この記事、最初は「22台目はG1X2」というタイトルでしたが、
変更致しました。 通算23台だったことが判明しまして・・・。(苦笑)
秘蔵(?)の、Foveonセンサー搭載 SIGMA SD15を忘れていました。
=========================================

今、我が家のデジカメで一番稼働率が高いのは、SONYのRX100。
「よく使う」というよりも、ほぼ一択と言った方が正しい状況。
一眼レフなど、最近は超広角・超望遠用途でしか登場しない。

1型センサーを搭載して、「高級コンデジ」の代表機種であるRX100。
クルマ旅やツーリングから、卒業式・入学式などのイベントまで、
少し前に発生した不調も修理を終え、第一線で活躍している。

先日立ち寄った電器店で、久しぶりにカメラ売り場をぶらぶら。
キヤノンのPowerShot G1 X Mark II があり、何気なく手に取った。
「まだ売ってるんだ・・・。 おぉ、安くなったなぁ。」
1904141
 Canon PowerShot G1 X Mark II

確か5年ほど前、発売当初の価格の半分以下になっていた。
既に現行機はAPS-CのMark IIIだけど、この値段ならアリかも。
個人的な好みながら、デザインは圧倒的に"II"の方が好きだし♪

レンズが、下が24mm(相当)からでF2というのは魅力。
28mmスタートだと、「あともう少し!」という場面も多かった。
24-120mm F2-3.9なんて、交換式だったら巨大レンズになる。

そして何といっても、フォーサーズよりも大きい1.5型センサー。
面積比だと、RX100の1型センサーのちょうど倍くらいの大きさに。
9枚羽根の絞りと合わせて、点光源の優しいボケが期待できそう。
有効画素数1280万(3:2時)と、控え目なのも好み。
1904144
 センサーサイズのイメージ

nyamoも、「鉄道写真専門の頃と違って、レンズ交換はしない。
固定レンズの『ちょっといい旅カメラ』があっても良いよね。」と。

確かに、旅の途中で印象的な風景に出会った時など、
「あと少し広がり感を」「もう少しボケれば」ということも度々。
ポケットサイズが必要な時は、RX100に任せれば良いのだし。
1904143
 SONY Cyber-shot DSC-RX100 との比較

で、我が家の通算23台目のデジカメ、G1X2がやってきた♪
まずは、クセをつかむために色々とお試し撮影を開始。

一眼レフは、チビ達の運動会専用機のようになって久しい。
なので、望遠開放で極端に被写界深度が浅くなるのも久しぶり。
ちょっと戸惑う・・・。(苦笑)
1904148
 ふむふむ、AFはちょっとクセがあるかな

でも、これは色々と期待できそう。
GWの旅のお供で実戦初投入の予定。 楽しみになってきたぞ♪