なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

久しぶりに、お泊りツーリングに行ってみようと思う。
山の方はまだ早いだろうと、太平洋岸に沿って地図をスクロール・・・。
「奥三河」という、なかなか趣のある地域名が目に入った。

少し検索してみると、「おっ、nyaponの大好物があるじゃん♪」
ちょうど良いところに、リーズナブルな宿も見つかった。
微妙な天気で肌寒い土曜朝、服装は完全冬装備で新東名を西へ!

10時前に新城ICを降りて、JR飯田線本長篠駅前に到着。
天気は曇天。 ん? 今ポツッときたような・・・。(苦笑)
ここからnyaponの大好物、「廃線跡めぐり」♪
1968年に廃止された、豊橋鉄道 田口線の遺構を見て周ろうと。
19033001
 本長篠駅

駅構内には、田口線の使っていた細いレールが残っていた。
国鉄との分岐点を見てから、廃線跡の細い道を進むとすぐにトンネル。

愛知K32に出てさらに進むと、田口線の遺構で有名な橋脚が。
有志の方が作成した、廃線50周年記念の幟が立っていた。
19033002
 石造りの立派な橋脚

県道を逸れて、築堤の跡へ。 両側にトンネルが見える。
バイクを停めて、本長篠側の大草トンネルを歩いて抜けてみる。

途中で素掘りに変わり、抜けた先には三河大草駅の遺構。
本当に周りには何もない場所。 今なら「秘境駅」と紹介されそう。
ここも有志の方がきれいに整備されていて、駅名の看板が立っていた。
19033003
 三河大草駅跡

築堤まで戻り、反対側の富保トンネルを抜け、峰トンネルまで。
倒木の先にトンネルは見えるものの、封鎖してある模様。
まあ、そこまで深追いして探検するつもりはないのだけど。(苦笑)
19033004
 峰トンネル

K32に戻り、痕跡の無い鳳来寺駅跡を通過。
すぐ先では、キャンプ場のアクセス路にトンネル2本と短い鉄橋が。
やがて廃線跡は、自転車と歩行者専用の遊歩道に。
残念ながらバイクは通れないので、横目に見ながら県道を進む。

三河大石駅跡のバス停には、鉄道時代と同デザインの待合所。
やがて、廃線跡は県道と並行する市道に。 バイクで走れる♪
鉄橋を渡り、一番見たかった双瀬(ならぜ)トンネルへ!
19033005
 双瀬トンネル

岩の形状で斜めになったポータル部、見惚れるくらカッコいい・・・。
当然鉄道時代も名撮影地だったようで、多くの写真が残っている。
もう1本トンネルを抜けて進むと、県道のバイパス工事で道が消滅。

K32に戻って滝上駅跡へ。バイクを停めて、線路跡に分け入る。
冬ジャケ姿で倒木を乗り越えたりすると、軽く汗をかいた。(苦笑)
ホームに上がってみると、便所の跡らしき穴が。
19033006
 滝上駅跡

三河田口側の海老トンネルも抜けてみたけど、先は歩行不能。
バイクを停めたところへ戻って、K389に入り稲目トンネルを抜ける。
廃線跡のトンネルを拡張して、道路トンネルにしたもの。

田峯駅跡付近では鉄橋の橋台の痕跡。 道路の旧橋もカッコいい。
近くには、ここから分岐していた森林鉄道のトンネル跡も。
さらに先で少しだけダートの林道に入って、小さな鉄橋を見物。
19033007
 大木和田橋梁

ここからはR257となり、豊川の対岸に見える廃線跡を眺めつつ北上。
沢を渡る部分では、小さな鉄橋がチラッと見える。

清崎駅跡付近から終点までは、豊川沿いの町道が廃線跡。
まずは長い鉄橋を渡り、ここから6本ものトンネルを抜けていく。
19033008
 素掘り!

19033009
 第四寒狭川橋梁

途中、ダムの建設工事現場が。
そう、ここから先の廃線跡は、設楽ダムの底に沈んでしまうのだ。
まだ着工したところなので先の話だけど、早めに来てみたかった。

そして、終点の三河田口駅跡。
ダム工事用道路が作られ始めて、埋もれかけている。
有志の方によって、鉄道現役時代の写真パネルが展示されていた。
この時代のローカル私鉄、いいなぁ・・・。
19033010
 三河田口駅跡

19033011
 「あの橋台の場所かな?」

廃線跡めぐりは終了。 電車が保存されている「奥三河郷土館」へ。
現在は閉館中で、新しくできる道の駅に移設予定なのだと。
19033012
 豊橋鉄道 田口線 モハ14

隣設の「三河総合センター」で、建設中の設楽ダムのカードがもらえる。
天皇陛下御在位30年記念カードもあって、2枚頂けた♪

ここまでは、22kmを3時間半もかけて来た・・・。
「次は気持ち良くクネクネか?」と、茶臼山高原道路に向かって出発。
が、結構本気の雨がシールドに当たり始めて、「やめ、やめ!」(笑)

Uターンして、R473からR151を南下。
雨は降ったり止んだり。 何とか、レインウェアを出さずに。
コンビニのイートインスペースで、コーヒー休憩しながら作戦会議。
宿のチェックインには早いので、大野頭首工でダムカードを、と。
19033013
 大野頭首工

ここでも、記念カードと合わせて2枚もらえた♪
管理所では、三河田口駅跡で少し話をした方と再会。(笑)
知多から来られていて、今日は6か所のダムを周ってきたとのこと。

R151を戻って、宇連ダム直下にある本日の宿に到着。
直前から雨が本気になってきて、早めに切り上げて正解だった・・・。

こまち号に装着している、社外品のツーリングスクリーン。
長さはノーマル比 +105mmで、絶大な風防効果がある。
メーカーではバイザーと呼ぶ、「スポイラーっぽいの」も付いていた。

しかし、昨冬に雪害でスクリーン本体が破損・・・。(苦笑)
すぐ取り寄せたけど、国内で買えたのはバイザーの無しの物だけ。
前回利用した個人輸入代行ショップでも、取り扱いが無かった。

バイザーの方は無事で、その有無による違いも興味があったので、
そのうち移植すれば良いかと、とりあえず交換してから早1年。
やはり、特に高速道路では、頭部に感じる風の強さがまったく違う。

まだ、朝晩や天候によっては風の冷たい時間帯があるこの時期、
近々高速道路を使って遠出の計画もあるので、復活させようかと。
1903241
 慎重に作業を・・・

樹脂素材への穴あけ加工、雑にやるとすぐに割れたり欠けたり。
「自然災害」はともかく、自分で壊したら泣くに泣けない。(苦笑)

穴位置の型紙代わりに取ってあった、前のスクリーンでトライアルを。
ドリル刃の種類、下穴の有無や大きさ、回転や送りの速さを変えて。
相手は曲面。 ズレないよう、傷付けないよう、慎重に穴あけ完了!
1903242
 「スポイラーっぽいの」 1年ぶりに復活♪

あわせて、雪害の原因となったバイクカバーも交換しよう。
寸法が足らず、ハンドル幅とスクリーンの高さでシートの辺りが浮き、
スクリーンとリアキャリアで常に突っ張っているような状態だった。
そこに積雪があると、重量がスクリーンに集中して・・・。

5Lサイズというカバーに交換して、長さも高さもゆったりして解決。
スクリーン交換後、フロントタイヤの下1/3くらいが見えていたけど、
地面まで完全に隠れるようになって、錆びや汚れの防止にも♪
1903243
 とはいえ、積雪時はちゃんと雪下ろしを(苦笑)

昨日の土曜日、東京モーターサイクルショー2019へ。
前回出かけたのは2015年。 400Xこまち号を買う前の年だった。

朝から雨のパラつく天気の中、電車を乗り継いで東京ビッグサイトまで。
大井町か大崎から、りんかい線経由の方が安くて早いのだけど、
新橋まで出て、nyamota氏が初めてのゆりかもめで。 ご機嫌♪
1903231
 オープン時間まであと少し

到着早々、ゲート前ではマヒトさんが何やら取材していたり、
宮城光さんとすれ違ったり、二輪業界の有名人があちこちに。
「まず前半は別行動にして、自由に見て回ろうか」と。

何といっても今年の目玉は、スズキの新型カタナか。
確かにカタナに見えるけど、FZ250フェーザーも思い出した。
カワサキの新しいヴェルシス1000も見てみたい。
一段とニンジャ顔になって、悪くないな。 免許無いけど。(笑)
1903232
 New カタナ

1903233
 New ヴェルシス1000 SE

ホンダが発表した出展リストに、新しい400Xが載っていなかった。
CBR400Rはあるのになぁと思っていたら、ドリームのブースに。
ドリーム店で取り扱う社外オプションをフル装備した車両、とのこと。
フォグランプにフロントサイドバッグ、ADV感も高級感もアップ!

「展示車は500Xの白い外装なのですが、ご意見を伺えませんか」と。
「16MYの白に乗っているが、これはカッコいい♪ 欲しい!」(笑)
1903234
 New 400X(500X外装)

パーツ類では、そろそろ要検討のバッテリーとチェーンをチェック。
ウェアやシューズ、グローブなど、次期候補の品なども。
先日交換したばかりの点火プラグは、バイク専用品が発表されていた。

全体を通して一番いいなぁと思ったもの。
車両では、タイのGPXというメーカーのgentleman RACER 200。
これで40万円を切る価格とは。 近場のお散歩用マシンに面白そう♪

用品では、タナックスから参考出品されていたシートバッグ。
nyaponのサイドバッグに似た作りで、上面がテーブルになる。
キャンプや野点珈琲ツーなんかで、色々と使い勝手が良いかも。
1903237
 GPX gentleman RACER 200

1903238
 タナックスのシートバッグ

nyamo&nyamotaと合流して、フードコートでランチを。
「レディースサポートスクエア」で女子用ウェアなどを物色したり、
nyamotaの希望で別の展示棟のアニメイベントに遠征していた模様。

後半は、屋外のトライアルのデモを見たり、キッズコーナーで遊んだり。
トライアルは、今一番見に行ってみたいモータースポーツだったりする。
1903235
 「足、届いたよ♪」

1903236
 自分で描いた塗り絵のバイクが動く

歩き疲れたので、帰りは横浜駅まで高速バスで。 東口のYCAT着。
すぐ近くに日産グローバル本社があるので、ギャラリーに立ち寄り。
2人とも、ホンダのでっかいロゴの入ったバッグを持って。(苦笑)

大画面で、フォーミュラEのパブリックビューイングを開催中。
nyamo&nyamotaが見ていたら、ミスフェアレディが来て説明を。
ミスフェアレディの皆さん、いつ見ても本当に広報のプロ中のプロ。
商品知識も立居振舞いも、イベント専門の人とは格が違う・・・。

ちょうどレース終盤だったので、ゴールまで応援。
荒れたレースだったようだけど、日産チーム初の表彰台おめでとう!
1903239
 電動車だと知らなかったnyamo氏(苦笑)

家にたどり着いて、重かったバッグの中身をドサッと。
今回、カタログ、パンフの類は、ちゃんと受け取ってこようと。
「QRコードを読んでアドレス登録」とか、面倒なメーカーはパス。
「写真を撮ってSNSに投稿すると○○を進呈」というのも多かった。

Twitter、Facebook、Instagram、何もやっていないnyapon。
参加しようがない。 まあ、できても面倒でやらないだろうけど。(笑)
nyamoはホンダのくまモンステッカーのために、つぶやいていた。
190323a
 ホンダのバッグは何かに使えるな♪(笑)

190323b
 戦利品のステッカー類

そして、nyamota氏ゲットの品。 AZ製のオイルスプレー試供品6本!

nyamotaがもらおうとしたら「お兄ちゃん、全部持ってけ♪」と、
手に持っていた分を全部ドサッとバッグに入れてくれたのだと。
おじさん、気前良過ぎ! というか、適当過ぎででしょ。(笑)
190323c
 防錆潤滑スプレー、当分買わなくていいな(笑)

2月に出かけた桜まつりツーの帰り道、宮ヶ瀬に向かう山道で、
1903xx1
 nyapon 「ん? ロケバスみたいなのが停まってるよー」

そしてしばらく走った先に、何やら撮影隊がゾロゾロと・・・
1903xx2
 nyamo 「ほら、あの人、あの人! 名前が分からん!」(笑)

チラッと顔を見たnyamo氏、メジャーな芸人さんだったらしいのだけど、
我が家は民放のバラエティをほとんど見ないので、名前が・・・。(苦笑)

家に帰って一生懸命調べていたnyamo氏、「どうやらコレらしい!」。
歩いていたのはサンドウィッチマンのお二人と誰かゲストの人で、
「秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅」というシリーズだろうと。

その時点で、まだ公式サイトの次回予告には掲載されておらず、
「早く放送しないかなぁ♪」なんて言っていた。

 浅野ゆう子さんも歩いてたのね

気付いたら既に放送が終わっていたけど、何とか後追いで。
サイコロで出た数だけバスに乗り、そこから飲食店を探すという企画。
よりによって、一番何もないあたりでバスを降りたのね。
よくあの片勾配の峠を越えて、カフェまで歩いたもんだ・・・。

惜しい! ほんの数秒差で、映り込むことができなかった模様。(笑)

nyapota、本日で小学校を卒業。

式場への通路には、卒業生全員の写真とその下にリボンが下がっている。
バラバラのリボンの長さは、入学してからの6年間で伸びた身長なのだと。
nyapota氏は29.9cm。 伸びは小さい方ながら、大きくなったものだ。
1903201
卒業生26人の小さな小学校なので、
証書を受け取る度に、ひとりずつ決意表明や両親へのメッセージが。
みんな、「中学に行ったら、○○の勉強を頑張ります!」とか、
「部活と勉強を両立させて・・・」とか。 うんうん、頑張れよ♪

そして、我がnyapota氏の番が来て、卒業証書を受け取り一礼。
「中学に行ったら、部活重視で頑張ります!」
1903202
おいっ! そこは両立か、重視するなら勉強の方やろっ!
nyamoと2人で吹き出して、思わず同時ツッコミを・・・。

周りのご両親がハンカチで目を押えたりしている中、
感動しかけていた気分を半分吹っ飛ばしてくれた。(苦笑)
何かやってくれるだろうという期待を、裏切らない我が息子である。
1903203
小さい学校なので、コミュニティも小さいのは少し気になるけど、
アットホームな雰囲気で、良い思い出がたくさんできただろう。
何はともあれ、卒業おめでとう!

我が家としては、まだまだnyamota氏がお世話になるのだけど。(笑)