バイク車載をメインの用途として導入した、アクションカム。
ずっと位置や固定方法を試行錯誤していたけど、やっと決まった。
1608131
 これが最終案!

ハンドルの左右を結合するブレースバーの装着も検討したけど、
できるだけ外側で、できるだけ高い位置に付けたかった。

そこで、クランプアダプターという部品をハンドルに追加。
アダプターの幅に余裕があったので、T型にセットして、
ハンドル左側に付けていたスマートフォンホルダーも移設。
スマホも位置が高くなって、地図や文字が見易くなった♪


【第1案】樹脂製マウントでバーエンドに
 有りものの樹脂製マウントは剛性不足で、走行中の振動多し。
 首の部分でロール方向に振れるので、ブレ補正が効かない。
 映像には、下の方にハンドプロテクター、
 左端にスクリーンが少し映るけど、位置は概ねOKだった。
1607231
1607241

【第2案】金属製マウントに交換
 剛性ばっちりの金属製マウントに。 但し、重量が増加した。
 ミラーを逃げる角度にすると、衝撃でバーエンドが回転する。
 この取付け位置、左下にウインカーが少し映るくらいで、
 映像は一番すっきりしていたのだけど・・・。1608128
1608074

【第3案 採用!】アダプターを介してハンドルバーに
 ハンドルバーにクランプアダプターという部品を取付け、
 そこにマウントを固定する構成に変更。 ブレ・ズレ対策OK。
 但し位置が中央に寄ったので、映像の左にはスクリーンが映る。
 でも、これはこれでバイクらしさが出て、悪くないかも♪
1608132
1608136
さて、お散歩ツーで何か面白いものが撮れるといいな。
右側なのは、もちろん「v(・∀・)yaeh! ヤエー!」 対応♪