なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

4月の400X こまち号の初回車検を前に、タイヤを前後とも交換した。
残り溝はまだ大丈夫そうだったけど、ヒビ割れなど劣化も目立つので。
すると、安心感のアップは当然として、乗り味も乗り方も激変した。

乗り心地の向上は、ショップの駐車場から出る前に分かるレベル。
道路上では、過去の経験から腕や腰への衝撃を予測して身構えたのに、
角の丸い振動が伝わるだけで拍子抜け、ということが何回もあった。

高速道に近い80km/h制限のバイパスでは、直進安定性が大幅アップ。
轍などの外乱があっても、修正舵を当てることが明らかに減った。
これらだけでも、ツーリング時の疲れ方はとても少なくなったと思う。
1901061
 「クネクネも楽しいぃー♪」

そして一番変わったのが、コーナーを曲がるのが楽しくなったこと。
交差点を曲がる事すら楽しいと言っても、決して大げさではないくらい。

タイヤの端まで使うとか、いわゆる「攻める」ことに興味は無いけど、
ツーリングの途中で遭遇したクネクネは、当然楽しく走りたい。
でも今までは、イメージよりも微妙にインに切り込んだり膨らんだり、
コーナリング中にハンドルを手で支えて調整することもしばしば。

それがタイヤ交換後は、膝でちょっときっかけを作ってあげて、
ニーグリップからの体重移動だけでイメージどおりのラインに。
ハンドルから手を離しても、オンラインで曲がっていきそうな感覚。

「元々バイクはそうやって曲がるもの」と、笑われそうだけど。(苦笑)
1901201
 文字や線のペイントは消えた

オイル交換の後に「エンジンが軽やかに回るっ♪」というような、
精神的効果ではなく(笑)、明らかに乗り方が変わったので驚いた。
海岸線も山間も、その後のお散歩ツーではクネクネが楽しくて、
「そうだよなぁ。バイクってこうやって曲がるんだったよなぁ♪」と。

気になるのは、これらの乗り味や乗り方の変化は何によるものなのか。
新車装着品とリプレイス品の製品レベルの違い?
単に銘柄による特性違いで、前のタイヤが好みに合わなかっただけ?
それとも、経年劣化や摩耗の進んだタイヤと新鮮タイヤの差?

まあ、3年前の新車の頃の乗り味なんて正確には覚えてはいないし、
交換前には、タイヤに対する不満など自覚していなかったのだけど。
また、乗っている人間の方が変化に慣れてしまうのだろうな・・・。
1901202
 サイド部のヒゲは剃り残しあり(笑)

安価な旧モデル「セカンドライン」からの選んだタイヤだったけど、
少なくとも、nyaponの好みや走り方には合っていた模様♪
あと気になるのはレイン性能だけど、積極的には試したくない。(笑)

ライフの方は、nyaponの年間走行距離なら問題にならないだろう。
どちらかというと、物理的な寿命は少々短くても良いので、
今の性能レベルを最後期まで維持してくれる設計だと嬉しいなぁ。

いい温泉に入りに行こう。源泉かけ流しがいいな♪
大きな温泉施設じゃなくて、地元の方がメインの小じんまりしたところ。
天気は良さそう。ひと山越えて、山梨あたりまでなら凍結も無いだろう。
ランチタイムから逆算、気温も上がり始めた9:30に出発!

相模湖から、甲州街道R20を西へ。
気温は8℃、天気は快晴。日向なら、走っていても寒くない。
気持ち良いので「鳥沢の鉄橋」に寄り道して、しばし列車見物を。
1901191
 特急通過♪

大月からは、前方に富士さまが。今日は空気が澄んでいて綺麗♪
新笹子隧道を抜けると、山影の気温は3℃に。太陽の偉大さを思い知る。
甲府盆地に下りていくと、モモやブドウの果樹園の向こうに・・・
1901192
 南アルプス、どーん!

ランチは、笛吹市で昨年から売り出し中という、新しいご当地グルメを。
甲州名物ほうとうをラーメンのスープで食べる、「ラーほー」。(笑)
少々迷いつつ、住宅街の一角にある「お食事処 ひさご」さんに到着。

お店によって違いはあるらしいけど、ここのはあっさりしょうゆ味。
お肉は、チャーシューじゃなくて鶏肉。麺とスープが意外によく合う。
見たままの味なのだけど(笑)、予想以上にうまうまでした♪
1901193
 ラーほー

バイクで遠くから来てくれるお客さんも多い、と愛想の良いお母さん。
「神奈川からありがとうございます」と、お年賀の手拭いまで頂いた。

満腹満足で、本日の主目的地である甲斐市の温泉へ移動。
午後になっても晴天で、カイロを貼るのを忘れてきたのに寒くない。(笑)
1901194
 甲斐市 玉川温泉

「かけ流し」の温泉といっても、ピンからキリまである。
加水しても良いし、少しでもオーバーフローさえしていれば良いらしい。
投入がチョロチョロくらいなら、循環してくれた方が清潔なくらい。
だから、決して「かけ流し=上等な温泉」という訳ではないということ。

しかしここは違うのだと。「滝のように豪快な源泉かけ流し」らしい。
期待を込めて、脱衣場から浴室に足を踏み入れると・・・
1901195
 床全面が川に!

床にお湯が流れているというレベルでなく、洗い場全体が足湯状態。
「本当のかけ流しというものを見せてやる!」という勢いで。(笑)
地元のおじいさんがいらしたので、ご挨拶。ほどなくして、貸切状態に。
洗い場は4人分の小さなお風呂なのだけど、空いていてゆったり。

わずかに香りのある薄茶色のお湯で、源泉が41℃なので少しぬるめ。
熱いのが苦手なnyaponの好みで、これなら長湯できる!
極端なヌルヌル系ではないけど、ツルっと気持ちの良い泉質だし♪

ここのお母さんも気さくで、「今日は暖かくて、バイクには良いね」。
1時間ほどのんびりしたのだけど、「もっとゆっくり入ればいいのに」と。
「また来ますよ♪」 ポカポカで外に出ると、真正面には・・・
1901196
 富士さま、どーん!

本当はもう1か所行きたい所があったのだけど、時間はもう14:30。
ここで欲張ると、「暗くなる前にお家に帰ろう」が守れなくなりそう。
今なら、高速を使わなくても、甲州街道で楽しく帰れそうだし。

甲府市街で少しノロノロになったけど、笛吹市あたりから先は順調に。
日も傾いてきて、笹子峠前後の山影区間では、やはり急に冷えてきた。
1901197
 甲州街道R20 新笹子隧道

神奈川に入ると、いよいよ夕方の空気に。日向でも風が冷たく。
ちょうど17:00、何とか暗く寒くなる前に無事帰着できた。

本当にいいお湯だったなぁ。また浸かりに行こう♪

那珂川河畔の朝、空は快晴でキンキンに放射冷却中。(苦笑)
どのクルマもテントも、真っ白に霜が降りている。
19011401
 テントの横にトヨタ86、カッケー!

当然ながら、我が家のキャンカーもバキバキに凍っていた。(笑)
FFヒーターでヌクヌクしていたけど、やはりガラスの内側の結露は凍結。

ここのキャンパーさんは、テント泊と車中泊が半々というところか。
ライダーさんも何人か。nyaponは「バイクで冬キャン」は無理だぁ。
でもこの場所、オンシーズンはきっと大混雑なんだろうな・・・。
19011402
 冷凍キャンカー

19011403
 ウインドウカバーをめくると・・・

今日もみんなで河原に下りて、朝のお散歩。
河原の石の霜の付き方がすごい。石のくせにモフモフしたやつがたくさん。
nyamota「キウイみたいなのがいっぱいある!」(笑)

手袋を忘れたnyapon、手がかじかんで数分間程度しか耐えられない!
でも、河原の石が霜で滑りやすいので、ポケットハンド禁止。(苦笑)
19011404
 手が冷たいよぉ!

19011405
 キウイ石(笑)

19011406
 この木船はなんだろ?

皆さんはまだ朝食の準備中だけど、我が家はそろそろ出発しよう。
昨日も渡ってきた、那珂川大橋を渡ってR123を栃木 茂木方面へ。
茂木の道の駅がちょうどオープン時間だったので、立ち寄ってみようと。
19011407
 那珂川大橋、カッコいいけど狭い!(苦笑)

日が昇って少し暖かくなってきたので、ゆずさんも朝のお散歩を。
駐車場の周りの芝生をテケテケ歩いて、ご機嫌で帰還。

すぐ横を真岡鐵道の線路が通っているここ。
SLもおか号のビュースポットとしても有名だけど、通過は午後。
でも、あと20分ほどで普通列車が通るから、見て行こうか。
19011408
 「クンクン、ここは何回か来てますね」

19011409
 何度見ても、このチェック柄はすごいな(笑)

農産物直売所が地元の人で大盛況。持ち込む方も、買う方も。
経験上、こういう道の駅の品揃えはレベルが高いはず♪
店内に入ると野菜も豊富だけど、イチゴの甘い香りが充満している。
そして、確かにほぼ全員イチゴのパックを抱えているぞ。

売り場には「とちおとめ」とか、最近よく聞く「スカイベリー」とか。
nyamoも「キズあり」ながら格安なパックをご機嫌で抱えていた。(笑)
どうせ帰ったらチビ2人で秒殺なんだから、訳アリ品でOK♪
19011410
 茨城じゃなくて、栃木土産だけど

芳賀を抜けて、「第2東北道」こと新4号に出て南下を開始。
やはり今日も、nyaponの高速での巡航速度並みで流れている。
再び茨城県に入って、五霞ICから圏央道へ。
nyamo氏、茨城でセイコーマートに立寄れなかったのが心残り。(笑)

往きと同じく菖蒲PAに立ち寄って、ランチ休憩を。
八王子JCTの渋滞も無く順調。給油も済ませて、無事に帰宅。
3時のおやつは、茨城名物の干し芋! 今回も、うまうまな旅だった♪

「RVパーク あじがうら」の朝、今日は良い天気になりそう♪
すぐ前の坂道を下っていくと、400mほどで海岸。朝のお散歩へ。
しばらくビーチコーミングを楽しんでからクルマに戻り、出発!
19011301
 「きゃぁー、波が来たぁ!」(笑)

すぐ近く、ひたちなか海浜鉄道の阿字ヶ浦駅に立ち寄り。
久しぶりに来たけど、駅名標がお洒落になっていたり。
今年の国体は茨城なんだな。停車中の列車は、そのラッピング車両。
19011302
 ひたちなか海浜鉄道 阿字ヶ浦駅

今日は、原子力発電関係の広報館を見て回ろうと思う。
福島の原発事故以前から各地の原発の広報館には訪れていたけど、
あれ以降、内容が変化しているのか見てみたいとも思っていたし。

まずは、原子力協議会運営の「原子力科学館」。
アインシュタインをメインに、原子と放射線の利用の解説が多い。

それでも、周辺の原子力関連施設のモニタリング機器の展示とか、
当然ながら、その安全管理が万全であることを訴える内容も。
放射性廃棄物は「漏れないように地中で管理するから安全」だと。
19011303
 安全なのだろうか?・・・

続いて、日本原電の「東海テラパーク」へ。ここから1km足らずの場所。
R245から曲がった途端、テロ対策のクネクネバリケードが延々と・・・。
「あれ、曲がるところ間違えた?」 思わず一旦停止。
19011304
 これ、入っちゃダメなやつじゃ・・・

遠くには、厳重警備のゲートが見える。でも、ナビで見るとやはりここ。
よし、ゲートまでなら怒られはしまい。勇気を持って行ってみようと。

「すみません!『テラパーク』はこちらではないですかぁ?」
「はい、ここを入って頂いてすぐです。」 ・・・良かったぁ。(苦笑)
19011305
 正面は、もう原子力発電所の建屋

日本初の商用原発である東海発電所と、第二発電所が目の前に。
何でも、全国で唯一の原発敷地内にある広報館とのこと。
確かに他の発電所では、すぐ近くではあっても離れた場所にあった。
昨今のテロ対策を考えたら、あのバリケードも仕方が無いよなぁ。

どちらの広報館も、発電だけじゃなく医療や産業での放射線の利用をPR。
「こんなものにも利用されているんだ」というものも多く、勉強になった。
一方、原発の持続性や安全性の解説には、違和感が残ったのも事実。
19011306
 地球環境に関する展示などなど

さて、お腹も空いてきたので出発だ! ランチも検討せねば。
道の駅「日立おさかなセンター」に寄ってみたけど、大混雑でスルー。
R293で内陸へ。城里町にある那珂川沿いの道の駅「かつら」まで。

道すがら、「この辺も蕎麦の産地だよねぇ」「お蕎麦いいねぇ」と。
道の駅の食堂にも、茨城のブランド蕎麦「常陸秋そば」の幟が。
もちろん即決! 香りも豊かでコシの強いお蕎麦、うまうまでした♪
19011307
 きのこ つけそば

19011308
 野菜天ざる そば

食後は、すぐ横の那珂川の河原へ。
アイスクリームを食べながらお散歩。綺麗な石ころ探しや水切りをしたり。
見慣れた相模川などの河原とは、石の形や質が違う。おもしろいなぁ。
19011309
 丸くて薄い石がたくさんある!

19011310
 いいところだねぇ

道の駅に隣接した土手にも車を停められ、キャンプをしている人も多い。
もう少し進むつもりだったけど、「今日はここまでにする?」。

遊べる場所もあって気に入ったチビ達、「ここにしよう!」と即決。
車の外に店を広げるつもりは、まったく無いけどね・・・。
せっかくだから、サイドオーニングで軒だけでもを作ろうか。(苦笑)
19011311
 本日のキャンプ地とする!

成人の日の三連休、今年最初のクルマ旅へ。
行先はnyamoが決めていた。「あんこうを食べに行くぞぉ!」。(笑)

朝6時過ぎに出発して、渋滞予測の出ていない圏央道へ。
菖蒲PAで朝食休憩、常磐道が近づくと、筑波山もお出迎え。
19011201
 「筑波さん、来たよぉ!」

常磐道から北関東道・東水戸道路に乗り継いで、水戸大洗ICまで。
水産会社直営で、食堂併設の大きな魚屋さんに到着。

nyamota氏、水族館もよく行くし海鮮料理も大好きだけど、
いわゆる「魚屋さん」や市場の類をあまり見たことがないので興味津々。
父ちゃんも、メヒカリの調理前のお姿は初めて見たかも。(笑)
19011202
 「おさかな、いっぱい♪」

19011203
 さばければなぁ・・・

さぁ、食堂の方に移動して早めのお昼だ。もちろん海鮮づくしで!
メインのあんこう鍋、お刺身と海鮮丼。チビ達は、ワサビ抜きのお寿司を。
お刺身は、先ほどの魚屋さんから運ばれてくる。絶対に新鮮でしょ♪
19011204
 うまうま♪

そして、あんこう鍋!
どの部位かさっぱり分からないけど(苦笑)、色々な食感で美味♪
あん肝の溶けたスープで、野菜やお豆腐もうまうま。
今回は別にご飯物を頼んでいたけど、雑炊が絶対に美味しいはず!
19011205
 風味が濃厚!

nyamo氏、「今回の旅の目的は達成!」(笑)

満腹満足で、マリーナの隣にある大洗わくわく科学館へ移動。
まずは、屋外の遊具で遊んだり、ゆずさんのお散歩をしたり。
日が射すと少しは暖かいのだけど、今日は基本的に曇天が続いている。
19011206
 「ちょっと寒いですね」

科学館は、水、風、光、エネルギーに関する、色々な実験展示が。
時間の関係で参加しなかったけど、工作体験コーナーもあった。
それほど規模は大きくないけど、なかなか面白い。
19011207
 クレーンゲーム?

19011208
 「何か聞こえるよ」

今日は、RVパークを予約してある。利用は2回目。
ゆったりした駐車枠で、トイレ・電源・ごみ処理完備の車中泊施設。
120か所に増えていて、道の駅併設のものもよく見かけるようになった。
阿字ヶ浦は、民宿敷地内のミニキャンプ場に併設されている。

利用料金1500円(ごみ処理料込み)+電源使用料500円。
サブバッテリーを増設して、それほど電気に気を使わなくなったけど、
電子レンジも躊躇せず使える外部電源があると、食生活が豊かに。(笑)
19011209
 阿字ヶ浦 民宿 満州屋さん

19011210
 その敷地内「RVパーク あじがうら」

お風呂は民宿内のものも使わせて頂けるのだけど、
割引券を頂いたので、500mほどの場所にある温泉施設でさっぱり。

夕食、夜のおやつでは、電子レンジが早速活躍中♪