とか。
nyamoも「キズあり」ながら格安なパックをご機嫌で抱えていた。(笑)
どうせ帰ったらチビ2人で秒殺なんだから、訳アリ品でOK♪
19011410
 茨城じゃなくて、栃木土産だけど

芳賀を抜けて、「第2東北道」こと新4号に出て南下を開始。
やはり今日も、nyaponの高速での巡航速度並みで流れている。
再び茨城県に入って、五霞ICから圏央道へ。
nyamo氏、茨城でセイコーマートに立寄れなかったのが心残り。(笑)

往きと同じく菖蒲PAに立ち寄って、ランチ休憩を。
八王子JCTの渋滞も無く順調。給油も済ませて、無事に帰宅。
3時のおやつは、茨城名物の干し芋! 今回も、うまうまな旅だった♪

「RVパーク あじがうら」の朝、今日は良い天気になりそう♪
すぐ前の坂道を下っていくと、400mほどで海岸。朝のお散歩へ。
しばらくビーチコーミングを楽しんでからクルマに戻り、出発!
19011301
 「きゃぁー、波が来たぁ!」(笑)

すぐ近く、ひたちなか海浜鉄道の阿字ヶ浦駅に立ち寄り。
久しぶりに来たけど、駅名標がお洒落になっていたり。
今年の国体は茨城なんだな。停車中の列車は、そのラッピング車両。
19011302
 ひたちなか海浜鉄道 阿字ヶ浦駅

今日は、原子力発電関係の広報館を見て回ろうと思う。
福島の原発事故以前から各地の原発の広報館には訪れていたけど、
あれ以降、内容が変化しているのか見てみたいとも思っていたし。

まずは、原子力協議会運営の「原子力科学館」。
アインシュタインをメインに、原子と放射線の利用の解説が多い。

それでも、周辺の原子力関連施設のモニタリング機器の展示とか、
当然ながら、その安全管理が万全であることを訴える内容も。
放射性廃棄物は「漏れないように地中で管理するから安全」だと。
19011303
 安全なのだろうか?・・・

続いて、日本原電の「東海テラパーク」へ。ここから1km足らずの場所。
R245から曲がった途端、テロ対策のクネクネバリケードが延々と・・・。
「あれ、曲がるところ間違えた?」 思わず一旦停止。
19011304
 これ、入っちゃダメなやつじゃ・・・

遠くには、厳重警備のゲートが見える。でも、ナビで見るとやはりここ。
よし、ゲートまでなら怒られはしまい。勇気を持って行ってみようと。

「すみません!『テラパーク』はこちらではないですかぁ?」
「はい、ここを入って頂いてすぐです。」 ・・・良かったぁ。(苦笑)
19011305
 正面は、もう原子力発電所の建屋

日本初の商用原発である東海発電所と、第二発電所が目の前に。
何でも、全国で唯一の原発敷地内にある広報館とのこと。
確かに他の発電所では、すぐ近くではあっても離れた場所にあった。
昨今のテロ対策を考えたら、あのバリケードも仕方が無いよなぁ。

どちらの広報館も、発電だけじゃなく医療や産業での放射線の利用をPR。
「こんなものにも利用されているんだ」というものも多く、勉強になった。
一方、原発の持続性や安全性の解説には、違和感が残ったのも事実。
19011306
 地球環境に関する展示などなど

さて、お腹も空いてきたので出発だ! ランチも検討せねば。
道の駅「日立おさかなセンター」に寄ってみたけど、大混雑でスルー。
R293で内陸へ。城里町にある那珂川沿いの道の駅「かつら」まで。

道すがら、「この辺も蕎麦の産地だよねぇ」「お蕎麦いいねぇ」と。
道の駅の食堂にも、茨城のブランド蕎麦「常陸秋そば」の幟が。
もちろん即決! 香りも豊かでコシの強いお蕎麦、うまうまでした♪
19011307
 きのこ つけそば

19011308
 野菜天ざる そば

食後は、すぐ横の那珂川の河原へ。
アイスクリームを食べながらお散歩。綺麗な石ころ探しや水切りをしたり。
見慣れた相模川などの河原とは、石の形や質が違う。おもしろいなぁ。
19011309
 丸くて薄い石がたくさんある!

19011310
 いいところだねぇ

道の駅に隣接した土手にも車を停められ、キャンプをしている人も多い。
もう少し進むつもりだったけど、「今日はここまでにする?」。

遊べる場所もあって気に入ったチビ達、「ここにしよう!」と即決。
車の外に店を広げるつもりは、まったく無いけどね・・・。
せっかくだから、サイドオーニングで軒だけでもを作ろうか。(苦笑)
19011311
 本日のキャンプ地とする!

成人の日の三連休、今年最初のクルマ旅へ。
行先はnyamoが決めていた。「あんこうを食べに行くぞぉ!」。(笑)

朝6時過ぎに出発して、渋滞予測の出ていない圏央道へ。
菖蒲PAで朝食休憩、常磐道が近づくと、筑波山もお出迎え。
19011201
 「筑波さん、来たよぉ!」

常磐道から北関東道・東水戸道路に乗り継いで、水戸大洗ICまで。
水産会社直営で、食堂併設の大きな魚屋さんに到着。

nyamota氏、水族館もよく行くし海鮮料理も大好きだけど、
いわゆる「魚屋さん」や市場の類をあまり見たことがないので興味津々。
父ちゃんも、メヒカリの調理前のお姿は初めて見たかも。(笑)
19011202
 「おさかな、いっぱい♪」

19011203
 さばければなぁ・・・

さぁ、食堂の方に移動して早めのお昼だ。もちろん海鮮づくしで!
メインのあんこう鍋、お刺身と海鮮丼。チビ達は、ワサビ抜きのお寿司を。
お刺身は、先ほどの魚屋さんから運ばれてくる。絶対に新鮮でしょ♪
19011204
 うまうま♪

そして、あんこう鍋!
どの部位かさっぱり分からないけど(苦笑)、色々な食感で美味♪
あん肝の溶けたスープで、野菜やお豆腐もうまうま。
今回は別にご飯物を頼んでいたけど、雑炊が絶対に美味しいはず!
19011205
 風味が濃厚!

nyamo氏、「今回の旅の目的は達成!」(笑)

満腹満足で、マリーナの隣にある大洗わくわく科学館へ移動。
まずは、屋外の遊具で遊んだり、ゆずさんのお散歩をしたり。
日が射すと少しは暖かいのだけど、今日は基本的に曇天が続いている。
19011206
 「ちょっと寒いですね」

科学館は、水、風、光、エネルギーに関する、色々な実験展示が。
時間の関係で参加しなかったけど、工作体験コーナーもあった。
それほど規模は大きくないけど、なかなか面白い。
19011207
 クレーンゲーム?

19011208
 「何か聞こえるよ」

今日は、RVパークを予約してある。利用は2回目。
ゆったりした駐車枠で、トイレ・電源・ごみ処理完備の車中泊施設。
120か所に増えていて、道の駅併設のものもよく見かけるようになった。
阿字ヶ浦は、民宿敷地内のミニキャンプ場に併設されている。

利用料金1500円(ごみ処理料込み)+電源使用料500円。
サブバッテリーを増設して、それほど電気に気を使わなくなったけど、
電子レンジも躊躇せず使える外部電源があると、食生活が豊かに。(笑)
19011209
 阿字ヶ浦 民宿 満州屋さん

19011210
 その敷地内「RVパーク あじがうら」

お風呂は民宿内のものも使わせて頂けるのだけど、
割引券を頂いたので、500mほどの場所にある温泉施設でさっぱり。

夕食、夜のおやつでは、電子レンジが早速活躍中♪

この週末は、今年最後のクルマ旅で栃木方面へ。

本当は、各地で楽しんでいる「宝石探し」のできるテーマパークへ、
と思っていたのだけど、残念ながら工事による休業中とのこと。
なので、以前出かけたことのある、壬生にある大きな公園に。

冬休み直前の週末、朝の渋滞予測も出ていないので前乗り無し。
土曜朝、自宅を6時に出て、順調に圏央道から東北道へ。
羽生PAで朝食休憩を取り、北関東道に乗り継いで壬生ICまで。
壬生PA&道の駅にも隣接した、「とちぎわんぱく公園」に到着。
1812161
 「私はこのあたりで充分ですよ♪」

ゆずさんは、もう大きな公園を走り回る体力はないので、
駐車場近くの芝生エリアをトコトコお散歩してご満足頂けた模様。

朝はまだ空気も冷たいので、屋内施設を周ろうか。
科学の原理や目の錯覚を利用した、「ふしぎ」を集めた施設とか。
1812162
 nyamotaの方が背が高く見えるぞ!

こども縁日もやっていて、nyapotaはお得意の射的を。
得点がポイントに換算されて、駄菓子屋さんでお買い物ができる。
さすが兄ちゃん。得意種目で弟の分のおやつまでゲットしてきた。(笑)
1812163
 やるな、兄貴!

園内のレストランでランチも済ませ、少し暖かくなってきた午後。
芝生の広場で、楽しみにしてきたバドミントンを。
しかし、少し風が吹いていて、なかなかラリーが続かない。
シャトルも安物で、すっかり変形してしまっているし・・・。(苦笑)
1812164
 「シャトルが戻ってくるんですけどぉ!」

寒くなる前に、午前中にも立ち寄った、園内のおもちゃ博物館へ。
屋内にアスレチック系の遊具もあって、当日なら何度でも出入り自由。
チビ2人を放し飼いにして、父ちゃんと母ちゃんはしばし休憩。
1812166
 実写版映画で使った「ヤッターワン」♪

1812165
 「父ちゃん、うちのはいつ完成するの?」(苦笑)

チビ達も遊び疲れたというので、撤収。
5km程しか離れていない、西方にある今年できたばかりという温泉へ。
炭酸のおかげで少しピリッとするお湯。よく温まった♪

すぐ近くの道の駅に移動して、本日の予定終了。
まだ「農村レストラン」が開いているので、夕食もここで食べようと。
挽きぐるみの手打ち蕎麦がウリのようなので、かき揚げ+蕎麦を注文。
かき揚げの野菜が甘くて美味! 蕎麦もちゃんと香りがあってうまうま♪
1812167
 蕎麦もかき揚げも美味♪

直売所では、夜のおやつや明日の朝食など「一宿の恩」のお買い物。
朝も早かったので眠くなり、みんな超早い時間に「おやすみなさい」。(笑)
1812168
 夜中は冷えそうな空だな・・・

1812169
 やっぱりね(笑)

朝起きて窓カバーを外すと、フロントウインドウの結露が凍結していた。
明け方からFFヒーターを付けていたけど、外はかなり冷え込んだのだろう。
朝食を済ませて、暖かいコーヒーを飲んで、さあ、帰ろう!

東北道も圏央道も順調で、給油も済ませて11時には無事帰宅。
「冬休み前、3連休前の週末で、絶対にどこも空いているはず」
nyamoの予測は当たり、公園も温泉も道の駅も空いていて快適だった♪

これで、2018年のクルマ旅は終了。目標の年間30泊は、惜しくも未達。
今年は、ロングランになる夏の北海道旅に久しぶりに出かけたのだけど、
キャンプが3回雨で流れたり、前乗り不要なプランが多かったからだろう。
nyapotaが中学に上がる来年以降は、さらに厳しくなりそうだな。(苦笑)

撤収の日、引き続き快晴の朝、昨日ほどの冷え込みはない。
1811251
 Good morning !

買ってきたサンドイッチをトーストして、かんたん朝食♪
つい安さに魅かれた簡易ドリップコーヒーは、値段相応で残念。
嗜好品をケチると失敗するという、良い例・・・。(苦笑)
1811253
 軽く焼くだけでうまうま♪

1811252
 これ、味も香りもイマイチだったねぇ(苦笑)

気を取り直して、撤収開始。
薪ストーブの灰を捨てて、タープの結露が消えるのを待って、と。
いつもの我が家のキャンプよりは、時間を掛けてお片付け。(笑)

受付けに立寄るのも面倒なので、先にゴミを捨てに行って、
ゆずさんの朝のお散歩も済ませて、チェックアウト準備完了。
1811255
 「落ち葉がフカフカです♪」

1811254
 さあ、帰りますか!

ちょうど10:00に出発。いつもより、1時間遅れくらいか。
休暇を取ったし、南清里の道の駅に立ち寄って職場へのお土産を。
さあ、3連休最終日、がんばって帰るよ。

須玉ICから中央道に乗ると、小仏TN渋滞が始まったとの情報。
果たして、伸びてくるまでに逃げ切れるか!

上野原の車線減少で予想外の渋滞・・・と思ったら、すぐ先で事故。
発生直後だったらしく、ノロノロ程度で何とか通過。
小仏TN渋滞の最後尾は相模湖ICまで届いておらず、無事に離脱!
下みちも順調で、給油も済ませて無事に帰宅できた。

良いお天気の続いた3連休。
八ヶ岳周辺も宮ヶ瀬付近も、バイクがたくさんいて羨ましかったけど、
久しぶりにストーブを持ち込んだ冬キャンも、なかなか楽しかったぞ♪

標高1100m超のキャンプ場、朝起きると外気温は2℃。
明け方は氷点下まで冷え込んだのだろう。

昨夜洗って干してあった鍋に残った水滴が、すっかり凍っていた。
ジュース類は、冷蔵庫を使わなくても外に置いておくだけでOK。(笑)
1811241
 今日も天気は良さそう

レインボーストーブを焚いたスクリーンタープの中で朝食。
キャンカーにこもっていたら、せっかく冬キャンに来た意味がない。
パンをトーストして、暖かいスープを。食後は熱いコーヒーも。

いつもはキャンカーからあまり出たがらないゆずさんだけど、
朝のお散歩を済ませたら、タープの中で一緒にヌクヌク。
1811242
 「ヌクヌクですね♪」

今年も受付で割引券をもらったので、「第2回 パターゴルフ大会」。
快晴の空の下、雪化粧の八ヶ岳や、遠くには富士山を眺めながら。

ハーフでの休憩を挟んで18ホール、なかなか楽しかった。
nyapotaがホールインワンを出しつつも、今年も父ちゃんが辛うじて優勝♪
1811243
 nyamota氏も、今年はまっすぐ転がせるように

キャンプ場に戻って簡単ランチ。午後は早めに隣接の温泉へ。
ヌルヌル系の結構好きな泉質で、サイトに戻ってもポカポカだった。

おやつは、薪ストーブを焚き火台代わりにして焼き物大会。
焼き芋、ベーコン&ソーセージ、スナックパンをトーストしたり。
安納芋が上手に焼けて、ホクホクでうまうまでした♪
1811246
 めちゃジューシー♪

1811245
 めちゃ甘っ♪

さすが冬キャンシーズン。
場内を散策してみると、やはり薪ストーブの持参率高し。
しっかり煙突部を処理して、タープ内に設置しているキャンパーさんも。

外置きでも真横に座れないくらい輻射熱を出すのだから、
レインボーストーブとは比較にならないくらい暖かいんだろうな・・・。

1811244
 今日は、煙も出さずにきれいに燃焼中♪

勤労感謝の日からの3連休、カレンダー通りに2人で休暇を取った。
昨年も秋キャンプに出かけた、清里高原にお出かけ。
11月も下旬となってしまい、今年はもう「冬キャン」だな・・・。

連休初日、中央道の渋滞に巻き込まれないよう、6:00に出発。
八王子JCTや小仏TNでは既に渋滞が始まりかけていたようだけど、
相模湖IC経由はOK。クルマは多いけど、順調に山梨入り。
1811231
 明け方は霧が出ていたけど

1811232
 八ヶ岳あたりからは快晴に♪

直行してもキャンプ場にチェックインできないので、時間調整を。
長野 諏訪まで足を延ばして、「早めのランチをハルピンラーメンで」と。
家族みんな大好きでチビ達も完食するので、「4つお願いします!」。

初めて追加してみた「豚飯」は、チャーシューの炊き込みご飯?
あっさり薄味で、ピリ辛のハルピンラーメンによく合って美味でした♪
1811233
 ハルピンラーメン & 豚飯

恒例、すぐ近くのホームセンターとスーパーで買い出ししたり、
併設のドッグランでゆずさんのお散歩をしたり。
ゆずさん、何だか今日は珍しく、よくお外に出たがりますね。
1811234
 「気持ちの良いお天気ですから♪」

R20 甲州街道を東へ。小淵沢からR141に抜けて清里高原に。
ちょうどチェックイン開始の13:00前、キャンプ場に到着。

サクッと設営が終了したら、まずはお茶タイム。暗くなる前に火起こし。
今回は、久しぶりに薪ストーブを持ってきた。
受付で買った薪の水分がまだ多く、少々火起こしに苦戦。
1811235
 なかなか火が大きくならない・・・

何とか火も安定。土鍋を載せて、お待ちかねの海鮮鍋が完成。
今シーズン初めてのカキがうまうまでした♪
最後の雑炊まで、チビ達もパクパク食べて完食。
鍋物&雑炊って、汁まで残らず洗い物も楽ちんでいいな。(笑)
1811236
 準備万端♪

スクリーンタープ内では、レインボーストーブもフル稼働中!
気温は5度ながら、あったかポカポカで、お湯を沸かしながら加湿♪
とはいえ、さすがに足元から底冷えしてきたぞ・・・。

大観峰、絶景ながら展望台以外は何もないので帰途へ。(笑)
再びロープウェイ、ケーブルカー、トロリーバスと乗り継いで扇沢へ帰還。
途中、黒部ダムのレストハウスでは、ダムカレーでランチも♪

映画「黒部の太陽」の展示など見学してから、大町市街へ。
以前から気になっていた、大町市立 山岳博物館に行ってみようと。
到着すると、ミュージアムカフェが。さすが長野のカフェだけあって・・・
18111210
 「おやきセット」が♪

展示は、北アルプスの成り立ち、動植物、登山史、などなど。
最上階には、北アルプスが一望できる展望スペースも。
nyaponは登山はしないけど、峠越えの歴史などが興味深かった。
18111211
 北アルプスの動物

18111212
 登山史

18111213
 山の暮らし

18111214
 大町市のゆるキャラ 「おおまぴょん」

この博物館、動植物園も併設されている。
保護された鳥や動物を含めた、北アルプス周辺の動植物が。
18111217
 タヌキさん

18111216
 ライチョウさん

18111215
 リアル おおまぴょん(笑)

日が落ちて寒くなり始めたので、松川村の温泉へ。
国営あづみの公園や穂高のバイクのお宿に出かける時に前を通るけど、
立寄るのは始めて。気持ち良い露天風呂にも浸かって、ポカポカに♪

安曇野ICから長野道に乗って、今日も梓川SAで予定終了。
東名、中央道は大渋滞のようだけど、もちろん帰らない。(笑)

月曜朝、中央道を東へ。何だか、富士さまが神々しいお姿で・・・。
18111218
 雲をまとう富士さま

談合坂SAで早めのランチを済ませ、無事に帰宅。
晩秋の神奈川から、初冬の北アルプスへ。今回も楽しい旅だった♪

↑このページのトップヘ