なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: クルマ旅

中央アルプスを望む、道の駅の朝。 天気は快晴ながら風は強め。
駐車場には鯉のぼりが。 激しいくらい元気に泳いでいる。(笑)

ゆずさんのお散歩、朝ごはんも済ませた。
すぐ隣のコンビニで淹れたてコーヒーを買ったら、出発しようか。
渋滞が始まる前に、がんばって帰るぞ。
19050401
 中央アルプスは、まだまだ雪化粧

19050402
 激しく遊泳中!

駒ヶ岳SAのスマートICから中央道へ。 岡谷JCTを順調に通過。
山梨に入り境川PAで最後の休憩を済ませて、笹子峠を越える。
大月の合流、上野原の車線減少でも渋滞なし。
小仏TN渋滞が始まっていたけど、相模湖ICまでは伸びず。

無事に神奈川に帰還。 宮ヶ瀬周辺ではバイクも多い。
道路情報表示を見ると、「おっ、やっと道志みちが開通したんだ!」
下みちも順調で、クルマ多めながらオギノパン渋滞も無し。
すぐ近くの中津川の河原は、キャンプ場状態で大混雑だった。
19050403
 この状況で、楽しいのか?(苦笑)

給油も済ませて11:00すぎ、無事故無違反で無事帰着。
約1週間ぶりに戻ってみると、庭が草むらになりかけている。(苦笑)
ゆずさん、ここお家の庭だぞ。 分かってるかー?

8泊9日、走行距離は2,300km。
9年ぶりで、前回からメンバーがひとり増えた四国旅、無事に終了。
19050404
 ゆずさんも、お疲れさま♪

美味しいうどんもラーメンも堪能できたし、大満足の旅だった。
あと、四国で訪れたことがないのは、佐田岬とか四国カルストとか。
酷道・険道も多いので、一度バイクツーリングで行ってみたいなぁ。

朝食を済ませて、大鳴門橋にほど近い道の駅を出発。
淡路島を縦断して、明石海峡を渡って神戸へ。
いきなり、名神の草津JCTを先頭に40kmの渋滞との情報・・・。

阪神高速で神戸・大阪市内経由で名阪国道か?
nyamoが「第二京阪道の枚方から、R307で信楽に抜けられる」と。
時間的に同じなら、渋滞に巻き込まれるより遥かに楽しいだろう♪
19050301
 今日は、風もなく快適走行

神戸JCTから中国道へ。 対向車線は大渋滞中。
やはり新東名ができても、下り線の宝塚渋滞は無くなってないのね。
吹田JCTから近畿道、門真JCTから第二京阪道で枚方学研ICまで。

R307に降りて東へ向かうと、R24との交差の手前からノロノロ。
ちょっと迂回して、天ヶ瀬ダムに立ち寄って行こうと。
19050302
 本日も、自由におくつろぎ中・・・

宇治川の天ヶ瀬ダム、記念カードも一緒に頂けた。
「天ヶ瀬ダム再開発事業」という謎カードは、基本カードが欠品。

nyaponは30年以上ぶりに来た。
昔は、膝に空き缶を貼った連中がバイクで走り回る場所だった。(笑)
最近は分からないけど、ツーリングスポットにはなっている模様。
19050303
 天ヶ瀬ダム

19050304
 下流右岸には発電所の遺構

渋滞区間の終わったR307に戻り、県境を越えて滋賀入り。
信楽に近づくと、駅前で陶器市をやっているらしく、またノロノロに。

逃げ道もないし、沿道の信楽焼のたぬきを眺めながら進む。
新名神 信楽IC方面からの対向車線の渋滞の方がひどかった。
19050305
 道端はたぬきだらけ(笑)

新名神に乗って、年末以来の土山SAでランチ休憩。
フードコートは大混雑だったので、お弁当を買ってクルマに戻る。
nyapota 「キャンカーでよかったぁ・・・」(笑)

忍者&たぬき推しのSA。 GWイベントで、たぬきふわふわも。
19050307
 ちょっと、気になる・・・

19050306
 安全たぬき

亀山西JCTから四日市JCTまで、新名神の新開通区間を初走行。
東名阪道から名二環、名古屋高速に乗り継いで、東名小牧ICまで。
天気も良くて気温も上がり、今シーズン初のエアコンON。
19050308
 初めての新開通区間♪

19050309
 天気も良くて、ツーリング日和

小牧JCTからは、我が家のお約束で中央道回り。
時間的に、恵那山トンネルを越えて飯田あたりまでかな。

飯田ICで降りて、松川ダムに立ち寄ってから高森町の温泉へ。
今日も昼間は暑いくらいだったので、汗を流してさっぱり♪
クルマに戻るころには、日も陰って急にヒンヤリしてきた。
19050310
 松川ダム

食料調達のため、ショッピングモールに立ち寄り。
令和の初売りセールを開催中で、福袋まで売っていた。
nyamo氏、嬉々として何点かをお買い上げ。(笑)

道の駅へ移動途中、暗い山道で本物のたぬきさんが横断。
「おーい、クルマにひかれるなよー!」

飯島町の道の駅で本日の予定終了。 標高高めで肌寒いくらい。
さて、明日は朝から一気に帰るぞ。

朝起きると、久しぶりの青空が見える。
ゆずさんのお散歩、朝ごはんもお外で済ませてから出発。
ゆずさん、最近はハウスの中で寝ないで自由奔放に。(笑)
19050201
 「ゆずー、ごはんだよー♪」

19050203
 エントランス前を占領中・・・

R439を東へ。 「ヨサク」も、このあたりは2車線が続くので安心。(笑)
最初の目的地は、「四国の水がめ」こと早明浦ダム。
到着すると水が少ない? 調べてみると、本日の貯水率は55%だと。

nyamo 「このダムの名前、聞いたことがあるけど有名?」
nyapon 「西日本の渇水のニュースで、必ず干上がった映像が出る。」
国交省管轄のダムなので、記念カードも頂くことができた。
19050202
 早明浦ダム

R32に乗り継いで徳島に入り、吉野川に沿って北上。
せっかくだから、前回も来た祖谷のかずら橋に寄って行こうかと。

有名観光地ながら、10時前のこのタイミングなら大丈夫だろうと。
峠を越えてたどりつくと、予想どおり駐車場もまだ余裕があった。
それでも、橋の渡り口では20分ほどの行列ができていたけど。
19050204
 藤の花も咲いていて、最高のロケーション♪

前回の9年前は、キャーキャー喜ぶ(?)nyapotaを抱いて渡った。
今回nyapotaはリベンジ。「もう渡らない」とか言ってるけど。(笑)
nyamotaも、顔がこわばりつつも自力でわたり終えることができた。
19050205
 たまに、やけに隙間が広いところが・・・(苦笑)

冷や汗をかいてお腹が空いたというので、茶屋に入る。

鮎の塩焼きと、「でこまわし」という祖谷の郷土料理を。
そばだんご・じゃがいも・とうふ・こんにゃくに、味噌を付けて焼く。
名物の祖谷そばも。 nyapota、「このそば美味しい!」と絶賛。(笑)
19050206
 うまうま♪

クルマに戻って出発。 対向車線を見てびっくり!
駐車場待ちの渋滞の列が、延々1kmほど続いていた・・・。
やはりGWの真っただ中、早い時間に来て大正解だった模様。

大歩危・小歩危の渓谷の絶景を横目に、R32を北上。
池田ダムに立ち寄って、ここでも記念カードを含めて2枚ゲット♪
19050207
 池田ダム

R192に乗り継いで、そのまま吉野川右岸を東へ。
一旦R318に入り、吉野川を渡って北上。 宮川内ダムへ。

カードをもらったら、少し戻って土成の温泉まで。
今日は気温も27℃まで上がって暑かったけど、さっぱりした♪
19050208
 吉野川の鉄橋、長い!

19050209
 宮川内ダム

前回の四国旅、徳島でやり残して、9年間ずっと気になっていたこと。
それは、徳島ラーメンを食べ損ねたこと!(笑)

うどんでもラーメンでも、キャンカーだと立ち寄れる店が限られる。
初めてなので、変に個性を出してなくて王道なのを食べたい!
nyamoが検索、ショッピングモールの一角にあるお店を見つけた♪
19050210
 念願の徳島ラーメン♪

甘辛い豚骨醤油に豚バラ肉が入ったスープ、麺は細め。
これ、美味しい! 家族4人、全員が絶賛。 nyapotaは、初の替玉も。
徳島ラーメン、ファンになった。 神奈川でも食べられるのかな。

さて、もう思い残すことは無い。(笑)
給油を済ませて高速へ。 神戸淡路鳴門道で四国を後に。
19050211
 大鳴門橋

すると、明石海峡前後で35kmの大渋滞との情報。
今日は、淡路島内のPAまでと思っていたのに、満車になっている。
急きょ淡路島南ICで降りて、5日前にも泊まった道の駅へ。

明日は、首都圏上り線の渋滞エリア手前まで戻る予定。

令和元年を迎えた朝、相変わらず雨は降ったり止んだり。
今日は、四万十川に沿ってさらに南下、四国最南端を目指す予定。

四万十川流域に来たからには、やはり沈下橋を見ておきたかった。
nyaponが神奈川に来た頃には、相模川にも普通にあったし、
ここ独自のものではないけど、四万十川の風景の代名詞なので。

ただ、経年劣化による通行止めや、補修工事中のものもあるとか。
最初に見えた岩間沈下橋は、橋脚1本と床版が撤去されていた。
19050101
 岩間沈下橋

さらにR441を南下。 ここからしばらく、すれ違い困難区間多し。
観光客の増える時間帯は、大渋滞となることもあるのだとか。
それもあって、今朝は早めに出発してきた。

カーブミラーに映るライトに目を凝らしながら、慎重に・・・。
何度か退避所で対向車を待ったり、バス接近で少し後退したり。
林道とか、こういう道を無灯火で走ってくるヤツ、本当に迷惑!
19050102
 本日も、「酷道」入りまーす!

酷道区間には口屋内の沈下橋があるけど、これはスルー。
抜けたところにある勝間の沈下橋では、クルマを停めて見物に。

天気がイマイチなのが惜しいけど、雨上がりにしては水も綺麗。
真夏だったら、チビ達を飛び込ませてみたかったのだけど。(笑)
19050103
 勝間の沈下橋

19050104
 「この橋、ちょっと怖いね」

19050105
 「沈んだ時に、水の抵抗にならない構造なのよ」

中村からR321で土佐清水、K27を反時計回りで足摺岬に到着。
・・・したけど、駐車場が満車でスルー。 500m先の第2駐車場へ。

みんな、岬までテクテク歩いているけど、我が家は「別にいいや」。
雨降ってるし。 やはり、GWに有名観光地など来てはいけないな。
さあ、このままK27を半周して、土佐清水経由で戻ろう!
19050106
 四国最南端 足摺岬(の近く・笑)

R321で四万十まで戻り、R56に乗り継いで海沿いを北上。
四万十市とは別に四万十町もあって、分かりづらく面倒な地域だ。
市町村合併の弊害。 まあ、四万十のブランド力は分かるけど。

「今日は土佐のカツオが食べたい」と、スーパーで食材調達。
土佐市から、R194で仁淀川に沿って内陸へ。 さすが日本一の清流。
車窓から見下ろす川面は、今朝の四万十川より遥かに透明度高し。
これで天気が良かったら、「仁淀ブルー」が見られたのだろうな。
19050107
 カヌースクールかな

昨日も前を通過した、いの市にある温泉へ。
駐車場からは仁淀川の支流に降りられ、しばし水遊びを。
やはり驚くほど透明で、川底を泳ぐ大きな魚までよく見える。

河原には薄くて平たい石が多く、川面は鏡のよう。
nyapotaが水切りをすると、水面を転がるように対岸に到達。
過去最高記録で、nyapota氏超ご機嫌。(笑)
nyamotaですら、初めて2回跳ねることができた♪
19050108
 「向こう岸まで跳ねた!」

温泉でさっぱりして、昨日「たぬき油」を見つけた道の駅まで。
本日の予定終了。 夕食は、スーパーで買った土佐のカツオ三昧。
カツオのお刺身って、食べたことあったっけなぁ・・・。

nyamoは、クルマ旅恒例のご当地牛乳も買ってきた。
nyaponは、高知のソウルドリンクという乳酸菌飲料「リープル」を。
全国区のマミーとか、北海道のソフトカツゲンとか、好きなので。
もちろん、うまうまでした♪
19050109
 タタキもお刺身も、うまうま♪

19050110
 牛乳もうまうまとのこと

寒風山トンネルを高知側に下ってすぐの道の駅。
朝起きると一旦雨は上がっていて、湿度100%でヒンヤリとした朝。
ゆずさんと、川沿いの遊歩道をお散歩してから出発。

今日は一日中雨模様らしいので、のんびり移動日ということで。
特に観光スポットは目指さず、「旅」に徹するつもり。
19043001
 ゆずさん落ちないでよ・・・

R194と439の重複区間にある道の駅で、最初の休憩を。
直売所に置いてあった、「たぬき油」ってなんだ?
調べてみると、塗ると火傷や虫刺され、飲むと風邪にも効くとか。
油を搾られないように、逃げていく子だぬきnyamota。(笑)

水質は有名な四万十川より上という仁淀川沿いに出て、大渡ダムへ。
四国初のダムカードをゲット♪
19043002
 平成最後の日に、ご在位30年記念カードも

ここから、R439で南へ。

R439、通称「ヨサク」といえば、酷道・険道好きの聖地。
キャンカーで、一番過酷な区間に突っ込むようなことはしないけど。
ましてや、今回はずっと雨も降っているし。
19043003
 わーい、聖地だっ♪

今回の旅でも、基本的に2車線ある道路を選んで走っているけど、
四国ではそんな贅沢ばかり言ってられないのは知っている。(苦笑)
峠越えの前後では、やはり「酷道」の片鱗を見せつけてくる・・・。

時々バイクともすれ違ったり、先に行かせてあげたり。
結局、1回だけ軽トラに少しバックして頂いただけで無事にクリア!
19043004
 「ヨサク」が少しだけ本気出してきた(笑)

R197に入って、梼原町の道の駅でランチ休憩。
チビ2人が注文したのはカレーうどん。 まだうどんなのか!(笑)
ところで、ライスをうどんに置き換えただけなの、久しぶりに見たぞ。
19043005
 しかし、これが意外に好評で(笑)

再び県境を越えて、一旦愛媛に戻る。

愛媛といえば、最近は、まして神奈川ではほとんど見なくなったあれ。
古い字体の愛媛ナンバー。 久しぶりに見たけど、なんでそうなった?
旧愛知ナンバーとの区別とか、諸説あると聞いたことがあるけど。

我が相模ナンバーが「相撲」に見えるというのは、別の問題。(笑)
19043008
 略しすぎて何が何だか・・・(笑)

R320から381に乗り継いで、JR予土線の駅併設の温泉へ。
雨も降り続いているので、早めに温泉に入ってのんびりしてしまおうと。

わずかにヌルヌル系のお湯、露天は適温でさっぱり♪
お風呂上り、ちょうど列車が到着してnyamotaとテラスから見物。
やって来たのは「海洋堂ホビートレイン」という車両。
四万十町に、フィギュアで有名な海洋堂のミュージアムがあるのだとか。
19043006
 カッパ柄のラッピング車両

再び、すれ違い不能区間をクリアして高知入り。
西土佐の道の駅で、本日の予定終了。 目の前には四万十川が。
雨で増水して、「清流」ではないけど・・・。(苦笑)
19043007
 予土線を再現したジオラマ

この道の駅、すぐ脇を予讃線が走っていて、時々列車の音が。
うどん屋さんの開店を待つ間に、少し歩いて列車見物へ。
5年前に登場した、丸い顔の特急電車を初めて見られてご機嫌。
19042901
 しおかぜ/いしづち6号 岡山/高松ゆき

8:30の開店に合わせて、道の駅の隣のうどん屋さんへ。
9年ぶり2回目の来店だけど、今年の初めに経営が変わったとのこと。
行列ができていたのに、回転が速くて満席にはならないのが凄い。

「温ぶっかけの小を2つ!」 注文の仕方も慣れて来たぞっ。(笑)
コシのある麺、揚げたてサックサクの天ぷら、今日もうまうまでした♪
4食連続、大満足でうどん県を後に。 県境を越えて、愛媛入り。
19042902
 温ぶっかけの小!

天気の崩れそうな今日は、屋内メインでミュージアムめぐりを。
最初は、西条市の鉄道文化館に行ってみたのだけど、
何やらGWイベントをやっているようで、駐車場も大混雑でパス。

新居浜市まで戻って、愛媛県総合科学博物館へ。
自然館、科学技術館、産業館の常設展と、企画展を見学。
館内でランチも済ませて出てきたら、雨が落ち始めた。
急いで、駐車場の周りでゆずさんのお散歩を済ませてから出発。
19042903
 自然館

19042905
 科学技術館

19042906
 産業館

次は、産業館に展示もあった、別子銅山跡「マイントピア別子」へ。
近代化遺産、産業遺産好きのnyaponとしては外せない場所。
移動を始めたら、ついに雨は本降りに・・・。

道の駅や温泉も併設で、行ってみるとやはり駐車場は大混雑。
一旦山を下りて、臨時駐車場からシャトルバスに乗り換えた。
最近リニューアルされたばかりの鉱山列車に乗って、観光坑道へ。
江戸時代から近代までの歴史解説や、子供向け体験ゾーンなどなど。
19042907
 江戸ゾーン

19042908
 体験ゾーン

帰りは、nyaponだけ鉱山列車に乗らずに徒歩で。
敷地内に多く残る、産業遺産を見物しながら帰りたいので。

鉱山鉄道の鉄橋やトンネル、坑道、レンガ水路、発電所などなど。
写真を撮りながら歩いても、列車より早く戻って来られた。(笑)
19042909
19042910
19042911
19042912
また、シャトルバスに乗って臨時駐車場まで。
上部鉄道、下部鉄道という鉱山鉄道が、港まで通じていた別子。
トンネルや築堤の跡が車窓に見えて、廃線跡好きには気になる。

クルマに戻り、西条からR194で峠越え。
全長5.4km、四国最長という寒風山トンネルで高知入り。
トンネルを抜けてすぐ、温泉併設の道の駅で本日の予定終了。

夜になっても、本降りの雨が降り続いている・・・。

道の駅を出発、朝7時から開いているスーパーで食料など買い出し。
給油をしてから高速に乗ろうとしたら、地方の休日や朝のお約束、
GSが開いていないとか、すでに廃業しているとか。(苦笑)

危うく、四国上陸を前に給油難民になるところだった・・・。
無事に、しかもなかなかお安いスタンドを見つけて、一安心。
昨日、下から見上げた大鳴門橋を渡って、いよいよ四国へ!
19042801
 「二輪転倒注意」って怖いな・・・

神戸淡路鳴門道から高松道に乗り継ぎ、瀬戸内海に沿って西へ。
前を走る高速バスの行先表示は「うどん県」。(笑)

今日はまだ天気も良く、風景ものどかで、高速道でも楽しいドライブ。
さすが四国の高速道路、ICごとに八十八ヶ所札所の案内板が。
19042802
 お遍路ドライブ用

府中湖PAのスマートICで降りて、まずは今回の旅での初うどん。
このために、朝ごはんは軽めにしておいた♪
天ぷらもびっくりするほど美味で、持ち帰りする人も多かった。
19042803
 ぶっかけ、うまうま♪

19042804
 釜玉も、とり天もうまうま♪

本日の目的地、「国営讃岐まんのう公園」へ到着。
明日以降天気が崩れてくる予報なので、チビ達を外で遊ばせようと。

我が家のお気に入り、有料ではあるけど広くてきれいな国営公園。
駐車場も広いバスエリアの枠に案内して頂けて、ありがたい。
19042805
 お隣は高知ナンバーのキャンパーさん

国営公園はどこも広いのだけど、ここも例外ではなく。
他の公園のように、連絡バスのようなものは運行していないらしい。

足代わりに、サイクリングコースを周回できる自転車を借りてみた。
nyamotaも、やっと自分で運転できるようになったので。
エリアごとに駐輪場があって、移動手段として想定されている模様。
19042806
 4人4台でプチツーリング♪

もともとこの地域にあった里山の自然を残してあり、散策が楽しい。
昔遊びの体験、里山の動植物の展示、そして大きな遊具や芝生広場。
ビジターセンターでは、隣接する満濃池の歴史解説なども。
空海が改修したという、歴史のある人工池であることは知っていた。

午後になって曇りがちになり、風が冷たくなってきた。
じっと座っていると寒いくらいなので、そろそろ切り上げて温泉に。
19042807
 「このあたりは、ため池が多いんだよ」

19042808
 日本最大級のため池、満濃池

19042809
 おーい、寒くなってきたぞー!

近くのダム直下の温泉へ。 ダムといっても、満濃池より遥かに小さい。
nyamotaがお腹が空いたというので、館内食堂で早めの夕食を。

「スペシャルうどん」という、おすすめメニューの肉うどんを注文。
これが期待以上! 麺もお肉も、お出汁も最高で飲み干してしまった。
甘いお出汁の肉うどん、子供の頃も大好きだったなぁ・・・。
19042810
 スぺシャルうどん!

ヌルヌル系の温泉でさっぱりしてから、R377で海沿いに。
R11を西へ。 愛媛県との県境手前の道の駅で、本日の予定終了。

ここの隣には、前回の四国旅で一番美味しかったうどん屋さんが。
明日の朝、ここでもう一杯食べてから、うどん県を後にする予定。
実は、公園の屋台では焼うどんも食べていたのだけど。(笑)
19042811
 そうそう、このお店だっ♪

昨夜、仕事から帰ってGW旅へ出発。 無印東名を西へ。
できるだけ進んでおきたくて、浜名湖SAまでがんばって就寝。

今朝、初めての新名神 四日市-亀山間の通過を楽しみにしていた。
確かに鈴鹿渋滞は無くなったけど、草津JCTが大渋滞で断念。
ボトルネックが先送りされただけなので、まあ、そうなるよなぁ。

無印名神も、所々ノロノロや小さな渋滞が発生していたけど、
高槻JCTからは、今度こそ新名神経由で神戸淡路鳴門道へ。
19042701
 明石海峡大橋、通過!

久しぶりの淡路島上陸。 北淡の野島断層保存館に行ってみようと。
淡路ICは併設のSAの駐車場渋滞が発生していたけど、何とかクリア。
明石海峡大橋直下の道の駅も混雑していたので、スルーして直行。
19042702
 「やっと着きましたね♪」

ちょうどお昼なので、まずは保存館に隣接したレストランへ。
ここ、BS11のバイク番組でぐっさんがツーリングで立ち寄っていた。
兵庫出身のnyaponだけど、学生の頃はまだフェリーだったので、
お手軽にツーリングに来ようという場所ではなかったなぁ。

nyaponは、ぐっさんも食べていた地だこの丼。
nyamoはしらす丼、nyapotaは淡路タマネギのカレーを注文。
どれも、うまうま♪ 美味しかったタマネギスープは、おみやげに。
19042703
 たっぷり地だこ丼

19042704
 丸ごと玉葱のビーフカレー

野島断層保存館は、ニュースの空撮映像で何度も見た
地表に現れた断層に、上屋を建設して永久保存した施設。
阪神淡路大震災の記録映像や、当時の揺れを体験できる施設など。

あの時は実家が半壊だったものの、親も姉も無事だった。
救援物資を避難所に配送する、ボランティアに来たことを思い出す。
19042705
 道路と排水溝が上下左右にずれて・・・

19042706
 地中の断面も見学できる

再度、神戸淡路鳴門道に乗って、淡路南ICまで。
丘の上にある、大鳴門橋記念館へ。

まずは、館内にあるうずしお科学館を見学。
うずしおのできるメカニズムの解説や、水理模型による再現など。
19042709
 ゆずさん、海が見えるよ

19042707
 「うずができたよ!」

大鳴門橋を望む展望台には、でっかいタマネギのオブジェ。
タマネギヘアーのかつらをかぶっての記念撮影には行列が。
見覚えがあると思ったら、ここもぐっさんが来ていた場所だった。

nyapota氏、「たまねぎキャッチャー」は30分待ちで断念。(笑)
淡路タマネギを使ったバーガーが美味しそうだったので、おやつに♪
これも、確かぐっさん食べてたな。(笑)
19042712
 1個取れると、1.5kg袋と交換

19042708
 あわじ島オニオンビーフバーガー

大鳴門橋のたもとにある道の駅で、本日の予定終了。
遊歩道があり、橋の直下まで下りられる。
真っすぐ立っていられないほどの強風の中、階段を下りて海辺まで。

残念ながら、今日明日あたりは渦があまりできない日に当たった。
それでも潮流は驚くほど速くて、急流の川をみているよう・・・。
以前、鳴門側の橋上から眺めた時も凄い迫力だったなぁ。
19042710
 海とは思えない流れ・・・

19042711
 明日は、9年ぶりの四国上陸!

この週末は、ぷらっと1泊で静岡方面に出かけてみようと。

「大井川鐵道沿線でSLや電車を見物」という案も挙がったけど、
土曜の日中は傘マークの予報が出ていたので、屋内プランに変更。
結果的に、天気は良い方に振れてくれたのだけど・・・。(苦笑)

土曜朝、早起きして出発。 圏央道から東名に乗り継いで西へ。
御殿場からは無印東名を選択して、富士川SAで朝食休憩を。
富士さまを眺めながら美味しい朝定食、ここまで我慢して良かった♪
19031701
 富士さまは小さな笠を

19031702
 もう他に何もいらないでしょ(笑)

由比から、昨年ランチツーに来た薩埵峠を見上げつつ清水ICまで。
清水の市街地から三保の松原の近くを通り、東海大学の博物館に。

現在は、海洋科学博物館(&水族館)と自然史博物館を併設だけど、
以前は人体科学博物館もあって、遠足や修学旅行の定番だった。
ちなみにnyaponも、中学校の富士・箱根・伊豆の修学旅行で立寄った。
19031703
 自然史博物館のメインは恐竜

19031704
 他に、静岡の自然とか

19031705
 岩石、鉱物などなど

ここ、nyapota & nyamotaも2回目ながら、2人とも覚えていない。
まあ、nyamotaなどベビーカーに乗った赤ちゃんの頃だしな。

水族館は、水深2500mの駿河湾の深海魚など、なかなかおもしろい。
さすがは「海洋学部」のある東海大の博物館だけあって、
海洋調査や、生物・鉱物・エネルギー資源研究の展示も興味深い。
19031706
 リュウグウノツカイ

19031707
 海洋調査機材の解説

ランチは、やはり静岡モノを。
お約束ではあるけど、黒はんぺんのフライと桜エビのかき揚げ。
やはりうまうま♪ また「しぞーかおでん」も食べたいなぁ。
19031708
 黒はんぺんフライ♪

午後はノープランだったので、クルマに戻って作戦会議を。
東海道を戻るのもつまらないので、富士川を遡って甲府に抜けようと。
興津からR52 身延道を北上。 この道、適度なクネクネの快走路。

「甲駿橋」という良い名前の橋で、駿河の国から甲斐の国に入る。
眠くなってしまったので、新しくできた南部町の道の駅でお昼寝休憩。
何度も身延を通るけど、久遠寺には行ったことがない。 今度バイクで。
六郷の温泉でさっぱりしてから、中部横断道に乗って増穂PAまで。
19031709
 「ゆずさん、お散歩行こう♪」

天気予報はまんざらハズレでもなかったのか、パラパラと雨が。
急いでゆずさんとお散歩に出たけど、本降りまでにはならず。

食堂が開いているうちに、夕食もここで。
山梨は鳥もつ煮が有名だけど、馬もつ(桜もつ)もあるのだと。
「臭みがまったく無くて、さっぱりして美味」とnyamo氏。
19031710
 馬もつ煮

ここで、本日の予定終了。

このPA、道の駅併設なのだけど、PA名は「増穂」、駅名は「富士川」。
少し前に増穂町が合併して、何だか静岡にありそうな富士川町に。
名称決定の時期の差なのか、東名 富士川SAとの区別なのか・・・。

インフォメーションコーナーを見ていると、「ヤエーステッカー」が。
今まで、どこの配布場所でも在庫切れだったので嬉しい!
「バイク乗りの方のみ」、今日はクルマで来たけどいいですよね?
山梨デザインもあったけど、初めてなのでベーシックなものを頂いた♪
19031711
 v(・∀・)yaeh!

日曜日の朝、道の駅の隣で何やら自転車のイベントを準備中。
よく見ると、広場に結構長いオフロードコースが造成されている。
でも、みんなドロップハンドルの自転車で、一見ロードレーサーだぞ?

帰ってから調べてみると、「シクロクロス」という競技だったらしい。
自転車を降りて担ぐポイントもある、「障害物競争」なのだとか。
やだ何それ、面白そうじゃない!(笑) 見てくれば良かったかな。
19031712
 八ヶ岳、どーん!

晴天の中部横断道を北上して、双葉JCT方面へ。
この道、いつの間にか伸びていて、東名とつながるまであと20kmほど。
中央道と上信越道の間の工事進捗は、どうなっているのかな。
そういえば、新東名の厚木-伊勢原間は今日の午後に開通だったな。

中央道に合流して東へ。 境川PAで朝食休憩。
都内では渋滞の情報が出ているけど、相模湖ICまでは順調に。
オギノパンの前を通ると、ツーリングのバイクで大混雑だった。

結局ほぼずっと晴天に恵まれて、駿河と甲斐の旅は無事終了♪

芳賀の道の駅から、先月の茨城旅の時と同じく新4号経由で帰ろう。
このあたりは、ホンダの工場や研究所、工業団地もあったりして、
宇都宮駅からのLRT(次世代型路面電車)の建設が始まっている。
他の都市でも計画があるようだけど、整備効果が楽しみなところ。

「第2東北道」こと新4号も、圏央道も順調で、11:00には無事帰宅。

今回の栃木旅は、充電式の電車に蒸気機関車と、乗り鉄を満喫。
加えて、久しぶりに線路際での撮り鉄も楽しむことができた♪
以前のような一眼レフ重装備ではなく、コンデジお手軽撮影だけど。
1902111
 JR烏山線 EV-E301系 最新の蓄電池駆動電車!

1902112
 雪景色の真岡鐵道♪

1902113
 初めて会えた、真岡鐵道のC11 325

旅の途中、最近増えてきた「パーク&ライド」駐車場を利用して、
ささやかながらローカル線を応援してくることが多くなった。
これからも路線存続に貢献しつつ、乗り鉄も撮り鉄も楽しんでいこう。

↑このページのトップヘ