なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

昨日は、nyapotaの託児所の運動会。
昨年は10月入所だったが、運動会は9月に行われていたらしいので初参加。

最近、運動会の練習をやっているようで、家でも何やらお遊戯をして見せたり、
「運動会だ、ちゃちゃちゃ♪」と歌って見せたりしていた。
朝から会場の会社の体育館に集合。 期待して入場を待つ。
が、予想通り、いつもと違う雰囲気に先生に抱きつき、まともに歩かず・・・。
この秋にインファントからトドラーに上がった4人組は、まあ同じ感じ。(苦笑)


ウチの坊主の入場シーン・・・。
決して、先生の運動会ではありません。


結局、開会式と体操の間中、先生に抱っこ。 
かけっこの時は、何とか先生を追いかけてゴールイン。
親子競技も、nyamoと一緒なら嬉々として走り、ゴール。
しかし、最後のお遊戯では、また先生に抱っこなのであった・・・。


「母ちゃん、どんどん行くじぇ!」


「お遊戯はしないじぇ・・・。」

先生達が、一番お疲れ様でした。(笑)

nyapon

着々と、やどかり3号デビューの準備進行中。
と言っても、ナビとETCを用意しただけなのだけど。

nyamoの枕元には、既に日本中の道の駅マップ、キャンプ場ガイドが山積み。(笑)
その前に、nyaponは仕事のピークを乗り越えなくては。
あ、車庫証明の書類を出しに行く準備もし
なきゃ・・・。





nyapon

ここ数日、日が陰ると結構涼しくなってきた。
今日の
雨の予報は遅れているようだが、曇り空。

ゆずのお散歩中に、今年最初のヒガンバナを発見。
よく見ると、周りに蕾もたくさん。
来週末あたりは、我が家の周りの道端一面が真っ赤になるかな。

涼しくなって少し元気のない、コクワガタ君にも遭遇。
ちょっかいを出すと、威嚇する元気はあるよう。 庭の木に放してやる。
「暑さ、寒さも・・・」、来週まで。
お仕事のラストスパートは、あと1月半。









nyapon

「ウルトラモバイルPC(UMPC)」とか「ネットブック」とか呼ばれる、このクラスのPC。
「ノートPCとケータイの中間を埋める、新しいネット端末」という定義らしいが、
そもそも携帯電話の画面とキーでネットなぞやる気がしない、オヤジ世代のnyapon。

しかも、以前は東芝リブレットの愛用者で、この手のモバイルPCは大好き。
で、トータルバランスの良さげな機種が発表されたので、予約開始と共に注文。 
「気分が冷めたらキャンセルすればいいや・・・。」と思っていたら、すっかり発売日を
忘れていて、・・・届いていた。(苦笑)


これが実売5万円以下で買えるとは、良い時代になったもんだ。
しかし、すっかり日本メーカーは置いて行かれてるなぁ・・・。


来ちゃったものは仕方ない。 せっかくだから、無線LANのAPも購入。
宅内モバイルである。 2Fの寝室でもネットできるのは、なかなか快適かも。(笑)
キャンピングカーが来たら、そこでも使えるな・・・。
OSがXPの機種を選んだので、動作も結構軽快。
このクラスのCPUとメモリでVista搭載の機種は、なかなか重くて大変らしいが。
スペックは、デジカメ画像のRAW現像も加工も、問題なくできるレベル。
HDDにも余裕があるので、デジカメの母艦として充分に使えそう。

最近は高速のSAや道の駅でも無線LANが使えるところもあるし、データ通信カードを
用意すれば、旅の途中での地域情報収集やブログ更新もできそうだな・・・。

nyapon

今年の夏は、nyaponが忙しいので、nyamoの両親を誘って2泊3日で
函館旅行へ行ってきた。 いつもならフェリーでトコトコ行く北海道だが、
今回は、飛行機&レンタカーのセレブ旅行(笑)

nyapotaは、もちろん飛行機初体験。
飛行機を使った個人旅行体験の少ないnyamoは、一人で年寄り&子供を引率する
自信が無く、ねぇねにSOSし同行してもらった。
一人旅行に慣れているねぇねが、テキパキとチケットを発券し、搭乗までの
待ち時間も、JALのラウンジをとってくれた。



nyapotaと言えば、初めて見る飛行機&空港の動く歩道にテンションあがりまくり。
nyamoも初の函館&クラスJにウキウキしながら搭乗。
機内に入ると、CAさんが来てnyapotaへおもちゃをくれた。

1時間半ほどのフライトで函館空港へ到着。 やっぱ飛行機は早いわ。
レンタカーを借りて、今日はそのまま宿へ。
夕方のフライトだったので、観光は明日以降の予定。

翌日も朝から快晴。窓から外を見ると暑そうだったのに、いざ外へ出てみると
快適な気温。 やっぱり夏は北海道に限るわね。
今日は五稜郭と函館ベイエリアを観光。
nyapotaは、五稜郭タワーに着くなり爆睡・・・。
見てもわかんないだろうから、良いけどね。



ベイエリアに移動して、おいしい海鮮丼で昼食。
お土産を見ていると、人力車を発見。
せっかくなので、ねぇねとnyapotaと3人で乗ってみた。
金森倉庫などの赤レンガ倉庫付近を、20分ほどでガイドしてくれた。
途中の要所で、お客の手持ちのカメラで記念撮影もしてくれる。
これで3000円なら安いかも。

降りてからまたトコトコ散策していると、ボート乗り場を発見。
今度は海からベイエリアを眺めてみる事に。
こちらも15分ほどで運賃1000円。 なかなか良心的。

どちらも初体験のnyapotaは、何が起こっているのか必死で学習しているか
のように、じーーーっと真剣に辺りを眺めていた。(笑)



一旦、宿へ戻り、函館の夜景に備えて、早めの入浴をすませ、辺りが暗くなり
始めた頃に、再度出発。 世界3大夜景を見に、函館山へGo!Go!

駐車場&ロープウェイは、長蛇の列。
昼間はどこに行っても空いてたのに、何処から来たんだ?
30分ほどで頂上へ到着。 さぁ、これが夜景よ! と展望台に行くと、
黒山の人だかり。 ・・・・夜景が見えない(笑)
前の人がどくのを待って、いざ見物。
おおー、テレビや写真で見たままの風景。 さすがにキレイ。

5分ほど眺めて、帰ろうと降りていくと、今度は下りの人の列。
宿の夕食までに帰れそうにないので、展望台のレストランで夕食をとる事にした。
ここはガイドブックにも載っている、夜景を見ながら食事が出来るレストラン。
せっかくなので、窓側の席が空くのを待って、夜景を見ながら食事をした。

nyapotaには、その景色がどんなものか理解出来るわけもなく、
テーブルに置いてあった光るコースターに興味津々。
次々と変わる色に、目を輝かせて見ておりました。



翌日は、トラピチヌス修道院を見学し、大沼国定公園までドライブ。
途中の大沼駅で赤いDD51を発見! 鉄子の血が騒ぎ、コンデジ片手にダッシュ!
ちょうど出発したDD51を見送り、満足、満足。
ああ、北海道来て良かった♪
その後も大沼を散策していると、函館へ向かう振り子式ディーゼル特急を発見。
速すぎて写真は撮れなかったけど、見れただけでも満足、満足♪

函館へ戻り、飛行機の時間まで時間があるので、植物園へ。
ここは泊まっていた宿のすぐ隣で、部屋から見えたサル山にnyapotaが
「アーイアイ!」と喜んでいたので、目の前で見せてやることにした。
サル山まで行くと、「アーイアイ」と喜んでいたが、すぐに興味は足元のハトへ。
「ぽっぽっぽー」と近付くと、飛び立つハト。 ビビるnyapota。(笑)



ここには無料の親水公園もあり、水遊び大好きなnyapotaも遊ばせてみた。
水遊びパンツ持ってて良かったなぁ。
空港に行くのに良い時間になったので、水遊びも撤収し空港へ。

帰りもJALの「クラスJ」だったのだが、機体にトラブルがあったとかで、
急遽国際線の機体が回ってきたため、ビジネスクラス級のシートに。
これがもう、快適なんてものじゃ無くて、最後まで大満足な旅行になった。

来年は、nyaponとゆずも連れて、キャンカーで北海道行くぞー!

nyamo