なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

台形の缶詰をクルクル開ける、「ノザキのコンビーフ」。
あの缶は「枕缶」、クルクルするのは「巻き取り鍵」と呼ぶ。
缶が台形なのは、大きい側からお肉を詰めることで空気を抜き、
酸化を防止して保存性を上げるためなのだとか。

子供の頃、実家ではコンビーフにそれほど親しみはなかった。
しかし鉄道好きとしては、首都圏の駅で撮られた列車の写真で、
架線柱に貼られたホーローの広告看板がやたら目について。(笑)
関西圏では見かけなかったので、あれは「東京の駅風景」だった。
20041801
 枕缶

あの台形の枕缶のパッケージが、70年ぶりにリニューアル。
缶の製造は昨年末に終了、3月には新パッケージが発売された。
なんでも、枕缶の製造ライン維持に限界が来てしまったらしい。

もうしばらくは流通在庫が手に入るのかもしれないけど、
「最後にもう一度くらいクルクルしておくか」と買っておいた。
最近では、キャンツーもお湯しか沸かさない手抜きばかりながら、
野宿に近いキャンプでは万能食材としてお世話になってきたし。
20041802
 nyamota氏、最初で最後のクルクル体験

巻き取り鍵でクルクルと金属を裂いていく感触、久しぶり。
こうやって開けていくの、結構楽しいんだよなぁ。
興味津々で見つめるnyamota氏。 「やってみるか?」
きっとお前が、枕缶を開けたことのある最後の世代になるな。

枕缶最後の料理は、「じゃがいもとコンビーフのマヨ炒め」。
さらに、とろけるチーズをのせてオーブンで焼いたもの。
コンビーフの塩味がちょうど良く効いて、うまうまでした♪
20041803
 熱々で、うまうま♪

新パッケージは、「アルミック缶」といってシール蓋だそう。
当然ながら、巻き取り鍵など必要なくなる。
公式サイトには「左利きの方にも開けやすくなりました」と。
・・・そうか、確かに左利きの人は大変だったろうな。(苦笑)

我が家で最後となった巻き取り鍵。
文化遺産として、永久保存されることが決定。(笑)
20041804
 最後の巻き取り鍵

何とか、在宅勤務最初の一週間が終わった。
「通勤が無くなるのだけは楽だな♪」なんて思っていたけど、
自宅缶詰がこんなに辛いとは。 既に心が折れそうで。(苦笑)

もちろん、医療現場で命がけで頑張ってくださっている方とか、
感染リスクを承知で世の中を回してくださっている方々が
たくさんいるおかげで、一部の人間が家に留まることができる。
感謝しながら、接触を減らすことに貢献するしかないな。

まだ明るい17時に終業して、せめて庭に出て気分転換を。
nyamoは、nyamotaを連れて散歩に出たり。
こんなに週末が待ち遠しく思えたのは久しぶりなのに、
昨日の土曜日は豪雨。 今日になって、やっと快晴の空に。
20041901
 時間なら、たっぷりある!

400X こまち号の12か月点検予約は保留中。
「点検の時に?」と思っていた、チェーン清掃をやろう。
時間はたっぷりあるので、いつもより丁寧に・・・。(笑)

午後、乾燥&チェーンルブを馴染ませるために走ってこよう。
nyamoも行くというので、三密回避で宮ヶ瀬湖一周だな。
基本はノンストップ。 ヘルメットも取らないつもり。
リスクは低いという、ジョギングや散歩よりも安心だろう。

宮ヶ瀬に向かう道に出ると、「バイク多いなぁ!」。
ダムサイトの駐車場は閉鎖だったけど、湖畔エリアに来ると、
20041904
 「満車」ってどういうことよ・・・

離れた駐車場の方も、結構埋まっている状態だった。
どこから来ているのだか、知らないけど・・・。

路側の温度表示は20℃。 新緑も美しくて気持ち良い。
天気も快晴で、ドライブやツーリング日和ではある。
クルマから降りずに、クルージングしていれば平和なのに。
20041905
 おっ、RZ-R♪

「いつもの駐車場も、閉鎖じゃなきゃ混んでるんじゃない?」
なんて話しながら横目に見つつ通過すると、案の定の混雑。

バイクもクルマも、ほぼ満車の状態だった・・・。
普通に集まってワイワイやっているグループの姿も見える。
今の状況で、あの中に入っていくなんてあり得ない。
20041906
 写真くらいはね

そのまま北岸林道のクネクネを楽しみつつ、湖畔を一周。
ここまで、本当に信号以外はノンストップで走ってきたけど、
「牧場を回って、写真だけ撮っていこうか」と。

牧場の駐車場もほぼ満車。 馬や羊の周りには、結構な人が。
20041902
 ここもクルマがいっぱいだねぇ

20041903
 おまえらも、密集しちゃダメだぞぉー!

大雨の後なのに、中津川の水は綺麗。 流れは激しいけど。
河原では、BBQをしている人たちも多い。

無事に帰宅して、リアのフェンダーとホイールを確認。
チェーンルブの飛び散りは無し。 よしよし、腕を上げたな♪

ほぼノンストップで1時間弱。
これで、三密回避の気分転換お散歩ツー終了。
今日はジャケットの防風インナーを外し、グローブも春物。
青い空と新緑の中を走れて、少しリフレッシュできたかな。

コロナ感染防止で、職場でも在宅勤務が推奨されてはいた。

しかし、普段から在宅勤務制度を活用していたnyamoと違い、
nyaponの場合は、規則やセキュリティのeラーニングを受講し、
上司承認の上で外部からネットワーク接続する資格を得たり、
必要なソフトをPCにインストールしたりと、事前準備が必要。

まして設備や現場を抱えるチームでは、そう簡単には、と。
が、緊急事態宣言発令から、そうも言っていられなくなった。
20041201
 お散歩で気分転換の週末

今までは「原則全員在宅」ながら目標の設定は無かったけど、
「在籍人員の6割は在宅」という目標ができ、「8割」に増え、
「特定の緊急プロジェクトを除く」の文言も削除され・・・。

当初、管理監督者は輪番で出社する計画を組んでいたけど、
それすら中止されて、「4/13以降は100%在宅勤務せよ」と。
金曜日、自分のオンライン環境と業務の準備に加え、
メンバーが在宅で実施可能な業務の準備を手伝ったり。

通常時と違って「一度会社に行って」は基本NGとなるので、
会社のネットワークに接続できない時のバックアップも必要。
当然「クラウドって何?」な人もいるので、なかなか大変。

公共交通機関での通勤者は一足早く在宅指示が出ていて、
既に閑散とし始めていた職場で、何とか準備を完了した。

まあ、定例のミーティングなどは普段からオンラインも多く、
同じ部屋にいてもチャットで話しかけられるようなご時世、
コミュニケーションは問題にはならないだろうけど。(苦笑)
20041202
 今年は「菜の花まつり」も開催されず

休校中のチビ2人に加えて、ついに家族全員が在宅開始。
緊急事態でもない限り、このまま出社せずにGW突入の予定。
ちゃんとON/OFFの切り替えなども意識しながら生活して、
体調もメンタルも維持していきましょうかね。

まあ、こんなことを言うのは「会社に通う」のが染みついた
サラリーマンだけで、自営の方などには笑われそうだけど。

少し前、職場の企画でちょっとした景品をもらったのだけど、
選べるリストの中に、思い出深いクルマのミニカーがあった。

ちょうど就職した頃に大ヒットしていた、日産シルビア(S13型)。
キャッチコピーは、「ART FORCE SILVIA」。
学生時代のバイト先の先輩が、まさにこの色に乗っていた。
本当にカッコ良くて、最初は「どこの外車だ?」と思ったほど。
20041101
 tomica PREMIUM No.08 日産シルビア

初めての愛車は違うクルマを買ったのだけど、2台目の候補に。
しかし、のんびりしているうちにフルモデルチェンジしてしまい、
在庫はあったものの、グレードと塗色が希望と合わず。
結局買ったのは、一転して不人気車となってしまったS14型。

こちらのキャッチコピーは、「eye hunt SILVIA」。
「母ちゃん、許してー♪」と聴こえるCMソングが懐かしい。
デザインや3ナンバー化が大不評だった、可哀そうな子。
今の感覚では十分コンパクトだし、優しい顔も好きだけど。

こんな細いAピラーとか、低いボンネットのデザインとか、
現代の衝突安全規格では造るのが難しいのだろうな。
NAのQ'sグレードながら、サーキット走行会にも参加したり、
後輪駆動のM/T車の走り方を勉強させてもらった。
20041102
 日産シルビア(S14型)

「昼飯は我慢しても、クルマにはハイオクを満タン入れる。」
そんなヤツが周りにいっぱいいた、あの時代。(苦笑)

フロントは、オプションのグリルとエアロバンパーに。
納車された当日に、タイヤとホイールの取付けに行ったっけ。
ステアリングやシフトノブも交換していたなぁ・・・。

オーディオはもちろん社外品で、前後スピーカーも換装。
ちょうどnyamoと知り合った頃のデートカー。
ドライブ用のカセットなんか作っていたのが懐かしい。(笑)

外出自粛要請の週末が続く神奈川県。
あくまで「人混みへの」なので、ソロでのお散歩ツー程度は
問題ないだろうけど、食事や休憩で気を遣うのもなぁ、と。
昨日と違って曇天&気温低めで、気分も上がらないし。

こんな日には、家やクルマのメンテを済ませてしまおうか。
まずは、桜舞う中でタイヤ交換から。
nyaponの新青ぎつね号の方は前車の下取り時に交換、
納車後は夏タイヤのまま乗っていたので1台だけ。
20040501
 nyamoのキューブ銀だぬき号だけ

タイヤ外しついでに、足回りの清掃と点検も。
お疲れ気味のゴムブッシュに、シリコンスプレーしたり。
まあ、6か月安心点検の入庫が近いのだけど。

それより、4シーズン目を終了したスタッドレスが微妙。
「冬タイヤ」を名乗るには、ほぼ限界の減り具合に。
履き替えた夏タイヤの方も、外側の肩だけ溝がほぼゼロ。
銀だぬき号は、今年は夏冬ともタイヤの更新だな・・・。
20040502
  かろうじて「ツライチ」にはなってないけど

午後は、洗車をしたり裏庭に除草剤を撒いたり、
昨日の強風で散った、庭や側溝の枯れ葉や小枝を掃いたり。

400Xこまち号のチェーンメンテもと思っていたのだけど、
空が暗くなって一瞬パラっときたりしたので中止に。
そうだ、こまち号の12か月点検を予約しなきゃ・・・。