新 青ぎつね号の電装品取付け作業。
まずは、ETC車載器。 電源とアンテナだけなのでサクッと。

・・・と思っていたら、意外に苦戦。

Aピラーの内張に、1か所だけ完全に取れないクリップが。
「カーテンエアバッグ展開時に飛ばないようにかぁ!」
気付いたのが後だったので、切断してしまわなくて良かった。
見えない部分の構造も、日々進化しているのだと反省。

オーディオは、前車と同じくBluetooth接続機能付きを。
nyaponでも、今では音楽はスマホかUSBメモリの中。
滅多に無いけど、電話着信時はハンズフリーが必須だし、
発信者名が日本語で表示されるのは、やはり見易い。

前車ではテキスト表示だけの機種だったけど、
最近は液晶画面を備えた「ディスプレイオーディオ」も多く、
Apple CarPlay や Android Auto に対応したものも。

外車では珍しくなくなったけど、社外品もあるのね。
スマホナビを使う時もホルダー不要だし、これにしよう♪
20030102
 iPhone内の対応アプリと連携

電話のハンズフリー通話はもちろん、使わないだろうけど、
メッセージ着信時には読み上げや音声での返信なども。

そして、Appleのマップアプリ以外にも、Google Mapや、
バイクでいつも使っているYahoo!カーナビも対応していた。
使い慣れたアプリに対応しているのは、ありがたい♪

 
新 青ぎつね号は、基本的に通勤専用車。
年に数回しか使わないナビは、スマホでいいやと思っていた。
でもこれなら、妥協ではなくて普通に充分だなと。

※個人の感想です。(笑)

全ての機能を車両の画面上で操作できる訳ではないけど、
細かい作業は、むしろ手元のスマホの方が早くて快適。
休憩中にスマホで検索、それをクルマで表示して出発とか、
普及価格帯のナビよりも使い勝手が良いくらい♪
20030101
 「Yahoo!カーナビ」も対応♪

手慣れたつもりのオーディオの取付けでも、予想外の苦戦。

ステアリングスイッチが使いたくて、メーカーオプションの
「ナビ取付パッケージ」を選択していたのに、一部動作せず。
回路図を調べ、接続キットに配線を追加して無事に動作。
パッケージのおかげで6スピーカーになって、音質もGood!

バックカメラ入力も活用し、アラウンドビューの映像を接続。
後退時にはオーディオのディスプレイにも表示され、
ミラー内蔵のモニターよりも大きく見えるようになった。

センタークラスターは、純正の巨大な9インチナビ対応なので、
6.8インチモニターで2DINサイズのオーディオでは、
縁が広く間延びして見えるのはご愛敬ということで。(苦笑)