5月26日。2:00起き、3:00発で旅立ちの地に向けてリエゾン開始!
空に星は無し。少し明るくなり始めた小田原厚木道路を走りながら、
「わざわざ真鶴まで行く必要はなかったかな・・・?」と苦笑する。

やはり、上空も東の空も曇天。ここから旅立つのは、10台ほど。
シャッターチャンスを待つ必要もないので、日の出時刻を過ぎると、
みんな、早々に位置データを送信して出発し始める。
「お先に!」「お気をつけて!」「また千里浜で!」

04:49 真鶴パーキング(神奈川)スタート
18052601
 本当ならこの方角に・・・

やはり指定道の駅「箱根峠」に向かう人が多いようだけど、
nyaponは小田原からR1で箱根、R138で御殿場方面へ。

早朝の箱根のクネクネ。若い頃の六甲の「朝練」を思い出す。(笑)
乙女峠を越えると、正面に富士さまドーン!
18052602
 ブンブーン♪

18052603
 富士さまに道中の安全を祈願!

須走の道の駅で1回目の休憩。
隣に停まった鎌倉発の方から、鳩サブレの差し入れを頂く♪
リアにサブレの缶を積んだ14Rさん(笑)、ありがとうございました!

05:59 道の駅 すばしり(静岡)2point
18052604
 頂きますっ♪

東富士五湖道路、河口湖大橋から、指定道の駅「甲斐大和」へ。
R20を少し東へ逆行するので、すれ違うゼッケン付バイクとヤエー大会!

07:10 道の駅 甲斐大和(山梨)3point/指定

無事に完走条件の一つをクリアして、勝沼ICから中央道へ。
今年は、神奈川からだと指定駅の効率的な選択肢が少なかったなぁ。
高速では昨年と違う場所で休憩しようと、八ヶ岳PAに。
ここで、神奈川の酒匂川河口から出発した、職場の後輩に遭遇。

PS250、元々多くないバイクだけど、いいなぁ、コレ。
ここから下みち多めの後輩、気をつけてな。千里浜で!
18052605
 「旅バイク」って感じでいいなぁ!

08:11 八ヶ岳PA(山梨)1point
09:04 諏訪湖SA(長野)1point
09:18 みどり湖PA(長野)1point

カメラの操作のため、諏訪湖SAでの予定外のピットインを挟みつつ、
長野道に乗り継いで松本PAまで。出口渋滞は最小限で済んだ。

R158に下りて、安房峠方面へ。
道の駅では、SSTR参加者特典で100円引きになるソフトクリームを♪
「りんごソフト」を頼んだけど、りんご感まったく無し・・・。
お店の兄ちゃん、絶対に普通のバニラと間違ったでしょ?(苦笑)
18052606
 リストバンド提示で350円が250円に♪

10:19 道の駅 風穴の里(長野)2point

上高地渋滞もなく、順調に安房TNへ。ここでマイナートラブル。
ミラーの角度がおかしいので、「道の駅で誰かぶつかったのかな?」と。
走りながら調整しても、またズレる。力を入れると、スコッ!と回転!
どうやら、振動でミラーの根元から緩み始めていたらしい。

ハンドガードのスペーサーと2か所が緩んで、逆に回しても固定しない。
料金所脇の駐車場に緊急ピットイン、車載工具を取り出して増し締めを。
サイドバッグを付けているので、シート下へのアクセスが面倒。(苦笑)
18052607
 風景には癒されたけど(笑)

18052608
 もうちょいマシなスパナに積み替えよっと(苦笑)

今年は、このままR158で高山を抜けて西へ。
何度目かの清見の道の駅で、飛騨牛コロッケ休憩。うまうま♪
道の駅、クルマ旅とツーリングでは、ずいぶん印象が変わって新鮮。
駐車場の大きさとか配置とか、施設の充実度とか・・・。

12:42 道の駅 ななもり清見(岐阜)2point

高山清見道路の無料区間から、飛騨清見IC経由で東海北陸道へ。
できれば避けたかった、難工事で知られる長大な飛騨TNを通過。
全長11kmで関越TN並み。しかも、昔の関越のように対面通行だし。
10km超のTNなんて、途中で飽きるんだもん・・・。(苦笑)

13:40 飛騨白川PA(岐阜)1point
14:29 小矢部川SA(富山)1point

小矢部砺波JCTから北陸道に乗り継いで、小矢部川SAで休憩。
金沢森本ICで降りて、R8/R159から里山海道へ。
このあたりは昨年と同じルートだけど、
白尾IC付近で、正面に輝く日本海が広がった瞬間は、やはり感動!
18052609
 おっ、400Xさん♪ 「千里浜で!」

15:24 道の駅 高松(石川)2point

今年も、高松の道の駅で最後の休憩。
獲得ポイントも、昨年と同じく16ポイントでフィニッシュ。
後半の高速多めで、当初の計画より30分ほど前倒しで進行中だけど、
千里浜に入ってから余韻に浸ろう!

今浜ICで降りて、スタッフの皆さんの歓迎を受けつつ砂浜に入り・・・
18052610
 感動のゴール!

入口付近は混雑するので、昨年の経験より少し先に進もう。
マップバッグからサイドスタンドの下敷きを取り出して、慎重にセット。
無事に到着ーっ!

今年も「夕陽」と言うには若干お日さま高めながら、天気は最高。
頑張ったこまち号の雄姿を撮影。最後のゴール位置情報も送信。
アクションカムを自撮り棒に付け替えて、遊んでみたり。
18052611
 こんな感じで

16:16 千里浜なぎさドライブウェイ(石川)ゴール

さあ、ビクトリーランだ。
カメラマンさんの撮影スポットも過ぎて、いよいよゴールゲートへ!
すると、衝撃の結末が! 続きはCMの後。(笑)

ゲートが近づくと、手前に何だか激しく手を振るテンションの高い母と子が。
・・・nyamo&チビがお出迎え? 事態が呑み込めないnyapon。
「は? なんで?」
18052612
 旗を振りまくるチビが・・・

180526s5
 「おまえら、何してんの?」(苦笑)

今朝、出発時には寝ていたはずのnyamoとチビ2人。
直後にクルマで出発、昨年のnyaponのルートで先回りしてきたのだとか。

昨年から「SSTR面白そうだけど、バイクで400km超なんて絶対無理!」
と言っていたnyamo。 そう来たか。(苦笑)
旗に加えて、手作り金メダルも。ヘルメット着用ではひもが短かったけど。
今まで秘密裏に準備を進めてきたとは・・・。

まずは、バイクを置いてくるよ。少々動揺しつつもゲートへ。
スタッフの皆さん、地元の皆さんに全力で手を振りつつゴール!
18052613
 「賀曽利さーん!」

バイクを停めてジャケットを脱いで、砂浜に戻りnyamo達に合流。
完走の受付けを済ませ、ちょっと落ち着いて後続の方のお出迎え。
楽しみにしていた、地元のおばちゃんの貝汁とおにぎりも頂く。

まさか、家族みんなでこの夕陽を見られるとは思わなかったよ・・・。
18052614
 nyamo氏、まだハイテンションでお出迎え中(笑)

いつも、宿の予約は旅行サイトのnyamoのアカウントで。
なので、知らないうちに今夜は家族4人の宿に変更されていたらしい。
食事の時間もあるし、それなら早めに移動しようか。

日没と花火はあきらめて、クルマ&バイクで宿へ。
後輩やSNSの皆さんとの再会は、明朝のライダーズミートに期待しよう。