なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 日々のできごと

今どきの車載工具、クルマにしてもバイクにしてもコスト優先で、
「いざという時に、本当にトルクを掛けて大丈夫なのか?」
という品質に見えるような代物しか入っていない。

まあ今のご時世、基本的に「故障」時はロードサービスだろう。
しかし、簡単に助けに来てもらえる場所ばかりではないし、
バイクは特に、振動でネジ類が・・・とか、立ちゴケで・・・とか。
そして、先日のSSTRでミラーとハンドガードのステーが。(苦笑)

ミラーなら、車載の「スパナのような何か」(笑)で充分締まったけど、
遠出する時くらいは、少しマシなものを持つようにしようかと。
ちょうど、定期購読している雑誌の付録に、いいものが付いてきた♪
バイク用アパレルの「IRON HEART」とコラボしたツールケース。
1806102
 ヘビーなデニム製で、見た目もGood!

携帯性にこだわって、あえてできるだけ小さく作ったとのことで、
広げた状態でA4サイズよりも少し小さいくらいの大きさ。
「たくさん収納すると便利だけど、重くて結局携帯しなくなる」
そうそう、激しく同意! とりあえずの応急処置ができれば充分。

長年愛用していて、いつも単体で持ち歩いていたレザーマンを中心に、
短めで軽量な薄口スパナを2本、新たに購入して追加。
ドライバーとヘキサは、家に常備していたビット交換式を配属先変更。
最近はタイラップを持っておくのがトレンドらしいので、真似っこ。

これで手に負えないような部位に、道端で手を出すことはない!(笑)
1806101
 レザーマンツールは、20年来の相棒♪

体積は500mlペットボトルの半分程度で、重さは450gほどに収まった。
うん、これなら、お出かけ時にバッグやリアケースに放り込んでおける。
お世話にならないに越したことはないけど、ちょっと安心感アップかな♪

日曜の午後、雨音を聴きながら夏のツーリングに思いを馳せつつ・・・。

今月の結婚記念日&nyamoの誕生日を兼ねて、ランチドライブへ。

昨年、PCX150を購入した時に頂いた特典の有効活用だけど・・・。
ちなみの「バイクのお宿」の宿泊券も、近日活用予定。
バイクを買い替えた年は、タイ料理と伊豆または穂高への旅が。(笑)

で、所沢のタイ料理レストランまで、圏央道でバビューン♪
1806091
前回、ランチセットを2つと美味しそうな単品をいくつか頼んだら、
家族4人でがんばっても食べきれなくて残してしまった。
その反省から、今日はセットを1つ、フェアメニューから何点か追加しよう。

でも、nyaponもnyamoもエスニック好き。みんな美味しそうで・・・♪
1806092
 カオパットガイ(鶏肉チャーハン)

1806093 1806094
 ゲーン マッサマン ムー(マッサマンカレー)
 プーニム トート ガディアム(ソフトシェルクラブのニンニク揚げ)


1806095 1806096
 トートマンプラー(魚のすり身揚げ)
 ガイサテ(鶏肉の串焼き)


どれもnyamotaでも食べられる辛さ、それでいてどれもうまうま♪
バンコク出張の時に、現地メンバーに連れて行ってもらったお店で食べた
グリーンカレーは、大人でも火を噴きそうな辛さだったけど・・・。(笑)

特に、「世界で一番おいしい料理に選ばれた」とメニューにあった
マッサマンカレーは本当に美味で、「もう1つ頼んでも良かった?」と。
とは言え十分満足できて、今回はちゃんと残さずに完食できた。(苦笑)
1806097
往きは下みちで回避した八王子JCTの渋滞も、解消した模様。
満腹満足で、若干眠気を感じつつも安全運転で圏央道を快走。

一緒に相模原ICを降りる、宮ヶ瀬方面へ向かうらしきバイクの姿も。
路側の温度表示は30℃で暑そうだけど、明日の午後からは雨予報。
「乗るなら今日」でいつもの駐車場も混んでいるのだろうなぁ・・・。

この6月で、結婚20周年。「磁器婚式」と呼ぶらしい。
切りが良いので、何かしら呼び名があるのだろうとは思ったけど、
20年目までは毎年名前が付いていたの、初めて知った。(苦笑)

記念に、ペアカップでも買ってみようかなぁ♪

本当は、東の益子や西の信楽などの素朴な「陶器」が好きなのだけど、
「陶器婚式」は結婚9年目に終わっていたらしい・・・。
ちなみに陶器と磁器の違いも、今回初めてお勉強した。(笑)

SSTRで訪れた石川では九谷焼も見てみたものの、購入には至らず。

nyamoには内緒で選んだのは、「生涯を添い遂げるマグ」という品。
名前も結婚記念日にぴったりだけど、そのネーミングは、
例え使用中に破損しても、生涯補償がついているというところから。

「職人のハンドメイドの良さが、暮らしを豊かにすることに繋がれば」
そんな、メーカーさんの製品に対する思想にも惚れた!
1806061
 ホワイトマットの美濃焼と、ブラックマットの有田焼のペア

それぞれ、指定窯元の職人さんの手づくり。
デザインは、鉄道車両でも有名な「GKインダストリアルデザイン」。
側面の角度と底面内側の丸みは、エスプレッソのきれいな泡をつくるため。

そういう、ただの伝統工芸品じゃないところが好き♪

在庫は無く「入荷次第発送」だったけど、ちょうど記念日当日に届いた。
どうやら、nyamoにも喜んでもらえた模様。
やはり、「一生モノ」のペアカップで飲むコーヒーは美味♪

朝から晴天の本日、nyapota & nyamota の小学校の運動会。
5つ違いの兄弟。最初で最後の、同じ学校での運動会となる。

開会式では、1年生代表の「開会のことば」にnyamota登場。
兄弟そろって人前に出るのが苦手なのだけど、よくがんばった。
保育園の時の先生も見学に来られていて、「がんばってましたね」と。
1806021
nyamota氏、リレー選手には選ばれなかったものの、徒競走では1位!
nyapota氏も惜しくも2位ながら、後半の追い上げで「逆転か!?」と。

小さな小学校なので、競技は基本的に低中高の2学年ずつ。
低学年と高学年の競技を見て回っていると、座っている暇はない。(苦笑)
1806022
最後の運動会となるnyapota氏、「全校表現」でもいい動きをしていた。

「採点係」を担当していて、閉会式では結果発表の大役を。
兄は白組で弟は紅組だったけど、最後の兄に花を持たせる結果に。
1806023
 白組優勝!

毎年、中学生の兄さん姉さんがボランティアで進行の手伝いをしてくれる。
nyapotaも、「また来年も来ようかなぁ」と。

おう、弟もがんばるので、来年も見に来てやってくれよ♪

「ゴールでお出迎え作戦」を決行した、サプライズ隊。
nyaponが大量に複製して余っていたゼッケンステッカーを貼った
「#1434サポートカー」で、昨年のnyaponのルートを先行してきたのだと。

パリダカのように、道中ではサポートしてもらってないけどね。(笑)
180526s1
 サポートカー&応援旗

リアと両サイドにゼッケンの付いた、こんな怪しいクルマが走っているので、
当然参加者の皆さんは追い越す時に気付く。(笑)
nyamoやチビ達が手を振ると、振り返してくれる方も多かったのだと。
180526s2
 「がんばってねー♪」

休憩多めながらも、14:00過ぎには一足先に千里浜にゴール。
まあnyamo氏、昔からキャンカーで日本中をクルマ旅していて、
土地勘・距離感は人並み以上なので、疲れなければどこでも行ける。

しばらくチビ達を遊ばせたり、近くに新しくできた道の駅に行ってみたり。
180526s3
 「ちゃんと来れたもんね」 nyamo

事前にざっくり行程表は見せていたので、16:00前からスタンバイ。
スマホアプリで、nyaponの位置は常に捕捉されていたのだろうけど。

ゴール間近でハイテンションなチビ達が旗を振っていると、
参加者の皆さんも結構みんな返礼してくれて、なかなか楽しかったと。
180526s4
 スタンディングガッツポーズ!

自撮りを楽しんだり、砂浜に入ってからが長い父ちゃん。(苦笑)
待ちくたびれかけたころ、やっとゲート前に登場!
180526s5
 事態を呑み込めず、動揺している人(笑)

180526s6
 チビ達、父ちゃんと一緒にゴールゲートへ

夜は、家族4人で一緒の宿で打ち上げ。
nyaponもnyamoも早朝からの長距離運転で、早々におやすみなさい。

週明けに休暇を取っていて、リエゾンツーを続けるnyaponと違い、
サプライズ隊の皆さんは、月曜日から会社と学校がある。
翌朝、ライダーズミートで千里浜に戻るnyaponとは、宿の駐車場で解散。
せっかくだから、富山にあるドラえもんがテーマの公園に立ち寄るのだと。

日曜夜の中央道上り、15kmの渋滞で大月からR20甲州街道経由で。
21:00ごろ、無事に帰宅とのこと。
サプライズのおかげで今年も楽しかったよ♪ お疲れさまでした!

今年も、恒例のらっきょう漬けのシーズン。

最近は、たまねぎ漬け作りを通年で楽しんでいるけど、5月はこれ。
例年買い求めているのは、鳥取砂丘産か徳島鳴門産。
1805231
 昨年に続いて鳴門産を

1805232
 黒酢入りのらっきょう酢で♪

たまねぎ漬けは、毎回漬け汁のレシピを研究しながら楽しんでいるけど、
らっきょうは市販の調合済みのお酢でお手軽に。

6月中旬くらいから食べごろかな? 楽しみ楽しみ♪

最近多い、明らかに「大きいお友達」がターゲットのガチャガチャ。
nyaponも見事に釣られて、バイクのスーパーカブなどを嬉々として。
但し、ポリシーとして「大人買いしないで一発勝負!」(笑)

そして今度は、SNSの日記で拝見して気になっていた、カメラのミニチュア。
日本立体カメラ名鑑 Canon ミニチュアコレクション
レンジファインダーの名機IVSb、一眼レフの名機F-1とサンニッパなど。

たまたま立寄ったショッピングモールの片隅で見かけて、
ブラインドパッケージ運の良いnyamotaも一緒だったので、回してもらう。
・・・ちゃんと、欲しかったのを出してくれるんだよなぁ♪
1805052
 Canon F-1 & FD35-70mm F2.8-3.5

nyaponは、世代的には New F-1 の方なのだけど、やはり憧れた名機。
「重戦車」とあだ名され、Nikon F3 と共に、プロユース機の双璧だった。
立派で分厚いカタログですら、宝物だったなぁ・・・。

それにしても、レンズは着脱できるし、巻き上げレバーは可動するし、
シャッター速度ダイヤルは回るし、シャッターボタンもストロークするぞ。
恐るべし、最近のガチャガチャ!まあ、300円もするのだけど。(苦笑)

本日、個人的にはGWの連休最終日。
朝からの雨予報だったのに、パラパラっと来たのは午後になってから。
なんだ、キャンセルしたバイクの12か月点検にも行けたじゃん!(苦笑)
今さら仕方ないので、おとなしくPC作業など。

まずは、連休前半に出かけた裏磐梯ツーの動画編集。
いつもながら、撮影した全てを取っておくと容量も馬鹿にならないので、
磐梯吾妻スカイライン 高湯温泉ー浄土平間を編集して残しておこうと。


 磐梯吾妻スカイライン リベンジツーリング

そして、開催日まで3週間を切ってしまった、SSTR2018の準備も。
昨年に続いて、ゼッケンをスキャンして個体識別バッジを作ろう。
せっかくステッカー用紙を買ってきたのでと、ゼッケンも大量生産。

原本を使う必要がないほど、できてしまったぞ。(苦笑)
また今年も、nyamotaの自転車にも貼ってやろうかな。
1805071
 帽子にでも付けようか

「小物作りはいいから、早くコースを決めろよ!」
「今年は、出発地の下見はしなくて良いのか?」

何だか天の声が聞こえるけど、聞こえないふり・・・。(苦笑)

ダムカードなどに続いて、2年前から配布の始まったマンホールカード。
「また二番煎じを」なんて思っていたけど、意外な盛り上がりで。(笑)
いつの間にか、ダムと合わせてツーリングネタとしてもポピュラーに。

確かに、旅の途中でカラフルなマンホールを見かけることが多くなり、
カード自体も、正直地味なダムカード(笑)より見栄えもするしなぁ。

ただ、ツーリングに適したところが多いダム(の管理所)と違って、
配布場所が水道局とか、市役所の水道課窓口なども多く、
走って気持ち良かったり、あまり訪れて楽しい場所でもない。(苦笑)
また場所柄、平日のみの配布だったり、なかなか食指が動かなかった。

そして今月初め、タウン誌に「神奈川で4自治体が新たに配布開始」と。
しかも、その中には、我が愛川町も含まれていた。
「それは地元町民として、まずは頂いて宣伝しておかなくては♪」
ダムカードコレクターのnyamo氏も、当然のように行くと・・・。
1805051
 現場確認OK!

28日配布開始ながら、裏磐梯ツー&岐阜クルマ旅で行けず。
バイク系SNSの日記では、ダムカード・マンホールカードの重鎮が、
早くも来町されて既にお持ち帰りだった・・・。(笑)

町役場で休日も頂けるというので、今日、お買い物のついでに。
時々利用するスーパーマーケット前の歩道で、彩色版の実物も確認!
無彩色版は、色々な場所で見かけるけど。

中津川の清流と鮎、春のあいかわ公園のツツジ、秋に山を染めるカエデ。
まあ、愛川町をイメージするなら、悪くないデザインかな♪

ツーリングライダーとしては宮ヶ瀬ダムもアピールして欲しいところだけど、
確かにダム本体は町域内ながら、湖はほとんど町外だしなぁ。
そもそも、下水道施設にダムの絵柄は合わないのかな・・・。(苦笑)
1805053
 ぜひ、「カード集め+ツーリング」へお越しくださいませ♪

庭の花壇にて、今年もシャガ祭りを開催♪
1804081
 庭で一番好きな花

この季節、家の周りの土手でもシャガやシランがたくさん咲くのだけど、
何年か前に数株ずつ持ち帰って花壇に植えてみたら、たくさん増えた。

年々、植えた場所から勢力を拡大中!
1804082
 シランは、あと少し

ハナニラは、元は買ってきて植えたものだけど、
最近は花壇だけでは飽き足らず、庭中で咲くようになった。(苦笑)

何はともあれ、我が家の庭が一番華やかな季節♪
1804083
 ハナニラは、庭全域に(笑)

↑このページのトップヘ