年末、バイク用品店から届いていたメールマガジン。
初売りセールの予告の中に、気になるモノがひとつ・・・。

「PCXサイズタイヤ 前後セット: 7,980円(税込)」

nyamoのPCX150の年末乗り納めを代行して感じた、
「この純正タイヤ、プラスチック製なのか?」(笑)
ドライ路面ですら、コーナーのペイント上では嫌な感触が。

帰ってからnyamoに「あのタイヤ、硬いよね」と言うと、
「そうでしょ! 今までそういうものかと思っていたけど、
 濡れた横断歩道とか、めっちゃ滑る気がするし」と。
確かにあのタイヤ、雨天時の評価は皆さん概ね不評。(苦笑)

フロントなどまだヒゲも残るくらいで、もったいないのは確か。
うーん、しかしnyamo氏の年間走行距離のペースだと、
摩耗じゃなく経時劣化まであのタイヤと付き合うことになる。

バイクは、実用用途よりもほぼ趣味で乗っているからこそ、
不安があると、乗ろうというモチベーションが絶対に下がる。
楽しく乗り続けてもらうためにも、もちろん安全のためにも、
ここは奮発して、どうせなら早いうちに換えてしまおうと。
1801031
 そうか、先にマフラーを外すんだな

1801032
 ブリヂストン BATTLAX SC

数量限定ということで、まだ残っているか心配したけど、
セール2日目でも、同価格のダンロップ製とBS製が山積みに。
BS製を選んで、待ち時間ゼロでサクッと交換作業も完了。
PCXは、150も125と工賃が同額とのことでラッキー♪

走り出した瞬間から、まず乗り心地が大幅に改善。
路面のギャップ通過で、衝撃の角がずいぶん丸くなった。
純正タイヤで不自然に感じていた、少しタイトなコーナーで
イメージよりもインに切れ込む感触も減った。

スポーティーな見た目のパターンから想像したのとは違い、
我が家のお散歩ツー用途には、疲れにくい良いタイヤかも。
グリップ云々は皮むきが済んでからだろうけど、まあ・・・、
あの純正タイヤより悪くなることはあるまい。(笑)
1801033
 2018 宮ヶ瀬缶コーヒー初め

皮むきを意識しつつ、クネクネを通過しながら宮ヶ瀬方面へ。
これが今年のバイク初め。お山に近付いたら凍結にも注意。
いつもの駐車場に着いて、缶コーヒーを買って手を温める。
直売所では、地元せき麺さんの初売り福箱を見つけてゲット。

昨日までは、昼間は比較的暖かかったのに、今日は寒い。
湖からの風も、帽子が飛ばされそうなほど強くて。
皆さんのバイク見物どころではなく、「もう帰ろ!」(苦笑)
1801034
 7種類の乾麺 2700円分が1200円♪

乗り心地と安心感が大幅に改善したPCX150 あいちゃん号、
これでnyamoにも、さらに気に入って頂けるかな。
「またしばらく、皮むきが終わるまでは慎重になー。」

さてさて、400X こまち号とのお散歩ツー初めにも行かねば♪