ゲリラ的な豪雨はあれど、水源域に雨の降らない神奈川。
相模川上流域の今年の梅雨期間の降水量は、
昭和40年の観測開始以来、過去最低レベルらしい。
宮ヶ瀬湖の貯水率も53%で、管理開始以降最低なのだと。

昨年の減水期にも出かけた、宮ヶ瀬湖周辺の旧道遺構。
先月あたりから普段は見られない橋も出現しているらしいので、
渇水状況と合わせて、1年ぶりに朝駆けで見てこよう。

K64の土山峠を越えて、旧宮ヶ瀬集落に下っていくあたりから。
普段から見えていることが多い場所ではあるけど、全く水が無い。
17080501
 谷底まで完全に露出

17080502
 30km/h制限のペイントが

そして、今回のメインディッシュ、橋の遺構が見えるポイントへ。
旧K64から分岐して対岸へ登っていく道路が、完全に露出。

橋台まわりの造りとかH型鋼の橋脚とか、工事用道路かな?
だとすると、旧道・廃道好きとしては、萌え度は低いけど。
緑の中に見える橋は、ずっと未成のままの村道のもの。
17080503
 水はちょうど橋の手前まで

17080504
 工事用の道路のようにも見えるけど

やまびこ大橋の橋脚は根元まで完全に見えてしまっているし、
前回探索した橋の脇の坂道も、さらに深いところまで見える。
17080505
 宮ヶ瀬北原交差点へ駆け上がる坂道

ヤビツ峠方面のK70にも立ち寄ってみよう。

前回は水面下に薄っすらとガードレールが見えたあたりも、
完全に路面まで露出していた。
17080506
 本日の川と湖の境界

17080507
 前回はギリギリ水面下だった場所

今日の相棒は、Sh mode ぴーにゃっつ号。
トコトコ探索して、路肩にササッと停めて見物するのに最適。

いつもの駐車場は開場前なので、コンビニコーヒー休憩。
気温は25度だけど、日が当たると蒸し暑くなってきた。
17080508
 サンクスだけど、もうファミマカフェに

7時を過ぎて北岸林道が開いたので、ダムを見て帰ろう。
トンネルの中の天然クーラーで涼みながら♪

水面が低いので、いつもより高いところを走っているよう。
ダム堤体を眺めても、水が少ないのが一目瞭然・・・。
17080509
 対岸から望む北岸林道

17080510
 水が・・・ない・・・

ダム間に導水路を作って、水を融通する仕組みがあったり、
以前から水不足に強いと言われてきた神奈川。
しかしさすがに、8月下旬までこのまま少雨が続くと想定すると、
「県民の皆様に節水の協力をお願いせざるを得ない」のだと。

もちろん節水はみんなで協力しなきゃいけないのだけど、
我々近隣市町村では、ここの水を使っていない・・・。
もっと、県南部の人に状況を知ってもらった方が良いんじゃ?