なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 日々のできごと

先日の山中湖キャンプで、東富士五湖道路を利用した。
昨年と一昨年のSSTRでも早朝に通過したこの道路、
IC前後以外は、全国の高速道や自動車専用道に点在する
いわゆる「暫定2車線」で、中央分離帯はラバーポール。

と、思っていたらワイヤーロープ化の改良が進んでいた。

もちろん、大型車などまでは防ぎきれないだろうけど、
効果は絶大だろうし、走っていても安心感は段違い。
やはり、改良施工区間では死亡事故が激減しているのだと。
20080902
 ワイヤーロープ式に改良

20080904
 6月に施工したばかりだったのね

調べてみると、ほんの少し前に夜間工事を行ったらしい。
でも、走った時には「微妙に未施工区間も残っているな」と。
予算や工期もあって、一度で完了は無理なのだろうけど。

・・・なんて思っていたら、検索結果のニュースの中に、



わずか2週間前、悲しいことに未施工だった数キロの区間で。

走行した際にも、液体が流出した路面の痕跡に気付いていた。
あれが、衝突炎上事故が起きた現場だったのね・・・。
工事が完了していればこれほどまでは、と思うと悔しいな。
亡くなられた方のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

昨年のSSTRでも、同じ千里浜のゴールに向かっていた仲間が、
東海北陸道の対面通行区間での悲しい事故で亡くなられた。
乗用車同士ですら、衝突すれば炎上するほどの衝撃。
相対速度が160km/hでの衝突など、バイクだったら・・・。
20080903
 ラバーポールのみの区間で

こちらが注意していても絶対に防げない事故につながる、
ゴムの棒1本での高速道路の上下分離など、あり得ない。
そもそも「『暫定』だから我慢」というのが意識低すぎ。

全国には、着々と4車線化工事が進む路線も確かにあるけど、
東富士五湖道路も含めて「4車線化なんて、いつの話?」と
思ってしまうようなところも、たくさんあるのだから。
もちろん、これはNEXCOさんが悪いという問題じゃない。

今日8/10は、国土交通省が制定した「道の日」なのだとか。
「道路の意義や重要性に対する関心を高める」のが目的。
1日も早い開通が望まれる路線が多いのは理解できるけど、
こと安全に関しては、ぜひ供用開始時点から恒久レベルで。

日産自動車が、事業所のある神奈川県伊勢原市とコラボ、
地域貢献活動の一環として「新型カキノタネ」を発売したと。

日産のデザイン本部が歴代の名車23車種を模した形状や
パッケージをデザインを担当し、総合研究所の試作部が
モノづくりの技術と最新加工技術を駆使して抜型を製作とか。
こういうの好き。(笑)  ・・・で、早速入手してきた。



クルマのカップホルダーにも、ぴったり収まるパッケージ。
お味の方は上品で、しっかり「米菓」の味がする。
製造を本場新潟のメーカーに委託しているだけのことはある。

肝心な形状は、なかなか上手く特徴を捉えているけど、
SUVのシルエットは、みんな同じに見えるかな。(苦笑)
サニトラが可愛くて気に入った♪
20080501
 350ml缶サイズのパッケージ

モチーフとなった車種は懐かしいものも多いので、
これはクルマ好き同士の話のネタとして、お土産にいいかも。

前にも一度書いたのだけど、
5月あたりからある記事へのアクセスが増加していた。
昨年、埼玉から長野へダイレクトに県境を越える唯一の車道、
18kmのダート区間を含む旧中津川林道へ行った時の話。



その後も、毎日コンスタントに数件ずつのアクセスが続いて、
7月には100回を軽く越え、トップページ以外ではダントツに。

毎年この時期のアクセス数上位の常連さんである、
2015年の榛名湖キャンプでのミヤマクワガタの記事や、
最近多い、バイクのプロテクターや補助灯の記事を押えて。
20073101
 毎年、夏のクワガタ人気にも驚きだけど



ほぼすべてヤフーやグーグルなどの検索サイトからながら、
旧中津川林道や三国峠が話題になっている感じでもないし、
最近はどんなワードで検索されたのか分からないので、謎だ。
8月に入っても、最新記事よりアクセスが多いし。(苦笑)

5月の時には「自粛警察が「県境越え」のワードに反応か?」
なんて思っていたけど、いまだにそれは無いよなぁ。
梅雨明け後の県境越えのロングツーリング再開に向けて、
出かけて良いものかと様子をうかがう人が多いのかな。

確かにまたここに来て、各地のコロナ感染者数推移が微妙。
nyaponも、夏休みの遠距離長期間のクルマ旅は断念した。
なかなか、すっきりと「リスタート」とはいかないなぁ・・・。

この週末、nyaponも3連休は取れたけど、神奈川はずっと雨で。
一瞬晴れ間が見えてきて「お、これはっ!?」と思いつつも、
少し警戒していたら雨樋があふれるようなのがザーッときたり。
結局、日曜夜になっても、そんな天気が続いている・・・。

自粛するまでもなく外に出かけようとも思えないので、
今日は午後から、TVの前で家族みんなでアニメの鑑賞会。
AmazonのPrime Video、こんな時にはありがたいな。(笑)
作品は、今さらながら「ゆるキャン△」で、全話を一気見♪


 「水曜どうでしょう」ともコラボ!

言わずと知れた、第2次キャンプブームを起こした作品。
最近多い、何でもかんでも女子高生を主人公にした作品とは
一線を画すと聞いていたので、見てみたいと思っていた。
一応、バイクもの、ツーリングものでもあることだし。

うんうん、これは面白いぞっ♪
山梨界隈で旅したりキャンプしたりしている者にとっては、
見たことのある風景ばかりだし、共感できるネタばかり。
キャンプやアウトドア、料理の豆知識もちりばめられている。

これは、少しでも外遊びに興味がある人なら魅かれるよなぁ。
モデルとなったキャンプ場は聖地巡礼で大人気らしいし、
特にこの作品以降、秋キャン、冬キャンも混むようになった。



もう3年前になる、前回のキャンツーの時にも、
秋冬ではないものの、お洒落な女子会キャンプのグループが。
もちろん、高校生グループでもなかったけど。(苦笑)

男子のnyaponも、また無性にキャンツーに行きたくなった。
最近は素泊まり3000円前後で泊まれる宿も珍しくないので、
普通のお泊りツーなら、つい布団で寝られる方を選んでしまう。
でもキャンツーは、それ自体が楽しみで目的なんだよなぁ。
20072601
 ランタンの灯りに浮かぶ愛車、最高♪

20072602
 「ゆるキャン△」の舞台にも近い、富士の麓にて

久しぶりに、フル装備じゃないシンプルキャンプに行きたい。
キャンツーの時の食事は、ゆるキャン△のリンちゃんと同じく
カップ麺ばかりだったけど、「キャンプ飯」も作ってみたい。

場所と時期さえ選べば「密」も避けられるし、
今年は3年ぶりのキャンツーも企画してみようかな・・・。

朝起きると、「週末としては、いつ以来だろ?」という青空。
天気予報を見ても、今日一日晴れベースの天気が続く模様。
一瞬、「どこかに走りに行こうか♪」と頭をよぎったけど、
貴重な晴れの日に、やっておかなければいけないことがある。

nyamo氏も「雑草園」と化している花壇の世話を始めたし、
nyaponは、まずは洗車とワックス掛けを済ませてしまおう。
ドロドロになっていた、通勤特急 青だぬき号をピカピカに。
雨続きの通勤で弱っていた、ウインドウの撥水剤もヌリヌリ。
20071901
 久しぶりにピカピカ♪

途中で給水休憩を入れなければいけないような陽気。
しゃがんで立ち上がる度に立ち眩みが・・・。(苦笑)
これは危ないなと、一旦クールダウンして続きは午後に。

昼食後、懸案だった生垣の剪定を。 電動バリカンで一気に。
道路にはみ出し気味だった枝葉を落として、やっとすっきり。
「庭木の方も結構伸びてきたなぁ」と見て回っていたら、
今年は柿の実が結構たくさんなっているのに気付いた。
20071904
 今年は豊作だな

昨年は枝を落とし過ぎて、全く実がならなかったから。
まあ毎年、鳥や動物の皆さんのおやつになるだけなのだけど。
クルマのエンジンルームに大事に仕舞う方もいるし。(笑)

なんだか、庭が色々な生き物で賑やかだぞ。
花壇の雑草が刈り払われて、草陰から追い出されたのか?
カナヘビは日向ぼっこなのか、ずっと同じ場所にいるし、
カマキリは、やたら人懐っこくて寄ってくるし。20071902
 何だか、こちらに興味津々・・・

20071903
 「こら、やめれ!」(笑)

マクロ設定で近接撮影していたらレンズに飛び移って、
ストラップを伝って腕まで上がって遊びに来た。
威嚇して、攻撃してきただけなのかもしれないけど。(苦笑)

週間予報では、来週もすっきり梅雨明けとはいかなそう。
とはいえ、そろそろどこかに走りにも行きたい。

あ、来週末は祝日で4連休の人も多いのか・・・。
これで天気が良かったりしたら、どこも混みそうだ。
「神奈川アラート」なんていうのも出てしまって、
また微妙に「Not Go To」な空気も漂っているしなぁ。

我が家のファーストカーである、nyamoの銀だぬき号。
3年半履いていた、新車装着品のサマータイヤの交換を。

残り溝、中央あたりは平気なのだけど、結構な肩落ち摩耗で。
先月の豪雨の伊豆箱根でも特に変な挙動は無かったけど、
昨年あたりから点検に持っていく度に、サービスの方から
「タイヤなのですが・・・」とご相談もあるし。(苦笑)

nyamoは3か月間ずっと在宅で、通勤用途は休止中ながら、
お買い物やチビの送迎には使っているので、安全第一と。
20071201
 すっかり、肩が落ちてるねぇ

以前は夏用も冬用も格安のアジアンタイヤで遊んでいたけど、
最近は、量販店のPB品など国産でも安くなってきたので、
「通販で取り寄せて、自宅で保管して、ショップに運んで」
という手間をかけるメリットはあまり無くなってきた。

ということで今回も、オートバックスのPBタイヤに。
ふーん、最近は安いPB品でも「ラベリング」されてるのね。
グレードは「A-c」で、一応「低燃費タイヤ」を名乗っている。

日産キューブのタイヤサイズは、前後とも175/65R15。
バルブも交換して、工賃・廃棄料・税込みで37,400円。
軽のタイヤ価格を見慣れると、これでも高く感じて。(笑)
20071202
 「お願いしまーす」

ショッピングモール内の店舗、しかも日曜なのに空いていて、
待ち時間ゼロ、作業も30分ほどで買い物よりも先に終了。

乗り心地が柔らかくなったのは、新しいからか剛性の差か。
コーナリング云々より乗り心地重視なので、これは歓迎。
ウェットグリップとライフは、これからのお楽しみで。
そもそもnyamo氏、再び毎日の「通勤」はあるのか?(笑)
20071203
 彫りの深いお顔に♪

このオートバックスのPBタイヤ、製造は住友ゴム。
青ぎつね号の新車装着タイヤもダンロップなので、お揃いに。
以前のPBタイヤはBS製だったけど、委託先を変えたのね。

さて、銀だぬき号はスタッドレスもそろそろ限界だったな。
冬が来る前に「早期割引」で更新かな。

大雨で、ゆずさんの故郷である熊本県人吉市に甚大に被害が。
映像では、ブリーダーさんとは川を挟んで反対のようだけど。
被災された皆さまには、心からお見舞いを申し上げます。

神奈川でも、何箇所かで小さな土砂崩れが発生した模様。
我が家のあたりも、沢や傾斜地は多いので油断はできない。
最近は、「数十年に一度」は「毎年どこかで」と同義だから。

先週は、在宅勤務日の夕方に庭の草むしりで汗をかいたけど、
この土日は雨続きで、懸案である生け垣の剪定もできず。
「もうしばらくは『晴耕雨読』の生活か?」なんて思いつつ、
Amazonや楽天ブックスで本を検索してみたり。

すると「25年ぶりの全面大改訂!」と、懐かしいタイトルが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

車両運動性能とシャシーメカニズム [ 宇野高明 ]
グランプリ出版
価格:3300円(税込、送料無料)
(2020/7/5時点)


この本、その25年前の初版を持っている。

ちょうど、初めての愛車であるFF車からFR車に乗り換え、
有志のサーキット走行会やジムカーナなどに参加していた頃。
「どうやったら、スムーズにコーナリングできるんだ?」
なんて思いながら「とりあえず、何か参考書を」と。

でも手に取ったのは、いわゆる「ドラテク本」ではなくて、
「走る、曲がる、止まる」をメカニズム視点で解説したコレ。
著者は元自動車メーカーのシャシー設計エンジニアで、
後にこの本、各社の新人エンジニアの教科書になったのだと。
20070501
 1994年9月10日 初版発行

駆動方式やサスペンション形式の違いによる特性の変化とか、
得た知識も多いけど、常に足の動きを意識するようになった。
舵を切る⇒ステアリング系の遊びが詰まる⇒ホイールが動く⇒
タイヤが捩れる⇒横に滑り始める⇒曲がり始める・・・とか。

ホイールの周りに消しゴムを貼り付けたタイヤをイメージして、
制動力も駆動力も、曲がるためのコーナリングフォースも、
その捩れで発生するという解説は「目からウロコ」だった。
20070502
 消しゴムタイヤ、目からウロコ!

「駆動力 or 制動力(縦方向)とコーナリングフォース(横方向)
 の合力は、最大摩擦力を越えることはできない」という、
「摩擦円」の考え方も、とてもイメージし易かった。

最大摩擦力(摩擦円の大きさ)は、路面μ×抗力(荷重)となる。
ゆえに前輪と後輪への荷重の掛け方が大事、というのも直感的で。

「路面が濡れているので、摩擦円の直径が小さくなっている。」
「今ここでブレーキを掛けると、横方向に使える分が減る。」
「足に掛かる荷重が抜けると、さらに摩擦円が小さくなる。」
そんなイメージができるかどうかは、安全にも影響する。
20070503
 摩擦円は、消しゴム1個でイメージ

こういう知識や理屈って、スポーツ走行だけのものではない。
今でも、通勤時のコーナー走行ですら、タイヤの捩れた姿を
イメージしながら走る癖が付いてしまっている。

昔、nyamoがnyaponと運転を交代した時に「同じ車なのに、
私だと交差点を曲がるときにタイヤがジョリジョリ鳴る」と。
確かに「ブレーキは直線で終える」が基本なのだけど、
せっかくの前足荷重が完全に抜けると・・・で理解してくれた。

初版本の解説用のイラストはR32スカイラインだったり、
サスの例には、ギャラン、センティア、プレリュード。(笑)
最新の電子制御なども加筆されたという改訂版も気になるけど、
まずは、もう一度初版の方を読み込んでみようかな。

一応、首都圏から県境を越えての移動自粛要請も解除。
まだ、幹線道路の電光掲示板には「慎重に」と出ているけど。
当然ながら油断はしちゃいけないので、しっかり対策しつつ、
久しぶりにお泊りでお出かけしてみようかと。

まずは、人のたくさん集まる観光地やホテルには行かず、
小じんまりとした会社の保養施設を利用して、伊豆あたりまで。
早めにチェックインして、温泉に浸かってのんびりしよう♪

土曜日、のんびり起きてのんびり出発。
途中でランチ、ちょうどチェックインの15:00に着くプランで。
伊勢原からR246に出て、秦野市のジンギスカン料理のお店へ。
テラス席で日が当たると少々暑かったけど、お肉はうまうま♪
20062701
 満腹満足!

二宮から相模灘を横目に西湘BPを西へ。小田原からR135に。
真鶴道路・熱海ビーチラインを乗り継いでさらに南下。
伊東の道の駅に寄ろうかと思ったけど、「密」っぽいのでスルー。
何度か来たことのある、会社の保養施設までノンストップで。

外の庭ではアジサイが咲き始めており、眺めの良い部屋だ♪
窓ガラスがピカピカに磨かれていて、最初は開いているのかと。
下手なホテルや旅館より清潔で、管理も行き届いている。
20062702
 ガラスがあったの?

コロナ対策で、一部の設備が使用休止なのは少し寂しいけど、
消毒液が部屋だけじゃなくいたるところに置いてあったり、
スタッフさんも手袋やマスクを常に着用していて、安心感あり。

利用人数自体も絞っているようで、今日は我が家を入れて4組。
当然ながら共用エリアではマスクの着用を求められているけど、
他の方とは浴場で一緒になることもなく、食堂で会うくらい。
テーブルの間隔も2mくらい離れていて、特に不安も無し。
20062703
 鯵のお刺身が特に美味でした♪

温泉の引かれた大浴場も、貸切状態でゆっくりと。
あとは、眠くなるまで部屋でひたすらのんびり・・・♪

日曜朝は、どしゃ降りの雨音で目覚める。(笑)
基本的に帰るだけなので、朝食を済ませてのんびり出発しよう。

来る時は海沿いルートだったので、帰りは伊豆スカイラインで。
途中、nyamoが「奥野ダムでダムカードがもらえる♪」と。
しかし、コロナ対策による配布休止期間を延長中。(苦笑)
「伊豆半島唯一の本格的なロックフィルダム」を見物だけ。
20062704
 ロックフィルの本体より非常用洪水吐に興味

冷川ICから、相変わらずどしゃ降りの伊豆スカを北上。
熱海峠からK20を乗り継いで、ターンパイクで帰ることに。

この道路、通る度にネーミングライツで名前が違う。(笑)
「TOYO TIRES」「MAZDA」に続き、今回は「アネスト岩田」。
山を下りる前に、入口のスカイラウンジでお茶休憩を。
20062705
 いつも雨だねぇ・・・

前回立ち寄って休憩した時も雨だった。 それではお約束、
スカイラウンジからの芦ノ湖と富士さまの絶景をご覧ください。
20062707
 心の目で・・・(苦笑)

20062706
 今回は、セローのFINAL EDITION

少し雨が弱くなったターンパイクを下る。
ここを走る時は、いつも「カーグラフィックTV」気分で。

料金所近くの「あじさいレインボーロード」に期待したけど、
まだ少し早かったみたい。
20062708
 咲き始めという感じかな

小田原厚木道路に乗り継いで、お昼過ぎには無事帰宅。
家に着くころには、雨も上がって明るくなってきた。

久しぶりの県境越え&お泊りでのドライブは楽しかった。
バイクでのお泊りツーリングやキャンカーでのクルマ旅も、
感染防止に注意しながら、少しずつ再開していきたいもの。

GWにどこにも出かけられなかった代わりに、
地域貢献を兼ねてお取り寄せして楽しんだ「おうちで飛騨牛」。
とても1度じゃ食べられず、まだ「楽しんでいる」けど。(笑)

すると何やら、たて続けに北海道グルメも届いた。
「美味しそうだったから、北海道も応援してみた♪」とnyamo氏。
冷凍便で届いたお肉やスイーツと、有名なお菓子の詰め合わせが。
20060402
 お肉に魚介にスイーツ♪

20060401
 北海道土産の定番がたくさん♪

飛騨牛とは違ってクラウドファンディングではないけど、
やはり、観光自粛で行き場を失った食材やお土産品を集め、
北海道の食材を扱うショップさんが福袋にして販売している。
どちらも、かなりお得な価格設定で。

デパートなどでの物産展の定番でもある北海道だから、
その手のイベント中止の影響も大きいのだろうな・・・。

「前回の北海道クルマ旅は、2018年の夏かぁ。」
「『松尾ジンギスカン』、いつ食べようか?」(笑)
じゃがポックルをつまみながら、思案中♪

外出自粛生活中にのんびり設計&製作を楽しんできた、
400X こまち号のセンタースタンドストッパー。 ついに最終章。

1. 未使用品マフラーゲット! ストッパー作らなきゃ。


2. まずは、現物合わせで図面を引いて。


3. 材料調達自粛で、型紙を作ってチェック。


4. そして、構想2日、材料調達1か月、製作2時間(笑)で、
20060502
 やっと完成!

アルミとジュラコンの10mm厚の板材をゲット。
上手くタップを切れるか不安もあって、アルミ材を選んで製作。

切って、穴を開けて、削って。 作りながら形状を変えてみたり。
手持ち工具の都合で、大きい方の穴径は設計よりも大きく。
重量は、ゴム足と取付けボルト類込みで106gになった。

それじゃ、車体に取り付けてチェックしてみよう。

20060701
 いいんじゃない?

大きくなった穴径は、その分中心をずらしてピタリ接触。
溶接ビードに合わせて削った部分も、うまく逃げてくれた。
スタンド本体への取付けについては、まったく問題なし!

純正ストッパーのゴムパッドを外して、ストップ位置を確認。
ちょうどパッドの厚みの範囲内でストップする。 完璧っ♪
回転軸の中心寄りで当たるので、かなりソフトな感触に。
ゴムの耐候性が気になるけど、劣化したら交換すれば良い。
20060702
 ストップ位置も完璧っ♪

製作過程で、工具の都合や思い付きで形状が変わったし、
実際の形状&寸法を、ちゃんと図面に残しておこう。
ここまでが、のんびりお家遊びの一環ということで。(笑)
20060501
 最終バージョン

オプションのセンタースタンドを装着した400Xで
社外マフラーに交換する際に必要となる、ストッパーの製作。
自分で自分を焦らしてきたけど(苦笑)、ついに完了!

神奈川でも「”STAY HOME”から”STAY LOCAL”へ」なんて。

ストッパー製作は面白かったけど、あくまで「準備」。(笑)
来週末あたり、いよいよマフラーも交換できるかな。
”LOCAL”な宮ヶ瀬あたりでも、テストランに行けたらなぁ。
作業もテストランも、お天気次第になってしまうけど・・・。

↑このページのトップヘ