なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

カテゴリ: 日々のできごと

「こんな日にビーナスラインでも駆け上がったら、気持ちいいだろうな」
などと、バイク乗りの同僚と恨めしく空を見上げたPremium Friday。
明けてこの週末は、台風の接近によりずっと雨の予報・・・。(苦笑)

nyamoは、PCX150の12か月点検を予約していたけど延期。
「クルマで自賠責と盗難保険の更新だけしてくる」というのでお付き合い。
nyamotaも「ジョンに会いに行く!」と。
1809292
 「やぁジョン、来たよ!」

nyaponは、在庫車を見物したり店員さんとバイク談義をしたり。
以前紹介した後輩が大型免許を取って、最近新車に乗り換えたので、
「nyaponさんも、そろそろ大型どうですか♪」とか言われながら。

気になったのは、最近時々見かける中国ヤマハのXTZ125。
重量が約120kgという、軽量ながらフルサイズのOFF車。
中国ホンダのCB125に乗っていた経験から、遠出は大変だろうけど、
近所の林道なんかにトコトコ入っていったら、楽しいだろうなぁ♪
1809291
 あ、1/1モデルがいる(笑)

駐車場に戻ると、展示車なのか先日増車したトミカの1/1モデルがいた。
SSって、リッタークラスでもコンパクトなんだなぁ・・・。
軽いので意外に我々のようなリターンオヤジが選ぶ、という話も分かる。
レプリカブーム真っただ中世代には、響く人も多そうなデザインだし。

帰りの車の助手席で空を見上げつつ、「雨止まないかなぁ・・・」。
いやいや、台風接近はこれから。どうか、各地で被害が出ませんように。

先週のキャンプの前に立ち寄ったショッピングモール。
nyamotaは、おこづかいの入った財布を持っておもちゃ売り場へ。
何やら、超特価ワゴンセールの旧モデルのおもちゃを見つけてご機嫌。

「じゃぁ、父ちゃんは・・・♪」
1809241
 原付とリッターSSを増車(笑)

トミカは、小さい子供のために、ミラーなどの鋭利なパーツは省略。
なので、スーパーカブなどディティールはガチャガチャの方が細かいけど、
やはり、金属製車体の塗装の質感や、ずっしり重量感がGood♪

CBRの方はさらに重量級で、ライダーやスタンド付属なのも驚いた。
そして、20か所もある、超細かいステッカー・・・。
直径3mmのウイングマークとか、老眼の始まった目には辛い。
そもそも、これ貼るの、小さい子供には絶対無理だろ。(苦笑)
1809242
 No.87 Honda Super Cub (1/33)

1809243
 No.36 Honda CBR1000RR (1/32)

これで、nyamotaの持っているVFR800の白バイと合わせて、
現行トミカのバイクをコンプリートだと思ったら、あげちゃったのだと。

父ちゃん用に買い直そうかなぁ。


============================
9/30 追記(笑)
1809305
 No.4 Honda VFR POLICE BIKE (1/32)

今年も、家の周りで彼岸花がきれいに咲いた。
ここ何年か、毎年nyamotaと散歩しながら写真を撮っている。

でも、本当に鮮やかなのは2,3日の間だけ。
先週半ばあたりから良い感じになっていたのだけど、週末はキャンプ。
帰ってきた月曜日に散歩してみたけど、やはりちょっと遅かった。
1809261
 「まだきれいなお花もあるよ!」

1809262
 キバナコスモスは見ごろ

まだ鮮やかな色の花も残っているけど、萎れ始めた方が多かった。
それでも、道端のコスモスが満開で目を楽しませてくれた。

「来年は、一番きれいな時に、朝、学校に行く前に来よう!」

4年ぶりとなった夏休みの北海道旅では、やはり音威子府を訪れた。
「北海道150年」の今年、その命名の地として有名になっているけど、
我が家にとっては「美味しい黒いお蕎麦」の地♪(笑)

国鉄時代、音威子府駅ホームの駅そばは美味しいと全国的に有名で、
汽車旅派だったnyaponも、今は無き天北線への乗り換え待ちで食べた。
夜行列車の座席と駅のベンチで夜を明かしながら日本中を周った、
あの頃がフラッシュバックする、思い出の味である。

クルマ旅を楽しむようになって、今でも駅で食べられると知り、
北海道旅の際にnyamoを連れて行ったところ、やはりすっかりファンに。
JR音威子府駅は、道北方面を訪れた際の必須立寄りスポットになった。
1806164
 現在は駅舎内で営業中

今年も駅で食べようとウキウキして立寄ったら、臨時休業!
まあ驚かない。実は、今までも勝率5割程度だったりする。(苦笑)
お盆真っただ中の訪問が多いし、ご主人も結構ご高齢だし・・・。

近くの温泉で食べられることが分かり、無事に食べられたのだけど、
お土産用の乾麺も販売されていて、nyamoが大人買いしてきた。(笑)
そしてこの週末、「お昼は、黒いお蕎麦にしよう♪」と。
1809021
 駅そばイメージでシンプルに♪

nyaponもnyamoも、この蕎麦は温かい方が美味との意見で一致。
なので、駅そばイメージでシンプルな「月見そば」に。

「挽きぐるみ」で香りの強い真っ黒いお蕎麦、やはり絶品♪
ただ以前、ご主人に「本当は玉子じゃなくて天ぷらが基本」と聞いた。
確か、それに合わせて出汁の濃さを微妙に合わせてあるのだとか・・・。
1809022
 まだあるもんね♪

以前、やはりお土産に麺だけを買って帰ったことがあったけど、
家の出汁で作って食べてみると、「確かに美味しいけど何か違う」と。
それが今回の出汁セット、駅で食べる味がほぼ再現できて感動した!

生麺もお取り寄せができるようだけど、まだ在庫もあるもんね♪

ツーリング雑誌「アウトライダー」が、また休刊するのだと。
美しい写真と読ませる紀行文による、独特の世界観。
決して嫌いじゃないし、むしろ好きな方で若い頃は憧れていた。

バイク乗りにリターンしてからは、再び読むようになっていたのだけど、
休刊・復刊を繰り返して、出版社が変わってきた歴史も関係するのか、
最近は、「何だかチグハグな誌面なんだよなぁ・・・」と。

あの世界観に徹しきれず、中途半端にユルいページがあったり、
プロの物書きの文章に浸りたいのに、読者からのネタとかツーレポとか。
お出かけネタ本の役割など、アウトライダーには求めていないのだけど。

で、昨年、文庫本の付録が終了したタイミングで定期購読もやめていた。
1809011
 「旅するように、生きる」

それでも、昔から好きだった寺崎勉さんの著作集が付録とのことで、
久しぶりに定期発行最終号を買ってみた。

感想はやはり、「巻頭記事の世界観が貫かれていたらなぁ。」
ネタ本じゃなく、見せる、読ませる雑誌に徹して欲しかった。
商業的には、それだけではやっていけなのかもしれないけど。

紙面の「定期発行休止のお知らせ」では、
「WebやSNSなど、多方面からのアプローチに転換していきたい」
とのことだけど、編集部のfacebookにひとこと書かれているだけで、
発行所たるバイクブロスの公式ページは、挨拶無しで放置のまま。

何だか、今後に期待しづらい幕切れなのが残念・・・。

台風13号:サンサン(SHANSHAN)が接近中。
現時点の予報では、関東地方直撃もありそうなコースで。
しかも、北海道行きのフェリーに乗ろうという、まさにその日に。(苦笑)
1808051
 うおっ! (日本気象協会 8/5 15:45 発表)

既に、予約便直前の苫小牧発2便に欠航のお知らせが・・・。
船が帰ってこないことには、大洗から乗れるはずがない。
「今後の台風の動静によって運航スケジュールが変更となる場合も」
とのことなので、まだ望みが無いわけではないけど。

まあ、欠航したら運賃は払い戻されるし、
我が家の場合、宿の予約は一切ないので影響は最小限ではある。

「青森まで自走して何とか」、なんて気も全く無いし、
ギリギリ出航できても、揺れまくる船で18時間というのも辛い。
仕方ないので別の旅プランでも検討しようかな、なんて思っていたら、
nyamo氏は、乗り慣れた日本海側の新潟発の便を仮押さえしたとか。

どうやら、まだ諦めていないらしいな・・・。(苦笑)

「父たーん、バイクが壊れたから直してー。」とnyamota。
廊下に出てみると、何だかWGPの熱戦が繰り広げられていた。
決してMotoGPの間違いではなくて、2stのGP500クラス。(笑)

ホンダはNSRになる前のNS500か。ヤマハは70年代のYZR?
小1男子が、ずいぶん懐かしいカラーリングのバイクで遊んでるな。
フライホイール動力で走るおもちゃ。缶コーヒーか何かのオマケかな。
1807144
 渋いな!

nyamotaのお気に入りらしい。それ、昔のレースに出ていたマシンな。
父ちゃんがバイクに乗り始めた頃のレースに出てたのは・・・
1804294
 これとか

1807147
 これな♪

父ちゃんはな、この青いのと同じ柄のバイクに乗っていたんだぞ。

2018 WGP 第1戦「廊下」
トップでチェッカーを受けたNS500が、勢い余って玄関にダイブした模様。
はめ込み式のカウルの接合が外れて、真っ二つに。

「おーい、接着剤でくっ付けといてやったぞー。」(笑)

チビ達は、この週末から夏休みがスタート。
保育園通いだったので、今年初めての長い夏休みとなるnyamota氏。
「44にちも、おやすみがあるんだよー♪」と、嬉しそう。

今どきの小学生は宿題が少なく、昔の感覚だと「こんなの2,3日分じゃね?」。
とはいえ、nyamotaは学校から持って帰ったアサガオのお世話なども。
涼しいうちに水をあげて、観察日記をつけて・・・。
1807221
 「今日は1つ咲いたよ♪」

弟も小学校に上がり、兄弟2人だけで町のプールに遊びに行けるように。
最近は、親同伴じゃなきゃ認めない、うるさい自治体も多いようだけど、
自分も昔、入場料とおやつ代をもらって市営プールに通ってたなぁ。

水遊び、ちょっと羨ましいな。 ・・・じゃ、父ちゃんも庭で。
チビ達の夏休み期間中、何度かのお出かけ予定も控えているので、
久しぶりにキャンカーの洗車でも。(苦笑)
1807223
 頭から浴びてやる!

全高3mのキャンカー。洗車も気軽には始められない。

まずは、脚立セットのため、生垣から少し離して停車位置をずらして、と。
毎日乗るクルマではないので、水垢バーコード落としが大変なのだけど、
脚立から落ちたりしたら洒落にならないので安全第一で!

こまめに水分を補給したり、時々部屋に入ってクールダウンしたり、
頭から水を浴びてみたり(笑)しながら、無事に終了♪

少し前に「話のネタに」と買った、超超超大盛焼きそば
家族みんな揃っていて、簡単にお昼を済ませたい時にでも・・・と。

で、ついに先週末、チビ達が楽しみにしていた開封の儀を。
・・・当然ながら、ソースとかやくの袋もデカいな。(笑)
1807145
 この画像は、ちょっと遠近法マジック入ってるけど(苦笑)

台所から、「混ぜるの大変なんですけどぉー!」とnyamoの声が。
運ばれてきた焼きそばは、普通に「パーティーサイズ」で。(笑)
4人で取り分けて十分な量だった。チビ2人もご満足いただけた模様。
さすが小6になったnyapota。一人で半分くらい食べてくれた。

何だか楽しいな、これ♪ nyamoも、
「お湯だけで一度に全員分できるし、クルマ旅の時のおやつにいいかも」
1807146
 お取り分け中

よく考えると、そもそも「ペヤング」を食べるの初めてだな。

関西出身で、子供の頃からインスタント焼きそばといえば日清のUFO。
でも、このちょっと甘い味付け、結構好きかも♪

ここ数年、家の周りの藪で竹の成長の勢いがすごい。
台風や大雪の後など、道路に覆い被さってクルマの通行に支障が出たり。

ご近所さんも、気付いたものは時々切り倒してくれたりしているのだけど、
nyaponも、春先から気になっていたものが何本か。
特に、交差点のミラーが見づらくなっているのは、安全上もよろしくない。
1807141
 これはダメなやつ

1807142
 これも、葉が茂るとこちらに来るな

「nyapotaー、邪魔な竹を切るぞー。」 アルバイトを1名確保。(笑)
助手として雇ったつもりが、バリバリ切り倒してくれて頼もしい。
午前中の早い時間ながら、日向で少し動いただけで汗が流れる。

本当は、冬のうちに地面から1mくらいで切るのがセオリーなのだけど、
時期的に微妙だし、普通に根元から切ってしまおう。
水が溜まってボウフラがわかないように、節の上で切るんだぞ。
1807143
 水が溜まらないように節の上でいこうか

お疲れさん。家の前もカーブミラーもすっきりしたよ♪

何やら、切り倒した竹の枝を丹念に払っているnyapota氏。
庭にズルズルと運んで行って「1本取っておく」のだと。何に使うんだ?
まあいいけど、ママに見つかるなよ。(笑)

↑このページのトップヘ