なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

ステイホーム週間の健康維持のために始めたウォーキング。
何だか、微妙に矛盾したことを言っているのは承知だけど・・・。

まずは、時間帯や距離を検討するために、色々なコースをお試し。
そんなにストイックなものじゃないので、途中で休憩や道草も。
久しぶりに、「滝見」でもして行こうかと。
20042701
 もう、ハイキングだな(苦笑)

20042702
 「洗い越し」状態の沢もあるし

国道から逸れて、林道に入るとすぐに未舗装に。
ウォーキングというよりも、ハイキングの様相に。(苦笑)
観瀑台になっている赤い橋が見えてくると、塩川滝に到着。
無粋な鉄骨造りで、正直、景観を台無しにしていると・・・。

「よく見えるように」というサービス精神は理解できるのだけど、
あまりに近すぎて、滝全体の写真が撮れないというのでも有名。
飛沫とマイナスイオンは、たっぷり浴びることができる。(笑)
20042703
 到着!

塩川滝は、歴史的には神亀年間(724~729年)からの修験道の
行所で、雨乞いの霊験あらたかな滝として有名だったそう。
天保12年(1841年)に編纂された「新編相模国風土記稿」にも、
絵入りで載っているのだとか。

nyaponの好きな地学的には、愛川層群と相模湖層群の境である
藤野木-愛川構造線付近にできた滝で、周囲は礫岩の露頭。
このあたりはプレートの境界で、「丹沢山地の端」でもある場所。
以前、nyapotaを連れて化石拾いにも来たこともある。
20042704
 超広角レンズでも持って来ないと・・・

20042705
 スマホだと全体が写らない近さ(苦笑)

普段でも、それほど多くの人が訪れるような場所ではないので、
こんな時では、途中でまったく誰とも出会わず。

三密状態の心配も無く、森林浴&マイナスイオン浴。
もっと暑い季節になったら、ちょうど良い休憩ポイントかも。

会社の臨時休業期間から、「ステイホーム週間」に。
バイクの方も乗るのは控え、ネットで妄想ツーリングとか。
久しぶりに「NC47 400X」で部品検索なんてしていたら、
気になっていた、モリワキのスリップオンマフラーを発見。

興味はありつつも新品購入までのモチベーションは無く、
以前から「程度の良い中古でも見つかればなぁ」なんて。
まあ、CB400F/CBR400R/400X用なんていうマイナー品、
まして極上品など、そうそう出てくるものじゃない。

最初の愛車であるCBR400Fでは、定番だった「モリワキ」。
純正の2本出しが好きだったこともあって買わなかったけど、
友人が付けていたフォーサイトマフラーが懐かしいな。

地元愛川町の「ヨシムラ」を選びたい気持ちがあったのに、
残念ながら400X用のマフラーはラインナップされず・・・。
まあ、ホンダ車なら「モリワキ」の方が似合ってはいる。
※個人の感想です。(笑)
20050101
 学生の頃は、なかなか手が出なかった・・・

見つけたのは、バイク用品店で展示されていた未使用の品。
「小傷あり」ながら、普通に乗っていれば付きそうなレベル。
価格は、新品の通販最安値の30%OFFといったところか。

昨年にフルチェンし、旧型となった我がNC47型 400X。
調べてみると、一番気に入っていたこの色も既に廃番で、
どの店も「取寄せ」なので、そもそも新品購入は難しそう。

「うむ。このタイミングで出会ったのも、何かの縁だな。」
「こんな時だし、お金を回して経済活動に貢献せねば。」
都合の良いように、自分に言い聞かせつつポチッと。(苦笑)
20050102
 ブラックパールカラーの未使用品♪

実は、取付けるためには、ちょっとした部品の自作が必要。

こまち号はメーカーOPのセンタースタンドを装着していて、
跳ね上げた時のストッパーが純正マフラーのパイプにある。
なので、その代わりとなる部品を製作しなくてはいけない。
メジャーな車種なら、社外パーツが出ているのだけど。

この手間が必要であることも、今まで手を出さなかった理由。
しかし、「お家遊び」が推奨される、ステイホームな休暇。
今こそ、この工作が絶好のネタになるという思いもあって。
手持ちの部材で無理なら、製作は先になるかもしれないけど。

まあ、なかなか乗れない時期なので、急ぐ必要も無い。
まずは、昼間はバイクを愛でつつ、現物で構造検討など。
夜はお茶でも飲みながら、図面でも引いてみようかな♪

コンビーフといえば、昔から馴染んできた台形の「枕缶」。
あの缶が3月にリニューアルされると聞いて久々に購入し、
先日、最後と思われる「開封の儀」を厳かに執り行った。(笑)

その時作って食べた「じゃがいもとコンビーフのマヨ炒め」、
からのチーズ焼きが思いのほか美味で、チビ達にも大好評。
「またコンビーフを買ってきて作って!」と。

で、注文しようとしたら、まだ普通に枕缶パッケージだった。
まあ、当分は流通在庫が買えるのだろうとは思っていた。
そもそも、製造後3年間は保存できる缶詰なのだから・・・。
20042601
 4缶パック!

前回はnyamotaが開缶したので、今回はnyapotaが担当。
兄貴の方も、枕缶の存在は知っていたけど開けるのは初めて。
「途中から意外と難しいよ!」だとか。

基本的に同じ料理を作ったのだけど、少々アレンジも。
やはり、「肉より魚」派なチビ達にも、引き続き好評で。
20042901
 Ver.2 も、うまうま♪

ということで少なくともあと3回は、
クルクルと「巻き取り鍵」で枕缶を開けられることに♪(笑)

慣れない在宅勤務、2週目が終了。
会社でも終日PC作業というのは珍しくないけど、全く違うなぁ。

毎日、コーヒーを淹れに立ったついでのちょっとした雑談も無く、
そもそも歩くのも、キッチンかトイレまでの往復数十歩だけとか。
自宅のOAチェアを新調してもらったけど、肩も腰も辛くて。

この運動不足は、本当にちょっとまずいな・・・。
GWも控えてるし「ウォーキングくらい始めよう!」と思ったら、
ジョギングをやめて約10年、まともな運動靴がない。(苦笑)
唯一のジョギングシューズは、職場のロッカーに置いてきた。

どうせいきなり走れる訳もなく、まずはお安いものを買おうと。
但し、nyaponの足には、いつもアシックスの4Eモデル一択。
こんな時でも、「置き配」 での迅速な配送に感謝!
20042602
 「エクストラワイド」の中で一番ベーシックなのを

定時に上がるとまだ明るいので、来週は平日の終業後も・・・。
なんて思っていたら、会社が4/27-5/1の臨時休業を決定。
在宅勤務が難しい部署も含めて、もう一段踏み込んだ施策に。

ということで昨日から5/10まで、想定外の16連休がスタート。
図らずも、朝でも昼でも好きな時間に歩けるように。(苦笑)

久々に、タンスの奥からジョギングウェアを引っ張り出した。
正直、普段着でも十分なのだろうけど、気分は大事!(笑)
ひざを痛めたりしたら本末転倒。 まずはしっかり歩くことから。
20042604
 これ、久しぶりに着た(苦笑)

nyamotaの通う小学校の前を通ると、何やら木の枝に袋が。
よく見ると、まだ小さいけどサクランボの実がたくさん。
小学校のブログを見てみると、「佐藤錦」の木なのだと。

ジョギングをしていた頃からある、トラックの廃車体も健在。
ボンネットに平面2枚窓のキャブがいい感じで、お気に入り。
20042603
 佐藤錦!

20042605
 「廃」なオーラがいい感じの朽ち具合で

初日は、カロリー消費「おにぎり換算 2個分」の距離だけ。
それでも、脛と股関節のあたりが、結構な疲労感で。(苦笑)
果たして、ウォーキングからジョグに移行できるようになるか!

これから約1週間の天気予報はずっと「晴」一色ながら、
「ゴールデン」ではなく「ステイホーム週間」の連休。
とにかく、人との接触を減らすことには貢献しながら、
適度な運動と気分転換を心掛けて過ごしていきましょうか。

先週、ノンストップお散歩ツーで通りかかった宮ヶ瀬。
湖畔エリアも鳥居原のいつもの駐車場も、ほぼ満車の状態で。
帰りに見た中津川の河原も、BBQやデイキャンプの人で混雑。
三浦半島や湘南では、県外ナンバー車で渋滞が起こって問題に。

さすがに、この週末からは宮ヶ瀬でも閉鎖が始まるらしく、
毎年GWはBBQのメッカとなる、相模川や中津川の河原なども。
午後のお散歩の途中で、様子を見てみよう。
20042501
 付近の道路にも看板

20042502
 「ほんとにクルマがいないよ!」

幹線道路からのルート上には、「河川敷利用不可」の看板が。
Uターンして戻ってくる、横浜ナンバーのミニバンが数台。
午後になってもこの調子じゃ、朝なんて大渋滞してたのかも。
さすがに、県外車までは見掛けなかったけど・・・。

4月の週末で今日みたいな快晴なら、大混雑となる河原。
いつも「帰りたくても動けないぞ」と思うほどだったけど、
まったく人もおらず「ここ、こんなに広かったっけ?」と。
20042503
 真冬でも、こんな光景はない

20042506
 昨年のGWの様子(対岸の国道から)

神奈川も含めて、多くの自治体で「来ないでください」宣言。
普段なら観光振興する側の立場としては、辛い判断だろう。
経済的な影響を受けているのは観光業だけではない訳だし、
今の状況を考えたら、全面的に支持するしかないか。

まあ、河原でのBBQなんて、地元への大した経済貢献もなく、
汚して帰るような輩は、ずっと「来ないでください」だけど。
20042504
 完全閉鎖

20042505
 モラルのある人なら

あの「三密」ってやつ、勘違いしてる人が多すぎるんじゃ?
「密閉」ではなくても「密集」「密接」となりうる場面は多い。
それでも、「3条件が重ならないようにすれば安全だ」とか。

3つ全部重なるのはもう「問題外」で、1つでもダメでしょ。
たとえ屋外だろうと1対1だろうと、既に感染している人がいて、
無防備に至近距離で会話なんかしていたら、それは・・・。

テレビでよく見る、3つの円が重なった部分が危ないという図。
あの説明が中途半端で、重なった部分「だけ」が危ないと、
都合の良い解釈で誤解されているとしか思えないのだけど。