なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

昨年デビューして大きな話題となった、スズキのカタナ。
東京モーターサイクルショーで初めて実車を目にした時は、
「懐かしのFZ250フェーザーにも見えるな」と思ったけど、
発売されて街中で見ると「なかなかカッコ良いぞ!」と。

少し前、トミカのラインナップに追加されたと知って、
「合わせ買い」対象だったのでnyamoのカートにポイッ。
スーパーで、コソッとカゴにお菓子を入れる子供と同じ。
「何だか、身に覚えのない物が?」と、先日届いた♪(笑)
20051601
 No.19 SUZUKI KATANA

一昨年買ったCBR1000RRに続き、スタンドとライダー付き。
ライダーは、シートでなくスタンドに挿す構造で。
CBRみたいに、極小ステッカー貼付が無くて良かった。
あのステッカーは、老眼の始まった目には辛すぎる。(笑)

トミカのポリシーとして角の尖った造形はできないし、
デフォルメの関係でズングリして見えるのは仕方ないところ。
それでも、あの特徴的なデザインをよく再現してるじゃん♪
20051602
 なぜかカブだけ1/33で、あとは1/32スケール

20051603
 付属パーツが大きくて、カタナだけ幅広の箱

「バイクシリーズは全部揃えようかな」と思っているトミカ。
しかし、実は持っていないマシンが、もう1台残っている。
ピザ屋さんの3輪バイク、ホンダの「ジャイロキャノピー」。

なかなか可愛いし、あれも買おうかなぁ♪
人気は微妙らしく、よくバーゲンのワゴンにあるし。(笑)

いよいよ、明日6/1から小中学校への登校が再開する。

3/2の登校を最後に、春休みとGWを挟んで休校が続き、
課題授受のためだけの数回の登校を除くと、91日ぶり。
最初の2週間は半日、以降は通常時間で授業再開予定。

nyamotaは学校に行くのをめっちゃ楽しみにしているし、
ゲーム三昧を満喫したnyapotaですら「部活やりたい」と。
「第二波」も心配だけど、このまま再始動したいもの。
20052801x2
 小学校の課題で蒔いた種も芽を

職場の方も、「原則100%在宅勤務」の指示が解除。

まずは、安全管理と必要最小限のメンバーからとかで、
nyaponも、明日は52日ぶりとなる出社が承認されたけど、
今週は、あと2,3日出られるかどうか・・・。

通勤に公共交通機関を使うメンバーは、まだ出社NGだし、
部署の違うnyamoは、6月も引き続き在宅勤務を継続。
やっとの出社再開ながら、まだまだ通常運転とは程遠い。

とはいえ、伸び放題だった髪も散髪に行ってすっきり。
通勤特急 青ぎつね号も、久々の洗車でピカピカに。
チビ達も、今日は早く寝ろよー。

400X こまち号のマフラーを社外品に交換する準備として、
とりあえず図面まで引いた、センタースタンドストッパー。
手持ちの端材が使えず、外出自粛で調達も保留中だけど、
型紙を作って、目測で採寸した図面の確認をしておこうと。

カッターで寸法どおりにボール紙を切って、穴を開けるだけ♪
と思ったら、コンパスもテンプレートも見当たらず、
我が家には、円を描けるツールが何も無いことが判明。(苦笑)
まあ、美しさよりも、位置と寸法が大事なので・・・
20052401
 多角形作戦

20052402
 どうせ、切るのもフリーハンドだし(笑)

下部の溶接ビードの部分は、とりあえず短く切断してみたけど、
穴位置が端すぎて、やはり逃げを作って伸ばしたいところ。

上部はフレームの補強リブのRを避けていて、目測どおり。
ただ、意外とギリギリで、ゴム足の大きさによっては干渉する。
有りモノのゴム足の径によって取付け位置は調整するとして、
上端は、補強リブの高さ以下に切り詰めた方が良さそうだな。
20052403
 小修正でOKかな♪

そして肝心な、スタンドストッパーとしての働きはどうか?
純正ストッパーと同じ高さでフレームに当たる。 完璧っ♪
図面を小修正して、10mm厚のアルミ板でいけそうだ。
20052404
 さて、寸法もFIXできたぞっと

どうしても机上検討&設計だけでは、細かい部分が・・・。
「やはり、現場で現物・現実を見なきゃ!」なんて。
早く出社して、モノを見て進めておきたい仕事もあるのに。

DIY好きな仲間に、部材ももらえるし。 ←これ。(笑)

今年のGWはどこにも出かけることができなかったので、
「せめて、美味しい物でもお取り寄せして食べよう!」と。

テレビのニュースで見た「おうちで飛騨牛プロジェクト」。
コロナの影響で消費が落ち込んでご苦労されている、
飛騨地方の畜産農家と精肉店を応援するプロジェクトで、
クラウドファンディングで支援して、返礼品としてお肉が。



クルマ旅の時など、何度か食べている飛騨牛。
ハズレに当たったことなどなく、我が家ではとても好印象。
美味しいお肉が食べられて、地域貢献までできるのなら。
nyamo氏、「これにしよう!」と即決。(笑)

何種類もあるコースの中から、1万円の「復興・福袋」を。
一番人気だったコースで、1kg以上の飛騨牛が届くとのこと。
(精肉店やお肉の種類はおまかせ。)

クラウドファンディングは、5/10に終了。
「焼き肉用がいいなぁ。」「しゃぶしゃぶも捨て難いぞ。」
発送が始まり、我が家にも美味しそうなお肉が届いた♪
20052301
 焼肉用肩ロース&ウデ 1kg  by「丸明」さん

期待していた焼肉用が届いたので、ベランダでBBQだ♪
とても厚く大きく切られたお肉が、たっぷり1kg。
家族4人でも、とても一度じゃ食べられない。
我が家の男子2人は、お肉をほとんど食べないし・・・。

柔らかくて美味♪ 最近辛くなった霜降りも、脂がお上品。
「こんなの、旅館の食事じゃ2切れくらいだよ。」(笑)
20052302
 おうちBBQ

20052303
 脂がくどくない♪

目標1000万円で始めたクラウドファンディングは、
最終的に1億1437万円/10002人の支援が集まったとか。
お肉には、畜産業者さんと精肉店さんからのお礼の手紙も。

今年のGW、本当なら能登方面へのクルマ旅を計画していた。
往きか帰りには、飛騨のあたりにも立ち寄っていたかも。
この騒ぎが落ち着いたら、また色々なところへ遊びに行って、
美味しいものを食べて、たくさんお土産を買って・・・。
20052304
 最後は、おうちCafe

少し前から、在宅勤務中に地鳴りと衝撃が。(苦笑)
「また、東富士で実弾演習をやってるみたいね。」
富士山スカイラインを走っていても聞こえる「ズーン!」。

地形・地質の関係か、必ずしも近いほど響く訳ではない。
神奈川も、全域に聞こえる場所が点在しているらしい。
我が家から演習場までは直線で45kmほどの距離だけど、
大きい音の時は、窓や扉が振動するほどの衝撃も伝わる。

「総火演」こと総合火力演習が近いらしく、その訓練か。
以前、一度だけ現地で見たのは、確か夏場だったけど。
今は人気が出て、観覧に応募してもまず当選しない。

目の前で戦車が射撃した瞬間の音と衝撃波は強烈で、
耳を塞いでいても飛び上がりそうなレベルだった・・・。


 終了後も視聴可能

YouTubeでライブ配信があるというので、リモート観覧。
ただ今年はコロナの影響で、大幅に規模を縮小したらしい。
一般観覧客は入れず、空自・海自も参加しないとのこと。

砲撃の度「弾ちゃーく!今っ!」の号令から2分ちょっと、
我が家にも「ズーン!」という音と窓を揺らす衝撃が。

県境を越えての部隊の移動を自粛したとのことで、
ヘリ部隊や空挺団の演習を見られないのは寂しいけど、
隊員の皆さんの日々の鍛錬の成果は十分に伝わってきた。
ここにもいる、年中無休な任務に就く皆さんに感謝。