宿にチェックインして、荷をほどく。
ジャケットを脱いでプロテクターを外して、やっと落ち着いた・・・。
さて、ぶらぶらと街歩きをしつつ、ゴールイベント会場に行こう。

和倉温泉には、440円で入れる共同浴場「総湯」がある。
今日の宿も源泉かけ流しのお風呂だけど、ここもいいなぁ。
「涌浦の湯壺」には、和倉温泉の伝説にあるシラサギの像が。
自分で温泉卵を作れるようになっていた。
19052516
 共同浴場「総湯」

19052515
 「涌浦の湯壺」

会場に着くと、隣接の岸壁にクルーズ船がちょうど帰港。
この七尾湾クルーズもゴールイベントのひとつだった。
ちょっと魅力的な企画ではあるなと思っていたけど、
15:00受付、17:00出航というスケジュールでは無理・・・。
19052517
 クルーズ船も到着

19052518
 ステージイベント開始

和倉組のゴールを祝して、日本酒で乾杯!
地元の方のご挨拶があり、伝統芸能の演舞などは面白かった。
ガッカリだったのが、日没の瞬間がうやむやに過ぎていったこと。

「サンライズ&サンセット」の趣旨、忘れてやいませんか・・・?
千里浜では、例年どおり日没時のカウントダウンもあった模様。
ミュージシャンのミニライブを見に、能登まで来た訳じゃないよ。
スタッフの皆さんは、暑い中を頑張ってらっしゃるんだけどなぁ。
19052514
 「太陽と追いかけっこ」は、nyaponの勝ち

何だかモヤモヤしつつ、宿に戻る。 夕食後の2次会は、もういいや。
それでも、加温加水無しの塩辛い和倉の湯は最高で、気分良く。

翌日、気を取り直して千里浜会場のイベントにも行ってみよう。
以前、SNSでお世話になっていた皆さんや後輩にも会えるかな。

和倉の街中には歓迎フラッグが。 ちょっと嬉しい♪
どの旅館やホテルの前にも、ゼッケン付きのバイクがずらり。
「1泊5万円から」という、加賀屋の前にもずらりで驚いた。(笑)
19052519
 わくたまくんフラッグ

R249BPから能越道、里山海道に乗り継いで、一気に千里浜まで。
今朝の千里浜も快晴! 今日も暑くなりそうだ・・・。
夕日とは違う順光で、こまち号の「カタログ写真」でも撮っておこう♪
19052520
 順光、望遠で「カタログ写真」♪

ゴールゲート手前にバイクを並べて、まずはレストハウスへ。
昨年食べてファンになった「いかだんご」を♪
19052521
 うまうま♪

以前、バイク系SNSでお世話になっていた皆さんとも再会♪
この人数、事前に目印を教えて頂いてなければ無理だった・・・。

今年は最初に集合写真。 但し、幟の後ろで写っていない。(笑)
皆さんとお別れしてから、後輩を探してみるも発見できず。
そもそも、今日のイベントに立ち寄っているのかも知らないけど。
19052522
 パリダカマシンの展示も

ステージイベントは続いているけど、そろそろ出発しようか。

その前に、皆さんのバイクを見物しようと歩き始めてみたけど、
列は伸びていて、とても端までたどり着けそうになくて断念。
19052523
 どこまで続いてるんだ・・・

ここ最近、規模が大きくなり過ぎていると感じていたSSTR。
「ゴール後、みんなで沈む夕日を眺めながら健闘を称えあう」
昨夜のイベントといい、本来の趣旨が維持できなくなりかけてる?

正直、ゲストのトークショーとかライブとか、個人的には不要。
その手のバイクのお祭りなら、他にもたくさんある。

エントリー開始日の大騒ぎと、面倒な宿泊場所の争奪戦。
道中の施設がバイクであふれ返っているのも、気が引け始めた。
石川県内の観光関係の方は間違いなく大歓迎だろうけど、
ルート上の他県の施設や、石川でも施設の近隣住民の方は?

エントリー代を宿泊費に回せば、どこかへもう1回行ける。
場所も時期も自由に、お泊りツーリングで地域貢献が可能。
「SSTRは、今年でひと区切りかな」と思いつつ、千里浜を後に。

とはいえ、家に帰り着くまでが遠足。 安全運転でリエゾンツーへ!