なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

昨年、既に年末の休園期間に入っていた万博記念公園。
今年は、休暇も取って開園中に来ることができた♪
まずは、大阪空港で飛行機を眺めてから、モノレールで移動。
19122701
 今年も寒い展望デッキ・・・

昨日と違って青空なのだけど、天気雨が舞っている。
おかげで、太陽の塔の背後に虹が!
19122702
 レインボー♪

昨日予約した時間に合わせて、太陽の塔の内部公開入口に。
nyaponは、ギリギリ万博見物に間に合わなかった世代。
2018年、約半世紀ぶりに公開されてから来てみたかった。
太陽の塔好きのnyamoは、なおさらのこと。(笑)
19122703
 「黄金の顔」と「太陽の顔」

19122704
 「黒い太陽」

1階のエントランスを入ると、万博終了後ずっと行方不明という、
第4の顔「地底の太陽」のレプリカが。
そして、塔内部の「生命の樹」の沿って登っていく。
耐震補強工事に伴い、エスカレーターが撤去されたので階段で。

もちろん復元された展示物も興味深かったけど、
両腕内部の鉄骨構造を見られたのが一番興味深かったり。
「EXPO70」のペイントの入った鉄骨に萌え♪(笑)
(1階以外は写真撮影禁止なのが残念!)
19122705
 「地底の太陽」のレプリカ

19122706
 「生命の樹」

さて、早めのランチにしたいところなのだけど・・・、
19122707
 何っ!?(笑)

日本中の有名なラーメンが食べられるイベントだと!?
nyamoも、「当然、これは行くしかないでしょ」と。(笑)

チケットを買って、北海道、福島、大阪、大分のラーメンを。
オプションに、宮城のギョーザと、大分のからあげも♪
19122708
 うまうまでした♪

食後は、nyaponの念願だった国立民族学博物館へ。

オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカから、
日本を含むアジアまで、文化人類学と民俗学の展示が。
さすが国立博物館、想像以上の規模で足が疲れた・・・。(苦笑)
19122709
19122710
19122711
19122712
19122713

歩き疲れたので、EXPO CITYに移動して休憩しようと。
メニューも店内もラスカルだらけのカフェへ。
かわいいもの好きの中1&小2男子、大喜び。(笑)
19122714
 「かわいいー♪」

さあ、今日は早めにホテルに帰ってゆっくりしよう。
明日は、お墓掃除&お参り。 これが旅の目的だからね。(苦笑)

今年も、お正月前のお墓掃除を兼ねた関西方面の旅へ。
いつもと同じ、最初はnyamoの運転で曇天の神奈川を出発。
nyamoは初めて走る、新東名の神奈川区間から東名に合流。
19122601
 正面に、薄っすら雪化粧の大山どーん!

無印東名好きなので、御殿場JCTはいつも直進。
これも恒例、富士川SAでドライバー交代休憩。
19122602
 富士さまは頭をお隠しに

静岡に入ると雨になるだろうと思っていたけど、晴れ間も。
桜エビのかき揚げ丼でランチをしたり、のんびり進む。
19122603
 うまうま♪

愛知を過ぎて岐阜あたりから、時々雨がパラパラと。
養老SAで最後のお茶休憩をして、大阪空港前のホテルまで。
夕食は、nyamota大好き阪急電車に乗って梅田に出ようか。
19122604
 「いちばん好きな電車♪」

9号線まである、大きな梅田駅で右往左往しながら電車見物。
ピカピカに光るマルーンの電車を見られて、父ちゃんもご機嫌。

「駅の下には、父ちゃんが学校の帰りにいつも寄り道してた、
 でっかい本屋さんがあるんだぞ。」「行きたい!」
夕食後、みんなで、阪急三番街の紀伊國屋書店に。(笑)
19122605
 阪急電車といえばここ♪

帰りの電車は混んでいたけど、懐かしい「個室」へ。
阪急の古い車両には、乗務員室の機器を撤去したスペースが。
荷物が多い時など意外と便利で、学生の頃もよく乗ってたな。
nyamota、「運転士さんの部屋」と大喜び。(笑)

お夜食も仕入れてきたし、あとはホテルに帰ってのんびり♪
19122606
 これは外せない!

我が家のあたりでは、昨夜から雨が本降りに。
明け方にはミゾレに変わったらしく、クルマや家の屋根には雪が。
シャーベット状ではあるものの、今シーズン初の積雪。
19122301
 1cmくらいかな

週末にnyamoが整えていた、ゆずさんのお墓も雪化粧。
何だかクリスマスっぽい感じにはなってるけど、
ゆずさん、急に寒くなって怒ってるんじゃない?(苦笑)
19122302
 nyamota 「ゆずさん、さむくないー?」

年内にバイクに乗れるのは、おそらくこの週末が最後に。
どこかに「乗り納めツー」に行ってこよう。

ゆずさんの鉄道写真モデル時代の写真を見て思いついた。
台風被害で不通区間のある「小湊鐵道」を応援しに行こう。
時間的に乗ってくるのは厳しいけど、グッズを買ったりして。

土曜朝 7:30、しっかり明るくなってから出発。
あれ? 昨日までの予報に反して、めっちゃ曇天だけど。(苦笑)
ナビをセットすると首都高湾岸線やアクアラインが真っ赤で、
心が折れそうになったけど「通過する頃には解消するはず!」。
19122101
 横浜港の大黒PAなんて、20年ぶりくらいか

位置的に微妙な上、グルグル回ってアクセスするのが面倒で、
クルマでも滅多に立ち寄らない大黒PAに、バイクでは初めて。

保土ケ谷BPで少しノロノロになったものの、湾岸もアクアも順調。
無理して早朝出発したら、あの渋滞に突っ込んでいた。
冬ツーの基本で明るくなってから出発したけど、正解だった。
19122112
 でも、千葉方面も曇天らしいな・・・

圏央道 市原鶴舞ICで降りて、R297を南下。
まずは、小湊鐵道と接続する、いすみ鉄道の大多喜駅を目指す。
「小湊鐵道復興応援切符」というのを買いに行こうと。
銚子電鉄とも共同で発売し、購入すると3社の支援になるのだと。

窓口で尋ねると、いすみ鉄道発行分は完売とのことで残念!
しかし、隣接の車庫では、1両だけ残るいすみ200型と、
大糸線に何度も会いに行った、キハ52 125と再会できてご機嫌♪
19122102
 「よう、久しぶり!」

この後は、高速走行で冷えた体を一旦温めようというプラン。
勝浦市まで南下して、温泉&早めのランチをと。
温泉の食堂で、B級グルメの「勝浦タンタンメン」が食べられる。

黄褐色で少しヌルヌル系のお湯は、よく温まって気持ち良く、
ピリ辛ながら玉ネギの甘味もある、タンタンメンも美味でした♪
19122103
 勝浦タンタンメン

温泉のおかげで、寒さで固まっていた体はほぐれてポカポカ♪
ワークマンで買ったミドルレイヤーも、いい仕事してる。(笑)
いすみ鉄道との接続駅、上総中野駅から小湊鐵道沿いを北上。

不通区間の里見駅以南では、真っ赤に錆びた線路が痛々しい。
里見~養老渓谷間は、年内に復旧見込みとのことだけど。
並行する道路も法面の復旧工事が多く、交互通行が何か所も。
19122113
 線路が真っ赤

19122104
 軌陸車と重機で復旧工事中

「復興応援切符」が買えなかったし、グッズを購入していこう。
暫定折り返し駅になっている里見駅に到着すると、ちょうど列車が。
ここから終点の上総中野に向かう、列車代行バスも待機中。

グッズは、創業100年記念誌とハンドタオルをお買い上げ。
キハ200の刺繍の入ったタオルは、小湊好きのnyamoへのおみやげ。
今治タオル使用とのこと。 寄付くらいの心づもりなのだけど、
ずいぶんコストも掛かっていそうで、応援になるのかな?(苦笑)
19122105
 がんばれ小湊鐵道!

19122106
 記念誌&ハンドタオル

最後に、何度も列車の撮影に訪れている上総鶴舞駅に立ち寄り。
CMやドラマにもよく登場する、美しい駅舎。
今日も、駅舎見物が目的の人たちが何人も訪れていた。

駅の向かいにある発電所跡の脇に、カフェがオープンしている。
旧発電所建屋も昔はただの廃墟だったけど、国登録有形文化財に。
近代化遺産好きとしても、スルーする訳にはいかない。
19122107
 Mobile Cafe 「幸之助」 さん

19122108
 発電所建屋も見学OK

残念ながら列車の通過時刻ではなかったけど、目の前が線路。
キハ200やトロッコ列車を眺めながらのコーヒーとか最高♪
発電所建屋には、登録文化財として説明看板も設置されていた。

甘い物をつまみたかったので、あんこパンも注文。
曇天なのが惜しいけど、美味しいコーヒーでのんびりできた。
19122109
 うまうま♪

2017年に22か所もの施設が文化財に登録された、小湊鐵道。
本当に、車両も駅も「昭和の鉄道の原風景」が残っている。
維持管理も大変だろうし、継続的に応援していきたいもの。
やはり鉄道なんだから、また「乗って応援」できる機会を。

最後に駅舎側にも立ち寄って、バイクでは初の記念撮影。
ここも、ゆずさんと何度も訪れた思い出の駅なんだよなぁ。
19122110
 駅本屋も貨物上屋も、国登録有形文化財に

19122111
 モデル:ゆずさん&nyamo @2009年

さあ、アクアラインの渋滞が始まる前に帰ろう!
朝と同じ、圏央道 市原鶴舞ICから帰途に。

横風を心配したけど、8m/s程度でそれほどではない。
キャンカーで20m/sを越えると、車線内を走るのも難しい。(笑)
クルマは多いけど、まだ順調。 海ほたるも通過して、先を急ぐ。
19122114
 海ほたる通過!

首都高湾岸線から保土ケ谷BPまでは、極めて順調に。
R16に降りるあたりで予想以上の渋滞が発生していたけど、
相模原経由で、何とか無事に真っ暗になる前には帰宅できた。

放射冷却で寒くても、青空の下で走り納めしたかった!(苦笑)

ゆずさんが、今朝早く天国に旅立った。

数日前から自分では起き上がれなくなり、食事も取れなく。
でも、栃木旅へは一緒に。 最後の旅になるだろうけど。
家に帰って来られるかは微妙だと思っていた那須塩原の朝、
旅立ちは、生涯旅犬だったゆずさんらしくキャンカーの中から。

起き上がれなくなった日こそ動けないのが辛そうだったけど、
まったく苦しい表情もなく、眠るような最期だったのが救い。

17歳9か月。 ここ数年の動物病院での健康診断でも、
「この歳になると、必ずどこか悪くなってくるものだけど、
 どの数値も正常値で完璧!」って褒められてたからね。
19121501
 若い頃は、鉄道写真のモデル兼アシスタント

19121502
 nyaponと

19121503
 nyamoと

19121504
 nyapotaと

19121505
 そして、nyamotaと

特別な事情が無い限り、お出かけもいつも一緒だったゆずさん。
甘ったれだったから、ひとりで知らない所で眠るのは嫌だろう。

nyapotaとnyamotaも協力して、
大好きだった家の庭、花壇の脇にお墓を作ってやった。
ここなら寂しくないでしょ。 ゆずさん、安らかに眠ってください。
19121506
 さよなら、ゆずさん