なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 日々のできごと

愛用中の iPhone7 Plus に機種変更してから、2年が経過した。
今までは、機種代金を払い終えても月々の支払いが減らないという、
ケータイ業界の不思議料金体系で、2年ごとに機種変更していた。

しかし最近は、通話は数か月間ゼロでデータ通信も数百MB/月以下という、
nyaponのようなユーザー向けの安い料金プランも出てきた。
なので、今回は機種変更をせず、継続使用することに。
2年経っても、機能・性能・容量には、まったく不満はないし・・・。
1809191
 カバーはリニューアル♪

機種代金完済に合わせて、ミニマムな安い料金プランに変更。
格安SIMも検討したけど、チビ2人のGPS見守り機能を利用しているため、
キャリア契約を継続。それでも、月々の料金はちょうど半分になった。

カメラは、ヘタなコンパクトデジカメよりも綺麗に写るし、
大画面のおかげで、バイクやクルマでのスマホナビとしても活躍中。
くたびれていたカバーだけは新調したので、まだがんばってもらおう♪

この週末は、千葉方面への2018走り納めツーリングを計画していた。
nyamoとチビ達はじぃじの家に遊びに行くというので、お泊りもOK。
某ネットモールの「スーパーセール」で、格安の宿を発見して確保♪

先週になって、残念ながら天気予報は雨ベースに変化してきた。
けど、少し前から「日産デイズ『青ぎつね号』で遠出してみたいなぁ」と。
お気に入りの小さな相棒なのだけど、いつも会社との往復ばかりなので。
で、あえて宿はキャンセルせず。

「2018走り納めツー」改め、「青ぎつね号で行く、冬の千葉旅♪」
18122301
 東京湾アクアライン

土曜朝、7時過ぎに家を出て、R246、保土ケ谷BPから首都高湾岸線へ。
青ぎつね号、今まで最も遠かった、免許更新に行った横浜をあっさり更新。
もちろん横浜ベイブリッジも、東京湾アクアラインも初めての通過!
バイクも結構見かけるけど、午前中だけ走ってくるプランなのかな。

圏央道 木更津東ICで降りて、馬来田の道の駅で最初の休憩。
ナッツ系嫌いのnyamoもいないので、ピーナッツ菓子を買い込む♪(笑)
あれ? これ、BS11のMOTORISEで、ぐっさんが食べてたやつか!
18122302
 うまうま♪

ここからは、県道を乗り継いで九十九里浜を目指す。
途中、高滝ダムの記念館で小休止。ついにポツポツと雨が落ち始めた。
このあたりのダム、カード配布は「平日のみ」ばかりなので見物だけ。
18122303
 高滝ダム

引き続き、県道を乗り継ぎながら東へ。
途中の山越え区間では、だんだん道が細くなって「険道」チックな所も。
バイクからクルマになっても、選んで走る道はあまり変わらない。(苦笑)
18122304
 「先入車優先!」

一宮から九十九里有料道路へ。いつものK30よりは海が見えるかと。
PAで休憩してから、九十九里浜を右手に見ながら北上。
雨も降り続いているけど、この季節でもサーフィンを楽しむ人は多い。

そろそろランチタイム。片貝漁港に隣接した「海の駅」に行ってみよう。
3連休初日で混むかと思ったけど、フードコートはとても空いていた。
県道から1本入った場所ではあるけど、この季節だからかな。

注文したのは「九十九里ばくだん丼」。
その日おすすめの地魚とマグロに、山芋・松前漬け・卵黄を混ぜて食す。
ネバネバ好きだし、どう見ても美味しくない訳がない♪
18122305
 もちろん、うまうま♪

併設された、入場無料のイワシ漁の資料館も興味深かった。
外には、「日本で唯一」という青いポストが。
速達郵便用のポストって、確か青色じゃなかったっけ・・・?
18122306
 日本唯一?

ご飯を食べている間に、雨はすっかり本降りに。走ってクルマに戻る。
ここまで来たのだから、犬吠埼を周っていこうか。
キャンカーで来た時には、確か時間が微妙で立ち寄らなかった。

銚子電鉄の犬吠駅で、名物の濡れ煎餅を食べてお土産も購入。
海沿いに出て、白亜の犬吠埼灯台まで。
灯台の前には、白いポストがある。こちらは結構有名。
楽しいけど、ポストの色って法規とかで定められていないのかな?(笑)
18122307
 白亜の灯台とポスト

見込みよりも時間が押し気味なので、灯台に登るのはあきらめる。
また、晴天の日に家族みんなで来た時のお楽しみということで。
今回の旅で一番の目的が控えているので、銚子からR356利根水郷ラインへ。

古い町並みが残る、水郷佐原まで。現在は香取市の一部。
この町もキャンカーで通ったことがあるけど、道が細く駐車場も微妙で通過。
道路や地理・地図好きとしては、一度、伊能忠敬記念館に来てみたかった。
軽自動車なら、細い路地の奥にある観光駐車場へも楽勝♪
18122308
 佐原の町並み

もちろん、本やテレビの歴史番組などで忠敬の偉業は知っているけど、
200年前、アナログな器材だけであの正確な地図を作製したのは驚異的。
衛星写真と「伊能図」を重ねた展示では、誤差の小ささに驚く。

国宝である伊能図の一部も展示されていて、ちょっと感動した。
50歳から天文方に弟子入りしたという、地理好き人間の大先輩に乾杯!
18122309
 伊能忠敬記念館

本日の宿は、内陸の道を南に戻った多古町にある。
半額セールで1泊2500円の素泊まりプランなので、途中で夕食を。
と思ったら、狙っていたお店がお休み。コンビニ弁当でいいや。(苦笑)

お風呂は別ながら、広々8畳の部屋でゆっくり休むことができた。
昼頃には帰宅してゆっくりしたいので、朝からがんばって帰ろう。
18122311
 それでも、やっぱり寄り道♪

今日も県道を乗り継ぎながら、圏央道を目指す。

バイクの時と同じくスマホナビを頼りに。クルマでも、まったく問題なし。
進行方向がよく見える縦長画面って、やはり理に適ってるんだよなぁ。
視力が厳しくなっていたので、コンパクトな機種には戻れないけど。(笑)
18122310
 ほんと、良くできてるなぁ

往路と同じく、木更津東ICから圏央道・アクアラインへ。
今日は天気が回復していく方向だと思っていたけど、また雨が降ってきた。

FMヨコハマでクリスマスソングなど聴きながら、湾岸線を快走。
何だか、毎週末にクルマで出かけていた若い頃を思い出すな・・・。
通勤時は無音なので、久しぶりにカーオーディオを使った。(苦笑)
18122312
 横浜ベイブリッジへ

R246のコストコ渋滞を避けて、R16相模原経由で正午前に帰宅。
天気はイマイチだったけど、念願の「青ぎつね号での遠出」が叶った。

動力性能はお世辞にも良いとは言えないけど、足回りは不満なし。
クルクル小回りも利いて、近年では最高にお気に入りの青ぎつね号。
一緒に旅に出て、さらに愛着が湧いたかも♪
18122313
 バイクだと全身ドロドロだったな(苦笑)

18122314
 おみやげは、カレーの缶詰と銚子電鉄の濡れ煎餅♪

これからの季節、朝、新聞を取りに外に出る頃、空は青から橙へと。
今朝は雲ひとつなく、今シーズンで一番美しいグラデーションが♪
1812141
 「さむっ!」

クルマのフロントグラスも、今シーズン初凍結。
昨夜降った雨のせいで、路面も少し凍っているようだ。
この週末こそ、nyamoのキューブ号のタイヤを交換しなくては・・・。
1812142
 バキバキに凍結

夏の終わりに決まった、この歳になってからの想定外の資格取得。
法的にはチームの誰かが持っていれば良いという類のものなのだけど、
昨今の企業コンプライアンス強化の流れもあって、
「監督する立場の者も、いざという時のために取得しておくべし」と。

今まで逃げ回っていたけど、ついに捕まった・・・。
講習会も含めて費用は会社負担だしと、観念して受験勉強を。
毎日帰宅してから1時間ほど、週末のお散歩ツーも少し減らして。
先日のキャンプにも一応問題集を持参したけど、まあ開かない。(苦笑)

で、本日が本番の試験。横浜市内の大学キャンパスが会場だった。
完璧とは言えなかったけど、まあ何とかイケたでしょう。
合格発表まで2週間以上あるので、もうしばらくは気になるけど。

頭使ったら、お腹が空いた!(笑)
学生の街なら美味しいラーメン屋さんがあるだろうと、駅前へ。
1812021
 久しぶりの「横浜家系」♪

最近はコッテリラーメンが辛いことも多いけど、美味しくて完食できた。
満足で駅に戻ると、駅ビルで愛媛県物産展をやっており、何かいた。(笑)
1812022
 愛媛県のゆるキャラ 「みきゃん」

昼過ぎには家に帰り着き、ホッと一息。やっと試験が終わったぁ。
思いのほか早く帰宅できたので、来週やろうと思っていたタイヤ交換を。

何だかんだで、もう12月。今年もあと1か月か・・・。
1812023
 来週は、キューブ「銀だぬき号」だな

先週、nyamoのPCX150を借りた。
PCXに乗る時、ヘルメットはサブのオープンフェイスを使っている。
久しぶりに箱から出してみると、何だか嫌な匂いが・・・。(苦笑)
たまにしか使わないのに、通気性の悪い箱に仕舞っていたのが悪かった。

帰ってきてから、早速内装を取り外してお洗濯。
暑い夏を乗り切ってそのままだった、使用頻度の高いフルフェイスの方も。
一晩浸け置きして、よくすすいで、しっかり乾かして・・・と。
本体のエアインテークやバイザー、シールド可動部の汚れもきれいに。
1811211
 スッキリ!

すっかり綺麗になって、内装からはほんのり良い香り♪

ツーリングから帰る度に洗う人もいるけど、そこまではマメじゃない。
とはいえ、今回は少々お手入れをサボり過ぎたと反省。
オープンフェイスの方も、風通し良い場所に保管することに。
頭を守ってくれる大切な保護具。大切にしてあげましょう。

以前、宮ヶ瀬から伊勢原方面へ抜ける道に残っていることに気付いた、
昭和46年までの古い規格である案内標識、通称「白看」。
白地に青い文字と赤い矢印で、方面・距離や著名地点が示されている。

そして、昭和61年までの規格だった、紺色地に白文字と白矢印で
ローマ字表記無しが「紺看」、現行の青地でローマ字併記なのが「青看」。
1811171
 「白看」 昭和25年(1950)~昭和46年(1971)

1811172
 「青看」 昭和61年(1986)~

白看も紺看も地方ではまだ見かけることが多いし、意外に街中でも。
バイパス開通で格下げされた、旧国道とか旧県道などに残っていたりする。
ごくまれに、旧規格デザインのまま今どきのフォントで更新されたものも。

我が家の周りでも結構残っていたのだけど、ここ数年で急に減ってきた。
圏央道開通によるICへの案内表記に合わせて、更新されたのだろう。
歩道橋に設置されていたものも、塗装や補修時に撤去されたり。

旧道・廃道・街道好きつながりで、こういうのも大好物♪
近場で把握しているものだけでも記録しておこうかなと、お散歩ツーへ。
1811173
 方面および距離(標識コード:106-A) ローマ字無し版

1811174
 方面、方向および距離(標識コード:105-B) ローマ字無し版

1811175
 方面および距離(標識コード:106-A)

1811176
 撤去跡・・・

旧規格の標識はメンテナンス対象でないのかな?
じっくり見てみると、赤矢印がすっかり色褪せてしまったものも多い。
今日は行かなかったけど、ほとんど字が読めないものもある。(苦笑)

一番興味深かったのがこれ。
1811177
 方面、方向および距離(標識コード:105-A)

まず、「↑小野12km」。確かに、隣の厚木市に小野という地名がある。
ただ、少なくとも現在は、案内標識に地名を掲げるような場所ではない。
白看規格だった約50年前は、「小野」と聞いて分かるような所だったのか。

そして「MIMASU」。愛川町三増の読み方は、「みませ」なのだけど。
とりあえず、歴史的に読み方が変化してきたという話は聞いた事がない。
白看時代は、誤植も結構多かったらしいしなぁ・・・。

最後に、仮に厚木市小野方面へ行きたくても、直進はお勧めしない。
1811178
 限りなく、住宅街の路地だから(苦笑)

直進方向が、神奈川K63 相模原大磯線の旧道にあたるのだろうな。
決して行き止まりな訳ではないけど、ナビ無しでは絶対迷うだろう。
そもそも手前も、今の感覚だと案内標識を掲げるような道路じゃない。

うん。昔の街道や町村のつながりに思いを馳せると、なかなか感慨深い。
今日の相棒は、nyamoに借りたPCX150 あいちゃん号。
どこでも気軽に停められて周囲に変な威圧感も無く、街中散歩には最適♪
1811179
 本日の相棒

標識といえば、昨年からの新規格、「止まれ」に「STOP」が併記された
一時停止の標識。我が家の周りでは、今日初めて見かけた。
高速道路ナンバリング表示の「E1」「E20」「C4」なんかも見慣れたし、
”2020”に向けて、標識も色々とリニューアルされていくんだろうなぁ。

道路標示の「40高中」も、早いうちに探索に行ってみたいと思っている。
「高・中・低速車」の区分があったのは、平成4年(1992)まで。
なので、nyaponは「40高中」の意味を教習所で習った最後の世代。
なぜか道路好きの間でも、かなり愛されている遺構である。(笑)
181117a
 以前、筑波山付近で見かけた「40高中」

何でも、東京・神奈川などは旧標示は順次削り取ってしまうのだけど、
埼玉・茨城などは再舗装まで放置という方針で結構残っているのだとか。
こちらも、規格改定からもう30年近く。行くか、茨城ツー。(笑)

先月、キャンカーが5回目の車検を迎えた。
8ナンバーは初回から2年なので、ちょうど10年乗ったことになる。
少しくたびれてきた、架装部分のメンテナンスも合わせてお願いした。
1810311
 リフレッシュ完了♪

整備を完了して「エンジンは快調だからねぇ」なんて言いながらの帰途、
高速を降りて家まであと少しという所で、エンジン警告灯点灯。(苦笑)
エンジンは吹けるし変速もするし、致命的なフェールではないようだけど。

なぜ、昨日のうちに出ないんだ!(笑)でも、再び世田谷までは大変。
今週、通勤車でお世話になっている、八王子のディーラーさんへ。
診断機を接続すると「空燃比センサー故障」で、部品交換に。
最近は、燃費や排気対策で電子制御用のセンサだらけだからなぁ。
1811041
 犯人はおまえか!

1811042
 このセンサ、1個で参萬円也・・・(苦笑)

エンジンの制御プログラムも更新版があったらしく、合わせてリプロも。
当然ながら無事に警告灯は消えて、次のお出かけに向けてひと安心。

まあ、クルマに10年以上乗り続けるというのは、こういうことだよな。
これが完全に「道具」である通勤車なら、絶対にここまでは乗らない。
気に入った趣味のクルマだから、お金を掛けて修理してでもと思える。

クルマ旅にチビがついて来るうちは、まだキャブコンの使い勝手が必要。
あと何年か分からないけど、もう少しがんばってもらいましょう!
1811043
 作業待ち中の電車見物でご機嫌な人

昨年に続いて、2回目となる宮ヶ瀬ダムのナイト放流イベントが開催された。
今年も応募して当選していたのだけど、競争率は3倍もあったのだとか。
昨年の雨の中も幻想的ではあったけど、今年は星空の下で見られそう♪
1810271
 800名定員だったのを、急きょ1000名に増やしたとのこと

今年も、太鼓の演奏や「愛川ブランド」認定の名産品販売などが。
地下の発電所見学に行くと「発電所カード」なるものをもらえた。
ダム、マンホール、土木遺産に続いて、新コレクションアイテム。(笑)
1810272
 「今年は発電機が回ってないね」

1810273
 発電所カード

昨年は人混みで傘を差すのが大変で、少し離れて見たけど、今年は直下へ。
放流が始まると、昨年以上に凝った照明の演出で綺麗だった。
ちょっと前置きが長くて、カメラを構える手がプルプルしたけど。(苦笑)
1810274
 体がしっとり濡れてきた・・・(笑)


 宮ヶ瀬ダム ナイト放流 2018

放流は6分間だけど、水しぶきが流れてくるので橋上から退避。(苦笑)
1回目の放流が終わったら、記念品を頂いて帰途へ。
記念品は、今年もナイト放流記念のダムカードセットなどなど。
1810275
 今年も記念カード入り♪

無事帰宅して、おみやげに買ってきた「宮ヶ瀬ダムケーキ」を。
昨年は保留したのだけど、チビ達が「今年こそ買ってくれ」と。(笑)
ピーチ味のシロップをダム湖から放流!
1810276
 放流中(笑)

いつもは、年に1回交換していたワイパーゴム。
毎年、梅雨時を前に、GWあたりに交換するのが恒例だったのだけど、
2年前にキューブ銀だぬき号、1年半前にデイズ青ぎつね号に乗り換えて、
すっかり交換をサボってしまっていた。もちろんキャンカーのものも。

ここ最近、通勤時もクルマ旅の時にも、台風や秋雨前線の影響で、
雨中走行の機会が続いたので「いい加減に換えなきゃ」と。
しかし、通勤車の前後3本×2台とキャンカー2本を一気に交換すると、
ゴムだけでも800円前後×8本で、結構な出費となる。(苦笑)

そんな時届いた、トラック用品通販ショップのカタログ冊子。
いつも、背の高いキャンカーの洗車用品購入でお世話になっている。
その中にワイパー関連もあったので見てみると・・・、「安っ!」
1810041
 ブレードごと買っても、2本で650円ほど!

ブレードの2本セットを買っても、カー用品店のゴム1本より安いぞ。
はっ水用のシリコンゴム付きのブレードでも、1本810円。
あの高いスノーブレードですら、1本1200円ほど。(すべて500mm)

まずはお試しと、3台すべてのフロントに雨用ブレードをご注文♪
通勤車のリアの樹脂ワイパーに適合品が無かったので、これは別途購入。
1810141
 カー用品店では、300mmのゴム1本で700円・・・(苦笑)

正直、「この値段ならダメ元」くらいの思いで買ってみたのだけど、
少なくとも初期品質に問題はなく、純正より頑丈そうに見えるくらい。
早速の雨中走行でも、拭き性能に全く問題なし。
さすがに1年半ほったらかし状態から交換すると、完璧な拭きに感動!

ワイパーメーカーは、ゴムは半年、ブレードは1年での交換を推奨。
今までは「さすがに、1年でブレードまでは・・・」と思っていたけど、
この値段なら交換してあげても良いかも♪

「こんな日にビーナスラインでも駆け上がったら、気持ちいいだろうな」
などと、バイク乗りの同僚と恨めしく空を見上げたPremium Friday。
明けてこの週末は、台風の接近によりずっと雨の予報・・・。(苦笑)

nyamoは、PCX150の12か月点検を予約していたけど延期。
「クルマで自賠責と盗難保険の更新だけしてくる」というのでお付き合い。
nyamotaも「ジョンに会いに行く!」と。
1809292
 「やぁジョン、来たよ!」

nyaponは、在庫車を見物したり店員さんとバイク談義をしたり。
以前紹介した後輩が大型免許を取って、最近新車に乗り換えたので、
「nyaponさんも、そろそろ大型どうですか♪」とか言われながら。

気になったのは、最近時々見かける中国ヤマハのXTZ125。
重量が約120kgという、軽量ながらフルサイズのOFF車。
中国ホンダのCB125に乗っていた経験から、遠出は大変だろうけど、
近所の林道なんかにトコトコ入っていったら、楽しいだろうなぁ♪
1809291
 あ、1/1モデルがいる(笑)

駐車場に戻ると、展示車なのか先日増車したトミカの1/1モデルがいた。
SSって、リッタークラスでもコンパクトなんだなぁ・・・。
軽いので意外に我々のようなリターンオヤジが選ぶ、という話も分かる。
レプリカブーム真っただ中世代には、響く人も多そうなデザインだし。

帰りの車の助手席で空を見上げつつ、「雨止まないかなぁ・・・」。
いやいや、台風接近はこれから。どうか、各地で被害が出ませんように。

↑このページのトップヘ