なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

一応、首都圏から県境を越えての移動自粛要請も解除。
まだ、幹線道路の電光掲示板には「慎重に」と出ているけど。
当然ながら油断はしちゃいけないので、しっかり対策しつつ、
久しぶりにお泊りでお出かけしてみようかと。

まずは、人のたくさん集まる観光地やホテルには行かず、
小じんまりとした会社の保養施設を利用して、伊豆あたりまで。
早めにチェックインして、温泉に浸かってのんびりしよう♪

土曜日、のんびり起きてのんびり出発。
途中でランチ、ちょうどチェックインの15:00に着くプランで。
伊勢原からR246に出て、秦野市のジンギスカン料理のお店へ。
テラス席で日が当たると少々暑かったけど、お肉はうまうま♪
20062701
 満腹満足!

二宮から相模灘を横目に西湘BPを西へ。小田原からR135に。
真鶴道路・熱海ビーチラインを乗り継いでさらに南下。
伊東の道の駅に寄ろうかと思ったけど、「密」っぽいのでスルー。
何度か来たことのある、会社の保養施設までノンストップで。

外の庭ではアジサイが咲き始めており、眺めの良い部屋だ♪
窓ガラスがピカピカに磨かれていて、最初は開いているのかと。
下手なホテルや旅館より清潔で、管理も行き届いている。
20062702
 ガラスがあったの?

コロナ対策で、一部の設備が使用休止なのは少し寂しいけど、
消毒液が部屋だけじゃなくいたるところに置いてあったり、
スタッフさんも手袋やマスクを常に着用していて、安心感あり。

利用人数自体も絞っているようで、今日は我が家を入れて4組。
当然ながら共用エリアではマスクの着用を求められているけど、
他の方とは浴場で一緒になることもなく、食堂で会うくらい。
テーブルの間隔も2mくらい離れていて、特に不安も無し。
20062703
 鯵のお刺身が特に美味でした♪

温泉の引かれた大浴場も、貸切状態でゆっくりと。
あとは、眠くなるまで部屋でひたすらのんびり・・・♪

日曜朝は、どしゃ降りの雨音で目覚める。(笑)
基本的に帰るだけなので、朝食を済ませてのんびり出発しよう。

来る時は海沿いルートだったので、帰りは伊豆スカイラインで。
途中、nyamoが「奥野ダムでダムカードがもらえる♪」と。
しかし、コロナ対策による配布休止期間を延長中。(苦笑)
「伊豆半島唯一の本格的なロックフィルダム」を見物だけ。
20062704
 ロックフィルの本体より非常用洪水吐に興味

冷川ICから、相変わらずどしゃ降りの伊豆スカを北上。
熱海峠からK20を乗り継いで、ターンパイクで帰ることに。

この道路、通る度にネーミングライツで名前が違う。(笑)
「TOYO TIRES」「MAZDA」に続き、今回は「アネスト岩田」。
山を下りる前に、入口のスカイラウンジでお茶休憩を。
20062705
 いつも雨だねぇ・・・

前回立ち寄って休憩した時も雨だった。 それではお約束、
スカイラウンジからの芦ノ湖と富士さまの絶景をご覧ください。
20062707
 心の目で・・・(苦笑)

20062706
 今回は、セローのFINAL EDITION

少し雨が弱くなったターンパイクを下る。
ここを走る時は、いつも「カーグラフィックTV」気分で。

料金所近くの「あじさいレインボーロード」に期待したけど、
まだ少し早かったみたい。
20062708
 咲き始めという感じかな

小田原厚木道路に乗り継いで、お昼過ぎには無事帰宅。
家に着くころには、雨も上がって明るくなってきた。

久しぶりの県境越え&お泊りでのドライブは楽しかった。
バイクでのお泊りツーリングやキャンカーでのクルマ旅も、
感染防止に注意しながら、少しずつ再開していきたいもの。

2か月遅れの点検のため、2か月ぶりにバイクに乗る。
明け方に雨が降ったようだけど、路面は乾き始めた。
昨日マフラーを交換したところなので、様子を見ながら。

「車検対応のSlip-Onなんて、変化を体感できるの?」
「正直、音質向上とドレスアップのためのものでしょ。」
なんて思ってたのだけど、走り始めてみると・・・
「おぉっ? これは、決して気のせいだけじゃないよな?」

発進したら、とっとと6速までシフトアップしてしまうような
nyaponの走り方でも、何だか全域で少しずつトルク増量な感じ。
4.2kgから2.7kgへの軽量化? それは全く分からない。(笑)
20062101
 やあジョン、マスクした方がいいぞ(笑)

ジョンの店で、12か月点検と盗難保険の更新を。
走行距離が少なくてどうしようかと思ったけど、オイル交換も。
梅雨明け後、ツーリングシーズンのリスタートに期待して。
プロに見て頂いても、マフラーの排気漏れは無かった模様。

空にはところどころ晴れ間が見えて、薄日が差してきた。
もちろん、遠回りをして宮ヶ瀬を周って帰ろう♪

お山に向かういつもの上り勾配で、
少々シフトダウンをサボっても確かに余裕があるぞ。
これは絶対に、力強い排気音による聴覚効果だけじゃない。
2か月ぶりのバイクでご機嫌というのを差し引いても。(苦笑)
20062102
 久しぶりの「宮ヶ瀬缶コーヒー」

途中、清川の道の駅の駐車場は、ほぼ満車だった。
「どこかでランチ?」と思ったけど、どこも混みそうだ。

湖畔の温度表示は20℃。 とりあえず、いつもの駐車場へ。
バイクもクルマも多いけど、人間はそれほどじゃないな。
コーヒー缶のデザインが変わっていて、「2か月ぶりかぁ。」
20062103
 この後、結構空いてきた

バイクのナンバーを眺めても、まだ神奈川と東京あたりまで。
越境制限の解除で、ツーリングシーズンも再開となるかな。
マスク着用率は50%くらいか。 今はまだ、降りたら付けようよ。

お昼は買って帰って食べようと、建物の中へ。
レジには透明シートの仕切り、足元には間隔を空ける目印も。
美味しそうなおにぎりのセットを見つけてご機嫌。(笑)
20062104
 本当にそれに乗ってきたのかい!?

北岸林道のクネクネも久しぶり。
それにしても、背後から聴こえてくる排気音が心地良い。
走行中はもちろん、信号で停まった時のアイドリングでも。

ドコドコと体に響く、いわゆる「鼓動感」とは違う。
こういうの、どう表現するのだろう? ・・・あれだ!
雑誌のインプレ記事でよく見掛ける、「パルス感」。
一定速で巡行しているだけなのに、本当に気持ち良い♪
20062105
 下の河原はBBQで盛況

2か月ぶりのお散歩ツー、無事に終了。
交換したマフラーの、塗装が焼けるような匂いも消えた。

やっぱり、バイクいいなぁ!
春ツーに出かけられなかった分、少し遠出もしたいところ。
コロナ第二波で、再び移動制限が出たりしませんように。
20062106
 今日は黒真珠色に見えるぞ(苦笑)

事前準備のセンタースタンドストッパー製作まで終わっていた、
400X こまち号のモリワキマフラーへの交換作業。
先週末は雨でつぶれ、今週末も平日は晴天なのに微妙な予報。
・・・と思っていたら、良い方に振れてきて傘マークが消えた。

気持ち良い青空になった土曜朝。サクッとやってしまおう♪

まずは純正マフラーを外して、貴重な右側スッキリショット。
この状態で、ちょっとエンジンを掛けてみたい衝動・・・。
いやいや、近所迷惑なことはやめましょうね。(笑)
20062001
 直管!

センタースタンドストッパーもしっかり仕事をしていて、
純正マフラーを外しても所定の高さできっちり止まっている。
左側を見ても、もちろんチェーンに干渉することも無く。

外出自粛で時間が掛かったけど、良くできた♪(自画自賛・笑)
20062002
 しっかり仕事してるな

そして、いよいよモリワキ MX Slip-Onマフラーを取付け。
「マフラーは丸い筒形が一番カッコ良い」と思っているけど、
これは異形断面ながらシンプルなデザインで、悪くない。

ブラックパールカラーは、日向では「薄っすら黒い?」な感じ。
写真だと、普通にシルバーにしか見えないな・・・。(苦笑)
さすが未使用品。 初めて屋外で見たけど、傷も僅かで美品だ。
当然ながら純正よりは高級感もあって、なかなか良いかも。
20062003
 うむ、気に入った♪

さて、表面を脱脂して綺麗にしたら、火を入れてみよう!

音量はちょい増しで低音に。「おっ、これは好きな音質♪」
何より気に入ったのが、一発一発の歯切れが良くなったこと。
「鼓動感」とは違うけど、ツインらしい気持ち良い音になった。

車検対応とは言っても、違いが分からない位だと寂しいけど、
さすがに爆音や下品な音質は勘弁。 これはちょうど良い♪


 HONDA 400X (2016) マフラー交換 before & after

排気漏れの確認までで、本日の予定は終了。

明日は曇りの予報だけど、午前中に12か月点検があるので、
終わったら、少し遠回りしてテストランだな♪

GWにどこにも出かけられなかった代わりに、
地域貢献を兼ねてお取り寄せして楽しんだ「おうちで飛騨牛」。
とても1度じゃ食べられず、まだ「楽しんでいる」けど。(笑)

すると何やら、たて続けに北海道グルメも届いた。
「美味しそうだったから、北海道も応援してみた♪」とnyamo氏。
冷凍便で届いたお肉やスイーツと、有名なお菓子の詰め合わせが。
20060402
 お肉に魚介にスイーツ♪

20060401
 北海道土産の定番がたくさん♪

飛騨牛とは違ってクラウドファンディングではないけど、
やはり、観光自粛で行き場を失った食材やお土産品を集め、
北海道の食材を扱うショップさんが福袋にして販売している。
どちらも、かなりお得な価格設定で。

デパートなどでの物産展の定番でもある北海道だから、
その手のイベント中止の影響も大きいのだろうな・・・。

「前回の北海道クルマ旅は、2018年の夏かぁ。」
「『松尾ジンギスカン』、いつ食べようか?」(笑)
じゃがポックルをつまみながら、思案中♪

外出自粛生活中にのんびり設計&製作を楽しんできた、
400X こまち号のセンタースタンドストッパー。 ついに最終章。

1. 未使用品マフラーゲット! ストッパー作らなきゃ。


2. まずは、現物合わせで図面を引いて。


3. 材料調達自粛で、型紙を作ってチェック。


4. そして、構想2日、材料調達1か月、製作2時間(笑)で、
20060502
 やっと完成!

アルミとジュラコンの10mm厚の板材をゲット。
上手くタップを切れるか不安もあって、アルミ材を選んで製作。

切って、穴を開けて、削って。 作りながら形状を変えてみたり。
手持ち工具の都合で、大きい方の穴径は設計よりも大きく。
重量は、ゴム足と取付けボルト類込みで106gになった。

それじゃ、車体に取り付けてチェックしてみよう。

20060701
 いいんじゃない?

大きくなった穴径は、その分中心をずらしてピタリ接触。
溶接ビードに合わせて削った部分も、うまく逃げてくれた。
スタンド本体への取付けについては、まったく問題なし!

純正ストッパーのゴムパッドを外して、ストップ位置を確認。
ちょうどパッドの厚みの範囲内でストップする。 完璧っ♪
回転軸の中心寄りで当たるので、かなりソフトな感触に。
ゴムの耐候性が気になるけど、劣化したら交換すれば良い。
20060702
 ストップ位置も完璧っ♪

製作過程で、工具の都合や思い付きで形状が変わったし、
実際の形状&寸法を、ちゃんと図面に残しておこう。
ここまでが、のんびりお家遊びの一環ということで。(笑)
20060501
 最終バージョン

オプションのセンタースタンドを装着した400Xで
社外マフラーに交換する際に必要となる、ストッパーの製作。
自分で自分を焦らしてきたけど(苦笑)、ついに完了!

神奈川でも「”STAY HOME”から”STAY LOCAL”へ」なんて。

ストッパー製作は面白かったけど、あくまで「準備」。(笑)
来週末あたり、いよいよマフラーも交換できるかな。
”LOCAL”な宮ヶ瀬あたりでも、テストランに行けたらなぁ。
作業もテストランも、お天気次第になってしまうけど・・・。