なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

nyaponの遅い夏休みがとれたので、「どこかへ汽車見物へ連れて行け」とnyamo。
いろいろ検討した結果、「あまり遠くなくて宿をとってのんびり」ということで、
昨年からの懸案だった、栃木の烏山線と真岡鐵道を見物しに行くことに決定。

初日は、ほとんど移動だけのつもり。
通勤渋滞にあいたくないし、家の用事を済ませて10時過ぎにのんびり出発。
関越道沼田から金精峠を越えて、ペンションのある日光入りするプラン。
数日前からの天気予報ではイマイチだったが、とてもよい天気である。
いつもの高坂SAでゆずの散歩休憩をし順調に進むが、好天ながら風が強い。
ハイルーフのヤドカリ号より重心は低いはずだが、車重が軽い軽自動車なので
結構ハンドルを取られる。


金精峠付近から男体山を望む  外気温3℃・・・

沼田ICから金精峠方面に登っていくと気温がぐんぐん下がり、ついに外気温は
3℃に。 峠を越えて中禅寺湖の手前で竜頭の滝を見物するが、あられが降って
寒く、早々にクルマに退散する。
こんな時、家で寒いとガタガタ震えるゆずなのに、なぜかやたら元気である。
いろは坂から日光市街まで降りて来るとさすがに雪はやみ、東照宮付近で
少し道が混んだが、無事にペンションに到着。


ゆずとしては、一緒にベッドの方がいいんですけどぉ・・・

2日目も天気は快晴。 明け方は気温2℃だったそうで、キンキンに冷えている。
朝食の後、ペンションの周りの別荘地を少し散歩してからドライブに出発。
宝積寺付近から、烏山線に沿って駅に立ち寄ったりしながら撮影していく。


気温2℃の朝  お散歩に出ると一発で目が覚めます


日光街道の杉並木

お昼を過ぎ、お腹も空いたので茂木の道の駅へ。
食事をしてお土産を物色したあと、nyamoの狙っていたアイスクリームショップへ。
サツマイモのアイスがとても美味だった。

ここから真岡鐵道に沿って戻っていくが、ちょうど良い通過列車がないので、
益子焼のお買い物へ。 お客様用のコーヒーカップとソーサーに良いのを見つけ、
ご機嫌で真岡鐵道沿いに戻る。 七井駅での交換の撮影を終えると、そろそろ
戻らないと宿の夕食に遅れる時間になってしまったので、ここで切り上げ。

宇都宮付近で少々渋滞があり、時間が際どくなったので、日光宇都宮道路を
使ってワープ。 食事開始前ぴったりの時間に到着した。

最終日は日光からのいつものルート、日足トンネルで伊勢崎へ抜け、関越道から
圏央道へのルートで帰ることにする。 時間的に東北道経由とどちらが早いのか
分からないが、都内の首都高を通るくらいならこちらが遥かに良い。
大好きな、わたらせ渓谷鐵道も見られるし。


駅で主人の帰りを待つ忠犬・・・、には見えないか

今回は間藤の先の旧貨物線区間も見物、お気に入りの上神梅駅に立ち寄ったり
しながら東関東道伊勢崎ICへ。 
ずっと忘れて残っていたハイカの払い戻しも済ませ(笑)、無事に帰って来た。

ペンション泊は確かに楽チンだけど、時間の制約もあるし、2人で2泊もすると
さすがに料金の方も・・・。(苦笑) 
たまにはこういうのも良いけど、やっぱりクルマ旅の方が好きだなぁ・・・。

nyapon

夏休み無し、9月からは土曜日も出社でがんばってきた、nyaponの職場のお仕事。
先週からの香川県高松市への出張をもって、やっと一段落。
若いメンバーのがんばりで、最高の成果を上げて終了することができた。

来月の始めには、夏休み代わりのまとまった休みが取れる。
なかなか休みの取れない職種の方には怒られそうだが、夏の長期休暇、週休2日が
当たり前の部署に慣れた身には、結構ヘビーな数ヶ月だった・・・。

本来ならチームのメンバーは、少しペースを落として、来期に向けての体制を構築
したりする時期なのだが、個人的には年末にかけて、社内の試験があったり、
教育の課題を実践したりと、なかなか気の抜けないのが辛いところ。(苦笑)

 
上 マリンライナーで瀬戸大橋を渡る。 指定席は2階建て車輌の1階で、見晴らしは今ひとつ。
   瀬戸内海の風景を見るのなら、やはり柱のない上段を走る高速道路の方が良い。
下 ことでんのキャラクター、ことちゃん。 
ペンギンに見えるけど、下半身を見るとイルカ。
  
ゴミの分別をしたり、JR東日本のSuicaペンギンより働き者。(笑)

 
念願のセルフ式さぬきうどんも堪能。 げそのてんぷらが美味でした。

nyapon

nyaponもnyamoも、メインのパソコンは、自作のデスクトップ機。
趣味のデジカメ画像の編集に耐えられるよう、CPUもメモリもソコソコのもの。
でも、夏は座卓、冬はコタツで使えるので、古いノートも愛用していた。
しかし、HDD換装や幾度ものリカバリでがんばっていたが、ついに起動不能に。
そこで、オークションで安い中古を探すことにした。

せいぜい、インターネットで調べ物をしながらのドキュメント作成や、お仕事の
C言語ソースをエディタを使っていじる程度なので、ハイスペックは不要。
何せ今まで使っていたのはCeleron500MHzで、何の不満もなかったのだから。


「インテル、入ってる♪」 がんばれPen-III!

で、しばらく相場を調査してから落札したのが、5年落ちの IBM ThinkPad。
価格は、送料と振込み手数料をプラスして2万円でお釣りがくるくらい。
PentiumIII-800MHz /
128MB / 10GB / 15inch というスペックで、
FDDとCD-ROMドライブも搭載したA4オールインワン型。
前のがB5サイズだったのでちょっと大きいけど、15型液晶は見やすくて良い。
液晶の色ムラもなく、中古ではほとんど機能しないバッテリーが、5年落ちにも
かかわらず1時間くらいもつのはラッキーで、良い個体に当たったみたい
。 


この5年間に、IBMはパソコン事業を譲渡しちゃったし・・・

使ってみて驚いたのは、起動・終了やソフトのインストールこそお茶を入れたく
なるほどのんびりしているが、通常の作業には何のストレスも感じないこと。
動画鑑賞や画像処理はムリがあるだろうけど、普通にインターネットにメール、
オフィス系ソフトを扱うくらいなら、これで充分だな。
HDDが10GBなのは気になったが、基本的に何も保存しない「作業場」と割切って
いるので問題なし。
もう「半年で性能が倍に」という時代じゃないし、これからサブ機は中古かな・・・。

nyapon

最近、会社から帰るのが22時くらいになることも多く、家の付近の山の中をクルマで
走っていると夜行性の虫や動物を見かけることが多いのだが、
おとといは、アライグマが目の前を横断して行った・・・。(夜行性かは知らないが。)

一応、彼なりに全速力だったようだが、擬音では「バフッ、バフッ」という感じでトロく、
結構強いブレーキで減速してしまった。
まあ、とっさに後続車がいないことを確認する余裕くらいはあったけど。


彼女は本文とは関係ありません。 ええ、全く・・・。(笑)

このあたりは、シカ・サル・タヌキ・キツネ・イノシシなんかは普通にいるのだが、
最近はアライグマやハクビシンなどという、本来いるべきでないものまで。
元々は人間が持ち込んだ訳で、彼らには非は無いのだが・・・、もうちょっとダイエット
せいよアライグマ! 丸々太って走るの遅すぎ!(笑)

nyapon

先週、初めての注射の後で調子が悪くなり、3回も吐いてしまった、
ゆずのアレルギー治療。
次もそんな調子なら中止しようと思っていたが、2回目以降は大丈夫だった。
体質を変えていく治療で、すぐに痒みが無くなるというものではないので、
様子を見ながら継続していくことに。


縁側で、のんびりと~♪  ←「しばわんこの和のこころ」風に。
実は、風呂上りで天日干し中・・・。

お風呂の回数も増やして、部屋の掃除も小まめに。
朝晩は結構涼しくなり始めたので、去年と同じ感じなら、だんだん痒みも
収まってくると思うのだけど。

nyapon