なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

愛用のカメラが不調になり、修理に出していた。
デジタル物は、初期不良の交換は別として、経年での故障など
基本的に修理なんかせずに買い替えるものだと思っている。
故障よりも先に、スペック的に陳腐化することも多いし・・・。

しかし、我が家で21台目となるデジカメ、このSONYのRX100は、
「十分、修理に出して使い続ける価値あり」と判断した。

スマホカメラの画質が大幅に向上して、存在意義が危うい「コンデジ」。
RAW保存もできるiPhoneと別に持ち歩く意味があるのは、
高倍率ズーム機とか、大型センサーのいわゆる高級機くらいか。

RX100は後者。高画質だし、絞りを開ければそれなりのボケも楽しめる。
しかも、胸ポケットに入れることも何とか可能な大きさと重さ。
動きモノを撮らない旅に一眼レフを持ち出すことは、ほぼ無くなった。
nyaponのはシリーズ初代機ながら、いまだにまったく不満なしで。
1806081
 フレキ基板と外装の交換で、現役復帰!

購入から4年経って、少し前から電源ON/OFF時に異常が発生していた。
最近は「何とかタイマー」って聞かなくなったけど、違うよね。(苦笑)
SSTRの時も騙し騙し何とか乗り切り、帰宅してから早速修理を依頼。
引き取りから修理・納品まで、3日で手元に戻ってくる迅速対応!

フレキシブル基板の断線という診断で、交換により無事正常に戻った。
外圧によるヘコミが認められるとのことで、アルミ製の外装も交換。
最近多い「定額修理」なので、どんどん交換して頂いて良いのだけど、
角の塗装が剥げてちょっと渋くなっていたので、少し寂しい。(笑)

フィルムからデジタル、「写真」から「画像」の時代になってしまい、
もうカメラに愛着を感じることなんて無いと思っていた。
高価なEOS-1Dですら感じなかった愛着(苦笑)を感じる、RX100。

その大きさのおかげで、お散歩ツーでも常にジャケットのポケットに。
引き続き、クルマ旅でもツーリングでも活躍してもらいましょう♪

今どきの車載工具、クルマにしてもバイクにしてもコスト優先で、
「いざという時に、本当にトルクを掛けて大丈夫なのか?」
という品質に見えるような代物しか入っていない。

まあ今のご時世、基本的に「故障」時はロードサービスだろう。
しかし、簡単に助けに来てもらえる場所ばかりではないし、
バイクは特に、振動でネジ類が・・・とか、立ちゴケで・・・とか。
そして、先日のSSTRでミラーとハンドガードのステーが。(苦笑)

ミラーなら、車載の「スパナのような何か」(笑)で充分締まったけど、
遠出する時くらいは、少しマシなものを持つようにしようかと。
ちょうど、定期購読している雑誌の付録に、いいものが付いてきた♪
バイク用アパレルの「IRON HEART」とコラボしたツールケース。
1806102
 ヘビーなデニム製で、見た目もGood!

携帯性にこだわって、あえてできるだけ小さく作ったとのことで、
広げた状態でA4サイズよりも少し小さいくらいの大きさ。
「たくさん収納すると便利だけど、重くて結局携帯しなくなる」
そうそう、激しく同意! とりあえずの応急処置ができれば充分。

長年愛用していて、いつも単体で持ち歩いていたレザーマンを中心に、
短めで軽量な薄口スパナを2本、新たに購入して追加。
ドライバーとヘキサは、家に常備していたビット交換式を配属先変更。
最近はタイラップを持っておくのがトレンドらしいので、真似っこ。

これで手に負えないような部位に、道端で手を出すことはない!(笑)
1806101
 レザーマンツールは、20年来の相棒♪

体積は500mlペットボトルの半分程度で、重さは450gほどに収まった。
うん、これなら、お出かけ時にバッグやリアケースに放り込んでおける。
お世話にならないに越したことはないけど、ちょっと安心感アップかな♪

日曜の午後、雨音を聴きながら夏のツーリングに思いを馳せつつ・・・。

今月の結婚記念日&nyamoの誕生日を兼ねて、ランチドライブへ。

昨年、PCX150を購入した時に頂いた特典の有効活用だけど・・・。
ちなみの「バイクのお宿」の宿泊券も、近日活用予定。
バイクを買い替えた年は、タイ料理と伊豆または穂高への旅が。(笑)

で、所沢のタイ料理レストランまで、圏央道でバビューン♪
1806091
前回、ランチセットを2つと美味しそうな単品をいくつか頼んだら、
家族4人でがんばっても食べきれなくて残してしまった。
その反省から、今日はセットを1つ、フェアメニューから何点か追加しよう。

でも、nyaponもnyamoもエスニック好き。みんな美味しそうで・・・♪
1806092
 カオパットガイ(鶏肉チャーハン)

1806093 1806094
 ゲーン マッサマン ムー(マッサマンカレー)
 プーニム トート ガディアム(ソフトシェルクラブのニンニク揚げ)


1806095 1806096
 トートマンプラー(魚のすり身揚げ)
 ガイサテ(鶏肉の串焼き)


どれもnyamotaでも食べられる辛さ、それでいてどれもうまうま♪
バンコク出張の時に、現地メンバーに連れて行ってもらったお店で食べた
グリーンカレーは、大人でも火を噴きそうな辛さだったけど・・・。(笑)

特に、「世界で一番おいしい料理に選ばれた」とメニューにあった
マッサマンカレーは本当に美味で、「もう1つ頼んでも良かった?」と。
とは言え十分満足できて、今回はちゃんと残さずに完食できた。(苦笑)
1806097
往きは下みちで回避した八王子JCTの渋滞も、解消した模様。
満腹満足で、若干眠気を感じつつも安全運転で圏央道を快走。

一緒に相模原ICを降りる、宮ヶ瀬方面へ向かうらしきバイクの姿も。
路側の温度表示は30℃で暑そうだけど、明日の午後からは雨予報。
「乗るなら今日」でいつもの駐車場も混んでいるのだろうなぁ・・・。

この6月で、結婚20周年。「磁器婚式」と呼ぶらしい。
切りが良いので、何かしら呼び名があるのだろうとは思ったけど、
20年目までは毎年名前が付いていたの、初めて知った。(苦笑)

記念に、ペアカップでも買ってみようかなぁ♪

本当は、東の益子や西の信楽などの素朴な「陶器」が好きなのだけど、
「陶器婚式」は結婚9年目に終わっていたらしい・・・。
ちなみに陶器と磁器の違いも、今回初めてお勉強した。(笑)

SSTRで訪れた石川では九谷焼も見てみたものの、購入には至らず。

nyamoには内緒で選んだのは、「生涯を添い遂げるマグ」という品。
名前も結婚記念日にぴったりだけど、そのネーミングは、
例え使用中に破損しても、生涯補償がついているというところから。

「職人のハンドメイドの良さが、暮らしを豊かにすることに繋がれば」
そんな、メーカーさんの製品に対する思想にも惚れた!
1806061
 ホワイトマットの美濃焼と、ブラックマットの有田焼のペア

それぞれ、指定窯元の職人さんの手づくり。
デザインは、鉄道車両でも有名な「GKインダストリアルデザイン」。
側面の角度と底面内側の丸みは、エスプレッソのきれいな泡をつくるため。

そういう、ただの伝統工芸品じゃないところが好き♪

在庫は無く「入荷次第発送」だったけど、ちょうど記念日当日に届いた。
どうやら、nyamoにも喜んでもらえた模様。
やはり、「一生モノ」のペアカップで飲むコーヒーは美味♪

千里浜好き界隈では、この時期「SSTRロス」に陥る人多数。
SSTRを中心に1年が回っていそうな方も多い。(笑)
nyaponもロスという程じゃないけど、やはり、お祭りの後の寂しさが。

そこで、アクションカムの映像を編集して、思い出まとめを♪


SSTR2018 サプライズゴール!

サンライズは惜しかったけど、昨年に続いて夕陽の輝く千里浜。
そして、動揺のち感動のサプライズ。

簡単に言うと、ただひたすら走って夕陽を見に行くだけなのだけど、
なぜこんなに楽しいのだろう。参加費も安くはないのに。(苦笑)
今年初参加の職場の後輩も、SSTR沼に引きずり込めた模様。

さて、来年はどんなテーマで旅をしようかな・・・♪