長野側、峠からの下りは舗装路面。
アスファルトが割れてようが砂が浮いていようが、安心感段違い。
やはり、上りがダートとなる埼玉からのアプローチで良かったぁ。
190907b1
 「舗装路面って素敵♪」(笑)

長野県の川上村といえば、レタスの名産地。
峠道のクネクネを下りきると、一面のレタス畑が広がっていた。
バイクを停めて見物。 初めて、レタスを見て「美しい」と。

出荷場からは、「朝穫れレタス」と書かれた大型トラックが。
R141から中央道ルートで、ここから東京まで3時間くらいか。
190907b2
 高原野菜の畑が広がる

そして川上村に来たなら、ゆずさんの親戚にも会っていきたい。
信州柴犬の一種で、オオカミの血が流れているという川上犬。
長野県指定の天然記念物にもなっている。

村役場隣接の交流館に展示犬舎があるというので、立ち寄り。
気難しいのかと思いきや、めっちゃ人懐っこい♪
駆け寄ってきてフェンスに手を掛けて「遊んで!遊んで!」と。
190907b3
 「暑いです・・・」

冷涼な気候といわれる川上村ながら、今日は気温高め。
それでも26℃ほどなのだけど、ワンコたちは暑そうだった。

川上村のマスコットキャラクターは、もちろんレタス&川上犬。
8歳の男の子ながら、年齢を訊くと「ヤサイ」と答えるのだとか。
中身は小さいおっさんなのかもしれない・・・。(苦笑)
190907b4
 名前は「レタ助」(笑)

当初の予定では、もう少し走ってランチのつもりだったけど、
ちょうどお昼なので、館内にある地場食材のレストランで。
気温高めで、エアコンでクールダウンもしたかったし。

昼夜の気温差と冷涼な気候による「霧下そば」が名産とか。
それではと、「きのこそば(冷たいの)」を注文。
190907b5
 コシが強くて、うまうま♪

帰りは、もうひとつ気になっていた峠で山梨に抜けようと思う。
長野K106と山梨K610を結ぶ、「信州峠」。
信州長野へアプローチする峠道は、主要な街道にもたくさん。
「なぜこの峠が、そんなに壮大な名前なのだろう?」と。

到着してみると、やはり何の変哲もない小さな峠。
長野側がレタス畑の中の直線で、北海道っぽいというくらい。
地理的にも、特に重要な場所とは思えないのだけど・・・。
結論。「なぜだか、よく分からない。」(苦笑)
190907b6
 信州峠

その後は、以前に来た塩川ダム脇を抜けて北杜市 明野へ。
このあたりはよく来るけど、名物のひまわりは見たことがないな。
釜無川への斜面を見下ろし、遠く南アルプスを望む風景が好き。
190907b7
 明野からの眺望

韮崎ICから中央道へ。
ずっと快晴で、甲府盆地では明らかに気温が高くなった。
後方から日が射し、ブラックデニムのふくらはぎが「熱い!」

笹子峠を越えて、談合坂SAで最後の休憩。
明日から荒天になりそうだからか、バイクも多い。
神奈川に入ると雲が多くなり、時々ヒンヤリした風も。

15時過ぎには無事帰宅。
走行距離は約290kmながら、疲労度はなかなかのもの。
もちろん、ダート走行で体がガチガチだったから。(苦笑)
バイクもドロドロ。 洗車は・・・、来週ね。
190907b8
 なんちゃってオフローダー!